fc2ブログ

「犬の大量生産販売とオークションは日本独特」という、太田匡彦氏の大嘘






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(summary)
Dog Auction in the U.S


 朝日新聞記者の太田匡彦氏が、繰り返し主張している、「犬などのペットの大量生産とペットショップでの大量販売、オークションは日本独特である。それは日本が動物愛護後進国である一因である」があります。しかしそれは真っ赤な嘘です。「ドッグオークション」は、アメリカ合衆国でも広く行われています。また犬の商業生産ですが、アメリカ、イギリス、ドイツと比較すれば、日本ははるかに少ないのです。ドイツ、イギリスでは、ペットショップでの犬の展示販売は日本と比べて少ないのは事実ですが、これらの国では犬などの非対面インターネット販売が広く行われており、店頭販売より安いことが原因です。特にドイツでは、犬などの非対面インターネット販売に関する法規制は一切ありません。なお、ペットショップの数は、これらの国は、日本よりはるかに多いです。


 サマリーで示した、太田匡彦氏の主張が述べられている記事から引用します。ペットとどう出会う? 年齢考え「次」は無理 2019年6月2日(朝日新聞デジタル)


いまではブリーダー(繁殖業者)、オークション、ペットショップの3者による、日本独特の生体販売のシステムができあがっています。
日本で発展した、ペットショップチェーンを中心に据えた生体販売ビジネスは、大量生産・大量販売をベースに成り立っています。



 まずどく‐とく【独特/独得】の意味は、次の通りです。「そのものだけが特別にもっていること。また、そのさま」。つまり太田匡彦氏の記事の記述、「ブリーダー(繁殖業者)、オークション、ペットショップの3者による生体販売のシステム」は、日本にしか存在しないとの意味になります。
 結論から先に言えば、それは大嘘です。アメリカ合衆国の犬の生体販売アメリカ合衆国を例に挙げれば、犬の商業生産は人口比で日本の3倍以上で、ペットショップは2.7倍もあります。保護犬だけしかペットショップで販売できないと法律で定めているカリフォルニア州がありますが、例外です。しかも事実上カリフォルニア州においても、いわゆるパピーミル(大量生産劣悪飼育の犬ブリーダー)生産の子犬でも、形式的に保護団体を経由すればペットショップでの販売が可能です(むしろ「レスキュー団体」が、ドッグオークションでパピーミル由来の犬を購入し、ペットショップに卸している」とのアメリカ合衆国での批判があります。この点はのちの記事で詳述します)。
 ドッグオークションも、アメリカ合衆国では一般的に行われています。おそらくドッグオークションの発祥は日本ではなく、アメリカ合衆国と思われます。つまり、犬の大量生産→ドッグオークション→ペットショップという生体販売のシステムは、日本独特のものではありません

 まずドッグオークションですが、アメリカ合衆国でも広く行われていることを裏付ける記事から引用します。


LETTER TO THE EDITOR: Legislators invited to dog auction 「編集者への手紙 議員たちが犬のオークションに招待された」 2019年5月1日

The truth about dog auctions.
Only licensed and inspected professional breeders are allowed to sell at auction.
Those dogs MUST be clean, microchipped, in good health, current health certificate signed by a licensed veterinarian.
Any flaws, such as, but not limited to an underbite, loose knees, spot in an eye are all called out prior to bidding.
There is a licensed veterinarian present during the sale.
A brucellosis snap test will also be conducted upon request.
Puppies must be minimally 8 wks. old.

ドッグオークションについての真実
公に審査されたプロのブリーダーだけが、オークションで犬を売ることが許可されています。
それらの犬は健康で、清潔で、マイクロチップが施術されていなければなりませし、認可獣医師により署名された現在の健康証明書がなければなりません。
咬み癖、膝関節の異常、目の斑点の病変などの欠陥はすべて、入札の前に大声で伝えられます。
セリ中は、認可を受けた獣医師が滞在しています。
ブルセラ症の簡易検査も、要望に応じて行われます。
子犬は最低8週齢以上でなければなりません。



Dogs For Sale: The Business Of Dog Auctions 「犬の販売:ドッグオークションというビジネス」 2017年4月24日

The consumer demand for dogs in the U.S. is around eight million dogs per year.
But one little known way dogs filter into system is through dog auctions.
Product is brought to the center of the room, people bid on it and the highest bid wins.
The biggest legal dog auction in America is Southwest Auction Services in Wheaton, Missouri.
Each tends to hold at least one dog auction per month, and their websites have downloadable catalogs where prospective bidders can assess the merchandise, often in alphabetical order by breed: Akitas, Beagles, Cavaliers, Dachshunds and so forth.
All of the money, minus the auctioneer’s cut, goes into the pockets of the sellers, who are usually commercial-scale breeders.

アメリカ合衆国における犬の消費者需要は、年間約800万頭です。
しかし犬を選別するシステムですが、ほとんど知られていないのは、ドッグオークションによる方法です。
商品(犬)は部屋の中央に運ばれ、人々はそれに入札し、最高入札額者が購入します。
アメリカ合衆国で最大の合法的な犬のオークションは、ミズーリ州ウィートンの、サウス・ウェスト・オークションサービスです。
それぞれのオークションは、月に少なくとも1回のドッグオークションを開催する傾向があり、そして彼らのウェブサイトはこれから入札する者が、アルファベット順に品種によって商品(犬)を評価することができる、ダウンロード可能なカタログがあります:秋田犬、ビーグル、キャバリエ、ダッチフンドなどです。
多くのオークションでは、1日に6桁の取引が発生します(数十万ドル。日本円で数千万円)。
出品者の手数料を差し引いたすべてのお金は、通常は商業規模のブリーダーである出品者のポケットに入ります。



 一方、アメリカ合衆国では、きわめて大規模なパピーミル(大量生産劣悪飼育の犬ブリーダー)が多数存在します。先に引用した記事、Dogs For Sale: The Business Of Dog Auctions においては、アメリカ合衆国の犬の需要は年間800万頭としています。そのうちの400万頭から450万頭程度をパピーミルが生産しています。
 パピーミルに代表されるアメリカ合衆国の犬の大量生産は、国全体の生産数、一事業者の規模においても、日本とは比較にならないほどの大量生産化が進んでいます。そして、中間業者として重要な役割を担っていいるのが、「ドッグオークション業者」です。そしてドッグオークションによりセリにかけられた子犬の多くが、ペットショップで販売されます。また一部は、インターネット販売されるでしょう。それがアメリカ合衆国の実情です。次回は、アメリカ合衆国における、パピーミルなどによる犬の商業的大量生産と、アメリカ合衆国では極めて多い、ペットショップにおける犬の生体販売について取り上げます。繰り返しますが、太田匡彦氏の、「犬などのペットの大量生産とペットショップでの大量販売、オークションは日本独特である」は、全くのデタラメ、大嘘です。


(動画)

 Investigation at Farmerstown Dog Auction in Ohio 「オハイオ州にある、ファーマーズ・ドッグ・オークションの調査」 2011年2月8日公開
 アメリカ合衆国における、ドッグオークションの動画は、かなり古いもの(2007年頃)から最近の2019年のものまで複数が公開されています。つまりドッグオークションという販売方式は日本独自で進化したものではなく、発祥はアメリカ合衆国で、のちに日本が取り入れたのではないかと私は推測します。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

メモ

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,928ブログ中5位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR