fc2ブログ

ドイツ「死の実験室」~ティアハイムによる実験動物の殺害疑惑






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Tierversuche in Deutschland


 記事、
ドイツ「死の実験室」~違法な実験による動物虐待が発覚したドイツ
ドイツ「死の実験室」~違法な虐待動物実験を行っていた施設は認可取り消し閉鎖が決まったが・・・
の続きです。
 昨年末に、ドイツある動物実験の施設が、多くの動物虐待に当たる実験を行ったとして、アニマルライツ活動家らが告発しています。結果、この施設は動物虐待の違法性が明らかになり、実験施設は閉鎖となりました。実験施設で飼育されていた動物は一部が直接新しい飼い主などに譲渡されました。しかし一部のビーグル犬は2020年1月に、ハンブルク・ティアハイムなどの複数のティアハイムに収容されました。ハンブルクティアハイムは、この実験施設から救出したビーグル犬約90頭が2月末までに新しい譲渡先が見つからないばあいは殺処分するとの情報がながれています。



 サマリーで示した、ドイツの動物実験施設による違法な動物虐待実験について、時系列でこちらで取り上げようと思います。「1、違法な動物実験の告発」、「2、施設の閉鎖から収容されていた実験動物の救出」、さらには「3、実験動物を引き受けたティアハイムがそれらの実験動物(ビーグル犬)を違法に殺処分するとの疑惑」という顛末までです。
 「3、実験動物を引き受けたティアハイムがそれらの実験動物(ビーグル犬)を違法に殺処分するとの疑惑」ですが、Face Bookだけでも1,000以上の「実験動物だったビーグル犬は殺処分される」という情報が拡散されています。主な引受先はハンブルク動物保護協会と、傘下のハンブルク・ティアハイムですが、この施設は過去に多くの不祥事が報道されていることが疑惑の要因だと思います。例えばハンブルク・ティアハイムは2005年に犬を違法な絞殺という方法で殺害したなどにより、経営トップが起訴されています。柾昨年から最近ま多数の犬の密輸、狂犬病ワクチンなどの偽造、労働法違反、従業員による寄付金の横領などで警察、獣医局の捜査・検査が行われています。

 まず最初に、「閉鎖された実験施設から救出した元実験動物のビーグル犬の一般譲渡は困難だろう」という記事があります。この記事から引用します。閉鎖された実験施設の元実験動物のビーグル犬の引受先が、主にハンブルク動物協会とハンブルク・ティアハイムであることが述べられています。
 TIERHEIM Ueckermünder Tierschützer wollen Welpen aus Versuchslabor aufnehmen 「ティアハイム・ウェッカーミュンダー 動物保護活動家は実験室から子犬を引き取ることを望んでいます」 2020年2月11日 


Nachdem ein Tierversuchslabor bei Hamburg schließen musste, ist die Zukunft für viele Tiere unklar.
So müssen fast 100 Beagle-Welpen untergebracht werden.
Gerüchten zufolge sollten 96 Beagle-Welpen – kleine Jagdhunde –, die aus dem Tierversuchslabor gerettet wurden, getötet werden, wenn sie nicht innerhalb der nächsten 14 Tage gerettet werden.
„Ich habe deswegen mit dem größten Hamburger Tierheim telefoniert und die haben mich dann an den Tierschutzbund verwiesen“, erzählt Tierheimchefin Schultz.
Die Beagles kennen doch nichts, haben da in Kisten gehaust, ohne viel Kontakt zu Menschen.
Sollten also ein paar der Hunde nach Berndshof kommen, müsse man die Vierbeiner erst einmal an ein normales Hundeleben gewöhnen, sie unter anderem stubenrein machen und in der Tierheim-Meute an den Umgang mit anderen Hunden gewöhnen.
Und wenn alles gut geht, dann könnten womöglich die Beagles in der Region auch ein neues Zuhause finden.

ハンブルク近郊の動物実験施設閉鎖しなければならなくなった後は、多くの動物の将来は不透明です。
そのために、約100頭のビーグル犬の子犬を収容しなければなりません。
動物実験施設から救出された96匹のビーグル犬の子犬(小型の猟犬)が、14日以内に救出されなければ殺されるに違いないという噂があります。
「だからこそ私はハンブルクで最大のハンブルク・ティアハイムに電話したのです」と、ティアハイム・ウェッカーミュンダー代表者のシュルツ氏は言います。
実験動物のビーグル犬は何も社会化されていません、犬たちは人とあまり接触することなくケージに住んでいました。
そのために南東かの犬がベルンツホーフに来たのならば、最初に普通の犬の生活に慣れ、他の犬と一緒にハウストレーニングを行い、ティアハイムの中で他の犬に接することに慣れる必要があります。
そしてそれらがすべてがうまくいけば、このビーグル犬も新しい飼い主を見つけることができるでしょう。



 この記事に書かれていることは、「実験動物として飼育され、人や他の犬との社会化ができていない、実験施設から引き取られたビーグル犬は、一般譲渡する前に社会化の訓練をする必要がある。そして社会化に成功しなければ、譲渡することは難しいだろう」という意味です。つまり、一般譲渡に否定的な見解です。
 実験施設から救出されたビーグル犬の多くは、先に述べた通り、ハンブルク・ティアハイムが引き受けることとなりました。しかしハンブルク・ティアハイムは繰り返しますが、昨年から多くの犯罪の疑いにより、警察と獣医局から数十回の捜査・検査を受けています。昨年12月には、ネグレクトによる虐待飼育で死んだ126頭の動物の死体が押収されています。またハンブルク・ティアハイムは2005年に、収容した犬を絞殺という違法な手段で殺害したなどにより、当時の代表者が刑事起訴されています。2005年のハンブルク・ティアハイムの違法な犬殺害事件は当時、ドイツのマスコミにより大きく報道されました。私は次のような記事を書いています。

続・ティアハイムの動物虐待と違法殺害~あまりにも多いティアハイムの犯罪
虐待飼育で警察の捜査が入ったドイツ第2位のハンブルク・ティアハイム~126頭の動物の死体が押収された

 巷間ドイツではFace Book などのソーシャルメディアでは、「閉鎖された動物実兼施設から救出されたビーグル犬は殺処分される」という情報が、Face Book だけでも1,000以上の投稿があります。引受を主導した、ハンブルク動物保護協会と、ハンブルク・ティアハイムの過去の犯罪歴からすれば、ソーシャルメディアの情報はあながちデマとは言い切れないと思います。
 ハンブルク動物保護協会とハンブルク・ティアハイムは、「ティアハイムに引き取られた90頭余りの実験動物のビーグル犬は殺処分される」という情報の否定に必死ですしかしそれを否定するための、確証もありません。ソーシャルメシアでの「ティアハイムに引き取られた実験動物のビーグル犬は殺処分される」という情報拡散を報じるニュースソースから、Face Book の投稿を引用しま す。なお。このメディアはドイツではなく、オーストリアのメディアです。
 Tierversuchslabor geschlossen – Die Welpen müssen aber nicht sterben! 「実験施設は閉鎖されましたー実験動物の子犬たちは死ぬことはありません!」 2020年1月21日


Wie manche vielleicht bereits wissen, wurde das Tierversuchslabor hier in Hamburg geschlossen. Das Problem nun, dass 90 Beagle Welpen eine neues Zuhause brauchen!
Finden diese bis Ende Februar kein neues Zuhause, werden sie eingeschläfert.
Die Tiere befinden sich momentan noch im Labor und im Tierheim in der Süderstraße.

すでにご存じのことと思いますが、ハンブルクの動物実験施設は閉鎖されました。
現在の問題は、(実験動物だった)90頭のビーグル犬の子犬が、新しい飼い主を必要としているということです!
2月末までに新しい飼い主が見つからなければ安楽死されます。
犬たちは現在、実験施設とシェダー・シュトラーセのティアハイム(註 ハンブルク・ティアハイムのこと)にまだいます。



(動画)

 Grausame Tierversuche bei Hamburg: Solidarität Protest in Wien 「ハンブルク近郊の残酷な動物実験:ウィーンでの連帯した抗議活動が行われました」 2019/10/25
 ドイツの動物実験施設における、違法で残がyクな動物実験は、外国からも批判を受けました。隣国オーストリアのウィーンでも、連帯の抗議デモが行われました。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

救出された犬達の受け皿となった施設も怪しいんじゃ・・ドイツには、マトモな施設はないんでしょうかね?・ ・

Re: タイトルなし

犬好き 様、コメントありがとうございます。

> 救出された犬達の受け皿となった施設も怪しいんじゃ・・ドイツには、マトモな施設はないんでしょうかね?・ ・

しかし実験動物だった犬を一般譲渡して問題が生じないことはないと思います。
実験動物は生まれてから成犬になるまでに実験動物として特殊な環境で育てられ、人との社会化が十分ではありません。
ですから致死処分もやむを得ないところがあります。
例えばイギリスではドッグレースが盛んで、毎年約1万頭の廃レースドッグが銃などにより殺処分されます。
レースに用いるグレーハウンドは外見が美しい犬で、ペットとしても人気がある犬種です。
それがなぜ一般譲渡されないかといえば、社会化がされていなくて、家庭犬となった場合はいろいろと問題行動が生じるからです。
特に実験施設からレスキューされた犬は実験途上であれば、その恐怖などから人間不信や攻撃性がある可能性があります。
それを「致死処分やむなし」といえない、建前と本音がドイツにはあるのでしょう。
建前と本音を使い分けるようなドイツの国民性ではないと思いますが、動物愛護に限っては例外なのでしょう。

>>例えばイギリスではドッグレースが盛んで、毎年約1万頭の廃レースドッグが銃などにより殺処分されます。

イギリスは、犬とアナグマを闘わせるアナグマ狩(現在は禁止だが、続いている)や闘犬は、禁止にするのにレースドッグを禁止にしないのは、個人的には矛盾してるような気がしました。

アナグマ狩は、禁止にしてもやる人間が減らなければ、それは表向きは禁止にしたと言う感じがします。

Re: タイトルなし

犬好き様

イギリスは、犬とアナグマを闘わせるアナグマ狩(現在は禁止だが、続いている)や闘犬は、禁止にするのにレースドッグを禁止にしないのは、個人的には矛盾してるような気がしました。

それはイギリスでは、アナグマは希少種として保護されている動物だからという理由もあるからだと思います。
日本ではありふれた動物ですが。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,928ブログ中5位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR