愛犬を強制殺処分されて自殺したデンマークの青年~世界びっくり犬事件



地域猫 ブログランキングへ





Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp
メールは、こちらにお寄せください。eggmeg@hotmail.co.jp

(Zusammenfassung)
Drama um Rasse-Nachweis | Däne (27) folgt seinemHund in den Tod
Laut Gesetz sind 13 Hunderassen oder auch nur Mischling Anteile in Dänemark seit 2010 strikt verboten.
darunter Pitbulls und Bulldoggen.
Auch Hunde, die keine klassischen Kampfhunde sind, stehen auf der Liste.
Hunde einer bestimmten Rasse hat in so vielen fortgeschrittenen westlichen Ländern verboten.
Es umfasst Deutschland und das Vereinigte Königreich.
Ein solcher Hund kann sie eingeschläfert werden.
Ein solches Gesetz ist nicht Japan .


 私は過去記事で、「デンマークには厳しい犬の法律が有り、闘犬カテゴリーの犬種などの危険とされる犬は、行政が押収して強制的に殺処分する」ことを書いています。そのデンマークですが、愛犬を殺処分された青年が、自殺するという痛ましい事件が起きました。デンマークに限らず、ドイツなどの欧米を始めとする先進諸国では、闘犬カテゴリーなどの特定の犬の品種(とその雑種、雑種と思われるもの)の飼育などを禁じています。それらの無資格飼育犬は、行政当局が押収し、強制的に殺処分することが行われています。デンマークは、ほかの国に比べて法律の運用が厳格というだけです。


 デンマークでは「世界で最も厳しい犬法」と言われる法律があります。その法律によれば、飼育が禁止されている13種の闘犬カテゴリーなどの危険とされる品種の犬と、その雑種(と思われるものを含む)の飼育や国内持ち込み、繁殖が禁じられています。それらの犬は警察が押収し、強制的に殺処分します。
 その犬が、法律で定められた品種の犬や、その雑種ではないということは、犬の飼い主が証明しなければなりません。証明ができなければ、有無を言わさず、警察官一人の判断でも、その犬を強制的に殺処分できるとされています。この件については、私は何度か記事にしています。


(参考記事)

スイス人は犬を食べる?そんなことはナンセンスですよ、デンマーク人は理由もなく犬を殺します!
「日本は、欧米先進国の動物愛護を見習え!」~では、デンマークを見習ってください
「世界で最も厳しいデンマークの犬法」を、多くのドイツ人は支持した


 最近そのデンマークの犬法に関する、痛ましい事件が起きました。愛犬を押収~強制的に殺処分された青年が、犬のあと追い自殺をしたのです。
 ドイツの大手メディア、Bild のニュースから引用します(ドイツ語)。Drama um Rasse-Nachweis | Däne (27) folgt seinemHund in den Tod「禁止犬種のドラマ 青年デーン(27)は、愛犬の強制殺処分のあとを追って自殺しました」。2015年5月9日。


Er hatte acht Tage Zeit, den dänischen Behörden zu beweisen, dass sein Hund keine genetischen Anteile einer verbotenen Kampfhunderasse hatte.
Besitzer in der Beweispflicht
Laut Gesetz sind 13 Hunderassen oder auch nur Mischlingsanteile(Mischling anteile?) in Dänemark seit 2010 strikt verboten.
Wird von der Polizei in Dänemark der Verdacht ausgesprochen, ein Hund könnte Anteile dieser Rassen aufweisen, gerät der Besitzer in die Beweispflicht.
Kann er nicht eindeutig die genetische Herkunft des Hundes nachweisen.
Dan konnte Zanto nicht retten
dann wurde Zanto aus seinen Armen gerissen und eingeschläfert.
Das brach Dan das Herz.
Laut „Fairdog“ wurden Dan und sein Hund am 29. April gemeinsam beigesetzt.

4月8日までに、彼(愛犬の後追い自殺をした青年デーン)は、彼の愛犬が法律で禁止されている闘犬カテゴリーの品種の遺伝子を持っていないということを、デンマーク当局に証明しなければなりませんでした。
しかし、彼はできませんでしたー彼は死ぬことを選びました。
立証責任は、犬の飼い主にあります。
法律により、デンマークでは13品種の犬種、あるいはそれらの品種との混血は、2010年より厳格に(飼育などが)禁止されています。
犬がこれらの品種の血統を持つとの疑いはデンマークの警察が示すことができ、それを否定する立証責任は犬の飼い主にあります。
しかし犬の遺伝的起源を明確に証明することはできません。
デーンは、ザント(愛犬の名前)を飼い続けることはできませんでした。
その後ザントは、デーンの腕から引き離されて、安楽死させられました。
そのことは、デーンの心を壊しました。
4月の終わりにデーンは、毒薬の錠剤を飲んで自らの命を絶ってしまいました。
デーンの「Fairdog(=合法的な犬。メディアは強制殺処分された犬は、法律で禁じられた犬ではないとしているのでしょう)」とデーンは、4月29日に一緒に埋葬されました。



(画像)

 愛犬ザントと、後追い自殺した飼い主のデーン青年。

デンマーク 犬


 デーン青年の愛犬ザントは、子犬の頃から家族同様に飼われていました。デンマーク警察がザントを押収し、強制的に殺処分した理由は、法律で禁じられている犬種、もしくはその雑種である疑いがあったからです。ザントは、咬傷事故を起こしたわけでもなく、危険な行動を示したわけでもありませんでした。
 しかし欧米先進国(アジアではシンガポールもそうですが)では、特定の犬種を「危険な犬」として、法律で飼育、繁殖、国内持ち込みを禁じているところがほとんどです。ドイツやイギリスでも、そのような犬の押収~強制殺処分は一定数あります。デンマークは、法律の運用が厳格であるというだけです。

 私は疑問に思うのですが、このような欧米などの先進国では常識とも言える、「禁止犬種規定」を報道するマスメディアはほぼ皆無です。また動物愛護団体はさらにないでしょう。対して、誤った「欧米などの常識」はこれでもか、というほどマスメディアは報道しますし、動物愛誤団体は同調して、その嘘情報を拡散させます。
 誤った「欧米などの常識」とは、「犬猫の販売が禁じられている」「犬猫の殺処分がゼロ、もしくは極めて少ない」「ティアハイム(アニマルシェルター)は非営利の公的性格が強い団体、もしくは公的団体」「ドイツでは、犬の首輪は必要ない。甚だしきは犬には人権と同様の犬権がるので首輪、リードはしてはならない」などです。それらは全て「大嘘」です。この誤った情報を流布させる人は道義的責任があると思います。

 「ドイツに赴任するのに犬を同行させたい」という事で、ネット上でアドヴァイスを求めていた人がいますが(全て日本語です)、「動物愛護に反するとされないだろうか」という心配ばかりでした。無責任な嘘回答ばかりでした。そのようなことは、ドイツ大使館に問い合わせるべきでしょう。日本語で回答が来るとは限りませんが。
 それ以前に、ドイツに犬を持ち込む際の狂犬病予防ワクチンの証明は、ドイツ語か英語でなければトラブルのもとになります。ドイツ税関当局がそれを証明として認めなかった場合は、強制送還もしくは強制殺処分になります。また、飼育が禁止されている犬種や、その雑種も同様です。その心配をしたほうが良いでしょう。またドイツは、法律上は犬のリード使用と、犬税登録済の鑑識を装着する義務が日本より厳しいです(限られた場所、期間ですが、リード義務違反は5,000ユーロの罰金です)。また犬を遁走させれば警察官に射殺される可能性がありますし、咬傷事故をお越した場合の飼い主の刑事責任は、ドイツの方が厳しいです。

 日本のように、禁止犬種が法律で規定されていない先進国は例外です。また、咬傷事故、それが死亡事故であったとしても、その犬を強制的に殺処分する法的根拠のない、お犬様国家も、おそらく日本だけでしょう。また、最近、遁走したドーベルマンが次々と咬んで4人にけがを負わせた事件がありましたが、駆けつけた警察官は拳銃の使用もしませんでした。諸外国では同様のケースでは、即時警察官が犬を射殺します。
 犬などの飼育動物の管理に関しては、日本以外の先進国ははるかに厳しく、殺処分も辞さないのです。海外でのトラブルを事前に防止するためにも、マスメディアや動物愛誤団体は、無責任な嘘の拡散は即刻やめるべきです。


(参考資料)

 この事件に対して、ドイツではフォーラムがたっています。一部を引用します。4.6.2015 Dänemark - Lebensmüde nach Zwang sent hunden「デンマーク 犬を強制的に押収された後の疲れた人生」。


Cool. Das heißt für unsere Sache: 2 Fliegen mit einer Klappe geschlagen.
Man wünscht sich mehr konsequente Länder wie Dänemark.

Er hätte sich doch einfach nur an die Gesetze seines Landes halten sollen.

nach verlorener Schlacht.
Sich das Leben nehmen ist die perfekte Methode zum Untertauchen und ich weine dem Versager (in Bezug auf die menschliche Rasse) auch keine Träne nach.

やったぜ、一石二鳥だね、それを俺たちは大義と呼ぶぜ(ドイツ語でも「一石二鳥」という慣用句があります。ドイツ語では「鳥」ではなく「ハエ」です)。
デンマークのような、法律の一貫性のある運用を望むところだ。

彼は彼の国の法律を守らなければならなかっただけです。

犬を失ったあとは、自殺をするには、溺死が最適な方法です(私は人として)失敗すれば泣きますが、自殺の後は涙は出ません。


( rücksichtslosen deutschen Volkes!)
スポンサーサイト

デンマークのヘンリック殿下(現国王、マルグレーテ二世の夫君)の好物は犬肉です






Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp

(Zusammenfassung)
Ich werde aus "Nahrungstabu Deutsch wikipedia "zitieren .
"Im Mai 2006 erregte ein Interview von Prinz Henrik von Dänemark Aufsehen, das in einer dänischen Zeitschrift erschien und in dem er offen äußerte, dass er sowohl ein Liebhaber lebender Hunde als auch von Hundefleisch sei, denn zum Verzehr bestimmte Hunde würden eigens dafür gezüchtet, das sei also vergleichbar mit Hühnern. Der Geschmack von Hunden erinnere an Kalbfleisch ."
Ich war überrascht!\(◎o◎)/!


 デンマーク現国王、マルグレーテ二世の夫君であるヘンリック殿下の好物は「犬肉」です。これはかつてマスメディアに対して殿下自身が告白した事実です。ヨーロッパのメディアは、しばしばこの事実を取り上げてきました。特にスイスのメディアは、周辺諸国から自国の犬猫食を批判されるたびに、ムキになってこの話題を蒸し返します。


 私はかつて、スイスの犬肉食の習慣を記事にした時に、このようなスイスのマスメディアの記事を引用しました。Gegrilltes Hündchen als Delikatesse 「犬肉のバーベキューは美味」。2013年1月15日。  
 これは、スイスがヨーロッパの周辺諸国から、犬猫食の習慣を批判されることに対しての反論とも言える記事です。この記事では、「1986年までドイツでは犬食が合法で、普通に犬肉屋があった」「イギリスでも犬肉が食べられていた」などの史実を挙げています。
 そして、デンマーク現国王のマルグレーテ二世の夫君であるヘンリック殿下の好物が犬肉であることや、アメリカのオバマ大統領がインドネシアに住んでいた当時犬肉を食べていたという、大統領選挙時のネガティヴキャンペーンも取り上げています。今回は、デンマークのヘンリック殿下の犬食について紹介します。


Seit dem Wahlkampf um die US-Präsidentschaft wissen wir zudem, dass auch Barack Obama während seiner Kindheit in Indonesien schon einmal Hund verzehrte und das Fleisch zäh fand.
Und Prinz Henrik von Dänemark, Ehemann von Königin Margrethe II., gestand der Illustrierten «Se&Hør», dass er gerne Hundefleisch verspeise.

アメリカの大統領選の選挙運動以来、私たちはまた、バラク·オバマ氏でさえ、インドネシアの少年時代にがっつりと犬肉を食べていたことを知っています。
デンマーク国王であるマルグレーテ二世の夫君であるヘンリック殿下は、雑誌「S&Hør」に、彼が犬の肉が好物であることを告白しました。



 少し古い記事ですが、ドイツの最大手メディアのシュピーゲル紙も、ヘンリック殿下が犬肉が好物であることを報じています。Schock für Tierfreunde:Dänischer Prinz mag Hundefleisch 「動物愛好家にとってはショック:デンマークのヘンリック殿下にとっては、ほかの肉と犬の肉は同じです」。2006年1月6日。


Prinz Henrik ist auf den Hund gekommen: Zum Entsetzen vieler Tierfreunde gestand der Ehemann von Königin Margrethe, gerne Hundefleisch zu verspeisen.
Pikant: Der Prinz ist Ehrenpräsident des dänischen Dackelclubs.
Prinz Henrik (71), Ehemann von Königin Margrethe II. (66), hat sich zum Verspeisen von Hundefleisch bekannt.
"Die Hunde, die man essen kann, sind ja in der Regel gezüchtet. Das ist genauso wie mit Hühnchen."
Der Prinz, der aus Frankreich in den Kopenhagener Hof einheiratete, ließ sich in dem Interview detailliert über den Geschmack von Hundefleisch aus, das er als "recht trocken" einstufte und mit Kalbfleisch verglich.

ヘンリック殿下は犬肉を召し上がりました。
多くの動物愛好家の友人を持つデンマーク国王、マルグレーテ二世の夫君は、犬の肉が好物であることを告白しました。
皮肉なことに、殿下は、デンマークのダックスフント愛好家クラブの名誉会長です。
ヘンリック殿下(71歳)は、犬の肉を食べることで知られています。
「犬肉、それは(食肉用に犬が)実際に普通に飼育され、あなたがたも食べることができます。 犬肉は普通の鶏肉のようなものです」。
殿下はパネリストからの犬の味のインタビューに、「それは仔牛の肉に比べてパサパサした食感です」と応えています。



 ヘンリック殿下の犬肉嗜好は、ドイツ版ウィキペディアにも記述があります。Nahrungstabu 「食のタブー(禁忌)」。王族の方々などは、メディアの注目度が高いから大変ですね。お疲れ様。


(動画)

 デンマーク国王、マルグレーテ二世と夫君のヘンリック殿下。殿下は、ダックスフントを可愛がっておられます。やんごとなきデンマークのロイヤルファミリーのご様子。
 昔はハンサムだったヘンリック殿下も、太めのおじいちゃんになるのね(犬肉の食べ過ぎ?じゃなかった、汗)。この方もヨーロッパのメディアからは「女王の影(日本語で言えば「金魚の●」といったニュアンス)」と書かれたり、お気の毒という気もします。

 

「世界で最も厳しいデンマークの犬法」を、多くのドイツ人は支持した






Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp


(Zusammenfassung)
Schärfstes Hundegesetz der WeltVorsicht an der Grenze: Dänen töten Hunde
Dänemark hat seit 2010 ein verschärftes Hundegesetz, das bislang außerhalb des Landes wenig Beachtung fand.
Deutsch Massenmedien, Hamburger Morgen Beitrag wurde Berichterstattung "Gesetz des dänischen Hund. ”
Viele deutsche Leser, schrieb einen Kommentar, um das "Gesetz des dänischen Hund" zu unterstützen.
Ich werde einen Kommentar zu zitieren. 
Dabei hat das kleine Land (Dänemark ) eines der schärfsten Hundegesetze weltweit.
Die Regeln gelten auch für die Hunde von Touristen.
Die wichtigsten Punkte des dänischen Hunde-Gesetzes:
Die Einfuhr von 13 Rassen ist verboten .
Sollte ein Polizist der Meinung sein, ein Hund gehöre auf Grund seines Aussehens zu einer der verbotenen Rassen oder ist ein Mischling mit verbotenen Anteilen, kann er den Hund ohne weitere juristische Prüfung einschläfern lassen.
Jeder Hund, egal welcher Rasse, der einen Menschen oder einen anderen Hund (!) gebissen hat, kann beschlagnahmt und ohne juristische Prüfung eingeschläfert werden.
Von April bis September gilt absolute Leinenpflicht.
Grundstückseigentümern erlaubt, streunende Hunde auf ihrem Grundstück zu erschießen.


 私は記事、・スイス人は犬を食べる?そんなことはナンセンスですよ、デンマーク人は理由もなく犬を殺します!、・「日本は、欧米先進国の動物愛護を見習え!」~では、デンマークを見習ってください、で、デンマークは、世界で最も厳しい犬法を持つ国であることを紹介しました。特定の禁止犬種と、それらとの雑種をデンマーク国内に持ち込めば、即時押収~安楽死処分される可能性があります。また、その犬が法律で禁じられている犬種が否かの判断は、警察官の独断でも有効です。その犬が法律で禁じられた犬種ではないという証明責任は、犬の飼い主が負います。同様の規定は、咬傷事故を起こしたすべての犬にも適用されます。このデンマークの犬法ですが、多くのドイツ人が支持しました。


 世界で最も厳しい犬法の一つである「デンマーク犬法」。本法の概要を報じ、ドイツ人に対してデンマークへの犬同伴旅行への注意を喚起したドイツ、マスメディアの記事では、一般読者からのコメントを受け付けました。ドイツのマスメディアの、ドイツ語の報道ですから、コメントを投稿したした読者の多くはドイツ人でしょう。このデンマークの犬法を支持するコメントが、多く寄せられています。
 ドイツのマスメディア、ハンブルガー・モルゲンポストの記事、Schärfstes Hundegesetz der WeltVorsicht an der Grenze: Dänen töten Hunde 「世界で最も厳しい犬法。国境に注意してください。デンマーク人は犬を殺します」。2013年4月22日、に寄せられたコメントから引用します。


TOM
...weil jeder Idiot den größten Hund halten darf und viele davon meinen ohne Wissen,
Da kann ich nur sagen: SELBER SCHULD - KEIN MITLEID !!!

Nurich
In Deutschland sollte es auch so ein Gesetz geben.
nach wie vor gibt es noch immer zu viele Beißvorfälle (oft sind Kinder die Opfer), die Bürgersteige sind voller ekliger Tretminen.

Womensword1
Die Haltung von großen Hunden ist unnötig und gefährlich.
Darum gehört sie verboten.

Thomas Kraal
Jeder Hund der in der Lage ist einen Menschen zu töten, insbesondere Kinder, dürfte gar nicht gezüchtet werden.
Ich kann Dänemark zu diesem verschärften Gesetz nur gratulieren.

Femensgirl
Glückwunsch an die Dänen.
Ihr macht es genau richtig.
Gefährliche Hunde gehören ausnahmslos eingeschläfert.

Dagmar
Super Idee von Dänemark.
Diese Hundebelästigung in Deutschland ist nicht mehr zum aushalten.
insbesondere Kinder sind mir wichtiger als Hunde,

tron
absolut richtig was dänemark macht.
diese aggressiven viecher sollten auch in deutschland stark reduziert werden und ich glaube auch, dass das irgendwann kommt.

Klavierträger
Sehr gut Dänemark.
Endlich mal ein Land dass auf diesem Gebiet wegweisend ist.
Weg mit den gefährlichen Hunden.
Es passiert einfach zu viel, deswegen sind diese Gesetze mehr als angemessen.

トム
どんなバカでも知識がなくても、大型犬を多数飼うことができます。
私は言うね、(犬を押収されて強制的に安楽死させられた犬の飼い主に対して)「自業自得ー同情の余地なし!!!」。

ヌーリヒ
ドイツでもそのような法律にする必要があります。
あまりにも多い犬による咬傷事故がまだあり(多くの場合、子供が被害者です)、歩道は厄介な対人地雷(放置された犬糞のこと)でいっぱいです。

ウーメンズワールド1
大型犬の飼育は不要ですし、危険です。
それらは禁止されるべきです。

トーマス・カール
すべての犬は状況によっては人を殺します、特に子供たちを。
犬は飼育するべきではありません。
私はこれほどまで厳しいデンマークの法律を祝福します。

フィーメンズガール
デンマーク人におめでとうと言いたいです。
あなたがたは正しいことをしています。
危険な犬は、例外なく安楽死させること。

ダグマー
デンマークのアイデアは素晴らしい。
ドイツでの、犬による嫌がらせはもはや我慢できません。
特に子供たちは、私にとっては犬より大切です。

トロン
デンマークが制定したこの法律は、絶対に正しいです。
これらの攻撃的な生き物(犬)が大幅にドイツでも減らすべきであると私も考えていますし、いつかは実現します。

クラヴィアトレーガー
デンマークは良いです。
この分野では、デンマークは画期的な国です。
危険な犬をシャットダウンすること。
それらの犬はあまりにも増えすぎたため、この法律は十分すぎるほどです。



(動画)

 デンマークの犬愛護団体、Fair-dog が作成したビデオです。警察により押収され強制的に殺処分された愛犬の死体を引き取って、埋葬する家族の様子です(音声なし)。息子さんは泣いています。
 私はこのようなビデオを見れば、上記のような厳しいコメントを投稿できません。ドイツ人は、性格がキツイですよね。日本人の国民性は、良い面で能天気で温厚です。犬による被害を受けている人でも、日本人はここまでは厳しくはなれないのではないでしょうか。

 またドイツ全州にも、このデンマーク犬法と同様の趣旨の犬法が制定されています。すなわち、・法律で飼育を禁止する犬種(闘犬カテゴリーの犬やその雑種)を定め、その犬種と・行動などで危険と判定された犬や、・咬傷事故を起こした犬は、行政が押収して強制的に殺処分する権限があります。
 これらの法律に規定により、押収~強制殺処分される犬の数も一定数あります(公的統計を発表している州があります。ベルリン州議会上院の、それらの犬の殺処分の予算についての議事録がインターネット上で公開されています)。ただし、ドイツは、デンマークほど法律の適用が厳格ではないということです。

「日本は、欧米先進国の動物愛護を見習え!」~では、デンマークを見習ってください






Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp


(Zusammenfassung)
Schärfstes Hundegesetz der WeltVorsicht an der Grenze: Dänen töten Hunde
Dabei hat das kleine Land (Dänemark ) eines der schärfsten Hundegesetze weltweit.
Die Regeln gelten auch für die Hunde von Touristen.
Die wichtigsten Punkte des dänischen Hunde-Gesetzes:
Die Einfuhr von 13 Rassen ist verboten .
Sollte ein Polizist der Meinung sein, ein Hund gehöre auf Grund seines Aussehens zu einer der verbotenen Rassen oder ist ein Mischling mit verbotenen Anteilen, kann er den Hund ohne weitere juristische Prüfung einschläfern lassen.
Jeder Hund, egal welcher Rasse, der einen Menschen oder einen anderen Hund (!) gebissen hat, kann beschlagnahmt und ohne juristische Prüfung eingeschläfert werden.
Von April bis September gilt absolute Leinenpflicht.
Grundstückseigentümern erlaubt, streunende Hunde auf ihrem Grundstück zu erschießen.


 前回記事、スイス人は犬を食べる?そんなことはナンセンスですよ、デンマーク人は理由もなく犬を殺します!、の続きです。デンマークは大変厳しい犬法を持つ国です。よく日本の愛護さんたちが「欧米先進国の動物愛護を見習え」と言います。デンマークは欧米の中でも、先進的な国です。一人当たりDGPは世界6位(2013年。ドイツは18位、日本は24位)であり、社会保障も充実しています。ある面、ドイツより先進国と言えるかもしれません。厳格な犬の飼育管理は、日本も見習うべき点があると思います。


 ドイツのマスメディア、ハンブルガー・モルゲンポストの記事、Schärfstes Hundegesetz der WeltVorsicht an der Grenze: Dänen töten Hunde 「世界で最も厳しい犬法。国境に注意してください。デンマーク人は犬を殺します」。2013年4月22日、から引用します。


Dabei hat das kleine Land eines der schärfsten Hundegesetze weltweit.
Hunde können aufgrund ihres Aussehens sofort eingeschläfert werden.
Ebenso jeder Hund, der einen anderen gebissen hat.
Die Regeln gelten auch für die Hunde von Touristen.
Dänemark hat seit 2010 ein verschärftes Hundegesetz, das bislang außerhalb des Landes wenig Beachtung fand.
Erst seit kürzlich die dänische Tierschutzorganisation „Fair Dog“ im Internet publik machte, dass aufgrund des neuen Gesetzes bereits rund 1800 (dänische) Hunde getötet wurden, schlagen die Wellen hoch.
Sollte ein Polizist der Meinung sein, ein Hund gehöre auf Grund seines Aussehens zu einer der verbotenen Rassen oder ist ein Mischling mit verbotenen Anteilen, kann er den Hund ohne weitere juristische Prüfung einschläfern lassen.
Jeder Hund, egal welcher Rasse, der einen Menschen oder einen anderen Hund (!) gebissen hat, kann beschlagnahmt und ohne juristische Prüfung eingeschläfert werden.
Von April bis September gilt absolute Leinenpflicht.
Auch am Strand!
Ein Verstoß kostet 2000 Kronen (270 Euro)
es Grundstückseigentümern erlaubt, streunende Hunde auf ihrem Grundstück zu erschießen.

小国デンマークには、世界中で最も厳しい犬の法律の一つがあります。
犬はその外見だけで、直ちに(当局、警察)が安楽死させることができます。
また、噛み付いた犬も同様です。
この規則は、観光客が持ち込んだ犬にも適用されます。
デンマークは、厳しい犬の法律を制定した2010年以来、国内外の多くから注目を集めました。
ごく最近のことですが、デンマークのボランティア団体である「フェア· ドッグ」は、インターネット上で公開したことですが。
すでに約1,800頭のデンマークの犬が、新しい法律の高波に呑み込まれるように殺害されました。
警察官が外見でその犬が法律で禁止されている品種にうちの一種であり、または禁止犬種の雑種と判断すれば、警察官は法的な審査をせずにその犬を安楽死させることがあります。
すべての犬は、いかなる動物種であっても、人や他の犬を噛めば押収し、法的審査なしに安楽死させられます。
4月から9月までのあいだは、いかなる場合でも必ず犬のリードが必要です。
またビーチでは!2,000デンマーククローネ(270ユーロ)の罰金が科せられます。
土地所有者は、自分の土地に入った野良犬を射殺することが合法です。



 日本の愛犬家の方々は、日本が欧米のような動物愛護先進国ではなかった幸運を喜ばなければなりませんね。先進国の中では日本ほど、犬や猫の飼育のルールが曖昧で罰則規定も緩やかな国は珍しいと思います。
 この「世界で最も厳しい、デンマーク犬法」に関するこの報道を行ったのは、ドイツ、ハンブルクのマスメディアです。この記事に対して、ドイツの一般読者からのコメントが多数寄せられています。意外とドイツ人の反応は、このデンマークの法律を支持している人が多いです。機会があればそれも紹介します。


(動画)

 デンマークで強制的に押収されて殺処分された犬たち。This is what happend in Denmark 「デンマークで起きていること」(英語)。
 禁止犬種と警察官が判断すれば、生後間もない仔犬でも例外なく押収されて殺処分されます。私は生後間もない仔犬は、専門家でも犬の品種の判別は不可能だと思います。さらに成犬でも、動画を見る限り、私の判断では、法律で禁じられている闘犬カテゴリーの犬やその雑種とは到底思えない犬も多くあります。
 ラブラドールとかワイマラナーは禁止犬種ではありません。人やほかの動物に噛み付いたのでしょうか。「警察官の独断」で犬を押収~殺処分できるのならば、仲の悪いご近所の人の飼い犬、ヨークシャテリアがふざけて噛んで歯形がついただけでも訴えれば、その犬を安楽死に追い込めます。



スイス人は犬を食べる?そんなことはナンセンスですよ、デンマーク人は理由もなく犬を殺します!






Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp

(Zusammenfassung)
Die Schweizer essen Hunde? Blödsinn, die Dänen töten Hunde, auch ohne Grund!
Die wichtigsten Punkte des dänischen Hunde-Gesetzes:
Die Einfuhr von 13 Rassen ist verboten .
Sollte ein Polizist der Meinung sein, ein Hund gehöre auf Grund seines Aussehens zu einer der verbotenen Rassen oder ist ein Mischling mit verbotenen Anteilen, kann er den Hund ohne weitere juristische Prüfung einschläfern lassen.
Jeder Hund, egal welcher Rasse, der einen Menschen oder einen anderen Hund (!) gebissen hat, kann beschlagnahmt und ohne juristische Prüfung eingeschläfert werden.
Von April bis September gilt absolute Leinenpflicht.
Grundstückseigentümern erlaubt, streunende Hunde auf ihrem Grundstück zu erschießen.


 世界で最も厳しい、犬に関する法律があるのはデンマークでしょう。デンマークでは、いわゆる闘犬に分類される特定の品種とその雑種は、旅行者が一時的に国内に持ち込んだものであっても、即時押収されて殺処分されます。日本で喧伝されている「動物愛護先進国欧米は何が何でも犬猫を殺さない」と言う嘘情報に毒された方は、考えを改めたほうが良いでしょう。


 ドイツのインターネットニュースサイト、365newsの記事から引用します。Die Schweizer essen Hunde? Blödsinn, die Dänen töten Hunde, auch ohne Grund! 「スイス人は犬を食べる?そんなことはナンセンスですよ、デンマーク人は理由もなく犬を殺します!」2014年1月5日。
 ところで私は、過去にスイスの犬猫食文化を紹介したことが何度かあります。それに対して妙に日本語に達者な自称スイス人の方が、日本のローカルプロバイダからアクセスしてきました。いわく、「あなたのスイスの犬猫食の記事は大嘘だ。私はスイス人だが、スイスではそのような話は聞いたことがない」。私の記事は、スイスのマスメディアの記事をそのまま訳しただけです。「嘘」だというのならば、その報道をしたメディアに文句を言えばいいのです。しかしドイツ、スイスなどのマスメディアの報道や掲示板などではこのリンクの記事のように、しばしばスイスの犬猫食が話題にのぼります。


Die dortigen Gesetze erlauben das töten von Hunden welche in gewisse Kategorien eingeordnet werden.
Polizisten ohne jegliches Fachwissen haben dort das Recht festzulegen welcher Rasse-Hund und welcher Mischling in diese Kategorie fällt und getötet werden darf!
Am 07.01.2013 soll ein kinderfreundlicher Familienhund getötet werden, weil ein Polizist trotz 3 unabhängiger Gutachter feststellt das dieser Hund angeblich in eine dieser Kategorien eingestuft wird.
Alle 3 Gutachten haben das Gegenteil festgestellt, was die Polizei aber wenig kümmert.

現地(デンマーク)の法律では、特定のカテゴリーに分類されている犬の殺害を(警察に対して)許可しています。
警察は、(犬に関する)知識がなくても、犬の品種とその雑種を判別する権限があり、その犬を殺処分しなければならないのです!
伝え聞くところによれば、2013年7月1日に、子供にも優しい家族同然の犬は、3人の独立した専門家の判断に反して一人の警察官により特定のカテゴリーに分類されると判断され、殺されました。
専門家による3つの報告書は全て、(その犬は法律で殺処分の対象カテゴリーの犬であることを)否定するとの内容でしたが、警察は何らその報告書を考慮しませんでした。



 デンマークがこの、Hundegesetz schärfsten in der Welt 「世界で最も厳しい犬の法律」を制定したのは2010年です。2013年4月の報道では、この法律に基づいて殺処分された犬は、既に約1、800頭です。
 デンマークは人口が約560万人の小国です。特定のカテゴリーの犬、しかも行政が強制的に行った殺処分数のみということを考えれば、かなり多い殺処分数と言わざるを得ません。

 さらにデンマークの犬法では、・一定の期間何は、絶対的にリードは義務。・ビーチでの禁止違反は270ユーロ(2,000デンマーククローネ)の罰金、・土地所有者は、自己所有地では野良犬(とみなされるもの)を射殺して良い、などが定められています。ドイツのマスメディア、ハンブルガー・モルゲンポストの記事、Schärfstes Hundegesetz der WeltVorsicht an der Grenze: Dänen töten Hunde 「世界で最も厳しい犬法。国境に注意してください。デンマーク人は犬を殺します」。2013年4月22日、で紹介されています。
 次回はこのハンブルガー・モルゲンポストの記事を紹介します。確かに日本は「動物愛護後進国」かもしれませんね。犬のリードを義務付ける法律はありません(条例ではあります)し、児童公園やビーチでの犬の制限をしているところは希です。農家が畑を荒らす野犬を私的に駆除すれば、日本では動物愛護管理法違反に問われるかもしれません。


(動画)

 デンマークの犬の法律に抗議する動画(ドイツ語)。Hundemord in Dänemark 「デンマークでの犬殺し」。


Das widerliche Hundegesetz in Dänemark lässt jeden Tag Hunde töten, weil sie die falsche Rasse haben.
Boykottiert Dänemark als Urlaubsland, denn auch den Urlaubern kann der eigene Hund beschlagnahmt werden, wenn er die falsche Rasse hat.
Und wird sofort eingeschläfert.

デンマークの嫌悪すべき犬の法律での禁止犬種規定により、毎日犬が殺されているかもしれません。
観光地のとしてデンマークをボイコット。
デンマーク警察当局は、禁止犬種を間違えたとしても、観光客(この場合はドイツ人がデンマークに旅行に行くケースを指す)の飼い犬を独断で押収することができるのです。
そして犬は、すぐに安楽死させられます。



プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7267ブログ中15位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR