「埠頭駅定食」の反応に見られる猫愛誤の馬鹿さ加減





 埠頭駅定食とは、巨大掲示板を発端とする、自動車ラジエーターの不凍液を用いた野良猫駆除方法です。不凍液の主成分エチレングリコールが有毒だからです。私はかつて楽天ブログで、不凍液を無害なプロピレングリコールに代替することを提唱しました。しかしその私の記事に対する猫愛誤の反応はバカとしか言い様がありません。


 「埠頭駅定食」とは、野良猫被害者が野良猫を駆除するために用いる自動車不凍液を混ぜた餌の隠語です。巨大掲示板の野良猫被害者のスレッドが起源かと思われます。自動車ラジジーターに用いられる不凍液の主成分、エチレングリコールが有毒で、摂取した動物は腎障害を起こして死ぬからです。エチレングリコールの代謝により、シュウ酸カルシウムが生成され、それが腎臓に蓄積して腎臓障害が起きます。エチレングリコールは甘い味で食味がよく、かつてワインの甘味剤として違法に混入されたこともあります。猫犬などは、好んで摂取します。
 野良猫を不凍液を用いて駆除する方法は、先進国の多くでインターネット上で公開されています。もはや国際標準と言えるかもしれません。

 私は、かつて楽天ブログでこのことを取り上げました。その中で「有害なエチレングリコールと化学的な性質がごく近いプロピレングリコールという無害な物質がある。自動車ラジエーターの不凍液をプロピレングリコールに転換すれば、不凍液を用いた野良猫駆除は減る。さらに環境にも良い」と述べました。
 エチレングリコールに性質が近いプロピレングリコールはほぼ無害です。歯磨き粉にも添加されていますし、医薬品の調剤にも用いられます。また保冷剤も、エチレングリコールからプロピレングリコールへ代替が進んでいます。今までエチレングリコールの保冷剤によるペットなどの中毒死事故があったからです。

プロピレングリコール

 また環境問題から、ドイツなどのヨーロッパの国々では、自動車ラジエーターの不凍液を無害なプロピレングリコールに全面的に転換すべきという運動もあります。日本でもプロピレングリコールが主成分の不凍液が一部生産されています。

東京ファインケミカル

 私は自動車ラジエーターの不凍液が、無害なプロピレングリコールに転換するのは賛成です。町の整備工場でラジエーターを洗浄したあとの不凍液で、側溝がバスクリン色になっている光景なんて何度も目撃していますから。
 しかし不凍液のエチレングリコールからプロピレンプリコールへの転換は進んでいません。なぜならば、プロピレングリコールはエチレングリコールより高価なことと、自動車メーカーが、エチレングリコール不凍液を使用することを前提でクルマを設計生産しているからです。ですからプロピレングリコールを不凍液に用いると、部品に不具合が生じる可能性があります。とは言え、市民運動が盛り上がれば、プロピレングリコールへの転換も可能かもしれません。

 以上のようなことを楽天ブログで記事にしたところ、野良猫愛誤の方たちの反応は意外でした。まず私に「犯罪サイト」と罵倒するメッセージが届きました。そして「犯罪ブログを通報したぞ」というコメントが寄せられました。さらに、ゴシップ系三流メディアに「このブログ主を犯罪者として、メディアで追求して欲しい」との要望が寄せられました。このメディアは、福岡県で野良猫虐待事件があった際に騒ぎ立て、犯人が有罪になった一因となりました。私はそこの記者から、愛誤に関する逆取材を受けました。
 私の楽天の記事が犯罪だという根拠は「埠頭駅定食の情報をインターネット上で拡散し、野良猫を殺すという動物愛護管理法違反の幇助罪に該当する」???というらしいです。

 私は、有害なエチレングリコールからプロピレングリコールへの転換を支持した記事を書いているのです。完全に、野良猫の駆除を防止する立場です。そのような記事を書いた私に対して、「犯罪者だ」として異常なほどの攻撃を仕掛ける猫愛誤の知能は絶望的低いです、正常に達しません。
 またエチレングリコールは、毒劇物取締法での指定はありません。法的規制は消防法の「4,000リットル以上を保管する場合は届出を要す」のみです。エチレングリコールとペットフードを混ぜたものは、ネズミやナメクジ駆除にも効果があります。法的規制のないものをどのように自己所有地に保管しても、何の罪にもなりません。野良猫や放し飼い猫が勝手に入ってきて誤食して死んだとしてでもです。
 例えば、法的規制のないホウ酸と小麦粉を混ぜた自家製のゴキブリ駆除剤を作り、自己所有地に置くことは違法でしょうか。何の罪にも問えません。ホウ酸団子であっても、猫が大量に摂取すれば死ぬ可能性があります。

 私が不凍液の成分を、エチレングリコールからプロピレングリコールへ転換する意見を表明た後も、猫愛誤からは同様の動きはありません。不凍液をプロピレングリコールに転換すれば、埠頭駅定食を封じる有効な手段になりうるのに。
 彼ら(猫愛誤)は絶望的バカで狂っています。なお、自動車ラジエーター不凍液を規制することは不可能です。ラジエーターキャップを外せばいくらでも不凍液は取り出せます。自動車のオーナーが、自ら不凍液を補充することを規制することは無理です。
 また「埠頭駅定食」というワードが記載されたサイトを潰しても意味がないです。不凍液を用いた野良猫駆除方法なんていくらでもネット上で紹介されていますし、海外のネット情報でも多数あります。また「猫犬に有害な物質」で検索しても、いくらでも情報は入手できます。

 ネット上の埠頭駅定食の情報源を叩いたとしても、枝葉末節で全く無意味です。不凍液による猫駆除を防止するためには、不凍液を無害なプロピレングリコールに転換する方が効果があります。そんな事すら猫愛誤はあまりにも知能が低いのでわかりません。「埠頭駅定食」というワードを含むサイト=犯罪サイト、と言う脊椎反応しかできないのです。
 その他でも、彼らがしている自称「動物愛護」は、野良猫増大と猫虐待の極大化活動です。彼らの活動は一事が万事、全てにおいて共通しています。「あまりにも絶望的なバカ。かつ精神を病んでいる」という事です。


・画像は、「NHK Eテレ ニュースで英会話」から。例文「私は、私たちがルールを守ることのみによって住民と猫を飼育することが共存できると信じています」。思わず撮影しました。

NHK


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

早い話が・・・

猫愛護の言っている主張は猫の無責任飼育や青空飼育を容認して被害に文句を言うな!の一点につきます。

そもそも外に猫が居るのは屋外猫を飼育している輩がいるからであって、人気のない山奥で猫の轢死体などみた事すら私はありません。

猫が不凍液を舐めて死ぬのは不凍液を放置した人がいるからではなく、不凍液をなめる様な状況で猫を飼っている馬鹿がいるからです。
別に屋外に猫を出せば埠頭抵触を食わなくても車に轢かれて猫はくたばります。

本当に動物を愛護したいのなら飼育者の飼育姿勢をどうにかするしかないのは自明の理です。

というか・・・・テメェ等の無責任飼育を棚に上げてよくもまぁ図々しく動物虐待だの何だのと愛護は言いますね。

そういえば名古屋の早川一家殺人事件の犯人は山で自殺してた娘の愛誤らしいですが、ペットは家族とかいっておいて人間の家族は漬物石で殴り殺すんですから家族の定義も怪しげですね。

Re: 早い話が・・・

猫ボラ嫌い様、コメントありがとうございます。

> 猫愛護の言っている主張は猫の無責任飼育や青空飼育を容認して被害に文句を言うな!の一点につきます。

まあ、そういうことでしょう。
ちょっとでも複雑な話になると、即理解不能になる知能で、無責任に餌やりやりたい放題したいということしか頭の中に詰まっていないのです。


> 猫が不凍液を舐めて死ぬのは不凍液を放置した人がいるからではなく、不凍液をなめる様な状況で猫を飼っている馬鹿がいるからです。
> 別に屋外に猫を出せば埠頭抵触を食わなくても車に轢かれて猫はくたばります。

私の「自動車不凍液を有害なエチレングリコールから、無害なプロピレングリコールに転換すればいい」という意見に、愛誤が一人も乗ってこなかったのは意外でした。
別に不凍液が有害だろうが無害だろうが、他の理由でもガンガン外猫は死にます。
愛誤は、餌やりだけしたのであって、猫が死のうが生きようが本当のところは興味がないのではないかと思いました。


> 本当に動物を愛護したいのなら飼育者の飼育姿勢をどうにかするしかないのは自明の理です。

不凍液が有害だろうが無害だろうが、完全室内飼いしていれば関係ないことですね。


> 名古屋の早川一家殺人事件の犯人は山で自殺してた娘の愛誤らしいですが、ペットは家族とかいっておいて人間の家族は漬物石で殴り殺すんですから家族の定義も怪しげですね。

私は異常に動物に偏執する人は、むいろ怖いです。

そう言えば、ホウ酸は未だ余っていましたね

キャットフードのサンプルが近くのホームセンターに有ったし、
春までに庭に彷徨くメタボな野良にご馳走してあげようかな?

それでも、今年は幾らか例年より寒い所為か野良猫が減った様で?
「去年の夏が異様に暑いので野良の子猫の体力が消耗したのも」
色々な種類の野鳥が庭に訪問して来ますね。

野良猫が居なくなると良いことだらけです。

Re: そう言えば、ホウ酸は未だ余っていましたね

只野乙三様、コメントありがとうございます。

> キャットフードのサンプルが近くのホームセンターに有ったし、
> 春までに庭に彷徨くメタボな野良にご馳走してあげようかな?

こちらは正しい動物愛護を論じるサイトですのでw
ホウ酸を混ぜた餌をあげても、風邪をひいた猫ちゃんのうがい薬にはなりません。
よほど大量に摂取しない限り、猫ちゃんは死ぬことはないですがホウ酸は猫ちゃんにとって有害です。


> 色々な種類の野鳥が庭に訪問して来ますね。

拙宅でも、野良猫の訪問がなぜか激減しました。
それに伴い、メジロやシジュウカラなどがたくさん訪れるようになりました。
都市近郊でも、野良猫は生態系に悪影響を及ぼしていると痛感します。
暖かくなってきたら、ご近所に不凍液製ナメクジ駆除剤を勧めようと思っています。
猫缶に自動車不凍液を混ぜたものを庭においておくと、ナメクジ駆除によーく効きます。
不凍液は、苦味不純物が少ない欧州車用が良いです。
誤って野良猫が食べたら死にますので、注意してください。

まさかの…

驚きです。ちょっと複雑・・・?いやいや、複雑でもなんでもないと思うのですが。
ここまでくると本当に脊髄反射かトキソプラズマあたりを疑ってしまいます。普通に理解できそうなものなのですが。

それと、仰るとおり、この手の情報は、被害をこうむる人がいなくならない限り消えないでしょうね。愛誤がいくら言ったところで、ちょっと検索すればすぐ見つかります。ネットは広大ですから、叩いたり言論テロ仕掛けて潰したところで枝葉の末端にも満たないでしょう。

あと、NZの男性の話、他のところでも見ました。ツイッターコメントでやたら言われてました。正直反対しているという愛護団体の言い分は怪しいと思うのですが。

ところで、あの手のニュースは愛誤がすぐ食いつくのはわかりきったことですが、もしかしたらSNS自体に愛誤が多いのかなとも疑ってます。(以前野良猫被害、トラブルと対策のニュースのコメント(SNS関係なく直接記事に書き込む形式です)を見たところ、愛誤と思しきコメントは2,5割くらいだったので。それ以外は中立が1割ほどであとはおおむね賛成といった感じのコメントでした)こう見ると、愛誤って思ったよりは多くないのかなと思うのですが、どう思われますか?(中立~賛成の人は書き込まない人も多いと思うので)

個人的な質問、失礼しました。

それでは。

Re: まさかの…

kai様、コメントありがとうございます。

> 複雑でもなんでもないと思うのですが。

わたしはそんなに複雑な事書きましたかね。
要旨はこうです。
・自動車不凍液を用いる、野良猫駆除方法が流布されている。
・自動車不凍液の成分を、今の有害なものから無害なものに変えれば猫駆除ができなくなるし環境にも良い。
・今の有毒な自動車不凍液は法的規制がないので、私有地内での野良猫駆除を封じることは不可能。
・だから私は、自動車不凍液を無害なプロピレングリコールに転換することを支持します。
そのように書いていませんかね?


> この手の情報は、被害をこうむる人がいなくならない限り消えないでしょうね。ちょっと検索すればすぐ見つかります。叩いたり言論テロ仕掛けて潰したところで枝葉の末端にも満たないでしょう。

はい、同感です。
自動不凍液を無害なものに変えても枝葉末節かもしれません。
根本は、室内飼育を徹底することです。


>もしかしたらSNS自体に愛誤が多いのかなとも疑ってます。

それは思います。
以前、face bookで海外の生の情報を仕入れていました。
米国で野良猫に餌やりをした老人が有罪判決を受けたときに、すぐさまface bookで抗議署名を集める活動が起きました。
それは私の記事でも紹介したと思います。
対して猫食した様子を投稿した学生らはface bookで投稿が削除され、利用が禁止されました。
もちろん料理された猫は合法的に殺されたものです。
学生らは、何ら法律違反を侵していませんでした。

あと、米国ではTNRには、野生生物に関する学会や獣医師会などが公式に反対声明を出しています。
TNRの批判は大きく、反対の根拠では、必ず野生動物への被害が強調されます。
それらも折々紹介します。
米国の方がNZより言論環境が正常なのかもしれません。

それと話は変わりますが、アメリカ連邦政府はTNRを完全に否定しました。
主な理由は、生態系への悪影響です。
その他、公衆衛生上の被害。
予算の無駄など。
http://www.fws.gov/pacific/lawenforcement/Sam%20Stuff/October%202009.html
アメリカ連邦政府漁業狩猟庁。2009年。
あらためて記事にします。
愛誤が言う「欧米ではTNRが当たり前で、国行政も支援している」とは大嘘です。

なお、無許可TNRをしていた女性が逮捕起訴、90日の懲役と罰金が課される可能性があるというニュース。
いわゆる日本で言う「猫ボラ」活動です。
http://www.lifewithcats.tv/2012/11/06/feral-cat-caretaker-annette-betancourt-speaks-after-guilty-verdict-and-sentencing/

日本の基地害愛誤が、「日本の動物愛護に関する法を欧米並みにせよ」と喚いていますが、ぜひそうして欲しいです。
そうすれば野良猫被害に遭っている人は合法的に駆除できますし(欧米では保護の対象は飼育されている動物のみ)、迷惑な野良猫餌やり基地害は刑務所に収監されます。

↑の続き

↑で紹介した、TNRを行ったことにより刑事犯として起訴された女性の関連ニュースです。
この女性が住むのはミズーリ州で、ミズーリ州法では、猫飼育数の上限を4匹に制限しているようです。
TNRをしていた猫は、逮捕時に12匹で無登録でした。
女性が行っていたのは、野良猫をTNRし、飼い主を見つけるという、日本の猫愛誤が自称している「猫ボラ」とまったく同じ活動です。
警察官は「女性が悪意があってこの犯罪を犯したとは思わないが物事は大局的に見るべきで、感染症のリスクや迷惑を考慮した」と話しています。
米国ではいかに無許可餌遣りに対して厳しい処罰があるか、TNR,猫ボラ活動がなんら免罪符にならないことをよく表した事件だと思います。

↑リンクつけ忘れ

是非欧米を見習いましょう

ミズーリ州の件では、悪意がなくとも、大局的見地から処罰するとの事でしたが、もっともな話です。
愛誤のように自己中心的で極めて視野狭窄な思考では、真の動物愛護など実現不可能です。
欧米を見習い、大局的見地から動物愛護を推進し、似非動物愛護の連中を社会から締め出すのは大歓迎です。
話は変わって、今出張で関東地域の某市に来ていますが、とある小さな公園に「野良猫にエサを与えないで下さい」とありました。
公共の場所での餌やりは「全国共通の迷惑行為」なのだなと改めて思いました。

Re: 是非欧米を見習いましょう

迷惑餌やり反対派様、コメントありがとうございます。

> 欧米を見習い、大局的見地から動物愛護を推進し、似非動物愛護の連中を社会から締め出すのは大歓迎です。

愛誤は「日本は動物愛護後進国だから先進国の欧米を見習え」と言います。
しかし欧米は、愛誤の主張とは真逆です。
米国は、野良猫への餌やりに対する禁止条例などは多くの自治体でありましたが、近年罰則を強化し、実際に有罪となる例が増えています。
アメリカ連邦政府がTNRを完全に否定(野良猫の繁殖抑制効果は認められない。対してマイナス面が大きすぎる)表明した(2009年)ことも原因でしょうが、ニュージャージー州はTNRを廃止、野良猫は狩猟駆除へ方針転換(2012年)、カリフォルニア州で裁判所がTNRの停止を命じるなどTNR廃止への動きが加速しています。
「欧米では野良猫は殺さずTNRを行う。国行政の支援が手厚く、餌やりに対して寛容」とは全く逆です。
愛誤が言う、動物愛護先進国(誤?)が存在するのは、愛誤の脳内だけです。
TNRを狙い撃ちした刑事罰付き禁止条例も相次いで制定されています(後ほど記事にします)。


> 公共の場所での餌やりは「全国共通の迷惑行為」なのだなと改めて思いました。

それが普通です。
でも、餌やりの横暴が通って、事実上餌やりし放題になっているところが多いです。
日本ほど、餌やりに寛容な愛誤な国は例を見ないです。
さすが生類憐れみの令などという、悪法珍法が実際に運用されたことがある国です。

kai様の横です。話がそれています。

>米国で野良猫に餌やりをした老人が有罪判決を受けたときに、すぐさまface bookで抗議署名を集める活動が起きました。
それは私の記事でも紹介したと思います。

SNSはマスコミのバイアスがかかりにくいですが、ステルスマーケティングに代表されるように、暗示にかかってしまうリスクを秘めていますね。

暗示にかかっている可能性を予測するには「感情的」プラス「合理的」でない発言であるかだと思います。

原発事故の直後からFacebookで「原発全廃」という社会運動が起きました。

私は、それを見た途端「原発反対なのに、その活動は思いっきり電気に頼っているじゃん。」とツッコミを入れたくなりました。

Re: kai様の横です。話がそれています。

猫糞被害者@名古屋様、コメントありあとうございます。

コメント欄は、自由にご意見を書いていただく場ですから。

> SNSはマスコミのバイアスがかかりにくいですが、ステルスマーケティングに代表されるように、暗示にかかってしまうリスクを秘めていますね。

一種の集団妄想に近いかもしれません。
仕掛け役と暗示にかかる大多数、スケープゴート、カリスマ(同情の対象も含みます)が存在します。
スケープゴート=特定の愛誤批判者、虐待者。
カリスマ(アイドル)=虐待された猫、など。


> 暗示にかかっている可能性を予測するには「感情的」プラス「合理的」でない発言であるかだと思います。

愛誤の主張は、全て両方が当てはまります。

ところで話が変わりますが、厚労省の狂犬病の資料はひどすぎます。
猫のことがい凸も書かれていません。
厚労省に意見をメールしておきます。
こんなことまで猫愛誤のバイヤスが入っていたとしたらとんでもないことです。
日本野鳥の会や山科鳥類研究所が野良猫の野生生物への被害を言えば、一斉にネットテロの標的になります。
ですから欧米の野生生物愛護保護団体と異なり、日本は野良猫の害一つ訴えることもはばかられます。

ただの煽りかよ、暇なんだな

No title

マタタビと不凍液、缶詰で100%食います。デブネコには2~3回食わせたほうがいいかも。これで一掃出来ます。
ペットの放し飼いは、どう考えても間違いです。正当化出来ません。
正当化したところで定食を眼にすれば二度と帰ってこないですよ。

Re: No title

ああ様、コメントありがとうございます。

> マタタビと不凍液、缶詰で100%食います。これで一掃出来ます。

それは事実です。
某掲示板などで、野良猫愛誤がそれらの事実に関するスレッドを閉鎖に追い込むなどしているようですが、全く意味がないことです。
その情報は、既に周知されていますからね。
また海外情報を(英語、ドイツ語でいくらでもかの掲示板のようなものがあります)日本語に訳して、「アメリカ人やドイツ人は、自動車の不凍液で猫を殺すのでけしからん」と論評するには、全く法律上はもちろん倫理上も問題ありません。
もちろんこのサイトでは、不凍液で猫を殺すことを推奨はしていませんw


> ペットの放し飼いは、どう考えても間違いです。正当化出来ません。

猫を事故死させないための根本的な解決策は、室内で適正飼育することです。
自動車の不凍液に対して、法的規制しろなどという愛誤がいますが、知能に障害があるのでしょうね。

我が自治体では、首長が代わって以来、公衆衛生マナーにとても厳しくなり、地域猫()運動も下火になりました。
自分自身が愛誤じゃないので、具体的なルールはわかりませんが、恐らく市営の公園で、なおかつ届け出があるもののみを許可し、他は厳しく取り締まっている模様。
それ以来、公認以外の愛誤が野良猫みたいな顔つきになりました。餌をやっているのを目撃されると、暗がりの中で警戒まるだしのまなざしでこちらを見ます。
こっちは子連れで、市営の駐輪場に然るべき対価を払って停めている身で、相手は違法愛誤。そのくせ、大の大人が、ただの通りすがりの幼児を、敵意まるだしの目で見るのです。
ハッキリ言って、あんなものは公衆衛生はもちろんのこと、子供の教育にも悪い。だからこそ市では(おそらく迷惑防止条例だか違法投棄だかで)取り締まっていて、効果は現れているわけだけれど。

犬の殺処分と猫のそれとの格差がそのまま、犬飼と猫キチの意識の差だと思う。餌やりを放置していたら、これは永久に治らない。

Re: タイトルなし

ー様、コメントありがとうございます。

> 我が自治体では、首長が代わって以来、公衆衛生マナーにとても厳しくなり、地域猫()運動も下火になりました。

もしかしたら、首都圏のT市ですか。
もしこの市ならば、かつては地域猫野不妊去勢費用のみならず、活動費まで助成している自治体です。


> 市営の公園で、なおかつ届け出があるもののみを許可し、他は厳しく取り締まっている模様。

それが本来のやり方です。
餌やりをすべて認めるの出れば、そもそも地域猫の意味がありません(そのように許可を受けらものだけでも、地域猫により野良猫を減らすのは難しいと言わざるを得ませんか)。



>公認以外の愛誤が野良猫みたいな顔つきになりました。餌をやっているのを目撃されると、暗がりの中で警戒まるだしのまなざしでこちらを見ます。

餌やり依存症患者は、一種の精神病です。


> 大の大人が、ただの通りすがりの幼児を、敵意まるだしの目で見るのです。

愛誤は、精神疾患であり、知能遅滞でもあると思います。
知恵袋などのQ and Aなどでも、中年女の愛誤が中学生に対して異常なほどの攻撃をしたりします。


> ハッキリ言って、あんなものは公衆衛生はもちろんのこと、子供の教育にも悪い。

仰るとおりです。
首長が変わって良かったですね。


> 犬の殺処分と猫のそれとの格差がそのまま、犬飼と猫キチの意識の差だと思う。餌やりを放置していたら、これは永久に治らない。

おれも原因です。
それと犬の場合は、所有者不明の浮浪犬は自治体が捕獲することを条例など(その根拠は狂犬病予防法)で定めていますが、猫を自治体が捕獲することを定めている条例がある自治体を私は知りません(要綱はあります)。

No title

「猫愛誤」と呼ばれる人の共通点

①野良猫に餌を与えるだけで、糞尿などの被害には無関心もしくは
  被害者に泣き寝入りを強要する。
②避妊や清掃活動などの負担は屁理屈を言って絶対に協力しない
③ただ餌を与えるだけorなでなでするだけの自分が快楽を満たす
  だけの状態を、都合良く地域猫と称している
④正論でやり込められると、外国の話などを持ち出して話を逸らす
⑤要するに、自分の都合の良い時だけ猫と触れ合えれば良いので
  あって、ケガをしたor病気にかかったなどの可愛くない猫には
  見向きもしないどころか虐待さえ行う事すらある

無責任な餌やりが、保健所で駆除されるなどの不幸な猫の増加に
 つながることを一刻も早く理解して貰いたいと思う

Re: No title

ー様、コメントありがとうございます。

> 「猫愛誤」と呼ばれる人の共通点
> ①野良猫に餌を与えるだけで、糞尿などの被害には無関心もしくは
>   被害者に泣き寝入りを強要する。
> ②避妊や清掃活動などの負担は屁理屈を言って絶対に協力しない
> ③ただ餌を与えるだけorなでなでするだけの自分が快楽を満たす
>   だけの状態を、都合良く地域猫と称している
> ④正論でやり込められると、外国の話などを持ち出して話を逸らす
> ⑤要するに、自分の都合の良い時だけ猫と触れ合えれば良いので
>   あって、ケガをしたor病気にかかったなどの可愛くない猫には
>   見向きもしないどころか虐待さえ行う事すらある

概ね合っていると思いますが、いわゆる「猫愛誤」の中でも、もっともたちが悪い方ですね。
②去勢不妊で、自費を負担している方もいますが、大概申し訳程度で、餌やりの口実に過ぎません。
全く去勢不妊しない人の方が、「猫が増えて迷惑だ」とガンと言えます。
ですから、免罪符的に去勢不妊をして、堂々と餌やりする方が、むしろたちが悪いのかもしれません。
⑤私の近所の餌やり婆は、餌だけやって、その猫が他人の家の真ん前で死んでいても知らんぷりです。
ある自称地域猫活動家の個人wは、餌やり現場で猫が死んだとき、「私は餌代と餌やりの労力を負担している。なんで死体の処理までしなければならないのか」とブログで書いています。
それが、餌やりの根性を端的に示しています。


> 無責任な餌やりが、保健所で駆除されるなどの不幸な猫の増加に
>  つながることを一刻も早く理解して貰いたいと思う

そうです、それが真実です。
でも、自分たち(野良猫愛誤たち)にとって都合が悪いことは、理解しようとしません。

うーん

>私はかつて楽天ブログで、不凍液を無害なプロピレングリコールに代替することを提唱しました。

この時の記事が適切にあなたの主張を伝える内容だったかが不明なので、
愛誤の理解力がどうという結論は出せませんねえ。

このエントリーの文章を読む限りでは、やや感情的になりこそすれ、
論理的に破綻した内容の記事を書く人には見えませんが。

Re: うーん

アイゴー様

> このエントリーの文章を読む限りでは、やや感情的になりこそすれ、
> 論理的に破綻した内容の記事を書く人には見えませんが。

「感情的」でしたか。
ご批評ありがとうございます。
自分ではわからないので。
なお、自動車ラジエーターの不凍液ですが、90年代頃に、無害なプロピレングリコールに変えることがドイツなどで提唱されていました。
緯度の高いヨーロッパや北米大陸は、ウオッシャー液にもエチレングリコールのラジエーター液を入れます。
つまり有害なものをそのまま排出しているわけです。
しかしバブル崩壊の世界的景気後退などでその機運が立ち消えになりました。
クルマの冷却系部品を変えなければならないので、その生産ラインをすべて更新しなければならないとか、プロピレングリコールは耐用期間がエチレングリコールより短いので、1年程度で交換しなければならないといった理由です。
なお、私はラジエーター液をプロピレングリコールに変えることは反対しません。
楽天の記事ではそのようなことを書いています。

愛誤は、「埠頭駅定食」の情報が出回って以降、「自動車ラジエーター液のエチレングリコールの一般市販や無許可保管を禁止せよ」と主張していました。
しかしラジエーターは、不凍液の補充用にキャップがついていますし、ラジエーターからの液漏れでクルマのオーナーが緊急に補充しなければならないこともあり、エチレングリコールの一般市販や保管に許可を必要とする法改正は不可能です。
それを主張する方がよほど感情的でしょう。
なお、↑の記述に対して、愛誤は、よほど読解力がないのか、私に対して「ラジエーター液で猫を殺害することを推奨している」と関係機関にまで通報して騒ぎ立てました。
楽天ブログは、愛誤の妨害により、全削除されています。
そのためにFC2でブログを再開しました。

せっかく、blog主さんがエチレングリコールに変わるものを押してあげているのに

まったく、愛誤は猫のことになるとすぐ頭に血がのぼる。
犯罪者が多いのはこういったところですかね。

Re: タイトルなし

れいじ様、コメントありがとうございます。

> せっかく、blog主さんがエチレングリコールに変わるものを押してあげているのに
> 。
> まったく、愛誤は猫のことになるとすぐ頭に血がのぼる。

ちゃんと文書の趣旨を読み取れないということでしょう。
困ったものです。

いい話だとおもいました

とても中立な立場からの意見に感激しました。話を理解し進めようとしない愛護家たちには失望です。
いくら愛護論を唱えても自宅の庭に転がる猫の糞を彼らは拾いに来てはくれません。
悲しい限りです。

Re: いい話だとおもいました

24834様、コメントありがとうございます。

> とても中立な立場からの意見に感激しました。

文章の意図するところをごりきいただき、ありがとうございます。
どうも動物愛誤な方は、読解力に欠ける(つまりバカ)な方が多いようでして苦慮しています。
例えば別の記事ですが、「狩猟免許を有するものがノネコを箱罠で捕獲し、鎗で刺殺、水没殺、撲殺するのは合法である」と記事にしたところ、「さんかくたまごはどのような方法でも猫を殺害しても良いとする、猫虐殺の犯罪者である」と超拡散されています。
鳥獣保護狩猟適正化法では、罠で捕獲した鳥獣の刺殺、撲殺、水没殺を禁じていません。
例えば猟犬に咬み止めさせるなどは禁じています。
それを「どんな方法でも~」と勝手に脳内変換し、私が猫虐殺犯と飛躍するのは、もう、精神異常者かバカでしょう。
例えば法律の見解で、「このようなケースでは、正当防衛が成立して殺人罪にはならないだろう」と意見を述べれば。「さんかくたまごはどのように人を殺しても良いとしている殺人者だ。実際に殺人している」と言っているのと同じです。


>話を理解し進めようとしない愛護家たちには失望です。

私は、彼らとは対話は不能だと思っています。


> いくら愛護論を唱えても自宅の庭に転がる猫の糞を彼らは拾いに来てはくれません。

それどころか、「野良猫に給餌するものは餌代と労力を提供している。協力しない者は、餌やりの土地を提供し(他人の私有地に勝手のい入って野良猫の餌をばら撒いても当然)、糞掃除をして当然だ」と主張している輩もいます。

人体には無害だが猫はプロピレングリコールの代謝できないよ

Re: タイトルなし

ー様、コメントありがとうございます。

> 人体には無害だが猫はプロピレングリコールの代謝できないよ

しかしエチレングリコールと比較すれば、毒性は著しく低いです。
ですからエチレングリコールからプロピレングリコールに代替することは、安全性が飛躍的に高まります。
今のところ、エチレングリコールかプロピレングリコール以外には、不凍液を代替するに適した物質はありません。


http://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/petfood/p_law/08.html
販売用愛玩動物用飼料の原材料に由来するプロピレングリコールであって、その含有量が猫への健康影響が想定されない量である場合まで規制対象とするものではない。

プロピレングリコールは、キャットフードへの添加も少量ならば認められています。
つまりエチレングリコールに比較すれば、著しく毒性は低い。

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7724ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR