FC2ブログ

犬販売を行っているドイツの世界最大のペットショップの業績は絶好調~三菱UFJリサーチ&コンサルティングのデタラメ






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Zoo Zajac
Das Unternehmen entwickelt sich gut.


 記事、
インターネットで犬を売るティアハイム、飼主審査を行うペットショップ(ドイツ)~三菱UFJリサーチ&コンサルティングのデタラメ
続・インターネットで犬を売るティアハイム、飼主審査を行うペットショップ(ドイツ)~三菱UFJリサーチ&コンサルティングのデタラメ
の続きです。
 「ドイツではペットショップでの犬の生体販売を否定し、非難する世論が多い」という、日本の情報があります。しかしこれは偏向です。ドイツにある世界最大のペットショップ、Zoo Zajac では2012年に犬の展示販売を始めましたが、その後も業績は順調で、さらに売り場面積を拡大しています。「犬のペットショップでの展示販売を否定し、非難する世論」が優勢ならば、なぜこのペットショップは業績が好調で、売り場面積を拡張しているのでしょうか。



 「ドイツではペットショップでの犬の生体販売を否定し、非難する世論が多い」と言う情報を例示します。動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(以下、本報告書と記述する)です。本報告書から引用します。


ドイツでは犬については(ペットショップでの生体販売を)好ましくないと思っている人も少なくないという。
世界一の売り場面積を誇る「Zoo Zajac」。
犬猫(*1)の販売を止めるようにデモが起きたり、嘆願書を集めたりする動きもある。(18ページ)


(*1)Zoo Zajac は、2008年に子猫、2012年に子犬の販売を開始しました。デモが起きたのは、当社が子犬の販売を行うことを表明した2012年前後に数回ありました。子犬の販売に対する反対デモで、猫ではありません。


 引用した、動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング の記述では、「ドイツでは、ペットショップで子犬を販売することに反対する世論が多数である」との意味になります(=少なくない)。この記述では、Zoo Zajac に対する不買運動が起きたり、子犬子猫の販売停止や、すぐにでも倒産にでも追い込まれるのではないかと言う勢いです。
 デモが起きたのは、Zoo Zajac が犬販売を始めることを表明した2011年から犬の販売を開始した2012年にかけて、100~150名ほどの人数で数回行われました。現在は収束しています。2012年当時は、Zoo Zajac の売り場面積は8,000㎡で、来店客は1万人をこえていました。「1万人の来店客対150名のデモ」です。Zoo Zajac は2012年以降も業績は好調で、現在は売り場面積をさらに拡張して、12,000㎡になりました。犬の販売フロアーも拡張しています。
 「ドイツではペットショップでの犬の販売を好ましくないと思っている」世論が多数であれば、Zoo Zajac の業績拡大や犬の販売フロアー拡張は矛盾します。またデモを主導したのは、Animal Peace と言う過激派アニマルライツ団体です。過去にも過激な活動で問題を起こしています。2018年は、咬傷犬を行政命令により殺処分した獣医師の殺害予告で、刑事訴追を受けています。ですからこのデモが、ドイツの一般的な世論とするのは無理があります。

 このデモなどの、子犬のペットショップでの販売反対運動について、Zoo Zajac の経営者である、ノルベルト・サヤック氏は、マスメディアに対して持論を述べています。
 Hundehandel Tierschützer sollen Welpen-Käufer bei Zoo Zajac beschimpft haben 「犬の販売 アニマルライツ活動家は、Zoo Zajacで子犬の購入客を侮辱したと言われています。2012年1月23日


Die „Initiative gegen Welpen-Discount“ will am heutigen Montag mit der bislang größten Demo verhindern, dass Menschen Hunde bei Zoo Zajac kaufen.
Tierhändler Zajac berichtet, Aktivisten hätten Kunden „aufs Übelste beschimpft“.
Veranstalter Massimo Zerbo reist zu seiner sechsten Demo in Duisburg wieder aus Stuttgart an und rechnet ab 15.30 Uhr mit „100 bis 150 Unterstützern“.
Norbert Zajac ficht das freilich nicht an.
Schon gar nicht nach diesem Wochenende: „Wir hatten am Samstag mehr als 10.000 Besucher im Geschäft, so voll war der laden noch nie.
Nach „neuen, schlechten Erfahrungen“ vom Wochenende aber geht er verbal in die Offensive:
Zajac unterstellt Gegnern „wirtschaftliche Interessen“
Die „Aggressivität dieser Leute“ erklärt der Tierhändler mit „deren wirtschaftlichen Interessen“:
Die Organisationen der Demonstranten verdienen nach Zajacs Darstellung“ „Geld, indem sie Straßenhunde aus dem Mittelmeerraum importieren und in Deutschland verkaufen.
dass sie Angst haben, ihre Hunde demnächst nicht mehr verkaufen zu können, wenn bald mehr Zoofachgeschäfte Hunde verkaufen.

「子犬の安売りに反対するイニシアチブ」(註 デモのグループ名)は、本日月曜に、最大のデモで人々がZoo Zajac で犬を買うことを妨害したいとしています。
ペット販売業者のザヤック氏は、アニマルライツ活動家が可能な限り、最悪の方法で Zoo Zajac で犬を買う顧客を「侮辱した」と言っています。
主催者のマッシモ・ゼルボ氏は、デュイスブルク(註 Zoo Zajac の所在地)での6回目のデモのためにシュトゥットガルトに戻り、15時30分から「100人から150人の支持者」が必要だとしています。
ノルベルト・ザヤック氏は、それを問題にもしていません。
特に今週末以降では: 「土曜日には1万人以上のお客様が来店しましたが、店がこれほどまでに忙しかったことは今までありませんでした」。
週末から始まった、「新たな、いやな経験」の後は、ノルベルト・ザヤック氏の言葉は攻撃的でした。
ザヤック氏は、アニマルライツ活動家らの「経済的利益」を非難します。
「アニマルライツ活動家らの攻撃性」は、「彼らの経済的利益が目的だ」と、ペット販売業者のザヤック氏は説明します。
ザヤック氏の金銭面での分析による説明によると、デモ隊の組織は、地中海に面した国から路上に捨てられた野良犬をドイツに輸入して販売することにより、お金を稼いでいます。(*1)
彼らが恐れていることは、より多くのペットショップがこれから犬を売るようになると、すぐにでも彼らは犬を売ることができなくなるからです。


(*1)いわゆる「アニマルレスキュー詐欺」。南ヨーロッパや東欧の動物保護に遅れた国から「犬を救出した」という名目で、雑種の無価値な、さらに病気や障害のある犬を高く売りつけるというもの。これらの国から正規の通関手続きを経ずにドイツに持ち込んだり、ドイツ国内の犬を偽装したり、これらの国で雑種犬を意図的に繁殖させたりしています。ティアハイムやティアハイムの上部組織である動物保護協会も行っており、刑事訴追を受けたティアハイムもあります。


 先に述べた通り、Zoo Zajac でのデモは、当社が犬の販売を行うことを表明し、実際開始した2012年前後に数回おきました。以降はありません。2008年に子猫の販売を開始しましたが、その時はデモは起きていません。したがって、動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(以下、「本報告書」と記述する)の、「犬猫の販売を止めるようにデモが起き」は誤りです。
 来店客数が1万人を超えている状況で、100名から150名ほどのデモが起きたとしても、影響力は限定的でしょう。また前回記事でも書きましたが、デモを主導したのはAnimal Peaceと言う過激派アニマルライツ団体です。この団体は、2018年に行政命令により犬の殺処分を行った獣医師の殺害予告を行い、刑事訴追を受けました。そのような反社会的な団体の主張を「ドイツの一般世論」とする本報告書の記述は偏向と言わざるを得ません。また「犬をペットショップで売ることに批判的な世論が多数」であれば、Zoo Zajac が2012年に犬の販売を始めたのちは、規模を縮小するか、廃止しているはずです。公開されている動画などを見る限り、2012年当時より現在は、犬の販売面積は著しく拡大しています。

 動物愛護団体が、ペットショップで犬を販売することに反対なのは、「商売敵」であることが最大の理由です。Zoo Zajacは、ドイツの動物愛護団体から、「4~5週齢の子犬を売っている」、「病気の子犬を売っており、購入後はすぐに死ぬ」と言う、誹謗中傷を拡散されました。それらはすべて事実無根です。子犬はすべて9週齢以上で親元から離されたもので、店舗には獣医師が常駐しており、感染症対策を万全にしています。
 ティアハイムを傘下に持つ動物保護協会やティアハイムは、動物愛護に遅れた外国から犬などを「保護した」と言う名目で違法に輸入し、高値で販売しています。マスメディアで報道された事件だけでもいくつもあります。ティアハイムの役員が外国から犬を保護し、ティアハイムに報告せずに販売した例や、獣医師の資格がないティアハイムの職員がワクチン未接種で密輸した犬にワクチン接種を行ったなど、多数の事件があります。
 ドイツの消費者団体と弁護士会は、ティアハイムやティアハイムの上部団体である動物保護協会による、「アニマルレスキュー詐欺」に警告をしています。はなはだしきは、代金だけ受け取って犬を引き渡さなかった(「犬が輸送中に死んだ」などという言い訳をする)詐欺すらあります。今年は、ドイツで2番目の規模のハンブルク・ティアハイムが、犬を東欧から違法輸入(狂犬病ワクチン未接種など)し、刑事訴追を受けています。その他にもハンブルク・ティアハイムは、寄付金の横領や労働法違反でも警察検察の捜査を受けています。この件については後ほど詳しく記事にします。

 動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティングでは、「ティアハイムでは安易な譲渡を防いでいる(「(すべてのティアハイムでは)購入客は飼育講義を受けることが必須」などの嘘情報すらもちいて)=善」、「ペットショップでの犬猫販売はデモが起きるなどドイツの世論では批判を受けている=悪」と無理やり結論付けています。中立、客観性、正確さを求められる公的機関から受注した報告書としては、報報告書は完全に欠陥文書です。
 なお、Zoo Zajac の創業者のノルベルト・ザヤック氏は、優秀な経営者として多くの賞を受賞しています。また功績により、ノルトラインーヴェストファーレン州の上院議員に任命されています(註 ドイツの連邦、州の上院議員は選挙ではなく政府から任命される)。日本では、「ティアハイム=善(真実は極めて違法行為が多い)」、「ペットショップはドイツでは非難の的=悪(真実は、業績は順調で消費者の支持が厚い)」と言う図式を無理やり当てはめていますが、実際は異なるようです。本報告書は、日本でも偏向したデマ情報をもとに、作成者の妄想や思い込みを基に作文されたもので、なんら報告書としての価値はなく、有害なだけです。


(動画)

 Tierrechte-Tierschutz ZDF Heute - Zoo Zajac verkauft Welpen!「動物の権利擁護、動物愛護(誤?)団体ZDF Heute - ZooZajacは仔犬を販売している!」 2012年2月17日公開

 Zoo Zajac の一日当たり来店客が1万人を超えるのに対し、「犬販売反対デモ」の人員は最大でも150名あまりでまばら。動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティングの記述ですと、Zoo Zajac は犬の販売でドイツ国民の大多数から非難を受け、すぐにでも犬販売の廃止に追い込まれそうな勢いですが(笑い)。しかしこれは、ドイツでも業務妨害罪が成立するのではないでしょうか?
 メディアは、Hundewelpen sollen in Zukunft das Geschäft zum Blühen bringen. 「子犬販売が活況で、(Zoo Zajacの)将来のビジネスは有望です」と伝えています。




(参考記事)

 動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティングの、ドイツに関する、嘘、誤り、偏向に関する記事

呆れた動物愛護(誤?)専門家たち~ペトことと武井泉氏
「ドイツでは飼い犬の登録制度がある自治体はただ一つ」は大間違い~呆れた動物愛護(誤)専門家、武井泉氏
続・「ドイツでは飼い犬の登録制度がある自治体はただ一つ」は大間違い~呆れた動物愛護(誤)専門家、武井泉氏
「ドイツでは飼い猫については自治体においても登録制度はない」は大間違い~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
「ドイツでは、最寄りの複数の居住用建物から300メートル上離れた狩猟区域内で発見された場合、野良猫とみなされる」はデタラメ~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
続・「ドイツでは、最寄りの複数の居住用建物から300メートル上離れた狩猟区域内で発見された場合、野良猫とみなされる」はデタラメ~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
わなで殺傷されるドイツの猫と犬~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
違法なわなで殺害されるドイツの猫~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
違法ではないわなでも殺傷されるドイツの猫~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
ドイツのティアハイムは危険犬種の殺処分は必須という嘘~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
続・ドイツのティアハイムは危険犬種の殺処分は必須という嘘~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
ドイツではティアハイムから犬を入手する割合は2パーセント台?~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
続・ドイツではティアハイムから犬を入手する割合は2パーセント台?~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
ティアハイムの犬の平均譲渡率66%は正しかった(記事の訂正・お詫び)~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
「ドイツ憲法は動物の権利を保障した」と言う悶絶解釈~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
続・「ドイツ憲法は動物の権利を保障した」と言う悶絶解釈~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
続々・「ドイツ憲法は動物の権利を保障した」と言う悶絶解釈~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏~ドイツ編(まとめ)


 動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティングの、イギリスに関する嘘、誤り、偏向に関する記事

大手シンクタンクのイギリスの動物政策に関する嘘デタラメ記述~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
「イギリスではペットのケージ展示販売を禁じている」という狂った大手シンクタンクの報告書
「イギリスではぺットショップを経営するためには地方議会の認可が必要」という狂った大手シンクタンクの報告書
「イギリスでは野良犬野良猫の管理は自治体の役割である」という狂った大手シンクタンクの報告書
大手シンクタンク(三菱リサーチ&コンサルティング)のイギリスに関するデタラメ記述~まとめ


 動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティングの、アメリカ合衆国に関する嘘、誤り、偏向に関する記事

アメリカ合衆国ではTNRが一般的に行われているという、大手シンクタンク(三菱リサーチ&コンサルティング)のデタラメ記述
続・アメリカ合衆国ではTNRが一般的に行われているという、大手シンクタンク(三菱リサーチ&コンサルティング)のデタラメ記述
アメリカ合衆国ではTNRは懲役刑もある犯罪である~大手シンクタンク(三菱リサーチ&コンサルティング)のデタラメ記述
アメリカ合衆国連邦政府機関はTNRを完全否定~大手シンクタンク(三菱リサーチ&コンサルティング)のデタラメ記述
アメリカ合衆国の複数の政府機関はTNRを完全否定~大手シンクタンク(三菱リサーチ&コンサルティング)のデタラメ記述
アメリカ合衆国における野良猫管理は「捕獲殺処分」が一般的~大手シンクタンク(三菱リサーチ&コンサルティング)のデタラメ記述
アメリカ合衆国のTNRマネジメントと日本の地域猫は異なる~大手シンクタンク(三菱リサーチ&コンサルティング)のデタラメ記述
アメリカ合衆国の民間動物愛護団体の法執行権限は極めて限定的~大手シンクタンク(三菱リサーチ&コンサルティング)


 動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティングの、まとめに関する、嘘、誤り、偏向に関する記事

「動物病院での安楽死は、病気、危険犬種等特別な場合のみ」というデタラメ(アメリカ編)~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
「動物病院での安楽死は、病気、危険犬種等特別な場合のみ」というデタラメ(イギリス編)~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
「動物病院での安楽死は、病気、危険犬種等特別な場合のみ」というデタラメ(ドイツ編)~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
続・「動物病院での安楽死は、病気、危険犬種等特別な場合のみ」というデタラメ(ドイツ編)~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
アメリカ合衆国では連邦がブリーダーのライセンス付与の法整備を行っているというデタラメ~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
ドイツのティアハイムは基本的に殺処分を行わないというデタラメ~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
ドイツでは犬税登録が犬登録を兼ねているというデタラメ~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
ドイツでは動物保護連盟がTNRを実施しているという大嘘~三菱UFJリサーチ&コンサルティングの大嘘


 動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティングの、嘘、誤り、偏向に関する記事 追記

アメリカでは保健所が犬猫譲渡をしているというデタラメ~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
「アメリカでは連邦法により子犬の繁殖場はライセンスが必要」というデタラメ~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
「アメリカ合衆国では生体販売を禁止する自治体が228ある」という大嘘~三菱リサーチ&コンサルティング
アメリカでは民間動物保護団体が州の警察と同様の法執行権限があるという大嘘~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
イギリスの「ぺット動物法」の改定は1983年と言う大嘘~三菱UFJリサーチ&コンサルティング


 動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティングの、嘘、誤り、偏向に関する記事 さらなる追記

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの調査報告書は妄想作文
マイクロチップによる犬登録義務化が進むドイツ~またあった、三菱UFJリサーチ&コンサルティングのデタラメ
ドイツ連邦共和国「動物保護法」の変遷~またあった、三菱UFJリサーチ&コンサルティングのデタラメ
「ティアハイムでの傷病動物の殺処分は複数人の合意が必要」は大嘘~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
EUペットパスポートに関するデタラメ情報~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
「ティアハイムは滞在期間や受け入れに制限はない」という妄想~三菱リサーチ&コンサルティングのデタラメ        
ドイツの犬税額~三菱リサーチ&コンサルティングのデタラメ
「ティアハイムから犬を買うには飼育講義を受けなければならい」という嘘~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
ドイツの犬猫の公的殺処分について~三菱UFJリサーチ&コンサルティングの嘘報告書
続・ドイツの犬猫の公的殺処分について~三菱UFJリサーチ&コンサルティングの嘘報告書
ドイツで犬猫などの遺棄に対する処罰は?~三菱UFJリサーチ&コンサルティングの仰天大嘘
寄付金収入の割合が20%のドイツのティアハイム~三菱リサーチ三菱UFJリサーチ&コンサルティングのデタラメ
インターネットで犬を売るティアハイム、飼主審査を行うペットショップ(ドイツ)~三菱UFJリサーチ&コンサルティングのデタラメ
続・インターネットで犬を売るティアハイム、飼主審査を行うペットショップ(ドイツ)~三菱UFJリサーチ&コンサルティングのデタラメ
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご無沙汰しております。
記事とは関係ありませんが、こんなサイトとブログをみつけました。

http://fraov.com/
https://ameblo.jp/fraov2011-ameba2018/entry-12441566187.html

Re: No title

オキキリムイ 様、コメントありがとうございます。

> 記事とは関係ありませんが、こんなサイトとブログをみつけました。
>
> http://fraov.com/
> https://ameblo.jp/fraov2011-ameba2018/entry-12441566187.html

こちらの管理人さんとは、個人的に交流があります。
すでに、私のページのリンク集に収録しています。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングHP

https://reg18.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=nekf-rimek-fdee2d5556aa9aa5dde4ee51f49dc6d9
三菱UFJリサーチ&コンサルティングHP


「動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(広島県)」の記述、
「世界一の売り場面積を誇る「Zoo Zajac」。犬猫の販売を止めるようにデモが起きた」について、必ずドイツ語原文の出典を提示せよ。

1、「犬猫の販売」とあるが、「猫」の販売について止めるデモが起きたとの根拠となるニュースソースなどの信頼性の高い資料を挙げよ。

真実は、Zoo Zajac が猫の販売を開始した2008年前後は、「猫販売を止める」こと要求するデモは起きなかった。
デモが起きたのは、同社が犬の販売を表明した2012年前後の数回である。
いずれも、Hundeverkauf「犬販売」、Welpenhandel「子犬販売(なおwelpenは単独で用いればほぼ100%子犬を意味する)」に反対するデモで、猫販売に反対するデモではない。

本報告書の作成者は、他の記述においても、例えばきわめて正確性を要する法令の条文においても、例外なく自分勝手に脚色変更を加えている。
正確性を要する公的機関から受注した報告書としては、完全に欠陥文書である。
しかしなぜいちいちいちいち、自分勝手に事実をねつ造するのか。
出典をそのまま引用すればいいだけではないですか。
本報告書の作成者は、境界性人格障害ではないですか、頭がおかしい。
精神科の受診をされたい。
なお、こちらで本報告書を引用したので報告する。
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-1407.html

広島県 担当部署

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,227ブログ中6位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR