FC2ブログ

犬販売を行っているドイツの世界最大のペットショップの業績は絶好調~三菱UFJリサーチ&コンサルティングのデタラメ






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Zoo Zajac
Das Unternehmen entwickelt sich gut.


 記事、
インターネットで犬を売るティアハイム、飼主審査を行うペットショップ(ドイツ)~三菱UFJリサーチ&コンサルティングのデタラメ
続・インターネットで犬を売るティアハイム、飼主審査を行うペットショップ(ドイツ)~三菱UFJリサーチ&コンサルティングのデタラメ
の続きです。
 「ドイツではペットショップでの犬の生体販売を否定し、非難する世論が多い」という、日本の情報があります。しかしこれは偏向です。ドイツにある世界最大のペットショップ、Zoo Zajac では2012年に犬の展示販売を始めましたが、その後も業績は順調で、さらに売り場面積を拡大しています。「犬のペットショップでの展示販売を否定し、非難する世論」が優勢ならば、なぜこのペットショップは業績が好調で、売り場面積を拡張しているのでしょうか。



 「ドイツではペットショップでの犬の生体販売を否定し、非難する世論が多い」と言う情報を例示します。動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(以下、本報告書と記述する)です。本報告書から引用します。


ドイツでは犬については(ペットショップでの生体販売を)好ましくないと思っている人も少なくないという。
世界一の売り場面積を誇る「Zoo Zajac」。
犬猫(*1)の販売を止めるようにデモが起きたり、嘆願書を集めたりする動きもある。(18ページ)


(*1)Zoo Zajac は、2008年に子猫、2012年に子犬の販売を開始しました。デモが起きたのは、当社が子犬の販売を行うことを表明した2012年前後に数回ありました。子犬の販売に対する反対デモで、猫ではありません。


 引用した、動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング の記述では、「ドイツでは、ペットショップで子犬を販売することに反対する世論が多数である」との意味になります(=少なくない)。この記述では、Zoo Zajac に対する不買運動が起きたり、子犬子猫の販売停止や、すぐにでも倒産にでも追い込まれるのではないかと言う勢いです。
 デモが起きたのは、Zoo Zajac が犬販売を始めることを表明した2011年から犬の販売を開始した2012年にかけて、100~150名ほどの人数で数回行われました。現在は収束しています。2012年当時は、Zoo Zajac の売り場面積は8,000㎡で、来店客は1万人をこえていました。「1万人の来店客対150名のデモ」です。Zoo Zajac は2012年以降も業績は好調で、現在は売り場面積をさらに拡張して、12,000㎡になりました。犬の販売フロアーも拡張しています。
 「ドイツではペットショップでの犬の販売を好ましくないと思っている」世論が多数であれば、Zoo Zajac の業績拡大や犬の販売フロアー拡張は矛盾します。またデモを主導したのは、Animal Peace と言う過激派アニマルライツ団体です。過去にも過激な活動で問題を起こしています。2018年は、咬傷犬を行政命令により殺処分した獣医師の殺害予告で、刑事訴追を受けています。ですからこのデモが、ドイツの一般的な世論とするのは無理があります。

 このデモなどの、子犬のペットショップでの販売反対運動について、Zoo Zajac の経営者である、ノルベルト・サヤック氏は、マスメディアに対して持論を述べています。
 Hundehandel Tierschützer sollen Welpen-Käufer bei Zoo Zajac beschimpft haben 「犬の販売 アニマルライツ活動家は、Zoo Zajacで子犬の購入客を侮辱したと言われています。2012年1月23日


Die „Initiative gegen Welpen-Discount“ will am heutigen Montag mit der bislang größten Demo verhindern, dass Menschen Hunde bei Zoo Zajac kaufen.
Tierhändler Zajac berichtet, Aktivisten hätten Kunden „aufs Übelste beschimpft“.
Veranstalter Massimo Zerbo reist zu seiner sechsten Demo in Duisburg wieder aus Stuttgart an und rechnet ab 15.30 Uhr mit „100 bis 150 Unterstützern“.
Norbert Zajac ficht das freilich nicht an.
Schon gar nicht nach diesem Wochenende: „Wir hatten am Samstag mehr als 10.000 Besucher im Geschäft, so voll war der laden noch nie.
Nach „neuen, schlechten Erfahrungen“ vom Wochenende aber geht er verbal in die Offensive:
Zajac unterstellt Gegnern „wirtschaftliche Interessen“
Die „Aggressivität dieser Leute“ erklärt der Tierhändler mit „deren wirtschaftlichen Interessen“:
Die Organisationen der Demonstranten verdienen nach Zajacs Darstellung“ „Geld, indem sie Straßenhunde aus dem Mittelmeerraum importieren und in Deutschland verkaufen.
dass sie Angst haben, ihre Hunde demnächst nicht mehr verkaufen zu können, wenn bald mehr Zoofachgeschäfte Hunde verkaufen.

「子犬の安売りに反対するイニシアチブ」(註 デモのグループ名)は、本日月曜に、最大のデモで人々がZoo Zajac で犬を買うことを妨害したいとしています。
ペット販売業者のザヤック氏は、アニマルライツ活動家が可能な限り、最悪の方法で Zoo Zajac で犬を買う顧客を「侮辱した」と言っています。
主催者のマッシモ・ゼルボ氏は、デュイスブルク(註 Zoo Zajac の所在地)での6回目のデモのためにシュトゥットガルトに戻り、15時30分から「100人から150人の支持者」が必要だとしています。
ノルベルト・ザヤック氏は、それを問題にもしていません。
特に今週末以降では: 「土曜日には1万人以上のお客様が来店しましたが、店がこれほどまでに忙しかったことは今までありませんでした」。
週末から始まった、「新たな、いやな経験」の後は、ノルベルト・ザヤック氏の言葉は攻撃的でした。
ザヤック氏は、アニマルライツ活動家らの「経済的利益」を非難します。
「アニマルライツ活動家らの攻撃性」は、「彼らの経済的利益が目的だ」と、ペット販売業者のザヤック氏は説明します。
ザヤック氏の金銭面での分析による説明によると、デモ隊の組織は、地中海に面した国から路上に捨てられた野良犬をドイツに輸入して販売することにより、お金を稼いでいます。(*1)
彼らが恐れていることは、より多くのペットショップがこれから犬を売るようになると、すぐにでも彼らは犬を売ることができなくなるからです。


(*1)いわゆる「アニマルレスキュー詐欺」。南ヨーロッパや東欧の動物保護に遅れた国から「犬を救出した」という名目で、雑種の無価値な、さらに病気や障害のある犬を高く売りつけるというもの。これらの国から正規の通関手続きを経ずにドイツに持ち込んだり、ドイツ国内の犬を偽装したり、これらの国で雑種犬を意図的に繁殖させたりしています。ティアハイムやティアハイムの上部組織である動物保護協会も行っており、刑事訴追を受けたティアハイムもあります。


 先に述べた通り、Zoo Zajac でのデモは、当社が犬の販売を行うことを表明し、実際開始した2012年前後に数回おきました。以降はありません。2008年に子猫の販売を開始しましたが、その時はデモは起きていません。したがって、動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(以下、「本報告書」と記述する)の、「犬猫の販売を止めるようにデモが起き」は誤りです。
 来店客数が1万人を超えている状況で、100名から150名ほどのデモが起きたとしても、影響力は限定的でしょう。また前回記事でも書きましたが、デモを主導したのはAnimal Peaceと言う過激派アニマルライツ団体です。この団体は、2018年に行政命令により犬の殺処分を行った獣医師の殺害予告を行い、刑事訴追を受けました。そのような反社会的な団体の主張を「ドイツの一般世論」とする本報告書の記述は偏向と言わざるを得ません。また「犬をペットショップで売ることに批判的な世論が多数」であれば、Zoo Zajac が2012年に犬の販売を始めたのちは、規模を縮小するか、廃止しているはずです。公開されている動画などを見る限り、2012年当時より現在は、犬の販売面積は著しく拡大しています。

 動物愛護団体が、ペットショップで犬を販売することに反対なのは、「商売敵」であることが最大の理由です。Zoo Zajacは、ドイツの動物愛護団体から、「4~5週齢の子犬を売っている」、「病気の子犬を売っており、購入後はすぐに死ぬ」と言う、誹謗中傷を拡散されました。それらはすべて事実無根です。子犬はすべて9週齢以上で親元から離されたもので、店舗には獣医師が常駐しており、感染症対策を万全にしています。
 ティアハイムを傘下に持つ動物保護協会やティアハイムは、動物愛護に遅れた外国から犬などを「保護した」と言う名目で違法に輸入し、高値で販売しています。マスメディアで報道された事件だけでもいくつもあります。ティアハイムの役員が外国から犬を保護し、ティアハイムに報告せずに販売した例や、獣医師の資格がないティアハイムの職員がワクチン未接種で密輸した犬にワクチン接種を行ったなど、多数の事件があります。
 ドイツの消費者団体と弁護士会は、ティアハイムやティアハイムの上部団体である動物保護協会による、「アニマルレスキュー詐欺」に警告をしています。はなはだしきは、代金だけ受け取って犬を引き渡さなかった(「犬が輸送中に死んだ」などという言い訳をする)詐欺すらあります。今年は、ドイツで2番目の規模のハンブルク・ティアハイムが、犬を東欧から違法輸入(狂犬病ワクチン未接種など)し、刑事訴追を受けています。その他にもハンブルク・ティアハイムは、寄付金の横領や労働法違反でも警察検察の捜査を受けています。この件については後ほど詳しく記事にします。

 動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティングでは、「ティアハイムでは安易な譲渡を防いでいる(「(すべてのティアハイムでは)購入客は飼育講義を受けることが必須」などの嘘情報すらもちいて)=善」、「ペットショップでの犬猫販売はデモが起きるなどドイツの世論では批判を受けている=悪」と無理やり結論付けています。中立、客観性、正確さを求められる公的機関から受注した報告書としては、報報告書は完全に欠陥文書です。
 なお、Zoo Zajac の創業者のノルベルト・ザヤック氏は、優秀な経営者として多くの賞を受賞しています。また功績により、ノルトラインーヴェストファーレン州の上院議員に任命されています(註 ドイツの連邦、州の上院議員は選挙ではなく政府から任命される)。日本では、「ティアハイム=善(真実は極めて違法行為が多い)」、「ペットショップはドイツでは非難の的=悪(真実は、業績は順調で消費者の支持が厚い)」と言う図式を無理やり当てはめていますが、実際は異なるようです。本報告書は、日本でも偏向したデマ情報をもとに、作成者の妄想や思い込みを基に作文されたもので、なんら報告書としての価値はなく、有害なだけです。


(動画)

 Tierrechte-Tierschutz ZDF Heute - Zoo Zajac verkauft Welpen!「動物の権利擁護、動物愛護(誤?)団体ZDF Heute - ZooZajacは仔犬を販売している!」 2012年2月17日公開

 Zoo Zajac の一日当たり来店客が1万人を超えるのに対し、「犬販売反対デモ」の人員は最大でも150名あまりでまばら。動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティングの記述ですと、Zoo Zajac は犬の販売でドイツ国民の大多数から非難を受け、すぐにでも犬販売の廃止に追い込まれそうな勢いですが(笑い)。しかしこれは、ドイツでも業務妨害罪が成立するのではないでしょうか?
 メディアは、Hundewelpen sollen in Zukunft das Geschäft zum Blühen bringen. 「子犬販売が活況で、(Zoo Zajacの)将来のビジネスは有望です」と伝えています。




続きを読む

スポンサーサイト



続・インターネットで犬を売るティアハイム、飼主審査を行うペットショップ(ドイツ)~三菱UFJリサーチ&コンサルティングのデタラメ






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Zoo Zajac
Grundsätzlich verkaufen die hier gezeigten Tiere nicht über das Internet oder telefonisch und versenden Sie auch nicht.
Vor jedem Tierkauf steht ein ausführliches Beratungsgespräch in unserem Geschäft in Duisburg.


 記事、インターネットで犬を売るティアハイム、飼主審査を行うペットショップ(ドイツ)~三菱UFJリサーチ&コンサルティングのデタラメ、の続きです。
 「ドイツのティアハイムでは、すべて厳格な飼主審査を行ってから保護犬などを譲渡する」と言う情報が、日本で流布されています。しかしそれは嘘です。一部のティアハイムでは、そのような方針を示してることは否定しません。しかしティアハイムの多くが、非対面のインターネットなどの通信販売で犬などを販売しています。ドイツは非対面のインターネットなどによるペットの通信販売に対する規制が全くない国の一つです。対して世界最大のドイツの生体販売ペットショップ、Zoo Zajacは、「ペットの非対面通信販売はしない」と明言しています。特に犬に関しては、飼い主の家庭状況まで調査してから販売しています。



 「(すべての)ドイツのティアハイムでは、犬などを譲渡する場合は厳格な飼い主の資格審査を行い、譲渡を受けるには飼育講義を受けることが必要」というデマが日本で拡散されています。しかし真実は、「ドイツのティアハイムでは、非対面のインターネット販売で犬などを販売することが広く行われている」のです。ドイツは、「インターネットなどによるペットの非対面販売の規制が全くない」国の一つです。
 前述の、「大嘘情報」が記述された資料を例示します。動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(以下、本報告書と記述する)です。本報告書から引用します。


ティアハイムでは、飼い主のいない動物の保護や飼い主のあっせん等を行っている。
施設の犬猫を引き取って飼い主となるには飼育環境等の審査があり、安易な譲渡を防いでいる。(11ページ)。
旧東欧諸国(*1)がEUに加盟後、ドイツから国境を越えて海外(*2)から犬の純血種を違法にドイツに輸入している個人や海外から持ち込んで違法に売る業者(*3)が増加している。
こうした純血種はティアハイムと同程度の金額で購入できるうえ、ティアハイムから譲渡の際に必要な飼育講義のようなものを受けずに気軽に購入できる。


(*1)旧東欧とは意味不明。現在も、Osteuropa 「東欧」と言われています。
(*2)東欧諸国とドイツは地続きです。海外とは、また別の国の事でしょうか?
(*3)東欧などから、「保護犬」と称してティアハイムが違法に輸入(通関を受けない、狂犬病ワクチンを接種させないなど)して、病気の雑種の野良犬を法外な値段で販売するティアハイムが増加しています。ドイツ第2の規模のハンブルク・ティアハイムは、今年500頭以上の犬の違法輸入などで刑事訴追を受けました。消費者団体や弁護士会は、「ティアハイムや上部団体の動物保護協会によるアニマルレスキュー詐欺」に注意喚起を促しています(ハンブルク・ティアハイムの犬違法輸入等の事件は近く記事にします。アニマルレスキュー詐欺については、私はいくつか記事にしています。例えば、続々・「アニマル・レスキュー」という汚いビジネス~あまりにも多いティアハイムの犯罪などです)。


 ギネスレコード認定の、世界最大の生体販売ペットショップはドイツのデュイスブルクにあります。その店は、Zoo Zajac です。2005年に「世界最大のペットショップ」としてギネスレコードに認定された時点では、売り場面積は8000㎡でした。その後も順調に業容を拡大させ、現在は売り場面積はさらに拡張し、12,000㎡です。
 前回時記事で述べた通り、ティアハイムは一般的に、犬などの販売において「インターネットなどによる非対面通信販売」を広く利用しています。それに対し、Zoo Zajac は「ペットの生体はインターネット販売などの通信販売はしない」方針です。特に犬は、「家族構成や家庭環境などを審査し、飼主にふさわしくないと判断した場合は販売しない」と、経営者のノルベルト・ザヤック(「ザヤック」は、TVニュースなど発音に従いました)は強調しています。
 まず、「Zoo Zajac がペット生体をインターネットなどの非対面通信販売は行わない」と言う方針について、こちらに会社の声明があります。この声明では、「ドイツでは、ペットの生体の非対面通信販売が合法で一般的に行われている」ことが理解できると思います。Zoo Zajac、から引用します。


um Informationen über die Haustiere, die wir in Duisburg für Sie bereit halten.
Sie werden nicht nur viele unserer Tiere hier finden, sondern auch viel informatives rund um Haustiere und Haustierhaltung.
Grundsätzlich verkaufen die hier gezeigten Tiere nicht über das Internet oder telefonisch und versenden Sie auch nicht.
Vor jedem Tierkauf steht ein ausführliches Beratungsgespräch in unserem Geschäft in Duisburg.

ペットに関する情報は、当社はデュイスブルクの店舗でお客様に直接提供しなければなりません。
デュイスブルクの店舗では、当社のペット動物の多くを見つけるだけでなく、ペットやペットの飼い方に関する多くの有益な情報も得ることができます。
原則ここに示されている動物はインターネットや電話で販売されていませんし、出荷もされていません。
各種の動物を購入する前に、デュイスブルクの店舗で詳しい相談が必要です。



 Zoo Zajac では、特に犬に関しては「購入希望客の飼い主としての適性を審査し、不安があればその客には犬を販売しない」と、TV番組のインタビューで述べています。前回記事で述べたことですが、対して多くのティアハイムは、インターネットで犬を出品し、非対面で販売しています。
 Tierhändler Norbert Zajac mit neuer TV-Show "Mein schlechter Ruf ist total werbewirksam" 「ドイツの巨大ペットショップのオーナー経営者のノルベルト・ザヤック氏は、新しいTV番組で述べました 『私の悪い評判は、すべて当社の効果的な広告になっています』」 2017年2月1日 から引用します。


Auch schon mal ein ungutes Gefühl bei einem Kunden gehabt?
Zajac
Das ist bei uns Tagesgeschäft!
Wir schicken im Durchschnitt in der Woche zehn Menschen nach Hause, die mit 1000 Euro oder mehr in der Tasche kommen und einen Hund kaufen wollen, aber von uns keinen kriegen, weil wir die Leute nicht für qualifiziert halten.
Und das ist nicht nur bei Hunden so.
Wir schicken auch Leute nach Hause, die einen Goldhamster oder einen ellensittich kaufen wollen.

あなた(ノルベルト・ザヤック氏)は、今までにお客様に不安を感じたことはありますか(註 このお客さんに販売した動物がちゃんと飼育できるだろうかという不安)?
ノルベルト・ザヤック氏
それは、私たちの日常業務であります!
平均して、1週間に10人の家庭に犬を届けますが、ポケットに1,000ユーロ以上お金をもっていて犬を買いたい人であっても、その人たちが犬を飼う資格を持っていないと当社が判断すれば、その人たちは当社から犬を買うことはできません。
そしてそれは、犬の場合だけではありません。
ゴールデンハムスターや、インコを買いたい人に対しても同様です。



(動画)

 ZOO ZAJAC – HUNDE 「ズー・ザヤック 犬」。2015/12/23 に公開。ペットショップ、ズー・ザヤックのプロモーション。ビデオ。
 このビデオの中では、Zoo Zajac が子犬を販売する場合は、家族構成や飼育環境などを調べたうえで、購入客の家まで子犬を届けて確認することが述べられています。

Norbert Zajac und sein Team präsentieren Ihnen in dem 30 Minuten langen Film die Welt der Hunde bei Zoo Zajac.
Lernen Sie die Hunde vom ersten Tag bei Zoo Zajac bis in ihr neues Zuhause kennen und werfen Sie einen Blick hinter die Kulissen.

ノルベルト・ザヤックと彼のチームは、この30分間の動画の中でズー・ザヤックので犬の世界を紹介しています。
ペットショップ、ズー・ザヤックでは、最初の日に販売した犬の新しい家を知ることにより、その飼育環境を観察します。




(動画)

 HUNDEVERKAUF im ZOOLADEN? | WIESO geht das? | NORBERTS WELT | Zoo Zajac 「ペットショップでの犬の販売?| なぜそれが可能なのですか?|ノルベルトの世界| Zoo Zajac
 Zoo Zajac 社によるプロモーション・ビデオ。犬の店頭販売の様子が収録されています。2005年にギネスレコードで世界最大の生体販売ペットショップと認定されたときは、売り場面積は8,000㎡でした。その後も拡張を続け、現在は12,000㎡です。犬の販売面積も増えました。つまり業績が好調で、犬の販売も増えているという証左です。




 デタラメ資料、動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(以下、「本報告書」と記述する) では、「(「ドイツのティアハイムではすべてで」と言う意味になる)犬猫の飼い主となるには飼育環境等の審査があり、譲渡の際は飼育講義を受けることが必要」と言う、妄想を書いています。ばかばかしい、ティアハイムの販売専用ポータルサイトがいくつもあり、常に商品出品数は犬だけでも、1サイトだけでも数万はあります。 
 また、Zoo Zajac についても「犬猫の販売反対のデモがあり、世論も好ましくないとしている」と記述があります。デモを行ったのは、Animal Peace と言う過激派アニマルライツ団体の約150名程度で、「の販売反対デモ」です。この団体は、犬の行政殺処分を行った獣医師に対して殺害予告を行い、刑事訴追を受けたいわば異常な団体です。対してZoo Zajac の1日の来店客は1万人をはるかに超えます。本報告書においては、「犬販売に対する反対デモが世論一般の意見」と読者に誤認させる記述です。この点については、後ほどの記事で詳しく述べます。まさに本報告書のこの記述は「偏向」を超えた、「嘘デタラメ」です。公的文書としては完全に欠陥です。


続きを読む

インターネットで犬を売るティアハイム、飼主審査を行うペットショップ(ドイツ)~三菱UFJリサーチ&コンサルティングのデタラメ






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo

(Zusammenfassung)
Online Hundeverkauf bei Tierheim


 「ドイツのティアハイムでは、すべて厳格な飼主審査を行ってから保護犬などを譲渡する」と言う情報が、日本で流布されています。しかしそれは嘘です。一部のティアハイムでは、そのような方針を示している可能性は否定しません。しかしティアハイムの多くが、非対面のインターネットなどでの通信販売で犬などを販売しています。ドイツは、非対面のインターネットなどによるペットの通信販売に対する規制が全くない国の一つです。対して世界最大のドイツの生体販売ペットショップ、Zoo Zajacは、「ペットの非対面通信販売はしない」と明言しています。特に犬に関しては、飼い主の家庭状況まで調査してから販売しています。


 「(「すべての」と著しく誤認させる)ドイツのティアハイムでは、犬などを譲渡する場合は厳格な飼い主の資格審査を行い、譲渡を受けるには飼育講義を受けることが必要」というデマが日本で拡散されています。しかし真実は、「ドイツのティアハイムでは、非対面のインターネット販売などで犬などを販売することが広く行われている」のです。ドイツは、「インターネットなどによる犬などのペットの非対面販売の規制が全くない」国の一つです。
 前述の「嘘情報」が記述された資料を、例示します。動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(以下、本報告書と記述する)から引用します。


ティアハイムでは、飼い主のいない動物の保護や飼い主のあっせん等を行っている。
施設の犬猫を引き取って飼い主となるには飼育環境等の審査があり、安易な譲渡を防いでいる。(11ページ)。
旧東欧諸国(*1)がEUに加盟後、ドイツから国境を越えて海外(*2)から犬の純血種を違法にドイツに輸入している個人や海外から持ち込んで違法に売る業者(*3)が増加している。
こうした純血種はティアハイムと同程度の金額で購入できるうえ、ティアハイムから譲渡の際に必要な飼育講義のようなものを受けずに気軽に購入できる。(19ページ)


(*1)旧東欧とは意味不明。現在も、Osteuropa 「東欧」と言われています。
(*2)東欧諸国とドイツは地続きです。海外とは、また別の国の事でしょうか?
(*3)東欧などから、「保護犬」と称してティアハイムが違法に持ち込み(通関を受けない、狂犬病ワクチンを接種させないなど)して、病気の雑種の元野良犬を「レスキュードッグ」として法外な値段で販売するティアハイムが増加しています。ドイツ第2の規模のハンブルク・ティアハイムは、今年500頭以上の犬の違法輸入などで刑事訴追を受けました。消費者団体や弁護士会は、「ティアハイムや上部団体の動物保護協会によるアニマルレスキュー詐欺」に注意喚起を促しています(ハンブルク・ティアハイムの犬違法輸入等の事件は近く記事にします。アニマルレスキュー詐欺については、私はいくつか記事にしています。例えば、続々・「アニマル・レスキュー」という汚いビジネス~あまりにも多いティアハイムの犯罪などです)。


 サマリーでも述べた通り、現在ドイツでは「犬などのペットのインターネットなどによる非対面通信販売」の法的規制がが全くない国です。ぺットの販売に関して規定しているドイツの法律は、Tierschutzgesetz 「動物保護法」11条、11条a、11条b、11条cですが、いずれもインターネットなどによる非対面のペット販売に対する規定がありません。また犬に限っても、Tierschutz-Hundeverordnung 「犬保護規則」での規定は皆無です。
 参考のために、イギリスの著名な動物愛護団体、ブルークロスが作成した、ヨーロッパにおけるペットのインターネット販売に関する調査資料から引用します。


(画像)

 Online pet sales in the EU What’s the cost? 「EUにおけるオンラインでのペット販売 その費用は?」 から(著名なイギリスの動物保護団体、ブルークロスによる) 2019年資料

 本資料によれば、ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア、スペインなどの、ヨーロッパの多くの国では、インターネットによる、犬猫などの販売の法的規制が全くありません。黒メッシュで示された国がそうです。

EU ペット通信販売 規制


 ドイツには、ティアハイムの専用の、動物の販売サイトがいくつかあります。そのうちの一つに、DeineTierwelt があります。このサイトの、Tiermarkt Hunde Hunde aus dem Tierheim / Tierschutz (34.477) 「動物マーケット 犬 ティアハイムから犬を/動物保護(出品数34,477点 2019年10月27日確認)には、次のような説明があります。
 「一部の人はティアハイムを直接訪問することを躊躇している」。これは、「そのような事情のある方は、ぜひ当社のポータルサイトからティアハイムを直接訪問することなく、非対面の通信販売で保護犬を購入してください」と言う意味です。


Hunde aus dem Tierheim
Rund 520 Tierheime gewähren halterlosen Hunden in Deutschland Unterschlupf und schenken ihnen Hoffnung.
Doch die Kapazitäten sind begrenzt, denn viele Tierheime sind überfüllt und die Mitarbeiter überfordert.
Allerdings scheuen sich einige Menschen vor einem Tierheimbesuch, denn die Vorstellung in die traurigen Tieraugen hinter den Gitterstäben zu blicken ist zu schmerzlich.
DeineTierwelt bietet als größtes Tiermarktportal Deutschlands Tierliebhabern eine Plattform, um einen tierischen Freund zu finden und ihm ein schönes Leben zu ermögliche.

ティアハイムから犬を
約520のドイツにあるティアハイムは、飼い主のない犬を提供し、そして犬たちに希望を与えています。
しかし多くのティアハイムは収容の限界ですし、超過密状態で、従業員は過重労働を強いられています。
一部の人々は、ティアハイムを直接を訪れることを躊躇しています。
なぜならば、鉄格子の向こう側の悲しい動物の目を見ることは、あまりにも辛いからです。
ドイツ最大のペット動物販売のウェブサイトである DeineTierwelt は、動物愛好家に動物の友達を見つけて、良い生活を送るための(ティアハイムの保護動物の)販売サイトを提供しています。



(画像)

 DeineTierwelt にティアハイムが出品した、ティアハイムの保護犬の売り物。価格との兼ね合いから、購入希望者は少ないのではないかと言う気がします。ティアハイムはただでさえ売れ行き不振で苦しんでいますから、「飼主審査だ」、「飼育講義を義務付ける」なんて言っていられないのは容易に推測できます。

ティアハイム 犬


 対して、ドイツにある世界最大の生体販売ペットショップ、Zoo Zajacでは、「ペットの生体は非対面のインターネット販売はしません」と声明を出しています。特に犬については、「飼い主の生活環境や家族構成まで調べて、飼主にふさわしいことを確認してから販売している」としています。
 次回は、このZoo Zajac の犬の販売について取り上げます。いずれにしても、動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティングの、「ティアハイムから犬猫を引き取って飼い主となるには飼育環境等の審査があり、譲渡の際は飼育講義のようなものを受けることが必要である」(「ドイツのすべてのティアハイムでは」と言う意味になります)は真っ赤な嘘です。まさに噴飯モノ。この報告書の作成者の妄想はもはや病気でしょう。


(参考資料)

平成 29 年度 訪独調査結果 平成 29 年 5 月 30 日 特定非営利活動法人アナイス

 これは環境省による資料ですが、全編にわたりびっしりと嘘、誤り、偏向で埋め尽くされた見るに堪えないひどい資料です。この中では「犬を郵送で送ることでは、数年前から禁止されており、飼い主がブリーダーまで引き取りにいくか、ブリーダーが自宅まで車で配送するかとなる」と言う記述があり、「インターネットでの非対面販売が禁止されている」と言う意味の記述があります。
 それは全く根拠のないデタラメです。私は環境省に根拠となる法律と該当する条文を原文で求めていますが、いまだに返事がありません。なお、ドイツポスト(郵便)が提携している宅配業者DHLは、動物の輸送は請け負っていません。それは別に法律で禁止されているわけではなく、会社の方針です。ドイツの宅配業者で、犬猫などの動物の輸送を請け負っているところはいくらでもあります。この点について、私は記事にしています。犬などのペットの非対面インターネット販売の規制が全くないドイツ~環境省のデタラメ資料
 この環境省の悶絶資料は、折々連載記事としてまとめます。


続きを読む

EUの犬猫などのペットの入手は8割近くがインターネット販売とペットショップ~串田誠一議員の動物愛護管理法改正に関する赤恥国会質問






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

Domestic/Inländisch

 記事、
串田誠一議員の動物愛護管理法改正に関する赤恥国会質問~海外情報はすべて誤り
欧米では犬猫の殺処分は注射による安楽死だけ。ガス室の殺処分は禁止されている~串田誠一議員の動物愛護管理法改正に関する赤恥国会質問
続・欧米では犬猫の殺処分は注射による安楽死だけ。ガス室の殺処分は禁止されている~串田誠一議員の動物愛護管理法改正に関する赤恥国会質問
諸外国では犬猫の繁殖最低年齢や生涯繁殖回数を法律で規定している~串田誠一議員の動物愛護管理法改正に関する赤恥国会質問
続・諸外国では犬猫の繁殖最低年齢や生涯繁殖回数を法律で規定している~串田誠一議員の動物愛護管理法改正に関する赤恥国会質問
犬猫の販売においては、諸外国では圧倒的に8週齢以上を義務付けている~串田誠一議員の動物愛護管理法改正に関する赤恥国会質問(アメリカ編)
「アメリカ合衆国では事実上8週齢未満の犬猫販売を禁じている」という、環境省のデタラメ資料
続・犬猫の販売においては、諸外国では圧倒的に8週齢以上を義務付けている~串田誠一議員の動物愛護管理法改正に関する赤恥国会質問(EU編)
続々・犬猫の販売においては、諸外国では圧倒的に8週齢以上を義務付けている~串田誠一議員の動物愛護管理法改正に関する赤恥国会質問(カナダ、オセアニア編)
の続きです。
 これらの記事では、串田誠一衆議院議員(日本維新の会)が行った2019年2月27日の、衆議院予算委員会第六分科会、の質問内容において、海外に関する事柄がすべてにわたり何らかの誤りがあることを述べました。今回は「犬猫の販売においては、日本はペットショップによる流通が多く、安易に入手できる」との発言について述べます。例えばEUは、犬猫などペットの入手は、非対面のインターネット販売とペットショップが占める割合は8割近くです。ペットショップよりインターネット販売のほうが、入手は安易でしょう。つまり串田誠一議員の発言は嘘です。



 まず問題の、串田誠一衆議院議員の発言内容はこちらです(ビデオ録画)。衆議院インターネット中継 開会日 : 2019年2月27日 (水) 会議名 : 予算委員会第六分科会


(画像)

 衆議院インターネット中継 開会日 : 2019年2月27日 (水) 会議名 : 予算委員会第六分科会 串田誠一(日本維新の会) より

串田誠一


 上記の、2019年2月27日の、衆議院予算委員会第六分科会、において、串田誠一議員(日本維新の会)は次のように発言しています。「日本は犬猫のペットショップによる流通が多い。だから日本は安易にペットを入手できる。諸外国の場合は販売方法が違う」。
 串田誠一議員の、「犬猫などのペットの販売は、諸外国は日本と違う」は正しいです。日本は国際的にまれな、「消費者に対するインターネットによる非対面のペット(動物愛護管理法上の愛護動物に限る)販売」を全面的に禁じている国です。チしてヨーロッパは、犬猫などのペットのインターネット販売が極めて盛んです。2019年に公表された、イギリスの著名動物愛護団体、ブルークロスのペットのインターネット販売に関するEUの調査報告書があります( Online pet sales in the EU What’s the cost? 「EUにおけるオンラインでのペット販売 その費用は?」)。なおこの資料は、「ペット全般」を対象としていますが、私が調べた限り、インターネットによるペットの非対面生体販売のポータルサイトは、ヨーロッパでは犬猫が大変多いです。ですからこの資料はほぼ、「犬猫のインターネット販売の問題」と理解しても良いと思います。特に鳥類はインターネット販売が難しく、熱帯魚、爬虫類、両生類も輸送の温度管理の問題があります。

 この資料によれば、EUの調査対象国22ヵ国と地域では、ペットの入手割合においては、6割近くが「インターネットによる通信販売」を占めました。次に多いのは「ペットショップ」が2割近くで、3番目には「知人親族からからもらった」です。以下、マーケット(路上販売や露店、フリマなどと思われる。ポーランドなどでは、露店のマーケットで犬が売られており、ドイツとの国境付近の高速道路サービスエリアでは一大犬の露店マーケットが開かれています)と続きます。アニマルシェルター(ティアハイムなど)、非営利団体(保護団体)からの入手は、統計上無視できるほど少ないのか、パーセンテージすら示されていません。
 またEUにおいては、犬猫などのペット生体のインターネット販売に対する規制が概して緩く、「規制が皆無」という国が多くあります。ドイツもそのうちの一国です。


(画像)

 Online pet sales in the EU What’s the cost? 「EUにおけるオンラインでのペット販売 その費用は?」 から

 本資料によれば、ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア、スペインなどの、ヨーロッパの多くの国では、インターネットによる、犬猫などの販売の法的規制が全くありません。黒メッシュで示された国がそうです。

EU ペット通信販売 規制


(画像)

 Online pet sales in the EU What’s the cost? 「EUにおけるオンラインでのペット販売 その費用は?」 2019年(イギリスの著名動物愛護団体、ブルークロスによる調査資料)から引用

Which of the below methods are most commonly used to purchase pets in your country?
The answers given as ‘Other’ are as follows: breeders, shelters, animal charities, adverts at veterinary clinics, dog beauty salons, supermarkets.

あなたの国でペットを購入する場合、最も一般的に用いられる方法は何ですか?
「その他」として提示された回答の選択肢は、以下の通りです:ブリーダー、アニマル・シェルター、非営利団体、獣医診療所の広告、犬の美容院、スーパーマーケット。


EU ペット 通信販売


 対して日本ですが、犬猫の入手経路について、平成23年に環境省が調査しています。犬猫の入手経路(調査 平成23年 環境省) 
 それによれば、犬の入手経路では、「ペット販売業者の店舗販売で購入した (ペットショップ)」が33.5%、「通信販売(インターネットなど)で購入した」が2.3%であり、両者の合計は35.8%です。
 猫の入手経路では、「ペット販売業者の店舗販売で購入した (ペットショップ)」が7.2%、「通信販売(インターネットなど)で購入した」が0.4%であり、両者の合計は7.6%です。なお、平成25年度の動物愛護改正により、日本では対消費者へのペット生体(愛護動物に限る)の非対面販売は全面的に禁止されています。なお、平成25年度の動物愛護改正により、日本では対消費者へのペット生体(愛護動物に限る)の非対面販売は全面的に禁止されています。


(画像)

 犬猫の入手経路(調査 平成23年 環境省) から

保護犬譲渡 日本


 「日本はペットショップによる犬猫の流通が多い。だから(諸外国と比べて)ぺットの入手が安易に行われている」という、串田誠一議員の発言ですが、それは嘘と言って差し支えないでしょう。
 日本はペットショップでのペット生体の販売において、第一種動物取扱業の順守事項から、動物取扱責任者がペット購入者に対面での説明を行う義務があります。しかし非対面のインターネット販売においてはありません。インターネットによる非対面通信販売のほうが、はるかに安易にペットを入手できると思います。また、価格もペットショップより安いのです。
 日本の犬猫の入手経路を調査した環境省の上記の調査では、ペットショップから猫を入手した割合は、EUの犬猫などのペット入手割合調査と比較すれば、EUは日本より高いのです。ですから、日本よりEUのほうがはるかに商業販売における「犬猫などのペットの入手」は、安易であると考えられます。


(画像)

 ドイツの子犬販売インターネットポータルの一例。ドイツ最大手のインターネット通販サイト、eBayのページから。ebay "welpen verkaufen" in Deutschland 「ドイツにおける子犬販売」。
 ミニチュアピンシャーが300ユーロ(3万円台)。これは完全に東ヨーロッパからの密輸品でしょう。しばしば、200ユーロ台の純血種の子犬の出品もあります。

インターネット 犬 販売 ドイツ


続きを読む

犬などのペットの非対面インターネット販売の規制が全くないドイツ~環境省のデタラメ資料







Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
In Deutschland,liegen derzeit auch keine gesetzlichen Regelungen zu Hund Online-Verkauf.


 私は何度か環境省の資料の誤りを述べてきました。環境省の資料の海外情報においては、かなりの頻度で誤りがあります。今回は2018年に公表された、ドイツに関する資料、平成 29 年度 訪独調査結果 平成 29 年 5 月 30 日 特定非営利活動法人アナイス 、の誤りについて述べます。「ドイツではインターネットによる犬の販売は行われている。犬を郵送で送ることは数年前から禁止」とあります。しかしそれは全くの誤りです。ドイツにおいては、ペット生体のインターネットなどによる非対面通信販売に対する規制は現在(2019年4月10日現在)全くありません。犬などの通信販売において「郵送」を禁止する法令はありませんし、一般に行われています。また、過去にも禁止されたことはありません。その他にも本資料の誤り、嘘、偏向記述は目に余るひどさです。


 まず、問題の環境省の資料から引用します。平成 29 年度 訪独調査結果 平成 29 年 5 月 30 日 特定非営利活動法人アナイス  (環境省)


またドイツでもインターネット販売が行われている。
犬を郵送で送ることでは、数年前から禁止されており、飼い主がブリーダーまで引き取りにいくか、ブリーダーが自宅まで車で配送するかとなる。
高速道路のサービスエリアで取引されることもある。
ブリーダーと飼い主が対面し資格を確認したり、 「この犬で良いか」といった取引を行ったりしている(12ページ)。



 もちろん、「犬を郵送(輸送の誤記と理解します *1)で送ることでは、数年前から禁止」の記述に関しては、根拠法の出典がありません。このように規定している法令は、現在ドイツにはありません(2019年4月現在)。環境省は、その法律名と該当する条文を原語でぜひ示していただきたい。この記述は、結論から言えば真っ赤な嘘です。ドイツでは、犬を含むペットの生体を輸送することは全く合法ですし、複数の運送業者が犬などのペットの配達を請け負っています。
 またドイツでは、犬などのペットの非対面インターネット販売を規制する法律は全くありません。ですから、インターネットで犬などの売買をネット上で完遂し、非対面で運送業者を利用して配達することは広く行われています。「高速道路のサービスエリアで手渡し」することもありますが、それはいわゆる動物取扱業の登録を得ていない業者で、クレジットカード決済などでは身元が明らかになるためにできない場合です。正規の動物取扱業の届け出をしているブリーダーやティアハイムは、非対面での犬などのインターネット販売を広く行っています。ティアハイム専用の、非対面インターネットの保護犬通販サイトもあります。

 まず、「ドイツでは犬を郵送(*1)で送ることは、数年前から禁止」ですが、それが真っ赤な嘘であり、インターネットで犬などが非対面で販売され、運送業者により非対面のまま届けられていることを裏付けるサイトから引用します。
 Tierversand: Hunde - Über den Transport der Vierbeiner 「ペットの配達:犬ー4本足の友人の輸送について」 2019年


Der Tierversand erfreut sich von Jahr zu Jahr größerer Beliebtheit.
Durch die vielen Angebote im Internet findet jeder Hundeliebhaber seinen Traumhund.
Dann kann der Hundehalter einen Tierversand mit dem Transport beauftragen.
Der Online-Handel von Tieren steigt stetig.
Auch immer mehr Hunde werden über Kleinanzeigen online vermittelt.
Da die Entfernung zwischen Tier und dem neuen Besitzer oft recht groß und manchmal auch kein eigenes Fahrzeug verfügbar ist, muss sich der neue Besitzer für den Tierversand nach anderen Wegen umschauen.
Dasselbe gilt für einen Hundekauf bei einem Züchter.

動物の宅配は年々人気が高まっています。
インターネット上の販売者の多くの提供により、すべての犬好きは夢の犬を見つけるでしょう。
その後、犬の飼い主(購入者)は運送業者を使って動物の輸送を手配することができます。
動物のオンライン取引は着実に増加しています。
ますます多くの犬が、オンラインで買主を求める広告を介して販売されています。
動物(註 インターネット販売で出品されている犬など)と新しい飼い主との間の距離は非常に大きいことが多く、時には自分の自動車が利用できないため、新しい飼い主は、動物を輸送する他の方法(自分の自動車で引き取りに行く以外の)を探す必要があります。
同じことがブリーダーからの犬の購入にも当てはまります。



 次に、「ドイツでは犬などのインターネット販売が急増している」ことに関して、その問題を報じる記事から引用します。Darf man sich einen Hund bei eBay kaufen? 「eBay(ドイツの大手のインターネット販売ポータルサイト)で犬を買えますか?」 2019年3月7日


Hund bei eBay Kleinanzeigen kaufen: So legal ist es wirklich.
Laut der Tierschutzorganisation Vier Pfoten ist der Online-Verkauf von Welpen in den letzten Jahren kontinuierlich gewachsen.
Angeblich veröffentlichen die Händler bis zu 1.000 Anzeigen am Tag.
eBay Kleinanzeigen ist daher eine der größten Plattformen für den deutschen Tierhandel.
Es gibt keine Verifizierungspflichten für die Händler und leider liegen derzeit auch keine gesetzlichen Regelungen zu diesem Thema vor.
Im Regelfall kosten diese Welpen viel weniger als die Tiere beim Züchter.
Das ist leider für viele Verbraucher ein ausschlaggebender Grund, einen Hund bei eBay Kleinanzeigen zu kaufen.

イー・ベイ(eBay ドイツのインターネットの販売ポータル)のクラシファイド広告で犬を買うこと:それが合法なのは本当です。
動物保護団体、Vier Pfoten (4本足)によると、(ドイツ)子犬のオンライン販売は近年着実に成長しています。
伝えられるところでは、販売業者は1日に最大1,000もの広告を掲載しています。
そのため、eBayのクラシファイド広告は、ドイツのペット業界にとって最大の基盤の一つです。
(サイト運営者による)販売業者に対する確認義務はなく、残念ながら、現在この問題(インターネットなどによる犬などのペット生体の非対面通信販売)に関する法的規制はドイツではありません。
一般的に、これらの子犬は、ブリーダーのものよりはるかに安いです。
残念ながら多くの消費者にとって、これが、eBayの広告で犬を買うための決定的な理由です。



 ドイツにおいては、犬などのペットの生体を、インターネットなどの非対面通信販売で販売することに対する規制が全くない国です。インターネットの販売ポータルサイトに犬などのペットの生体を出品して販売し、非対面で輸送して配達するなどして取引を完遂することは、ドイツでは全く合法です。また、犬の輸送を禁じる法律はありません。
 ドイツにおける、犬などのペットの生体販売と、動物の輸送を包括的に規定した法律は、Tierschutzgesetz 「連邦動物保護法」です。まず犬などのペットの生体販売と営利繁殖に関しては、Siebenter Abschnitt Zucht, Halten von Tieren, Handel mit Tieren § 11 § 11a § 11b § 11c  「第7節 11条 11条a 11条b 11条c 動物の繁殖、動物の飼育、動物の売買」により規定されています。「インターネットなどによる非対面での通信販売」を禁じる規定はありません。
 また、犬などの輸送に関しては、同法の、Achter Abschnitt Verbringungs-, Verkehrs- und Haltungsverbot § 12 「第8節 動物の移動、輸送、保管の禁止事項  12条」に規定されています。条件を満たせば、犬などのペットの生体は輸送(個別宅配便での輸送)は全く合法です。
 犬に限り、犬の飼育や繁殖、販売に関して包括的に定めた、Tierschutz-Hundeverordnung 「動物保護 犬規則」があります。しかし同規則においても、犬の輸送や、非対面のインターネット販売を禁じる条項は皆無です。


(画像)

 ドイツの子犬販売インターネットポータルの一例。ドイツ最大手のインターネット通販サイト、eBayのページから。ebay "welpen verkaufen" in Deutschland 「ドイツにおける子犬販売」。
 ミニチュアピンシャーが300ユーロ(3万円台)。これは完全に東ヨーロッパからの密輸品でしょう。しばしば、200ユーロ台の純血種の子犬の出品もあります。

インターネット 犬 販売 ドイツ


(画像)

 ティアハイムのインターネット販売サイトにおける、保護犬の商品出品の実例です。ティアハイムももちろん保護犬猫などの非対面のインターネットによる譲渡(販売)を利用しており、ドイツにはティアハイム専用のインターネット販売サイトが複数あります。その一つの、Tierwelt の画像です(Hunde aus dem Tierheim)。
 ティアハイムの売り物の犬は、多くが不人気の中型大型の雑種の成犬老犬です。シェパードとコリーの雑種が398ユーロです。これでは近年、ティアハイムが経営難に陥るのは当然です。このような「もの自体の価値に対して価格が高い」犬は、よほど動物愛護家でなければ買う人はいません。一定割合の、「動物愛護という付加価値にお金を払う」というニッチな市場は存在しますが、一般的」にはなりえないのです。それがマーケティングの原理です。

ティアハイム 犬


 そのほかにも、環境省の同資料、平成 29 年度 訪独調査結果 平成 29 年 5 月 30 日 特定非営利活動法人アナイス  (環境省) は全編にわたり、誤り、嘘の羅列で見るに堪えがたい内容です。また、あからさまに誤りとは言えないものの、読者に著しく誤解を招く記述が多数あります。まさに狂った資料です。
 具体例を今後折々指摘していきます。私が過去に取り上た事柄は割愛しますが、看過できない記述については取り上げていきます。それにしても例えば「数年前から禁止されている」などという記述は、公的機関の調査報告書ではあってはならないでしょう。「禁止されている」とは強制力を伴うものですから、その法令と該当する条文を明記し、その法律の施行年月日も明示しなければなりません。法令に関する事柄であれば、根拠法を出典として挙げなければ、その資料はゴミに等しいです。
 妄想、単なる思い付きの一行であっても、その検証には、正確性を期するためには、関連法規や政府広報などの複数の資料を精査しなければならないのです。それは大変な労力です。私は無報酬のアマチュアです。

 その他私は、現在三菱UFJリサーチ&コンサルティングの広島県が発注した、動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング、について、現在連載中です(続きは折々書きます)。三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、環境省の調査も受託していますが、その資料の内容もひどいの一言に尽きます。
 有償の調査でかつ専門家と目されているのであれば、その調査内容に責任を持つべきです。このようなデタラメ資料が公的機関からも次次と出され、訂正もなく公開され続けているのはまさに狂気です。動物愛護の分野に限ってのことでしょうか。となれば日本は「動物愛護後進国」どころか、暗黒国家です。本当に憤りを感じています。


続きを読む

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,227ブログ中6位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR