FC2ブログ

香港のアニマルシェルターにおける大量殺処分。香港は日本より殺処分数が多い~殺処分ゼロの国がある「世界のアニマルシェルターは、 犬や猫を生かす場所だった」という噴飯本



地域猫 ブログランキングへ





Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

Hong Kong
Animal rights activists slam SPCA charity for euthanising 5,000 animals a year


 
 記事、
アメリカでは1時間に423頭の犬猫が殺されていますが?~殺処分ゼロの国がある「世界のアニマルシェルターは、 犬や猫を生かす場所だった」という噴飯本
ロシアのアニマルシェルターにおける大量殺処分~殺処分ゼロの国がある「世界のアニマルシェルターは、 犬や
猫を生かす場所だった」という噴飯本

スペインのアニマルシェルターの営利目的の大量殺処分~殺処分ゼロの国がある「世界のアニマルシェルターは、 犬や猫を生かす場所だった」という噴飯本
の続きです。「殺処分ゼロの国がある。日本の保健所と世界の動物保護施設は違う。アメリカ、イギリス、ドイツ、ロシア、スペイン、ケニア、香港、日本の世界8ヵ国所のアニマルシェルターの動物保護の取り組みについて。日本は殺処分されている動物数が世界の中でも多い」という内容の本があります。日本では1時間に9匹のペースで犬猫の命が奪われている…世界の動物保護施設から考える人と動物の関係、とメディアで紹介されている、「世界のアニマルシェルターは、 犬や猫を生かす場所だった」(本庄萌/ダイヤモンド社)です。今回は香港のアニマルシェルターの大量殺処分を取り上げます。



 問題の書籍の、アマゾン社の書評はこちらです。世界のアニマルシェルターは、犬や猫を生かす場所だった(ダイヤモンド社)。著者などについては、Amazonのリンクをご覧下さい。Amazonの書評から引用します。
 

(画像)

 世界のアニマルシェルターは、犬や猫を生かす場所だった(ダイヤモンド社)。アマゾン社。

世界のアニマルシェルター


日本の保健所で平成27年度に殺処分された犬猫の数は、約8万。
著者の、8カ国(アメリカ、イギリス、ドイツ、ロシア、スペイン、ケニア、香港、日本)合計25カ所わたるアニマルシェルター世界紀行は始まりました。
なぜペットを欲しがる人であふれる日本で、毎年 健康で愛くるしい多くの動物が死においやられているのか。
多くの人はアニマルシェルターで犬猫に出会う魅力を「知らない」からです。
「日本の保健所が、動物を殺す場所ではなく、動物の命を救える場所」となるよう、この本がその一助となればと思います。



 その上で本書は、「日本は命を尊ぶ国であるにもかかわらず、殺処分されている動物数が世界の中でも多いという現実があります」としています。「日本は国際的にも殺処分が多い。日本のアニマルシェルター(行政の収容機関)は殺す施設であるが、外国のアニマルシェルターは異なり、動物の命を救う機関である」としています。しかし、日本は実数では、国際的に最も犬猫の殺処分が少ない部類の国です。日本は、行政機関が集中して犬猫の殺処分を行うために、表面上数値が他国と比べて大きく見えるだけです。
 私が大変驚いています。なぜならば本書で取り上げられている「日本と異なり殺処分しない、日本と異なり生かすためのアニマルシェルター」の実例として、ロシアとスペインを取り上げているからです。これらの国は、「動物虐待国」と多くの国で名指しされているからです。今回は香港の動物保護施設の大量殺殺処分について取り上げます。
 Animal rights activists slam SPCA charity for euthanising 5,000 animals a year 「香港のアニマル・ライツ活動家は年間5,000頭もの動物を安楽死する香港SPCA(動物保護団体)を酷評しています(殺処分率は約50%)」(英語)。2013年9月25日。


Protesters say charity's report shows its puts down about 5,000 animals every year.
The city's leading animal welfare charity yesterday found itself the target of a protest by animal welfare activists.
They accuse it of making rash decisions on euthanasia and refusing to consider the views of animal rights groups.
Citing the SPCA's annual report, the protesters say about half the 10,000 abandoned animals the SPCA receives each year are put to sleep.
They said its criteria for euthanasia should be made public.
The way they treat abandoned animals has remained unchanged over the past 30 years.
To the SPCA, euthanasia is a better option than letting the animals wander the streets.

抗議者たちは、慈善団体(香港SPCAのこと。動物保護団体)の報告書によると、この施設では、毎年約5000頭の動物が安楽死させられていると言います。
昨日、市のSPCA(動物保護団体)は、動物保護活動家による抗議の標的となりました。
香港SPCA(動物保護団体)らは、「香港SPCAの保護動物の安楽死の決定は軽率だ」という抗議を非難し、アニマルライツの団体の意見を検討することを拒否しています。
香港SPCA(動物保護団体)の年次報告書を引用して抗議者は、毎年香港SPCA(動物保護団体)が受け入れている、捨てられた10,000頭の動物の約半分が安楽死されていると言っています。
それらは公開されるべきです。
香港SPCA(動物保護団体)が捨てられた動物を扱う方法は、過去30年間変わっていません。
香港SPCA(動物保護団体)にとっては、安楽死は動物が路上をさまようようにするよりも良い選択肢なのです。


 香港には、SPCA以外にも、複数のアニマルシェルターが存在します。上記記事の、SPCA HongKong、の他、Hong Kong Dog Rescue(香港ドッグレスキュー)Hong Kong Animal Adoption Centre - 香港動物領養中心LAP Lifelong Animal Protection CharityHong Kong Paws Foundation、など例示した以外にも実に多数の動物保護団体があります(Hong Kong Animal shelter、で検索すると、96万5,000件がヒットします)。
 香港全体での犬猫殺処分数は公的統計が発表されていません。しかし人口比では、香港SPCA一団体のみの殺処分数が、日本の殺処分数より多いのです(*1)。つまり香港SPCA以外の動物保護団体の殺処分数を加えれば、香港は日本よりはるかに人口比で殺処分数が多いということになります。さらに、香港SPCAの殺処分率は約50%ということですが、この数値は日本の殺処分率60%とさほど変わりはありません。


*1
環境省 平成27年度犬猫殺処分統計、によれば、日本の平成27年度の犬猫殺処分数は、82,902頭。
日本の犬猫殺処分数対人口比は、1億2,693万人/8,2902頭=1,531.0人/1頭。
対して香港のSPCA一団体のみの犬猫殺処分数対人口比は、707万人/5,000頭=1414.0人/1頭。

*2
環境省 平成27年度犬猫殺処分統計、によれば、日本の平成27年度の犬猫殺処分数は、82,902頭。
対して引取り数は136,724であり、殺処分率は60.6%。


 世界のアニマルシェルターは、犬や猫を生かす場所だった、の著者、本庄 萌氏は、何ら客観的数値を一切上げず(調べていないのだろうか、数値を調べれば都合が悪いからわざと調べないのだろうか)、感覚的に「日本は殺処分数が世界に比べて異常に多い、世界(外国)のアニマルシェルターは、日本の『殺す施設』とは異なり、『生かす』施設である」と書いているにすぎません。
 研究者としての資質は疑わしいと言わざるを得ません。それよりも、このようなあからさまな嘘でも、日本の動物愛護(誤)に興味がある人をよほど見下してだませるとでも思っているのでしょうか。またこのような嘘付きの、噴飯図書に感動して真に受ける人が残念ながら日本では多いと思われます。それは、まさに日本の動物愛護の後進性です。


(動画)

 Hong Kong Market pet store with kittens and puppies 「香港の市場でのペットストアで売られている子猫と子犬」。2009年7月7日。若干古い動画ですが、香港ではペットショップでの生体販売が行われていますし、パピーミルも存在します。




(動画)

 Hong Kong's Dog Breeding Problems 「香港における犬ブリーディングの問題点」。2012年4月17日公開。

スポンサーサイト



プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,227ブログ中6位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR