「韓国は猫を生きたまま茹でてスープを作る」についての考察



地域猫 ブログランキングへ




Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

韓国
Korea
Südkorea


 韓国の犬猫食習慣について、批判する日本のメディアがあります。その中には、「犬猫の食用屠殺は、世界に例を見ない残酷な方法が用いられる」として、ことさらその残虐性を強調しているものがあります。「猫を生きたまま茹でてスープを作る」は、その一つです。しかし「猫を生きたまま茹でる」ことは到底真実とは思えません。


 韓国の犬猫食を批判する、マスメディアの記事があります。その中では「猫を生きたまま茹でてスープを作る」というものがあります。“犬喰い”韓国…ネコも生きたまま煮込み精力スープに! あり得ない“残虐食文化”めぐる世界の動き(1)産経WEST。2016年8月12日。より引用します。


韓国人はネコも食べるというのです。
「犬は苦しめて殺した方が肉が美味くなる」という彼らの残虐文化についてご紹介しましたが、彼らのネコの調理法もまた、想像を絶するものらしいのです。
「ネコの場合は、生きたまま巨大な圧力鍋のようなものに入れて煮込み、スープにするんです。リウマチに効く漢方薬として珍重されています。『ネコエキス』として瓶詰めされ、普通に市場で売られています。ネコの多くは野良猫らしいですが…」。
迷信だけでネコを生きたまま煮込んでスープにしているわけですね…。
男は猫を殺すため、生きたまま約2分間熱湯でゆで、毛皮と内臓を取り除いてから一旦、冷凍し「健康食品センター」に1匹あたり1万5000ウォン(約14ドル=約1400円)で売りさばいた。



 産経WESTの記事では、「これでもか」というほど、「猫を生きたまま茹でる」残虐性を強調しています。しかし猫を生きたまま茹でた場合、その猫の肉は、到底食用にはならないでしょう。
 その理由は、第一に、猫が生きている状態であれば、大腸や直腸に糞便が残っています。糞便が体内に残った状態でまるごと茹でれば、当然糞便の臭気や成分が可食部に移ります。衛生上良くありませんし、まず食べられる代物にはならないでしょう。
 第二に、生きたまま、体毛が生えた状態であれば、猫、特に野良猫はノミやダニなどの外部寄生虫が寄生しています。それらと一緒に煮込むことになります。茹で上がった状態で皮をはぐのでしょうか。しかし茹でてしまえば、皮のタンパク質が硬化し、可食部の筋肉組織と結合します。つまり皮をはぐのが難しくなります。もちろん、体毛が生えた状態のまま、ノミダニがついたまま煮込んだものなど到底食べられたものではありません。
 第三に、食肉は血抜きをしなければまずくて食べられないのです。食肉処理においては、食肉を美味しくするために、最も効率の良い血抜きの方法が採られます。頭部をハンマーで一撃する、家畜屠殺銃で東部を打ち抜くなどして、仮死(脳死)状態にします。心臓が動いている状態のまま、頚動脈を切断し、速やかに放血させます。それが最も、効率の良い放血方法です。生きたまま茹でれば、血が可食部内で固まってしまい、血抜きが全く出来ません。
 
 以上より、この本「産経 WEST」の記事の内容は、全くと言って信頼できるものではありません。捏造といっても差し支えないでしょう。
 それと猫ではありませんが、このような記述もあります。「病気の犬はペットオークションで犬肉業者に売られている」。しかし病畜は食用には出来ません。この記述からも、本記事が信頼に足るものではないと判断できると思います。

 しかしなぜ明らかに捏造した事実を報道をするのでしょうか。私は背後に反韓感情を煽ることを意図した政治的背景があるのではと勘ぐっています(産経の記事ですし)。
 しばしば動物愛護は、政治に悪用されていると感じます。私はかつて韓国メディアが、「中国の毛皮生産においては、動物が生きたまま毛皮を剥いでいる。極めて野蛮で残酷だ」という報道をしていたことを記事にしています。その上で私は「韓国の反中感情が背景にあるのではないか」と述べました。特に動物愛護の分野においては、極めてアグレッシヴに反応する大衆が存在します。その国に対する反感を煽るツールとしては、大変効果的です。しかし産経新聞は、これほどのひどい捏造記事を書いて、韓国との外交問題に発展するリスクを考えないのでしょうか。メディアの情報を理由する側も、健全な批判精神を持ち、矛盾する情報に対しては鵜呑みにしないことが大切だと思います。


(動画)

 犬は生きているままゆでるとおいしいニダ Korean boil dogs alive。2010年11月4日。これが「韓国では犬や猫を生きたまま茹でるのは真実」と主張している人が示している「証拠」ビデオ。これは、既に屠殺して血抜きをした犬を、攪拌機に入れて体毛を除去している作業の様子です。生きたまま茹でているわけではありません。
 無知と偏見に基づく差別は恐ろしいものがあります。それが真実として定着し、マスメディアも同調しているというのが、日本の海外動物愛護に関する情報です。




(参考資料)

 ヘルプアニマルズ 韓国 犬肉。こちらのHPでは、韓国のジョーク映画の、ビーグル犬を金網に生きたまま載せて焼く(ジョーク。実際に行われているわけではない)の1シーンを、「残酷で不要な動物実験」と紹介したり。ちゃんと写真に英文で説明があります。彼らは英文も読めないのか。その他、ドイツ動物保護法の歪曲解説など、信頼性という点では、全く参考になりません。しかし「愛誤」は、このような資料を「証拠」とします。資料の評価能力というか、それ以前に彼らは決定的に知能がみたないです。
 「生きたままケージに入れたり、上から鎖で吊るして焼きころす。こうすると犬がもがいて体をねじるので、万遍なく焼け、屠殺する人は見ているだけでよい」。これも本文で示した理由により、ありえない屠殺方法です。「小型の犬は麻袋に入れ結んだ後、金串であちこちを刺す」。この屠殺方法も、放血が十分にできませんのでありえないでしょう。「・生きたまま茹でる。・生きたまま蒸す。・サンガクテ~残虐な屠殺方法の一つで、上から吊り下げて首を絞めた状態になると、犬がもがきます。もがいた体がセンサーに触れると炎が出て、息のある状態で絞殺されながら焼かれるというものです」。これらも、本文で示したとおり、食用屠殺としてはありえないでしょう。このような荒唐無稽な情報を多くの「愛誤」信じるのは、一種の集団ヒステリー化で、思考停止でしょうね。


(参考資料)

 【エンタメよもやま話】“犬喰い”韓国…ネコも生きたまま煮込み精力スープに! あり得ない“残虐食文化 ... 。確かに、記事タイトルが「ありえない」と断りを入れていますね。記者は「記載内容がうそだ」と、責任を問われたら、「ちゃんとタイトルに『「ありえない』と書いていますよ」と弁明するつもりでしょうか。
 マスメディアの嘘の責任逃れも巧妙化しています。最近はNHKも大嘘はゲストに喋らせています。「ドイツにはペットショップがない」と麻生獣医科大学の元学長の太田光明氏に発言させたり。
スポンサーサイト

「野良猫の餌やりさんが殺害された韓国は動物愛護精神ゼロだ!」は、ヘイト報道



地域猫 ブログランキングへ




Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp   dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp  dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。 eggmeg@hotmail.co.jp  dreieckeier@yahoo.de

 「韓国で野良猫の世話をしていた中年女性は、野良猫を嫌う者により、マンション屋上からレンガを投げ落とされて殺害された」と、日本のメディアが報道したニュースがあります。その事件に対する論調は、「韓国は動物愛護精神がゼロである」です。しかし韓国のメディアの報道によれば、日本のメディアのニュースは、かなり偏向と捏造があるようです。


 まず、「韓国で、野良猫の世話(餌やりや猫ハウスを作っていた)をしていた中年女性が、殺害された。高層マンションの花壇に猫ハウスを作っていたところ、何者かが屋上からレンガをその女性にめがけて落とした」という、ニュースを引用します。
 日刊サイゾー(まあ、3流以下のメディアなのですが)殺人事件にまで発展! 野良猫を毛嫌いする“動物愛護精神ゼロ”な韓国人。2015年10月16日。


10月8日、野良猫のために屋外シェルターを作っていた50代女性が、何者かにレンガブロックを投げつけられ、殺される事件が起こったのだ。
亡くなった女性は、韓国で「キャットマム(Cat Mom)」と呼ばれる野良猫のボランティア。
寒い冬に備えて野良猫たちに暖かい寝床を作ってあげたいという善意が、何者かの悪意に潰されてしまった。



 上記の事件と同日の、同事件を報道した韓国のメディアのニュースも引用しますChosun online 日本語版から。落下したれんがに当たり死亡 犯人は小学生=韓国社会に衝撃
2015年10月16日。


ソウル郊外の竜仁市内にあるマンションの花壇で8日午後、野良猫のための家を作っていた50代の女性が、上から落ちてきたれんがに当たって死亡した事件で、韓国の警察当局は16日、マンションに住む男子小学生を容疑者として発表し、韓国社会に衝撃が走っている。
事故をめぐっては、野良猫や野良猫の面倒を見る人を指す「キャットママ」を嫌う何者かによる犯行との推測が広がっていた。
小学生は学校で学んだ物体の落下実験を行うため、屋上にあったれんがを下に落とし、事故を起こしたという。
警察は小学生の供述などから、誰かに当てるためれんがを投げた可能性は大きくないとみている。



 上記の報道から推測しますが、韓国でも、迷惑な野良猫への給餌などが社会問題化しているようです。それと私が、日本のメディア、日刊サイゾーの記事、殺人事件にまで発展! 野良猫を毛嫌いする“動物愛護精神ゼロ”な韓国人、から感じたことを述べます。
 私が思うには、本記事を書いた記者は、いわゆる「愛誤嘘プロパガンダ」を盲信して、誤った知識をおもちの方でしょう。愛誤嘘プロパガンダ~つまり「欧米愛護先進国は、野良猫に対しては殺処分はしない」、「野良猫の餌やりに寛容で、被害者は餌やり被害を限なく受忍するという価値観であり、餌やりパラダイスである」、「TNRが極めて一般化しており、公的助成も厚く、野良猫対策としてはファーストチョイス、もしくは一択である」、です。

 日刊サイゾーの記事では、なくなった女性を「野良猫ボランティア」、「野良猫たちへの善意」、と称しています。私は韓国の動物愛護事情は全く存じませんし、ハングル語は全くわかりません。
 しかし限られた字数の報道からは、「マンションの花壇に猫ハウスを作っていた」などという記述を読めば、野良猫の保護活動は、マンションの住民の同意を得たものではなかったような気がします。通常、共用の花壇に野良猫用の猫ハウスを設置することを同意するマンション管理組合や自治会がありますか。共用花壇は花を大事に育てている人がいると考えるのが自然で、そこに花壇を荒らす野良猫用のハウスを作ることが許可を得ていたとは到底思えません。
 それと私が日本国内に限ったことですが、集合住宅の敷地内での野良猫保護活動が、集合住宅の住民らの同意を得ていたというケースはひとつも知りません。集合住宅内の野良猫保護活動は人の生活圏に密着しており、猫による被害がより深刻化しやすいからです。

 おそらく死亡した女性は、迷惑なだけのいわゆる「餌やりさん」と推測します。この女性は、野良猫保護活動とは関係のない事故死であることが判明しましたが、「韓国では野良猫嫌いの国民が多いので動物愛護精神ゼロ」「だから野良猫保護ボランティア(本当は迷惑行為)が殺害された」と、事実関係も確かめずに記事にした記者は、著しく偏向しており、無知で、韓国に対する差別意識があります(でも、記事を書かれた方は韓国人と思われますが?)。
 では、動物愛護精神が高い国とは、どのような国なのでしょうか。民主的な先進国ほど、個人の権利が守られ、それを担保する法律が整備されています。愛誤は「動物愛護先進国欧米」といいます。しかし「欧米では動物愛護(誤)活動のためならば、無関係な人の権利を侵害しても良いという価値観がある」と思っているのならば、勘違いも甚だしいです。

 アメリカでは、ほぼすべての州で、無許可の野良猫への給餌は禁じられています。違反者は、最高刑で懲役90日と罰金の併科という重罰が科せられます。TNRを公的制度として認めている自治体は極めて稀で、そのような自治体であっても無許可の餌やりは厳しく罰せられます。また、野良猫の捕獲~殺処分を自治体が行っています。
 ドイツでも近年は、野良猫への給餌に対して刑事罰を科す法整備が進んでいます。ドイツでは、TNRの公的制度は、未だかつて一つもありません。
 韓国の問題は、「動物愛護精神がゼロ」なのではなく、公共のルール~他者への権利侵害を予防するための法整備が遅れていることです。それは日本にも当てはまることですが。


(参考資料)

 なぜか、海外在住者であることをことさら強調し、「海外の動物愛護通(痛?)」を自称している方に限って、驚くほど海外の動物愛護に関して無知です。なぜでしょうね?

日刊サイゾーより 殺人事件にまで発展! 野良猫を毛嫌いする“動物愛護精神ゼロ”な韓国人

先程まで、「海外在住者」とプロフィールにあったと記憶していますが?
まるでヨーロッパの事情には無知のようです。
どちらにお住まいでしょうか?

隣家の庭汚す、野良猫餌やりで55万支払い命令

オーストラリア在住とのことですが、こちらの管理人さんはJPアドレスで私のサイトにアクセスされました。
到底、オーストラリアをはじめとする海外情報にお詳しい方とは思えません。


(動画)

 Cat shot by Gorham police officer recovering「ゴーハム警察署の警察官に撃たれた猫が回復した」。2014年3月19公開。アメリカ、メイン州の州法では、狂犬病の疑いのある猫は、警察官は射殺して良いとされています。ゴーハム署の警察官は、その野良猫を狂犬病の危険性ありと判断して撃ったのですが、野良猫愛誤の猛攻撃にあい、ゴーハム市は猫の治療費を補償するとしました。Stray cat recovering from shooting by officer who suspected rabies
 韓国は狂犬病清浄国ではないのです。アメリカならば、野良猫は警察官に撃たれて当然。

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7724ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR