FC2ブログ

アメリカのガス室の犬の殺処分のビデオを盗用して「日本の殺処分」とした、呆れた日本の愛護(誤)団体







Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(summary)
Sign/Share Federal Petition: Prohibit Killing Companion Animals with Gas


 日本の動物愛護(誤)団体らは、「二酸化炭素による殺処分」や、「大量生産ブリーダー」、「ペットショップでの生体販売」を非難しています。そして「日本は動物愛護後進国。欧米を見習え」というのがお約束ごとです。しかし最近相次いで、アメリカの一酸化炭素による殺処分や、パピーミル(劣悪な大量生産犬ブリーダー)の、YouTubeで公開されている動画を勝手に盗用して、日本と誤認させるビデオがいくつか公開されています。いずれも日本の愛護(誤)団体が制作したものです。「日本は動物愛護後進国。動物愛護先進国欧米を見習え」と言いつつ、ひどい犬の扱いのシーンではアメリカのビデオを盗用し、それを「日本のもの」とするとは、あきれます。


 アメリカ、ノースカロライナ州のアニマルシェルターで行われている、一酸化炭素のガス室による、犬の殺処分に反対する署名発起人が製作したビデオがあります。このビデオには、ノースカロライナ州のアニマルシェルターで、一酸化炭素のガス室で、犬が殺処分されるシーンが写っています。
 Sign/Share Federal Petition: Prohibit Killing Companion Animals with Gas 「サイン/シェアをお願いします アメリカ連邦政府への嘆願書:ガスを用いてコンパニオンアニマルを殺すことを禁止してください」。


If gas chambers were so "humane" then why was this practice banned for the worst serial killers in America, yet it's "okay" to do it to our innocent pets which is senseless and cruel.
Death by gas is long, terrifying and painful, and it is unconscionable that this tactic is still being used in this country.
Animal gas chambers, used at shelters in 32 states to euthanize healthy, adoptable, homeless dogs and cats, are cruel and inhumane.
The use of carbon monoxide for individual or mass companion animal euthanasia in shelters is unacceptable due to significant humane, operational and safety concerns.

もしガス室が「人道的」ならば、なぜアメリカで最悪の連続殺人犯にこの方法での死刑が禁止されたのですか?
それにもかかわらず、理由もなく残酷に、私たちの無実のペットにそれ(ガス室による殺処分)をするのは「良い」のです。
ガスによる死は長くかかり、恐ろしく痛みがあり、そしてこの方法がまだこの国(アメリカ合衆国)で用いられていることは不当です。
動物を殺処分するガス室は、アメリカの32州のアニマル・シェルターで用いられていますが、健康にもかかわらず貰い手のない犬や猫を安楽死させ、残酷で非人間的です。
一酸化炭素の使用は、個別であっても大量殺処分であっても、コンパニオンアニマルの安楽死においては重大な人道的な理由によりアニマル・シェルターでは受け入れられませんし、また安全上の懸念もあります。



(動画)

 一酸化炭素のガス室による犬猫殺処分に反対する署名嘆願サイト、Sign/Share Federal Petition: Prohibit Killing Companion Animals with Gas 「サイン/シェアをお願いします アメリカ連邦政府への嘆願書:ガスを用いてコンパニオンアニマルを殺すことを禁止してください」に掲載されている、アメリカ、ノースカロライナ州のアニマル・シェルターでの、ガス室による殺処分のビデオ。なお、このビデオはyoutubeにも公開されています。

 Gas chambers to kill pets (MOST STATES kill animals this way) 「ペットを殺すガス室(ほとんどのアメリカの州は、動物をこのように殺します)」 2009/08/31 に公開。




 このアメリカ合衆国のノースカロライナ州のアニマル・シェルターにおける、ガス室(一酸化炭素)の犬の殺処分のビデオですが、日本の複数の動物愛護(誤)団体が盗用して「日本の二酸化炭素ガス室での殺処分シーン」として説明しています。
 日本の動物愛護(誤)団体らは、常に「日本は欧米に遅れた動物愛護後進国。欧米では二酸化炭素による残酷な殺処分を行っていない。また犬猫の大量生産(パピーミル)は日本独自のものである」と述べています。以下に、この、ノースカロライナ州のアニマルシェルターのガス室による犬の殺処分を「日本の殺処分」として盗用している、日本の愛護(誤)団体が制作~拡散しているビデオをいくつか挙げます。「日本は動物愛護後進国。動物愛護先進国欧米を見習え」と言いつつ、ひどい犬の扱いのシーンではアメリカのビデオを盗用し、それを「日本のもの」とするとは、あきれます。


(画像)

 Megumi Takeda hat アニマルズジャパンs Video geteilt. 11. Februar um 13:01 · 、から。2018年2月11日。

 このアニマルズジャパンが製作したビデオのシーンですが、先のアメリカ合衆国ノースカロライナ州の、一酸化炭素による、殺処分のビデオのシーン(3:24~)が登用されています。

ビデオ 盗用1


(動画)

 さらに、アニマルジャパンが製作した上記のビデオです。こちらは、「日本の繁殖業者」としていますが、アメリカ、ミズーリ州のパピーミルのビデオから盗用したものです。盗用されたビデオはこちら。

 Rescued Puppy Mill Dogs Get a Second Chance 「パピーミルから救出された犬たちはセカンド・チャンスを得る」。2015/09/17 に公開。




(画像)

 その上さらに、こちらでも「アメリカ、ノースカロライナ州のアニマル・シェルターにおける一酸化炭素によるガス殺処分のビデオ」を盗用(3:24~)し、「日本の二酸化炭死の殺処分」としている、日本の動物愛護(誤)団体が製作したビデオがあります。一酸化炭素(Carbon monoxide)と二酸化炭素(carbon dioxide)の生理作用は異なります。本当に酷すぎるビデオです。このような嘘捏造ビデオを嬉々として拡散する末端愛誤が湧いてくることこそが、日本の動物愛護の後進性です。

 Megumi Takeda hat 森谷香里s Beitrag geteilt. 29. Januar um 09:50 · 。2018年1月29日。

ビデオ 盗用1

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

嘘つきは泥棒の始まり

日本では処分に薬剤(注射)を用いていると聞きました。それらの処分状況がビデオに収められ公開されているかは知りません。
日本の著作権ではフェアユースは認められていませんのでビデオを盗用したことが訴えられれば有罪は確実でしょう。

Re: 嘘つきは泥棒の始まり

流星 様、コメントありがとうございます。

> 日本では処分に薬剤(注射)を用いていると聞きました。それらの処分状況がビデオに収められ公開されているかは知りません。

ご指摘のとおり、日本の自治体では、薬剤(麻酔薬)による殺処分への転換がだいぶ進んでいます。
少し前に調べたところ、アメリカで完全にガス室での犬猫殺処分を禁止している州は20州ほどでした。
今ではもう少し増えているかもしれません。
あとガス室での殺処分は、カナダの一部の州で行われています。


> ビデオを盗用したことが訴えられれば有罪は確実でしょう。

完全に著作権法に違反します。
多分、犬を振り回して叩きつけているシーンは、中国などのアジアの犬肉屋のシーンを盗用したと思います。
ちょっとひどすぎます。
さらにFBでこのビデオを見た人の、「日本の動物愛護の後進性はひどい」といったコメントが湧いてくるのもお笑いです。

嘘つきは愛誤の始まり

こういう嘘をつかなければ、
自分の論を展開できないのが愛誤。

情報が正しいか正しくないかより
「自分の主観が世界の全て」という
浅はかなのが愛誤

嘘をついてやましくないのか
そういう両親のかけらもなく
厚顔無恥なのが愛誤

今日のニュースで堀口妙子というBBAが
放置虐待した猫を取り戻そうと動物愛護センターに
不法侵入で逮捕されましたね。

無職で貧乏という愛誤の属性も鉄板法則かもしれません。

Re: 嘘つきは愛誤の始まり

猫糞被害者@名古屋 様、コメントありがとうございます。

> こういう嘘をつかなければ、
> 自分の論を展開できないのが愛誤。

末端の愛誤から、大物愛誤まで、徹頭徹尾嘘を嘘でこり固めています。
たとえば獣医科大学の元学長の太田光明氏は、「ドイツではペットショップがない、ヨーロッパでは営利ブリーダーがない」。
自称ドイツ連邦獣医師京子アルシャー氏「そもそもドイツ連邦獣医師という経歴が嘘ですし、『ドイツでは家畜の屠殺でも麻酔薬を用いた安楽死でなければならない』」。
杉本彩氏「日本以外の先進国ではペットショップがない」。
滝川クリステル氏「イギリスやドイツではペットショップがありません。欧米では多くがペットショップを禁じている。
太田匡彦氏「ティアハイム・ベルリンでは一頭も殺さない(本ティアハイムのHPで殺処分していることが書かれています)」。
その他、宮本亜門氏、福島みずほ氏(イギリスでは犬猫の売買を禁じている)、高井たかし氏(ドイツは殺処分ゼロ)、安井美沙子(元参議院議員 日本は外国と比べて格段に殺処分が多い、トルコは殺処分ぜロ)などなど、あげたらきりがないです。
まさに病的虚言癖の精神疾患患者の集まりに等しいですが、それを真にうけ支持する衆愚愛誤がわらわらと湧いてくるのが、日本の動物愛護の最大の後進性です。

そして彼らのやることといえば、例えば私のドイツ狩猟法のリンクをつけて訳した記事(ドイツでは非占有の犬猫は狩猟対象で殺害が合法、というか推奨されている。狩猟免許が無くても、最大で5000ユーロの行政罰にとどまる。刑事罰はない)をスクリーンショットをとって「さんかくたまごはドイツに関する大嘘をたれながしている」と拡散しています。
ドイツの連邦政府が公表している法律の原文をそのまま訳しただけです。
大嘘ならば、ドイツ連邦政府(法務省)に抗議しなさい。
ハッキングされて書き換えられている可能性もありますから(大笑い)。
バカじゃないですか、スクリーンショットなど取らなくてもこの記事の訂正もしませんし、削除もしません。

愛誤は嘘つきの上、絶望的な馬鹿です。


> 今日のニュースで堀口妙子というBBAが
> 放置虐待した猫を取り戻そうと動物愛護センターに
> 不法侵入で逮捕されましたね。

愛誤はこの件に対しては、必死で擁護するでしょう。
ネグレクトも大矢誠の殺害も、等しく動物愛護管理法44条1項違反です。
ネグレクト虐待の44条1項違反は愛誤もしていますから。

愛誤は嘘つき、バカ、ダブルスタンダード(という利己主義者)の三拍子です。
まさに社会のダニ。
社会に有害。
存在意義なし。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,227ブログ中6位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR