ドイツでの違法な子犬販売はヤクザのシノギ~「ヨーロッパでは犬の繁殖を商売にしている人はいない」と言う、太田光明教授の大嘘






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Hunde kommerziellen Züchter (Welpen Bauernhof).
Deutschland




 記事、
「ヨーロッパでは犬の繁殖を商売にしている人はいない」と言う、太田光明教授の大嘘
イギリスの巨大パピーファームとインターネットによる犬販売問題~「ヨーロッパでは犬の繁殖を商売にしている人はいない」と言う、太田光明教授の大嘘
続・イギリスの巨大パピーファームとインターネットによる犬販売問題~「ヨーロッパでは犬の繁殖を商売にしている人はいない」と言う、太田光明教授の大嘘
ビニール袋に病気の子犬を詰め込んで殺害した犬ブリーダー~イギリス
ドイツにおける東ヨーロッパの犬密輸とインターネット犬販売問題~「ヨーロッパでは犬の繁殖を商売にしている人はいない」と言う、太田光明教授の大嘘
続・ドイツにおける東ヨーロッパの犬密輸と犬のインターネット販売問題~「ヨーロッパでは犬の繁殖を商売にしている人はいない」と言う、太田光明教授の大嘘
ドイツのパピーミルが東ヨーロッパから輸入した子犬を自社生産品(ドイツ産)と偽って販売
の続きです。
 ドイツ、ベルリンで、ボランティアで子犬の違法取引の発見と通報をしている男性がいます。その男性が大手メディアの取材に応じました。ドイツにおける、東ヨーロッパからの違法なインターネットによる子犬販売の実情に触れています。



 現在ドイツにおいては、東ヨーロッパから違法に輸入された子犬をインターネットで販売するケースが激増しています。違法と疑わしい子犬のインターネットによる広告を調べて、実際に違法であることを確認してから警察などに通報している、ボランティアのドイツ人男性がいます。なお、ドイツにおいては、インターネットなどによる犬などのペットの非対面通信販売自体は合法で、ほとんど規制はありません。許可を受けたペットショップやブリーダーが、インターネットなどによる非対面通信販売で犬などの生体を売ることは全く合法です。インターネット上の商品出品だけを見ても、違法か合法かの判断は極めて困難です。
 Undercover-Mission in BerlinTierschützer kämpft gegen die Welpen-Mafia 「水面下での使命 動物保護活動家は子犬ヤクザと戦います」 2017年10月9日 から引用します。


Das Internet ist ein Tummelplatz für illegale Tierhändler.
Zu jeder Tages- und Nachtzeit könnten hier alle möglichen Tiere gekauft werden - "von Kobra bis illegaler Kampfhund".
In erster Linie aber Welpen.
Alleine in Berlin Pro Woche werden in Berlin um die 250 Hundewelpen aus Osteuropa verkauft.
Die Tiere kommen in der Regel von "Hinterhof-Züchtern", die sie unter unwürdigen Bedingungen halten und viel zu früh von ihrer Mutter weggeben.
Sie werden weder geimpft, noch gechipt, bevor sie illegal nach Deutschland geschleust werden.
Folgen sind Verhaltensstörungen und schlimme Krankheiten.
Es kommt vor, dass der Welpe schon einen Tag nach dem Kauf stirbt.
Käufer, die online einen günstigen Hund erwerben, seien auch Teil des kriminellen Kreislaufs und sollten deshalb darauf verzichten.
Seriöse Züchter verlangen um die 1000 Euro - online kostet er 200 Euro.
Die Hunde werden unter schlimmsten Bedingungen gehalten.
Der Welpenhandel wird in Deutschland als "Kleinkriminalität" eingestuft.
Denn dahinter steckt ein organisiertes System.
Die suchen gezielt in sozial schwachen Umgebungen nach potentiellen Verkäufern.
Gezielt werde nach jungen, alleinerziehenden Müttern gesucht, die pro Hund eine Provision von etwa 30 Euro bekämen.
Die Mädels machen die Drecksarbeit und müssen dann das Bußgeld bezahlen, während die Hintermänner ein Millionengeschäft machen und nie belangt werden.

インターネットは、違法なペットトレーダーのための活動場所です。
昼でも夜でも、「コブラから法律で禁止されている闘犬種の犬」まで、あらゆる種類の動物をここで購入することができます。
しかし最も多いのは、子犬です。
ベルリン市(註 人口約300万人)だけでも、毎週東ヨーロッパ産の子犬が約250頭インターネットで販売されています。
子犬たちは通常、「バックヤードブリーダー」から来たもので、ひどい状態で飼育され、あまりに早く母親から離されています。
子犬たちは、不法にドイツに密輸される前に、ワクチン接種も、マイクロチップ施術もされていません。
結果として、子犬たちは行動障害と悪い疾患があります。
購入後、わずか1日で子犬が死んでしまうことも起きます。
安価な犬をオンラインで購入する買い手も、犯罪の一端を担っているのであり、それは控えるべきです。
評判の良いブリーダーは、子犬に約1000ユーロの価格を提示します - オンラインでは200ユーロです。
子犬は最悪の条件下に置かれています。
子犬の違法販売は、ドイツでは「軽犯罪」に分類されています(註 子犬をインターネットで非対面販売すること自体は、ドイツでは全く合法です。例えば8週齡未満や、狂犬病ワクチン未接種で外国から犬を持ち込むなどは犯罪です)。
子犬の違法販売の背後には、組織化されたシステムがあります。
その組織は、社会的弱者である、潜在的な売り手を探しています。
目的は、犬1頭の販売につき、約30ユーロの手数料を受け取る若い、シングルマザーを探すことです。
若い女性は汚れた仕事をして、罰金を払わなければなりませんが、黒幕は100万ドル(1億円以上)の取引をしても起訴されることはありません。



 本連載で引用している、獣医師界の重鎮の太田光明氏(東京農業大学教授)の発言ですが、再度引用します。「ペットブームは嘘」減少たどる犬の飼育頭数、ペット産業が抱える“悪循環”のウラ側 2016年8月28日
 ドイツの犬販売の状況は、太田光明氏の発言とは、随分異なるようです(笑い)。


ヨーロッパでは、日本のように繁殖を商売にしている人なんていません。
ボランティアのようなお年寄りが1~2頭飼っていて、繁殖しています。
子犬が生まれたら、えさ代くらいの経費をもらって人に譲渡するんです。
そこで稼ごうなどと考えてもいないでしょう。
生き物を扱うモラルが浸透しているんです。
それに比べて日本はモラルのカケラもないですね。



(動画)

 Ungarn: Susy Utzinger besucht die Hunde aus der geräumten Horror-Welpenfarm 「ハンガリー スージー・ウティンガー氏は、閉鎖になったおそるべきパピーファーム(パピーミル)を訪問しました」 2017/10/15 に公開(スイスの動物保護活動家)
 東ヨーロッパのうち、ドイツなどに子犬を密輸している主な国の一つである、ハンガリーのパピーファーム(パピーミル)の様子を伝えています。近年は、ドイツなどの西ヨーロッパ向けに犬の営利繁殖を行っている東ヨーロッパの主力国は、ポーランドからハンガリーに移っていると感じます。ポーランドは、ドイツ企業が生産拠点を移転させるなどで景気がよく、所得水準も高まっていることが一つの要因だと思います。しかしこのような犬をレスキューするという名目で、動物保護団体やティアハイムが「保護犬詐欺」を働くケースが多発しています。ドイツ人は優良なペットショップから犬を買うのが一番いいのではないかとも思います。ドイツ人がお気の毒になります。

139 Hunde lebten unter kaum vorstellbaren Umständen und mussten dort Junge gebären, die dann gewinnbringend an Internet-BestellerInnen verhökert wurden.

139匹の繁殖犬たちは想像を絶するひどい状況下で生きて、子犬を育てなければならず、インターネットユーザーに有利に販売されました。





(画像)

 ドイツの子犬販売インターネットポータルの一例。ドイツ最大手のインターネット通販サイト、e-bayのページから。ebay "welpen verkaufen" in Deutschland 「ドイツにおける子犬販売」。
 ミニチュアピンシャーが300ユーロ(3万円台)。これは完全に東ヨーロッパからの密輸品でしょう。しばしば、200ユーロ台の純血種の子犬の出品もあります。

インターネット 犬 販売 ドイツ

続きを読む

スポンサーサイト

ドイツのパピーミルが東ヨーロッパから輸入した子犬を自社生産品(ドイツ産)と偽って販売






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Hunde kommerziellen Züchter (Welpen Bauernhof).
Deutschland


本記事は、7742ブログ中3位を獲得しました

 記事、
「ヨーロッパでは犬の繁殖を商売にしている人はいない」と言う、太田光明教授の大嘘
イギリスの巨大パピーファームとインターネットによる犬販売問題~「ヨーロッパでは犬の繁殖を商売にしている人はいない」と言う、太田光明教授の大嘘
続・イギリスの巨大パピーファームとインターネットによる犬販売問題~「ヨーロッパでは犬の繁殖を商売にしている人はいない」と言う、太田光明教授の大嘘
ビニール袋に病気の子犬を詰め込んで殺害した犬ブリーダー~イギリス
ドイツにおける東ヨーロッパの犬密輸とインターネット犬販売問題~「ヨーロッパでは犬の繁殖を商売にしている人はいない」と言う、太田光明教授の大嘘
続・ドイツにおける東ヨーロッパの犬密輸と犬のインターネット販売問題~「ヨーロッパでは犬の繁殖を商売にしている人はいない」と言う、太田光明教授の大嘘
の続きです。
 ドイツのパピーミル(営利大量生産の劣悪飼育犬ブリーダー)が、東ヨーロッパ産の犬を激安価格で仕入れ、自社生産品(ドイツ産)と偽って高値で販売していました。しかし、東ヨーロッパで生産された犬は、飼育環境が劣悪で、子犬はあまりにも母犬と早く分離され、またワクチン接種をされていないことが多いです。そのために、すぐに死んでしまうことがしばしばあります。この事件では、ドイツのパピーミル経営者、獣医師、州の監督機関の職員がグルになっていました。しかしこの事件は、氷山の一角でしょう。



 サマリーで示した、「ドイツのパピーミル(営利大量生産の劣悪飼育犬ブリーダー)が、東ヨーロッパ産の犬を激安価格で仕入れ、自社生産品(ドイツ産)と偽って高値で販売していた」事件の、ニュースソースから引用します。
 Schlag gegen die Welpenmafia – Züchter sollen billige Hunde aus Osteuropa als eigene Zucht verkauft haben (Quelle: www.rtl.de) 「子犬ヤクザに対する処罰 - ドイツの犬ブリーダーは、東ヨーロッパ産の安い犬を、自分たちが生産した犬と偽って販売したとのことです」 2016年21月21日


Kranke Hunde teuer verkauft
Hunde übers Internet zu kaufen, ist meist keine gute Idee.
Denn oft stammen die Tiere aus dubiosen Zuchtbetrieben in Osteuropa.
Dort leben sie zum Teil unter erbärmlichen Bedingungen, bis sie teuer an deutsche Kunden verkauft werden.
Ermittlern ist jetzt ein Schlag gegen die sogenannte Welpenmafia gelungen, denn sie konnten eine illegale Zucht in Kreuztal in NRW auflösen.
Es stinkt, die Hunde sind völlig verwahrlost, wie es dort aussieht, es ist verdreckt.
Wie schlecht es den Tieren ging, wurde geschickt vertuscht.
Die Polizei vermutet, dass Beamte des Veterinäramtes und eine Tierärztin den Betrug gedeckt haben.
Sie sollen Impfpässe gefälscht haben und so seit Jahren Kontrolleure hinters Licht geführt haben.
Das Geschäftsmodell der Betrüger war schwer zu durchschauen.
Die Tiere stammten ursprünglich vermutlich aus Massenzuchten in Osteuropa. Dort wurden sie für 100 Euro eingekauft.
Dann sollen sie nach Deutschland in die angebliche Zuchtanstalt in Kreuztal gebracht worden sein.
Die Preise lagen bei 1.000 Euro.
Welpen wurden zu früh von Müttern getrennt.
Da die Hunde nicht geimpft gewesen sein sollen, seien sie häufig krank gewesen und de facto dem Tode geweiht, weil sie viel zu früh von den Muttertieren getrennt wurden.
Auch den Müttern der Welpen ging es nicht besser.
Da werden Muttertiere als Wurffabriken eingestellt, als Produktionsmaschinen.

病気の犬が高値で売られました
インターネットで犬を買うということは、普通は良い考えではありません。
そのような犬は多くの場合、東ヨーロッパの怪しげな繁殖場から来ているからです。
犬たちは、ドイツの購入客に売られるまでに、悲惨な状況で生きています。
捜査官は現在、ノルトライン-ヴェストファーレン州のコレツタルで違法な犬の飼育を解消させ、いわゆる子犬ヤクザに打撃を与えることに成功しました。
そこは悪臭に満ちていて、犬は完全にネグレクトされているように見え、そして不潔です。
犬たちの状態がどれほど悪いかは、巧みに隠されていました。
警察は、州の監督機関である獣医局庁の職員と、獣医師を詐欺容疑の対象としました。
彼らは、ワクチン接種証明書を改ざんしているはずで、そのために何年も検査員が騙されていました。
詐欺師のビジネスモデルは見破ることが困難でした。
犬たちはおそらく、もともとは東ヨーロッパの大量生産の繁殖場から来たものと思われます。
詐欺師たちは、犬を100ユーロ(約1万3,000円)で仕入れました。
その後犬たちは、ドイツ、ノルトライン-ヴェストファーレン州コレツタルのパピーミル(Zuchtanstalt 繁殖工場)に持ち込まれたはずです。
それらの犬の販売価格は、1,000ユーロ(約13万円)でした。
子犬は母犬から、生後直ぐに分離されました。
犬は予防接種を受けていなかったはずで、しばしば病気になり、実際に直ぐに死んでしまいましたが、犬たちが母親から早く離されたからです。
子犬の母親も、良い状態とは言えませんでした。
母犬は生産機械として、繁殖工場に投入されているからです。


 このケースでは、ドイツのパピーミル経営者、犯罪に協力した獣医師、監督機関である行政職員が警察に逮捕されました。ドイツの営利大量生産の劣悪飼育ブリーダー(パピーミル)経営者が、東ヨーロッパから安い子犬を違法に輸入して、自社生産品(ドイツ産)と偽って販売しました。自社生産しなかった理由は、子犬生産のコストの安さでは、ドイツは東ヨーロッパのポーランドやハンガリーにはかなわないということでしょう。ドイツの方が人件費などの物価が高いですし、東ヨーロッパに比べれば、犬の繁殖に対する規制が厳しいからです。
 しかしこの事件は、氷山の一角と言っても間違いありません。東ヨーロッパ諸国は物価が安く、動物保護法制が遅れていて、極めてコストを安く子犬を生産できるからです。ですから西ヨーロッパのドイツなどが東ヨーロッパから子犬を輸入して、自社生産品(ドイツ産)と偽って売るほうが、自社生産するより儲かるのです。東ヨーロッパ産の犬をドイツ産と偽って売る他に、オランダやベルギーの犬繁殖業者を経由して、それらの国の生産品と偽り、さらにドイツやフランスなどに再輸出するケースもあります。比較的オランダとベルギーは、犬などの繁殖に対する規制がゆるいからです。いくつかの研究では、「オランダは東ヨーロッパ産の子犬の集積地(いわゆるハブ)になっている」としています。次回以降の記事では、東ヨーロッパ産の子犬をオランダを経由することにより、オランダ産と偽装する、「犬ロンダリング」について取り上げます。

 しかし、このような荒唐無稽な嘘発言を堂々とする方がいます。獣医師界の重鎮である、太田光明東京農業大学教授です。氏の発言から引用します。 ドイツの犬販売事情は、太田光明教授が言われていることとは随分異なるようですが(大笑い)。
 「ペットブームは嘘」減少たどる犬の飼育頭数、ペット産業が抱える“悪循環”のウラ側 2016年8月28日 


ヨーロッパでは、日本のように繁殖を商売にしている人なんていません。
ボランティアのようなお年寄りが1~2頭飼っていて、繁殖しています。
子犬が生まれたら、えさ代くらいの経費をもらって人に譲渡するんです。
そこで稼ごうなどと考えてもいないでしょう。
生き物を扱うモラルが浸透しているんです。
それに比べて日本はモラルのカケラもないですね。



(動画)

 Organisierte Kriminalität! Großrazzia der Polizei bei Hundezüchter (Kreuztal/NRW) 「組織犯罪!犬のブリーダーに対する警察の大規模捜索(コレルツタル / ノルトライン-ヴェストファーレン州) 2016/12/14 に公開
 本記事で取り上げた事件を伝えるTVニュース。この、警察の捜索を受けた犬ブリーダーは、東ヨーロッパから100ユーロ~200ユーロ(1万円台~)という、安い価格で子犬を仕入れ、自社生産品(ドイツ生産品)と偽って、高値で再販売していました。経営者の女は逮捕されました。この事件により、ドイツには、東ヨーロッパ産の営利生産された子犬が大量に入ってきていることが伺えます。




(動画)

 Illegaler Welpenhandel | stern TV-Trailer (02.03.2016) 「違法な子犬貿易| スターTV予告編」 2016/11/04 に公開
 イギリスでは、極めて多くのパピーファーム(パピーミルと同義。営利大量生産の劣悪飼育犬ブリーダーのたとえ)に関する問題を取り上げたTVドキュメンタリー番組が放映されます。それに劣らずドイツにおいても、東ヨーロッパにおけるパピーミル生産の子犬がドイツに輸入されたり、インターネット販売されている問題が、TVドキュメンタリー番組で取り挙げられます。動物保護に関心があって、特にイギリスやドイツに在住経験がある方、もしくはある程度語学に堪能な方は、このような事情をご存知でないわけがないと思いますが。




(参考資料)

Skrupellose Welpenmafia Gequälte Hündinnen, kranke Welpen: Insider spricht über den illegalen Handel mit Hundebabys 「悪徳子犬ヤクザ 苦しんでいる犬、病気の子犬:内部告発者は、子犬の違法貿易について語ります」

 実際に、東ヨーロッパから違法にドイツなどに子犬を違法に輸出していた組織の一員が、内部告発したTVドキュメント。ビデオがあります。秀逸なドキュメンタリービデオです。

続・ドイツにおける東ヨーロッパの犬密輸と犬のインターネット販売問題~「ヨーロッパでは犬の繁殖を商売にしている人はいない」と言う、太田光明教授の大嘘






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Hunde kommerziellen Züchter (Welpen Bauernhof).
Deutschland


 記事、
「ヨーロッパでは犬の繁殖を商売にしている人はいない」と言う、太田光明教授の大嘘
イギリスの巨大パピーファームとインターネットによる犬販売問題~「ヨーロッパでは犬の繁殖を商売にしている人はいない」と言う、太田光明教授の大嘘
続・イギリスの巨大パピーファームとインターネットによる犬販売問題~「ヨーロッパでは犬の繁殖を商売にしている人はいない」と言う、太田光明教授の大嘘
ビニール袋に病気の子犬を詰め込んで殺害した犬ブリーダー~イギリス
ドイツにおける東ヨーロッパの犬密輸とインターネット犬販売問題~「ヨーロッパでは犬の繁殖を商売にしている人はいない」と言う、太田光明教授の大嘘
の続きです。
 「ヨーロッパでは、日本のように(犬の)繁殖を商売にしている人なんていません」という、事実と全く反する、まさに狂気というべき大嘘を公言している方がいます。東京農業大学教授の太田光明氏です。今回の記事では前回記事に引き続き、ドイツの犬の商業流通販売について述べます。真実は、ドイツでは、東ヨーロッパの営利大量生産の劣悪飼育犬ブリーダーが生産した子犬が大量に流通販売されています。それらの犬流通販売は違法に密輸されていることが多く、またインターネットで販売されているために、動物福祉に反する、「買った犬がすぐに死んだ」という社会問題が深刻化しています。



 問題の、太田光明氏の発言ですが、再度引用します。「ペットブームは嘘」減少たどる犬の飼育頭数、ペット産業が抱える“悪循環”のウラ側 2016年8月28日


ヨーロッパでは、日本のように繁殖を商売にしている人なんていません。
ボランティアのようなお年寄りが1~2頭飼っていて、繁殖しています。
子犬が生まれたら、えさ代くらいの経費をもらって人に譲渡するんです。
そこで稼ごうなどと考えてもいないでしょう。
生き物を扱うモラルが浸透しているんです。
それに比べて日本はモラルのカケラもないですね。



 今回記事は、引き続きドイツの犬の商業販売に現状について取り上げます。ドイツ国内にももちろん大規模営利生産の劣悪飼育ブリーダーは存在しています。しかしドイツは、イギリスとは異なり、現在極めてヨーロッパでの犬の一大生産拠点となっているポーランド、ハンガリーなどの東ヨーロッパの犬の輸入が多いです。イギリスと異なり地理的に近いですし、シェンゲン協定に加入している国同士であれば、犬の輸送がたやすいからです。東ヨーロッパで生産される犬は、ほとんどがドイツ、フランス、スイスなどの所得水準が高い国で販売されます。
 そのためにドイツにおいては、特にポーランドなどの東ヨーロッパでの大規模営利生産の劣悪飼育ブリーダーが生産した子犬が合法非合法問わず、大量に販売されています。ドイツでは、そのような子犬の流通が動物福祉に反する、さらには「インターネットで買った犬がすぐに死んだ」という消費者問題も深刻化しています。


 ドイツにおける、東ヨーロッパ産の子犬がインターネットの非対面販売で売られている(ドイツでは、犬などのペットの生体をインターネットなどの非対面で通信販売すること自体は合法です)現状について、ドイツの大手動物保護団体も次のように述べています。
 ÜBER DAS AKTION TIER WEBTIERHEIM 「AKTION TIER(ドイツ大手の動物保護団体) ウェブ・ティアハムについて」


EIN UNKONTROLLIERTER INTERNET HANDEL MIT TIEREN!
Unter die Anbieter mischen sich zahlreiche professionelle Tiervermehrer, die unter miserablen Bedingungen vor allem Welpen regelrecht produzieren – zum Leidwesen der Hündinnen oder Katzen, die als lebende Gebärmaschinen ein erbärmliches Leben in dreckigen Hinterhöfen fristen müssen.
Ganz zu schweigen von den Welpen, die oft viel zu früh der Mutter entrissen und bereits krank ihren neuen Besitzern übergeben werden.
Der Internethandel mit Tieren ist kaum kontrollierbar und oft tierschutzwidrig.
Kaum lassen sich illegale oder betrügerische Angebote von seriösen Anzeigen unterscheiden.

無制限に行われている動物のインターネット販売!
犬などのペットの供給者の中には、数多くのプロフェッショナルなブリーダーが含まれており、それらのブリーダーは-生きた機械として汚れた裏庭で惨めに生きなければならない、悲しいメス犬やメス猫の悲惨な飼育環境を生み出します。
子犬はもちろん、多くの場合、あまりにも早く母親から離されるために、新しい飼い主に引き渡される時には既に病気になっています。
犬などの動物のインターネット販売は、多くの場合動物保護法においても、ほとんど制御できません。
またほとんどの場合、違法または詐欺的な犬などの販売は、合法的な広告とは区別できません。



 以上のような、ドイツにおける東ヨーロッパ産の子犬の密輸(もちろん合法的な輸入もあります。ドイツ国内の大手ペットショップで販売されている子犬は、おもにポーランドの繁殖業者に生産委託されたものです)は、しばしばTVドキュメンタリーで取り上げられます。また頻繁に、「違法な子犬輸入業者が摘発された」などがニュースで報道されます。次にあげる動画は、東ヨーロッパから違法にドイツに輸入される、子犬の問題を取り上げています。


(動画)

 Skrupelloses Geschäft mit kranken Hundewelpen | stern TV-Trailer (01.02.2017) 「病気の子犬での悪徳ビジネス star TV予告編(01.02.2017)」 2017年2月1日公開

Verdreckte Zwinger, verwahrloste Tiere, tote Welpen: Es war ein grausames Bild, das sich der Polizei bei einer Razzia auf dem Gelände eines Hundehändlers in Siegen bot.
Seit Jahren schon kämpft die Tierschützerin gegen das skrupellose Geschäft mit kranken Hundebabys, die über Anzeigen im Internet als Tiere "aus einer Liebhaberzucht " angeboten werden, tatsächlich aber aus Zuchtfabriken aus dem Ausland stammen und oft schwer krank sind.
Mit gefälschten Papieren werden die Welpen dann in Deutschland verkauft.
Gegen eine Tierärztin, die Blanko-Impfpässe ausgestellt haben soll, liegt ein Haftbefehl vor.

汚い犬小屋、ネグレクトされた犬、死んだ子犬。
それはジーゲン(ドイツ、ノルトライン-ヴェストファーレン州)の犬商人を警察が搜索した際の、残酷な写真でした。
何年もの間、動物保護活動家は、病気の子犬の悪徳ビジネスと戦ってきました。
子犬の悪徳な商売人たちは、インターネット上で広告を介して 「愛玩用の好まれる犬の品種」を提供します。
実際には、外国の犬のパピーミル(Zuchtfabriken 繁殖工場)から来ており、犬はしばしば深刻な病気にかかっています。
偽の証明書を使って、その子犬はドイツで売られます。
白紙のワクチン接種証明書を発行した獣医師には、逮捕令状が出されました。





(動画)

 42 Hundewelpen gerettet: Polizei stoppt illegalen Tiertransport bei Erlangen 「救出された42頭の子犬:エアランゲン(ドイツ、バイエルン州)近郊で警察は違法な動物の輸送を止めた」 2017/05/10 に公開
 こちらの動画では、ドイツ国内のインターネットの子犬販売ポータルサイトに実例や、東ヨーロッパでの営利大量生産の劣悪飼育犬ブリーダーの様子が写っています。東ヨーロッパのポーランドやハンガリーなどでのこのような犬生産は、ほとんどが所得水準が高い、ドイツなどの西ヨーロッパに輸出されます。

Tausende Hundewelpen werden jährlich in Osteuropa gezüchtet, um dann von der so genannten Welpen-Mafia illegal nach Deutschland und in andere Länder Westeuropas geschleust zu werden.
Schon bei der Zucht leiden die Tiere und beim Transport erst recht.
Jetzt ist bei Nürnberg wieder ein illegaler Transport aufgeflogen.

毎年数千もの子犬が東ヨーロッパで飼育され、その後、いわゆる子犬ヤクザによってドイツや他の西ヨーロッパ諸国に不法に密輸されます。
既に繁殖時に犬たちは苦しんでおり、輸送中は、さらに苦痛が増幅されます。
今では、ニュルンベルク(ドイツ、バイエルン州)で、子犬の違法輸送が再開しました。




 ドイツでは、太田光明氏の発言、「ヨーロッパでは、日本のように繁殖を商売にしている人なんていません。ボランティアのようなお年寄りが1~2頭飼っていて、そこで稼ごうなどと考えてもいないでしょう」、とは随分事情が異なるようです(大笑い)。

ドイツにおける東ヨーロッパの犬密輸とインターネット犬販売問題~「ヨーロッパでは犬の繁殖を商売にしている人はいない」と言う、太田光明教授の大嘘






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Hunde kommerziellen Züchter (Welpen Bauernhof).
Deutschland


本記事は、7742ブログ中5位を獲得しました

 記事、
「ヨーロッパでは犬の繁殖を商売にしている人はいない」と言う、太田光明教授の大嘘
イギリスの巨大パピーファームとインターネットによる犬販売問題~「ヨーロッパでは犬の繁殖を商売にしている人はいない」と言う、太田光明教授の大嘘
続・イギリスの巨大パピーファームとインターネットによる犬販売問題~「ヨーロッパでは犬の繁殖を商売にしている人はいない」と言う、太田光明教授の大嘘
ビニール袋に病気の子犬を詰め込んで殺害した犬ブリーダー~イギリス
の続きです。
 「ヨーロッパでは、日本のように(犬の)繁殖を商売にしている人なんていません」という、事実と全く反する、まさに狂気というべき大嘘を公言している方がいます。東京農業大学教授の太田光明氏です。既にイギリスでは、営利大量生産の劣悪犬ブリーダーがインターネットで大量に子犬を販売することが大きな問題になっていることは述べました。今回の記事では、ドイツの犬の商業流通販売について述べます。真実は、ドイツでは、東ヨーロッパの営利大量生産の劣悪飼育犬ブリーダーが生産した子犬が大量に流通販売されています。それらの犬流通販売は違法に密輸されていることが多く、またインターネットで販売されているために、動物福祉に反する、「買った犬がすぐに死んだ」という社会問題が深刻化しています。



 問題の、太田光明氏の発言ですが、再度引用します。「ペットブームは嘘」減少たどる犬の飼育頭数、ペット産業が抱える“悪循環”のウラ側 2016年8月28日


ヨーロッパでは、日本のように繁殖を商売にしている人なんていません。
ボランティアのようなお年寄りが1~2頭飼っていて、繁殖しています。
子犬が生まれたら、えさ代くらいの経費をもらって人に譲渡するんです。
そこで稼ごうなどと考えてもいないでしょう。
生き物を扱うモラルが浸透しているんです。
それに比べて日本はモラルのカケラもないですね。



 これまでの記事では、太田光明教授の上記の発言と、イギリスで報道されていることが随分異なることを書きました。例えば、「イギリスでは極めて営利を追求した大規模な劣悪飼育の犬ブリーダーが多数存在する」ことを挙げました。対して日本の犬ブリーダーの平均的な規模は国際的には大きくありません。むしろ信頼できる統計では、イギリス、アメリカなどの犬ブリーダーの平均規模に比較すれば、日本はむしろ小規模と言えるのです(*1)。
 今回記事からは、ドイツの犬の商業販売に現状について取り上げます。ドイツ国内にももちろん、大規模営利生産の劣悪飼育ブリーダーは存在しています。私は今までドイツのTV局によるドキュメンタリー番組や、ドイツPETAが制作した、このようなドイツ国内の犬ブリーダーの問題を取り上げたビデオの内容を紹介しました。しかしドイツは、イギリスとは異なり、現在極めてヨーロッパでの犬の一大生産拠点となっている、ポーランド、ハンガリーなどの東ヨーロッパの犬の輸入が多いです。イギリスと異なり地理的に近いですし、シェンゲン協定に加入している国同士であれば、犬の輸送がたやすいからです。東ヨーロッパで生産される犬は、ほとんどがドイツ、フランス、スイスなどの所得水準が高い国で販売されます。
 そのためにドイツにおいては、ポーランドなどの大規模営利生産の、劣悪飼育ブリーダーが生産した子犬が合法非合法問わず、大量に販売されています。ドイツでは、そのような子犬の流通が動物福祉に反する、さらには「インターネットで買った犬がすぐに死んだ」という消費者問題も深刻化しています。

 上記のドイツの犬の商業流通販売については、次のような資料があります。ドイツ連邦共和国の州、ザールラント州が公式文書として報告書を出しています。州政府による文書ですので、極めて信頼性が高いものです。
 Landesbeauftragter für Tierschutz des Saarlandes Saarländischer Tierschutzbericht Mai 2016 bis März 2017 「ドイツ連邦共和国ザールラント州動物保護局代表 ザールラント州における動物保護に関する報告書 2016年5月〜2017年3月」 から引用します。


Illegaler Welpenhandel
Der illegale Welpenhandel innerhalb Europas ist nach den Drogen- und Waffen-geschäften der drittgrößte Geschäftsbereich von mafiösen Strukturen.
In diesem Bereich werden Millionen Umsätze gemacht und entsetzliches Tierleidproduziert, nur weil die Bürger in Mitteleuropa schnell und billig einen „kleinen süßenWelpen“ wollen.
Wir sind es so aus dem Internet gewohnt: Wenn ich heute eine Warewill, wird sie mir morgen geliefert.
Also werden auch diese Welpen heute meistensüber das Internet gekauft.
Die Kleinen, wie französische Bulldoggen, Yorkshire Terrier, Mops und Chihuahua, umnur einige zu nennen, sind besonders gefragt.
Sie sollen genau acht Wochen alt sein.
Das Internet bietet heute in verschiedenen Verkaufsportalen eine riesige Auswahl, ichlege die Ware (Hund) in den Warenkorb (Lieferzeit direkt) und bestätige dieBestellung.
Online erhalte ich direkt die Nachricht, an welcher Autobahn-Raststätteich den Welpen morgen oder übermorgen abholen kann (meistens noch relativ inmeiner Nähe).
Das ist Hundekauf heute.
Das Ergebnis dieses Konsumverhaltens ist, dass Welpen in Osteuropa unterunsäglichen Bedingungen und unter unvorstellbarem Tierleid in alten Stallanlagen in Massen produziert werden.
Diese Welpen werden nicht sozialisiert , nicht geimpft und schon gar nicht artgerecht aufgezogen.
Dafür werden siemit 5-6 Wochen von der Mutter getrennt und zu 50 oder 100 Tieren inKleintransportern illegal über die Grenzen nach Holland oder Belgien transportiert.
(Osteuropäische Welpen verkaufen sich nicht gut.)
Sie bekommen dort einengefälschten Impfpass und werden umgehend an den Endverbraucher abgegeben, dasich 3-5 Monate alte Welpen schon nicht mehr so gut verkaufen.
Möglich ist alles,weil innereuropäisch keine Grenzkontrollen mehr existieren.
Der Leidtragende ist immer der Hund!
Unter miserablen Bedingungen aufgewachsen,zu früh von der Mutter und den Geschwistern entfernt, meistens schon krank, wird erdem erheblichen Stress von verschiedenen Transporten und Ortswechselnausgesetzt.
Häufig mit Antibiotika vollgepumpt, damit er die nächsten Tage übersteht,wird er dann schnellstmöglich verhökert.
Viele dieser Welpen bleiben zwischen-zeitlich auf der Strecke und verrecken elendig, aber der Gewinn ist immer noch sehrgut.

違法な子犬の商業取引
ヨーロッパにおける違法な子犬の商業取引は、麻薬と武器密売に次ぐ、3番目に大きいヤクザの組織によるビジネス分野です。
中央ヨーロッパの人々の、「小さくて可愛らしい子犬」を手軽に安く欲しいという需要に応えるために、何百万頭という子犬の売上がこの地域にあり、そして恐ろしいほどの犬たちの苦しみが生じています。
私たち(ドイツ国民)は、インターネットでのそのような(「小さくて可愛らしい子犬」を早く安く買う)ことに慣れています:今日、偽善を持っているならば、そのような子犬は明日にも届けられるでしょう。
今日、そのためにドイツでは、このように子犬はほとんどインターネットで購入されています。
小型犬の、フレンチブルドッグ、ヨークシャーテリア、パグ、チワワなどこのようないくつかの品種は、特に需要があります。
彼らは8週齡規制(註 ドイツでは、子犬の母親からの分離を8週齡以降としています)を守るべきです。
今日、インターネットは、さまざまな販売ポータルで、多くの選択肢を提供しており、カートに商品(犬)を入れて(納期は即配)で、注文を確定します。
オンラインで直接メッセージを受け取り、(比較的近いところにある)高速道路のサービスエリアで、明日または明後日に、子犬を受け取ることができます。
それが今日の(ドイツでの)犬の買い方です。
この消費行動(註 ドイツ人の犬の買い方)が招いた結果は次のとおりです。
東ヨーロッパ生産の子犬は言いようのない悪条件で、古い畜舎で、想像を絶する苦痛の下で大量生産されています。
これらの子犬は社会化されておらず、  ワクチン接種はされておらず、適切な方法では飼養されていません。
子犬たちは、5〜6週齡で母親から離されて、小さなバンで50〜100頭の子犬が違法に国境を越えてオランダやベルギーに輸送されます。
(東ヨーロッパ産の子犬ということでは、うまく売れませんので)(註 オランダやベルギー産と偽るため)。
子犬たちは偽の予防接種証明書を付けられて、すぐにエンドユーザー(買主。消費者)に引き渡されますが、3-5ヶ月齢になった子犬はうまく販売することができないからです。
ヨーロッパ内では、国境管理がないのでそのようなことがすべて可能です。
被害者は常に犬たちです!
悲惨な状況の中で成長し、早すぎる母親や兄弟姉妹からの分離と、さらに、さまざまな交通機関での輸送や場所の変化などから犬たちは、かなりのストレスにさらされています。
多くの場合子犬たちは、その先わずか数日間生きながらえるだけの抗生物質が投与され、できるだけ早く売却されます。
これらの子犬の多くは、輸送中に無残に死んでしまいますが、この違法な子犬の商業取引の利益はそれでも非常に良いのです。


註 ドイツでは、犬などの生体を非対面でインターネットなどの通信販売を行うことは全く合法です。動物保護法(Tierschutzgesetzes )により、ペットの小売の許可を受けたペットショップやティアハイムがその他の法規を遵守して行うのは全く合法です。


 ドイツでは、太田光明氏の発言、「ヨーロッパでは、日本のように繁殖を商売にしている人なんていません。ボランティアのようなお年寄りが1~2頭飼っていて、そこで稼ごうなどと考えてもいないでしょう」、とは随分事情が異なるようです(大笑い)。
 次回以降では、具体的なポーランドなどの東ヨーロッパ諸国から違法にドイツに子犬が輸入された事件などを取り上げます。また、ドイツの大規模犬ブリーダーが、100~200ユーロ(1万円台)という激安価格でポーランドの犬ブリーダーから子犬を仕入れ、「ドイツ産」と偽って販売した事件もあります。また、ポーランドなどの東ヨーロッパ生産の子犬が一旦オランダやベルギーに持ち込まれ、オランダ産、もしくはベルギー産として偽られて販売されることも行われています。もちろん、ポーランド産よりも、オランダ、ベルギー産としたほうが高値で売れるからです。


(動画)

 Welpenmafia 「子犬商売のヤクザ」 2017/10/11 に公開(ドイツ語) Das Leid der Hündinnen und ihrer Kinder 「母犬とその子供たちの苦しみ」。
 こちらの動画は、ハンガリーの営利大量生産の劣悪飼育犬ブリーダーの様子です。




(動画)

 Illegale Tiertransporte: Tierheime schlagen Alarm | Kontrovers | BR Fernsehen 「違法な動物(犬)の輸送 ティアハイムが引受拒否を警告し、論争の的になっています BRTV」 2017/05/30 に公開
 密輸された子犬が見つかり、警察が押収しました。ヨーロッパは原則シェンゲン協定に加入している国家間においては、国境検問がなく、ヒトモノカネの移動が自由です。しかし近年のテロ増加により、国境検問を再開しています。そのために、違法な子犬のドイツへの輸送が発覚するケースが増えてます。

Wegen der wiedereingeführten Grenzkontrollen stößt die Bundespolizei vermehrt auf geschmuggelte Hundewelpen.
Die Tiere sind meist in einem erbärmlichen Zustand.
Sie werden beschlagnahmt und auf Tierheime in ganz Bayern verteilt. Doch wer trägt die Kosten?

再び導入された国境管理のため、ドイツ連邦警察は、密輸入された子犬にますます遭遇することが増えています。
子犬たちは通常、悲惨な状態にあります。
子犬たちは押収されて、バイエルン州のティアハムに分散されて送られます。
しかし、誰が費用を負担するのですか?




続きを読む

ドイツのペットショップ生体販売売上高は日本より大きい。ペットショップの数も多い(人口比)~「ペトこと」の嘘を暴く







Please send me your comments.  dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Die Statistik zeigt den Nettoumsatz im Einzelhandel mit Zoologischem Bedarf und lebenden Tieren in Deutschland.
In Deutschland,ein Zoofachgeschäft, auch Tierhandlung o. ä., ist ein Unternehmen im Einzelhandel, das seinen Kunden Heimtiere.


 ドイツでは大変生体販売ペットショップが発展しており、取扱動物数の種類、販売数の多さや、1店舗あたりの規模は巨大です。ドイツは人口比で日本より生体販売ペットショップの数が多く、またペットショップにおけるペットの生体販売売上高は日本より大きいのです。しかし正反対の驚くべき大嘘、「ドイツにはペットショップがほぼありません」をたれながしている悪質な嘘情報サイトがあります。こちらの記事です。ドイツにはペットショップがないって本当? 日本と大きく違うペットの迎え方。なおこちらの記事が掲載されているサイト、ペトことは、そのほかの記事でも、嘘誤り捏造がたいへん多い問題サイトです。特に海外に関する記事ではほぼ全てに嘘捏造、もしくは偏向があると言っても過言ではありません。 


 問題の記事から引用します。ドイツにはペットショップがないって本当? 日本と大きく違うペットの迎え方 2016年9月24日。


ペットショップって海外では当たり前じゃないって本当?
日本ではペットを迎える際に一般的なペットショップですが、ドイツにはペットショップがほぼありません
ドイツはティアハイムと呼ばれる保護犬猫収容施設から引き取る文化が浸透。
そしてドイツでは、ブリーダーから引き取るよりも保護犬や保護猫から引き取ることが多くあります(註 ドイツのティアハイムから犬を入手したシェアは10%未満と推測されます)。
それは、各自治体に「ティアハイム」と呼ばれる動物保護収容施設があるからです。
700から1000ものティアハイムが存在し、行政(自治体)が管理するのではなく民間に委託する形で運営されています(註 現在、全ドイツにあるティアハイムの数は約550です)(*1)。
ドイツでは生体販売自体は禁止にはなっていません。
にもかかわらず、ペットショップがほぼ存在しておらず、ブリーダーや保護犬猫のシェルターから引き取ることが一般的となっている。



 この短い記述にもかかわらず、嘘捏造がてんこ盛りです。今回は「ドイツではペットショップがほぼない」の嘘について述べます。結論から言えば、ドイツにはペットショップが推定で4,100~4,300あります。その数は人口比で日本より多いのです。さらに2016年のドイツの全ペットショップの生体販売の売上高は33億ユーロ(註 ペットショップの店頭販売のみの売上高。ペットショップやペット通販専門会社のインターネットなどによるペット生体通信販売は除外。ドイツでは、非対面の犬などの生体を通信販売で売ることを日本と異なり禁じていません)であり、同時期の日本のペットショップの生体販売売上高よりはるかに大きいのです。
 まず、ドイツ国内にあるペットショップの総数と、ドイツ全土でのペットショップによる生体販売の総売上高についての資料を列挙します。


Nettoumsatz im Einzelhandel mit zoologischem Bedarf und lebenden Tieren in Deutschland in den Jahren 2003 bis 2016 (in Millionen Euro) 「2003年から2016年のドイツにおける、動物(生きたペット)の需要および動物の生体販売の小売業部門における純売上高」(2018年最新版 ドイツ連邦政府等による公的統計に基づく有料統計情報提供サイト。アカウントを持っていないと、グラフなどの詳しい数値を見ることはできません。以下の要旨は読むことができます)

Die Statistik zeigt den Nettoumsatz im Einzelhandel mit zoologischem Bedarf und lebenden Tieren in Deutschland in den Jahren 2003 bis 2016.
Betrachtet wird der überwiegend stationäre Fachhandel.
Internet- und Versandhändler sind nicht enthalten. Im Jahr 2016 setzten die Zoofachhändler in Deutschland netto rund 3,3 Milliarden Euro um.

この統計は2003年から2016年にかけての、ドイツの動物(生きたペット)の需要および動物生体販売の小売業部門における純売上高を示しています。
主に、固定型店舗(通常の展示販売ペットショップ)と考えられています。
インターネットおよび通販会社は含まれていません(註 ドイツでは、犬などのペットの生体を非対面で通信販売することを禁じていません)。
2016年にドイツの全ペットショップは、約33億ユーロ(4,356億円 1ユーロ=132円)の純売上高を計上しました。



Zoofachgeschäft 「ドイツのペットショップ」(ドイツ版 ウィキペディア)

Ein Zoofachgeschäft, auch Tierhandlung o. ä., ist ein Unternehmen im Einzelhandel, das seinen Kunden Heimtiere, Tiernahrung und entsprechendes Zubehör zum Kauf anbietet und beratend bei der Haltung der Tiere zur Seite steht.
Nach § 11 des deutschen Tierschutzgesetzes ist für den Handel mit Heimtieren eine spezielle Genehmigung erforderlich.
In Deutschland gibt es über 4100 Fachhändler.

大規模ペットショップ、または同じくペットショップは、顧客にペットの生体、ペットフードおよび関連アクセサリーを販売する小売企業であり、動物の飼育に関して助言します。
ドイツの動物保護法第11条によれば、ペットの動物の商業取引には特別な許可が必要です(註 この許可はかなり取得が面倒ですので、許可を受けたペットショップはほぼ100%生体販売をしていると考えられます)。
ドイツには4,100以上のペット小売業者(ペットショップ)があります。



Tierhandlungen – Geschäfte auf Kosten der Tiere 「ペットショップ-動物を犠牲にする店」。2012年7月14日(動物保護団体の記事)

Viele der Tiere stammen von Züchtern, aus Tierheimen, aus dem Ausland ─ oder aus einer der ca. 4300 Zoohandlungen deutschlandweit.
Obwohl jedes Jahr Millionen Tiere in Tierhandlungen verkauft werden, gibt es in Deutschland, keine speziellen gesetzlichen Regelungen für den Verkauf von lebenden Tieren.
2010 betrug der Gesamtumsatz der Heimtierbranche nach offiziellen Angaben 3,7 Milliarden Euro, Tendenz steigend.

ほとんどの動物は、ブリーダー、ティアハイム、外国から輸入したり、またはドイツ全土にある約4,300のペットショップの1つから購入することができます。
毎年数百万の動物がペットショップで販売されていますが、ドイツでは生きた動物の販売に関する特別な法的規制はありません(現在は連邦動物保護法 Tierschutzgesetz 11条で規制されています)。
2010年の総売上高はドイツのペット(生体)販売業の売上高は、公的統計ではの37億ユーロ(註 おそらくペットショップによるインターネットなどの通信販売を含めた数値)で、増加傾向にあります。



Geschäfte auf Kosten der Tiere 「動物を犠牲にする店」 2010年12月11日(動物保護団体の記事)

Insgesamt gibt es über 4000 Tierhandlungen in Deutschland.
Der Gesamtumsatz der Heimtierbranche betrug im Jahr 2008 rund 3,6 Milliarden Euro, Tendenz steigend.
Doch obwohl jedes Jahr Millionen Tiere in Tierhandlungen verkauft werden, gibt es in Deutschland bislang keine speziellen gesetzlichen Regelungen für den Verkauf von lebenden Tieren.

ドイツには4,000店以上のペットショップがあります。
2008年のペット生体小売業(生体販売ペットショップ)の総売上高は約36億ユーロ(註 おそらくインターネット販売を含めた数値である)であり、増加傾向にあります。
しかし、毎年数百万の動物がペットショップで販売されていますが、これまでに、ドイツでの生きた動物の販売に関する特別な法的規制はありません(註 現在は連邦動物保護法 Tierschutzgesetz で規制されています)。

 

 一方、日本の生体販売ペットショップの総数と、総売上高は次のとおりです。


ペットショップ店舗数 [ 2014年第一位 静岡県 ]

総務省の経済センサス‐基礎調査からペットショップ店舗数ランキング。
ここでは同調査で以下のように定義されている「ペット・ペット用品小売業」の事業所数を比較している。
(日本の)ペットショップの総店舗数は5,045軒で人口10万人あたり3.97軒



ペット関連市場と熊本県内の状況 ~ペット関連ビジネスの調査~

(日本全体の)平成23年度 ペットの生体他5,011億円(註 レンタルペットなどの、生体販売以外も含む。実際のペットショップの売上高より多めの数字になる)。


 以上により、ドイツと日本の生体販売ペットショップの総数と、ペット生体販売総額をまとめました(ドイツの人口を8,300万人、日本の人口を1億2,700万人として計算。ドイツの人口を日本の65%として計算します)。
 人口比では、ドイツは日本よりペットショップ数(1.2倍~1.3倍)が多く、ペットショップによる生体販売売上の総額(1.3倍~1.5倍)も、はるかに多いということになります。また、日本生体販売売上高総額に比べて、ドイツのペットショップの総数の倍率が低いことは、ドイツの方がペットショップ1店舗あたりの売上が大きい=巨大化が進んでいる、と言えます。1店舗あたりの規模が大きいということは、ドイツのペットショップの方が設備投資に旺盛で、より近代化が進んでいるこということになるかもしれません。実際にドイツのペットショップは極めて巨大化した店舗が多く、世界最大のペットショップはドイツにある、ZooZajacです。この店は売り場面積だけでも1万2,000平米で、日本武道館の敷地面積とほぼ同じです。この店のみならず、ロードサイドに展開した、巨大ペットショップがドイツでは多数あります。従業員700名近くの、巨大店舗をチェーン展開する大企業、KÖLLE-ZOO、ほかにはMEGA ZOO、Zoo Markt、などロードサイドに立地し、広い駐車場と巨大店舗で展開している巨大ペットショップが多数あります。ドイツでは、Zooを冠した名称のペットショップは慣習的に、「生体を総合的に品揃えした巨大ペットショップ」です。


ドイツ
・生体販売ペットショップ数   4,000~4,300(2010年~2016年)
・国民10万人あたりペットショップ数   4.82軒~5.18軒 
・日本のペットショップの生体販売上高総額5,011億円にドイツの人口割合65%をかけると、3,257億円 
33億ユーロ(4,356億円)では、日本の1.3倍 
37億ユーロ(4,884億円)では、日本の1.5倍になります
。 

日本
・生体販売ペットショップ数   5,045(平成24年度)
国民10万人あたりペットショップ数   3.97
・日本のペットショップの生体販売売上高総額   5,011億円 


 以上より、「ペトこと」の記事、ドイツにはペットショップがないって本当? 日本と大きく違うペットの迎え方は、真実とはまさに正反対の真逆(まぎゃく)も真逆(まぎゃく)もいいところです。これほどの大嘘を堂々と公に垂れ流すとは、まさに悪質で有害なサイトです。
 しかも嘘は、「ドイツにはペットショップがほぼありません」という事柄だけではありません。「ドイツはティアハイムと呼ばれる保護犬猫収容施設から引き取る文化が浸透」も疑問があります。ドイツにおけるティアハイムからの犬の入手シェアは、犬の入手全体に占める割合は1割ありません。近年激増している、東欧諸国のパピーミル(劣悪大量)生産の子犬は、ティアハイムの犬譲渡数の2倍を超えるものと推測されます。その点については、次回以降の記事で詳述します。


(動画)

 Besuch: Hunde, Katzen Duisburg Zoo Zajac 05 2015 HD 「訪問 犬と猫 デュイスブルク ズー・ザヤック 2015年5月」。2015/05/29 に公開
 世界最大の生体販売ペットショップは、ドイツにあります。売り場面積だけでも、日本武道館の敷地面積とほぼ同じ1万2,000㎡です。それがZoo Zajacです。もちろん犬猫も普通に展示販売しています。




(動画)

 Dr. Matthias Reinschmidt führt durch unsere Erlebniswelten | Kölle Zoo 「マティアス・ラインシュミット博士があなたの冒険の世界を案内します。 コレ・ズー」。2013/11/22 に公開
 従業員600数十名を雇用する、ドイツ国内で巨大店舗を多店舗展開しているペットショップチェーン、Kölle Zooのプロモーション・ビデオ。




(*1)

Tierheim

Der größte Dachverband in Deutschland ist der Deutsche Tierschutzbund, der etwa 740 Tierschutzvereine mit rund 550 vereinseigenen Tierheimen vertritt.

ドイツ最大の統括組織はドイツの動物保護協会(Deutsche Tierschutzbund)で、これは740の動物保護団体(Tierschutzvereine )と、それに属する、約550の会員制のティアハイム(Tierheimen )を代表しています。

 上記にあるとおり、ドイツのティアハイムの上部組織として動物保護団体(Tierschutzvereine)があります。この団体は寄付金を集めたり、資金管理をしています。そして別法人として、動物を収容する施設である、ティアハム(Tierheim)を傘下に所有しています。上記の独文の mit は、英語で言えば with に近い前置詞で、(A mit B)とすれば、「Aに属するB」という意味になります(ドイツ語 3格支配の前置詞 mit
 よく、「ドイツには1,000以上のティアハイムがある」や、今回取り上げた「ペトこと」の「700から1,000ものティアハイム」は完全に誤りです。ドイツのティアハイムの組織構造を理解していない、かつドイツ語の意味がわかっていない人があやふやな情報をたれながしていて、それの伝聞と思われます。本当にこんな誤った情報を堂々とたれながしている「ペトこと」は、実に有害です。出典を上げずに口から出まかせはなんとでも言えます。酔っぱらいのヨタ話じゃあるまいし、出典の一つぐらいあげなさいよ。


続きを読む

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,227ブログ中6位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR