FC2ブログ

徳之島のTNRは歴史的愚策だった~今後の奄美群島の猫対策はどうあるべきか






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

Domestic
inländisch


 記事、                        
徳之島のTNRは歴史的愚策だった~増え続ける未去勢猫
徳之島のTNRは歴史的愚策だった~野良猫が在来希少生物を捕食しているという証拠
徳之島のTNRは歴史的愚策だった~給餌はむしろ猫による在来生物への捕食圧を高める
の続きです。
 奄美群島では、猫による在来希少種の捕食被害が深刻です。TNR団体が奄美群島のうちの徳之島で2014年から猫のTNRを行っています。その総括と言うべき学術論文が2019年11月7日に発表されました。結論から言えば、徳之島のTNRは歴史的愚策です。では今後は徳之島も含めて奄美群島の猫管理はどうするべきなのでしょうか。本論文はその点についても提言しています。



 希少な固有種が多く生息し、学術的価値が高い奄美群島。この奄美群島では、希少固有種のアマミノクロウサギなどが、人が持ち込んだ猫により捕食圧を受けています。奄美群島の一つ、徳之島における希少動物の猫による捕食対策を時系列にまとめました。

2014年:環境省は、2014年に徳之島におけるノネコの捕獲事業(譲渡先が見つからなければ殺処分の可能性がある)を開始しました。一方それに反対する日本のTNR団体「(財)どうぶつ基金」が、徳之島でTNR事業を開始し、現在も継続しています。
2017年:しかし徳之島においては、TNR事業開始後もアマミノクロウサギ等の希少生物が猫に捕食される例が確認されましたそのことを重く見た環境省は、徳之島を含めた奄美群島でのノネコ捕獲事業の強化を公表しました。
2019年:猫の捕獲に反対するTNR団体と、猫の捕獲を強化の方針を打ち出した環境省が対立しています。

 徳之島においては、TNRが「猫の捕獲」の代替案になりうるのでしょうか。つまり「捕獲(殺処分)」を行うのと同等に期待できる、「島内での猫による希少生物の捕食を減少させることができたのでしょうか。この点について総括した、詳細な分析を行った学術論文が2019年11月7日に発表されました。
 結論から言えば、徳之島におけるTNR事業は、「猫による希少生物の捕食圧を減少させる効果は全くありません」でした。むしろTNRをすることで人工給餌される猫がおり(条例では飼い猫以外の猫への給餌は禁止されているのですが)、人口給餌は逆に野生動物への捕食圧を高めるという結論が導き出されました。またTNR事業が継続しているにもかかわらず、猫の不妊去勢率は低いままです。
 それがこちらの論文です。Predation on endangered species by human-subsidized domestic cats on Tokunoshima Island 「徳之島における人間が援助しているイエネコ種による絶滅危惧種の捕食」 2019年11月7日(以下、「本論文」と記述する)。


Predation on endangered species by human-subsidized domestic cats on Tokunoshima Island 「徳之島における人間が援助しているイエネコ種による絶滅危惧種の捕食」 2019年11月7日

 この論文の要旨は次の通りになります。

(現状)
1、徳之島の飼い猫以外の猫は、ノネコ(feral cat)と野良猫)(stray cat)が明確に区分できるという前提である。
2、野良猫は希少生物の捕食はしないとの前提で、TNRが行われている。捕獲(~殺処分)はノネコのみ。
3、(条例で禁止されているにもかかわらず)野良猫への給餌が行われている(糞の分析調査)。

(課題)
1、徘徊するノネコ(feral cat)と野良猫(stray cat)は生息域を自由に越境し、野良猫も希少生物を捕食している(糞の分析調査)。したがって両者は区分できない。
2、自由に徘徊している猫の不妊去勢済み猫の比率は13%と低く、TNRが効果をあげたとはいえない。
3、禁止されているにもかかわらず野良猫への餌やりは行われており、それはむしろ希少生物の捕食圧を高めている。なぜならば人口給餌により猫は助けられ、それらの猫が希少生物の生息地の自然地域に移動するからである。

(対策の提言)
1、飼い猫の完全室内飼いを行うこと。
2、島の猫対策はTNRではなく、捕獲(殺処分も含める)をするべきである。
3、室内飼い猫以外の猫への給餌を完全に断つこと。




 徳之島のTNR事業は、徳之島のノネコと野良猫が明確に区分できるという前提で、野良猫のみを対象に実施していました。しかしノネコと野良猫は区分できず、生息域を自由に行き来し、食性もほぼ変わりませんでした。ノネコも野良猫も、希少動物をかなりの割合で捕食していました。
 また(これは私の推測ですが)TNR事業は、TNRの活動家や支援者が、野良猫に給餌を行うことにつながった可能性があります。さらに島の住民もTNR事業開始以降に、むしろ野良猫ノネコに対して給餌を行うことが増えた可能性があります。それは、ノネコ野良猫とも、ドライキャットフードの採餌率が7割近くにのぼることが糞便分析で明らかになっているからです。しかしノネコ野良猫に給餌をすることは、むしろ猫による在来生物への捕食圧を高めるのです。この事実は、すでに複数の論文が出されています。徳之島では、飼い猫以外への猫の給餌は、条例で禁止されているのですが。

 この点について本論文は、今後の徳之島における、猫の管理の在り方を次のように提言しています。特に強調しているのは「3、」の、自由に徘徊する猫への給餌禁止です。本論文においては、人為的な給餌が最も猫による捕食圧を高めているとしているからです。
1、飼い猫の完全室内飼いを行うこと。
2、島の猫対策はTNRではなく、捕獲(殺処分も含める)をするべきである。
3、室内飼いの飼い猫以外の猫への給餌を完全に断つこと。
 本論文、Predation on endangered species by human-subsidized domestic cats on Tokunoshima Island 「徳之島における人間が援助しているイエネコ種による絶滅危惧種の捕食」 2019年11月7日 から引用します。


The main predator management options are trapping, which has occurred on Tokunoshima Island, and lethal control.
In the case of human-driven hyper-predation, preventing the access of cats to artificial resources is a more cost-effective way of reducing the predator population in the long term.
Several methods should thus be combined, including lethal control and resource subsidization control, to develop an effective conservation strategy.
Tokunoshima Island has regulations about keeping pet cats indoors and prohibits the feeding of unowned cats.
However, as the mixing model showed high dependence on artificial resources, it is likely that many people are not following these regulations.
The effectiveness and validity of this method (TNR) should thus be reconsidered.
In conclusion, our study provides strong circumstantial evidence of anthropogenic resource subsidization on free-ranging cats.
It points out the possibility of human-driven hyper-predation and provides important support for promoting local and global invasive predator control management.

捕食者(在来生物を捕食する猫)に対する主な管理代替案は、徳之島で始められた、わなでの捕獲と殺処分による制御です。
人により促進されてきたハイパープレデーション(過剰な捕食活動)の場合は、 猫が人工的な餌を採餌できないようにすることは、長期的に捕食者の数を減らす、より費用対効果の高い方法です。
したがって効果的な在来生物の保全戦略を策定するためには、殺処分による制御を含む、猫への人による給餌を制御するいくつかの方法を組み合わせる必要があります。
徳之島には、飼い猫を屋内に飼うことに関する規則があり、飼い猫以外への給餌は禁止されています。
しかし複数の例によれば、猫は人工的な給餌に高い依存性を示したため、多くの人々がこれらの規則(給餌禁止)を守っていない可能性があります。
この方法(TNR)の有効性と妥当性を再検討する必要もあります。
結論として私たちの研究は、自由に徘徊する猫に対する人為的な給餌があることの、強力な状況証拠を提供しています。
それはハイパープレデーション(過剰な捕食活動)を、人が促進した可能性を指摘しており、そして局所的および包括的な侵略的な捕食者の、制御管理を推進するための重要な支援となります。



 私見をいくつか付け加えます。現在施行されている徳之島町の猫飼養条例での「飼い猫以外への猫の給餌禁止」規定は、処罰規定は最高でも過料2万円が上限です。例えば、「飼い猫の飼い主明示」、「飼い猫の放し飼い禁止」、「飼い猫以外への給餌給水禁止」、「飼い猫の遺棄の禁止」などです。罰則規定の引き上げを行い、実効性を持たせることが必要でしょう。特に「給餌禁止」の厳罰化は必要と感じます。またマイクロチップは努力規定ですが、これを義務化し、自由に徘徊している猫は捕獲すること。マイクロチップにより飼い主を特定し、放し飼いの処罰を実効性のあるものにすることも必要でしょう。
 いずれにしても徳之島におけるTNR事業は、なんら猫の数を減らすことはありませんでした。それ以上にノネコ野良猫への給餌を促進することにより、さらに猫による在来生物の捕食圧を高めたのです。まさに無益有害な歴史的愚策と言ってよいでしょう。


(参考資料)

○徳之島町飼い猫の適正な飼養及び管理に関する条例 平成25年12月12日条例第43号


(動画)

 奄美大島ノネコ捕獲ワナは灼熱地獄54度以上!実証実験!2019/08/04 
 あい変わらず詭弁を炸裂させている、徳之島のTNR実施団体の代表者。「徳之島での箱わなでの猫の捕獲」に反対しています。その理由の一つは、「箱わなは希少生物の誤捕獲があり、希少生物も殺すことになる」です。事実、ケナガネズミ1匹が誤捕獲されて死んだことが確認されています。しかしノネコ野良猫1個体が1年間に哺乳類や鳥類を数百個体捕食する可能性を考えれば、猫の箱わなでの捕獲の利益の方がはるかに高いといえます。誤捕獲が問題ならば、ハンターによる目視での射殺や、猫白血病ウイルスの感染駆除などを、海外先進国に倣って取り入れればよいのです。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

お世話になっております
名無しです 

奄美大島の一件については朝日新聞の太田が「奄美大島でノネコのtnrのおかげでアマミノクロウサギが増えた」と早とちりした記事を書いていましたhttps://www.asahi.com/sp/articles/ASM2M67FTM2MUTFL016.html
これが奄美大島でのノネコ駆除へのバッシングにつながったのではないでしょうか?

太田本当にジャーナリストなのですか?

最後の一文の"太田ジャーナリストなのですか?"は
太田は本当にジャーナリストなのですか?の間違いでした

すみません

Re: タイトルなし

名無し様 コメントありがとうございます。

> 奄美大島の一件については朝日新聞の太田が「奄美大島でノネコのtnrのおかげでアマミノクロウサギが増えた」と早とちりした記事を書いていました。
https://www.asahi.com/sp/articles/ASM2M67FTM2MUTFL016.html
> これが奄美大島でのノネコ駆除へのバッシングにつながったのではないでしょうか?

奄美群島でのノネコ捕獲(引き受け希望者がいなければ殺処分)の環境省事業ですが、太田匡彦氏がこの記事を書かなくても、ノネコ駆除に対する反対運動は、猫愛誤を中心にして相当大騒ぎしています。
徳之島でTNR事業を行っている団体を筆頭にして。

この太田匡彦氏の記事に関しては、外来ネコ問題研究会が抗議申し入れをしています。
(中ほど。該当する記事を見つけにくいサイト)
https://invasivecatresearchjapan.blogspot.com/

さんかくたまご様

ご返信ありがとうございます
私の間違いだったみたいです
初めから狂っていたのですね‥

奄美大島や徳之島でのtnrの失敗は多くの人に知って欲しいです

太田は抗議を受けていたのですね
情報ありがとうございます

さんかくたまご様

たびたびすみません
外来猫研究会の記事で太田への抗議は記事どの部分に書かれたいるでしょうか?
その周りで紹介されてる書籍だけでも教えていただけたら助かります

Re: タイトルなし

名無し 様

> 外来猫研究会の記事で太田への抗議は記事どの部分に書かれたいるでしょうか?

このサイトですが、良い内容の記事があるのに、一つのURLですべての記事が一つのページに収まっているのが問題だと思っています。
スクロールして、真ん中より少し下で、2018年6月27日の日付です。

コピペします。

朝日新聞東京本社2018年5月9日付け朝刊の掲載記事
「世界遺産めざす奄美 野生化ノネコの受難」について
(抗議と善処のお願い)
下記の抗議と善処の手紙を発送しました.

2018年6月27日
朝日新聞社東京本社 代表取締役社長 渡辺雅隆 殿
 
外来ネコ問題研究会 会長
山田文雄

朝日新聞東京本社2018年5月9日付け朝刊の掲載記事
「世界遺産めざす奄美 野生化ノネコの受難」について
(抗議と善処のお願い)

拝啓
 日頃より生物多様性の保全に着目し,一般市民に対する普及啓発を図ってこられた貴紙のご努力に対し敬意を表します.
 私ども「外来ネコ問題研究会」は,日本の生物多様性を保全する上で重大な問題となっている野生化イエネコについての抜本的対策の推進を目的として,自治体への条例改正等を含む法政策の提案を行うことや,一般への問題の科学的理解と解決案を普及啓発すること等の実践的活動を展開しております.
 さて,本年5月9日付け貴紙朝刊に掲載された太田匡彦記者による標記記事は,貴紙における生物多様性保全や外来生物,奄美・琉球諸島の世界自然遺産登録に関連するこれまでの記事の論調と著しく異なっており,また,記事中に明らかな間違いや誤解を招く表現が多く含まれており,これを見過ごすことができないことから,本文書をお送りする次第です.
 別紙に私どもの見解を詳述しましたので,善処くださいますようお願いいたします.
 なお,本文書は,環境省,地元関係自治体や保護団体,メディア(読売新聞,毎日新聞,産経新聞,南日本新聞社,南海日日新聞社,奄美新聞社,共同通信社,時事通信社,NHKほか)等にも共有情報として提供することを申し添えます.
敬具

(つづく)




> その周りで紹介されてる書籍だけでも教えていただけたら助かります

Re: タイトルなし

名無し様 1

先ほどのコメントの続きです。
なお、書籍は出ていないようです。


-外来ネコ問題研究会-
会長:山田文雄
事務局:諸坂佐利(神奈川大学)
    塩野﨑和美(奄美野生動物研究所)
理事:岡 奈理子(山階鳥類研究所)
   長嶺 隆(NPO法人どうぶつたちの病院沖縄)
   石井信夫(東京女子大学)
   伊藤圭子(ゆいの島どうぶつ病院)
会員数:全国で約30名
公式HP: https://invasivecatresearchjapan.blogspot.com/

参照:添付の「外来ネコ問題研究会」パンフレット

別紙
1. 記事全体について
 太田匡彦記者による本年5月9日付け記事「世界遺産めざす奄美 野生化ノネコの受難」(別添1)は,以下に述べるように,その内容が不正確で,明らかな間違いや読者の誤解を招く記述を多く含むものです.
 この記事によって,これまで奄美大島の絶滅危惧種や生物多様性の保全に努力してきた関係者,また現在,世界自然遺産登録を目指して努力している関係者は多大な迷惑を被っています.このことについての謝罪および訂正のための記事の掲載を強く要請します.また今後,貴紙の信用をも損ねるこのような不適切な報道を厳に慎むことを強く求めます.
 当該記事にみられる問題点は以下の7点です.

2.記事の問題点
(1)「見出し」による印象操作
 この記事では,見出しが「世界遺産めざす奄美 野生化ノネコの受難」となっており,「国が世界遺産登録のために,何ら罪のないノネコを駆除・殺処分しようとしている」という誤解を招くものとなっている.奄美の希少種や生態系の保全が重要であることは,貴紙においてもこれまで取り上げられてきており,むしろアマミノクロウサギなどの希少動物の「受難」とするのが適切である.

(2)IUCN 勧告に関する不正確な記述
 ユネスコ世界遺産センター(UNESCO World Heritage Centre)の諮問機関である国際自然保護連合(IUCN)は,今回の登録申請におけるネコ対策を含む外来種管理を高く評価しており,より一層の充実を勧告している(別添2,https://www.pref.kagoshima.jp/ad13/kurashikankyo/kankyo/amami/iucn1.html).それにもかかわらず,記事中では「登録延期を勧告した」とある段落の前後において,ネコに関する記述があり,あたかもネコに関する対応がIUCNによって疑問視され,登録延期勧告になったという誤解を招く書きぶりになっている.

(3)動物愛護管理法における「みだりな殺処分」についての法解釈の誤り
 そもそも動物愛護管理法が禁止するのは「みだり」な殺傷行為である.同法は殺処分を絶対的に禁じているわけではない.現在,奄美大島で実施しようとしているネコ対策は,生物学者や法学者等の専門家の意見をふまえて策定された管理計画(正式名称:「奄美大島における生態系保全のためのノネコ管理計画(2018 年度~2027 年度)」2018 年3月28日策定)(別添3:http://kyushu.env.go.jp/naha/pre_2018/post_57.html)に基づいて実施するものであり,対策の中で行われる殺処分については,どう考えても法解釈上「みだり」な殺処分ということはできない.なお「みだり」とは,「合理的な理由なくして」という意味である.記事では,「みだり」という言葉の意味に全く言及することなく,この管理計画に安楽死(記事中では殺処分と誤記,あるいは意図的表記)の記載があることを書いた直後に,動物愛護管理法の罰則を記述し,当該管理計画があたかも法に抵触するかのような印象を読者に与える書きぶりとなっている.しかし,この管理計画とその実施に違法性は全く認められない.

(4)「ノラネコ」の捕獲についての法解釈の誤り
  記事中に「駆除を目的とする野良猫の捕獲に法的な根拠があるわけではない」とあるが,これは逆向きの法解釈である.そもそも,いわゆる「ノラネコ」については法令による捕獲規制はない.そればかりか,動物愛護管理法の第35条第3項は,「所有者の判明しない…猫」(これにはいわゆる「ノラネコ」のほか,放し飼いあるいは逸走した猫でも所有者が判明しないものはすべてこの概念に包摂されると解される)の「拾得者その他の者」からの引取りを都道府県等の法的義務としている.本件の場合,条例(別添4,「奄美市飼い猫の適正な飼養及び管理に関する条例」,他の4 町村も同様に策定)と管理計画がある.まず,「飼い猫」を条例によって明確に規定したうえで,鳥獣保護管理法の捕獲許可制度に基づいて,森林内にいる,いわゆる「ノネコ」を駆除目的の捕獲対象としている.さらに捕獲対象については,いわゆる「ノネコ」に限定することなく,「一時的に森林内に侵入しているノラネコや飼い猫も……希少種等を捕殺して在来生態系へ影響を及ぼすおそれがあることから本計画に基づき対処する」と管理計画に明記されている(別添3の4 ページ「7(3)」).

(5)「ノラネコ」と「ノネコ」の区別の過度の強調
 「野良猫とノネコの間に法令による明確な線引きはない」との記事中の記載は間違いではないが,両者は実態上も連続的であって明確な線引きをすることはできない.奄美大島では,いわゆる「ノラネコ」も,希少種生息域に設置されたセンサーカメラに撮影されていることから,今般の管理計画は,「ノラネコ」も「ノネコ」も包括的に対応する仕組みとなっている.記事では「捕獲場所だけを根拠にノネコと断定することには疑問が残る」として,55 年前の国会答弁(1963年(昭和38年)第43回国会農林水産委員会第17号)を引用して「ノネコ」と「ノラネコ」の判別を問題にしているが,判別という本質的でない点を取り上げて,この管理計画が,いわゆる「ノラネコ」には対応していないという誤解を読者に与える記述となっており,奄美大島におけるネコの実態や「ノネコ」と「ノラネコ」両方の対策を含んだこの管理計画の仕組みを理解していない指摘と言わざるをえない.

(6)アマミノクロウサギの死亡要因に関するデータの曲解と誘導
 記事では,「死亡原因の大半は原因不明で・・断定できたのが交通事故25.7%,ネコ等11.2%」とし,ネコによる被害はさほど深刻でないという印象操作を行っている.しかし,これはあくまでも発見された死体についての数字である.また,人目につきやすい道路周辺の死体は交通事故死体が多くなると考えられる.その一方で,森林内においてネコ等に捕食された死体が発見される可能性は極めて低い(別添5).死体が他の動物にさらに摂食されたり,腐敗して跡形もなくなったりすることも想像に難くない.すなわち,上記の数字は,自然界におけるアマミノクロウサギの死亡原因の重要度をそのまま反映しているわけではない.記者はこうしたことを説明せず,ネコによる被害が少ないという誤解を読者に与えている.

(7)専門家コメントの内容と誘導
 記事中に専門家のコメントとして,「科学的根拠が明確でない」,「計画を進めても解決に結びつかない可能性がある」とあるが,どこが明確でないのか,なぜ解決に結びつかない可能性があるのか,具体的中身の説明は一切なく,単にこの管理計画の信頼性を読者に疑わせる効果を狙っているとしか解釈できない.この管理計画は,現在得られる科学的事実や法制度,体制等に基づいて,保全上の効果を最大限確保する一方で,対処しなければならないネコの数を最小限に抑えることを目指して関係者が議論を重ね,策定されたものである.記事にあるような,一方的な立場からの論評のみが記載されることは,著しくバランスを欠いている.

 以上の諸点から,当該記事は,科学的,法的,社会的事実を曲解,無視あるいは一方的に取捨選択し,自らの主義主張に沿った方向に読者を誘導するものであり,極めて不適切,無責任な報道と言わざるをえない.
以上
別添1
朝日新聞東京本社2018年5月9日付け朝刊の掲載記事「世界遺産めざす奄美 野生化ノネコの受難」

別添2
「奄美大島,徳之島,沖縄島北部及び西表島」に係る国際自然保護連合(IUCN)による評価結果及び勧告について

別添3
奄美大島における生態系保全のためのノネコ管理計画(2018年度~2027年度)」(2018年3月28日策定)

別添4
奄美市飼い猫の適正な飼養及び管理に関する条例
(他の4町村は以下のとおり)
龍郷町飼い猫の適正な飼養及び管理に関する条例
大和村飼い猫の適正な飼養及び管理に関する条例
宇検村飼い猫の適正な飼養及び管理に関する条例
瀬戸内町飼い猫の適正な飼養及び管理に関する条例


別添5
平城達哉, 木元侑菜, 岩本千鶴.2017.奄美大島におけるアマミノクロウサギPentalagus furnessiのロードキル.哺乳類科学 57: 249-255.(日本哺乳類学会発行)

ありがとうございます

非常に勉強になりました

他の記事も読んでいましたがどのくらい記事も痛いくらい現実をついていますね
猫を野外で飼育することがどれだけ環境に負荷を与えているかよく学べます

本当に朝日新聞は酷いとしか言いようがありません
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,227ブログ中6位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR