fc2ブログ

ドッグオークションの最大の落札者は動物保護団体という醜悪~アメリカ合衆国






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(summary)
Commercial production of puppies in the United States


 記事、
「犬の大量生産販売とオークションは日本独特」という、太田匡彦氏の大嘘
続・「犬の大量生産販売とオークションは日本独特」という、太田匡彦氏の大嘘~アメリカ編
「犬の大量生産販売とオークションは日本独特」という、太田匡彦氏の大嘘~イギリス、ドイツ編
の続きです。
 朝日新聞記者である太田匡彦氏が、繰り返し主張している事柄があります。「犬などのペットの大量生産とペットショップでの大量販売、オークションは日本独特である。それは日本が動物愛護後進国である一因である」。しかしそれは真っ赤な嘘です。「ドッグオークション」は日本独特のシステムではなく、アメリカでも広く行われています。また犬の商業生産ですが、アメリカ、イギリス、ドイツと比較すれば、日本ははるかに少ないのです。アメリカ合衆国のドッグオークションは、日本と異なるところがあります。それは子犬のほかにも、パピーミルなどのブリーダーの繁殖犬(台メス)の売却や、ブリーダーの繁殖犬の入手の場としても利用されていることです。さらに最大の落札者は、犬の保護団体です。保護団体は、オークションで落札した犬を「保護犬」として、高値で自ら販売したり、ペットショップに卸したりしています。



 サマリーで示した、太田匡彦氏の主張が述べられている記事から引用します。ペットとどう出会う? 年齢考え「次」は無理 2019年6月2日(朝日新聞デジタル)


いまではブリーダー(繁殖業者)、オークション、ペットショップの3者による、日本独特の生体販売のシステムができあがっています。
日本で発展した、ペットショップチェーンを中心に据えた生体販売ビジネスは、大量生産・大量販売をベースに成り立っています。



 連載記事で書いた通り、上記の太田匡彦氏の主張は真っ赤な嘘です。アメリカ合衆国ではペット(犬)オークションが広く行われており、ペットショップでの犬猫の販売も一般的です。さらに犬の商業生産数は、人口比でも日本よりはるかに多いのです。
 イギリス、ドイツにおいても、犬の商業生産数は人口比で日本よりはるかに多いですし、ペットショップでの販売もあります(両国においてペットショップでの犬の展示販売が比較的少ないのは、インターネットによる犬などの販売が極めて多いからです。特にドイツは、犬などのインターネット非対面販売の法規制が一切ありません)。インターネットでの、犬のオークションは、ドイツでは規制がありません。またヨーロッパでは、東欧産の劣悪飼育された安い子犬が主にオランダに集積され、ヨーロッパ各地に再流通されています。オークション形式で子犬取引が行われていることは否定できません。

 アメリカ合衆国のドッグオークションは、日本と異なる点はあります。それは子犬のみならず、成犬も取引されていることです。パピーミルなどのブリーダーの繁殖犬(台メス)の販売です。ブリーダーが繁殖犬の入れ替えを行う、または廃業する際に、在庫している繁殖犬をオークションを通じて販売することが一般的に行われています。
 これらのブリーダーが放出する繁殖犬は、ブリーダーが購入することもありますが、最も積極的に落札しているのが「動物保護団体」です。落札した動物保護団体は、これらの犬を「レスキュードッグ(保護犬)」として高値で自ら転売したり、ペットショップに卸したりしています。それを裏付ける記事から引用します。


How Can You Tell If A Dog Rescue Group Is Legit? Some rescues have been buying dogs from commercial breeders. 「犬の保護団体が合法であるかどうかをどうやったら見分けることができますか?商業ブリーダーから犬を買っている団体もあります」 2018年4月13日

There is little love lost between dog rescuers and the commercial breeders they disparagingly call “puppy mills.”
The Post reported that some rescuers have been buying dogs from commercial breeders at dog auctions.
They do so in the name of “saving” an individual dog, but as a result of the increased demand they cause, the prices of dogs at auctions have been pushed up considerably.
Puppy mills, in response, have ramped up production to meet the increased demand.
Puppy mills are producing more dogs because of rescuers hoping to save dogs from being bred in puppy mills.

犬の保護団体と、犬の保護団体が容赦なく「パピーミル(子犬工場)」と非難している商業ブリーダーの間は、まさに蜜月関係なのです。
ハフポスト(この記事を配信したメディア)は、いくつかの犬保護団体がドッグオークションで、商業ブリーダーから犬を買っていると報道しました。
彼らは個々の犬を「救う」という名目でそうしていますが、彼らが引き起こす犬の需要の増加の結果として、ドッグオークションでの犬の価格はかなり押し上げられました。
それに応じてパピーミルは、犬の需要の増加に応じて子犬の生産量を増やしました。
パピーミルで繁殖させられることから犬を救うことを志向する(犬保護団体の行動)のは、逆に、パピーミルがより多くの犬を生産することにつながります。



The big business of dog rescue 「ドッグ・レスキューという、巨大な営利事業」 2018年6月27日

Some of these nonprofits put the dogs up for adoption and charge people adoption fees of as much as $1,850 per dog.
Buying dogs from breeders is a surprisingly popular activity for nonprofits.
Since 2009, 88 nonprofits have spent $2.68 million buying dogs at the nation’s two government-regulated dog auctions, Southwest Auction Service and Heartland Sales, both of which are in Missouri.
The reason why the rescuers are buying dogs directly from breeders has to do with changes in the market for dogs.
There are a lot fewer dogs coming into shelters than there used to be.
The number of dogs killed in shelters has fallen from 20 million per year in the 1970s to 780,000 in 2017.
If you’re an organization that wants to rescue a particular breed, they’re less likely to be in shelters than they used to be.
So rescuers go to the two dog auctions.
About 280 cities and the state of California have banned so-called “puppy mills” from selling dogs to the public.
But this shifts dog purchases from breeders who are regularly inspected by the U.S. Department of Agriculture to unregulated nonprofits.

いくつかの非営利団体(犬保護団体)の中には、犬の養子縁組を呼びかけ、犬1頭あたり最大1,850(日本円で20万円以上)ドルの養子縁組手数料を請求する団体もあります。
ブリーダーから犬を買うことは、非営利団体(犬保護団体)にとっては驚くほど広く行われている活動です。
2009年以来、88の非営利団体(犬保護団体)が、ミズーリ州で開催されているサウスウエスト・オークション・サービスと、ハートランド・セールスの2つの政府認可のドッグオークションで、268万ドル(3億円近くの金額の)の犬を購入しています。
犬保護団体がブリーダーから直接犬を買っていることは、犬のマーケットの変化と関係があります。
アニマルシェルターに収容される犬の数は、以前よりもはるかに少ないのです。
アニマルシェルターで殺処分された犬の数は、1970年代の年間2000万頭から、2017年の78万頭にまで減少しました。
特定の犬の品種を保護したいと思っている犬保護団体であれば、そのような犬は、以前よりもアニマルシェルターにいる可能性が低くなります。
だから犬保護団体は、2つのドッグオークションを利用します。
約280の都市とカリフォルニア州は、いわゆる「パピーミル(子犬工場)」由来の犬の、一般への販売を禁止しています。
しかしこれは、犬の購入をアメリカ連邦農務省によって定期的に検査されている犬のブリーダーから、規制を受けていない非営利団体(犬保護団体)に移している
ということになります。



LETTER TO THE EDITOR: Legislators invited to dog auction 「編集者への手紙:議員達がドッグオークションに招待された」 2019年5月1日

The truth about dog auctions.
The most intense bidding is not by the breeders, but between….gasp….rehomers(rescues)!!!!
With the self aggrandizing, saintly claim they are “saving” these dogs from going back into horrific conditions.

犬のオークションについての真実。
最も熱心に入札しているのは、ブリーダーではありません…息を弾ませながら入札しているのは・・・犬の里親探しの団体(犬保護団体)なのです!!!
これらの犬が恐ろしい状態(パピーミル)に戻るのを彼らが「救っている」と聖人(犬保護団体)は、自分自身を誇示して主張しています。



 私は、カリフォルニア州ロサンゼルス市と、カリフォルニア州が、「ペットショップでは犬などは保護団体経由のものしか販売してはならない」という法改正を行ったことについて記事にしています。これらの法改正の建前は、「パピーミルという劣悪飼育のブリーダーを撲滅し、保護犬の譲渡数を増やし、殺処分を減らすこと」です。
 私はこれらの記事で、ロサンゼルス市の「ペットショップで販売する犬などは、保護団体由来のものに限る」という法律がいかにザル法で、効果ががなかったかを書きました。今回の記事に関連する点は、「形式的にでも保護団体を経由させればペットショップで犬などを販売できるので、ペットショップでの犬の販売は減らなかった」ということです。「犬保護団体がドッグオークションで犬を落札し、保護犬として高値で転売する」ことが、今回引用した記事で書かれています。ロサンゼルス市とカルフォルニア州の法改正は露骨に、アメリカ合衆国の動物愛誤と政治との癒着と利権の確保という、醜悪をさらけ出しました。つまり、愛誤団体(犬保護団体)が、犬販売を独占するシステムを法律で保障したということです。愛誤団体が自ら犬を売るか、ペットショップに対しては「愛誤団体を経由させて口銭を落とせ」ということです。
 しかし日本では、このような真実を伝えるメディアは皆無です。太田匡彦氏らのような、愛誤利権のための嘘プロパガンダ報道を盲目的に、衆愚愛誤が信奉しています。日本もまた、醜悪な愛誤利権に毒されつつあるのでしょう。


(参考期記事)

懲りない大嘘サイト「ペトこと」~狂気の動物愛誤家たち
「ロサンゼルス市には生体販売ペットショップがない」という、懲りない大嘘サイト「ペトこと」~狂気の動物愛誤家たち
ペットショップ規制で犬のインターネット販売が激増したロサンゼルス市~狂気の動物愛誤家たち
ロサンゼルス市の「パピーミル-ペットショップ禁止条例」は、成功かそれとも偽善か?~アメリカのメディアの記事から
ロサンゼルス市の「パピーミル-ペットショップ禁止条例」は偽善に終わった~無くならない禁止動物のペットショップ販売
ペットショップでのペット盗難が続発しているロサンゼルス
ロサンゼルス市の「パピーミル-ペットショップ禁止条例」は偽善に終わった~激減した保護動物譲渡数
ロサンゼルス市の「パピーミル-ペットショップ禁止条例」は偽善に終わった~規制後は、犬のインターネット販売が激増
「ロサンゼルスには殺処分がほぼない」という、懲りない大嘘サイト「ぺトこと」~ロサンゼルスの犬猫殺処分数は人口比で日本の約~14倍
「ロサンゼルスでは保護動物を引き取ることが当たり前」という、懲りない大嘘サイト「ぺトこと」~ロサンゼルスの保護犬猫入手割合は約1割
懲りない大嘘サイト「ぺトこと」~「先進国の中でも日本は殺処分が多い」という大嘘


(動画)

 Dog Auctions Expose 「ドッグオークションを暴露する」 2007年公開
 12年前の動画です。アメリカ合衆国のドッグオークションの動画は、10年以上前の古いものから2019年の最近のものまでいくつも公開されています。つまりドッグオークションは太田匡彦氏の言うような、「日本独自に進化したもの」ではなく、アメリカの方式を日本が真似て取り入れたのではないかと私は推測します。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,928ブログ中5位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR