FC2ブログ

「ティアハイムから犬を買うには飼育講義を受けなければならい」という嘘~三菱UFJリサーチ&コンサルティング






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Tierheimordnung des Deutschen Tierschutzbundes Richtlinien für die Führung von Tierheimen der Tierschutzvereine im Deutschen Tierschutzbund e.V.
Über die Kastration von Tiaheim-Hunden und -Katzen


 私が1年以上にわたり、誤り、嘘、偏向を指摘してきた、広島県が三菱UFJリサーチ&コンサルティングに委託して作成された、「動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング」(以下、「本報告書」と記述する)に関してです。これから広島県及び広島県市民オンブズマンと、広島県による予算執行の疑義を申し入れます。そのために本報告書の問題記述をまとめているのですが、その後も見落とした問題記述が多く見つかりました。(ドイツの)ティアハイムで動物を購入するためには飼育講義を受けるなどしなければならない」、「ドイツのティアハイムでは動物は不妊去勢してから譲渡している」という記述は偏向、さらにはそれを通り越して「嘘」と言っても差し支えありません


 サマリーで示した、問題の記述は次の通りです。動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(著者 三菱UFJリサーチ&コンサルティング研究員 武井泉氏 以下、「本報告書」と記述する)から引用します。


1、飼犬・猫の不妊・去勢手術の実施状況
ドイツのティアハイムでは、基本的に不妊去勢手術を施してから譲渡している(手術代は譲渡料金と別に徴収している)。
月齢が低い子犬について、ついては譲渡時には実施せず、新しい飼い主に手術のための費用を前払いさせ、提携の獣医で使える利用券を渡して実施させることとなっている(5ページ)。
2、ティアハイムから譲渡の際に必要な飼育講義(19ページ)。



 上記の記述は、いずれも正確な記述とは言えません。何かを調べるに際しては、必ず押さえなけれなならない資料があります。ドイツのティアハイムに関しては、その筆頭が、「ドイツ動物保護連盟によるティアハイム運営指針 Tierheimordnung des Deutschen Tierschutzbundes Richtlinien für die Führung von Tierheimen der Tierschutzvereine im Deutschen Tierschutzbund e.V.」(以下、「ティアハイム運営指針」と記述する)です。なぜならば、ティアハイムの運営に関する基本的な運営方法、理念がまとめられているからです。しかし本報告書では出典にすら挙げていません。

 まず「1、」ですが、犬猫の不妊去勢手術に対しては、上記の「ティアハイム運営指針」では、「猫に関してはすべて不妊去勢するのが望ましい」としています。しかし犬に関しては、各ティアハイムの方針にゆだねています。不妊去勢手術のバウチャー方式は、すべてのティアハイムが採用しているわけではありません。しかし本資料においては、それが一般的と誤認させます。本報告書の記述では、「ドイツのティアハイムでは、犬猫はほぼすべてで不妊去勢してから譲渡する」、「譲渡後も必ず不妊去勢させる」と読者が誤解する記述であり、誤りと言えます。
 犬猫を引き受けるときに、引き受け条件として「不妊去勢」を条件としているティアハイムもあります。また不妊去勢済みであれば、引き受け料金を安くしているティアハイムもあります。成犬であっても、不妊去勢をせずに譲渡しているティアハイムも数多いです(概ね不妊去勢済みであれば譲渡料金は高くなります)。不妊去勢手術に関しては、譲渡先の飼い主の判断に任せる方針ということです。例えばドイツ最大のティアハイム、ティアハイム・ベルリンがそうです。ティアハイムベルリンでは、危険犬種(飼育許可受けるためには不妊去勢が義務付けられているために、ティアハイムに収容させる前から不妊去勢済みです)以外は不妊去勢なしでも譲渡しています。
 
 例として、ティアハイム・ベルリンの、犬の譲渡リストを挙げます(Hunde)(註 ほとんどがいわゆる「危険犬種」。本報告書では「ティアハイムでは危険犬種の殺処分は必須」という卒倒するような大嘘が述べられていますが、これがデタラメと言うことがお分かりいただけると思います)。このページの右側にある記号は、「ハサミ」が「不妊去勢済み」を意味します。「Ⅼ」のアルファベットは、「listenhunden リスト犬」。つまり法律で危険犬種としてリストに載っている犬と言う意味です。
 具体例を挙げれば、譲渡犬の一覧から「Buddy」と言う犬をクリックします。これが個別の犬の詳細を示したページです。Buddy 右側に犬のプロフィールが示されていますが、「ハサミ」のマークが入っていません。この犬の生年月日は2014年6月ですので、成犬です。このように、Buddyのように危険犬種以外の成犬では、不妊去勢されずに譲渡される犬が、ティアハイムベルリンでは多いです。

 蛇足すれば、ドイツのティアハイムの不妊去勢に対する姿勢については、日本ではドイツの資料を調べずに、それぞれ動物愛護(誤)活動家が勝手な妄想や思惑で好き勝手に事実と異なることを流布しています。日本で「ドイツ動物保護連盟 ティアハイム運営指針」を原文で引用し、原文のリンクを示したのは私が知る限り、私が初めてです。
 例えば広島県の動物保護施設、ピース・ワンコ・ジャパンのアドバイザーであったニセドイツ獣医師の京子アルシャー氏は、「ドイツのティアハイムでは犬の不妊去勢はしない」と、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの本報告書とは真逆のことを述べています。正確には、「ドイツ動物保護連盟 ティアハイム運営指針」によれば、「猫の不妊去勢は推奨する。犬は各ティアハイムの方針にゆだねる」です。


(画像)

 Buddyから。

ティアハイムベルリン 犬 不妊去勢なし


 次に、「2、」の、「ティアハイムから譲渡の際に必要な飼育講義」ですが、これも各ティアハイムの方針によります。先に引用した、「ドイツ動物保護連盟によるティアハイム運営指針 Tierheimordnung des Deutschen Tierschutzbundes Richtlinien für die Führung von Tierheimen der Tierschutzvereine im Deutschen Tierschutzbund e.V.」においては、犬猫の譲渡先飼い主の調査や、試用期間を設けること、本報告書にあるような「ティアハイムから譲渡の際に必要な飼育講義」などは一切触れられていません。
 日本では「ドイツのティアハイムでは飼い主の属性を厳しくすることで安易な譲渡を防いでいる」と言う情報があります。一部では、そのような方針のティアハイムがあることは否定しません。しかしそれが必須、すべてのティアハイムで行われているとの記述は誤りです。ドイツは、犬猫などのペット生体を非対面のインターネットなどの通信販売を行うことに対して全く法規制がありません。ティアハイムにおいても、多くで非対面の犬などのインターネット販売が広く行われています。ドイツには、ティアハイム専用の非対面通信販売のインターネットサイトがいくつもあります。そして常時多数の犬猫が出品されています。その代表的なサイトがこちらです。Hunde aus dem Tierheim 「ティアハイムの犬(出品リスト)」

 日本では「ティアハイムでの犬猫などの譲渡条件は大変厳しく、譲渡の前に飼育講義を受けたり、トライアル期間があったり、家族構成を調査されたりする」と喧伝されています。そのような方針のティアハイムもあるのかもしれません。私はむしろあったとしても少数だと思います。本報告書の記述は、ドイツのティアハイムに十分な調査をしたというよりは、日本で喧伝されている情報を基にして作成者が妄想で作文したものに感じられます。
 ドイツでは、インターネットなどによる非対面の通信販売での犬などの販売は、全く法律の規制がありません。そのために、ティアハイムにおいてもインターネットによる犬などの非対面販売が盛んに行われています。ティアハイムの専用の、インターネットのペット販売サイトもいくつもあります。それらのサイトの出品数と、ドイツ全土のティアハイムにおける犬譲渡数(概ね5万頭程度)を考慮すれば、条件なしで、さらには非対面の譲渡がむしろ主流であるとさえ思えます。


(画像)

 Hunde aus dem Tierheim 「ティアハイムの犬(出品リスト)」 から

ティアハイム 犬


(参考記事)

 動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティングの、ドイツに関する、嘘、誤り、偏向に関する記事

呆れた動物愛護(誤?)専門家たち~ペトことと武井泉氏
「ドイツでは飼い犬の登録制度がある自治体はただ一つ」は大間違い~呆れた動物愛護(誤)専門家、武井泉氏
続・「ドイツでは飼い犬の登録制度がある自治体はただ一つ」は大間違い~呆れた動物愛護(誤)専門家、武井泉氏
「ドイツでは飼い猫については自治体においても登録制度はない」は大間違い~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
「ドイツでは、最寄りの複数の居住用建物から300メートル上離れた狩猟区域内で発見された場合、野良猫とみなされる」はデタラメ~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
続・「ドイツでは、最寄りの複数の居住用建物から300メートル上離れた狩猟区域内で発見された場合、野良猫とみなされる」はデタラメ~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
わなで殺傷されるドイツの猫と犬~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
違法なわなで殺害されるドイツの猫~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
違法ではないわなでも殺傷されるドイツの猫~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
ドイツのティアハイムは危険犬種の殺処分は必須という嘘~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
続・ドイツのティアハイムは危険犬種の殺処分は必須という嘘~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
ドイツではティアハイムから犬を入手する割合は2パーセント台?~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
続・ドイツではティアハイムから犬を入手する割合は2パーセント台?~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
ティアハイムの犬の平均譲渡率66%は正しかった(記事の訂正・お詫び)~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
「ドイツ憲法は動物の権利を保障した」と言う悶絶解釈~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
続・「ドイツ憲法は動物の権利を保障した」と言う悶絶解釈~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
続々・「ドイツ憲法は動物の権利を保障した」と言う悶絶解釈~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏~ドイツ編(まとめ)


 動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティングの、イギリスに関する嘘、誤り、偏向に関する記事

大手シンクタンクのイギリスの動物政策に関する嘘デタラメ記述~呆れた動物愛護(誤?)専門家、武井泉氏
「イギリスではペットのケージ展示販売を禁じている」という狂った大手シンクタンクの報告書
「イギリスではぺットショップを経営するためには地方議会の認可が必要」という狂った大手シンクタンクの報告書
「イギリスでは野良犬野良猫の管理は自治体の役割である」という狂った大手シンクタンクの報告書
大手シンクタンク(三菱リサーチ&コンサルティング)のイギリスに関するデタラメ記述~まとめ


 動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティングの、アメリカ合衆国に関する嘘、誤り、偏向に関する記事

アメリカ合衆国ではTNRが一般的に行われているという、大手シンクタンク(三菱リサーチ&コンサルティング)のデタラメ記述
続・アメリカ合衆国ではTNRが一般的に行われているという、大手シンクタンク(三菱リサーチ&コンサルティング)のデタラメ記述
アメリカ合衆国ではTNRは懲役刑もある犯罪である~大手シンクタンク(三菱リサーチ&コンサルティング)のデタラメ記述
アメリカ合衆国連邦政府機関はTNRを完全否定~大手シンクタンク(三菱リサーチ&コンサルティング)のデタラメ記述
アメリカ合衆国の複数の政府機関はTNRを完全否定~大手シンクタンク(三菱リサーチ&コンサルティング)のデタラメ記述
アメリカ合衆国における野良猫管理は「捕獲殺処分」が一般的~大手シンクタンク(三菱リサーチ&コンサルティング)のデタラメ記述
アメリカ合衆国のTNRマネジメントと日本の地域猫は異なる~大手シンクタンク(三菱リサーチ&コンサルティング)のデタラメ記述
アメリカ合衆国の民間動物愛護団体の法執行権限は極めて限定的~大手シンクタンク(三菱リサーチ&コンサルティング)


 動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティングの、まとめに関する、嘘、誤り、偏向に関する記事

「動物病院での安楽死は、病気、危険犬種等特別な場合のみ」というデタラメ(アメリカ編)~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
「動物病院での安楽死は、病気、危険犬種等特別な場合のみ」というデタラメ(イギリス編)~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
「動物病院での安楽死は、病気、危険犬種等特別な場合のみ」というデタラメ(ドイツ編)~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
続・「動物病院での安楽死は、病気、危険犬種等特別な場合のみ」というデタラメ(ドイツ編)~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
アメリカ合衆国では連邦がブリーダーのライセンス付与の法整備を行っているというデタラメ~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
ドイツのティアハイムは基本的に殺処分を行わないというデタラメ~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
ドイツでは犬税登録が犬登録を兼ねているというデタラメ~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
ドイツでは動物保護連盟がTNRを実施しているという大嘘~三菱UFJリサーチ&コンサルティングの大嘘


 動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティングの、嘘、誤り、偏向に関する記事 追記

アメリカでは保健所が犬猫譲渡をしているというデタラメ~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
「アメリカでは連邦法により子犬の繁殖場はライセンスが必要」というデタラメ~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
「アメリカ合衆国では生体販売を禁止する自治体が228ある」という大嘘~三菱リサーチ&コンサルティング
アメリカでは民間動物保護団体が州の警察と同様の法執行権限があるという大嘘~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
イギリスの「ぺット動物法」の改定は1983年と言う大嘘~三菱UFJリサーチ&コンサルティング


 動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティングの、嘘、誤り、偏向に関する記事 さらなる追記

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの調査報告書は妄想作文
マイクロチップによる犬登録義務化が進むドイツ~またあった、三菱UFJリサーチ&コンサルティングのデタラメ
ドイツ連邦共和国「動物保護法」の変遷~またあった、三菱UFJリサーチ&コンサルティングのデタラメ
「ティアハイムでの傷病動物の殺処分は複数人の合意が必要」は大嘘~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
EUペットパスポートに関するデタラメ情報~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
「ティアハイムは滞在期間や受け入れに制限はない」という妄想~三菱リサーチ&コンサルティングのデタラメ        
ドイツの犬税額~三菱リサーチ&コンサルティングのデタラメ

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

三菱UFJリサーチ&コンサルティングHP



「動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング」の以下の記述について。
1、「ドイツのティアハイムでは、不妊去勢手術を施してから譲渡している(手術代は譲渡料金と別に徴収している)(5ページ)。
2、ティアハイムから譲渡の際に必要な飼育講義(19ページ)。

1、ドイツのティアハイムすべてで、犬猫を譲渡する際に、不妊去勢をしているという根拠となるドイツ語原文(ティアハイム関係組織、例えばドイツ動物保護連盟などの資料)を示せ。また犬を不妊去勢済みで譲渡している割合は何%とか、統計資料を示せ。
2、「ティアハイムから動物を買う場合は事前に飼育講義が必要」という、ティアハイム関係組織による資料を示せ。

真実は、ティアハイム統括組織であるドイツ動物保護連盟は「不妊去勢は猫は推奨する」とするものの、犬については言及していない。
多くのティアハイムで、犬は不妊去勢未実施で譲渡している。
またティアハイムの動物の販売については、「事前に飼育講義を受けなければならない」という、法律もティアハイムによる自主規制も皆無である。

そもそも、ドイツのティアハイムを調査しながら、 Tierheimordnung des Deutschen Tierschutzbundes Richtlinien für die Führung von Tierheimen der Tierschutzvereine im Deutschen Tierschutzbund e.V.にすら目を通していないとは、リサーチ力ゼロです。
学力の低い中学生の学芸会の自由研究じゃあるまいし。
それと「ティアハイムでは危険犬種の殺処分は必須である」と言う卒倒する大嘘は極めて有害。
葬であれば、ティアハイムの殺処分率は、日本の公的殺処分率の3倍ぐらいになりそうです。
本当に絶望的バカ。
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-1388.html

広島県 担当部署

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,227ブログ中6位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR