イスラム教徒による犬への攻撃が続くヨーロッパ~ドイツ、オランダ







Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Es gibt häufige Hundeangriffe von Muslimen in Europa.


 「ドイツなどの西ヨーロッパは動物愛護に先進的で、愛犬国家である」と日本で喧伝されています。しかしこのような情報を流布している人たちは、西ヨーロッパの移民問題をご存じなのでしょうか。西ヨーロッパの国は移民が日本よりはるかに多く、ドイツやオランダは人口の約2割が移民です。これらの国では、移民はイスラム教徒が圧倒的に多いです。また、近年の中東の内戦などから、さらにイスラム教徒が西ヨーロッパに難民として押し寄せています。イスラム教徒は「犬は不浄」としています。ドイツなどでは、イスラム教徒による犬への暴力が急増しています。ドイツなどは、日本で言われているような「犬を尊重する犬天国」ではないようです。


 まず、ドイツにおけるイスラム教徒の犬攻撃事件です。 Hundemord in Straubing Täter war offenbar Syrer 「シュトラウビンクでの犬殺害 犯人は明らかにシリア人でした」 2018年2月11日 から引用します。


Die Tierrettung Niederbayern kämpfte verzweifelt um das Leben des kleinen Hundes.
27-Jähriger fühlte sich von Hund offenbar gestört – deshalb musste das Tier sterben.
STRAUBING Im Fall des kleinen Hundes,
der in Straubing aus dem dritten Stock zum Fenster hinaus geworfen wurde (wir berichteten),
sind weitere Fakten bekannt geworden.
Demnach handelt es sich bei dem Tierhasser um einen Mann syrischer Herkunft.
Der Mann,
der offenbar in Straubing in einer Wohngemeinschaft lebt, war über die Anwesenheit des Hundes offenbar derart erzürnt,
dass er das wehrlose Tier kurzerhand aus dem Fenster warf.
Alle Versuche, das Tier zu retten, waren anschließend vergeblich.

ニーダーバイエルンの獣医救命所は、小さな犬を助けるために必死でした。
27歳の若者は犬が嫌いでしたので、犬は死ななければなりませんでした。
シュトラウビンク(Straubing)の小さな犬ですが、(私たちが報道したように)、その犬を3階から投げ落とした者に関しては、多くの事実が分かっています。
それによると、犬を殺した犬嫌いはシリア人の男です。
シュトラウビンク(Straubing)に住んでいたその男は、犬の存在についてとても怒っていたようで、その男は無防備な犬を窓から投げ捨てたのです。
その後の犬の救命のすべての試みは、無駄でした。



 次はオランダの事件です。警察官がシリア人の青年のアパートの部屋を警察犬を連れて捜索のために入室したところ、シリア人青年はナイフと斧で警察犬を切りつけました。Ramadan in Rotterdam: Mann ruft „Allahu Akbar“ und sticht auf Hund ein 「オランダ、ロッテルダムでのラマダン(イスラム教徒の断食の期間)でのできごと:男は「アッラー・アクバル(神は偉大なり)と叫んで犬にナイフを突き刺した」 2018年3月31日 から引用します(ドイツ語)。


Hunde gelten im Islam als "unrein".
In dem kleinen niederländischen Ort Schiedam bei Rotterdam ist es zu einer Art Messerangriff gekommen, die bislang in Europa noch selten sind, sich aber bald im Rahmen der Islamisierung stark ausbreiten könnten.
Als Polizisten mit dem Polizeihund die Wohnung eines 26-jährigen Syrers betraten, hat dieser – ausgestattet mit einem großen Messer und einer Axt – sofort begonnen, auf den Hund einzustechen.
Dabei schrie er immer wieder laut „Allahu Akbar“.
Er kam verletzt in ein Krankenhaus.
Der Hund erlag seinen Verletzungen.

イスラム教においては、犬は「不浄」とみなされます。
オランダのロッテルダムの小さな村、スヒーダム(Schiedam)では、ナイフによる暴力事件があります。
ヨーロッパではまだまれではありますが、しかしすぐにでもイスラム化の流れで広がる可能性があります。
警察官が26歳のシリア人のアパートの部屋に警察犬と一緒に捜査で入ったとき、シリア人の男は大きなナイフと斧で武装しており、すぐに警察犬を刺し始めました。
その男は、繰り返し「アッラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫びました。
警察官は他の手段でエスカレートするその男の行動をやめさせることができなかったので、その男を止めさせるために拳銃で撃ちました。
その男は怪我をして病院に運ばれました。
警察犬も怪我をしました。



 そのほかにもオーストリアでイスラム系移民による犬の大量殺害事件や、ドイツでの、イスラム教徒のタクシー運転手による、盲導犬の乗車拒否などが相次いでいます。タクシー運転手は、乗車拒否は宗教上の権利と主張して裁判で争っています。これらの事件は後ほど取り上げます。


(動画)

 Islam und Hunde - Islamische Botschaft 12 「イスラムと犬ーイスラムからのメッセージ」 2016/05/17 に公開
 私の感覚からすれば「郷に入れば郷に従え」ですが、イスラム教徒にとってはそうはならないということでしょう。イスラムにとって犬が不浄であり、教義ではどのように扱っているかの、非イスラムに対するドイツ語広報。難民として受け入れてもらって、受け入れ国側に財政負担をかけさせても、自分たちの価値観は押し通すのは理解に苦しみます。

Muslime Europas und Hundephobie
Hunde und Muslime - Es ist kein weltbewegendes Thema, aber im Alltag durchaus wichtig.

ヨーロッパのイスラム教徒と犬恐怖症
犬とイスラム教徒 - これは全世界的な問題ではありませんが、日常生活では重要です。


スポンサーサイト

深刻な犬の咬傷事故が相次ぐドイツ~ミュンヘン中央駅で犬の攻撃により5人が重傷を負う






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
In Deutschland kommt es häufig zu einem schweren Hundebissunfall.
Bahnhof teilweise gesperrtHund verletzt fünf Menschen am Münchner Hauptbahnhof – Tier von Polizei erschossen


本記事は、7742ブログ中4位を獲得しました

 今年の4月だけで、ドイツでは3名の方が犬の咬傷事故により亡くなりました。その後もドイツでは、重大な咬傷事故が相次いで発生しています。例えば、5月には、ドイツでは最も乗降客数が多い駅の一つであるミュンヘン中央駅では、一頭のロットワイラー種の犬が紛れ込み人を遅い、5人が重軽傷を負いました。そのロットワイラー種の犬は、駆けつけた警察官により射殺されました。その他にも、5月には犬による重症事故が報道されています。


 ドイツで発生する犬による咬傷事故は年間約3万5,000件と推定されており、その数は人口比で日本の約10倍です(*1)。乳幼児が死亡する痛ましい事故も度々あります。今年の4月1ヶ月だけで、ドイツでは3名の方が、犬の咬傷事故で亡くなりました。その件については、私は記事にしています。

飼い主の母子を咬み殺した犬は殺処分された~犬による死亡咬傷事故が相次ぐドイツ
「ドイツでは殺処分は法律で認められていない」という、株式会社シロップの狂気発言

 翌月の5月になってからも、ドイツでは、犬による重大な咬傷事故が相次いで発生しています。まずサマリーで示した、ミュンヘン中央駅で発生した、重軽傷者5名を出した事故を報じるニュースソースから引用します。
 Bahnhof teilweise gesperrtHund verletzt fünf Menschen am Münchner Hauptbahnhof – Tier von Polizei erschossen 「ミュンヘン中央駅では犬が5人を負傷させたために一部分が閉鎖されました - 警察官は犬を射殺しました」 2018年5月27日


Die Polizei hat in München einen Hund erschossen, der zuvor fünf Menschen verletzt hatte.
Der Rottweiler habe am Samstag zunächst Passanten und dann die alarmierten Polizisten angefallen, teilte die Polizei mit.
Weder den Beamten noch der 26-jährigen Besitzerin sei es gelungen, den nicht angeleinten Hund zu beruhigen.
Daraufhin habe ein Polizist das Tier erschossen.
Drei Passanten und zwei Polizisten mussten mit Bisswunden ins Krankenhaus gebracht werden.
Der Vorfall ereignete sich in einem Innenhof in der Nähe des Münchener Hauptbahnhofes.

警察官は、既に5人を負傷させた犬を射殺しました。
警察によれば、ロットワイラー種の犬は土曜日に最初の通行人を攻撃し、その後、警戒していた警察官が反撃(その犬を射殺)しました。
警察官も26歳の犬の飼い主も、リードで拘束されていない犬を落ち着かせることに成功しませんでした。
そのために、警察官が犬を射殺しました。
3人の通行人と2人の警察官は、犬に咬まれた傷で入院しなければなりませんでした。
この事件は、ミュンヘン中央駅周辺の中庭で起きました。



(動画)

 HAUPTBAHNHOF MÜNCHEN: Rottweiler fällt Passanten an – und wird erschossen 「ミュンヘン中央駅:ロットワイラー種の犬は通行人を襲ったために射殺されました」 2018/05/27 に公開
 上記の事件を伝えるビデオニュース。射殺されたロットワイラー種の犬の死体を片付ける警察官ら。関係ありませんが、2人組の女性警察官がかっこいいと思いませんか。




 次の事件は、ドイツ、ザクセン州で発生した事件です。シェパード犬は71歳の女性飼い主を、庭で攻撃して引きずり回し、一部分を餌食(食べた)にしていました。女性飼い主は重傷を負い、救急ヘリコプターで病院に緊急搬送されました。その犬は、警察官により射殺されました。
 Oberlausitz Schäferhund schleift Frauchen (71) durch Garten – erschossen! 「オーバーラウディッツ シェパード犬は71歳の女性飼い主を庭で引きずり回した-犬は射殺されました!」 2018年5月20日 から引用します。


Die Polizei hat am Samstag in der Oberlausitz einen Schäferhund erschossen, der seine 71-jährige Halterin attackierte.
Zeugen hatten am Nachmittag den Notruf gewählt, als sie bemerkten, wie die ältere Dame von dem Vierbeiner angegriffen wurde und um Hilfe rief.
„Das Tier zerrte die Dame, teilweise wie
ein Stück Beute, durch das eigene Grundstück“, heißt es in der Polizeimeldung.
Weil die 71-Jährige so nicht medizinisch versorgt werden konnte, erschossen Polizeibeamte aus Weißwasser den Schäferhund.
Die schwer verletzte Frau wurde mit einem Rettungshubschrauber in eine Cottbuser Klinik geflogen.

警察官は土曜日に、シェパード犬を、71歳の女性飼い主を攻撃したために射殺しました。
目撃者たちはその日の午後に、高齢者の女性飼い主が四本足の友人(犬)に攻撃されて助けを求めているのを見て、緊急通報をダイヤルしました。
警察の報告によれば、「この犬は庭で女性を引きずり回し、一部分を餌食にしていました」。
71歳の女性は(犬が妨害したことにより)医療を受けることができなかったため、ヴァイスヴァッサー署の警察官がシェパード犬を射殺しました。
重傷を負った女性飼い主は、コットブス(ベルリン州)の病院まで、救急ヘリコプターで搬送されました。



続きを読む

生きたまま猫をゴミ箱に捨てるドイツ人






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Oder das deutsche Volk die Katze in den Müll wegwerfen?
Hauptbahnhof Heilbronn Kater in Mülleimer geworfen
TIERQUÄLEREI Neugeborene Kätzchen in Hagen im Müll entsorgt
Tote Katze in Müll geworfen


 「生きたまま犬や猫をゴミ箱に投げ入れて捨てる」とは、信じがたいです。日本で「動物愛護先進国」と神格化されたドイツでは、検索すると、かなり多くの「生きたまま犬猫をゴミ箱に投げ捨てた」事件がヒットします。今回は、比較的新しい、「猫をゴミ箱に投げ捨てた事件」を取り上げます。


 まず最初は、ドイツ、バーデン-ヴュルテンブルク州ハイルブロン市で、2017年に起きた事件です。1歳から2歳間の年齢と思われるオス猫がショルダーバックに詰め込まれて、駅のゴミ箱に生きたまま捨てられているのが見つかりました。
 Hauptbahnhof Heilbronn Kater in Mülleimer geworfen 「ハイルブロン中央駅 ゴミ箱に投げ捨てられたオス猫」 2017年4月12日 から引用します。


Bahnmitarbeiter fanden Vierbeiner in Umhängetasche im Abfallkorb - Keine Hinweise auf Besitzer.
Unbekannte haben einen Kater am Heilbronner Hauptbahnhof in einen Mülleimer geworfen.
Sie verständigten die Beamten und die Tierrettung, die den ein bis zwei Jahre alten Vierbeiner aus dem Abfalleimer holte.
Das Tier war weder tätowiert noch gechipt, sodass es keine Hinweise auf den Besitzer gibt.
Die Bundespolizei ermittelt nun wegen des Verstoßes nach dem Tierschutzgesetz.

駅員はゴミ箱の中で、ショルダーバッグに詰め込まれた四本足の友人(オス猫)を見つけました - 所有者を示す証拠はありません。
何者かが、ハイルブロン中央駅のゴミ箱に、オス猫を投げ捨てました。
駅員らは、ゴミ箱から出てきた1歳から2歳の間の4本足の友人(猫)の救助を、関係者に要請しました。
その猫は所有者を明示するための刺青もなく、その所有者を示すものはありません。
連邦警察は現在、動物保護法違反で捜査中です。



 次のこの事件は、2016年に発生した、飼い主が、4匹の生まれたばかりの子猫を生きたままゴミコンテナに捨てた事件です。4匹のうちの1匹は、その日のうちに死にました。
 TIERQUÄLEREI Neugeborene Kätzchen in Hagen im Müll entsorgt 「動物虐待 ハーゲンで生まれたばかりの子猫がゴミ箱に投げ捨てられました」 2016年6月11日 から引用します。


Vier neugeborene Kätzchen sind in Hagen-Wehringhausen von ihrem Besitzer in den Müll geworfen worden.
Eines starb, die anderen werden aufgepäppelt.
Mitarbeiter des städtischen Bereitschaftsdienstes, die von einem besorgten Bürger alarmiert worden waren, sammelten die erbärmlich aussehenden Tiere zwischen Kartons und leeren Flaschen an einem Container ein.
Eines der Katzenjungen verstarb noch am gleichen Tag, die anderen drei werden jetzt von einer Helferin des Hagener Tierschutzvereins mit der Flasche großgezogen.
Der Tierschutzverein hat eigens eine Katzenauffangstation eingerichtet, in der die aufgegriffenen Tiere, neben Kindern auch trächtige Mutterkatzen, untergebracht werden.
Der Standort wird geheim gehalten, da sonst zu befürchten sei, dass massenhaft Katzen vor der Eingangstür ausgesetzt würden.

4匹の生まれたばかりの子猫は、ハーゲン・ヴェリングハウゼンの飼い主によって、ゴミ箱に投げ捨てられました。
子猫の一部は死に、生き残ったものは世話をされています。
地方自治体の緊急電話受付サービスの職員が市民から通報を受けて、ゴミコンテナの中で、ダンボール箱と空のボトルのあいだにいる哀れな子猫を収容しました。
子猫のうち、オスの1匹がその日のうちに死に、残りの3匹は現在、ハーゲンの動物保護協会の援助者によって哺乳瓶によって飼育されています。
ハーゲン動物保護協会には特別な猫の受け入れセンターがあり、子猫や妊娠した猫に加えて捕獲された猫も収容されています。
その場所は秘密にされていますが、そうでなければ、大量の猫が玄関のドアの外側に捨てられる恐れがあるからです。



 2016年に起きた以下の事件は、怪我をした飼い猫をゴミ箱に捨てた警察官の事件です。猫はおそらく自動車に轢かれたと思われますが、警察官がその猫をゴミ箱に捨てた時点では生きていた可能性があります。警察官は、ゴミステーションに捨てられた便器の中に猫を入れ、便器の蓋を閉めていました。
 Tote Katze in Müll geworfen 「ゴミ箱に投げ捨てられて死んだ猫」 2016年7月21日 から引用します。


Kater George war ein vergnügtes und treues Tier.
Am Sonnabend war George durch.
Doch dann blieb Er mittags zur Fressenszeit aus.
„Und er kam auch über Nacht nicht“, schildert Sabine Stolten.
Als George auch am Sonntag nicht auftauchte, druckten seine Besitzer 80 Suchplakate und hängten sie in der Umgebung auf.
Schon nach kurzer Zeit kam ein Anruf.
„Es war eine Frau dran, deren Mutter bei uns in der Nähe wohnt“, erzählt Sabine Stolten.
Die ältere Dame habe am Wochenende beobachtet, dass eine Katze tot neben einem Gebüsch am Fußweg lag.
„Sie hat dann einen Polizisten gesehen, wie er das Tier in eine Mülltonne vor dem Wohnblock Nummer 52 getan hat.“
aber nun ging sie doch mit einem sehr mulmigen Gefühl zu der besagten Mülltonne.
Gemeinsam öffneten die Frauen den Deckel, sahen Hausmüll, eine Toilettenbrille – „und unter dem Klodeckel lag George“.
Vermutlich ist der Kater überfahren worden.
Rein rechtlich hat der Polizist, der den toten Kater George im Restmüll versenkt hat, nichts falsch gemacht.

オス猫のジョージは、陽気で飼い主によくなついた猫でした。
ジョージは土曜日に生涯を終えました。
ジョージは、ランチタイムの後に外出しました。
「そして、ジョージはその晩に帰ってきませんでした」と、飼い主のザビーネ・ストルテン氏は言います。
ジョージが日曜日に現れなかったとき、ジョージの飼い主は80枚の迷い猫探しのポスターを印刷し、それらを近所に掲示しました。
すぐに電話がかかってきました。
「その人は、母親が私たちの近くに住んでいる女性でした」とザビーネ・ストルテン氏は説明します。
高齢の女性(電話をかけてきた人の母親)は週末に、猫が歩道の植栽の、低木の傍で横たわっているのを見ていました。
その女性は、警察官が52番地のゴミ箱に、その猫を捨てているのを目撃しました。
すぐに飼い主たちは、とても不安な気持ちで、ゴミ箱を見に行きました。
彼らがゴミ箱の蓋を開けると、家庭ごみの中に捨てられた便器があり-便器の蓋の下に猫のジョージがいました。
おそらくオス猫のジョージは、自動車に轢かれたのでしょう。
(警察の回答によると)完全に警察官が行ったことは合法で、死んだ猫のジョージをゴミに捨てた警察官は、何も間違ったことをしていませんでした。



(動画)

 Katze wird aus fahrendem Auto geworfen! Cat is thrown out of a driving car! 「猫は運転中の自動車から投げ捨てられる!」。2016/09/15 に公開 ドイツ
 このようなことが原因で交通事故が起きれば、もちろん猫を投げ捨てたドライバーが損害賠償責任を負います。あまりにも面白いから、いえいえ、まりにもけしからんから、再掲しました。

Eine Überwachungskamera filmt, wie ein herzloser Mensch ein kleines Kätzchen aus seinem fahrenden Auto wirft.
A security camera films a driver who throws a little kitten out of his driving car.

防犯カメラは、運転中の自動車から、子猫を投げ捨てている非情な人物を撮影しています。


続きを読む

生きたまま犬をゴミ箱に捨てるドイツ人






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Oder das deutsche Volk den Hund in den Müll werfen?
Vier Hundewelpen in Mülleimer geworfen - nur einer überlebt
Tierquälerin im Zug Frau wirft neugeborene Hundewelpen in Mülleimer


 ドイツでは、しばしば生きた犬や猫がゴミ箱に捨てられる事件が報道されます。ゴミとして捨てられた犬が、ゴミ収集車で回収され、プレスされる寸前で清掃員に発見された事件もかつていくつかありました。本記事では、ドイツで比較的最近に起きた、犬がゴミ箱に捨てられた事件を取り上げます。


 まず、2017年に起きた事件です。女性ジョガーが、街中のゴミ箱の中に捨てられた4頭の子犬を発見しました。残念ながら、そのうちの3頭は死にました。
 Vier Hundewelpen in Mülleimer geworfen - nur einer überlebt 「ゴミ箱に投げ捨てられた4頭の子犬 - 1頭だけが行き残りました」 2017年10月14日 から引用します。


Eine Joggerin hat in Krefeld vier kleine Hunde in einer Abfalltonne gefunden.
Eine Joggerin entdeckte die Tiere bereits am Donnerstag und brachte sie zum Tierarzt. Drei der Hunde waren tot.
Wer die Tiere ausgesetzt hat, ist unbekannt.
Die Staatsanwaltschaft ermittelt nun wegen des Verdachts des Verstoßes gegen das Tierschutzgesetz.

ノルトライン-ヴェストファーレン州クレーフェルトで、一人の女性ジョガーが、ゴミ箱の中に4頭の小さな犬を見つけました。
女性ジョガーは、木曜日に子犬を発見し、獣医に連れて行きました。
3頭の犬が死にました。
子犬を捨てた人は不明です。
現在検察庁は、動物保護法違反の疑いで捜査しています。



 次の2016年の事件は、電車の乗客の女性が、出産間際のシェパード犬を同乗させ、列車内や駅で、そのシェパード犬が次々と6頭の子犬を産んだ事件です。女性の犬の飼い主は、産まれた子犬を、その場で列車内や駅のゴミ箱に捨てていきました。これは少し信じがたい事件です。もし同様の事件が日本で起きたならば、いわゆる動物愛護(誤)家はどのような反応を示すでしょうか。
 Tierquälerin im Zug Frau wirft neugeborene Hundewelpen in Mülleimer 「鉄道内での動物虐待 女性の飼い主は生まれたばかりの子犬たちをゴミ箱に投げ捨てました」 2016年9月12日 から引用します。


Kassel: Frau wirft neugeborene Hundewelpen in Mülleimer.
Tierquälerin erwischt: Eine Frau hat in einem Zug mehrere neugeborene Welpen ihrer Schäferhündin in den Mülleimer geworfen.
War die 52-Jährige am Sonntagabend im ICE von Fulda in Richtung Göttingen unterwegs.
Auf der Fahrt gebar die Hündin vier Hundebabys, von denen die Frau drei noch im Zug in den Mülleimer legte.
Zwei der Welpen waren tot, einer wurde von einer Reisenden mitgenommen.
Das vierte Hundebaby warf die Frau dann auf dem Bahnhof Kassel-Wilhelmshöhe in einen Mülleimer.
Das Tierbaby lebte aber noch und kam in eine Tierklinik.
Auf dem Bahnhof bekam die Hündin einen fünften Welpen.
Nach Polizeiangaben beteuerte die Frau, sie werde sich um diesen Welpen kümmern.
Allerdings ließ sie auch ihn zurück und stieg mit ihrer Hündin in einen Zug Richtung Mühlhausen in Thüringen.
Auf der Zugfahrt kam ein sechstes Hundebaby zur Welt.
Die Bundespolizei ermittelt nun wegen Verstoßes gegen das Tierschutzgesetz.

カッセル:女性は、生まれたばかりの子犬をごみ箱に投げ捨てました。
動物虐待者が逮捕されました:女性は鉄道のゴミ箱に、その女性の飼い犬のメスのシェパード犬が生んだ、数頭の生まれたばかりの子犬を投げ捨てました。
52歳の女性は日曜日の夜に、フルダから列車に乗車してゲッティンゲン方面に向かっていました。
その途中ですが、連れていた犬は、4頭の子犬を電車の中で産み、女性はそのうちの3頭を列車のゴミ箱に捨てました。
それらの子犬のうち2頭は死に、1頭はほかの旅行者に持ち去られました。
女性は、4頭目の子犬を、カッセル=ヴィルヘルムショーエ駅のごみ箱に投げ捨てました。
その犬の赤ちゃんはまだ生きていて、獣医師診療所に運ばれました。
駅で、母犬は5番目の子犬を産みました。
警察によると、犬の飼い主の女性は、この子犬の世話をすると主張したとのことです。
しかし、その女性は再びその子犬を捨てて、テューリンゲンのミュルーズへ、鉄道で母犬と一緒に行ってしまいました。
列車に乗ると、6番目の子犬が生まれました。
連邦警察は現在、動物保護法違反で調べています。



(動画)

 Tragische Entdeckung: Hund in Mülltonne gefunden | Auf Streife | SAT.1 TV 「悲惨な発見 ごみ箱で犬が見つかりました SAT.1テレビニュース」 2017/11/18 に公開
 割と新しい事件です。記事で取り上げた事件とはまた別の事件です。これは実際にあった事件をもとにした再現ビデオです。ドイツでは、同様の事件が度々報道されます。過去にも、ゴミ収集車のプレス機にかけられる直前で、ゴミ箱に捨てられた犬が発見された事件はいくつかあります。

Bei ihrer Arbeit machen zwei Mitarbeiter der Straßenreinigung eine tragische Entdeckung: Ein kleiner Hund wurde in einer Mülltonne zurückgelassen.

作業現場では、2人の掃除員が悲惨な発見をしています。
小さな犬がゴミ箱に捨てられていました。


税理士の猫虐殺事件に見る日本の異常性~ドイツと比較して







Please send me your comments.  dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Tragischer Vorfall in Duisburg Mit Steinen und Ästen: Kinder quälen Katze zu Tode
Ein kleines Wunder Katze überlebt mit zehn Zentimeter langem Pfeil im Kopf


 記事、猫を自動車で引きずって殺害した若者たち~頻発するドイツの猫虐待事件、の続きです。昨年、税理士(当時。現在は自主廃業)が猫十数匹を殺傷し、その様子の動画を公開し、動物愛護管理法違反事件で逮捕起訴されました。この事件では、元税理士は執行猶予付きの懲役刑判決が昨年に確定しています。本事件が起きたのと同じ時期に、ドイツでも猫虐待事件が起きています。飼い猫を石や棒で8歳から14歳の少年らが撲殺し、FaceBookにその様子を投稿しました。両事件を比較すれば、私は日本の事件の、犯人に対する私的制裁の行き過ぎに異常性を感じます。ドイツの事件では、犯人らのプライバシーを暴くなどの個人に対する嫌がらせは見つかっていません。


 まず、日本で税理士が十数匹の猫を殺害し、その様子を録画して公開したという事件です。猫13匹虐待、元税理士に有罪判決「動物愛護に反する」 2017年12月12日(朝日新聞デジタル)の記事から、引用します。


猫13匹を虐待し死傷させたとして、動物愛護法違反の罪に問われた元税理士O被告(*1)(52)=さいたま市=に対し、東京地裁は12日、懲役1年10カ月執行猶予4年(求刑懲役1年10カ月)の有罪判決を言い渡した。
細谷泰暢裁判官は「動物愛護の精神に反する悪質な犯行だが、税理士を廃業するなど様々な制裁を受けている」と述べた。
判決は、猫の駆除方法をインターネットで調べて虐待を繰り返すうち、虐待行為に楽しみを覚えるようになり、動画を公開することが目的化したと認定。「一連の犯行を正当化する余地はない」と断じた。
判決によると、大矢被告(*1)は2016年3月~17年4月、埼玉県深谷市の空き家で猫9匹に熱湯をかけたり、ガスバーナーであぶったりして死なせたほか、猫4匹にけがをさせた。


(*1)
刑事事件では、起訴された者は「被告人」です(刑事訴訟法  8条以下)。「被告」は民事訴訟での呼称です(民事訴訟法 )。
マスメディアは、基本的な法律用語くらいは正しく記述されたい。


 上記の事件で被告人が逮捕されたのは、2017年8月29日です。ちょうど同時期に、ドイツでは、猫の虐殺事件が起きていました。8歳から10歳の、12人の少年らが、飼い猫を石や棒で撲殺しました。猫の飼い主は、殺害された猫をFaceBookに投稿し、抗議しました。その事件を報道するニュースソースから引用します。
 Tragischer Vorfall in Duisburg Mit Steinen und Ästen: Kinder quälen Katze zu Tode 「ドイツ、デュイスブルクの悲劇的な事件 石と棒で殴って:少年たちは猫を死ぬまで拷問する」(ビデオ有り)。2017年6月17日。


In Duisburg ist eine Katze zu Tode gequält worden.
Die Täter sind erst zwischen acht und zehn Jahre alt.
Auf Facebook postete der Besitzer Marcus B. ein Statement mit mehreren Fotos,
demzufolge eine Gruppe von acht bis zwölf Kindern „Flohi“ mit Steinen und Ästen gepeinigt hatte.
Das Tier starb schließlich an seinen Verletzungen.
„Flohi wurde 14 Jahre alt und war unser Kind“, klagt B. weiter an und berichtet.
Dass Zeugen zwar die Polizei riefen, sich jedoch nicht getraut hätten, selbst einzugreifen.

ドイツ、デュイスブルクでは、猫が虐待されて死に至りました。
加害者たちは、わずか8歳から10歳の間の年齢でした。
飼い主の、マルコス・B氏は、Facebookにいくつかの写真を掲載して、その事件に対する抗議文を発表しました。
それによると、8人から12人の少年たちのグループが、石と棒でフロヒ(猫の名前)を苦しめました。
動物は、最後にその怪我で死にました。
「フロヒは14歳になりましたが、私たちの子供同様でした」とマルコス・B氏は不満を公表しました。
その事件の目撃者は警察を呼びましたが、あえて関わる気はなかったのでしょう。


 もちろん飼い猫を虐待して死なせることは、私は全く否定します。子供たちは非難されてしかるべきでしょう。しかし、猫のフロヒの飼い主のFaceBookによる抗議に対する「いいね」は、1,000個台にとどまりました。また、犯人の子供たちの厳罰を求める署名や、子供たちのプライバシーを暴くようなインターネット上での情報は見つかりませんでした(Duisburg Kinder Katze töten 「デュイスブルク 子供たち 猫 殺す」)。そもそもヒットする情報数が5万台と少なく、1ページ目にほかの事件の情報がヒットします。
 おそらく日本ならば、子供たちはおろか、親や家族のプライバシーですら暴く情報がインターネット上に溢れ、実際に私的制裁を加えるものも出てくるに違いありません。

 犬猫虐待事件は、私は日本よりドイツの方が頻繁に発生していると感じます。それにしても動物虐待(しかも特定の動物種に限る。犬猫、特に猫)に対する反応は、日本はドイツに比べると、過剰で異常なものを感じます。ドイツの方が、日本に比べて動物虐待に対して一般の関心が薄いのか、人権意識が強いのかは定かではありませんが。
 ただ日本の動物虐待に対して異常なほど犯人のみならず家族まで攻撃し追い詰める人たちは、前回記事で取り上げたニュースソースの記述にある、動物虐待者の心理と同じではないかと私は思います。つまり、この記述です。Die meisten Tierquäler versuchen Psychologen zufolge, mit ihren Taten die eigene Frustration abzubauen. 「心理学者によるとほとんどの動物虐待者は、その行動により、自分自身の欲求不満を解消するのです」。


(参考資料)

 今回とりあげた、税理士(犯行当時。現在は自主廃業)による猫虐殺事件の判決文を掲載しておきます。判決文においても、被告人は、逮捕後に本人のみならず家族まで尋常ではない私的制裁を受けていたことが言及されています。判決後も、私的制裁は続いています。
 もちろん税理士のしたことは非難されるべき犯罪ですが、私的制裁、つまりプライバシーを暴く、名誉毀損、本人や家族に害を及ぼすという脅迫などは、もちろん犯罪です。例えば脅迫罪の処罰は最高懲役2年で、元税理士の動物愛護管理法違反と同程度の犯罪なのです。

判決文 全文

平成29年12月12日宣告
平成29年特(わ)第1985号,第2048号 動物の愛護及び管理に関する法律違反被告事件

主    文
被告人を懲役1年10か月に処する。
この裁判確定の日から4年間その刑の執行を猶予する。

理    由
【犯罪事実】
 被告人は,埼玉県深谷市〔以下省略〕の敷地内において,
第1 別表1(省略)記載のとおり,平成28年4月2日から平成29年4月17 日までの間,前後9回にわたり,猫を金属製捕獲器に閉じ込めた上,その全身に熱 湯を数回かけるなど別表1の「犯行態様及び死因」欄記載のとおりの態様,死因に より,猫合計9匹を死亡させ,もって愛護動物をそれぞれみだりに殺し,
 第2 別表2(省略)記載のとおり,平成28年3月24日から平成29年2月1 5日までの間,前後4回にわたり,猫を金属製捕獲器に閉じ込めた上,その全身に 熱湯を1回かけるなど別表2の「犯行態様」欄記載のとおりの態様により,猫合計 4匹にⅡ度以上の熱傷の傷害を負わせ,もって愛護動物をそれぞれみだりに傷つ けた。

【量刑の理由】

 本件は,愛護動物である猫9匹を殺害し,4匹に傷害を負わせた事案である。
 捕獲器で捕まえた猫に,熱湯を繰り返し浴びせかけたり,ガストーチの炎であぶ ったり,パイプに取り付けたロープでその首をつるし,熱湯を満たした缶に漬けた りするといった態様で,猫を殺害し,あるいは重傷を負わせるなどしており,その 犯行態様は,誠に残虐なものである。1年余りの間に合計13匹の猫に虐待を加え ており,本件が常習的犯行であることも認められる。本件によって,多くの猫の命 が奪われるなどしたという結果の重さにとどまらず,被告人は,犯行を撮影した動画をインターネット上に投稿したため,その凄惨な映像を見て強い嫌悪感や憤りを 覚えた者らから,被告人の厳罰を求める非常に多数の嘆願書が裁判所に提出される など,本件が社会に与えた影響も大きいものがある。
 被告人は,かつて猫の糞尿被害に遭ったことや,税理士としての繁忙期に手をか まれて仕事に支障を来したことで猫に対して悪感情を抱き,インターネット上で見 た残虐な映像に感化され,駆除のために本件に至った旨述べる。しかし,駆除行為 とはいえないような虐待を当初から行っている上,被告人自身も公判廷で認めるよ うに,犯行を繰り返すうちに,虐待行為自体に楽しみを覚えるとともに,その様子 を撮影した動画をインターネット上で公開することが目的化したというのであって, 本件各犯行を正当化する余地はない。
 本件各犯行は,動物愛護の精神に反する悪質なものであり,被告人に対しては, 懲役刑を科すべきである。

 その一方で,被告人は,これまでA職員や税理士として前科もなく生活してきた ところ,自らの行為が招いた結果ではあるが,本件が広く報道され,被告人を批判 する声が多数挙がるなどして,税理士を廃業するに至った。それにとどまらず,勤 務先の税理士事務所や被告人の家族に嫌がらせをされ,インターネット上に被告人 に対する危害予告とも解される書き込みがされたなどといった事実が認められ,被 告人が様々な制裁を受けているとの弁護人の指摘もあながち否定できない。また, 被告人は,公判廷で自己の行為が誤りであったことを認めるとともに,自分があや めた猫に対するしょく罪の気持ちを持ち続けると述べ,動物愛護団体にしょく罪の ための寄附も行っている。

 このような事情に加え,動物の愛護及び管理に関する法律が定める法定刑や同種 事案の量刑傾向にも照らせば,主文の刑に処した上で,その執行を猶予するのが相 当であるが,行為の残虐性や常習性といった本件各犯行の悪質さを踏まえれば,そ の執行猶予期間は,同種事案に比較して長期間とすべきであると思料した。

(求刑 懲役1年10か月)

  東京地方裁判所刑事第15部

    裁判官 細 谷 泰 暢



(参考資料)

 2017年にドイツで発生した、猫が頭部を矢で撃たれた事件。幸い、矢は脳を外れたので、獣医師の治療により救命できました。ドイツの犬猫などの、動物虐待事件は、かなりの頻度で発生しています。

Ein kleines Wunder Katze überlebt mit zehn Zentimeter langem Pfeil im Kopf 「小さな奇跡 猫は頭の中に10センチの長さの矢を撃たれて生き残りました」 2016年8月27日(ビデオ有り)


(動画)

 Katze überlebt mit Pfeil im Kopf - WEB.DE.flv 「猫は頭に矢を射られましたが、生き残りました - WEB.DE.flv」 2010年6月10日公開。
 ドイツの、これはは少し古い事件です。先の、猫が矢で射られた事件とは別の事件です。この事件でも、猫が頭に矢を撃たれたものの、猫は一命を取り留めました。ドイツの犬猫の猟奇的虐待事件は多いと感じます。

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,227ブログ中6位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR