動物愛護先進国、アメリカの事情 多くの自治体で、条例で警察官が野良猫犬を射殺駆除することを認めていますー3





 前回記事、動物愛護先進国、アメリカの事情 多くの自治体で、条例で警察官が野良猫犬を射殺駆除することを認めていますー2  の続きです。前回記事では、米国サウスダコタ州スピアフィッシュ市では、野生化したペットを警察官などが通知なしに射殺などで駆除できる条例があることを紹介しました。飼い猫と知りながら警察官が殺害駆除した事に関して、報道したニュースサイトは一般読者に議論の参加を呼びかけています。

 紹介した記事Spearfish PD admits mistake in killed cat incident 「スピアフィッシュ警察は、殺した猫の事件でミスを認めた」では、一般読者に議論の参加を呼びかけており、多数のコメント寄せられています。私が想像した以上に、猫の放し飼い等の不適正飼育に対しては強硬な見方をしている人が多いので驚きました。
 以下に具体例を挙げます。


Welcome to the discussion. 18 comments:

If their cat died from lapping up antifreeze in a gutter or from neighbor's garage, would they blame the neighbor and the automobile industry?
If their cat died by eating rat poison under someone's steps, would they blame the nearest grocery-store owner that sold that vermin poison?
If you want to blame someone for the drowning and shooting of cats, you need to prosecute yourself .
What difference does it make if the cat gets shot or ran over by a car, attacked by another cat or animal, drowned, or poisoned by plants animals or chemicals (inexpensive 1-adult-strength generic acetaminophen pain-relievers gaining in popularity, for being so species specific).
Shoot to maim is punishable under the laws that define animal-cruelty .
But shoot to kill is a perfectly legal way to humanely destroy an animal.
Ones with ballistics speeds of 700-1200 fps and using pointed vermin-pellets are often advised for use on vermin in no-firearms zones.
Many of the newer ones even come with their own sound-suppressor designs built-in, being specifically designed for shooting vermin cats in urban areas, the demand is that great.
Shoot, Shovel, & Shut-Up; or Trap, Drown, Shovel, & Shut-Up.
Both methods are legal on every square foot of this earth.
In cases where cats have already learned to evade all trapping methods, then inexpensive generic 1-adult-strength acetaminophen (overseas a.k.a. paracetamol) pain-relievers are a more species specific vermin poison.
But you need to dispose of that carcass safely.


議論の参加を歓迎します。18コメント

その猫が側溝や周溝、または隣の家のガレージで、自動車の不凍液により死んだ場合、猫飼育者は隣人と自動車産業を責めるでしょうか?
猫が、誰かが合法的に設置した殺鼠剤を食べて死んだ場合、飼い主は殺鼠剤を売った最寄りの雑貨店の店主を責めるでしょうか?
あなたが猫の溺死と射殺で誰かを責めるのであれば、自分自身を起訴する必要があります。
猫が撃たれたり、自動車事故にあったり、他の猫や動物に襲われ、溺死させられ、または動物や植物毒薬品によって毒殺されることに違いがあるのでしょうか(安価な1-成人用の強い汎用のアセトアミノフェン=鎮痛剤を用い、毒殺することは一般的です。それは猫に限ったことではありますが)。
傷つけるために撃つことは、動物虐待を定めた法律に基づき処罰されます。
しかし、殺すために撃つことは人道的に動物を駆除するための、完全に合法的な方法です。
弾道700から1200 fpsの速度と尖った害獣駆除弾頭を用いたエアライフルを、銃の使用が制限された地域での、害獣駆除の使用にお勧めします。
具体例を挙げれば新しい銃の多くは、害獣の猫を射殺するために設計された独自の消音器を組み込んだものがあり、都市部での需要は大変大きいです。
猫を射殺すること、排除すること、罠で捕獲し溺死させること、そのようにしてうるさい鳴き声を黙らせること、そのいずれも地球上ありとあらゆるところで合法です。
すでに、わなの回避方法を学んできた猫に対しては、具体的には安価なジェネリック1 - 成人用の強度アセトアミノフェン(海外別名パラセタモール)という鎮痛薬が、害獣に対する毒薬になります。
しかし、あなたは確実にその死体を処分する必要があります。



 上記のコメントを見て、大変共通するものがあることに気がつきました。それは掲示板「生き物苦手板 正しい野良猫の駆除方法」で述べられている猫駆除方法です(私のページのリンク集「生き物苦手板」から「正しい野良猫(害獣)の駆除方法」にお入りください。


悪さする猫をいかに駆除するかを話し合うスレです。

・代表的な駆除剤
★不凍液(車用のラジエタークーラント液の事。LLCと呼ばれている)
★アセトアミノフェン(人間用鎮痛剤の成分)

・捕獲
市販の捕獲器4000円?で捕獲して駆除する方法。駆除の確実性が高い。敷地内か許可を得た場所に設置する。
捕獲した猫は保健所(愛護センター)、役所、警察へ持ち込む。



 米国でも日本でも、放し飼い猫や野良猫の被害に対して、猫駆除をすること主張し、実践している人が少なからずいます。また駆除の方法として自動車の不凍液(エチレングリコール)や市販の鎮痛薬(アセトアミノフェン)、罠による捕獲は日米で共通する手法で、大変驚きました。
 米国は、基本的には私権が強い国です。自分の権利侵害を自分で排除することは正当な行為、自衛という意識が強いのです。それが猫であっても人であっても同様です。ですから日本よりはるかにその方法はドラスティックに行われます。日本ではありえない、都市部でのエアライフル使用による猫駆除も一般的に行われていることがうかがえます。銃刀法の規制がある日本では、まだ猫駆除の方法は穏やかと言えるでしょう。
 また、紹介した米国での記事のコメントでは、野良猫や放し飼い猫の自衛的駆除に対する批判はありませんでした。

 愛誤の常套句「欧米は動物愛護先進国で、虐待殺処分はゼロである。対して日本は動物愛護後進国で虐待や公的殺処分が多い」は大嘘です。米国は、最近の推計でも年間700万頭の犬猫が、いわゆるアニマルシェルター(動物保護施設)で殺処分されています。またスピアフィッシュ市の他、多くの自治体では警察官などによる野良犬猫の射殺駆除が、市中で行われています。さらに一般市民によ野良犬猫等の銃殺駆除やわなや市販薬物による殺害駆除も広く行われています。ですから犬猫の殺処分に実数は、700万頭よりはるかに多いでしょう。
 一般市民による、野良犬猫等の殺害駆除に対して「違法だ」という批判はありませんでした。先に述べた通り、米国は私権が強国です。権利侵害に対して、自衛する権利を認めている国なのです。動物愛護(誤)の名のもとに、不適正飼育で他人の権利を侵して許される国ではありません。


(追記)
 一部翻訳と本文での不正確な箇所と誤字などを訂正しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

米国は日本よりはるかに多くの犬猫の殺処分を行っている国と言うのは有名です。
その情報を愛誤な人は隠したがります。

以前に、某東京都動物愛護推進員のブログで米国では殺処分が少ないと錯誤するような記事があったので、コメントで指摘したところ「私は米国での殺処分数を正確に把握していない」等と逃げ腰のコメントしか返答されませんでした。

動物愛護推進員になっている人物ですらそのようないい加減な知識レベルなのですから、無責任餌やりを行っているBBAなんかは愛誤たちの脳内でしかあり得ない「動物愛護先進国」が本当に存在していると信じているのでしょう。

余談ですが、後にその某東京都動物愛護推進員のブログで「東京都では野良猫のセンター収容を一切行っていない」と嘘のブログ記事がアップされました。
私が「東京都では自立して生きていける成猫等の収容を行っていないだけで、自立できていない仔猫の収容は行っています。」と事実をコメントしたところ、コメント削除+コメント書き込み禁止とされてしまいました。

真実を伝えない動物愛護推進員って一体何なのでしょうね??

話は変わりますがALIVEの野上ふさ子氏が10月10日に乳がんで亡くなったらしいです。
63歳だったそうです。
新左翼の活動家時代から内ゲバを繰り返していたので苦労が大きかったのでしょうかね。

Re: 三二一閣下様

三二一閣下様、コメントありがとうございます。

> 米国は日本よりはるかに多くの犬猫の殺処分を行っている国と言うのは有名です。

英語など外国語で検索しなくても、日本の環境省が米国での犬猫殺処分数の資料を公表しています。
十数年前は、年間2,000万頭の犬猫を殺処分していました。

http://plaza.rakuten.co.jp/nekodamashii/diary/201006290000/
「欧米では、『犬猫殺処分0』は当たり前の事なんです」。

↑この方は、米国留学経験があって、英語に堪能と自分のブログでお書きになっていますが、それも脳内妄想かもしれませんね。
その他「ミニスカ乙女のアニマルポリス」というブログでは「欧米では虐待0、殺処分0です」と明言しています。


> 以前に、某東京都動物愛護推進員のブログで米国では殺処分が少ないと錯誤するような記事があったので、コメントで指摘したところ「私は米国での殺処分数を正確に把握していない」等と逃げ腰のコメントしか返答されませんでした。

正確に把握していなかったならば、ブログで記事にするなって。


> 私が事実をコメントしたところ、コメント削除+コメント書き込み禁止とされてしまいました。

愛誤の常套手段です。


>ALIVEの野上ふさ子氏が10月10日に乳がんで亡くなったらしいです。

行いが悪かったから、天罰が下ったんでしょうね。
しかしこの方が主催するALIVEは、米国での殺処分数を紹介するなど、資料の作成では正確でした。

人まで駆除する痛ましい事件

アメリカで9歳の女の子がスカンクと間違われて撃たれてしまいましたね。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121023/k10015944041000.html

犬猫ではありませんが敷地内に何か動物がいたらズドンが当たり前なんでしょうね。

ハロウィーンという事を考えな方のでしょうか。。

また今回も撃った本人は無罪なんでしょう。

人間を駆除しても無罪な国アメリカ。

日本人としてはそれが正しいとは思えません。

日本で嘘つき愛誤するくらいなら銃規制の活動したらいいのに。


三二一閣下様のコメントで野上氏が左翼だったとこと。

納得です。

愛誤は、左翼カルトの臭いを感じておりました。


間違いを指摘するとコメントを消してコメント禁止にするのは愛誤のひとつの証明になると思います。

このブログを訪れた一般読者もあえて反論的なコメントや質問をしてみると良いと思います。

誠実に答えようとしないブログは愛誤ブログなので信用してはいけません。

Re: 人まで駆除する痛ましい事件

猫糞被害者@名古屋様、コメントありがとうございます。

> アメリカで9歳の女の子がスカンクと間違われて撃たれてしまいましたね。

大変痛ましい事件です。
このような事件が起きるたびにアメリカでは銃規制の世論が高まります。
しかしアメリカでは、「自分は自分で守る。自衛のために銃を持つことは権利」という考えで、なかなか銃の規制は進みません。
特に今回の場合は、撃った側が人と認識していなかったからほぼ無罪になるでしょう。

愛誤は、「欧米は犬猫の虐待(駆除も彼らはそのように言っています)0、殺処分0が当たり前」と言っています。
このような事件があることは愛誤が嘘つきということが賢明な方は理解できるでしょう。
アメリカは私権が強く銃社会です。
私見を侵害する者は、実力行使して排除して良いという風土です。
日本の愛誤は、他人の土地で勝手に迷惑餌やりしても「動物愛護活動だから正当」と喚き「他人の土地で餌やりするのに同意なんていらない」と公に主張します。
また餌やりしている野良猫や放し飼い猫が、他人の土地に入って財物に損害を与えても「クルマのカバーをかけない方が悪い」です。
そして「日本は動物愛護後進国。欧米は動物愛護先進国」と言います。
愛誤の彼らは、では欧米では、他人の土地に入って迷惑な餌やりをしてもお咎めなし、餌やりの権利が守られ、餌やりや放し飼い猫で他人の財物に被害を与えても、動物愛護だから許されるとでも思っているのでしょうか。
本当にバカ、白痴です。
特にアメリカは訴訟社会です。
私権を守る、自衛の意識が高いです。
銃で撃たれなくても、高額な損害賠償や弁護士費用を請求されるでしょう。
アメリカほどではないでしょうが、ドイツでも放し飼い猫による被害の損害賠償請求が認めらる確定判決があります。
ポルシェが隣人の放し飼い猫により傷つけられたというものです。
日本ほど餌やり、不適正飼育者と、所有者のない無管理のペットに対して甘く、保護されている国は例外です。
「動物愛護先進国欧米、殺処分0」としか言えない、壊れたCDプレイヤーのような愛誤は、腐った頭を冷やせと言いたいです。


> 間違いを指摘するとコメントを消してコメント禁止にするのは愛誤のひとつの証明になると思います。

間違いを指摘されたコメントを削除しても、間違いには変わりません。
真実は変わりません。
愛誤は、いつまで妄想に耽っているのか、白痴で事実を理解できないのかわかりませんが、このような異常者が関わっては動物たちへの虐待です。

インターネットが不調な件

私のインターネット接続が不調な件について、多くのアドヴァイスをありがとうございました。

不要なファイルが常に大量に送られてきてIEブラウザにとどまり、そのためIEブラウザが動作しなくなるのです。
そのファイルは無害らしいです。
しかしセキュリティソフトの自動起動設定が解除されていたり、ウイルス自動駆除、アラート機能の設定が解除されていたりしていました。
セキュリティソフトの詳細設定は、わざわざ開かなければならないので、自分で解除するわけがありません。
現在、ブラウザをIE以外のものを使っており、サクサク問題なくインターネットを使用しています。
IEブラウザをアンインストールすると、インターネットバンキングが使えなくなるので不便です。
問題の不要ファイルをブロックすることを考えます。
特定の拡張子を排除する方法をアドヴァイス頂いたので、試してみます。

それまで、パソコンを使用していないときは電源を切ってくこと、それと電源を切る前に不要ファイルを削除します。
システム上の不具合だけが原因ならばいいですが、用心に越したことはないですからね。

No title

さんかくさん
>また餌やりしている野良猫や放し飼い猫が、他人の土地に入って財物に損害を与えても「クルマのカバーをかけない方が悪い」です。
>アメリカほどではないでしょうが、ドイツでも放し飼い猫による被害の損害賠償請求が認めらる確定判決があります。 ポルシェが隣人の放し飼い猫により傷つけられたというものです。

一々言い事が子供じみてるというか…下らない(笑)。餌やりや放し飼いなんて当人の問題。特に放し飼いでこんな事言ってるのは、本当にみっともない。「ご予算に合った違う趣味探しなさいよ」ってだけですよ。

何かこう言う事言われる方達殆どそうなんでしょうが、野良猫に自己投影し過ぎで、ウンザリしますね。常に世の中では自分達が被害者で弱者って発想?。そんなに世の中気に入らなければ、野良猫のコスプレでもして集団自殺でもすれば良いのに。どうせカルト崩れみたいの多勢でしょ?

ポルシェで被害に遭ったら、そりゃ怒るでしょうね。というか、怒らない人が居たら、それはそれで少し変かも(笑)。

「100匹の野良猫より、ポルシェ1台の方が価値がある」。当たり前の事。並行物でも正規物でも(笑)

こんな事を受け入れたら動物愛護では無いと考えるから、カルトだの愛誤だの呼ばれるんですよね。「可哀想な動物全てを救う」と言ってる時点でもう、まがいもの。

Re: taka様

taka様、コメントありがとうございます。


> 一々言い事が子供じみてるというか…下らない(笑)。餌やりや放し飼いなんて当人の問題。特に放し飼いでこんな事言ってるのは、本当にみっともない。

そうです。
「人の迷惑になることをしない」という一言で片付く常識の問題です。
しかし餌やりや放し飼いする人が、屁理屈で憲法まで持ち出したり、大嘘の海外の動物愛護事情を持ち出して正当化しようとします。
常識が通用する人たちであれば、野良猫や不適正飼育の問題は日本では生じていません。


>野良猫に自己投影し過ぎで、ウンザリしますね。常に世の中では自分達が被害者で弱者って発想?。

それは感じます。
日本の動物愛護政策がそんなに気に入らないのならば、理想の動物愛護国に移住帰化するとか、無人島でも買い占めて理想の動物愛護国を作ればいい。


> ポルシェで被害に遭ったら、そりゃ怒るでしょうね。というか、怒らない人が居たら、それはそれで少し変かも(笑)。

ブログなどで「クルマの被害を言うなんて動物愛護後進国の日本だから。カバーをかけない方が悪い」と堂々と書いていて自分が正常だと思っているのが怖いです。
自分が餌やりしている野良猫とか、放し飼い猫が他人の土地に置いてあるクルマを傷つけて、傷つけられた方に落ち度があるなんて国は皆無です。
そのような動物愛護(誤)先進国があるのならば、例示していただきたいです。

No title

さんかくさん。
>「人の迷惑になることをしない」という一言で片付く常識の問題です。

餌やりでも中には自分が同じ事されると、すぐに大騒ぎすのも居るんですよね。私の自宅が被害に遭ってた時に、どうしても餌やり行為止めなかった家の人間はワザワザ他人の家の裏等でも餌やってた人間で、ウチの奥さんが限界に達して同じ事を相手にやりました。1週間毎朝、その家の玄関前に、「宜しければ残り物ですがウチの分も野良ちゃんにあげて下さい」とメモと生ゴミ置いて(笑)

それで、最後の2日間連続で近所のラーメン店から、豚の骨貰って来て、猫飼ってる知り合いから、ブラッシングした毛を大量に貰って。それで骨砕いて、パックで売ってる牛肉と猫の毛混ぜて置いたら、すぐに自分で警察呼んで騒いでくれましたよ(笑) 近所の人達も笑ってましたね。「もっと頭おかしくなっちゃうんじゃないの?」って(笑)

これで引っ越して行ったから良かったですけどね。私はこれでまだ開き直って餌やり続けたら、精神的に完全に壊れるまでは勿論、社会的、金銭的にもとことん追い込んでやろうと思ってましたね。

そういう意味ではこちらの読者さんは皆さんお優しいですよね(笑) 自分は野良猫どうのよりも、何なら本人が自殺でもしてくれれば話が早いのにと思いましたから。どこへ引っ越しても同じ事やるでしょうしね。

>常識が通用する人たちであれば、野良猫や不適正飼育の問題は日本では生じていません。

家の周りに猫避け置きまくってる様な人達でも、「猫そのものが死ぬ程嫌い」という方はウチの周りは聞かないですね。野良猫被害で相当怒ってた方も、「猫ちゃん元気? 今度見せてね」とか言って来ますよ。実際そんなもんじゃないですか?(笑)

>理想の動物愛護国に移住帰化するとか、無人島でも買い占めて理想の動物愛護国を作ればいい。

他人の事はどうでも良いって開き直る人間は最後はどんな事しても追い出すだけ。いちいち手間掛けさせるなと思いますよ。別に原因が野良猫じゃなくても同じ事ですよ。 本当にたかだか野良猫の事で、保護にしても、飼育にしても他人と揉めなければ出来ないって、完全に本人の人間性の問題ですよねえ。

限界まで我慢させて、問題解決の選択を狭くしたのは、野良猫に関して言えば、どっからどう見ても、世の中のせいでは無くてこういう連中本人ですよ。結論なんかとっくに出てますよ。

Re: taka様

taka様、コメントありがとうございます。

> 餌やりでも中には自分が同じ事されると、すぐに大騒ぎすのも居るんですよね。

「写真を撮ってやりたい」と思っている愛誤な方がいます。
兵庫県芦屋市山手町というところで、芦屋市内でも最もセレブな部類の街の住民です。
豪邸に住む、60歳代と思しき派手派手な誤婦人が、毎朝門扉の前で大量の野良猫の餌をやっています。
その邸の前には「ここで犬の小便をさせないでください」という看板が5枚立てています。
この愛誤なオバサンは、野良猫を集めて、近隣に迷惑をかけているという認識はないのでしょうね。


>ウチの奥さんが限界に達して同じ事を相手にやりました。
>警察呼んで騒いでくれましたよ(笑) 近所の人達も笑ってましたね。

愛誤な方は、客観的に物事を見ることができないのです。
飼い犬の散歩の時に、小便させたり糞を放置すれば迷惑でしょう。
それと同等以上に、野良猫に餌をやってそれにより野良猫があつまり、近所で糞尿被害が生じるのは迷惑です。
でも野良猫愛護誤は「私がしていることは野良猫の命を守るという崇高な行為」で、正当化してしまうのでしょう。
迷惑を受けている人いとってはどちらも同じです。
物事を客観的に見ることができない=バカ、ということです。


> 家の周りに猫避け置きまくってる様な人達でも、「猫そのものが死ぬ程嫌い」という方はウチの周りは聞かないですね。

猫が嫌いなわけではなくて、猫による被害が耐え難いのです。
でも愛誤な方はこう言います。
「猫嫌い=動物愛護精神がない=動物虐待者、変質者=そのうち人の子を殺す犯罪予備軍」。
「犯罪予備軍を攻撃しても正当な行為、変質者の言うことなどに耳を傾ける必要はない」。
だから話になりませんね。
でも私の支持者の方で、猫適正飼育者の方は大勢おられます。
私も猫飼っていたことがありますし。


> 他人の事はどうでも良いって開き直る人間は最後はどんな事しても追い出すだけ。いちいち手間掛けさせるなと思いますよ。別に原因が野良猫じゃなくても同じ事ですよ。

野良猫愛誤の場合は、「野良猫の命を守る崇高な行為」で自己正当化します。
だから単に迷惑行為をしている人と比べて聞く耳持たないから、さらにたちが悪いです。


> 限界まで我慢させて、問題解決の選択を狭くしたのは、野良猫に関して言えば、どっからどう見ても、世の中のせいでは無くてこういう連中本人ですよ。

いや、まだまだ世間は野良猫愛誤に対して甘いです(涙。

No title

>この愛誤なオバサンは、野良猫を集めて、近隣に迷惑をかけているという認識はないのでしょうね。
>野良猫愛護誤は「私がしていることは野良猫の命を守るという崇高な行為」で、正当化してしまうのでしょう。
>迷惑を受けている人いとってはどちらも同じです。
>物事を客観的に見ることができない=バカ、ということです。

想像力のなさは愛誤の特徴と言っていいでしょうね。
代わりに妄想力だけは腐るほどお持ちのようですが。

>愛誤な方はこう言います。
>「猫嫌い=動物愛護精神がない=動物虐待者、変質者=そのうち人の子を殺す犯罪予備軍」。
>「犯罪予備軍を攻撃しても正当な行為、変質者の言うことなどに耳を傾ける必要はない」。

「猫嫌い」を「猫狂い」に置き換えてみても違和感がないばかりか、寧ろしっくりきます。
愛誤の言動には動物愛護精神など感じられません。
自己満足のためだけに不幸な命を延々と作り出すなど正に虐待行為。
夜中にアイスピックや金属バット抱えて人を襲撃する事を考えたり、意味不明なメールや書き込み、電話やFAX送信など変質者のような行動。
そして、多数の迷惑行為や犯罪行為、傷害や殺人事件。
完全に愛誤自身のことですね。
こんな危険で有害な連中をいつまでも野放しにしないで頂きたいものです。

Re: 迷惑餌やり反対派様

迷惑餌やり反対派様、コメントありがとうございます。

> 想像力のなさは愛誤の特徴と言っていいでしょうね。
> 代わりに妄想力だけは腐るほどお持ちのようですが。

芦屋山手町のオバサンの家ですが、かなり大きく目立つ「ここで犬に小便をさせるな」と言う看板を5つぐらい立てており、ちょっと異様な感じです。
私は「この家の方は、ペットの糞尿に対して神経質なのだろうな」と思っていました。
ある朝、その家の前を通りかかると、派手なオバサンが門の前で野良猫数匹に餌をやっていました。
「ここで犬の小便をさせるな 」の看板の真ん前で野良猫への餌やりをしている光景はかなり滑稽です。
自分が餌をやっている野良猫の糞尿被害に想像が及ばないのでしょうね。


> 夜中にアイスピックや金属バット抱えて人を襲撃する事を考えたり、意味不明なメールや書き込み、電話やFAX送信など変質者のような行動。

普通に考えれば、かなり異常な行動ですよ。
でお彼らは「野良猫の命を守るための崇高な行為」なんでしょう。

No title

さんかくさん。
>「写真を撮ってやりたい」と思っている愛誤な方がいます。
兵庫県芦屋市山手町というところで、芦屋市内でも最もセレブな部類の街の住民です。
>「ここで犬の小便をさせるな 」の看板の真ん前で野良猫への餌やりをしている光景はかなり滑稽です。 自分が餌をやっている野良猫の糞尿被害に想像が及ばないのでしょうね。

想像力欠如してる完全に頭おかしい人かも知れませんが、それは何だか、「ここに野良猫を捨てないで下さい」って張り紙張ってカモフラージュ?(笑)して、敷地内で餌やりするパターンに似てますね。

そういう場所見た事ありますけれど、でも、豪邸では無かったですね。胡散臭い建設関連だか、宗教関連会社だった様な気がします。自分も今度写真撮って来ようかな(笑)

> いや、まだまだ世間は野良猫愛誤に対して甘いです(涙。

もう、高齢者同士の事件まで起きてるんだから、いい加減にしろと思いますよ。これでもまだ、野良猫保護側から、「住宅地での毎日の餌やり行為は如何なる場合もトラブルのもとです」位の言葉が大きく出てこないなら、野良猫ボランティアなんて人間としては見られない。去勢して譲渡するだけしか出来ない運動体なんて、要らないんじゃないでしょうかね。パターンは違っても給餌という行為が問題になれば、アメリカだって「安易に餌やるな」とTVでやるでしょ。

「一体、よその国の動物愛護の何を見てんの?」と本当に思いますよ。




さんかくさん。
>「写真を撮ってやりたい」と思っている愛誤な方がいます。
兵庫県芦屋市山手町というところで、芦屋市内でも最もセレブな部類の街の住民です。
>「ここで犬の小便をさせるな 」の看板の真ん前で野良猫への餌やりをしている光景はかなり滑稽です。 自分が餌をやっている野良猫の糞尿被害に想像が及ばないのでしょうね。

想像力欠如してる完全に頭おかしい人かも知れませんが、それは何だか、「ここに野良猫を捨てないで下さい」って張り紙張ってカモフラージュ?(笑)して、敷地内で餌やりするパターンに似てますね。

そういう場所見た事ありますけれど、でも、豪邸では無かったですね。胡散臭い建設関連だか、宗教関連会社だった様な気がします。自分も今度写真撮って来ようかな(笑)




No title

>猫が嫌いなわけではなくて、猫による被害が耐え難いのです。
でも愛誤な方はこう言います。

本当に殺したい程憎かったら、猫避けなんか置いてないでしょうねえ。私は飼育初める時に挨拶回りしましたね。万が一の時にはご迷惑お掛けしてしまう事もありますので。皆さん親切ですよ。

>「猫嫌い=動物愛護精神がない=動物虐待者、変質者=そのうち人の子を殺す犯罪予備軍」。

あのですねえ、今の子供は考えてる程馬鹿じゃないんですよ。真夏でもマスクして一年中花粉症対策してる様な見成りで、自転車で徘徊してる様な人間がどんな人間かある程度は知ってるんですよ。

それに向こうのガキはチャットやツィッターで暇持て余してる時に「ああ、暇だあ。まるで野良猫の餌やりおばさんになったみたい」と言う子まで居ますよ(笑)

Re: taka様

taka様

> 「ここに野良猫を捨てないで下さい」って張り紙張ってカモフラージュ?(笑)して、敷地内で餌やりするパターンに似てますね。

餌遣りしているから、捨て猫されるのでしょう。
地域猫の活動地域でも、必ず「捨て猫禁止」の看板が立っていますw


> 自分も今度写真撮って来ようかな(笑)

芦屋山手町の愛誤オバサンは絶対写真撮影したいけれど、前面道路が狭くて交通量が少ないから怪しまれてしまう。


>高齢者同士の事件まで起きてるんだから、いい加減にしろと思いますよ。違っても給餌という行為が問題になれば、アメリカだって「安易に餌やるな」とTVでやるでしょ。

それ以前に、アメリカの場合は、餌やっている猫が他人の土地に入って被害を及ぼしたら、その土地の所有者にエアライフルで撃たれても文句を言えないでしょう。
日本は他人と自分の権利義務の線引きががあいまい。
しかしアメリカでも、野良猫への給餌はかなり社会問題になっているでしょうね。
アニマルホーダーに関する情報はネット上でも大変多いですし、takaさんが紹介された、猫基地害オバサンのフィギュアとか。
アメリカ人はジョークが好きですけど、餌やりの被害が一般的だというあらわれでしょう。


> 「一体、よその国の動物愛護の何を見てんの?」と本当に思いますよ。

見ていないですw
愛誤ブログで海外の動物愛護事情を取り上げているものは、多方がその情報は嘘です。
個人ブログとは言え、海外の動物愛護に関して記事を書くのならば、情報収集をきちんとしてただきたいです。
多分、ドイツでもアメリカ、イギリスでも、その国のニュースソースや法令の原文なりを読んでいる人は皆無に近いでしょう。

いくつかの愛誤ブログで目にした「ドイツでは、50年間生息した外来生物は在来生物としてみなす」というのは、多分日本人の捏造でしょう。
ドイツ語で検索しても、そのようなソースは見つかりません。
ドイツは、どちらかといえば環境や生態系保護にうるさい国です。
外来生物の駆除は、かなり過激にしています。
AIGO USO800


Re: taka様

taka様

>私は飼育初める時に挨拶回りしましたね。万が一の時にはご迷惑お掛けしてしまう事もありますので。皆さん親切ですよ。

わが町内では、過激野良猫餌やりオバサンがいて、猫被害が大きな問題になっています。
でも適正飼育して室内飼いしている人に対しては好意的です。
でも愛誤はすぐに「猫嫌いだから~動物愛護精神がない~虐待魔~犯罪予備軍」と飛躍します。


> それに向こうのガキはチャットやツィッターで暇持て余してる時に「ああ、暇だあ。まるで野良猫の餌やりおばさんになったみたい」と言う子まで居ますよ(笑)

日本でも、そのうち餌やり基地害オバサンのフィギュアが発売されるかも。
「付属の猫20匹。付属の野良猫も増やせます。本物と異なり、悪臭はしませんw」とか。
それも記事で紹介しようかな。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR