FC2ブログ

「奄美大島のノネコの殺処分は世界遺産登録機関であるユネスコの理念に反する」という支離滅裂な主張~「ノネコ殺処分・安楽死計画の根拠は科学的ではない」の非科学性を検証する






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

Domestic
inländisch



 記事、 
「ノネコ殺処分・安楽死計画の根拠は科学的ではない」の非科学性を検証する   、
「ノネコ・野良猫は在来生物と共存関係にある」という妄言~「ノネコ殺処分・安楽死計画の根拠は科学的ではない」の非科学性を検証する
「アマミノクロウサギの死因は交通事故が多い」はトリック~「ノネコ殺処分・安楽死計画の根拠は科学的ではない」の非科学性を検証する
「アマミノクロウサギの生息域が拡大し、生息数が増えた」という嘘のからくり~「ノネコ殺処分・安楽死計画の根拠は科学的ではない」の非科学性を検証する
猫に捕食されている希少生物を保護するためにTNRを行う狂った日本~「ノネコ殺処分・安楽死計画の根拠は科学的ではない」の非科学性を検証する
の続きです。
 アマミノクロウサギなどの希少生物が猫の捕食被害を受けている徳之島で、TNRを行っている愛護(誤)団体などは、「奄美群島全域で猫のTNRをすべきで捕獲殺処分をするべきではない」と主張しています。奄美群島はユネスコの世界自然遺産登録の申請をしていますが、これらの団体などは「ノネコの殺処分は世界遺産登録機関であるユネスコの理念に反する」と主張しています。しかしそれは正反対で、支離滅裂もはなはだしいです。海外の、猫が在来生物を食害していた世界自然遺産登録地では、厳格に猫などの外来生物を駆除(殺処分)し、根絶しました。



 「ノネコの殺処分は世界遺産登録機関であるユネスコの理念に反する」と主張しているのは、徳之島でTNRを実施したTNR団体で活動している獣医師です。その主張を引用します。
 ノネコ殺処分・安楽死計画の根拠は科学的ではない。沖縄、奄美大島。2017年10月23日 。


アマミノクロウサギ絶滅危惧の原因はノネコにあり殺処分・安楽死を、というキャンペーンの根拠に獣医師らが疑問を呈している。
不妊手術を検討する前に大量殺処分を実施してしまうことは、世界遺産登録機関であるユネスコの理念に反する。



 しかし、奄美群島の希少生物を食害する外来種である猫を殺処分することが「世界遺産登録機関であるユネスコの理念に反する」との主張は支離滅裂です。この発言をした獣医師も、報道したメディアも、自らの無知蒙昧を恥じるべきでしょう。
 ユネスコの世界自然遺産とは、「顕著な普遍的価値を有する地形や地質、生態系、絶滅のおそれのある動植物の生息・生育地など」であり、「地球の生成と人類の歴史によって生み出され、過去から現在へと引き継がれてきたかけがえのない宝物」としています。その上で、「世界中の人びとが過去から引継ぎ、未来へと伝えていかなければならない人類共通の遺産」と定義されてます(世界遺産とは 公益財団法人 日本ユネスコ協会連盟)。
 つまり、「奄美群島の普遍的価値を有する、アマミノクロウサギなどの絶滅危惧種を含む生態系を保全し、元のままの形で次世代に引き継いでいくこと」が、世界自然遺産の登録の理念なのです。つまりアマミノクロウサギなどを食害する外来種の猫を島外排出、引き取り手がなければ殺処分やむなしとの方針は、世界自然遺産登録の理念に全く合致しているのです。

 奄美群島と同様に、島嶼での貴重な生態系が価値があるとされ、世界自然遺産に登録された近年のケースを取り上げます。近年オーストラリアで世界自然遺産に登録された島嶼には、マッコーリー諸島があります(オーストラリアの世界遺産)。
 マッコーリー島は、かつて人間が持ち込んだ猫などの外来種が移入しており、貴重な在来生物を食害していました。しかしオーストラリア政府は、世界自然遺産登録を機に、大変厳格にこれらの島内の猫の駆除(殺処分)を行い、ほぼ根絶に成功しました。猫などの外来種の駆除は、銃による射殺とわな、探知犬によります。
 オーストラリア政府の文書、This week at Macquarie Island: 17 February 2017 「今週のマッコーリー諸島 2017年2月17日」。2017年2月17日、から引用します。


Macquarie Island was discovered in 1810 by commercial fur sealers, and over the ensuing 80 years, six feral animal species established populations on the island as well.
Dogs and cats were reported as being feral in 1820.
Cats severely affected the island’s native fauna with estimates that a population of about 500 cats was killing around 60,000 seabirds per year.
Opportunistic cat control began in 1974 .
The cat eradication strategy grew from a single winter ranger in 1985 to a team of six in 1998 and employed techniques including hunting and trapping.
The last cat was shot on the island in June 2000, bringing the total of cats destroyed to 1689.
In late 2000, two dogs trained in cat detection were deployed to the island for the verification phase.
These dog teams combed the island to make sure that all signs of cats were gone.
The eradication was a success.

マッコーリー島は1810年に商業的なアザラシの毛皮業者によって発見され、その後80年間にわたり6種の移入野生動物種が島で増殖しました。
犬と猫は1820年に野生化していると報告されました。
約500匹の猫の集団が、年間約6万羽の海鳥を殺していたと推定されていて、島の原生動物相に深刻な影響を与えていました。
その場しのぎの猫の管理は、1974年に始まりました。
猫の根絶戦略は、1985年に1人の冬期の自然保護官から始まり、1998年には6人のチームに拡大し、狩猟やわななどの技術を採用しました。
最後の猫は、2000年6月に島で射殺されて、総数は1,689匹の猫が殺害されました。
2000年代後半には、猫探知の訓練を受けた2頭の犬が、猫の生存を確認する段階にある島に配備されました。
これらの猫探知犬のチームは、猫のすべての兆候がなくなったことを確認するために島をくまなく探しました。
マッコーリー島の猫根絶は成功しました。



 このように、オーストラリア政府は、マッコーリー諸島の世界自然遺産の登録を申請することを機会に、徹底した外来生物(猫など)の駆除を進めて、根絶にほぼ成功しました。それが、ユネスコの世界自然遺産登録の理念に合致するからです。その他に、オーストラリアでは多くのユネスコの世界自然遺産や世界複合遺産が登録されていますが、いずれも猫などの外来生物は駆除~根絶に成功したり、根絶の努力を続けています。複合遺産のタスマニア原生地域でも、現在、猫の根絶事業に大変力を入れています。
 まさに、徳之島で猫TNRを行っている団体関係者の、不妊手術を検討する前に大量殺処分を実施してしまうことは、世界遺産登録機関であるユネスコの理念に反する」は、正反対の大嘘です。このような発言をした方や報道したメディアは、本気でそう思っているのでしょうか。もしそうならば、あまりにも愚かですし、自らの無知蒙昧を恥じ入るべきです。このような方は、野生動物や生態系保全にはかかわらず、発言もしないでいただきたい。


(動画)

 Macquarie Island Pest Eradication - Hunting 「マッコーリー島における有害生物の根絶-狩猟」 2012/07/18 に公開
 探知犬による、ウサギや猫の探査作業。根絶に成功したとされながらも、その後も有害な外来生物が生き残っていないか、再移入していないかを徹底して調べています。それが、ユネスコ世界自然遺産の登録の意義、「顕著な普遍的価値を有する地形や地質、生態系、絶滅のおそれのある動植物の生息・生育地など」であり、「地球の生成と人類の歴史によって生み出され、過去から現在へと引き継がれてきたかけがえのない宝物」を、「世界中の人びとが過去から引継ぎ、未来へと伝えていかなければならない人類共通の遺産」を守るということです。
 奄美群島でノネコ対策がおろそかになり、アマミノクロウサギが仮に絶滅してしまったのならば、それこそユネスコの世界自然遺産登録の理念に反します。正直、「バカも休み休み言え」と言いたくなります。




(追記)

 わざわざ独立した記事で書くほどでも無いので、こちらで書きます。前回記事、猫に捕食されている希少生物を保護するためにTNRを行う狂った日本~「ノネコ殺処分・安楽死計画の根拠は科学的ではない」の非科学性を検証する、でも取り上げました、(財)どうぶつ基金の会員、小池英梨子(Eriko Koike )さんが、2017年に開始した、インターネット署名サイトです。
 世界遺産を口実に、奄美や沖縄の猫を安易に殺処分しないでください!(2017年開始)、から引用します。


ユネスコの理念(多様性の尊重、非排他性)に反した非科学的、非人道的な根拠に乏しい大量殺処分であり、世界遺産登録の努力を逆に台無しにしかねないため、反対します。
奄美大島とその周辺の島は、世界自然遺産の候補地です。
アマミノクロウサギやヤンバルクイナといった希少種が生息しているためです。
(その他にも、誤り、偏向した箇所が多数あります。しかし既にこの連載で述べてきたことですので割愛します)。


 鹿児島県の奄美大島と、その周辺の島(奄美群島)には、ヤンバルクイナは生息していません。ヤンバルクイナの生息地は、沖縄県沖縄島北部やんばる地域のみです(環境省 ヤンバルクイナ)。
 インターネットでの、署名サイトを立ち上げるくらいならば、それぐらいの事実関係を確かめないのでしょうか。また、その誤りを指摘しない署名者ばかりというのも、いわゆる「猫愛誤」のレベルの低さだと思います。また、(財)どうぶつ基金の代表者も、「オランダでは8週齡未満犬猫販売禁止」という誤りを堂々と公言しています(動物愛護管理法の改正/仔犬編 2011年記事)。しかし現在オランダは、犬猫とも7週齡未満で母親から分離することを禁じています(根拠法 Besluit houders van dieren2014年成立施行)。(財)どうぶつ基金のこの記述は大嘘、もしくは誤りです。

 また、世界遺産登録の基準としては、こちらにあります。世界遺産活動 世界遺産の登録基準世界遺産を口実に、奄美や沖縄の猫を安易に殺処分しないでください!で引用されている、ユネスコの理念、「多様性の尊重、非排他性」は、どちらからの引用でしょうか。私が確認したところ、ユネスコ憲章(つまり「理念」)を始め、その記述は見出すことはできませんでした(日本ユネスコ国内委員会)。
 ぜひ、出典を示していただきたいものです。署名発起人の勝手な思い込み、もしくは「創作、捏造、嘘」でしょうか。公に意見表明し、署名を募るのであれば、その出典を明らかにする責務があると思います。この署名発起人に限らず、いわゆる動物愛護(誤)団体の情報のいい加減さは目を覆うばかりです。嘘、誤りが前提ならば一般に対する説得力もないとも思われますが、それでも動物愛護(誤)関係の署名が集まるのが、日本の動物愛護の後進性そのものでしょう。


 さらに付け加えれば、かつて野良猫を殺害した税理士(当時)の事件があり、その容疑者(当時)に対する温情判決を求める署名がありました(この署名サイトの発起人が私とだとの情報がインターネット上で拡散されましたが、私ではありません)。この署名サイトで、私はドイツ連邦狩猟法(Bundesjagdgesetz)のリンクをつけて、「ドイツでは本容疑者を処罰することはできない。ドイツでは非占有猫の殺害(狩猟)は合法だからである」とコメントしたところ、それをスクリーンショットを取られ、「さんかくたまごは大嘘つきでデタラメ」と拡散されました。この根拠は、ソースを示さないツイッターの「ドイツ人の弁護士がこのような事件では懲役10年になると言っていた」というツイートです。
 ドイツ連邦狩猟法(Bundesjagdgesetz)では、明確に、23条で「ドイツでは(非占有の)犬猫の通年狩猟をハンターの責務としている」とし、19条で「ライブトラップで捉えた狩猟鳥獣を速やかに殺害しない」ことを禁じてはいますが、罰則規定はありません。また、狩猟免許がない場合での非占有犬猫の狩猟(殺害)は、刑事罰がありません。行政罰の過料(最高で5,000ユーロ。通常は数百ユーロ、数万円の処罰)だけです。事実、非占有犬猫の殺害に対しては、懲役10年どころか、懲役が科されたという判例はドイツでは皆無です。これらは、ドイツ連邦法務省や、大学の判例サイトで確認できます。
 まさに日本の「愛誤」は狂人、白痴レベルです。真実よりも、彼らの頭の中の妄想が彼らにとっての「真実」です。このような人たちとは、建設的な議論はもとより、正常なコミュニケーションは不可能でしょう。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ご要望の件

ご要望の件対応しておきました。
ご確認いただけますと幸いです。

この頃、多忙でブログを更新するのがなかなか難しいです。
手を広げ過ぎて働き過ぎだたなぁと感じています。

仕事もブログもぼちぼちやっていこうと思います。

Re: ご要望の件

猫糞被害者@名古屋 様、コメントありがとうございます。

> ご要望の件対応しておきました。

ありがとうございます。
検索ワード候補でググってみればお分かりいただけると思います。
これを根拠に、ツイッターなどでものすごい数で拡散されていますので。

まあ、愛誤は、この記事を根拠に、私が猫虐殺者で逮捕が近いとも拡散していますが。
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-143.html
彼らは狂人ですが、SNSにまで粘着されると流石にうんざりしますので。


> この頃、多忙でブログを更新するのがなかなか難しいです。
> 仕事もブログもぼちぼちやっていこうと思います。

負担にならない程度でよろしいかと思います。
愛誤の闇は深い。
マフィアの世界です。
あまり関わると、暗殺されかねない。
私は半リタイヤ組ですので、時間を割くことができます。
来年あたり、またヨーロッパに行きたいです。

No title

最近は大阪府富田林市谷川町に昔から置いてある看板にかみついているようです。
看板の内容は、「猫は危険な病原菌を持っているので餌やりはやめよう」というだけの内容なんですけどね。
一部少し過激な表現もありましたが。

すぐ近くに保育園や幼稚園、小学校がある環境で野良猫が繁殖することは、間違っても歓迎すべきことではないことだと思うのですが…
抵抗力の弱い子供が猫に触ろうとして引っかかれるようなことがあれば大変だと考えるのが普通の人でしょう。
この幼稚園と小学校に通っている子供達は、私の遠い後輩にあたるので皆元気に巣立っていってくれることを心から願っています。

長い間子供達の命と健康を見守ってきた看板を守るために何ができるのか、考えているところです。

Re: No title

セイウチ様、コメントありがとうございます。

もっとひどいのがいますから。
横浜市のケース。
「憲法学者」でどこの大学の誰だよw
http://yokohamaaigo.web.fc2.com/esayarikinsi.htm


> 最近は大阪府富田林市谷川町に昔から置いてある看板にかみついているようです。

日本全国であります。


> 看板の内容は、「猫は危険な病原菌を持っているので餌やりはやめよう」というだけの内容なんですけどね。

あたり前でしょう。


> すぐ近くに保育園や幼稚園、小学校がある環境で野良猫が繁殖することは、間違っても歓迎すべきことではないことだと思うのですが…

SFTSやジフテリア感染も、昨年は相次ぎました。


> 長い間子供達の命と健康を見守ってきた看板を守るために何ができるのか、考えているところです。

看板という、啓発だけでは効果がないででょう。
それこそアメリカの「餌やりをしたら最高懲役1年と罰金の併科」くらいにしないと。
なおドイツでは、鳥インフルエンザなどの流行地では、猫を外に出すと罰金です。
農場主などは家畜を守るために、敷地内に入った猫をガンガン駆除しています。
飼い猫であっても合法です。
放し飼いする方が悪い。

No title

徳之島でネコTNRが実施されれば世界自然遺産登録申請からの除外も止む無しとされるのではないでしょうか。

自然遺産の場合、「疫病などの自然的要因によるか、密猟などの人工的要因によるかを問わず、その物件が保護に値すると評価される要因となった絶滅危惧種、もしくは顕著に普遍的な価値を持つ種の深刻な減少」や「管理計画もしくは管理システムの欠如、不足、もしくは不十分な履行」によって世界遺産から除外されることになっています。

ネコTNRは捕獲した野良猫を再び野外へ放すため、野良猫が緩やかに漸減していく(と猫愛誤は主張しているわけですが)間にもアマミノクロウサギだけでなく、多くの希少小動物が捕食(だけでなく、野良猫による遊びとしての狩りの犠牲にもなります)され続けます。絶滅してしまえば「絶滅危惧種、もしくは顕著に普遍的な価値を持つ種の深刻な減少」に該当しますし、ネコTNRを実施すれば「管理計画もしくは管理システムの欠如、不足、もしくは不十分な履行」に該当する可能性が高い。特に(ネコだけでなく)移入種のTNRを認めてしまうと他の世界自然遺産への影響も大きくなり、世界遺産委員会が拒否反応を示すのは避けられないでしょう。

Re: No title

野生動物への餌やり反対 様、コメントありがとうございます。

> 徳之島でネコTNRが実施されれば世界自然遺産登録申請からの除外も止む無しとされるのではないでしょうか。

当然そうなると思います。
奄美群島では、徳之島の自治体がTNR活動に対して助成していますが、TNR団体と自治体がTNRを強行するのであれば、日本政府は奄美郡との世界遺産登録の推薦を外すべきです。
奄美群島でTNRを強行すれば、それこそユネスコの自然遺産登録の理念に反する事になり、最終審査で落とされるのは間違いないです。
そのような恥を海外に晒すことはやめるべきです。


> 自然遺産の場合、「疫病などの自然的要因によるか、密猟などの人工的要因によるかを問わず、その物件が保護に値すると評価される要因となった絶滅危惧種、もしくは顕著に普遍的な価値を持つ種の深刻な減少」や「管理計画もしくは管理システムの欠如、不足、もしくは不十分な履行」によって世界遺産から除外されることになっています。

まさに、奄美群島で猫の食害にあっている在来希少種が減少し続ける状態(TNRによる猫の温存)は、世界自然遺産から除外する要件になります。


> ネコTNRは捕獲した野良猫を再び野外へ放すため、野良猫が緩やかに漸減していく(と猫愛誤は主張しているわけですが)間にもアマミノクロウサギだけでなく、多くの希少小動物が捕食(だけでなく、野良猫による遊びとしての狩りの犠牲にもなります)され続けます。

まさに、TNR団体が主張している「TNRをせず、ノネコの殺処分・安楽死はユネスコの世界自然遺産の理念に反する」は、正反対もいいところ、真逆の間逆なのです。
「嘘も休み休み言え」と言いたい。
本当に、愛誤は厚かましい、厚顔無恥そのものです。

外来生物対策はこうあるべき。

おばんです。
こんなニュースが入りました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00000041-jij-asia
>「世界遺産の島」でネズミ退治=生態系への脅威に―NZ
>3/21(水) 14:41配信
>時事通信

>【シドニー時事】ニュージーランド(NZ)の自然保護当局は21日、南極に近いアンティポデス島で、繁殖した外来のネズミの駆除に成功したと発表した。
>約20万匹のネズミがいなくなり、「脱ネズミ」を宣言した。
>NZ本土の南東約760キロに位置する島は、面積が20平方キロ。海鳥など生物の宝庫で、世界遺産「ニュージーランドの亜南極諸島」の一部を構成している。無人島だが、100年以上前に難破船などで運ばれたネズミが繁殖。鳥の卵やひな鳥を食い荒らすなど、島の生態系への脅威が高まった。
>自然保護当局などの合同チームは、えさが少なくネズミの個体数が減少する冬場を狙い、2016年に計65トンの殺鼠(さっそ)剤を空中から散布。今年2月に島を訪れ、約1カ月かけて調査したところ、ネズミが生きている証拠は見つからなかった。同当局は「多くの固有種の生息地であり、島が世界の自然保護で果たす役割は、誇張し過ぎることはない」と強調した。 

外来生物対策はこうあるべきなんですよね。
「ノネコの殺処分は世界遺産登録機関であるユネスコの理念に反する」のなら、こういう外来ネズミの根絶も「世界遺産登録機関であるユネスコの理念に反する」筈ですよね。

Re: 外来生物対策はこうあるべき。

オキキリムイ 様、コメントありがとうございます。

> https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180321-00000041-jij-asia
> >「世界遺産の島」でネズミ退治=生態系への脅威に―NZ
> 外来生物対策はこうあるべきなんですよね。

それが外来生物の対処法としては、国際的なスタンダードです。
ノネコ以外でも、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ合衆国、ミクロネシアなどの島嶼での外来生物対策は、例えばウサギなども徹底駆除の対象となりました。


> 「ノネコの殺処分は世界遺産登録機関であるユネスコの理念に反する」のなら、こういう外来ネズミの根絶も「世界遺産登録機関であるユネスコの理念に反する」筈ですよね。

それを言っちゃ、奄美群島のマングース駆除はどうなのよ。
猫とは対照的に、環境省が直轄事業として、マングース駆除を進めています。
マングース駆除には一言も反対しないのはお笑いです。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,227ブログ中6位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR