FC2ブログ

「猫は新型コロナウイルス感染の非顕性中間宿主である可能性がある」~東京大学医科学研究所






Please send me your comments.  dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。  dreieckeier@yahoo.de

(Domestic/inländisch)

 「猫は新型コロナウイルスに感染するのか」。この点については私はすでにいくつかの記事を書いています。
「猫は新型コロナウイルスに感染しやすい」という研究結果
中国武漢の猫の15%が新型コロナウイルスに感染しているという研究結果
新型コロナウイルスの猫から猫への感染の再現実験に成功~フランス
感染症学の教授は新型コロナウイルスの猫から人への感染の可能性を示唆
 「猫は犬、豚、アヒル、鶏に比較して新型コロナウイルスに感染しやすく、かつ体内でウイルスを十分増殖させる」ということが、すでに研究の成果として公表されています。「猫が新型コロナウイルスに感染しやすい」との中国の研究論文がネイチャー誌に掲載されたのは、今年の4月1日です。その後フランスの獣医大学で「猫から猫の新型コロナウイルス感染」に再現実験に成功し、さらに東京大学らの研究チームも再現実験に成功し、5月13日に公表しました。



 サマリーで示した、「東京大学らの研究グループによる猫から猫への新型コロナウイルス感染実験」に関するプレスリリースはこちらです。新型コロナウイルスはネコの間で感染伝播する 2020年5月13日 以下に引用します。


本研究では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者から分離されたウイルスのネコにおける増殖能と感染伝播能を解析しました。
その結果、新型コロナウイルスは、ネコの呼吸器でよく増えること、接触感染によってネコの間で容易に感染伝播することが明らかになりました。
また、本ウイルスに感染したネコは明らかな症状を示さないことも分かりました。
本研究成果によって、新型コロナウイルスがネコの間で広がる可能性があることが示唆されました。
この成果は、行政機関が今後の新型コロナウイルス感染症対策計画を策定、実施する上で、重要な情報となります。
本研究は、東京大学、米国ウィスコンシン大学、国立国際医療研究センター、国立感染症研究所が共同で行ったものです。
研究チームは、ネコを感染から守るためにも、ネコを外に放さず室内で飼育することが必要であることを強調しています。



 「新型コロナウイルスは猫から猫へ感染する。しかも感染は容易である」。この事実はすでに複数の再現実験により、確定したと思います。さらに今回の東京大学らの研究チームは、「感染したネコは明らかな症状を示さない」としています。
 また本プレスリリースでは、新型コ ロナウイルスがネコから人に感染した事例は報告されておりません」としています。しかしこの事実は「猫から人に新型コロナウイルスが感染しない」ことを意味するものではありません。これまでに、「人⇄人」、「人→猫」、「猫⇄猫」の新型コロナウイルスの感染が、実際の症例及び実験で確認されたということです。「猫→人」の感染は、現時点では「ある可能性」も、「ない可能性」もあるということです。またウイルスが変異し、仮に現時点ではなかったとしても、「猫⇄人」感染の能力を将来獲得する可能性も否定できません。

 この東京大学らの研究チームによる発表では、イギリスの学術誌では日本向けのプレスリリースとは「猫→人」感染のリスクに対して、明らかにかなりの温度差があると感じます。それは、The New England Journal of Medecine における記事、Transmission of SARS-CoV-2 in Domestic Cats 「イエネコにおけるSARS-CoV-2(新型コロナウイルス)の感染」 2020年5月13日 です。
 本記事では、「猫→人」感染の可能性に対して、かなり強く示唆し、さらに「すでに猫は症状が顕在化しにくいために新型コロナウイルスに感染して人に感染を拡大させた『非顕在性の中間宿主』である可能性がある」としています。この記事によれば、本論文は、「猫はすでに新型コロナウイルスの中間宿主(感染動物)であり、知らないうちに猫から人へ感染が広がっていた可能性がある」と示しています。以下に引用します。


With reports of transmission of SARS-CoV-2 from humans to domestic cats and to tigers and lions at the Bronx Zoo, coupled with our data showing the ease of transmission between domestic cats, there is a public health need to recognize and further investigate the potential chain of human–cat–human transmission.
In 2016, an H7N2 influenza outbreak in New York City cat shelters highlighted the public health implications of cat-to-human transmission to workers in animal shelters.
Moreover, cats may be a silent intermediate host of SARS-CoV-2, because infected cats may not show any appreciable symptoms that might be recognized by their owners.
Given the need to stop the coronavirus disease 2019 pandemic through various mechanisms, including breaking transmission chains, a better understanding of the role cats may play in the transmission of SARS-CoV-2 to humans is needed.

人からイエネコ、そしてニューヨークのブロンクス動物園でのトラやライオンへのSARS-CoV-2(新型コロナウイルス)の感染の報告とともに、イエネコ間の伝染のしやすさを示すデータと合わせて、人-猫-人の感染の潜在的な連鎖を認識したうえで、さらに調査しなければならない公衆衛生上ニーズがあります。
2016年にニューヨーク市の猫のアニマルシェルターでH7N2鳥インフルエンザが発生し、アニマルシェルターの従業員が猫からH7N2鳥インフルエンザに感染し、公衆衛生に及ぼす影響が明らかになりました。
さらに、新型コロナウイルスに感染した猫は飼い主が認識できるような明らかな症状を示さない可能性があるため、猫は新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の、非顕性の中間感染者(註 顕在化しない人-猫-人の感染を伝播させる感染動物)である可能性があります。
新型コロナウイルス感染症を阻止する必要性を考えれば、2019年に発生したパンデミック(感染爆発)の、感染の連鎖の破壊を含むさまざまなメカニズムを通じて、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の人への感染において、猫が果たす役割をよりよく理解することが必要です。



 同じ研究チームによる研究でありながら、なぜ日本でのプレスリリースと、イギリスでの学術誌での紹介で、「猫からの感染の潜在的リスク」に対する言及で、なぜこれほどまでに温度差があるのか私は不思議です。明らかにイギリスの学術誌では、「猫は潜在的な感染源である」と強く示唆しているのに対し、日本のプレスリリースでは、わざわざ「猫から人に新型コロナウイルスに感染した例はない」と断わりを入れています。
 やはり日本は外猫野良猫愛誤は、テロリスト集団並みと認識されているのでしょうか。実際に動物実験を行っている大学などの研究機関では、過去に動物愛護団体によるテロの被害を受けています。研究機関が愛誤に忖度したとすれば、正しい啓蒙も行えません。例えば、以下の動画のような攻撃的、さらに客観的な事実を受け入れない外猫野良猫至上主義者の愛誤は、非常に社会に有害な存在です。デマや誹謗中傷により、なにがなんでも外猫のリスクを否定し、「外猫野良猫至上主義」を固持したい意図がありありです。


(画像)

 私が記事、「猫は新型コロナウイルスに感染しやすい」という研究結果中国武漢の猫の15%が新型コロナウイルスに感染しているという研究結果、を公開する前のコメントに対して、Twitterで揚げ足をとるツィートをした人がいます。
 このツィートでは「猫が新型コロナウイルスに感染しやすい」、「武漢の猫の15%の猫が新型コロナイルスに感染していた(抗体の陽性反応があるということは感染歴があるという証明です)」との私のコメントが、「エビデンスがないデマ」という趣旨で拡散されました。その後の記事をお読みいただければわかることですが、「新型コロナウイルス(COVID-19)は猫から猫へ感染する」論文は世界的に権威ある科学誌ネイチャーと、サイエンスに掲載されています。また「武漢の猫の約15%が新型コロナウイルスの抗体を持っている(感染したとの証明)」との論文は、論文の掲載サイト、BioRxivに収録されているものです。
 おそらくこの揚げ足取りのツィートをした人物は、日本語検索だけしかしない人です。私のブログを毎日目を皿のようにしてあらさがしをし、この情報を日本語検索して該当する情報がなかったためにフライングしたものと思われます。まさに赤恥です。私は海外のニュースサイトを直接読んでいますので、日本のマスコミが日本語訳して再配信するより情報の入手が早いのです。その後日本のマスコミで「新型コロナウイルスの猫から猫への感染」の例が多く報道されています。

ツナ缶 白痴


(画像)

 中傷を受けている該当する私の記事は、「猫は新型コロナウイルスに感染しやすい」という研究結果です。元となる論文が掲載された、世界的な権威ある科学誌のネイチャーの記事、Coronavirus can infect cats — dogs, not so muchをそのままリンクしているのですが(呆)。
 このツィートをした人は英語どころか、日本語も不自由しているみたいです。何度も繰り返していますが、このサイトの読者様は、義務教育を修了した方を想定しています。もしこの方が義務教育を修了されてたのならば、頭が大丈夫ではありません。大変心配しております。

 野良猫外猫愛誤の、なにがなんでも「自由に徘徊している猫は感染症をはじめとするリスクも被害も一切ない」という、嘘プロパガンダの固持に必死なのはわかります。しかし「猫(ネコ科動物)は新型コロナウイルスに感染しやすい」との論文は、すでに多くのマスメディアが報道しています。また「猫から猫に新型コロナウイルスが感染する」論文についても、日本の複数のマスメディアが報道しています。
 新型コロナウイルスは新しい感染症で、まだよくわかっていない点が多いのです。感染症のリスク対応は、予防が原則です。「猫から人への感染」の可能性が否定できないのであれば、それに対した予防を講じるべきなのです。また仮に猫が新型コロナウイルスに感染したことにより人に感染させないとしても、猫の体についたウイルスにより、人への感染を広げる可能性があります。現に、アメリカCDC(アメリカ連邦疾病予防管理センター )とAVMA(全米獣医師会)は、猫などのペットから人が感染する可能性があるという前提の対策を推奨しています。単なる思い込みでの、根拠のない「野良猫外猫は安全」というデマを拡散することは有害です。

バカ愛誤の見本


(参考資料)

新型コロナウイルス 猫 感染 (日本語検索結果)
COVID-19 Cat infection (「新型コロナウイルス 猫 感染」 英語検索結果)
新型コロナウイルス 武漢 猫 感染 15% (日本語検索結果)
COVID-19 Wuhan Cat Infection 15% (「新型コロナウイルス 武漢 猫 感染 15%」 英語検索結果)


(追記)

 ごく新しいニュースですが。オランダ政府は「オランダ国内のミンク毛皮獣養殖場の従業員が、ミンクから新型新型コロナウイルスに感染した」と発表しました。イタチ科動物はこれまでの実験により、猫とともに新型コロナウイルスに感染しやすい動物とされていました。
 これらの事実を考えれば、東京大学らの研究チームの仮説、「猫は新型コロナウイルス感染の非顕性中間宿主である」はかなり信ぴょう性が高いと思われます。症例が見つかっていないだけで、すでに猫から人への感染がある可能性は高いと思います。この件について新しいニュースが入れば、改めて記事にします。

Dutch farm worker contracted coronavirus from mink: agriculture minister 「オランダの毛皮獣養殖場労働者がミンクからコロナウイルスに感染しました:農業大臣」 2020年5月19日

オランダの農場労働者、ミンクから新型コロナウイルスに感染 2020年5月20日
スポンサーサイト



感染症学の教授は新型コロナウイルスの猫から人への感染の可能性を示唆







Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(summary)
In Canada, Scott Weese, chief of infection control at the University of Guelph's Ontario Veterinary College, "indicates the possibility of cat-to-human COVID-19 infection."


(本記事は、7121ブログ記事中2位を獲得しました)

 記事、新型コロナウイルスの猫から猫への感染の再現実験に成功~フランス、の続きです。 
 先月、中国の研究機関による、「猫から猫に新型コロナウイルス(COVID-19)が感染することが確かめられた」との研究論文がネイチャー誌に掲載されました。さらに中国武漢の猫の約15%で、新型コロナウイルスの抗体が認められた(つまり武漢の猫の15%に感染歴がある)との論文も公表されています。その後もフランスの獣医大学の再現実験でも、「猫から猫に新型コロナウイルスの感染」が確かめられました。さらにニューヨークでは、個人の飼い猫が新型コロナウイルスに感染した例が相次いで発見されました。「人から猫」、「猫から猫」の新型コロナウイルスの感染は、もはや既成事実です。「猫から人への感染の可能性」を指摘しているカナダの大学教授もいます。



 私は、すでに、「猫から猫に新型コロナウイルスは感染する」と、「中国武漢の猫の約15%が新型コロナウイルスの抗体を持っていた(つまり15%の猫が感染済みである)」との、中国の研究機関による論文について記事にしています。


「猫は新型コロナウイルスに感染しやすい」という研究結果
中国武漢の猫の15%が新型コロナウイルスに感染しているという研究結果


 さらにその後も、フランスの獣医大学で「猫から猫への新型コロナウイルス感染の再現実験に成功した」、「ニューヨークで一般飼い主の猫が新型コロナウイルスに感染していいることが発見された」例が相次いで報告されています。それらについて報道するニュースソースから引用します。

 今回記事では、「ニューヨークで一般飼い主の猫が新型コロナウイルスに感染していいることが発見された」ことを報じるニュースソースから引用します。なおこの記事では、動物園のネコ科動物の感染も報じられています。皿のこの記事では、カナダの感染症学の教授が、「猫から人への新型コロナウイルスの感染の可能性」も示唆しています。
 Two New York cats tested positive for coronavirus. Here’s what you need to know about the virus and animals. 「ニューヨークの猫2匹がコロナウイルス陽性で陽性でした。新型コロナウイルスと動物について知っておくべきことは次のとおりです」 2020年4月22日(ワシントンポスト)


Two pet cats in New York have tested positive for the coronavirus, which causes covid-19 in humans, the U.S. Department of Agriculture and the Centers for Disease Control and Prevention said Wednesday.
One cat is owned by a person who tested positive for the coronavirus before the cat showed signs, but the other cat lives in a household where no members had confirmed cases of the virus.
The cats’ positive tests came a little more than two weeks after another New York cat, a Malayan tiger at the Bronx Zoo, became the first confirmed coronavirus case in a U.S. animal.
Four other tigers and three lions at the zoo also tested positive, the zoo said Wednesday.
A preliminary study of blood samples from 102 stray, shelter and pet cats in Wuhan, China, found that about 15 percent had been infected with the virus.
A laboratory experiment in which scientists introduced the virus to animals found that cats and ferrets were highly susceptible.
J. Scott Weese, chief of infection control at the University of Guelph’s Ontario Veterinary College, said he’s “hopeful” that dogs are dead-end hosts because the virus doesn’t appear to reproduce well in them.
The jury is still out on cats, he said.

アメリカ連邦農務省と疾病管理予防センターは、ニューヨークのペットの猫2匹が、コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応を示し、これは人から感染したと述べました。
1匹の猫は症状が現れる前にコロナウイルス陽性の人が飼っていましたが、もう1匹の猫はウイルスの発生が確認されていない世帯に住んでいます。
これらの猫の検査での陽性は、別のニューヨークのネコ科動物である、アメリカで最初に動物で確認されたブロンクス動物園のマレートラのコロナウイルスの感染症例の2週間後に行われました。
動物園では他の4頭のトラと3頭のライオンも陽性だったと、動物園は水曜日に述べました。
中国の武漢での102匹の野良猫、保護施設の猫、ペットの猫の血液サンプルの予備調査では、約15%がウイルスに感染していたことがわかりました。
科学者はウイルスを動物に感染させる実験室での実験で、猫とフェレットが非常に感染しやすいことを発見しました。
グエルフにある、オンタリオ大学獣医学部の感染学の責任者のJ.スコット・ウィーゼ氏は、犬はウイルスを体内でうまく増殖できないように思われるために、行き止まりの宿主(註 感染したとしても体内で十分にウイルスが増殖できないために、いずれはその動物の体内でウイルスが死滅し、他に感染させることができない)であることを「望んでいる」と語りました。
猫に関しては、結論はまだ出ていないと、彼は言いました。



(画像)

 私が記事、「猫は新型コロナウイルスに感染しやすい」という研究結果中国武漢の猫の15%が新型コロナウイルスに感染しているという研究結果、を公開する前のコメントに対して、Twitterで揚げ足をとるツィートをした人がいます。
 このツィートでは「猫が新型コロナウイルスに感染しやすい」、「武漢の猫の15%の猫が新型コロナイルスに感染していた(抗体の陽性反応があるということは感染歴があるという証明です)」との私のコメントが、「エビデンスがないデマ」という趣旨で拡散されました。その後の記事をお読みいただければわかることですが、「新型コロナウイルス(COVID-19)は猫から猫へ感染する」論文は世界的に権威ある科学誌ネイチャーと、サイエンスに掲載されています。また「武漢の猫の約15%が新型コロナウイルスの抗体を持っている(感染したとの証明)」との論文は、論文の掲載サイト、BioRxivに収録されているものです。
 おそらくこの揚げ足取りのツィートをした人物は、日本語検索だけしかしない人です。私のブログを毎日目を皿のようにしてあらさがしをし、この情報を日本語検索して該当する情報がなかったためにフライングしたものと思われます。まさに赤恥です。私は海外のニュースサイトを直接読んでいますので、日本のマスコミが日本語訳して再配信するより情報の入手が早いのです。その後日本のマスコミで「新型コロナウイルスの猫から猫への感染」の例が多く報道されています。

ツナ缶 白痴


(画像)

 中傷を受けている該当する私の記事は、「猫は新型コロナウイルスに感染しやすい」という研究結果です。元となる論文が掲載された、世界的な権威ある科学誌のネイチャーの記事、Coronavirus can infect cats — dogs, not so muchをそのままリンクしているのですが(呆)。
 このツィートをした人は英語どころか、日本語も不自由しているみたいです。何度も繰り返していますが、このサイトの読者様は、義務教育を修了した方を想定しています。もしこの方が義務教育を修了されてたのならば、頭が大丈夫ではありません。大変心配しております。

 野良猫外猫愛誤の、なにがなんでも「自由に徘徊している猫は感染症をはじめとするリスクも被害も一切ない」という、嘘プロパガンダの固持に必死なのはわかります。しかし「猫(ネコ科動物)は新型コロナウイルスに感染しやすい」との論文は、すでに多くのマスメディアが報道しています。また「猫から猫に新型コロナウイルスが感染する」論文についても、日本の複数のマスメディアが報道しています。
 新型コロナウイルスは新しい感染症で、まだよくわかっていない点が多いのです。感染症のリスク対応は、予防が原則です。「猫から人への感染」の可能性が否定できないのであれば、それに対した予防を講じるべきなのです。また仮に猫が新型コロナウイルスに感染したことにより人に感染させないとしても、猫の体についたウイルスにより、人への感染を広げる可能性があります。現に、アメリカCDC(アメリカ連邦疾病予防管理センター )とAVMA(全米獣医師会)は、猫などのペットから人が感染する可能性があるという前提の対策を推奨しています。単なる思い込みでの、根拠のない「野良猫外猫は安全」というデマを拡散することは有害です。

バカ愛誤の見本


(参考資料)

新型コロナウイルス 猫 感染 (日本語検索結果)
COVID-19 Cat infection (「新型コロナウイルス 猫 感染」 英語検索結果)
新型コロナウイルス 武漢 猫 感染 15% (日本語検索結果)
COVID-19 Wuhan Cat Infection 15% (「新型コロナウイルス 武漢 猫 感染 15%」 英語検索結果)



新型コロナウイルスの猫から猫への感染の再現実験に成功~フランス







Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Reproduktion Experiment einer COVID-19-Infektion bei Katzen an der französischen Veterinäruniversität.
Es wurde bestätigt, dass COVID-19 von Katze zu Katze übertragen wurde.


 先月、中国の研究機関による、「猫から猫に新型コロナウイルス(COVID-19)が感染することが確かめられた」との研究論文がネイチャー誌に掲載されました。さらに中国武漢の猫の約15%で、新型コロナウイルスの抗体が認められた(つまり武漢の猫の15%に感染歴がある)との論文も公表されています。その後もフランスの獣医大学の再現実験でも、「猫から猫に新型コロナウイルスの感染」が確かめられました。さらにニューヨークでは、個人の飼い猫が新型コロナウイルスに感染した例が相次いで発見されました。「人から猫」、「猫から猫」の新型コロナウイルスの感染は、もはや既成事実です。「猫から人への感染の可能性」を指摘しているカナダの大学教授もいます。


 私は、すでに、「猫から猫に新型コロナウイルスは感染する」と、「中国武漢の猫の約15%が新型コロナウイルスの抗体を持っていた(つまり15%の猫が感染済みである)」との、中国の研究機関による論文について記事にしています。


「猫は新型コロナウイルスに感染しやすい」という研究結果
中国武漢の猫の15%が新型コロナウイルスに感染しているという研究結果


 さらにその後も、フランスの獣医大学で「猫から猫への新型コロナウイルス感染の再現実験に成功した」、「ニューヨークで一般飼い主の猫が新型コロナウイルスに感染していいることが発見された」例が相次いで報告されています。それらについて報道するニュースソースから引用します。
 まずは、「フランスの獣医大学での猫から猫に新型コロナウイルス感染が感染する再現実験」についてのニュースです。Coronavirus und Haustiere: Was Sie wissen müssen 「コロナウイルスとペット:知っておくべきこと」 2020年4月17日(ドイツメディアの記事 ドイツ語) から引用します。


• Haustiere können Coronavirus bekommen ?
Dies ist bereits geschehen: Eine Katze in Hongkong war krank und eine andere wurde Ende März in Belgien von ihrem Besitzer kontaminiert.
In jüngster Zeit wurden Experimente mit hohen Infektionsdosen durchgeführt, die über die Atemwege auf Katzen und Hunde übertragen wurden, um herauszufinden, ob diese Tiere sie beherbergen könnten.
Der Hund war sehr widerstandsfähig, die Katze weniger, erklärt Barbara Dufour, Professorin für Epidemiologie und Infektionskrankheiten an der Alfort Veterinary School.
Wir haben eine kleine Anzahl von Katzen infiziert, ich glaube es waren 3 oder 4, sie entwickelten Symptome von Atemwegserkrankungen, die mit diesem Coronavirus zusammenhängen würden.
Darüber hinaus haben unsere chinesischen Kameraden im April eine sehr aktuelle Studie veröffentlicht, aus der hervorgeht, dass sich eine Reihe von Katzen in Wuhan nach der Epidemie mit dem Virus infiziert hatten.
Von hundert Katzen produzierten 14% Antikörper. Wenn ein Pathogen eine Antikörperproduktion aufweist, bedeutet dies, dass es dem Pathogen gelungen ist, sich bei Tieren zu vermehren.

ペットはコロナウイルスに感染しますか?
これはすでに起きています。
今年香港で1匹の猫が新型コロナウイルスを発症し、もう1匹の猫は3月下旬にベルギーの飼い主によって感染しました。
最近気道を介した、犬と猫に対する高い濃度のウイルスでの感染を行い、これらの動物がウイルスを体内で増殖できるかどうかの実験が(フランスで)行われました。
犬は非常に感染耐性があり、猫は無かったと、アルフォート(Alfort)獣医大学の疫学および感染症の教授であるバーバラ・デュフォア(Barbara Dufour)氏は説明しています。
私たちの実験では少数の猫が感染し、3匹または4匹いたと思います。
猫たちは、このコロナウイルスに由来する呼吸障害の症状を発症しました。
さらに中国の研究者たちはごく最近の4月に、武漢の多くの猫がコロナウイルス流行後に、ウイルスに感染したことを示す研究を発表しました。
100匹の猫のうち、14%が抗体を産生しました。
病原体の抗体が産生された場合、それは病原体が動物の体内で増殖することができたことを意味します。



 「ニューヨークで一般飼い主の猫が新型コロナウイルスに感染していいることが発見された」件ですが、次回記事で取り上げます。さらにニューヨークでは、動物園のネコ科動物の複数の感染例が相次いでいます。
 「ネコ科動物から人への感染はあるかどうか」という点についてですが、このように述べている大学教授がいます。「まだ結論は出ていない(それはすなわち「猫から人に新型コロナウイルスの感染の可能性もありうる」ということです)」。


(画像)

 私が記事、「猫は新型コロナウイルスに感染しやすい」という研究結果中国武漢の猫の15%が新型コロナウイルスに感染しているという研究結果、を公開する前のコメントに対して、Twitterで揚げ足をとるツィートをした人がいます。
 このツィートでは「猫が新型コロナウイルスに感染しやすい」、「武漢の猫の15%の猫が新型コロナイルスに感染していた(抗体の陽性反応があるということは感染歴があるという証明です)」との私のコメントが、「エビデンスがないデマ」という趣旨で拡散されました。その後の記事をお読みいただければわかることですが、「新型コロナウイルス(COVID-19)は猫から猫へ感染する」論文は世界的に権威ある科学誌ネイチャーと、サイエンスに掲載されています。また「武漢の猫の約15%が新型コロナウイルスの抗体を持っている(感染したとの証明)」との論文は、論文の掲載サイト、BioRxivに収録されているものです。
 おそらくこの揚げ足取りのツィートをした人物は、日本語検索だけしかしない人です。私のブログを毎日目を皿のようにしてあらさがしをし、この情報を日本語検索して該当する情報がなかったためにフライングしたものと思われます。まさに赤恥です。私は海外のニュースサイトを直接読んでいますので、日本のマスコミが日本語訳して再配信するより情報の入手が早いのです。その後日本のマスコミで「新型コロナウイルスの猫から猫への感染」の例が多く報道されています。

ツナ缶 白痴


(画像)

 中傷を受けている該当する私の記事は、「猫は新型コロナウイルスに感染しやすい」という研究結果です。元となる論文が掲載された、世界的な権威ある科学誌のネイチャーの記事、Coronavirus can infect cats — dogs, not so muchをそのままリンクしているのですが(呆)。
 このツィートをした人は英語どころか、日本語も不自由しているみたいです。何度も繰り返していますが、このサイトの読者様は、義務教育を修了した方を想定しています。もしこの方が義務教育を修了されてたのならば、頭が大丈夫ではありません。大変心配しております。

 野良猫外猫愛誤の、なにがなんでも「自由に徘徊している猫は感染症をはじめとするリスクも被害も一切ない」という、嘘プロパガンダの固持に必死なのはわかります。しかし「猫(ネコ科動物)は新型コロナウイルスに感染しやすい」との論文は、すでに多くのマスメディアが報道しています。また「猫から猫に新型コロナウイルスが感染する」論文についても、日本の複数のマスメディアが報道しています。
 新型コロナウイルスは新しい感染症で、まだよくわかっていない点が多いのです。感染症のリスク対応は、予防が原則です。「猫から人への感染」の可能性が否定できないのであれば、それに対した予防を講じるべきなのです。また仮に猫が新型コロナウイルスに感染したことにより人に感染させないとしても、猫の体についたウイルスにより、人への感染を広げる可能性があります。現に、アメリカCDC(アメリカ連邦疾病予防管理センター )とAVMA(全米獣医師会)は、猫などのペットから人が感染する可能性があるという前提の対策を推奨しています。単なる思い込みでの、根拠のない「野良猫外猫は安全」というデマを拡散することは有害です。

バカ愛誤の見本


(参考資料)

新型コロナウイルス 猫 感染 (日本語検索結果)
COVID-19 Cat infection (「新型コロナウイルス 猫 感染」 英語検索結果)
新型コロナウイルス 武漢 猫 感染 15% (日本語検索結果)
COVID-19 Wuhan Cat Infection 15% (「新型コロナウイルス 武漢 猫 感染 15%」 英語検索結果)

日本はなぜ外猫による感染症リスクを過小評価するのか






Please send me your comments.  dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。  dreieckeier@yahoo.de

(Domestic/inländisch)

 記事、
・ 「猫は新型コロナウイルスに感染しやすい」という研究結果  、
・ 中国武漢の猫の15%が新型コロナウイルスに感染しているという研究結果
の続きです。
 これらの記事では、新型コロナウイルスは猫は他の動物種に比べて感染しやすく、人から猫への感染、さらには猫間での感染も確認されていることを述べました。イギリス、リバプール大学の獣医学の教授は、猫から人へ新型コロナウイルスの感染は「あるかもしれない」と発言しました。しかし日本では、「新型コロナウイルスはネコ科から人に感染する可能性はない」という、海外のニュースソースを著しく偏向した内容でしか報道していません。日本では過去にも猫による感染症リスクを過少評価した報道、もしくは猫による感染症のリスクについては報道すらされなかった例が多くあります。私は大変疑問に思います



 野良猫や放し飼いの猫は、人や家畜に感染症を広めるリスク要因です。非常に深刻な狂犬病をはじめ、ネコ科動物のみが終宿主となるトキソプラズマ症、ペスト(アメリカでは毎年のように猫からの感染例があります)、発疹チフス(カリフォルニア州で猫が原因となった流行地でTNRを強行した団体が刑事訴追を受けています)など、多くの感染症を人にもたらすリスクがあります。これは例えば、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)などのアメリカ合衆国政府機関が繰り返し言及し、警告をしています。特にCDCは、「野良猫放し飼い猫は、多くの人に人畜共通感染症をもたらすリスクがあり、TNRは推奨できない」と明言しています(*1)。さらにアメリカ合衆国の連邦政府機関で日本の環境省に相当する、合衆国魚類野生生物局をはじめ、アメリカ合衆国の連邦政府機関では猫のTNRをに反対しており、合衆国連邦機関でTNRを推奨しているところはありません。
 対して日本の省庁は、野良猫放し飼い猫が人などに感染症を広めるリスクについてはあまりにも楽観的であり、問題視していません。環境省は、狂犬病等のワクチンの義務がないままに、地域猫を推奨しています。また日本はマスコミも、野良猫放し飼い猫の感染症のリスクについても楽観的であり、その危険性についてはほぼ報道を行いません。

 現在、旧来型の感染症のみならず、多くの新しい感染症が猫による感染拡大の潜在的リスクになりうることが複数の研究により明らかになっています。例えば鳥インフルエンザは発生当時、「猫には感染しない。したがって猫が感染拡大の要因になりうることはあり得ない」と日本では報道されました。しかしすでに猫から人への感染例が確認されています。
 SFTSはすでに70名を超える死亡例があります。猫から直接感染した症例が確認されています。しかしその後はSFTSに対する注意喚起すら政府機関からは行われず、マスコミも取り上げません。
 さらに猫が感染しなかったとしても、猫の体に付着した病原体により、感染が伝播することもあります。宮崎県を中心とする口蹄疫の流行では、猫による感染拡大があったとする論文が複数あります。しかしこのことを取り上げるマスコミは皆無でした。鳥インフルエンザと豚コレラにおいても、猫が感染原因となったことが疑われる例があります。それらの養鶏場と豚畜産農家では、発生した感染症により、多くのの畜産動物が殺処分されました。
 したがって新しい感染症の新型コロナウイルスでも、仮に猫が感染しなかったとしても、猫がウイルスの飛沫を体に付けて伝播させる可能性までは否定できません。

 かつてBSEが海外で発生した時には、日本は兆単位の公的資金を導入して、極めて厳格な感染防止対策を講じました。そして連日マスコミは、BSEに関するセンセーショナルな報道を繰り返しました。しかし実はBSEは、国内での感染例は1つもないのです。
 対して同じく新しい感染症である、SFTSは、すでに70名の人の死亡例があります。そのうちの数例は、猫もしくは犬から感染した方がなくなっています(*2)。なぜ国内の感染例が1例もないBSEでこれほどの巨額な予算を投入し対策を講じ、かつマスコミがセンセーショナルな報道を繰り返し、たいしてすでに70例も死亡例があるSFTSはほぼ対策はなし、報道するマスコが現在ではほぼないのでしょうか。大変疑問に感じます。
 例えばSFTSであればすでに猫からの感染が確定していますので、リスクの高い地域では地域猫活動の新規認可はやめる、野良猫への給餌の自粛要請や飼い猫の放し飼いを止めるなどの法制化・政策があってしかるべきだと思います。しかし議論すらありません。不思議です。それどころか環境省は現在、さらに地域猫を推進しています。むしろ徘徊猫による感染拡大の可能性を行政機関やマスコミは隠蔽しているようにさえ思えます。

 次回記事では、ドイツにおける感染症流行地での猫犬に対する対策を取り上げます。要約を先に述べれば、ドイツでは多くの自治体で、鳥インフルエンザの流行地では、猫犬とも公共の場に出す場合はリードで拘束する必要があります。 
 自治体によっては違反者は罰金3万ユーロ(日本円で354万円 1ユーロ=118円)までが科せられる可能性があり、そのような犬猫は行政により強制的に殺処分されます。また猫犬をリードをせずに徘徊させたことにより鳥インフルエンザを養鶏場の鶏などにに感染させた場合は、猫犬の飼い主に対して補償を命じることができる
としています。

 いずれにしても、野良猫、放し飼い猫と言う自由に徘徊する無管理状態の家畜が存在することは、公衆衛生上のリスク要因です。それは新型コロナウイルスに限ったことではありません。過去に繰り返されてきた日本の、省庁、マスコミの偏向には、私は異常なものを感じます(*3)。日本は狂った「野良猫放し飼い猫愛誤先進国」なのかもしれません。
 野良猫放し飼い猫による公衆衛生上のリスクを排除するためには、野良猫の温存する政策を廃止することが必要です。そして飼い猫の、放し飼いから完全室内飼いへと移行させることです。それは猫の動物福祉の向上にもつながります。 


(*1)
Rabies Prevention and Management of Cats in the Context of Trap, Neuter, Vaccinate, Release Programs

(*2)
重症熱性血小板減少症候群(SFTS)
SFTS発症動物について(ネコ, イヌを中心に)

(*3)
新型コロナウイルス情報(ペットを飼っている皆様へ) 環境省


 私見ですが、日本語訳の記事、新型コロナ、猫にも感染の可能性 「心配は不要」と専門家 2020年4月3日は、私はかなり偏向があると感じます。元記事はこちらです。Cats may get coronavirus, but experts say it's nothing to worry about  「猫はコロナウイルスに感染する可能性があるりいますが、専門家は心配することは何もないと言っています」 2020年4月2日 元記事は私は偏向を感じますが(例えばイギリスのメディアは、猫から人への感染はある可能性があるという、獣医学の教授の意見を掲載しています。
 上記のアメリカCNNの記事は、楽観的で偏向があると私は感じますが、それでもAVMA(全米獣医師会)の、「猫にも感染する可能性があるという前提での対応を求める」との意見を併記しています。日本語訳記事は、それすら触れていません。


(動画)

 豚コレラ6例目、農場に野良猫10匹 死肉の食べ痕も(豬瘟.豚コレラ)(トキソプラズマ.弓形蟲感染症.Toxoplasma gondii) 2019年6月12日公開
 昨年猛威を振るった豚コレラ。岐阜県の養豚場で発生した我が国6例目の豚コレラは、野良猫がウイルスを物理的に伝播したことが感染原因と疑われています。猫がそのウイルスに感染しなかったとしても体にウイルスを付着させて畜舎内に自由に出入りすれば、感染の原因となりえます。

続きを読む

中国武漢の猫の15%が新型コロナウイルスに感染しているという研究結果






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(summary)
The new coronavirus is transmitted from humans to cats.


 前回記事、「猫は新型コロナウイルスに感染しやすい」という研究結果、の続きです。
 前回記事では、中国の研究で「猫は他の動物に比べて新型コロナウイルスに感染しやすく、猫間においても感染が確認された」ことを取り上げました。現在は猫から人に新型コロナウイルスが感染した例は確認されていませんが、この研究論文を受けて、イギリスの獣医学の教授は、「猫から人に感染することはあるだろう」とも述べています。今回は、「新型コロナウイルスが発生した中国武漢では猫の15%が新型コロナウイルスに感染している」という研究論文を取り上げます。



About 15% of cats in Wuhan infected with novel coronavirus, researchers say 「中国武漢の猫の約15%が新型コロナウイルスに感染していると研究者は述べています」 2019年4月3日


The SARS-CoV-2 coronavirus can enter the body of humans and other mammals, including monkeys, ferrets and cats.
Chinese vets have collected blood samples from 100 stray and house cats from Wuhan, finding that about 15% of them have been infected with the novel coronavirus.
"Previous studies suggested cat could be a potential susceptible animal of SARS-CoV-2. Here, we investigated the infection of SARS-CoV-2 in cats by detecting specific serum antibodies," the abstract to the research article informs.
"Our data demonstrates that SARS-CoV-2 has infected cat population in Wuhan during the outbreak," the abstract concludes.

新型コロナウイルスは、人やサル、フェレット、猫などその他の哺乳類の体内に侵入する可能性があります。
中国の獣医師は武漢から野良猫と飼い猫100匹から血液サンプルを収集し、そのうちの約15%が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。
「以前の研究では、猫が新型コロナウイルスの潜在的に感染しやすい動物である可能性があることを示唆されました。この研究では特定の血清抗体を検出することにより、猫における新型コロナウイルスの感染を調査しました」と、研究論文の要約は伝えています。
「私たちのデータは、新型コロナウイルスの発生中に、新型コロナウイルスが武漢の猫の集団に感染したことを示しています」と、研究論文の要約は結論付けています。



 前回記事で取り上げた論文と合わせて、「猫は新型コロナウイルスに感染しやすい」ということが証明されたといえます。「猫が新型コロナウイルスに感染しやすい」ことは、アメリカ合衆国の複数の動物園で、ネコ科のトラが新型コロナウイルスに感染した例が複数あります。それを報道するニュースソースから引用します。
 Coronavirus: Tiger at Bronx Zoo tests positive for Covid-19 「新j型コロナウイルス:ニューヨーク、ブロンクス動物園のトラが新型コロナウイルスで陽性だった」 2019年4月6日


Afour-year-old female Malayan tiger at the Bronx Zoo has tested positive for the coronavirus.
The tiger, named Nadia, is believed to be the first known case of an animal infected with Covid-19 in the US.
The Bronx Zoo, in New York City, says the test result was confirmed by the National Veterinary Services Laboratory in Iowa.
Nadia, along with six other big cats, is thought to have been infected by an asymptomatic zoo keeper.

ニューヨーク市のブロンクス動物園の4歳のメスのマレートラは、コロナウイルスの検査で陽性でした。
ナディアという名前のトラは、アメリカで新型コロナウイルスに感染した動物で、最初に確認された症例であると考えられています。
ニューヨーク市のブロンクス動物園は、検査結果は、アイオワ州の国立獣医サービス研究所(the National Veterinary Services Laboratory in Iowa)によって確認されたと言います。
ナディアは、他の6頭の大型のネコ科動物とともに、無症状の動物園の飼育係から感染したと考えられています。



 ニューヨーク市の動物園でのトラの新型コロナウイルス感染は、飼育員から感染したことがほぼ確定しています。すでに、ベルギーでは、人(飼い主)から猫に新型コロナウイルスが感染したことが確定しています。
 新型コロナウイルスはすでに異種の哺乳類間で感染が確認されており、猫から人への感染を完全に否定できるとは思えません。現に、可能性に言及しているイギリスの獣医学の教授がいます。やはり野良猫、放し飼い猫は潜在的な新型コロナウイルス感染のリスク要因といえるでしょう。


(動画)

 Pets abandoned by people fleeing the coronavirus outbreak in China 「中国で新型コロナウイルスの集団発生から逃れる人々によって見捨てられたペット」 2020年2月6日
 中国武漢市では、新型コロナウイルス感染防止のために都市封鎖を行いましたが、帰宅できない飼い主に見捨てられたペットが空き家に5万頭も残されました。レスキューした団体があるようですが、仮にそれらの猫が新型コロナウイルスに感染し、猫から人への感染があるとすれば、非常に危険なことです。その可能性を否定する証拠はありません。

As many as 50,000 pets have been trapped in empty homes after their owners were unable to return because of a citywide lockdown in place since January 23, 2020, according to the Wuhan Small Animals Protection Association.

武漢小動物保護協会によると、2020年1月23日以降、武漢の都市全体の封鎖のために飼い主が帰宅できなくなった後に、5万頭ものペットが空家に取り残され閉じ込められました。





(画像)

 前回記事、「猫は新型コロナウイルスに感染しやすい」という研究結果での、私のコメントレスをわざわざスクショしてツイッターで拡散して、愛誤の知能がいかに低いかを世間に知らしめてくれた方がいます。それが以下の画像です。
 15% cats Wuhan infected coronavirus 「15% 猫 武漢 感染 コロナウイルス」で英文検索すれば、「武漢の猫を調査したところ、新型コロナウイルスの抗体を15%持っており感染が証明された」とのソースが学術誌を含めて多数ヒットします。彼らは中学を卒業していないのでしょうか。このような恥さらしのツィートをする前に、簡単な英文検索ぐらいするとか、私がコメントで「これからアップします」と述べているので、その記事の内容を確認してからにすればいいのに。このような無知蒙昧な人たちがしゃしゃり出ている日本の動物愛護は、まったく進展は望めません。

「武漢の猫の15%が新型コロナウイルスに感染していいる」とするその他のソース
SARS-CoV-2 neutralizing serum antibodies in cats: a serological investigation 2020年4月4日
About 15% of cats in Wuhan infected with novel coronavirus, researchers say  2020年4月4日

ツナ缶 白痴
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,227ブログ中6位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR