FC2ブログ

「18世紀にイギリスにクマがいた」と言う東大教授の痴性







Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(summary)
Badger-baiting (uk)


 記事、「野良猫の多い国は子供が少ない」と言う東大教授のトンデモ理論(笑)、の続きです。
 「イギリスでは20世紀中葉に野良猫が消滅した。それは帝国主義の進展と核家族化が原因である」という、妄論を公表している方がいます。東京大学教授の小野塚知二氏です。真実はイギリスは西ヨーロッパ諸国の中でも野良猫の数が多い国です。例えばドイツ、スイス、オランダと比較すれば、野良猫の数は人口比で数倍~十数倍も多いのです。この妄論の中で小野塚教授は、他にもデタラメを羅列しています。「18世紀にイギリスにクマがいた」もそうです。イギリスではクマは有史以降は、ヨーロッパヒグマ1種が生息していましたが、10世紀ごろに絶滅しました。したがって18世紀にはイギリスにはクマは存在しませんでした。



 サマリーで示した、小野塚知二東京大学教授の妄論の公開はいくつかありますが、その1つを例示します。日本ペットサミット テーマ「野良猫のいる社会といない社会」、で小野塚教授が行った講演会の資料があります。野良猫のいる社会といない社会 その比較と移行過程(小野塚知二先生) から引用します。


18世紀、19世紀のイギリスでは、下層階級の⼈々が動物いじめをするのは 格好の暇つぶしであり、遊びとされていました。
⼀番⼈気があったのは、森からクマをつかまえてきて、そのク マに多数の⽝をけしかけるというもので、⽝たちに咬まれてクマが死んでいくところを⾒るのがもっとも残忍で あり、盛り上がるショーだったようです。



 この記述ですと、18世紀、19世紀のイギリスには野生のクマがいたことになります。しかしイギリス(uk)ではクマは、有史以降では1種のみ生息していたヨーロッパヒグマが、スコットランドで10世紀ごろにまでに絶滅したとする日本の文献があります(*1)。BBCの報道では、イギリス(uk)の大きな面積を占める大ブリテン島では、425年から594年の間にすでにヨーロッパヒグマは絶滅したとされています(*2)。  
 したがって18世紀ごろのイギリスでは、野生のクマは存在しませんでした。つまり、「森からクマをつかまえてきて、そのク マに多数の⽝をけしかける」と言うことはあり得ません。
(*1)ヒグマ
(*2)Lost history of brown bears in Britain revealed 2018年7月4日

 おそらく小野塚教授は、イギリスで18世紀ごろに盛んに行われてきたアナグマショー(Badger-baiting)と勘違いしていると思われます。これはアナグマに犬をけしかけて殺害させる見世物で、現在も非合法で行われています。しばしば摘発されたニュースが報道されます。
 アナグマはイタチ科アナグマ属に属する動物の総称で、クマ科動物の総称のクマとは異なります。また「下層階級の暇つぶし」との記述ですが、伝統的にアナグマショーは、貴族の娯楽です。以下にウィキペディアを引用しますが、掲載されている絵画のアナグマショーの全ての観客の着衣は、フロックコートまたはモーニングコートでシルクハットを着用しています。これらの衣類は上流階級か中流階級でなければ着用できません。Badger-baiting から引用します。


Badger-baiting is a form of animal cruelty in which badgers are baited with dogs.
Drawing the badger came to England in the 18th century and soon became a very popular sideshow in the pit.
It provided a new opportunity to win or lose money by betting. Drawing the badger thus became a permanent part of the fight in the pit.
Baits were staged outside the pit in cellars or taverns, as an interesting attraction for the guests.
Badger baiting was outlawed in the United Kingdom as early as 1835, with the Cruelty to Animals Act.
Despite having been illegal for over 170 years, badger baiting has continued in a clandestine manner throughout Britain and Ireland until the present day.

アナグマショー(bagder-Baiting)は、アナグマを犬の餌食にする動物虐待の一形態です。
アナグマの見世物は、18世紀にイギリスに始まり、そしてすぐに大変人気のある劇場での余興となりました。
それはお金を賭けることにより、勝ったり負けたるすることの新しい機会となりました。
アナグマを見世物で戦わせることは、劇場での恒久的な演目になりました。
アナグマショーは、観客のための魅力的な出し物として、地下室や居酒屋で劇場の外でも開催されました。
イギリスでは、動物虐待法により、アナグマショーが1835年には禁止されました。
170年以上違法であったにもかかわらず、アナグマショーは現在までイギリスとアイルランドに存在します。



(画像)

 Badger-baiting から。観客の着衣は、すべてフロックコートかモーニングコートにシルクハットの着用です。つまり上流階級の貴族か、中流でも医師や弁護士などの専門職に属する人々です。当時のイギリスは階級による着衣が厳然と区別されていました。

アナグマショー


 その他でも、野良猫のいる社会といない社会 その比較と移行過程(小野塚知二先生)では、小野塚教授は、「20世紀中葉に野良猫が消滅した国」の筆頭としてイギリスを挙げています。しかし西ヨーロッパで野良猫の生息数の推計値を出している国の中では、イギリスは突出して野良猫(人口比)で多いのです。
 小野塚教授は、「イギリスでは20世紀中葉に野良猫が消滅した」の、出典を一切示していません。小野塚教授の単なる憶測と思われます。根拠のない憶測、思い込みで「帝国主義の進展と核家族化の進展が野良猫消滅の原因」と結論付けてしまう乱暴な論旨は、大学生どころか高校生のレポートでも赤点でしょう。それを東大教授がやってしまうのだから呆れます。私はバカと言う文言を使うことをいさめられますが、それはバカじゃやなければ何なのですかね?日本の知性の劣化は東大にまで及んでいるとは。


(参考資料)

猫をとりまく諸問題を多面的に考える 環境省動物愛護管理室 長田 啓

 私は記事「野良猫の多い国は子供が少ない」と言う東大教授のトンデモ理論(笑) で、「日本の野良猫の数」を、かつて日本ペットフード工業会(現 一般社団法人ペットフード協会)が2008年まで推計値を出していて、2008年の280万匹を「日本野良猫数」としました。しかし平成30年に、一般社団法人ペットフード協会が「世帯数あたりの給餌をしている外猫(飼い猫ではない)の数と外猫に給餌している世帯の割合」を公表しています。
 それに基づいて環境省が「日本の野良猫の数は820万匹」と言う推計値を出しています。今後は私も、「日本野良猫数は820万匹」との推計値を用います。ただしこの数値は、「外猫に餌をやっている世帯数×給餌されている猫」に基づいています。つまり複数の給餌者から給餌されている猫が重複されている数値です。さらに給餌を受けていない「ノネコ」は除外されます。かなり乱暴な推計値です。あくまでも参考値です。
 それにしても2008年の日本の野良猫の推計値が280万匹で、10年で3倍ちかくにまで増えるのは異常です。この期間は、環境省が地域猫を推進し、殺処分ゼロ運動が活発化した時期と重なります。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

日本ペットサミット 問い合わせ

日本ペットサミット
sakuma@interzoo.co.jp

上記講演会の資料を一部引用しましたので、ご報告申し上げます。
「18世紀にイギリスにクマがいた」と言う東大教授の痴性 - さんかくの野良猫餌やり被害報告
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-1411.html

以前にもメールしましたが、小野塚教授が言われる「イギリスでは20世紀中葉に野良猫が消滅した」と言う資料は、英文文献では私が確認した限り一つもありません。
私は東京大学に「イギリスは野良猫が消滅した」ことの出典を示していただくよう、数回メールしましたが一度もお返事がありません。
学術雑誌で「イギリスには900万の野良猫(stray cats 飼い猫ではない) がいるとあり、多くの資料でこの数値が使われています
「イギリスには800万の飼い猫(pet cat)と野良猫(stray cat)と150万のノネコ(feral cat)が存在する」と言う文献もあります。
この講演会の資料では、「野良猫が消滅した国としてイギリスを筆頭に挙げていますが、イギリスは他の西ヨーロッパ諸国に比べて突出して野良猫が多い国です。
そもそも小野塚教授の論旨は、前提となる事実に誤りがあります。
そのほか、「韓国では(ヨーロッパと異なり動物愛護先進国ではないので)犬食文化があるという記述がありますが、誤りです。
スイスは犬猫を食用と殺することが完全に合法で、犬猫を肉屋に持ち込み、と殺して精肉にすることを飼い主依頼することが地方では一般に行われています。
犬猫食習慣がある人の割合は統計ではばらつきがあるものの、10パーセント代後半と言うマスメディアの資料もあり、この率は中国とさほど変わりありません。
また北イタリアの猫食、ポーランドの犬食文化も根強いものがあります。
現在ヨーロッパで、犬猫の食用と殺を法律で禁じているのはドイツとオーストリアだけと思われます(イギリスでは国会で審議中)。
ドイツは個人が犬を食用と殺することを禁じたのは2010年と最近のことです。
1986年まではドイツでは、犬肉の商業流通が合法で、犬と殺場があり、行政獣医師が食肉検査をしていました。
ミュンヘンなどにも、犬肉専門店がありました。
これらの誤りについても、折々ブログ記事で指摘します。
以上

イギリスの下層階級が暇つぶしする時間があったのか?

18世紀~19世紀は、イギリスで産業革命が起き、発展した時期です。
当時の下層階級(主に都市部の工場労働者)は超長時間労働で、1日12時間~14時間も働き、軟禁状態の労働者もいたのです。
そのような下層階級に暇などあるわけがなく、劇場で観劇して余興でアナグマショーを見てかけ事にいそしんだりする時間はなかったでしょう。
小野塚教授は、欧州経済史が御専門とのことですが、高校の世界史でも、当時のイギリスの労働者階級の悲惨さは学習しているはずです。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,227ブログ中6位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR