ドイツでの猫駆除事情




 ドイツでは、飼育されていない猫(野良猫)は悪性の外来種で普通に駆除されています。またきちんと飼育管理されておらず、民家から一定以上離れて放し飼いされているものも飼い主がないとみなされ、駆除は合法です。 

 PETAドイツ、HPより引用。「ハンターによるペット射殺」Haustier-Abschuss durch Jäger          

Stand: März 2012

Schätzungsweise werden jährlich etwa 400.000 Katzen und 65.000 Hunde von Jägern erschossen.
Da es keine bundesweite Meldepflicht gibt, wie viele Katzen und Hunde von Jägern erschossen werden, gibt es auch keine offiziellen Zahlen darüber.
dass nicht alle Jäger ihre Abschüsse vollständig melden.
Da das Töten von Katzen und Hunden durch Jäger, teilen die Jäger in der Regel auch nicht mit, ob, wann und wo sie ein Tier erschossen haben.
Stattdessen lassen sie die toten Tiere verschwinden.
Eine Katze könnte beispielsweise „legal entsorgt“werden, wäre das Tier 50 cm tief vergraben oder in der Tierkörperbeseitigungsanstalt abgegeben worden.
Berichten zufolge werden die Vierbeiner jedoch oftmals am Straßenrand entsorgt.
Manche Jäger geben die Katze einem Falkner, der das Tier komplett verfüttert.

2012年3月現在。
40万匹の猫と6万5千頭の犬が、毎年、ハンターによって殺されていると推定されます。
ドイツ連邦では、犬猫の狩猟報告義務がありませんので、ハンターに射殺される多くの猫や犬の公式な数字はありません。
すべてのハンターが、彼らの獲物の数を報告しているわけではありません(つまり実数はさらに多い可能性があります)。
普通ハンターは、誰でも猫や犬の殺害したあとは、いつどこで犬猫を射殺したかは知らないと言います。
代わりに、彼らは死んだ動物を処分します。
例えば猫は、「合法的に処分」することができます。
深さ50センチメートル以上の深さに埋めるか、レンダリング(死体を肥料などの工業用原料やペットフードに加工すること)工場に提供したことでしょう。
報告によると、猫犬は、しばしば道端に処分されます。
何人かの鷹狩りハンターは、猫を鷹の餌にしています(ビデオ12:30前後)。



 またビデオに収録された内容を、一部紹介しましょう。


Gemäß Bundesjagdgesetz sind nur Fanggeräte zugelassen, die lebend unversehrt fangen oder sofort töten. Jedoch die Herstellung, der Vertrieb, der Erwerb und der Besitz der tierquälerischen Festhaltefallen ist erlaubt.
Daher können auch heute noch Tellereisen im Jagdversandhandel bezogen werden.
Der Verkauf auch kommunizieren Lockmittel für Katzen.

連邦狩猟法下では、狩猟具は獲物を即死させるか、無傷で捕獲するものだけが許可されています。
しかし、動物に苦痛を与え拘束するわなの生産、流通、購入が許可されています。
したがって現在も依然として、狩猟具通販でトラバサミ(事実上のデストラップ)を購入することができ使用可能です。
(猫をデストラップにおびき寄せるための)誘引剤も通信販売されます(ビデオ7:30前後)。


 ドイツでは、狩猟免許を持つハンターによる狩猟駆除のみならず、都市部では一般人による猫駆除も行われています。ドイツ版Q&Aサイトでは、頻繁に「ペットの猫が、射殺や毒殺されたがどうしたらよいか」という相談が寄せられます。大概そのような質問の回答は「屋外は猫にとって大変危険です。飼い主は、目が届くようにきちんと管理飼育するべきでしょう」です。
 大変興味深いドイツ国内のサイトを見つけました。CatPlus.deという、猫愛好家向けのサイトです。「猫の危険 コンパニオンアニマルが射殺や毒殺された場合、どうしたらよいでしょうか」2008年12月
Gefahren für Katzen Was Sie tun können wenn Ihr tierischer Begleiter erschossen oder vergiftet wird

 解答の概要は、「あなたが猫を放し飼いしていれば、被害を受けた人から憎まれます。そのような人から自動車の不凍液を摂取させられないようにするためには、猫を危険にさらさないように、あなたがきちんと管理するのが根本的な解決方法です」です。
 日本では、掲示板などで猫駆除方法として自動車の不凍液を摂取させる方法が紹介されています。アメリカのサイトでも「自動車の不凍液を用いた猫駆除方法」を度々目にします。「不凍液」を用いた猫駆除方法が国際標準だなんて大変驚きました。

 いずれにしても人と猫の共生は、無関係な人に迷惑をかけないということに尽きるようです。
 愛誤さんたちが「動物愛護先進国」をどのように理解しているのかは存じません。もしそれを「無責任飼育、野良猫餌やりに寛容。他人に迷惑をかけ放題でも猫は絶対殺されることはない」と理解しているのならば、そのような国はないと断言します。いい加減、妄想の動物愛護先進国を流布するのは止めてほしいです。


・画像は、猫害がひどい地域での民家。容器に入っているものは、不凍液に思えて仕方がないのですが考えすぎ?不凍液だけでも飲む場合があるようです。事故車から漏れ出した不凍液を飲んだ猫が中毒死したとか、エチレングリコールが成分の保冷パックを犬が食べて死亡したなどという事件は度々あります。
 不凍液の成分、エチレングリコールは甘くて食味がよく、過去にはワインの添加剤として用いられる事件がしばしばおきました。

不凍液


にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

行政による野良猫駆除が望まれます。

先日、毒のついたソーセージを食べた犬が病院に運ばれたというニュースがありました。

http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/yomiuri-20121110-00515/1.htm

このソーセージについた毒というのも保冷材の中身のようです。
もちろん、公園に毒物を置くということは良くないことですが、
野良猫の被害に業を煮やした誰かが置いたのではないかと
考えられます。

行政がしっかりしないために自衛策を講じようとしたことは、
心情的には十分理解できます。

いずれにしても、きちんとリードを繋いで散歩して被害に遭われた
犬と飼い主の方にはとてもお気の毒なことで、
こういう事件が今後起こらないためにも、法律や条例を整備して、
行政が野良猫を捕獲・駆除できるようになることを願います。

ストーカーからのメッセージ

△が、とうとう、「不凍液を用いた猫駆除方法が国際標準」 だとか言い始めましたね。
今回の話の場合、初めから国外の話を検証する意味は全くありません。
重要なのは、日本国内では、毒餌による動物虐待は許されていない事です。

おなじみの SH004 で撮影された不凍液の画像は、「猫害がひどい地域での民家なら、良く見かける光景」 とでも言い訳したつもりなのでしょう。
予想を上回る必死な言い逃れは、憐れとしか言いようがありません。

「猫餌に、猫にとって有害なものを混ぜる事で、猫を殺傷する。あるいは猫を殺傷する為の罠を仕掛ける。」 事が違法ではないと主張するイカレた人間が西宮市に住んでいる以上、
西宮地区の関係各所へ、より一層の注意喚起を促すしかありません。

この国では、猫の放し飼いが禁止されていない以上、この 「△による犯罪予告的な主張」 は、西宮市の全ての住人に知らせる必要があるといえます。
「迷惑だから猫を殺す」 は、これ自体が立派な違法行為です。
このような主張の持ち主は、やがて、「うるさいから子供を殺す」 に繋がらないとも限りません。
教育機関に対しての注意喚起も必用です。

兵庫県西宮市で、これ以上猟奇的な動物虐待事件が起こらない為に、微力ながら、自分に出来る事は何でもして行くつもりです。

Re: 行政による野良猫駆除が望まれます。

野良猫嫌い様、コメントありがとうございます。

>行政による野良猫駆除が望まれます。

実は、このテーマの記事を書くために、ドイツの猫駆除事情を記事にしていたのです。
ドイツは、公的な殺処分がありません。
ですから野良猫犬は民間人が駆除しています(狩猟法を順守すれば合法です)。
しかしドイツでは、死体の不始末で衛生上の問題が生じるとか、狩猟での事故、誤って希少動物を殺傷するなどの問題が生じています。
また殺される猫犬の実数は、人口比でドイツは日本の3倍以上です。
私は、公的殺処分がある日本が動物愛護に劣っているとは思いません。


>きちんとリードを繋いで散歩して被害に遭われた犬と飼い主の方にはとてもお気の毒なことで、こういう事件が今後起こらないためにも、法律や条例を整備して、行政が野良猫を捕獲・駆除できるようになることを願います。

同感です。
日本はドイツ等と異なり、銃規制が厳しく、また野良猫犬を撃つハンターもいないでしょう。
公的な殺処分がなくなれば、野良猫等の被害が増大します。
しかし限なく被害者に受忍を求めることは不可能です。
非合法な毒餌が使われるようになること必至です。
それは子供や飼い犬に対しても危険ですし、市中に死体が発生すれば衛生上の問題もあります。
ノーキルは不可能ですし、どこの国でも実現できていません。
「公的殺処分の廃止」「野良猫は絶対殺さない」。
それは愛誤の世迷言です。

Re: ストーカーからのメッセージ

メッセンジャー様、情報提供ありがとうございます。

> △が、とうとう、「不凍液を用いた猫駆除方法が国際標準」 だとか言い始めましたね。

米国とドイツのネット上の情報をご紹介しただけです。
そのような情報が米国、ドイツでネット上で流布されているのは紛れもない事実ですから。


> 重要なのは、日本国内では、毒餌による動物虐待は許されていない事です。

私有地内に規制のないものを置くことを罰する法律なんて、日本にはありません。


> 「猫餌に、猫にとって有害なものを混ぜる事で、猫を殺傷する。あるいは猫を殺傷する為の罠を仕掛ける。」 事が違法ではないと主張するイカレた人間が西宮市に住んでいる以上、
> 西宮地区の関係各所へ、より一層の注意喚起を促すしかありません。

私有地に、エチレングリコールを数十cc放置した、鎮痛剤のアセトアミノフェンを300mg置いた。
それで犯罪が成立するのはなんという法律で何条何項で条文を明示していただきたいですね。
野良猫を怪我をしない状態で捕獲することが違法だという根拠はなんという法律で何条何項なんですかね。
条文を提示していただきたいです。
また検挙例が一つでもあれば例示していただきたいです。
ところで、画像は神戸市兵庫区ですよ。


> この国では、猫の放し飼いが禁止されていない以上、この 「△による犯罪予告的な主張」 は、西宮市の全ての住人に知らせる必要があるといえます。

動物囲碁管理法第7条で、放し飼いは禁止されていると解釈すべきでしょう。
罰則規定がないだけで。


> このような主張の持ち主は、やがて、「うるさいから子供を殺す」 に繋がらないとも限りません。

これは聞き飽きました。


> 兵庫県西宮市で、これ以上猟奇的な動物虐待事件が起こらない為に、微力ながら、自分に出来る事は何でもして行くつもりです。

その割には、こちらには何の動きもないですね。
アクセス記録を見ても。
それより、農○水○産省から数十回アクセスがあり「愛誤 闇」「愛誤 悪い噂」などのキーワードから入ってきていました。
省庁や警察などの期間でも、愛誤は基地害という認識なのでしょう。

No title

> 兵庫県西宮市で、これ以上猟奇的な動物虐待事件が起こらない為に、微力ながら、自分に出来る事は何でもして行くつもりです。

やっぱりここ笑うところでしょうかね?w
匿名掲示板に年中無休で陰口を書き込むだけで、地域猫活動の仲間にも入れてもらえない人間がw(避妊すらしない無責任餌やりです)
兵庫県警察にも通報したらしいですよ。
事前に言っておいたキャプをUPしてみろとの要望には答えてくれませんでしたがw
今まで散々叩かれて、その認知的不協和の解消を△氏に執着する事で解消しようと必死なようです。
そんなに気になるのなら、ケーブルだかでIPが変わらないからなんて意味不明な言い訳してないで、正々堂々こちらに書き込みすればいいのに。
まぁそんな当たり前の事も出来ない屈折した人間だから愛誤なんでしょうが。

ドイツは

ドイツが猫 犬を公的処分しないのは 公的な税金で何故に猫などの処分をするのは、おかしい。個人の責任という事になってるのでしょうね。だって スペイン ギリシャのデフォルト問題で ドイツ人は何故 我々の血税を注入するんだ !とかて デモしたり 怒りくるってました。ドイツて 金に関しては 相当にケチみたいですね。日本政府みたいに こども手当てを外国人の外国に住んでる子供にまで 支給したりの大盤バカ振る舞いの国はないですよね。なんで ケチなドイツが公的処分はしないとか よくよく考えたらわかりますよね。公的処分がないから 数字上は殺処分は0になりますよね。

Re: メッセンジャー様

メッセンジャー様、情報提供ありがとうございます。

> > 兵庫県西宮市で、これ以上猟奇的な動物虐待事件が起こらない為に、微力ながら、自分に出来る事は何でもして行くつもりです。
> やっぱりここ笑うところでしょうかね?w

はぁー、笑うというより疲れます。
ところで近年、西宮市で大手メディアで報道されるような動物虐待事件は記憶にありませんが?
産経新聞で報道された、立ち入り禁止の野鳥保護区に無許可で入って、えさやりしているバカがいるという事件がありました。
希少種の野鳥を野良猫が咥えているのを何度も目撃されているとのこと。
これが猟奇的な動物虐待事件ですかね。


> 匿名掲示板に年中無休で陰口を書き込むだけで、地域猫活動の仲間にも入れてもらえない人間がw(避妊すらしない無責任餌やりです)

無制限餌やりは、そりゃ愛誤も仲間に入れてもらえないでしょ。
愛誤は建前だけでも「不妊去勢しています!」が仲間入りの資格だから。


> 兵庫県警察にも通報したらしいですよ。

世の中、バカ多いよね。
昼間に数ヶ月家賃を滞納している人に督促電話を入れたら「警察にいうぞ」と言われたこともあるし、警察は精神障害者の下僕じゃない。


> そんなに気になるのなら、ケーブルだかでIPが変わらないからなんて意味不明な言い訳してないで、正々堂々こちらに書き込みすればいいのに。

こちらで何度も別串で書き込みした人とは、例のスレの人とは別人なんですね。
私はファンが多いなあw

Re: ドイツは

ニャーニャー様、コメントありがとうございます。

> ドイツが猫 犬を公的処分しないのは 公的な税金で何故に猫などの処分をするのは、おかしい。個人の責任という事になってるのでしょうね。

それもあるでしょうね。
飼い犬猫は、個人財産です。
個人財産は最後は、所有者が処分費を負担するのが当然でしょう。
日本が公的殺処分を行っていたのは、戦前まで狂犬病が流行していたからです。
それと犬の放し飼いが当たり前でそのため野犬が多かったということがあります。
1970年頃は、犬だけで100万頭殺処分していました。


>ドイツて 金に関しては 相当にケチみたいですね。なんで ケチなドイツが公的処分はしないとか よくよく考えたらわかりますよね。公的処分がないから 数字上は殺処分は0になりますよね。

ドイツ人はケチです。
今では、メルセデスベンツはエントリーモデルでもドアミラーは両側が電動ですが、20年くらいまではトップモデルでも運転席側は手動でした(本国仕様)。
当時から、国産車は中級車でも両側が電動でした。
確かに運転席側のドアミラーは電動の必要はないですけど。
殺処分を公的機関が行うものだけとすれば、確かにドイツはゼロです。
それを持って「ドイツは殺処分ゼロで動物愛護先進的」という愛誤はあまりに短絡的。
またドイツは狩猟駆除のみならず、飼い主が民間の獣医に依頼して安楽死を行うことは、日本よりはるかに普通に行われているようです。
日本の保健所でも、引き取らなければ殺処分数ゼロになります。


No title

>人と猫の共生は、無関係な人に迷惑をかけないということに尽きるようです。

ペット問題に限らず、我々が社会生活を営む上において「人に迷惑をかけない」は必須でしょう。
愛誤って、自分達と同種の問題以外で周囲とトラブルばかり起こしている方が近くにいたら、どう見ているのでしょうね。
同種と見てシンパシーを感じるのか、人並みに「こいつ迷惑なヤツだな」と思うのか、それとも「自分以外ノー眼中」なのかどれなんでしょう。
まあ、何にせよ動物愛護だのなんだのときれい事ホザくのは、人として最低限のマナーくらい身に付けてからにしないと説得力も何も有りはしません。
もっとも、マナーを守る方なら愛誤にはなり得ませんが。

Re: 迷惑餌やり反対派様

迷惑餌やり反対派様、コメントありがとうございます。

> ペット問題に限らず、我々が社会生活を営む上において「人に迷惑をかけない」は必須でしょう。

=「他人の権利を侵害しないこと」ですね。


> 愛誤って、自分達と同種の問題以外で周囲とトラブルばかり起こしている方が近くにいたら、どう見ているのでしょうね。

掲示板の有名愛護は、しばしば公園でのモラルが悪い人の悪口を書いています。
タバコのポイ捨てなどです。
私は野良猫のえさやりより、タバコのポイ捨ての方が迷惑度が低いと思いますが、猫愛誤の思考は「かわいそうな猫ちゃんを救うためだから正当な行為」になるのです。


>何にせよ動物愛護だのなんだのときれい事ホザくのは、人として最低限のマナーくらい身に付けてからにしないと説得力も何も有りはしません。
> もっとも、マナーを守る方なら愛誤にはなり得ませんが。

ボランティアを名乗るのであれば、最低でも違法な行為はしないことです。
マナー以前の問題です。

ストーカーのメッセージすごいですね

見事なまでに全てテンプレな脅迫文ですね。

仮に市民に知れ渡ったとして割といる野良猫の被害者からは喜ばれて、愛誤以外の普通の人は普通の倫理観で繭をひそめる程度です。

実際に猫被害にあっていなければ私にしても猫がどうなろうと興味などさして無かった人間ですし。

最後の写真は見事なまでに不凍液の赤ですね。
不凍液を庭に置いて処罰される法律なんてありましたっけ?

Re: ストーカーのメッセージすごいですね

猫ボラ嫌い様

> 見事なまでに全てテンプレな脅迫文ですね。

今までいろんなメッセージも頂いていますし、気にもしていません。
「このような犯罪ブログは警察に通報した」とか、ざら。


> 最後の写真は見事なまでに不凍液の赤ですね。
> 不凍液を庭に置いて処罰される法律なんてありましたっけ?

不凍液に思えてなりません。
不凍液の規制は、今のところ消防法だけです。
100%エチレングリコール換算で、4000リットル以上を保管する場合は届出が必要です。
クルマのラジエーター液を交換して、バケツに入れたまま私有地に置いておいて、それを猫が死んだとしても、何の罪にもなりません。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

15 :名無しさん@1周年:2016/02/18(木) 18:28:11.04 ID:gkjL8Llk0
朝鮮人は猫嫌い
【韓国】猫おばさんがレンガを叩きつけられ殺される事件まで…野良猫を毛嫌いする“動物愛護精神 ゼロ”な韓国人 [転載禁止](c)2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1445220588/


◆殺人事件にまで発展!野良猫を毛嫌いする“動物愛護精神ゼロ”な韓国人

猫好きにとって、野良猫に餌をやったり、お世話をしたくなるのは当然のこと。
ただ、韓国ではそれが命がけの仕事になるかもしれない。
というのも、10月8日、野良猫のために屋外シェルターを作っていた50代女性が、
何者かにレンガブロックを投げつけられ、殺される事件が起こったのだ。
亡くなった女性は、韓国で「キャットマム(Cat Mom)」と呼ばれる野良猫の
ボランティア。
寒い冬に備えて野良猫たちに暖かい寝床を作ってあげたいという善意が、
何者かの悪意に潰されてしまった。
今回の事件に対し、韓国人は怒り心頭で、ネットも大炎上。
警察は公開捜査を行い、犯人逮捕のため積極的に取り組んでいる。

韓国人の野良猫嫌いは今に始まったことではないが、
最近は、野良猫の保護活動を行うボランティアの人まで
攻撃される事件が増え、問題になっている。

2012年には、野良猫に餌を与えるのを不満に思った男性が
ボランティアの女性に暴力を振るった後、女性をマンションの
大型ゴミ置き場に閉じ込めるという事件もあった。

もはや野良猫に関わるボランティアの人も、
野良猫と同じく毛嫌いされてしまっているわけだ。

ボランティア歴10年の女性の話によると、野良猫の世話をしていると、
近所の高齢者に怒られたり、暴力を振るわれたりするのは日常茶飯事だという。

13年、ソウル・江南のマンション住人たちが数十匹の猫を地下室に閉じ込め、
へい死させた事件もある。
この事件の原因のひとつは、野良猫だけではなく、キャットマム・ボランティアが
訪ねてくること自体が嫌だったからだという。
ほかにも、野良猫に餌をやる人々をめぐるトラブルは後を絶たない。

そんな韓国人の“キャットマム嫌い”が極端に表れるのが、
やはりインターネットの世界である。

ポータルサイトで「キャットマム」と検索すると、真っ先に出てくるのが
「キャットマムをひどい目に遭わせる方法」「うちのマンション内をうろつく
キャットマムを追い出したい」といった書き込みである。
その内容もひどいもので……「野良猫に鶏の骨を食べさせて、
内臓を破裂させる」「ツナ缶に不凍液を入れておく」など、
キャットマムを卒倒させるような、卑劣な猫虐待方法のオンパレードだったりする。

さらに「そんなに野良猫が好きなら、自分の家に連れて行け」「エゴイスト」
「偽善者」など、ボランティアに対する罵詈雑言もあふれている。
今回のキャットマム殺人事件をきっかけに、猫愛護コミュニティのサイトでは
「ボランティア活動の際、命に気をつけてください」という、
まるで難民キャンプにでも派遣されるかのような注意文も散見される。

現在、韓国国内に生息する野良猫は推定100万匹。
日本ほど猫に対する理解のない韓国においては、
確かに社会問題だろう。
しかし、今後は野良猫の数よりも、野良猫に対する韓国人の態度が、
より深刻な問題となるかもしれない。

http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1455787259/15
http://www.asyura2.com/15/asia19/msg/615.html#c1

Re: No title

ー様、コメントありがとうございます。

資料の提供ありがとうございます。
せっかくですが、この韓国の事件は、ずいぶん前に記事で紹介しています。

ページのカテゴリーのうち、(動物愛護関連 海外 韓国)をクリックして頂ければ、その記事の解説があります。
よろしくお願いします。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR