fc2ブログ

ケニアに劣る日本の動物保護?~殺処分ゼロの国がある「世界のアニマルシェルターは、 犬や猫を生かす場所だった」という噴飯本



地域猫 ブログランキングへ





Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

Hong Kong
Animal rights activists slam SPCA charity for euthanising 5,000 animals a year


 
 記事、
アメリカでは1時間に423頭の犬猫が殺されていますが?~殺処分ゼロの国がある「世界のアニマルシェルターは、 犬や猫を生かす場所だった」という噴飯本
ロシアのアニマルシェルターにおける大量殺処分~殺処分ゼロの国がある「世界のアニマルシェルターは、 犬や猫を生かす場所だった」という噴飯本
スペインのアニマルシェルターの営利目的の大量殺処分~殺処分ゼロの国がある「世界のアニマルシェルターは、 犬や猫を生かす場所だった」という噴飯本
の続きです。「殺処分ゼロの国がある。日本の保健所と世界の動物保護施設は違う。アメリカ、イギリス、ドイツ、ロシア、スペイン、ケニア、香港、日本の世界8ヵ国所のアニマルシェルターの動物保護の取り組みについて。日本は殺処分されている動物数が世界の中でも多い」という内容の本があります。日本では1時間に9匹のペースで犬猫の命が奪われている…世界の動物保護施設から考える人と動物の関係、とメディアで紹介されている、「世界のアニマルシェルターは、 犬や猫を生かす場所だった」(本庄萌/ダイヤモンド社)です。今回はケニアのアニマルシェルターを取り上げます。



 問題の書籍の、アマゾン社の書評はこちらです。世界のアニマルシェルターは、犬や猫を生かす場所だった(ダイヤモンド社)。著者などについては、Amazonのリンクをご覧下さい。Amazonの書評から引用します。
 

(画像)

 世界のアニマルシェルターは、犬や猫を生かす場所だった(ダイヤモンド社)。アマゾン社。

世界のアニマルシェルター


日本の保健所で平成27年度に殺処分された犬猫の数は、約8万。
著者の、8カ国(アメリカ、イギリス、ドイツ、ロシア、スペイン、ケニア、香港、日本)合計25カ所わたるアニマルシェルター世界紀行は始まりました。
なぜペットを欲しがる人であふれる日本で、毎年 健康で愛くるしい多くの動物が死においやられているのか。
多くの人はアニマルシェルターで犬猫に出会う魅力を「知らない」からです。
「日本の保健所が、動物を殺す場所ではなく、動物の命を救える場所」となるよう、この本がその一助となればと思います。


ドイツの動物保護施設は1000も!
世界のアニマルシェルターは、犬や猫を生かす場所だった

 上記の記事は、世界のアニマルシェルターは、犬や猫を生かす場所だった、の著者、本庄萌氏との「盲導犬クイールの一生」の石黒健吾氏との対談形式で本書を紹介しています。この中で本庄萌氏は、驚くほどの無知蒙昧(か、本人が嘘と自覚しているのか)をさらけ出しています。一部を挙げます。以下の例示は一部に過ぎず、他にも驚くような噴飯発言が多数あります。

・「アメリカではペットショップでの生体販売を禁じている州がある」。
→ペットショップでの生体販売を禁じている州は、アメリカでは1州もありません。
例外的に、条例ではあります。
しかも多くの条例では、犬猫ウサギなど種を限っており、仕入れの再販売を禁じているだけです。
つまり犬猫でもペットショップでの自家繁殖や、保護施設の犬猫は販売可という条例がほとんどです(*1)

・「ドイツでは保護施設は1000ある」。
→約550施設です(*2)。

・「ドイツには、生体販売をするペットショップが一軒しかありません」。
→生体販売の販売許可を受けている(Tierschutzgesetz「連邦動物保護法」11条の、生体販売の販売を許可された)ペットショップは、ドイツでは2008年の商業統計で4100あります(*3)。


 上記のような事実、例えばアメリカ合衆国でのペットショップでの生体販売の規制や、ドイツのペットショップの数などは、「動物福祉学」、「動物法」の研究者であれば、最低でも正確な知識を持ち得て当然の事柄と思います。しかも本書の出版社と同じダイヤモンド社が、本庄萌氏の、無知蒙昧ぶりをことさら強調するし、さらけ出すような紹介記事を書いているとは、ジョークのつもりなのでしょうか(笑)。
 それはさて置き、今回は、本庄萌氏が、「動物保護後進国の汚名(着せられている)」日本と対比させている(つまり本庄萌氏はケニアが動物保護にケニアは日本より先進的ということのようです)、「ケニア」の事情について書きます。


 本書の第8章では、「日本 動物保護後進国の汚名返上の芽生えが次々と」とあり、日本を「動物保護後進国」と断じています。本書で取り上げている国はケニアがあります。当然、日本はケニアに動物保護の点で遅れた後進国ということでしょう。本書はケニアについては野生動物に関する記述がほとんどですが、では、犬猫の保護及びアニマルシェルターどうなのでしょうか。
 ケニアには、唯一アニマルシェルターがあります。KSPCA (Kenya – KENYA SOCIETY FOR THE PROTECTION AND CARE OF ANIMLS)です。そのHPから引用します。


The KSPCA is the only charitable animal welfare organisation in Kenya that deals for the most part with domestic animals.
Starting sometime after 1910 when some ladies took pity on the oxen bringing goods into Nairobi from the surrounding districts.
Initially the society seemed more concerned with rabies control, the inspectors’ main task being to shoot stray dogs.
We now have 23 members of staff.
In a developing country funds are not so readily available for animals as there are so many human problems.
In the last twenty years we have seen an encouraging change in attitudes to animals, though there is still a long way to go.

KSPCAはケニアでは唯一の動物愛護団体で、扱う唐物は家畜が大半を占めています。
始まりは、何人かの女性が、ナイロビ周辺地域から物資を運ぶ牛を哀れに思った1910年後半ごろからです。
当初は、社会は狂犬病の管理により大きな関心を持っていたようで、KSPCAのインスペクターの主な任務は野良犬を射殺することです。
現在、KSPCAには、23名のスタッフがいます。
開発途上国では、人間の問題が非常に大きいために、動物の問題には資金が回ってきません。
過去20年間、私たちは社会の、動物への態度の変化を見てきましたが、まだまだ道のりは途上です。



 KSPCAの、HPの短い記述ですが、要約すれば次のようになります。
・絶対的な資金と人員不足である。ケニアの人口、4,725万人に対して23名のスタッフ。
・家畜重視~つまり犬猫はなおざりと考えて良い。
・野良犬を射殺することが、アニマルシェルターのスタッフの主な任務。


 世界のアニマルシェルターは、犬や猫を生かす場所だった、で著者は、「日本は命を尊ぶ国であるにもかかわらず、殺処分されている動物数が世界の中でも多いという現実があります」としています。さらに、「日本は国際的にも殺処分が多い。日本のアニマルシェルター(行政の収容機関)は殺す施設であるが、外国のアニマルシェルターは異なり、動物の命を救う機関である」としています。
 しかし、上記のケニアのKSPCAのHPの記述を読む限り、ケニアのアニマルシェルターが日本と比較して「動物の(犬猫)命を救う機関」でありう、それに比べて「日本のアニマルシェルター(行政の収容期間)は殺す施設」であるという記述は疑問です。ケニアは本施設のみで、犬100あまり、猫80あまり(本記事公開時)に収容していますが、これらが全て新しい飼い主に譲渡されたとしても、「ケニア全土でのアニマルシェルターが生かす犬猫」の数は極めて少ないと言わざるを得ません。

 ケニアの野良犬猫は、アニマルシェルターに収容される以前に、狂犬病対策として射殺、毒殺などで殺害される数が膨大であると推測されます。法律でも、「狂犬病の疑いのある犬猫の殺害方法においては人道上の配慮は必要ない」としています。しかしその数は統計制度が整備されていませんから、表面上は殺処分数は出てきません。本庄萌氏の、ケニアのごく一面で持って、「動物保護に進んでいる」と評価するのは飛躍です。
 ケニアは、狂犬病対策として、犬猫は積極的に殺害されていますが、そのほかに犬猫は重要な食料でもあるのです。次回以降の記事では、ケニアの狂犬病対策としての犬猫殺処分と、犬猫食について取り上げます。


(動画)

 Mombasa Cat Meat Vendor 「モンバサ(ケニアの都市)での猫肉販売」。2012年7月24日公開。




(動画)

 Dog Meat In Kenya 「ケニアの犬肉」。2009年5月11日公開。犬肉を販売して提供していた男が逮捕されましたが、その容疑はクルマにはねられて死んだ犬の肉を提供したとうことです。

A middle aged man was arrested in Naivasha today after he was found skinning three dogs.
He said he collects the carcasses of dogs hit by speeding vehicles on the busy Naivasha, Mai Mahiu road.

3頭の犬を皮むきした後に、中年男が今日ナバシャで逮捕されました。
彼は忙しかったので、ナヴァシャのマイ・マヒウの道路で、高速で走るクルマに衝突して死んだ犬の死体を集めて、提供したと言いました。





(参考資料)

*1、
States with Local Pet Sale Bans
アメリカとカナダにおける、犬猫もしくはウサギの店頭での生体販売を禁じる自治体リスト。
現在アメリカ合衆国では、州で生体販売ペットショップを禁じているところはひとつもありません。

*2、
Tierheim
現在、全ドイツにある動物保護施設の数は、約550です。

*3
Zoofachgeschäft
ドイツ動物保護法11条による許可(生体販売ペットショップ)をうけたペットショップは、ドイツ全土で4,100以上の店舗があります(ドイツ連邦商業統計)。


 記事で取り上げた本の著者である、本庄萌氏のあまりにも無知で、誤りが多いのは仰天します。よくもまあ、ここまでひどい内容の本をダイヤモンド社が刊行したものだと呆れます。この本庄萌氏の、これらの誤りについては、改めて記事にします。異常ですよ。これこそが日本の動物愛護の後進性と申しますか(呆)。






関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

本を出すことは自由です

一般的に報道されない記事や規制(忖度という名の自粛)されている事柄を一般人が知ることは難しいです。
その逆手を取って事実を確認せずに自分の憶測で人々が気になるような創作記事を書けば、ある程度売れるのでしょう。また、編集者がそう指導すると思われます。
そして、人の脳は最初に教えられたことを正しいと考えてしまう欠陥があるので、こういう物に釣られてしまうのでしょう。
さらには、このような欠陥を利用して自分の利益のために洗脳まがいの事をする人もいます。
本の著者が動物愛護に真剣に取り組んでいれば、事実は調べればわかりますし、調べないことには正しい活動が出来ないと思います。例えば費用の算出など。
こうやって本が世に出てしまったうえに事実が広まれば、どのような結果になっても自業自得です。
一言「フィクション」と何処かに書いてあれば心配することは無いでしょうが。

Re: 本を出すことは自由です

流星 様、コメントありがとうございます。

> 事実を確認せずに自分の憶測で人々が気になるような創作記事を書けば、ある程度売れるのでしょう。また、編集者がそう指導すると思われます。

そうなのです。
最初に編集方針ありき。
その編集方針とは、大衆が納得して、「うんうん、そうなんだ」と予定調和すること。
真実がどうなのかは二の次三の次なのです。
海外の動物愛護に関する報道や評論は、ほとんどがそうです。
古くは太田匡彦氏とか。


> 人の脳は最初に教えられたことを正しいと考えてしまう欠陥があるので、こういう物に釣られてしまうのでしょう。

そうです。
それを最大限悪用して、世論誘導しているのが動物愛誤の分野です。


> さらには、このような欠陥を利用して自分の利益のために洗脳まがいの事をする人もいます。

まさにカルトに等しいですね。
完全に刷り込まれた、誤った思い込みは、いくら信頼性の高いソースを提示してもダメ。
カルト信者に何を言っても無駄なのと同じ。
ですから、本庄萌氏のこのような本でも売れるでしょうし、支持者も出てきます。


> 本の著者が動物愛護に真剣に取り組んでいれば、事実は調べればわかりますし、調べないことには正しい活動が出来ないと思います。

しかし調べていませんね。
アメリカ合衆国のペットショップの生体販売の規制やドイツのティアハイムの数、ペットショップの数などは、調べるにはコストがかかりませんから。
インターネット検索で、数秒で資料がヒットします。


> こうやって本が世に出てしまったうえに事実が広まれば、どのような結果になっても自業自得です。
> 一言「フィクション」と何処かに書いてあれば心配することは無いでしょうが。

一部では、太田匡彦氏や父君の光明氏が今まで言ってきたこと、書いてきたことがおかしいという人も出始めました。
「ドイツにはペットショップがない」「殺処分ゼロ」「プロのブリーダーがいない」「ドイツでは犬を入手する場合は、ほとんどがティアハイムだ」などなど。
カルトに頭が冒されている未だに多いですが。
しかしドイツには、3万人以上の日本人が住んでいるのですよ。
嘘をつくは根性があると感心します。

No title

おはようございます。

>ケニアに劣る日本の動物保護?

自国の象の密猟根絶できないツケを、密猟密輸に関与してない国に回す様な国が、動物保護の先進国な訳ないでしょ。

http://synodos.jp/international/15260
https://twitter.com/i/moments/782697352884658177
https://twitter.com/fujiko173/status/797962712458268672
>ケニアの声「日本が、国内取引を続けることは大きなリスクをもたらします。市場がある限り、密猟は続くのです」

こういう「正直者がバカを見る」をまかり通そうとする姿勢が、一番信用されないって事、判ってないですね。
幹狂反故団体や動物哀誤団体は、「象牙は全て密猟と密輸」と言わんばかりの勢いがありますが、ケニアの象牙密猟は問題視されてるものの、日本はそんな国からは輸入してません。
日本が輸入したのは南部アフリカ4ヶ国からの「落ち葉拾い」的に死亡した個体から回収して蓄えていた物です。
梅崎義人さんの著書等によると、それらの国の象は管理がしっかりしてて、増えてるとか。

上記の「ケニアの声」に対して言えるのは一言だけ。

お前が言うな!

Re: No title

オキキリムイ 様、こめんとありがとうございます。

> こういう「正直者がバカを見る」をまかり通そうとする姿勢が、一番信用されないって事、判ってないですね。
> 幹狂反故団体や動物哀誤団体は、「象牙は全て密猟と密輸」と言わんばかりの勢いがありますが、ケニアの象牙密猟は問題視されてるものの、日本はそんな国からは輸入してません。
> 日本が輸入したのは南部アフリカ4ヶ国からの「落ち葉拾い」的に死亡した個体から回収して蓄えていた物です。
> 梅崎義人さんの著書等によると、それらの国の象は管理がしっかりしてて、増えてるとか。

それは有益な情報をありがとうございました。
問題の本、「世界のアニマルシェルターは、 犬や猫を生かす場所だった」では、「ケニアは野生動物保護に尽力している動物保護意識が高い国である。それに対して日本は未だに象牙を輸入してケニアの密猟の原因を作っている動物保護に劣る国だ」という論調で書いています。
この本の本庄萌という方は、正直言って無知蒙昧ぶりはひどすぎます。
もう、目を覆いたくなるようなバカ丸出し。
しかもダイヤモンド社がこのひどい内容の本を出版するとは、異常です。
まさに狂気に近いです。
本庄萌氏自身が、日本の動物愛護の後進性を身をもって証明してくれたようなものです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 本以外にも

鍵コメ様、コメントありがとうございます。

鍵コメですので、引用は最小限にします。

> 朝日新聞に時々入っている「Sippo」という別冊についてです。

この記事は、明らかに誤り、嘘、偏向があるものが多いです。
それらの記事の矛盾点などは、何度もこちらで取り上げています。
デスクが、かの太田匡彦氏ですから。


> 「不幸な命を生み出さないためには
> 犬や猫を垂れ流すように世の中に増やしている
> 繁殖業者やペットショップなどが規制されなければ
> 根本的な解決は見られません」
> と、書いていますが、
> 保健所に収容されて殺処分になる猫はほとんど雑種なので、
> 矛盾していると思います。

この点はなんども私は指摘しています。
最近では特にその傾向が強くて、殺処分は全て猫、そのほとんどが幼齢個体(離乳前)という自治体も出てきています。
それなのに未だに「殺処分の原因はペット産業」というのは、洗脳されたカルトの信者さんで、精神状態が正常ではないということです。


> 不幸な猫を増やしてるのは無責任な餌やりなのに、

それも私は何度も指摘しています。


> 世の中に雑種の犬猫しかいなくなれば満足なんでしょうかね。

飼い犬は8割近くが純血種、飼い猫は純血種が1割未満です。
なぜ猫の殺処分が圧倒的に多いのでしょうね。


> 農作物も家畜も品種改良って言葉があるのにな、
> 室内のペットにに適した性質に品種改良して、
> 人間と暮らしやすくしたのにな、

それも正論です。

応援ありがとうございます。

No title

レス、有り難うございます。


>この本の本庄萌という方は、正直言って無知蒙昧ぶりはひどすぎます。

哀誤の鞭猛舞ぶりは、この人だけではありませんからねぇ。

https://twitter.com/vegetarian_kei/status/906067064925720576
>象牙の為に生きたまま顔をえぐられる象の姿が忘れられない。

エグイ写真だけど、生きたまま顔半分削り取るっても、どれだけの人間で取り押さえてるんだよ。
そう突っ込みたくなります。
そんな事やったら、怪我人死亡者続出ですよ。
ホント、哀誤は血生臭そうな写真が好きです。

個人的には、こういう人達のいる、南アフリカの方が「動物愛護」の理に適ってると思います。

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/113000459/
>世界最大のサイ牧場の「すばらしい写真」

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/041200138/
>サイの角、南アで取引解禁へ 密猟増加の懸念も

要するに、サイを保護して繁殖させて、密猟で殺されない内に先手を打って角を切ってしまおう。って事です。
そして、その角を売ってしまう事に、賛否両論が出ています。
個人的には全面的に賛成です。

Re: No title

オキキリムイ 様、コメントありがとうございます。

> >この本の本庄萌という方は、正直言って無知蒙昧ぶりはひどすぎます。
> 哀誤の鞭猛舞ぶりは、この人だけではありませんからねぇ。

ぼけたフリして愛誤の嘘プロパガンダに協力しているのか、本当に無知なのか。
ご本人に確認してみたいと思うくらいです。
この連載が終わってから、まとめてダイヤモンド社に抗議するつもりです。
オキキリムイ様の情報も盛り込もうと思います。
「ケニアは野生動物保護に熱心な動物保護先進国。反して日本はケニアの象牙の密猟に加担している動物保護後進国の汚名を着せられた国」にはまいったな。
ケニアの密猟象牙が南アを経由して日本に輸出されている可能性は否定しませんが、それは証明されていません。


> エグイ写真だけど、生きたまま顔半分削り取るっても、どれだけの人間で取り押さえてるんだよ。

「生きたまま」は愛誤は好きだから。
「生きたまま皮をはぐ」「生きたままゆでる」。
それを真に受ける方もどうかと思う。


> サイを保護して繁殖させて、密猟で殺されない内に先手を打って角を切ってしまおう。って事です。
> そして、その角を売ってしまう事に、賛否両論が出ています。

私は賛成です。
サイの角はフランスだったか、動物園からサイを殺されて盗まれました。
最近、チェコの動物園で、事前にサイの角を切ったところがあります。
http://rocketnews24.com/2017/03/24/878331/
角を売るのは問題ないでしょう。
保護活動費になります。

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,928ブログ中5位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR