FC2ブログ

オランダのアニマルシェルターの殺処分率は日本よりはるかに高い~「オランダは殺処分ゼロ」の大嘘






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

Netherlands/Niederlande

 記事、
オランダは人口比で日本の44倍の犬を殺処分している~「オランダは殺処分ゼロ」の大嘘
特定の犬種は強制的に殺処分するオランダ~「オランダは殺処分ゼロ」の大嘘
狂犬病の疑いのある犬などを殺処分しているオランダ~「オランダは殺処分ゼロ」の大嘘
日本の公的殺処分の約3倍(人口比)の猫を狩猟駆除しているオランダ~「オランダは殺処分ゼロ」の大嘘
の続きです。
 2014年に、オランダの名門大学ユトレヒト大学獣医学部は、オランダ国内のアニマル・シェルターの学術調査を行いました。それによれば、オランダのアニマルシェルターにおける犬の殺処分率は日本よりはるかに高いのです。しかしテレビ東京では、どうぶつピース!!希少な日本犬に人生を捧げたオランダ人&猫カフェの裏側SP(2019年2月8日放送)で、「オランダでは殺処分ゼロ」と、全く事実に反する大嘘を放送しました。このような嘘情報を報じるメディアは無責任極まりないです。



 オランダの犬の殺処分数は絶対数でも日本よりはるかに多く、人口比では「行動が危険」という理由で殺処分された犬だけでも人口比で日本の40倍以上です。さらに「アニマルシェルターにおける犬全体の殺処分率は日本より高い」ですが、その記述がある学術調査書を引用します。これは、オランダの名門大学、ユトレヒト大学獣医学部学生が2014年に、オランダ国内のアニマルシェルターの広範囲な学術調査を行ったものです。
 Medical differences between stray and owner surrendered dogs in Dutch animal shelters J.M. Janse, Veterinary Medicine student, Utrecht University, January 2014 「オランダの動物保護施設における野良犬と飼い主が飼育放棄した犬の獣医学的差異 J.M. Janse ユトレヒト大学獣医学部学生 2014年1月」(英語)


In the Netherlands there are about 1,5 million dogs.
Around 25 000 dogs are taken in by animal shelters yearly.
These dogs are owner surrendered dogs, stray dogs and confiscated dogs.
A stray dog is a dog unaccompanied by a responsible person in a public area.
This might include dogs who are lost or dogs who are abandoned by their owners.
in 2011 48% of all dogs in a shelter were owner surrendered and 26% were stray dogs.
The remaining dogs in the shelter were confiscated for various reasons, or were born in the shelter or came from another shelter.
2,3% of all dogs was euthanized for medical reasons or their disorder caused death.
The odds of dying or being euthanized is a factor 6,28 higher for stray dogs compared with owner surrendered dogs.
4,2% of stray dogs and 0,4% of owner surrendered dogs died due to their disorder(s) or were euthanized.
Notaro et al found a euthanasia percentage of 26,5% in dogs brought in the shelter by citizens, a percentage of 54,3% in dogs brought in by animal control officers and a percentage of 31,6% in owner surrendered dogs.
However, dogs brought in by animal control officers include besides stray dogs also confiscated dogs.
Stray dogs brought in by citizens did not differ from owner surrendered dogs in percentage of euthanasia.

オランダには、約150万頭の犬がいます。
年間約25 000頭の犬が、アニマルシェルターに連れて行かれます。
これらの犬は飼い主に所有権放棄させたか、野良犬および行政に押収された犬です。
野良犬とは、公共の場所で責任ある者が同伴していない犬です。
これには、行方不明の犬や飼い主に所有権放棄させた犬などがあります。
2011年のアニマルシェルターに収容された全犬の48%が、飼い主に所有権放棄させたものであり、26%が野良犬でした。
アニマルシェルターのほかの犬は、様々な理由で行政から押収されたか、アニマルシェルターで生まれたか、別のアニマルシェルターから来たものです。
オランダでは、オランダ国内の全犬(150万頭)のうち、年間2.3%(3万4,500頭)が医学的な理由で安楽死させられたか、または医学的な理由による障害が死亡の原因となりました。
死亡または安楽死させる確率は、飼い主に所有権放棄させた犬と比較して、野良犬の方が6,28倍高くなります。
(オランダの全犬のうち)野良犬の4.2%と飼い主に所有権放棄させた犬の0.4%が、傷病により死亡したか、または安楽死させられました。
Notaroらによれば、一般市民がアニマルシェルターに持ち込んだ犬の安楽死の割合は26.5%、動物管理官が持ち込んだ犬の割合は54,3%、飼い主に所有権放棄させた犬の割合は31.6%でした。
しかし、動物管理官によって持ち込まれた犬には、野良犬以外に行政により押収された犬も含まれます。
一般市民によって持ち込まれた野良犬は、安楽死の割合においては、飼い主に所有権放棄させた犬と違いはありませんでした。



 まとめると以下の通りになります。
1、オランダでは、傷病や障害のために安楽死またはそれが原因で死亡する犬は、年間3万4,500頭と推計されてる。
2、アニマルシェルターに収容される犬(飼い主持ち込み、野良犬の捕獲、行政による押収など)は、年間2万5,000頭である。
3、アニマルシェルターの犬の安楽死(殺処分)率は、一般市民が持ち込んだ割合は26.5%、動物管理官が持ち込んだ割合は54,3%、飼い主に所有権放棄させた犬の割合は31.6%である。


 対して、日本の公的殺処分の統計から引用します。犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況(動物愛護管理行政事務提要より作成) 平成30年12月28日 (平成29年度)
2、公的機関が引き取った犬の年間数は、38,511頭である。
3、日本の公的殺処分率は、21.7%である。


 以上より、オランダと日本の、アニマルシェルター(日本の場合は公的な犬猫収容施設。「動物愛護センター」などの名称)による、犬の引き取りと殺処分率を比べてみます。
 犬の引き取り数ですが、日本はオランダの人口の約7.4倍です。つまり人口比では、オランダはアニマルシェルターの犬の収容数が日本より4.8倍も多いということになります。これは野良犬の捕獲、飼い主の持ち込み(日本と異なり行政による押収などもありますが)などが、オランダは日本よりはるかに多いということになります。オランダは、この数字から推測すれば、日本より野良犬が多いと考えられます。
 殺処分率においては、日本のほうがはるかに低いです。オランダはアニマルシェルターに収容された犬の全体の安楽死(殺処分率)率の数字は出されていませんが、収容犬の種類別ではいずれも日本の殺処分率より高いからです。

 したがって、テレビ東京の番組、どうぶつピース!!希少な日本犬に人生を捧げたオランダ人&猫カフェの裏側SP(2019年2月8日放送)での報道、「オランダでは殺処分ゼロ」は、間違いなく「大嘘」ということになります。テレビ東京に対しては、「オランダは殺処分ゼロ」の根拠となる、オランダ語の資料を回答するように求めていますが、一切返事はありません。
 大手のマスメディアが、根拠のない大嘘情報を垂れ流すのは、実に有害です。またこのような嘘情報を嬉々として拡散する、愛誤家らの知能も絶望的と言わざるを得ません。


(画像)

 どうぶつピース!!希少な日本犬に人生を捧げたオランダ人&猫カフェの裏側SP(2019年2月8日放送)から。「オランダは殺処分ゼロ」という荒唐無稽な大嘘を連呼した番組。極めて悪質で有害な番組です。

どうぶつピース


(動画)

 Dierenwinkel Uitweg vol met dode dieren 「死んだ動物でいっぱいのペットショップ」(オランダ語) 2013/06/06 に公開
 ペットショップの店主が行方不明になり、展示販売されていた動物約100匹が餓死したという、オランダ、ロッテルダムの事件。日本では、「オランダには生体販売ペットショップがない」という嘘情報も、多く拡散されています。例えばこのようなブログです。横浜ねこブログ 2014.09.01更新 ペットショップ(生体販売)のないオランダ 根拠のない思い付き、妄想を「事実」として拡散するのは有害です。オランダには生体販売を禁じる法律(私はオランダの法規を確認しています)はありませんし、もちろん犬猫も売っています。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

〉〉オランダ語の資料を回答するように求めていますが、一切返事はありません。

TV側が「殺処分ゼロ!」の根拠を示せないなら、TV側は「大嘘つき!」と言われても、仕方がないと思いますね。

何で、tvって捏造しちゃうかな・・



Re: タイトルなし

犬好き 様、コメントありがとうございます。

> TV側が「殺処分ゼロ!」の根拠を示せないなら、TV側は「大嘘つき!」と言われても、仕方がないと思いますね。

NHKしかり。
「ドイツにはペットショップがない」、「ドイツは殺処分ゼロ」、「ドイツでは犬はノーリード(は和製英語で通じません)で良い」に関しても、その根拠となるドイツの法令とか、政府広報などの回答はありません。
返事が来るだけましですか。
「ドイツでは狂犬病の犬や人を咬んだ犬の殺処分はもちろんあります(日本ではない)」って、嘘と認めていることでしょ。
普通、「殺処分ゼロ」とすれば、上記も殺処分しないと理解するでしょう。

NHKのスイスに関する番組では、「生き物の売買を禁じている(そのような国が地球上に一つでもありますかw)」と堂々と放送しましたので、私は「その根拠となるスイスの法令をドイツ語原語で回答ください」とメールしました。
回答は、「憲法に基づいていろんな法律ができた。そのために結果としてスイスでは生き物の売買ができない」というメールが来ました。
回答になっていません。
視聴者を馬鹿にしているのか。


> 何で、tvって捏造しちゃうかな・・

嘘800でも、ノイジーマイノリティーの愛誤が絶賛するからでしょう。
それが視聴者全体の支持と勘違いしています。
しかしいくら一部の視聴者が熱烈に支持しても、ねつ造はあってはならないことです。

かつて「日本ビジネスプレス社」が、「オランダは野良犬も野良猫もいない。殺処分ゼロ」という報道をしました。
私はそれに対して記事にしています。
日本ビジネスプレス社は訂正記事を出し、元の記事を削除しました。
しかし愛誤がそれをもとに、「オランダは野良犬猫がいない。殺処分ゼロ」と広めています。
元の情報が削除されても、それがプロのマスメディアの情報であれば「お墨付き」があるとして、愛誤が真実の情報として拡散するのです。
そのために、愛誤は、マスメディアに必死に嘘情報の報道を求めますし、商業主義のマスメディアもそれに応じているということです。
さらにその嘘情報を、3流政治家などが引用し、立法に圧力をかけます(高井たかし議員の「ドイツは殺処分ゼロ」発言など)」
また行政にも圧力をかけます。
まさに愛誤で狂った日本です。

私が英語、ドイツ語で確認した限り、オランダは犬猫の殺処分が多い国と感じます。
専業の動物管理官が野良犬を捕獲して、2週間後には殺処分していますし。
オランダの動物法では、危険な犬、問題行動がある犬、傷病の動物などはむしろ「殺処分しなければならない」としています。
世界で最も厳格な禁止犬種法がありましたし、禁止犬種規則も復活しました(かつての禁止犬種法より内容はマイルドですが)。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,227ブログ中6位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR