1年で2,000頭の犬を射殺したティアハイム・マンハイム~ドイツ動物保護の歴史







Please send me your comments.  dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Vereinsgeschichte
Dass im Jahre 1927 etwa 2.000 Hunde im Tierheim erschossen wurden.


 「ドイツなどは200年も前から殺処分をしていない」と、日本で誤情報を拡散している人達がいます。それらの誤情報を拡散している人たちがその根拠としてあげている一つには、ドイツのティアハイムの発祥が1800年代ということがあります。「ティアハイムが殺処分を行っていないから」、「不要動物は全てティアハイムが収容したから」などです。しかしドイツのティアハイムは、大量に犬猫などの収容動物を、銃などで殺処分してきた歴史があります。今日でも、相当数・率の殺処分を行っており、多くのティアハイムが自ら年次報告書で、「殺処分数」の公開を行っています。殺処分率が4割近くになるティアハイムは、今日でも珍しくありません。


 「ドイツなどでは200年も前から殺処分ゼロである」と記述したり、著しく誤認させる無責任なブログなどが多数あります。例をいくつか挙げます。これらの記述は「嘘」といっても差し支えありません。


ラフコリー・ミシェルのワンだふるらいふ 動物も人と同じ

ドイツでは、200年も前から動物愛護が大切にされてきたそうです。
ドイツでは、戦争で食糧難の時でも、人間と同じように、動物にも食料が配給されたというから驚きます。
日本では、食料不足の為、多くの動物が餓死した状況とは、大いに異なります(註 ドイツでは、戦時中は犬は食用として屠殺されました。また犬を年間2,000頭銃殺したティアハムもあります)。


殺処分0のドイツにおける動物愛護の歴史は、どのような変貌をとげてきたのか?

動物の家・ティアハイムの歴史は180年ほどさかのぼる。
今のティアハイムの運営方法とほとんど同じことが行われていたようです。
ドイツでは殺処分は断じて行われません。



 ドイツの最も歴史ある、大規模ティアハイムの一つに、ティアハイム・マンハイム(Tierheim Mannheim)があります。本ティアハイムは創業が1889年です。自らのHPで、本ティアハイムの歴史・沿革を述べています。
 その中では、過去の本ティアハイムでの犬猫などの収容動物の大量殺処分のことも述べられています。例えば、収容した犬を1年間で2,000頭を銃で殺処分したなどです。その他にも、当時のドイツの野良犬迷い犬の収容と殺処分の制度や、ドイツがかつては犬肉の商業生産と販売が合法で、かなり食べられていたことも垣間見ることができます。ドイツのティアハイムや動物愛護政策の研究ための、良い資料となるかもしれません。ティアハイム・マンハイムのHP、Vereinsgeschichte 「マンハイム・ティアハイムの歴史」、から引用します。


Nach dem damaligen Jahresbericht werden im Tierheim Mannheim 1914 „gegen Bezahlung 712 Hunde und 246 Katzen und ohne Bezahlung 334 Hunde und 321 Katzen getötet“.
In einem der folgenden Jahresberichte ist zu lesen: „Die meisten Tötungen waren erforderlich, um die Tiere vor dem Verhungern zu bewahren oder um solche nicht in die Hände von Hundeschlächtern geraten zu lassen.“
Schon 1925 schreitet die Stadterweiterung so rapide voran.
Mannheim hat inzwischen einen hauptberuflichen Hundefänger, der streunende Hunde, sowie Hunde ohne Steuermarke einfängt und in das Tierheim bringt.
Tierbesitzer haben drei Tage Zeit, sich um ihr Tier zu bemühen, dann kann es vom Tierheim „verkauft oder getötet“ werden.
Dass im Jahre 1927 etwa 2.000 Hunde im Tierheim erschossen wurden.
Das Tierheim gibt keine Hunde an neue Besitzer unter 10 Mark ab, weil man verhindern will, dass die Tiere zum Schlachten erworben werden.
Nach einem Zeitungsbericht im September 1954 werden im Tierheim täglich fünf bis sechs Hunde eingeliefert.
In den beiden vergangenen Jahren seien es über 5.000 gewesen, von denen die meisten als nicht vermittelbar eingeschläfert werden.
1966 werden noch im alten Tierheim 453 Hunde und 196 Katzen beherbergt. 186 Hunde und fast alle Katzen werden wegen Krankheit, Verletzungen oder, weil sie einfach nicht zu vermitteln sind, eingeschläfert.
Diese für uns heute erschreckenden Zahlen waren in den damaligen Jahren keine Ausnahme.
1968 werden wieder 95 Hunde und 249 Katzen eingeschläfert.
1979, Im Tierheim sind in diesem Jahr 976 Hunde und 581 Katzen zu Gast. 145 Hunde und 273 Katzen werden eingeschläfert.
1990 werden vom Tierheim Mannheim mehr als 2000 Ratten aus der Wohnung einer geistig Verwirrten in der Lupinenstraße geholt.
Die Tiere müssen alle vom Tierarzt getötet werden.

1914年のティアハイム・マンハイムの年次報告書によると、有償譲渡されたのは犬712匹と猫246匹であり、殺処分されたのは犬334頭と猫321匹でした。
年次報告書の記述の一つには、次のようにあります。
「飢餓から動物を救うために、またはこれらの犬が肉屋の手に渡ること防止するには、ほとんどで殺害が必要でした(*1)」。
1925年にはすでに、ドイツでは都市部の拡大が急速に進んでいました。
マンハイム市には常に犬捕獲者がいて、迷い犬だけではなく、犬税登録のない犬を捕まえてティアハイムに連れて行きました。
ペットの飼い主には、ティアハイムによってそのペットが「売却されるか、殺されるかが可能となる」までに、ペットを探すための3日間の猶予があります。
1927年には、約2,000頭の犬がマンハイム・ティアハイムで射殺されました。
マンハイム・ティアハイムは、犬が食肉として屠殺されるために購入されることを防止したかったために、10マルク未満の金額では新しい飼い主に犬を譲渡しませんでした。
1954年9月の新聞報道によると、マンハイム・ティアハイムでは、毎日5〜6頭の犬が収容されました。
1954年の過去2年間に、5000頭以上が死にましたが、そのほとんどは伝染病以外で死んでいます。
1966年には、453頭の犬と196匹の猫が旧(註 その後移転した)ティアハイム・マンハイムにまだ収容されていました。
病気や怪我のためではなく、あるいは単に一般譲渡されることがなかったために、186頭の犬とほぼすべての猫が安楽死されました。
私たちにとっては、現在においてもこの恐ろしい数字は例外ではありません。
1968年には95頭の犬と249匹の猫が安楽死されました。
1979年には、マンハイム・ティアハイムには976頭の犬と581匹の猫がいました。
145頭の犬、および273匹の猫を安楽死させました。
1990年には、マンハイム・ティアハイムでは、ルピネン・シュトラーセの精神障害者の家から2,000匹以上のげっ歯類が収容されました。
これらの動物は、すべて獣医師により殺処分しなければなりませんでした。



 なお、ティアハイム・マンハイムに関しては、ドイツ版ウィキペディアも取り上げられています(Tierheim Mannheim)。上記の、ティアハイム・マンハイム自身のHPの記載内容とほぼ同じです。


(画像)

 殺処分などの内訳の、年次報告書を公表しているティアハイムの一例。tierheim-altentreptow「ティアハイム・アルテントレプトゥ」のHPに掲載されている年次報告書から。
 2014年には、犬猫総収容数140に対して、殺処分(Euthanasien)が34頭、施設内死(verstorben)が15頭でした。総収容数に占める殺処分+施設内死の割合は35%です(日本の自治体の殺処分数の計算方法に基づく)。概ね年次報告書を出しているティアハイムとしては、平均的な数値だと思います。

ティアハイム 殺処分率


(画像)

 tierheim 「ティアハイム」。2009年7月28日公開。ティアハイム・マンハイムでの理事の解任に対する争議に関するビデオ。少し古い動画ですが、内部統制においては、いろいろと問題がある組織のようです。

Kundgebung anläßlich der Kündigung von Jutta Schweidler vom Vorstand des Tierschutzverein Mannheim.

ユッタ・シュワイダー氏がティアハイム・マンハイムの理事会により解任されたことを受けての(抗議)集会。


(*1)

びっくり!世界の犬事情~ドイツには1986年まで犬肉屋があった

 ドイツでは、1986年まで犬の食用屠殺と犬肉の商業取引が合法でした。Hundefleisch 「犬肉」(ドイツ版ウィキペディア)にも記載があります。


Hundefleisch 「犬肉 ドイツ版ウィキペディア」

 個人による、犬の食用屠殺をドイツが禁じたのは2010年でした。それまでは、商業生産・販売は禁止されていたものの、私的に犬を食用として屠殺することはドイツでは合法でした。この件については、改めて記事にします。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メモ

(メモ)

http://tierschutz-union.de/tierschuetzer-tierheime-tierhandel-tierversuche/
ティアハイムが徘徊犬猫を捕獲し、実験動物として横流し。
罰金刑。

http://www.indigenous.gov.au/news-and-media/stories/saving-endangered-species-west-island-through-cat-eradication
オーストラリア 西アイランド 猫根絶事業

http://dokusyokansou-iken.seesaa.net/article/440831958.html
愛誤は嘘つき
完全にTNRの効果を否定する論文を「奄美大島でTNRを採用すべき。TNRは有益である」と偏向引用している。

引用論文
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26323805
At the present time many TNR programs do not produce substantial and persistent reductions in cat populations.
現時点では、多くのTNRプログラムは猫個体数において実質的かつ持続的な減少をもたらさない。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 本文とは無関係です

鍵コメ様、コメントありがとうございます。

> 2月22日は「猫の日」。今、奄美群島がネコを巡ってゆれています!
> https://tenki.jp/suppl/kous4/2018/02/22/27902.html

鍵コメですのであまり引用しませんが。もしご都合が悪い箇所があれば削除します。


> 「猫を殺すな」と言うわりに処分してはいけない理由がどこにも見当たりません。

野良猫、ノネコは、諸外国では悪性の外来種として苛烈に駆除されています。
奄美群島でも、マングースは悪性外来種として徹底駆除の対象です。
猫がほかの種に優越して保護されなければならないという、合理的な理由はありません。


> ハブやマングースや自動車事故の問題が取り上げられてはいますが、統計が見当たりません。

ハブは在来種です。
正常な食物連鎖の範疇ですので、取り上げるのは論点のすり替えです。
自動車事故ですが、仮に猫による食害より多かったとしても、野良猫ノネコの駆除をしてはならないという理由にはなりません。
例えば、交通死亡事故の原因上位10位には、飲酒運転は入っていません。
だからといって飲酒運転を取り締まらなくて良いということにはならないでしょう。

「江戸時代には、多くのネコが山の中に入って生活し、当然アマミノクロウサギなどの野生動物を捕食していた、ということになります。アマミノクロウサギは、1920年代くらいまで、人里に下りてきて畑の作物を荒らす害獣で、また、盛んに人々によって狩猟され食べられてきたほど数多く生息していました」。

このライターは相当頭が悪いです。
江戸時代に猫を移入して以降、「それまで害獣」と言われるほど多く生息していたアマミノクロウサギが減ったということでしょうが。

Re: 本文とは無関係です-追記

鍵コメ様

> 動物関連の嘘情報も圧力を避けるための道具として使われているのかもしれません。
> 前コメントが日本気象協会発信というのは……ただの偶然でしょうか(笑い)

自分たちの専門外のことには口を出すなよって。

別に騒ぐようなことではないのですが。

 こちらも記事に無関係ですみません。
 
 昨年末から愛誤が奄美の方針で騒いでますけど、奄美の属する鹿児島県は、殺処分ゼロを目指してはいますけど目標が「10年間で殺処分数を半減させる」なので譲渡出来ない犬猫の殺処分は行っています。
 
 奄美の方針は、件のセンターに送る前の一次収容施設を奄美に作る以外は鹿児島の従来通りの方針で行うことを明言したに過ぎません。
 
 それが嫌なら神奈川や広島のようにボランティアが全頭引き取りを行うと言えば殺処分は避けられますけど・・・神奈川では、死ぬ間際まで犬をセンターに閉じ込めて死ぬ間際に引きずり出して衰弱死させて殺処分のカウントを避けることが問題として出てますし、広島はセンターもボランティアも多頭崩壊寸前だったり崩壊したりがクローズアップ現代で放送されてしまっています。
 
 現状で全頭終生受け入れの殺処分ゼロに舵を切ったら最近出来たばかりのセンターでもいずれパンクして多頭崩壊するのを鹿児島県は判っているから奄美でも方針を曲げないし、近隣のボランティアもやらないというだけのことだと思います。
 
 世界遺産登録申請上、既に行っている方針を明確に出しているだけで、県としては申請に際して特別なことをしているわけではないです。
 
 ちなみに3000頭全てTNRを行うといって2100頭ぐらいで止まっている徳之島の現状は、ごく最近で
 
ケナガネズミ2匹の死がい
http://amamishimbun.co.jp/kenaganezumi2hikinoshigai
ケナガネズミ捕食の衝撃
http://amamishimbun.co.jp/kenaganezumi-predation 

 在来種と生息エリアと重なるところ以外に放すことには余り意味が無かったのでしょう。TNR用に1度捕獲ワナにかけたネコは再度捕獲ワナにかかりにくいと聞くから捕まるか判りませんが、捕まったら鹿児島県のセンター送りのはずです。そうなると、表に出ていないだけの話で、引き取り手が無ければ徳之島のネコでも殺処分されているはずです。
 
 鹿児島県による奄美の方針は、徳之島同様に「今まで通り」ということで、騒ぐような話じゃ無いと思います。
 
 ただ、徳之島のようにTNRを認めてしまうと捕食が起きたときの再捕獲が困難になるので、やらずに「移送」の方針を決めたことは良いことだと思っています。上手く行くと良いのですが。

Re: 別に騒ぐようなことではないのですが。

ガロン 様、コメントありがとうございます。

> 奄美の属する鹿児島県は、殺処分ゼロを目指してはいますけど目標が「10年間で殺処分数を半減させる」なので譲渡出来ない犬猫の殺処分は行っています。
>奄美の方針は、件のセンターに送る前の一次収容施設を奄美に作る以外は鹿児島の従来通りの方針で行うことを明言したに過ぎません。

そのとおりと思います。


>  それが嫌なら神奈川や広島のようにボランティアが全頭引き取りを行うと言えば殺処分は避けられますけど・・・

それをやらずして、TNRをせよと騒いでいる勢力があります。


>  ちなみに3000頭全てTNRを行うといって2100頭ぐらいで止まっている徳之島の現状は、ごく最近で
> ケナガネズミ2匹の死がい
> http://amamishimbun.co.jp/kenaganezumi2hikinoshigai
> ケナガネズミ捕食の衝撃
> http://amamishimbun.co.jp/kenaganezumi-predation 

ケナガネズミは奄美群島の固有種で、これもまた絶滅危惧種です。
徳之島でアマミノクロウサギがノネコに加えられている画像が環境省から公表されたのは、TNRを実施した後のことです。
衝撃もなにもありませんよ、TNRをしたところで、食べる量も食性も変わりませんから。
それと徳之島のTNRですが、2年ほどの期間をかけてしています。
猫は、半年で繁殖可能になりますから、取りこぼしが新たに繁殖して未去勢猫の数が回復しているはずです。
私はかつて、天売島のTNRで、猫の推定数200匹都道数のTNRを行っても、数年後には1.5倍の300匹に増えたことを記事にしています。
それと同じことです。


>  在来種と生息エリアと重なるところ以外に放すことには余り意味が無かったのでしょう。

ありません。
猫は、もとの生息地への帰巣本能がありますから。


>TNR用に1度捕獲ワナにかけたネコは再度捕獲ワナにかかりにくい。

それとライブトラップにかからない個体もいます。
ですからオセアニアなどでは、希少生物生息地では、銃や毒餌がおもな駆除手段になっています。


>  鹿児島県による奄美の方針は、徳之島同様に「今まで通り」ということで、騒ぐような話じゃ無いと思います。

と思いますが、アマミノクロウサギや、奄美群島の世界遺産登録のニュースで、関心を持つ人が増えたということでしょう。


> 徳之島のようにTNRを認めてしまうと捕食が起きたときの再捕獲が困難になるので、やらずに「移送」の方針を決めたことは良いことだと思っています。

当然です。
猫の食害を受けている希少な在来生物生息地で、TN(R)をしているのは、日本以外では私は知りません。
ライブトラップだけというのも日本だけではないですか。
先に申し上げたとおり、罠にはかからない個体があります。
オーストリア、ニュージーランド、アメリカ合衆国では、毒餌と射殺が主です。
なぜこの件については「日本は後進国。海外先進国を見習え」という人がいないのか。
ダブルスタンダードのいやらしさが露骨です。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,227ブログ中6位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR