FC2ブログ

猫18匹を餓死させた男の処罰は900ユーロの罰金のみ~ドイツ、ハンブルク地方裁判所






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
900 Euro Strafe Thomas M. (35) ließ 18 Katzen verhungern!


 ドイツ、ハンブルク地方裁判所ですが、アパートの一室に18匹の猫を閉じ込めて給餌や給水をせず、殺害した男の判決があります。処罰は、罰金900ユーロ(日本円で11万7,000円。1ユーロ=130円)が科されたのみでした。ドイツの動物虐待犯罪に対する処罰は、日本に比較すれば、必ずしも厳しいとは言えないようです。


 サマリーで示した事件を伝えるニュースソースはこちらです。900 Euro Strafe Thomas M. (35) ließ 18 Katzen verhungern! 「900ユーロの罰金 ト-マス・Mは18匹の猫を餓死させました!」2016年3月1日 から引用します。


Arbeitslos, drogenabhängig, psychisch labil.
In seiner Wohnung überließ er auch 18 Katzen ihrem Schicksal.
Die Tiere starben einen qualvollen Tod.
Wegen Verstoßes gegen das Tierschutzgesetz kam es nun zum Prozess vor dem Amtsgericht Harburg.
Der Vorwurf: 18 Katzen soll er eingesperrt und zurückgelassen haben.
Weder Futter noch Wasser hatten die Tiere.
Qualvoll starben die ersten, andere Katzen fraßen die Kadaver an.
Die Winsener Straße in Harburg: Hier verdursteten die Katzen des Angeklagten.
Im Gerichtssaal werden Fotos der Wohnung gezeigt.
Richter, Staatsanwalt und Zeugen ist der Ekel deutlich anzusehen.
Trotzdem ist der Richter milde gestimmt: 900 Euro Geldstrafe.
Das letzte Wort hat der Angeklagte: „Ich werde in Zukunft keine Haustiere mehr halten. Erst mal will ich mein Leben wieder auf die Reihe kriegen. Die ganze Sache tut mir schrecklich leid.“

失業中、薬物中毒、精神的に不安定。
彼のアパートで、18匹の猫を死の運命に追いやりました。
猫たちは苦しんで死にました。
本事件は、動物保護法違反により、ハンブルク地方裁判所の手続きに移行しました。
起訴事実:被告人は18匹の猫をアパートの部屋に閉じ込めて放置したのは間違いありませんでした。
食べ物も水も、猫たちにはありませんでした。
最初に苦しんで死んだ猫の死体を、他の猫が食べました。
ハンブルクのヴィンズナー通り:ここで被告人の18匹の猫が死にました。
法廷には、被告人のアパートの部屋の写真が示されました。
裁判官、検察官、証人たちは、明らかに嫌悪感を感じました。
それにもかかわらず、裁判官は寛大な判決を言い渡しました:900ユーロの罰金。
被告人は最後に意見を述べました。
「私は将来ペットを飼うことをやめます。 まず最初に、私は私の人生をやりなおしたいです。今回の件は、 私は大変申し訳なく思っています」。



 この事件は、猫を明らかに完全に給餌給水を絶って閉じ込めて餓死させたのですから、緩慢なネグレクトではなく、故意の殺害といってもいいかもしれません。この事件を「ネグレクト」と解釈しても、ドイツは必ずしも動物虐待に対する処罰は日本に比べて厳しいとは言えないかもしれません。動物飼育禁止命令が出されなかったことも意外です。
 例えば、日本ではネグレクトで動物愛護管理法により処罰された判決は、次のようなものがあります。元ブリーダー夫婦による犬の虐待事件、有罪に 2005年11月2日 この事件でも、被告人らの夫婦は、十数匹の犬を死なせています。


滋賀県近江八幡市の元ブリーダー夫婦による犬の虐待事件に関し、平成17年9月5日に大津簡易裁判所より処分が言い渡されました
被疑者夫婦に対し合計40万円の罰金という略式命令が出ました。
動物の愛護及び管理に関する法律違反で20万円の罰金、狂犬病予防法違反で20万円の罰金です。



(動画)

Schock-Video: Tierquäler wirft Hund aus 4 stock 2015年公開のビデオニュース

 ドイツで、犬の飼い主が、マンション自室から飼い犬のジャーマンシェパード犬を投げ落として殺害した事件です。この事件は私はかつて記事で取り上げました。犯人の処罰は1,000ユーロ(約13万円)の罰金のみでした。

4階 犬を投げ落とす


(画像)

 今回取り上げたドイツの猫虐待事件のニュースは、複数の猫の殺害に関する判決を検索して入手しました(töten Katzen Gerichtsurteil)。しかし野良猫(無主物)の殺害で処罰されたとの情報は、一つも見つかりませんでした。
 1年ほど前に、「野良猫(無主物)の殺害はドイツでは懲役10年以上になる」と拡散していた方がいましたが、いまだに懲役10年どころか、実刑判決すら見つかっていません。もちろんドイツ連邦法務省の判例データベースでも見つかっていません。公開質問は今でも継続中です。ぜひ、こちらのサイトにコメントされたい。

猫伯爵










関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,227ブログ中6位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR