fc2ブログ

虐待飼育で警察の捜査が入ったドイツ第2位のハンブルク・ティアハイム~126頭の動物の死体が押収された






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Tierheim-Skandal 
Hamburger Tierheim


 ドイツ第2位の規模を誇る、ハンブルク・ティアハイム。当ティアハイムは昨年から多くの犯罪の疑惑から、警察などの捜査を20回以上受けていました。東欧からの犬の密輸、狂犬病ワクチンの接種証明書などの偽造、従業員による寄付金の横領、従業員に対するハラスメント、違法解雇、従業員の闇残業などの労働法違反などです。さらに保護動物の、過密な虐待飼育も疑われていました。昨年末の警察等の強制捜査では、虐待死した動物の死体が126頭押収されました。さらに今年の1月22日にも警察などの強制捜査が行われました。

 
 私は昨年、ドイツ第2位のティアハイム、ハンブルク・ティアハイムに関して記事を書いています。

ドイツ第2位のハンブルク・ティアハイムは犯罪のデパート

 当ティアハイムは多くの犯罪の疑いにより告発されており、昨年からしばしば警察などの捜査が入っています。当ティアハイムの疑いのある犯罪は以下の通りです。
・ルーマニアからの500頭もの多数の犬の違法輸入(通関手続きをしていない、狂犬病ワクチンが未接種など)
・従業員による寄付金の横領
・労働法違反(従業員に対するハラスメント、違法解雇、闇残業など) 

 さらに当ティアハイムは、保護動物の過密収容による虐待が疑われ、昨年末と今年の1月20日に相次いで警察などの強制捜査を受けました。事実、ネグレクト飼育で死んだと思われる、126頭の動物の死体が昨年12月に押収されています。
 さらに今年の1月20にも、保護動物の過密収容による動物虐待の疑いで、強制捜査を受けています。以下に、それらを伝えるニュースソースを引用します。


Tierheim-Skandal : Chaotische Zustände: Was hinter dem Tierheim-Skandal steckt 「ティアハイムの醜聞:混沌とした状況 ティアハイムの醜聞の背後にあるもの」 2020年1月20日

Der Tierheim-Skandals.
Razzia im Tierheim an der Süderstraße – die Einrichtung sei überbelegt, im Dezember habe man 126 Kadaver sichergestellt, nun bestehe der Verdacht auf Tierquälerei.
Besondere Aufmerksamkeit fand dieser Beitrag bei meiner Kollegin Annika Lasarzik.
Vor etwa einem Jahr hatte sie umfassend über den Hamburger Tierschutzverein recherchiert, der das Tierheim betreibt, und bemerkt, dass die größten Probleme hier nicht die Tiere haben, sondern die Menschen miteinander.

ティアハイムの醜聞。
シェーダーシュトラーセ(註 ハンブルク・ティアハイムのある地名。ハンブルク・ティアハイムのこと)のティアハイムの強制捜査-ティアハイムは過密収容で、12月に126頭の動物の死体が押収され、ティアハイムの動物虐待が疑われています。
同僚のアニカ・ラサルジクによるこの記事は、大変な反響を呼びました。
約1年前に、彼女はティアハイムを運営しているハンブルグ動物保護協会に関する広範な調査を行っており、ここでの最大の問題は動物ではなく、運営に携わっている人であることに気付きました。



Hamburg Nach mehreren anonymen Hinweisen: Razzia im Tierheim Süderstraße 「ハンブルク いくつかの匿名の通報の後のシェーダーシュトラーセ(註 ハンブルク・ティアハイムの所在地。ハンブルク・ティアハイムのこと)での強制捜査」で 2020年1月22日

Hamburg - Am Mittwochmorgen haben Veterinäre des Bezirksamts Mitte die Räume des Hamburger Tierschutzvereins im Stadtteil Hamm durchsucht.
Polizisten betreten das Gelände des Hamburger Tierschutzvereins.
Die Razzia auf dem Gelände des Tierheims Süderstraße fand gegen 9 Uhr und damit außerhalb der regulären Öffnungszeiten statt.
Die Veterinäre kamen in Begleitung mehrerer Streifenwagen.
Nach Medienberichten sollen zuvor anonyme Anzeigen und Hinweise von Tierschützern beim zuständigen Bezirksamt eingegangen sein, dass die Tiere in dem Heim nicht artgerecht untergebracht seien.
Es Befürchtungen gegeben, dass die Tiere nicht fachgerecht vom Hamburger Tierschutzverein versorgt würden.
Der Verdacht einer Überbelegung stand im Raum, das Amt habe anonyme Anzeigen erhalten.
Im vergangenen Jahr sei das Heim 23 Mal vom Bezirksamt kontrolliert worden.

ハンブルク-水曜日の朝に、ミッテ地区の行政獣医師がハンブルク地区のハンブルク動物保護協会の事務所を捜索しました。
警察官がハンブルク動物保護協会の敷地内に入ります。
シェーダーシュトラーセのティアハイム(註 ハンブルク・ティアハイムのこと)の敷地への強制捜査は、午前9時頃に行われたために、通常の営業時間外に行われました。
行政獣医師は、数台のパトカーを同行しました。
メディアの報道によると、匿名の通報およびアニマルライツ活動家からの通報は、以前は動物がティアハイムに適切に収容されていなかったという内容で、管轄する地区事務所によって受け取られていました。
ハンブルク動物保護協会が、動物を適切に世話をしていないのではないかという懸念がありました。
管轄事務所が匿名の報告を受け、ティアハイムは過密飼育の疑いがありました。
過去1年間に、事務所は管轄する地区事務所によって23回検査が行われました。



(動画)

Durchsuchung in Hamburger Tierheim 「ハンブルク・ティアハイムでの強制捜査」 2020年1月20日

 ハンブルク・ティアハイムでの強制捜査を伝える記事。こちらではその様子がビデオで報道されています。5台のパトロールカーに分乗した警察官らが同行し、強制捜査が行われた。1年の間に、ハンブルク・ティアハイムは23回も警察の捜査もくは当局の検査を受けました。


(動画)

 Ein Besuch im Hamburger Tierheim Süderstraße 「シェーダーシュトラーセの、ハンブルク・ティアハイムへの訪問」 2016/01/10公開
 ハンブルク・ティアハイム自身によるプロモーション・ビデオ。

Von Schildkröten, Schlangen über Riesen-Spinnen bis hin zu Kaninchen: Das Tierheim in der Süderstraße vom Hamburger Tierschutzverein von 1841 e.V. ist die Hamburger Erstaufnahme für verwaiste Tiere.
Ein Blick in das Tierheim am Tierschutzfest Anfang Oktober 2015.

「カメ、ヘビ、巨大なクモからウサギまで:1841設立の会員制組織 e.V.」である、ハンブルグ動物保護協会の、シェダーシュトラーセ―にあるティアハイムは、ハンブルグの放棄された動物の最初の受け入れ施設です。
映像は、2015年10月上旬の、動物保護フェスティバルでのティアハイムの様子です。





 ハンブルク・ティアハイムのまさに末期症状ともいえるスキャンダルの数々は、当施設の存続にもかかわると思います。今のような状態が続けば寄付金はまず集まらないでしょう。予てからのティアハイムの構造的な経営難と相まって、このドイツ第2位のティアハイムが破綻することにでもなれば、ドイツ全体のティアハイムの存続を揺るがしかねないことになります。まさに、ティアハイムという「ビジネスモデル」の曲がり角ということでしょう。 
 ハンブルク・ティアハイムの犯罪の捜査は、今後の進展に応じて、ドイツのマスメディアが逐次報道すると思われます。私も今後の推移を見守り、適宜こちらで取り上げていきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,928ブログ中5位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR