野犬の殺害を指示していたマハトマ・ガンジー~国の偉大さと道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

India

 インド建国の父、マハトマ・ガンジーの格言、「国の偉大さと道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る(The greatness of a nation and its moral progress can be judged by the way its animals are treated)」という格言を、得意になって引用している国会議員がいます。高井たかし衆議院議員です。高井たかし議員は、「犬猫殺処分ゼロ」を政策として掲げています。しかしこの格言は、ガンジーによるものではなく、後世別人がガンジーの著作の、「牛は保護しなければならない」という記述に加筆したものです。一方ガンジーは、野犬の殺害を指示していました。「犬猫殺処分ゼロ」を政策に掲げる国会議員がこのガンジーの、しかも「ニセモノ」とされている格言を引用するのは噴飯モノです。


 高井たかし議員は、犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟の主力メンバーです。この動物愛護議員連盟は、当初、ニセのガンジーの格言、「国の偉大さと道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る」を掲げていたと記憶しています。高井たかし議員ほか、この議員連のメンバーは、「動物愛護」と言いつつ、実はその理念は「犬猫だけ愛誤」です。
 サマリーで、マハトマ・ガンジーのニセ格言は、「ガンジーの牛の保護を強調する著作に後世別人が加筆したもの」と述べました。この点については、私はかつて記事にしています。

東大出身の赤恥三愛誤~高井たかし衆議院議員
ニセのガンジーの格言を引用して得意満面!~高井たかしセンセイ、大丈夫ですか?

 さらにガンジーは、野犬に対しては、厳格に狂犬病対策として殺害を部下などに指示していました。ガンジーによる、「野犬を殺せ」と指示した内容の電報などが今でも残っています。
 「犬猫殺処分ゼロ」を政策として掲げる議員が、このガンジーのニセ格言、「国の偉大さと道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る」を引用するのは、まさにブラックジョークです。以下に、ガンジーが生前、「野犬の殺害」を強く指示していたことを示す文献のいくつかから引用します。


Gandhi the philosopher 「哲学者ガンジー」 2017年11月22日(ガンジー研究者である、キングズ・カレッジ・ロンドンのRichard Sorabji 名誉教授による論説)。
 なおガンジーはそのほかにも、地方自治体の長などに対して「野良犬を殺せ」という電報を度々送っていました。その電報も残っています。

When is killing non-violent?
This question was triggered by his support of the head of a municipality, who had authorised the killing of 60 stray dogs for fear that they might spread rabies.
Outraged letters came to Gandhi from all over India, saying: ‘We thought you were a man of non-violence.’
Was that not an admission that he was in the wrong, since killing the stray dogs was not for their sake, although it might have been for the sake of other dogs, and people?
If he kills the dog, he commits a sin.
If he does not kill it, he commits a graver sin.

ガンジー師が非暴力を殺したのはいつですか?
この疑問は、狂犬病を広げるおそれがあるため、60頭の野良犬の殺害を許可した自治体長をガンジー師が支持したことで引き起こされました。
インド各地から「あなたが非暴力の人だと思っていました」という、ガンジー師に怒った手紙が届きました。
ガンジー師は間違っていたことを認めないのでしょうか?
野良犬を殺すことは他の犬や人々のためであったかもしれませんが、野良犬のためではありません。
ガンジー師が犬を殺すと、ガンジーは罪を犯ことになります。
もしガンジー師が野良犬を殺さなければ、ガンジー師はより重大な罪を犯すことになります。


Mahatma Gandhi Hoax Quote Greatness of a nation and its moral progress can be judged by the way that its animals are treated 「マハトマ・ガンジー:デマの引用 国の偉大さと道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る」。2013年9月13日

Gandhi addressed the difficult problem of dealing with stray dogs in India, especially those being carriers of rabies.
In the 7 pieces Gandhi defended the position of killing stray dogs because of the problems associated with dogs being feral, harming humans etc.
Humanitarian instinct demands destruction of such animals in an instantaneous and painless measure.

ガンジーはインドの、特に狂犬病に感染している野良犬を扱うという、難しい問題に取り組みました。
ガンジーは犬の野生化に起因する、人に危害を与える問題により、野良犬を殺すことを「7つのこと」という著作で擁護していました。
人道主義は、そのような動物(野良犬)の殺害を速やかにかつ痛みのない方法で行うことを要求する、と。


AS I THINK: MAHATMA GANDHI – CONCEPT OF AHIMSA IN HINDUISM – RAMA KILLING OF VALI「私の見解:マハトマ・ガンジー -ヒンズー教におけるアイヒマの概念 - バリのラマ殺害」 2014年8月

Gandhi Approved Killing of Rabid Dogs.
A mill owner in Ahmedabad, Ambalal Sarabai, a Gandhain was worried about the menace caused by rabid dogs.
Therefore Ambalal wanted to get the dogs killed.
So he sent a telegram “Dogs gone mad please advise what I must do”.
Mahatma Gandhi sent back a reply “Shoot them to kill”.
It was sensational news the apostle of peace and non-violence Mahatma Gandhi approved killing of stray dogs was quite a sensational story.

ガンジー師は狂犬病に感染した犬の殺害を認めました。
アマンダバードの工場所有者であるガンバイン氏は、狂犬病に感染した犬による脅威を心配していました。
そのため、アンバラールで犬を殺害したかったのです。
そこで、ガンバイン氏は、電報を送りました。
「犬は狂犬病で凶暴になっているので、私が殺さなければなりません。私にアドヴァイスしてください」。
マハトマ・ガンジー師は、「犬を射殺せよ」という返事を送りました。
平和と非暴力の使徒マハトマ・ガンジー師が、野良犬の殺害を承認したことは、驚くべきニュースでした。



 ガンジーの(ニセ)格言「国の偉大さと道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る(The greatness of a nation and its moral progress can be judged by the way its animals are treated)」の意味は、ガンジーはヒンズー教徒であることからヒンズー教に則って、「牛は保護しなければならない」ことを強調したものです。
 インドでは現在刑法では牛などの草食動物の一部の動物種に対しては、経済的価値がないもの(野良や野生化したもの)であっても、殺害は最高懲役5年と罰金の併科という重罪です。しかしインド刑法においては、経済的価値がない犬猫(所有者がない野良、野生化したもの)の殺害に対する処罰規定はありません。明らかに牛などの一部の草食動物に対して、犬猫は法律上はるかに下位に置かれています。現にインドでは、ケララ州などでは人口比で日本の100倍以上の犬を州が殺処分していますし、犬を食用としているナーガランド州などもあります。
 このガンジーのニセ格言、「国の偉大さと道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る(The greatness of a nation and its moral progress can be judged by the way its animals are treated)」を、日本の「犬猫だけ愛誤」が得意になって引用しているのはまさに滑稽です。次回は、インドにおける猫の扱いについて述べようと思います。インドにおける猫の扱いは、犬以下という気がします。


(動画)

 5 Yr Old Boy Killed | in a Stray Dog Attack | Guntur 「5歳の男児が殺された| 野良犬の攻撃で| インド、ガンツール」。2017/09/21 に公開
 インドは狂犬病による死者がたいへん多く、それ以外にも野犬、野良犬による重大な咬傷事故が多発している国です。野犬野良犬の殺害駆除は当然という気がします。




(動画)

 Delhi: A dog was beaten to death in Munirka 「デリー:犬はムニルカで撲殺された」。2017/08/21 に公開
 3人の若者が、犬を撲殺する様子が防犯カメラに写っていました。私は、「国の偉大さと道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る」などとは申しません。その国にはその国の事情があります。狂犬病や咬傷事故に脅かされているインド国民が犬を敵視するのはやむを得ないと思います。この、ガンジーの偽格言を得意になって引用する政治家に、むしろ軽薄さを感じます。




(参考資料)

高井 崇志(たかい たかし、1969年9月26日 - )は、日本の政治家、郵政・総務官僚。立憲民主党所属の衆議院議員(3期)

 この方が行った、第189回国会 総務委員会 第18号(平成27年8月27日(木曜日))、での質問の噴飯ぶりはあまりにもひどいです。以下に引用します。

○高井委員 
動物のことかよと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、私は非常に重要だと。
小さな命一つ守れずに、大きな命、人の命は守れません。
マハトマ・ガンジーがこういう言葉を残しています。
国家の偉大さや道徳的水準は、その国で動物がどう扱われているかによって判断できる。
私も本当にそのとおりだと思うんです。
ところが、我が国では今、殺処分というのが行われています。
これが今、我が国では十三万匹、大分減ってきてはいるんですけれども、まだある。
ちなみに、ドイツは殺処分はゼロにしています(註 ドイツには全州で公的な犬の殺処分がありますし、狂犬病規則や通関法による公的な犬猫などの殺処分制度が有り、相当数あります。また非占有の犬猫は狩猟法により狩猟駆除が推奨されており、その数は年間50万頭近くになります)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ガンジーが狂犬病予防のために野犬の捕獲・殺処分を支持していたのなら、彼が単なる理想家では現実的な問題も重視する政治家であったことを示すものだったといえます。

そもそもガンジーが非暴力・不服従(単なる非暴力ではありません)を唱えたのは、インドが多民族国家であり、イギリスからの独立運動に際し、イギリスやドイツといった列強の支援を受けた民族が多民族を攻撃するということが頻発していたという背景を考慮に入れる必要があります。ガンジーの非暴力・不服従思想は民族・宗教を越えてインド人に国民・国家意識を植え付け、塩の行進のようにイスラム教徒を独立運動に引き入れることに成功しました。少数派の引き入れに成功していなかったらインド独立運動に対してアムリットサル事件のような妨害工作が入り続けた可能性が大きかったと考えられます。

ガンジーは思想家という側面が大きい人物ですが、その思想が現実の抵抗運動に寄与したからこそ評価されているのです。実際の行動につながっていなければ単なる夢想家にすぎなかったでしょう。
そう考えるとガンジーが狂犬病予防のために野犬の捕獲・殺処分を支持していたのは当然のことです。

問題は非暴力・不服従思想を周囲が勝手に解釈して自身の主張の裏付けとしてしまっていることにあります。ガンジーの非暴力・不服従の考えだけでも非常に回りくどくて難しい(インド人の伝統なのか大変に哲学的なものを含んでいます)ものなのに、その一側面だけを強調して自身の主張を補強しようとするのは、ガンジーという名を利用しているだけにすぎません。その上、ガンジー自身が発していない言葉をガンジーの言葉として利用するとは情けない。恥を知るべきです。

Re: No title

野生動物への餌やり反対 様、コメントありがとうございます。

おっしゃるとこにすべて同意します。
私がこれらの記事で伝えたかったことを、わかりやすく解説していただいたと思っています。


> ガンジーが狂犬病予防のために野犬の捕獲・殺処分を支持していたのなら、彼が単なる理想家では現実的な問題も重視する政治家であったことを示すものだったといえます。

当時のインド(現在でもそうですが)の状況を考えれば、ガンジーが狂犬病対策として野犬の殺害駆除を指示していたのは指導者として当然です。
だからといって、そのことにより、私はガンジーの偉業や思想を否定はしません。
その点を読者様方は誤解の無いようお願いします。


> ガンジーが非暴力・不服従(単なる非暴力ではありません)を唱えたのは、インドが多民族国家であり、イギリスからの独立運動に際し、イギリスやドイツといった列強の支援を受けた民族が多民族を攻撃するということが頻発していたという背景を考慮に入れる必要があります。

単なる「非暴力」ではない、高度な政治的駆け引きがあります。


> ガンジーが狂犬病予防のために野犬の捕獲・殺処分を支持していたのは当然のことです。

指導者として当然の判断です。


> 問題は非暴力・不服従思想を周囲が勝手に解釈して自身の主張の裏付けとしてしまっていることにあります。その一側面だけを強調して自身の主張を補強しようとするのは、ガンジーという名を利用しているだけにすぎません。その上、ガンジー自身が発していない言葉をガンジーの言葉として利用するとは情けない。

まさに私が言いたかったのはそれです。
当時のインドの政治的背景や、その格言(ガンジー自身のものではないですが)の本来の意味も知らずに、つごうよく利用しているのは軽薄としか言い様がありません。

No title

この手の話はよくありますね。パール判事の主張についても結構ずれた解釈のものを見ますしね。結局はある人物に都合よく解釈される一例なのかもしれませんね。

確かに、狂犬病に関しては野犬の根絶が第一手段だと思います。
狂犬病に罹患し発病した人間を見たことがありますが、ひどいものです。
まともな治療法もないので、発病すると死ぬしかないのですから。

インドではありませんが、インドネシアのバリは長らく狂犬病のない地域でしたが、数年前にとうとう狂犬病が入ったのでちょっとした騒ぎになりました。それまで、飼い犬に狂犬病ワクチンを接種したくてもテンパサールの特定の獣医に行くしかなかったので大変だったそうです(小さな島ですが、それでもそれなりの大きさですし)狂犬病汚染地域になってからは自治体が徘徊している犬をかたっぱしから捕獲、ワクチン接種をしているという笑えない話もあります。

ガンジーは決して非暴力・不服従思想だけではなかったと思います。確かに思想家ではありましたが、政治家としても手腕のあった人物でしょう。


Re: No title

昇汞 様、コメントありがとうございます。

> 結局はある人物に都合よく解釈される一例なのかもしれませんね。

都合の良い「事実の抜き書き」もいいところ。


> 狂犬病に関しては野犬の根絶が第一手段だと思います。
> 狂犬病に罹患し発病した人間を見たことがありますが、ひどいものです。

日本人では珍しい。
今では臨床医でも、実際に症例を見たことがある人は少ないでしょう。


>インドネシアのバリは長らく狂犬病のない地域でしたが、数年前にとうとう狂犬病が入ったのでちょっとした騒ぎになりました。

バリはヒンズー教が多かったと記憶しています。


> ガンジーは決して非暴力・不服従思想だけではなかったと思います。確かに思想家ではありましたが、政治家としても手腕のあった人物でしょう。

非暴力だけでは、マザー・テレサのように聖人にはなるかもしれませんが、多くの民族を要する大国をまとめて独立に導くには政治手腕が相当あったと推測します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵コメ様、コメントありがとうございます。

狂犬病にかかわらず、何らかの人畜共通感染症が発症、死亡例が出れば(例えば昨年はSFTSや猫ジフテリアでの死亡例が数例報道されました)、「猫の殺処分をいい出す人が出てくるのが心配」という意見が必ずインターネット上に溢れます。
しかしこのような国は日本だけではないですか。
例えばアメリカではカリフォルニア州で猫が原因で発疹チフスが流行し、それを受けて自治体は、警察官まで動員して猫を捕獲し、殺処分しました。
カリフォルニアのディズニーランドで違法に続けられていたTNR猫はすべて捕獲、安楽死となりました。
この発疹チフス流行(といっても累計患者数は300人あまり)では、死亡例はありません。
SFTSの診断確定出来た患者数は(この感染症は、診断確定できる医療機関が限られるために、すべての症例で診断確定しているとは限らない。潜在的にはもっと多いと考えられます)、猫から感染した女性が死亡いた時点で40症例近くあったはずです。
アメリカでしたら、付近の野良猫は捕獲殺処分となるでしょう。
アメリカでは、平常時でも、アニマルコントロールが猫を捕獲殺処分していますが。


> 人間に最も近く、リスクの高い野良犬や野猫の根絶は必要だと思いました。

やむを得ないことですし、それが海外でのスタンダードです。


> イランでは犬に噛まれた後の狂犬病ワクチン接種は接種した病院の負担になるそうです。

暴露後ワクチンですね。
アメリカでは自己負担です(州によるのでしょうか)。
3,000ドルぐらいかかるそうで(免疫グロブリンが高価)、その原因動物がほとんど猫です。
近所で餌やりをしていて、噛み付いた猫が狂犬病陽性だったとしたら、餌やり行為者は治療費と慰謝料が請求されるでしょう。
私がもし被害者ならば、もちろん請求します(生きていれば)。

イランやエジプト、ヨルダンなどの中東諸国は、野犬をその場で射殺する駆除を行っています。
それも仕方がないのではないかと思います。

メモ

(メモ)

環境省の偏向資料
政治的圧力か?https://www.facebook.com/kazue.tada.7/posts/1619538168135165

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

鍵コメ様、コメントありがとうございます。

非公開をご希望とのことですので、一部だけ引用させてください。
推計頭数の6,000~7,000頭よりもはるかにすくない可能性大ということですね。

> 北海道犬の頭数についてですが。。。。。。
> 北海道犬保存会201頭、北海道犬協会108頭。これが昨年度の登録頭数だそうです。
> これに血統登録されていない犬を入れたとしても300頭台を超えることはないでしょう。

この点について、過去記事に「追記」として記載させてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

鍵コメ様

> 書き方が悪かったです。
> 昨年度の新規登録数が保存会と協会で309頭です。
> これに未登録を入れても昨年の出生数は300頭台と言うことです。
> 全体では数千頭程度でしょう。

この部分だけ、公開させてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,227ブログ中6位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR