FC2ブログ

高速道路で多重事故を引き起こした犬は警察官に射殺された~ドイツ、バーデン-ヴュルテンベルク州ヴァルドルフ






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Hund verursacht Auffahrunfall mit sechs Fahrzeugen und wird erschossen


 ドイツ、ドイツ、バーデン-ヴュルテンベルク州で発生した事件ですが、高速道路上に侵入した犬が原因で、6台の自動車の多重衝突事故が起きました。子供が二人怪我をして、救急ヘリコプターで搬送されました。犬は、最終的に警察官に射殺されました。警察は犬の飼い主に対して、警察官の出動の費用などの損害賠償請求を行う予定です。何とも迷惑な犬ですが、飼い主の賠償しなければならない金額は高額になるに違いありません。


 サマリーで示した事件を伝える、ニュースソースから引用します。Hund verursacht Auffahrunfall mit sechs Fahrzeugen und wird erschossen 「犬は高速道路場で6台自動車の多重追突事故を引き起こし、警察官に射殺されました」。2018年2月24日


Walldorf.
Ein Hund hat auf der Autobahn A5 zwischen Walldorf und Sandhausen einen Auffahrunfall mit sechs Fahrzeugen verursacht.
Zwei Kinder wurden nach Auskunft der Polizei bei dem Vorfall am Samstag leicht verletzt.
Letztlich musste der Hund erschossen werden, weil es Polizei und Tierärztin sechs Stunden lang nicht gelungen war, das Tier mit einer Lebendfalle einzufangen.
Als der Hund wieder auf die Autobahn zu laufen drohte und Menschenleben in Gefahr waren,
wurde er erschossen, wie ein Polizeisprecher mitteilte.
Der Besitzer des Hundes ist mittlerweile bekannt.
Die Polizei prüft, ob und inwieweit man ihm den Einsatz in Rechnung stellen kann.
Die beiden verletzten Kinder wurden in Krankenhäuser gebracht.
Dabei kam auch ein Rettungshubschrauber zum Einsatz.
Die Autobahn A5 war für rund eine Stunde in Richtung Norden gesperrt, dabei entstand ein Stau von etwa 13 Kilometern Länge.

ヴァルドルフ
一頭の犬が、ヴァルドルフとザントハウゼンの間の、高速道路A5号線で、6台の自動車の衝突事故を引き起こしました。
警察によると、土曜日のこの事件では、2人の子供が軽傷を負いました。 
結局、警察官と獣医師がライブトラップで6時間かけても捕獲できなかったため、その犬を射殺しなければなりませんでした。
犬が高速道路本線に再び侵入して脅威となり、人間の命が危険にさらされるに至ったために、犬は射殺されたと警察の広報担当官は言いました。
犬の飼い主は分かっています。
警察は、警察官の出動した費用を犬の飼い主に請求できるか、またその金額はどの程度までかを確認しています。
負傷した2人の子供は病院に搬送されました。
救急ヘリコプターも使用されました。
A5高速道路は北方面が閉鎖され、それは約1時間続きました。
これにより、約13キロの渋滞が発生しました。



 ドイツに限らず、犬を遁走させてそれが原因で交通事故が発生した場合、犬の飼い主はその関連費用が請求されます。6台自動車の多重衝突事故が発生し、子供が救急ヘリで病院へ搬送、警察官や獣医師が出動して捕獲を試み、最後は警察官が犬を射殺しました。犬の飼い主に対する請求は、日本円で数千万円単位の金額になるかもしれません。
 法律上は、日本でももちろんこのようなケースは、犬の飼い主に対して民事上の賠償責任が生じます。このようなサイトもありますので、よろしければ参考になさってください。飼い犬が原因で交通事故が生じた場合の飼い主の責任

 なお、「ドイツでは犬はノーリード(は和製英語で通じません)で良い」、「ノーリードが常識」という、正反対の嘘情報が流布されています。しかし騙されないでください。
 ドイツは、日本では考えられないほど犬のリード義務が厳しく、例えばノルトライン-ヴェストファーレン州では、場所や時期にもよりますが、犬のリード義務違反に対する処罰は最高で日本円で300数十万円の罰金になります。その他にも、民間人ハンターや警察官がそのような犬を射殺することが合法であり、実際にあります。続続々・極めて厳しいドイツの犬のリード義務~最高2万5,000ユーロ(325万円)の罰金、犬の押収殺処分、ハンターや警察官による射殺


(画像)

 NHKの、2012年11月1日放送の、「地球イチバン 地球でイチバン ペットが幸せな街~ドイツ・ベルリン~」まさに狂気そのものの番組。本番組のHPから。
 なおドイツは、生体販売ペットショップの数は、人口比で日本よりはるかに多いです。生体販売ペットショップの生体の売上高も、人口比で日本よりはるかに大きいです。

o0715052612264867732.jpg


(動画)

 Katze wird aus fahrendem Auto geworfen! Cat is thrown out of a driving car! 「猫は運転中の自動車から投げ捨てられる!」。2016/09/15 に公開 ドイツ
 このようなことが原因で交通事故が起きれば、もちろん猫を投げ捨てたドライバーが損害賠償責任を負います。

Eine Überwachungskamera filmt, wie ein herzloser Mensch ein kleines Kätzchen aus seinem fahrenden Auto wirft.
A security camera films a driver who throws a little kitten out of his driving car.
防犯カメラは、運転中の自動車から、子猫を投げ捨てている非情な人物を撮影しています。

 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メモ

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,227ブログ中6位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR