fc2ブログ

「no-kill(殺処分ゼロ)を達成した」とされているアメリカ、デラウェア州の犬猫殺処分数は人口比で日本の10倍以上







Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(summary)
Defining no-kill animal shelters and communities.


 記事、
カナダ、ケベック州の年間犬猫殺処分数は人口比で日本の303倍
日本の人口比で数10倍~数百倍の犬猫を殺処分している国が「殺処分ゼロ」というデマ
no-kill 「殺処分ゼロ」を国レベルで達成した国はおそらく日本の犬だけ
の続きです。
 「日本は犬猫の殺処分が世界で最も多い国」という真逆のデマが、繰り返し拡散されています。犬猫の殺処分の実数では、日本は国際比較で最も少ない部類の国です。アメリカの no-kill(殺処分ゼロ)の定義「傷病危険性がある動物の安楽死は10パーセントまで許容できる。保護した動物に飼主の返還譲渡を行う率が90パーセント程度ならば no-kill(殺処分ゼロ)と認める」を国レベルで達成したのはおそらく日本の犬だけと思われます。今回は「殺処分ゼロを達成した」として絶賛されているデラウェア州の殺処分の実態について述べます。同州の犬猫殺処分数は、直近では日本の人口比で10倍以上です。



 前回記事では、アメリカの動物保護団体のno-kill(殺処分ゼロ)の定義について述べました。それは「傷病と危険性がある動物の安楽死は10パーセントまで許容できる。保護した動物に飼主の返還譲渡を行う率が90パーセント程度ならば個別の保護施設と共に、行政単位であっても no-kill(殺処分ゼロ)と認める」です。「日本の犬猫殺処分数は世界一多い」という真逆の、デマが繰り返し拡散されていますがとんでもない話です。おそらくこの、no-kill(殺処分ゼロ)の定義を国でほぼ満たしたのは、日本の犬だけが該当すると思います。世界的には例外です。

 2019年に、アメリカのデラウェア州がアメリカで初の「殺処分ゼロ州になった(つまり2018年に達成)」と報じられました。それを絶賛する日本の報道が多数あります。それに同調する愛誤らも多数あり、決まりごとの「日本は動物愛護後進国ですぐに犬猫を殺す。対して動物愛護先進国の欧米では」と投稿がのネット上でなされました。しかしデラウェア州の直近の犬猫殺処分数は人口比で、日本の10倍以上も多いのです。また殺処分数は2018年から2020年にかけて15%も増加しました。殺処分数を年々確実に減らしていいる日本とは対照的です。それを報じるニュースソース等を例示します。


Last Updated: March 21, 2023 Author: Celia Miller Animal Shelter Statistics 「最終更新日: 2023年3月21日著者:セリア・ミラー アニマルシェルターの統計」 2023年

(in Delaware) 16,271 animals entered shelters in 2020.
7.2% are euthanized or die in shelter care.

デラウェア州では、2020年には16,271頭の動物(犬猫)が動物保護施設に収容されました。
そのうちの7.2%が合安楽死させられたか、施設内で死にました(註 つまり1172頭の犬猫が安楽死された)。



Delaware becomes first no-kill state after saving over 90% of its shelter animals, according to nonprofit

Delaware boasts a 92.9% save rate, meaning about 12,000 of the approximately 13,000 pets in its shelters were saved.
Best Friends Animal society defines "saved" as if the pets are "returned to their owners or provided with expert care and safe places to call home."

デラウェア州は 92.9%の救出率を誇り、アニマルシェルターに収用されている約13,000頭のペットのうち、約12,000頭が救出されたことになります(註 つまり「救出」された動物数は1,000頭)。
ベストフレンズ動物協会(註 動物保護団体)は、「救出」とは、ペット(犬猫)が「飼主の元に返還されるか、ペットの扱いに習熟したと言える者により世話と安全な家を提供されること」と定義しています。



 このように、「no-killを達成したアメリカではじめての州」と本国でも称賛され、日本でも同様に報道されて愛誤がその論調に同調したデラウェア州です。同州は、2020年(わかる限り最新の統計)の犬猫の安楽死(殺処分)数は1172頭です。この数は2019年から15%も増えています。2019年に、数字を見せかけでよくした反動があったのかもしれません。実は、デラウェア州(人口:989,948人)の2020年の犬猫殺処分数の1172頭は、日本(人口:1億2,445万人)の、2021年度の犬猫殺処分数14,457頭の人口比で10倍以上多いのです。(*)

 no-kill(殺処分ゼロ)の定義は、殺処分率のみならず、殺処分の数も重要だと私は思います。母数が多ければ、殺処分率低くても殺処分数は多くなります。母数が多いということ=「アニマルシェルターに収用される犬猫が多い」は、決して動物福祉の見地から良いとは言えません。背景には不適正飼育者による虐待飼育、飼育放棄、捨て犬猫、野良犬猫の自然繁殖があるからです。その点、保護される犬猫数が少ない日本の殺処分の少なさ、率の低さと共に評価される点でしょう。
 日本では「殺処分ゼロを達成する目的で公的施設が犬猫の引き取りを拒否する」という問題はあります。しかしアメリカのアニマルシェルターにおいても「殺処分数」を少なくするために猫の引き取りを拒否し、その代替としてTNRを行うことが横行することが問題になっています。

(*)
犬・猫の引取り及び負傷動物等の収容並びに処分の状況(動物愛護管理行政事務提要より作成)


(画像)

 杉尾ひでや 参議院議員 長野県選出のXの投稿から。

 繰り返しこのデマ投稿は拡散されます。「ペットの殺処分数が世界一(多い)」という、真逆のとんでもないデマ以外も、このリストは他でもほぼデマです。それと「国の借金が世界一」では、対GDPなのか絶対的な金額なのかでも異なってきます。金額では、アメリカが財政赤字額が最も多いです。農薬使用量でも国全体なのか単位面積当たりなのかで異なります。単位面積では中国が世界一です。本当にこの投稿は「ひでーや」w

杉尾ひでや


(動画)

 Delaware becomes first no-kill state for shelter animals in the US 「デラウェア州はアメリカ合衆国で最初の『殺処分ゼロ』州になる」 2019年8月13日

 「デラウェア州がアメリカ合衆国で最初の『殺処分ゼロ』州になった」と、各大手メディアもこぞって絶賛する報道を行いました。しかし3年余りで同州の殺処分数は15%も増えました。更に同州の2020年の犬猫殺処分数は、人口比で日本の10倍以上です。




デラウェア州 ノーキル達成 の検索結果。

 「アメリカ、デラウェア州はノーキルを達成した」と、日本の愛誤も絶賛しています。しかし同州の犬猫殺処分数は人口比で日本の10倍以上です。「日本は動物愛護後進国」と、口汚くののしる同じ口から言えることですか?
スポンサーサイト



高位推計で年間10万頭の飼犬を警察官が射殺しているアメリカ






Please send me your comments.  dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de)
メールはこちらへお寄せください。  dreieckeier@yahoo.de

(summary)
Puppy Paw PuppycideDB has recorded 2944
Although we suspect the actual number is much higher.


 アメリカ合衆国では警察官が犬猫を職務で射殺する数は大変多く、頻繁に報道されます。また動画も多数公開されています。アメリカではドイツのような、警察官の銃撃に関する公的な統計はありません。2018年にはアメリカ連邦司法省が「アメリカ全土で警察官が職務で飼犬(野良犬=無主物は含まず)を射殺する数は年間10,000頭」と推定しています。しかしニューハンプシャー大学によれば「実際の数ははるかに多く、6桁(10万頭)に達する可能性もある」としています。


 サマリーで示した、アメリカ合衆国全土における、警察官が職務中に飼犬(野良犬=無主物は含まない)を射殺する数に関する、ニューハンプシャー大学法学部の資料から引用します。


More than Just Collater e than Just Collateral Damage: P al Damage: Pet Shootings b et Shootings by Police 「ニューハンプシャー大学 法学概説 巻き添え被害だけではない:警察によるペットの射殺事件」 2018年

The Department of Justice estimates that American police officers shoot 10,000 pet dogs in the line of duty each year.
It is impossible to ascertain a reliable number, however, because most law enforcement agencies do not maintain accurate records of animal killings.
The tally may be substantially higher, and some suggest it could reach six figures.
Studies show that some officers shoot pets unnecessarily, recklessly, or in retaliation, and that subsequent civilian complaints are investigated inadequately.
Moreover, not every animal that police officers shoot is a large dog that may be more likely to pose a genuine risk to human safety.
Police claiming a threat to human safety have shot puppies, Chihuahuas, Miniature Dachshunds, and domestic cats, among other pets.
In some tragic cases, bullets missed their nonhuman targets and injured or even killed human bystanders instead.

アメリカ連邦司法省は、アメリカの警察官が職務中に毎年1万頭の飼犬(ペット犬のみの数字。野良犬=無主物の数は含まない)を射殺していると推定しています。
しかしほとんどの警察等の法執行機関は動物の殺害の正確な記録を保管していないために、信頼できる数を確認することは不可能です。
この数字はさらに大幅に多くなる可能性があり、6桁(つまり10万頭)に達する可能性があると示唆する人もいます。
研究によると一部の警察官は不必要で無謀な、まさらには仕返しとしてペットを射殺し、その後のペット(犬)の飼い主の民間人の苦情は十分に調査されていません。
その上警察官が射殺するすべての動物が、人間の安全に真に危険をもたらす可能性が高い大型犬であるわけではありません。
警察は人間の安全への脅威であると主張して子犬、チワワ、ミニチュアダックスフント、飼猫などのペットを射殺しました。
いくつかの悲劇的なケースでは弾丸が人間以外の犬等の標的を外れ、代わりにそばにいる人間を負傷させたり、死亡させたりすることすらありました。



 近年アメリカ合衆国では犬猫のノーキル運動の機運が盛り上がり、犬猫の殺処分数が劇的に減っています(しかしながら人口比では同年度では日本の十数倍あります)。仮に飼主がいる犬だけで年間10万頭の犬を警察官が職務で射殺しているとなれば、公的な殺処分(警察官=公務員が法律にのっとり職務権限で行っている殺処分であり、継続的でかつ相当数があるため)であり無視できない数です。(*)アメリカ合衆国の2018年の犬猫殺処分数は150万頭ですので、警察官による犬の射殺を足せばそれよりも7%近く増えることになります。
 ちなみに日本では警察官が犬を射殺することは極めてまれです。探してみたところ最近10年間では、2015年に千葉県の例が一件あるのみです。(*1)

(*)
Pet Euthanasia Has Declined Sharply In The U.S. 2018

(*1)
警察 犬 射殺


 その他には、例えばドイツは連邦政府が詳しく警察官による銃器の使用に関する統計を公表しています。2019年にはドイツ全土で警察官が犬など(犬以外の動物も含めた数。例えば猫はしばしば報道されますし、動物園やサーカス団から遁走した動物や、高速道路で自動車事故に遭い、道路上を暴走しているシカなどの警察官に射殺されています。しかし報道されるのは殆どが犬ですので、犬が多いと思われます)を射殺した数は1万5,000頭を超えています。
 次回以降の記事では、それ等について述べます。犬猫の殺処分数はそれぞれの国により制度が異なります。国際比較ではそのような点も考慮しなければならないと思います。


(動画)

 GRAPHIC CONTENT WARNING: Bodycam Footage of Lorain Police Officer Shooting Dog 「この動画に含まれる映像に関する警告: ロレイン警察の犬に対するのボディカメラ映像」 2023年7月6日

Lorain, Ohio — On Sunday, July 2, 2023, in the 700 block of Oberlin Avenue, near West 8th Street, Lorain police officer Elliot Palmer patrolling the area saw five large, yellow dogs running loose through several residents’ yards and on the sidewalk, and none of them were leashed, he wrote in his report.
The bodycam footage shows a woman trying to hold onto two other dogs by their tails, and one of the dogs named Dixie gets away from her and runs towards Palmer.
He then fires his weapon at the dog multiple times.
The Kernses have threatened to sue the Lorain Police Department in the wake of Dixie's death.

オハイオ州ロレイン — 2023年7月2日日曜日に、西8番街近くのオバリン通り700番地で、地域を巡回中のロレイン警察のエリオット・パーマー警察官は、住民の庭や歩道で数頭の黄土色の5頭の大型犬が放し飼いにされているのを目撃しました。
そしてそれらの犬のいずれにもリードがされていなかったと、エリオット・パーマー警察官は報告書に書いています。
(警察官の)ボディカメラの映像には、女性が他の2頭の犬の尻尾をつかもうとして捕えようとしている様子が映っており、そのうちの1頭のディクシーという名の犬が女性から離れて、パーマー警察官に向かって走っている様子が映っています。
その後、パーマー警察官は犬に向かって複数回銃を発砲しました。
犬ディクシーの飼主のカーンセス夫妻は、ディクシーの死を受けてロレイン警察署を訴えると脅していました。





(動画)

 Officer Shoots 2 Dogs Who Were Attacking Man in Lancaster 「ランカスターで男性を襲った犬2頭を警察官が銃撃」 2023年5月24日

Columbus, Ohio — On May 21, 2023, at approximately 6:50 pm, while officers were in the area of the 400 Block of E. Walnut St. at an unrelated call for service, they heard a male yelling for help
Officers observed the man who was allegedly attacked by two dogs.
After the canines continued their behavior and charged the officers, one of the officers stopped the charge by shooting both animals.

オハイオ州コロンバス — 2023年5月21日午後6時50分頃、警察官らがE.ウォルナットストリート400地区付近で無関係の救助要請を受けていたところ、男性の助けを求める叫び声を聞きました。
警官らは2匹の犬に襲われたとされる男性を見ました。
犬たちがさらに行動を続けて警察官らに突進してきた後に、警官の1人が2頭とも犬を射殺してそれを止めました。





(動画)

 WEB EXTRA: Miami-Dade Officer Fatally Shoots Dog In Miami Gardens 「マイアミ・デイドの警察官がマイアミ・ガーデンで犬を射殺しました」 2022年1月15日

A home surveillance camera captured a Miami-Dade police officer discharging his weapon six times on a dog, killing him while responding to a call.

住民の家の防犯カメラには、マイアミ・デイドの警察官が通報の応答中に犬に6回も銃を発砲し、犬を殺害した様子が撮影されていました。


アメリカで警察官が射殺した飼犬の数は約3,000頭。実数はその数倍〜2014年の民間調査






Please send me your comments.  dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de)
メールはこちらへお寄せください。  dreieckeier@yahoo.de

(summary)
Puppy Paw PuppycideDB has recorded 2944
Although we suspect the actual number is much higher.


 アメリカ合衆国では警察官が犬猫を職務で射殺する数は大変多く、頻繁に報道されます。また動画も複数公開されています。アメリカではドイツにように、警察官の銃撃に関する公的な統計はありません。2014年に民間団体が警察官が飼犬を射殺した数を証拠に基づいて集計したところ、2,944件ありました。実数はこの数倍と推測されています。しかもこれは飼主の申告等によるものですので、野良犬の数はほぼ含まれていません。なおドイツでは連邦警察が警察官による銃撃の統計を公表しており、2019年には犬猫などの動物の射殺数は1万5,000件を超えています。


 サマリーで示したとおり、アメリカ合衆国では飼犬が警察官に射殺されたという報道が頻繁にあります。しかしアメリカでは、警察官の銃撃に関する公表された統計はありません(ドイツでは毎年連邦警察が統計を公表しています)。
 2014年に民間団体が飼主の申告と報道などの証拠に基づき、警察官が飼犬を射殺した数の集計を行いました。その数は2,944件でした。実数はその数倍と推測されています。また野良犬や迷い犬の射殺数はほぼ把握できません。以下に、それを報じる当該民間団体のサイトから引用します。


The Puppycide Database Project The first nationwide database tracking police shootings of animals. 「 犬殺しに関するデータベースプロジェクト 動物に対する警察の銃撃を追跡する初のアメリカ全土のデータベース」 2014年(キャッシュコピー)

Puppy Paw PuppycideDB has recorded 2944
acts of violence against animals.
The numbers have been kept secret: experts tell us that every year somewhere between several hundred to several thousand pets are killed by police (although we suspect the actual number is much higher).
The Puppycide Database Project aims to correct this deficit of information by providing a high quality database of every police shooting of an animal in the US.

Puppy PawPuppycideDB(民間の警察官の犬の射殺について調査集計している団体)は警察官による2,944頭の犬の射殺を記録しました
動物に対する暴力行為。
(アメリカでは警察官によるペットへの銃撃の)数は非公開です:専門家は、毎年数百から数千のペットが警察によって殺害されていると私たちに言っています(実数ははるかに多いと思われますが)。

Puppycide Database Projectは、アメリカで警察が動物を射殺した全てに関する高精度のデータベースを提供することにより情報不足を是正することを目的としています。


 この2,944頭という警察官が飼犬を射殺したという数字ですが、民間団体が報道や飼主の申告等の証拠に基づいて集計した数字です。実数はその数倍はあると推測されています。また野良犬や迷い犬は飼主からの申告がなく、また報道されることもほぼありませんのでほぼ含まれません。野良犬迷い犬の数も含まれば、さらに多くなります。「2,944頭が警察官に射殺された」犬の数は、氷山の一角と言えます。
 事実、アメリカ合衆国では頻繁に飼犬が警察官に射殺されたという報道があります(Police officer Dog shooting 「警察官 犬 射殺(1ヶ月以内)」)。また複数の動画も公開されています。そのいくつかを以下に示します。


Off-duty Bucks Co. officer shoots pet of neighbor Philly officer after dog fight 「飼犬同士の喧嘩で、非番のバックスカウンティー署の警察官が近所のフィラデルフィア署の警察官の犬を撃ちました」 2012年10月4日

 偶然向かい同士で異なる署の警察官が住んでいて、彼らの飼犬はしばしばケンカをしていました。火曜日に犬の喧嘩が始まり、バックスカウンティー署の警察官はその日は非番で、フィラデルフィア署の警察官の犬を撃ちました。撃たれた犬は現在治療を受けています。


Monroe Police: Officer shoots, kills dog after mother, child attacked near bus stop 「ノースカロライナ州モンロー署の警察官が、バス停で母親と子供らを襲った犬を射殺した」 2021年10月5日

 スクールバスのバス停付近で、ジャーマンシェパードとピットブルの雑種が徘徊していました。5歳の子どとも母親が犬に襲われたために、警察官は犬を射殺しました。


Cuyahoga Falls police officer shoots 'aggressive' dog while searching for suspect 「カイヤホガフォールズの警察官が容疑者を捜している間に「攻撃的な」犬を射殺しました」 2021年10月7日

 アメリカ、オハイオ州の事件。捜査令状により女性容疑者を探している職務中に、繋留していない犬が警察官を吠えて追いかけてきたので警察官はその犬を撃ちました。


 以上のように、アメリカ合衆国では頻繁に「警察官が犬などを射殺した」事件が報道されます。なお2016年には、アメリカ連邦裁判所では「警察官が令状に基づく捜査中に、被疑者の犬が動いたり吠えたりした場合射殺するのは合法。アメリカ合衆国連邦憲法の財産健の侵害には当たらない」という判決が確定しています(*)。つまりアメリカでは職務中に飼犬を射殺された場合は、物的損賠の補償はほぼないということです。州最高裁でも、警察官が飼犬を射殺した件では、慰謝料請求は棄却されています。

(*)
Federal court rules police can shoot a dog if it moves or barks when officers enter a home 「連邦裁判所は警察官が家宅捜索の際に犬が動いたり吠えたりすれば、警察が犬を撃つことができると判決しました」 2016年2月27日

 しかし驚くほどのデマを流している愛誤活動家がいます。愛誤弁護士の渋谷寛氏です。氏は、明治大学法曹界 会報(平成14年5月30日発行)に掲載 ペット法学会に参加して 弁護士 渋 谷  寛 で、次のように記述しています。
 「ペットに関する我が国の法的な感性は欧米に比べてそうとう遅れていうるといえましょう。今後我が国においても動物の法律上の地位を可及的に人間と同等に向上させるべきであると考えています」。日本が警察官が捜査中に。犬を射殺することが今まであったでしょうか。なお渋谷寛弁誤士は欧米出羽守、ドイツ出羽守で、特にドイツが狂信的にお好きなようですが、ドイツの法制度等に関しての記述発言は、私が知る限りすべて真逆の大嘘大デマしかありません。渋谷寛弁誤士は、ドイツに関する原典を読んだことは一切ないと思われます。発言等は私が知る限り、妄想に等しいです。ちなみにドイツは連邦警察が警察官の銃撃の統計を公表していますが、2019年の犬などの銃撃数は1万5,000件を超えています。


(動画)

 SAPD officer shoots, kills chihuahua, residents claim 「テキサス州サンアントニオ署の警察官がチワワを射殺したと住民は主張しています」 2019年3月1日



アメリカの犬の死因の71%は安楽死であり、アニマルシェルターでの殺処分数は人口比で日本の46倍






Please send me your comments.  dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de)
メールはこちらへお寄せください。  dreieckeier@yahoo.de

(summary)
About 75 percent of the cause of death in the US of dogs are euthanized by a veterinarian (lethal disposal).


 記事、
イギリスの犬の死因の8割は安楽死~「殺処分数」の国際比較は無意味
続・イギリスの犬の死因の8割は安楽死~「殺処分数」の国際比較は無意味
日本では飼主が犬の安楽死を獣医師に依頼することはほぼない根拠~「殺処分数」の国際比較は無意味、の続きです。
 「日本は犬猫の殺処分数が多い動物愛護後進国だ」と主張する方が大変多いです。しかしそのような方に限って「殺処分」の定義を明確にしていません。殺処分の定義が不明確なまま感覚的に、さらに原典も調べずに「日本は犬猫の殺処分数が多い」と非難する人が多いのです。しかしアニマルシェルター(公営私営含めて)での犬猫の殺処分数に限っても、ヨーロッパでは人口比で日本の数十倍の国がいくつかあり、北米ではアメリカは約18倍、カナダの犬の殺処分数は約380倍です。アニマルシェルターでの殺処分数がありながら、公開を行っていない国(ドイツなど)があります。また民間人ハンターや警察官による合法的な駆除、統計に表れない飼い主が獣医師に依頼する安楽死を殺処分数に含めれば、殺処分数の正確な数の国際比較はほぼ不可能です。例えばアメリカの犬の死因の71%が飼い主が獣医師に依頼する安楽死です。しかもアニマルシェルターでの殺処分数は犬は67万頭で、人口比で日本の46倍です。殺処分の実数は大変多いです。



 連載記事では、公表された「公的なアニマルシェルター(日本ではいわゆる「動物愛護センター」などという名称の公的な犬猫の動物収容所)内での犬猫殺処分数」だけで国別の殺処分数を比較することは無意味である理由を述べました。国により犬猫の殺処分の法律制度が大きく異なるからです。例えば、公的なアニマルシェルターでの公的殺処分がありながら非公開で公的な統計がないドイツがあります。野良犬猫は公的なアニマルシェルターに収容しても、飼主からの引き受けを行わず、民間シェルターで引き受ける国(ドイツ、イギリス)では、民間での殺処分は相当数行っていますが、その数値は「寄付金集め」のために低く公表されることが多く、信頼性が低いのです。また非公開の施設も多いです。
 アニマルシェルターという施設内の殺処分のみならず、警察官が市中の犬などを「制度として」駆除するドイツは、年間犬などの動物を1万3,000頭以上を射殺しています。これも殺処分に含めるべきです。さらに犬猫の狩猟を法律で合法として、多くの犬猫が狩猟駆除されているドイツやオーストリアがあります。また飼主が獣医師に依頼して犬猫の安楽死を依頼するのも殺処分に含めるのが妥当と思います。そのうえで連載記事では、「イギリスでは飼主が獣医師に依頼する犬の安楽死が大変多く、約80%の犬の死因が安楽死である。その数値に基づけば、イギリスでは民間獣医師による犬の殺処分数は人口比で日本の犬の公的殺処分数の約280倍になる」と述べました。

 今回記事では、アメリカ合衆国の飼主が獣医師に依頼する安楽死率と、アニマルシェルターでの殺処分数を取り上げます。まずアメリカ合衆国の飼犬の死因で飼主が獣医師に安楽死を依頼する割合は71%(*1)とされています。またアメリカ合衆国でアニマルシェルターで殺処分される犬の数は年間67万頭です(2018年)。これは日本の公的殺処分と近いと思いますが、日本の犬の公的殺処分数は年間5,635頭です(2020年度)。なおアメリカの犬の平均寿命は10歳~13歳の間で、中心値では11歳台です。対して日本の犬の平均寿命は14.44歳です。これらの数値から、日本では飼主が獣医師に安楽死を依頼する数は極めて少ないと思われます。
 アメリカ合衆国ではアニマルシェルターで殺処分される犬の数は日本と比べて人口比で46倍(註 犬だけの数値。猫も含めればアメリカ合衆国の殺処分数は人口比で日本の約18倍)(*2)と極めて多いですが、さらに飼主が私的に獣医師に依頼する安楽死も大変多いのです。日本は国際比較では、大変犬の殺処分の実数が少ない国です。以下に根拠となる資料から引用します。

(*1)
Exceptional Longevity in Pet Dogs Is Accompanied by Cancer Resistance and Delayed Onset of Major Diseases  2003年12月1日
特定の品種に限った調査では75%という数値がある。

(*2)
犬・猫の引取り及び負傷動物等の収容並びに処分の状況(動物愛護管理行政事務提要より作成)   対象期間:平成31年4月1日~令和2年3月31日(2019年4月1日~2020年3月31日)環境省
この資料によれば直近の日本の犬猫殺処分数は犬5,635頭、猫27,108匹。後に示すアメリカ合衆国のシェルター内での犬猫殺処分は2018年で犬67万頭、猫86万頭であり、アメリカ合衆国の犬の殺処分数は人口比で日本の約46倍、犬猫の合算では約18倍。アメリカ合衆国以外との比較でも、日本の殺処分は猫に偏って多い


The Veterinary Journal Volume 198, Issue 3, December 2013, Pages 638-643 The Veterinary Journal Longevity and mortality of owned dogs in England 「獣医ジャーナル(獣医学の学術誌) イングランド(註 イギリス構成国のうち、イングランドでの調査である)で飼われている犬の寿命と死亡率 」 2013年

・上記の論文抜粋
Longevity and mortality of owned dogs in England 「イングランドで飼育されている犬の寿命と死亡率」 2013年 260行目から

The euthanasia value for the current study (86.4%) exceeds the results of a UK owner survey reporting 52% euthanasia (Michell, 1999) and a US online surveillance study of veterinary surgeons reporting 71% euthanasia (Gobar, 1998) and a US referral study showing 68.5% and 70.2% euthanasia for purebreds and crossbreds respectively (Patronek et al., 1997).

現在(2013年)のイギリスでの犬の安楽死に関する研究の値(86.4%)は、1999年(Michell)による研究のイギリスUK)での調査結果52%、および1998年(Gobar)のアメリカ合衆国でのオンラインでの調査研究の71%、1997年(Patronek et al)のアメリカ合衆国での犬の安楽死調査での純血種68.5%と雑種70.2%の結果を上回っています。



Topics›Pet ownership in the United States› PET EUTHANASIA Pet Euthanasia Has Declined Sharply In The U.S. 「トピック アメリカ合衆国でのペットの飼主 ペット安楽死 ペットの安楽死はアメリカ合衆国では急激に減少しました 」2018年4月11日

Currently, some 1.5 million shelter animals are euthanized every year (670,000 dogs and 860,000 cats).
Even though that may seem like a shockingly large figure, it actually represents a sharp decline on the number of animals euthanized a decade ago. Back in 2012, the total figure was 2.6 million while in 2009, it was 3.7 million.
Today's rate is also a far cry from the 1970s when the number of cats and dogs euthanized in the U.S. stood at over 20 million.

現在、(アメリカ合衆国では)毎年約150万頭のアニマルシェルターの動物が安楽死させられています(67万頭の犬と86万匹の猫)
それは驚くほど多い数字のように見えるかもしれませんが、実際には10年前に安楽死させた動物の数から急激に減少したことを表しています。
2012年には260万頭、2009年には370万頭でした。
またアメリカ合衆国で安楽死させた猫と犬の数が2,000万頭を超えた1970年当時の数値とは、かけ離れて少なくなっています。



Top 10 dog breeds that live the longest 「長生きする犬のトップ10」 

Dogs have an average lifespan of 10 to 13 years at best.

犬の平均寿命はせいぜい10年から13年の間です。



(画像)

 IN-HOME PET EUTHANASIA 「自宅でのペットの安楽死」から。

 アメリカ合衆国では、「出生安楽死」を行う獣医師や会社の広告が多数あります。写真は「出張ペット安楽死」のための自動車です。ペット葬儀社の取次も行っており、料金が明記されています。アメリカ合衆国では、一般的に飼い主が犬などのペットの安楽死を獣医師に依頼している証拠でしょう。

アメリカ 出張安楽死


 次回記事では、ドイツの犬の死因について取り上げます。ドイツの犬の死因は、90%が獣医師に依頼する安楽死という資料が複数あります。驚くべき高率です。

「動物病院での安楽死は、病気、危険犬種等特別な場合のみ」というデタラメ(アメリカ編)~三菱UFJリサーチ&コンサルティング






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(summary)
Euthanasia of pets by veterinarians in the United States
Euthanasia
(American Veterinary Medical Association AVMA)


 広島県が三菱UFJリサーチ&コンサルティングに委託して作成した、動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(著者 三菱UFJリサーチ&コンサルティング研究員 武井泉氏 以下、「本報告書」と記述する)、ですが、これはドイツ、イギリス、アメリカ合衆国の動物愛護管理に関する調査報告書です。この報告書はすべてにわたり、j嘘誤り偏向がびっしりと記述され、正確な記述はほぼないという、目を覆いたくなるほどひどい内容です。すでにドイツ、イギリス、アメリカに関しては記事にしました(「続き」をご覧ください。過去記事をすべてリンクしてあります)。今回記事からは、本報告書の「まとめ」(50ページ)における誤りを指摘していきます。



 動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(以下、「本報告書」と記述する)の、「まとめ」(50ページ~)の、誤り、もしくは誤解を招く問題となる記述には、次のようなものがあります。順を追って指摘します。


調査項目


・犬猫の飼育状況 
飼えなくなった犬猫の処遇は次の通り。動物病院での安楽死は、病気、危険犬種等特別な場合のみである。(1、)
①行政による引き取り(ドイツにはない)。(2、)

・野良犬・野良猫の実態と対応状況
ドイツ連邦狩猟法では、野良犬野良猫は合法に殺傷や捕獲を行うことができる。(3、)

・行政と民間の役割分担
(ドイツ、イギリス、アメリカ合衆国では)ブリーダーの認証、登録等は行政が実施している。(4、)

・保護施設(シェルター)の運営状況
ドイツのティアハイムは基本的に殺処分は行わない。(5、)

・登録制度・マイクロチップ装着の状況
ドイツでは犬税を導入している自治体が多く、犬についてはこれが実質的な「登録」となっている。(6、)





1、ドイツ、イギリス、アメリカでは、動物病院での安楽死は、病気、危険犬種等特別な場合のみである(1、)

 「ドイツ、イギリス、アメリカでは、動物病院での安楽死は、病気、危険犬種等特別な場合のみである」との記述は曖昧です。「等特別な場合」の範疇はどうなのでしょうか。「そのペットに飽きた」、「飼育費が惜しくなった」、「子供が大きくなったので家が狭くなった」のも特別な場合でしょうか。またそれが法令により強制力がある規定があるのか、判例に基づくのか、獣医師団体の自主規制なのか、それも不明です。公的機関から受託した報告書では、使いもにならない欠陥文書です。
 しかし文面からは法令、判例等により強制力があり、かつ「特別な場合とは病気、危険犬種もしくはその動物が危険である場合」と解釈できます。となれば、その記述は、ドイツ、イギリス、アメリカ合衆国何れにおいても真っ赤な嘘です。

 今回記事では、アメリカ合衆国について述べます。アメリカ合衆国では、「動物病院での安楽死は、病気、危険犬種等特別な場合のみである」と規定している法令はありません。アメリカ合衆国は、大変犬猫の安楽死が多い国です(ドイツ、イギリスもそうですが)。
 「獣医師によるペットの安楽死」について、全米獣医師会(American Veterinary Medical Association AVMA)が、獣医師によるペットの安楽死に関してガイドを示しています。 Euthanasia 「安楽死(2019年最新版)」


What if the animal is healthy?
Euthanasia might be necessary if a pet has become vicious, dangerous, or unmanageable.
Some undesirable and abnormal behaviors can be changed, so it is important to discuss these situations with your veterinarian.
Your and your family’s safety should always be taken into consideration.
Economic, emotional, and space limitations or changes in lifestyle also may cause an owner to consider euthanasia for their pet.

もしペットが健康だったらどうなのですか?
ペットが言うことを聞かない、危険、または制御不能になった場合は、安楽死が必要になることがあります。
いくつかのペットの望ましくない異常な行動は矯正できる可能性があるため、これらの状況については、獣医師と話し合うことが重要です。
あなたとあなたの家族の安全は、常に考慮に入れられなければなりません。
経済面(飼育費が負担になった)、感情的(註 ペットに飽きた、嫌いになったなど)、および居住空間の制約(註 ペットが大きくなったり子供が大きくなった、家族が増えたなどにより居住スペースが足りなくなったなど)やライフスタイルの変化(註 結婚して相手がペットが嫌い、転居でペットが飼えない住居になったなど)のケースは、飼い主はペットの安楽死を検討しても良い(may)でしょう。



 このようなケースもあります。バージニア州の高齢の飼い主が死去する前に、「健康な飼い犬を安楽死して自分と合葬してほしい」という遺言書を残しました。遺言執行者はその遺言通り、飼い犬を獣医師により安楽死させ、火葬して飼い主と合葬しました。動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティングの作成者の武井泉氏は、「健康な犬を安楽死させ、殉死させることはまさに『特別な場合』ではないか」と屁理屈で反論するかもしれませんが(笑い)。しかしこのようなあいまいでどうにでも解釈できるような欠陥文書は、作成すること自体、無意味でしょう。まさに税金泥棒。
 A healthy dog was euthanized so it could be buried with its owner 「健康な犬が安楽死させられて、飼い主と一緒に埋葬されることになりました」 2019年5月25日


Emma, a healthy Shih Tzu mix, was euthanized to fulfill her late owner's dying wish that the dog be put down -- and then laid to rest with her.
In Virginia, licensed veterinarians, certified euthanasia technicians, animal control officers and human investigators are all allowed to perform euthanasia, according to the American Veterinary Medical Association.
While it's not a legal issue -- pets are considered personal property -- it's certainly a moral one.

エマという名の健康なシーズーの雑種犬は、亡くなった飼い主の願いをかなえるために安楽死させられました - そして飼い主と犬は一緒に葬られました。
米国獣医師会によればバージニア州では、獣医師免許を持つ者、認定を受けたペットの安楽死技術者、アニマルコントロール(動物の管理を行う行政組織)の職員、および治験を行う医師がすべて動物の安楽死を行うことを許可されています。
それは(健康な犬を安楽死させること)は、全く法律上は問題はありません - ペットは個人の財産と見なされます - それ(健康な犬を安楽死させること)は、道徳の一つに違いありません。



(動画)

 Virginia woman has healthy dog euthanized so it could be buried with her 「バージニア州の女性は、一緒に埋葬できるように健康な飼い犬を安楽死させました」 2019/05/23 に公開

A dog in Richmond, Virginia was killed because her owner requested to be buried with her pet.
Emma was a healthy Shih Tzu before she was euthanized in March.

その犬の飼い主が一緒に葬られることを望んだために、バージニア州リッチモンドの犬が殺されました。
エマという名の犬は、3月に安楽死させられる前は、健康なシーズー種の犬でした。





(参考資料)

平成29年度第2回広島県動物愛護管理推進協議会 (資料)

 この資料においては、、動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(まとめ)を引用しています。この「まとめ」ですが、少ない字数でぎっしりと誤り、嘘などの問題記述が詰め込まれており、目もあてられないほどです。今回指摘した事柄以外は、おって記事にします。


続きを読む

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,928ブログ中5位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR