FC2ブログ

ティアハイムの動物虐待と違法殺害~あまりにも多いティアハムの犯罪






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Tierheim Verbrechen
Tierquälerei in Tierheim und Mord an illegalen Tieren.


 私は今までに、ドイツの動物保護施設、ティアハイムの犯罪に関する連載記事を書いています。まず「ティアハイム経営幹部の横領詐欺事件~あまりにも多いティアハイムの犯罪」の連載では、ティアハイムの幹部による、ティアハイムの資金の横領や、寄付金を騙し取ったなどの経済事件を取り上げました。次の連載、「『アニマル・レスキュー』という汚いビジネス」では、ティアハイムや、その上部団体の動物保護団体が、「(主に動物虐待国と言われている国の犬ですが)アニマル・レスキュー」を名目にして、一般の動物保護に関心がある人から金を騙し取ったり、東欧などで雑種犬を劣悪繁殖して「レスキュー犬」と騙して高額で売りつけたりする詐欺を取り上げました。また、これらの「ニセレスキュー犬」の多くは、ワクチン接種が偽装されていたり、正規の手続きを経ずにドイツに持ち込まれていることも書きました。「アニマルレスキュー詐欺」も経済犯罪の範疇です。しかしティアハイムの犯罪は経済犯罪だけではありません。収容した動物の虐待や違法な殺害などの、動物保護法違反も多く報道されています。また収容動物を実験動物として横流ししたり、薬事法違反などの犯罪もあります。また、違法行為により、ティアハイムの免許が取り消された例もあります。


 私が今までこちらで公開した、ドイツのティアハイムの犯罪に関する記事です。これらの記事ではサマリーで示したとおり、主に経済犯罪を取り上げています。

「ティアハイムは寄付金ヤクザだ」というドイツの評論書~あまりにも多いティアハイムの犯罪
ティアハイム経営幹部の横領詐欺事件~あまりにも多いティアハイムの犯罪
続・ティアハイム経営幹部の横領詐欺事件~あまりにも多いティアハイムの犯罪
続々・ティアハイム経営幹部の横領詐欺事件~あまりにも多いティアハイムの犯罪
「アニマル・レスキュー」という汚いビジネス~あまりにも多いティアハイムの犯罪
続・「アニマル・レスキュー」という汚いビジネス~あまりにも多いティアハイムの犯罪
続々・「アニマル・レスキュー」という汚いビジネス~あまりにも多いティアハイムの犯罪

 しかし、ドイツのティアハイムにおける犯罪は、経済犯罪だけではありません。収容した動物の虐待行為や、違法な大量殺害も度々報道されます。違法な犬の殺害で、動物保護法違反で起訴された例もあります。そのほかにも、「行政から保護した犬の飼育受託した直後に違法に犬を射殺して、4週間分の公的な補助金を不正に受け取ったティアハイム」や、「職員が無資格であるにもかかわらず、違法に指定医薬品を使用した薬事法に違反したティアハイム」、「保護した犬などを実験動物として横流ししたティアハイム」、「新しい飼い主を見つけることを条件に、馬を高額な料金で引き受けた直後に屠殺業者に売却したティアハイム」、「違法行為により免許取り消しになったティアハイム」、「資金難で違法なネグレクト飼育に陥っているティアハイム」など、枚挙にいとまありません。
 次回以降の記事では、「収容した動物の虐待行為や、違法な大量殺害を行ったティアハイム」について、連載します。ティアハイムによる収容動物(保護動物)の不適切な扱い(虐待)や、違法な方法での大量殺処分は、度々報道されますし、特段珍しいことではありません。具体的には、次のような事件があります。 
 これらは、ドイツのティアハイムの動物に対する、虐待、違法な殺害方法、正当な理由がない大量殺処分の一角です。その他にも多くの実例が有ります。


Tierquälerei im Tierheim Süderstraße 「ティアハイム・シェーダーシュトラーセでの動物虐待」。2005年。
 こちらではティアハイムにおける動物虐待と、違法な犬の殺害を取り上げています。例えば、ティアハイムの2人の男性職員が、それぞれ犬の首にかけたロープを反対方向に引っ張り、犬を絞殺していました。この事件は起訴されています(判決は不明)。このティアハイムでは、その他の虐待例も収録されています。この記事は、後ほど詳しく取り上げます。

Der Trick des Tierheimchefs, dem beispielsweise auch die Hündin "Sugar" ausgesetzt wurde, um die ein monatelanger Rechtsstreit geführt wurde, besteht ganz einfach darin, den Hund von zwei PflegerInnen mit zwei Leinen in entgegengesetzte Richtung ziehen zu lassen.
Dadurch wird der Hund immer stärker am Hals gewürgt.

例えば、1ヶ月間の裁判で明らかにされた、雌犬「シュガー」でのティアハイムの所長の方法ですが、単に犬を2人の男性飼育員が2本のロープで反対方向に引っ張る(首を絞めて殺す)ことでした。
その結果、犬はきつく首を絞められて殺されます。



Einschläferungen ohne triftigen Grund TV-Bericht erhebt Vorwürfe gegen Krefelder Tierheim 「正当な理由がない殺処分 TV報道はクレーフェルト・ティアハイムに対して疑惑を提起します」。2015年11月24日。ティアハイムが、感電殺などという不適切な方法で、犬猫を大量殺処分していたケース。

Krefeld.
Der Privatsender Vox hat über Vorwürfe berichtet,
Im Krefelder Tierheim sollen 30 bis 40 Tiere "ohne vernünftigen Grund" getötet worden sein .
30 bis 40 Tiere - vor allem Katzen - ohne triftigen Grund eingeschläfert zu haben.
Zudem sollen Hunde mit Stromschlägen traktiert worden sein.
Die Vorwürfe im einzelnen: Das Tierheim soll Katzen mit Pilzerkrankung eingeschläfert haben.

クレーフェルト・ティアハイム。
民放のTV局VOXは、(ティアハイムに対する)疑惑を報道しています。
「合理的な理由」がなく、30〜40頭の動物がクレーフェルト・ティアハイムで殺されています。
特に猫ですが、30〜40匹が正当な理由なく、殺処分されたに違いありません。
他に犬が、伝えられるところによれば、感電死させられていました。
ティアハイムの詳細な反論:ティアハイムは、真菌性の感染症があったために、猫を安楽死させておく必要があったのです。



Schwere Vorwürfe an Tierheim „Nager verfüttert statt vermittelt“ 「ティアハイムの重大な疑惑 新しい飼い主を探す代わりに、げっ歯類(ハムスターやモルモットなど)たちは餌にされた」。2013年6月8日。
 ティアハイムに収容されたペットのげっ歯類(ハムスターやモルモット)が、ティアハイムに収容されている蛇の餌にされていた、ウサギをキッチンの床に叩きつけて殺害していた、犬を殴ったり蹴ったりしていたという、ティアハイム。

Münster - Das Kreistierheim Münster steht in der Kritik.
Dem Vorstand nicht bekannt sei auch eine durch die Ex-Mitarbeiterin bezeugte Tötung eines jungen, am Auge erkrankten Kaninchens durch Aufschlagen auf den Katzen küchenboden.
Die aktuelle Tierheim-Leitung pflegt generell einen sehr rüden Umgangston mit den Hunden.
Läuft etwas nicht so wie gewünscht, werden die Tiere bestenfalls angebrüllt, fast immer aber zusätzlich gezerrt, geschubst und auch getreten.
Andere Nager seien – statt vermittelt zu werden –an Schlangen verfüttert worden.

ミュンスター・クライスティアハイムが批判されています。
取締役会はまた、元従業員がまだ若い、目が病気にかかったウサギを、キッチンフロアに叩きつけて殺害したと証言したことを知りません。
現在のティアハムの管理においては、全般的に犬には乱暴な扱いを維持しています。
犬が言う事を聞かない場合は、犬はせいぜい大声で鳴き喚きますが、ほとんど日常的にさらに叩かれて蹴られてきました。
他にげっ歯類(ハムスターやモルモットなど)は - 新しい飼い主に譲渡されることはなく - (ティアハイムで収容されている)ヘビの餌にされました。



Tierheim tötet Hunde 「ティアハイムは犬を殺す」。ティアハイムが犬を銃殺しておきながら、行政からの補助金、4週間分の飼育費を受け取っていたケース。

"Max&Moritz" in Klein-Wohlde läßt seit geraumer Zeit seine "Listen"hunde töten!!!!!!
Angeblich zahlt das Amt für Fundtiere 4 Wochen Unterhalt an die private Pension .
Da dort nicht vermittelbare Hunde einfach erschossen und auf dem angrenzenden Acker verscharrt wurden!
Desweiteren werden wir Strafanzeige wegen groben Verstoßes gegen das Tierschutzgesetz stellen.
Wer weiß in wie vielen.
Tierheimen noch so etwas geschieht!!!

クラインーヴォルデにあるティアハイム「マックス&モリッツ」は、ティアハイムの「リスト」犬(ドイツの法律で飼育が禁じられている闘犬カテゴリーの犬種。これらの犬は原則飼育が禁止で、極めて厳しい飼育条件などを満たさない限り、行政により押収されて殺処分されることが法律で定められています)を何度か殺したに違いありません!
報告によれば、犬の飼育費用の4週間分が基金(行政からの飼育費助成金)の事務所から支払われるにもかかわらず。
収容が継続されなくなった犬は、単に射殺されて、隣接する空き地に埋められました!
私たちは(このティアハイムの行為が)、ドイツ連邦動物保護法にすべてが違反するとして、刑事告発を行います。
誰もが、このようなことが多く起きていることを知っています。
ティアハイムでは、またこのようなことが起こります!



(画像)

 ドイツ、アマゾンから。Die Spendenmafia: Schmutzige Geschäfte mit unserem Mitleid 「寄付金ヤクザ:私たちの善意と汚いビジネス」。初版2011年。
 本書では、ドイツのティアハイムの経済犯罪について多くの実例を上げています。その上で「動物保護は割の良い金儲けであり、寄付金ヤクザだ」と断じています。

寄付金ヤクザ


 この著作の内容の一部について、硬派のドイツ週刊誌、シュピーゲル誌(Der Spiegel)が紹介しています。Spendengelder Geschäfte mit dem Tierschutz 「寄付というカネ 動物保護という金儲け」。2013年12月9日、から引用します。


Mit dem Elend von Hunden und Katzen lässt sich viel Geld einnehmen, gerade vor Weihnachten.
Davon scheinen Geschäftemacher zu profitieren - für sie ist der Tierschutz nur Mittel zum Zweck.

クリスマス前は、犬や猫が不幸であるために、たくさんのお金をかき集めることができます。
それは商売人に暴利をもたらすと思われます-彼らにとっては、動物保護は金儲けのための手段に過ぎません。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ワクチンプログラムやその他繋留期間などの偽造は普通の犬の輸入でもあることですから、不思議はないでしょうね。特にドイツでしょう?ドイツに関しては私はあまり信用していません。
それに愛護関連が絡むと・・・・・もう無茶苦茶な「北斗の拳状態」のレベルでしょうね。

Re: No title

昇汞 様、コメントありがとうございます。

> ワクチンプログラムやその他繋留期間などの偽造は普通の犬の輸入でもあることですから、不思議はないでしょうね。特にドイツでしょう?ドイツに関しては私はあまり信用していません。

私も、ティアハイムや、ティアハイムの上部団体である、動物保護協会が、ワクチンを無資格者が打ったり、ワクチン接種の偽装(アニマルレスキュー詐欺の連載で書きました)は別に驚くべきことではないと思います。
ただ、日本では、ティアハイムをあまりにも神格化していますので。
ティアハイムとは、単に「中古ペットリサイクル」の営利業者です。

他にも、いろいろとティアハイムに対する誤解が日本ではあります。
ほとんど犬猫専用だと思われているところもあります。
しかし、犬は年々引受数が減っていています。
今では、主力商品は小型哺乳類や鳥です。
セキセイインコなどは19ユーロで中古が値札をつけて売られています。
犬は、医療費がかかる割には、東欧の安い子犬を競合しますので儲からず、利益追求のために、犬の引受数は減少し続けています。
最近増えているのが、爬虫類などの外来種です。
小動物や爬虫類、鳥は医療費があまりかかりませんし、犬と違って安売りの競合業者がないからです。

https://www.tierschutzbund.de/fileadmin/user_upload/Downloads/dudt-Artikel/dudt_10_5/Rettet_die_Tierheime_dudt_10_5.pdf#search='http%3A%2F%2Fwww.tierschutzbund.de%2Ffileadmin%2Fuser_upload%2FDownloads%2FdudtArtikel%2Fdudt_10_5%2FRettet_die_Tierheime_dudt_10_5.pdf'
上記は、2009年までの統計しかありませんが、現在ではさらにその傾向が強まっていると思います。
たしか2014年のティアハイムの犬の引受数は7万頭だったというソースもあったような。
つまり、ティアハイムでは、
・犬の減少
・小動物(ウサギやハムスターなど)、鳥(インコや小鳥、オウムなど)、エキゾチックアニマル(トカゲ、ヘビなどの爬虫類などの外来種。さらには両生類なども)の取り扱いが急増している。

確かに。インコやオウムに関してはもう10年近く前からティアハイムの動向は聞いています。
この手の小動物に関しては新聞やネットでの直接譲渡もありますので、ティアハイムでの詳しいことは私にはわかりません。

犬に関しては日本への輸入に関してしかわかりませんが、ワクチン接種や各検査についてブリーダーと獣医がグルで書類操作を行っているこちが多いのでわからないのが現状かと。空港での検疫もほとんど書類さえ揃っていて、犬の外見上の状態のみのチャックで、後は関税が支払われれば良い状況ですので。
例え生後5ヶ月の子犬であっても、生後11ヶ月あるいは1歳として輸入は可能でしょう。

と、いうことは成犬ならなおさらでしょうね。

Re: タイトルなし

昇汞 様

かの、ティアハムベルリンだったと記憶していますが、セキセイインコなどの小鳥のセールで大きな広告を出していたことがあったと記憶しています。
19ユーロでした。


> 確かに。インコやオウムに関してはもう10年近く前からティアハイムの動向は聞いています。
> この手の小動物に関しては新聞やネットでの直接譲渡もありますので、ティアハイムでの詳しいことは私にはわかりません。

ドイツは、インターネットでの動物の販売は禁止していません。
ですから、メルカリのようなサイトで個人が生きたペットを売ることが普通に行われています。


> 犬に関しては日本への輸入に関してしかわかりませんが、ワクチン接種や各検査についてブリーダーと獣医がグルで書類操作を行っているこちが多いのでわからないのが現状かと。空港での検疫もほとんど書類さえ揃っていて、犬の外見上の状態のみのチャックで、後は関税が支払われれば良い状況ですので。
> 例え生後5ヶ月の子犬であっても、生後11ヶ月あるいは1歳として輸入は可能でしょう。

マイクロチップを入れて、形式さえ整っていれば、案外EU域内への犬の持ち込みはそれほど厳格という感じはしません。
私はしたことはありませんが、人から聞いた話では。
ただマイクロチップを入れていない、形式が整っていなければ、大変厳しくなるようです。

なお、日本では一部の動物愛護(誤)家が、「犬猫の8週齡未満販売禁止」を強硬に求めていますが、犬猫の生年月日を正確に把握するのは制度上、ほぼ不可能です。
8週齡未満の犬の販売を禁止しているイギリスでも、歯がほとんど生えていない、5週齡程度と思われる犬が、堂々とペットショップで展示販売されています。
イギリスでもそうですから、ポーランドやハンガリーなどは推して知るべし。

No title

外国人の仕事への態度を考えればこの程度の犯罪は予測可能な範囲でしょうね。
「騙されるほうが悪い」というのは日本以外では常識と考えたほうが良いと思います。
日本以外では動物愛護も環境問題(地球温暖化や石油が無くなる)と同じように政治問題(利権問題)として扱われているのかもしれませんね。

しかしよくこれだけの内部情報が表に出てくるのも不思議ですね。ヤクザまがいの商売なのに。バレようが捕まろうがやり直しのきく外国だからこそ情報が漏れるのでしょうか。

おまけ(訂正のお願い)
>近付近を騙し取ったなどの

Re: No title

流星 様、コメントありがとうございます。

> 「騙されるほうが悪い」というのは日本以外では常識と考えたほうが良いと思います。

動物保護、動物愛護を名目にした詐欺事件は日本でも多いです。
また、愛護団体の犯罪も多いと感じます。
https://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%8B%95%E7%89%A9%E6%84%9B%E8%AD%B7%E5%9B%A3%E4%BD%93%E3%80%80%E7%8A%AF%E7%BD%AA&aq=-1&oq=&ai=GZPDazNESZOdtt2lLonpOA&ts=9334&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt
「動物愛護団体 犯罪」


> 日本以外では動物愛護も環境問題(地球温暖化や石油が無くなる)と同じように政治問題(利権問題)として扱われているのかもしれませんね。

環境問題、動物保護問題は、ドイツでは政治圧力団体です。


> しかしよくこれだけの内部情報が表に出てくるのも不思議ですね。ヤクザまがいの商売なのに。バレようが捕まろうがやり直しのきく外国だからこそ情報が漏れるのでしょうか。

日本の動物愛護団体もいい加減ひどいです。
代表者がかつて詐欺商法で服役していてもNPO法人格をもらえるし、NPO法人が薬事法違反などの犯罪を組織的にしていても、NPO法人の取り消しもほぼないですから。
代表者が「実験動物の犬を盗んだ」ことで、窃盗罪で起訴(後半中にその代表者は死亡)されても、その団体のNPO法人の取り消しはありませんでした。
そのような事例は多数あります。
動物愛護、保護は、犯罪の隠れ蓑といったレベルです。

なお訂正箇所のご指摘ありがとうございます。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,928ブログ中5位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR