FC2ブログ

ドイツの犬税額~三菱リサーチ&コンサルティングのデタラメ






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
EU Heimtierausweis von hunden


 私が1年以上にわたり、誤り、嘘、偏向を指摘してきた、広島県が三菱UFJリサーチ&コンサルティングに委託して作成された、「動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング」(以下、「本報告書」と記述する)に関してです。これから広島県及び広島県市民オンブズマンと、広島県による予算執行の疑義を申し入れます。そのために本報告書の問題記述をまとめているのですが、その後も見落とした問題記述が多く見つかりました。本報告書では、ドイツの犬税に触れて、主要自治体の犬税額を一覧にしています。しかし数値の間違いや抜け落ちた事実があります。


(画像)

  サマリーで示した、問題の一覧表は次の通りです。動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(著者 三菱UFJリサーチ&コンサルティング研究員 武井泉氏 以下、「本報告書」と記述する)(18ページ)

三菱UFJリサーチ&コンサルティング 犬税一覧


 上記に示されたドイツの主要自治体の犬税額は、4自治体(ベルリン市は1州1市。ベルリンに限り、犬税の根拠法は州法となる)中3自治体で誤りです。以下に、それぞれの自治体の正しい犬税額を示します。下線がある箇所が本報告書で誤りがあった内容です。


1、ボン市
Hundesteuer - An- und Abmeldung 「犬税登録と登録解除について」 ボン市広報から、Hundesteuersatzung der Bundesstadt Bonn 「ボン市 犬税に関する規則」(最終改正 2015年)から引用

Steuermaßstab und Steuersatz
(1) Die Steuer beträgt jährlich, wenn
a) nur ein Hund gehalten wird 162,00 EUR
b) zwei Hunde gehalten werden 210,00 EUR je Hund,
c) drei oder mehr Hunde gehalten werden 264,00 EUR je Hund,
d) ein gefährlicher Hund (sog. Kampfhund) gehalten wird 840,00 EUR,
e) zwei oder mehr gefährliche Hunde (sog. Kampfhunde) gehalten werden 1.140,00 EUR je Hund.

税の範囲と税額
(1)次の場合、税は年額です。
a)1頭の犬のみ162 ユーロ
b)2頭目の犬の飼育は、犬1頭あたり210ユーロ
c)3頭目以上の犬の飼育はは、犬1頭あたり264ユーロ
d)危険な犬(いわゆる闘犬種)の飼育は1頭あたり840 ユーロ
e)2頭以上の危険な犬(いわゆる闘犬)の飼育は、犬1頭あたり1.140ユーロ


(註)本報告書では、「危険犬種の税額は800ユーロ~1200ユーロ」となっています。正しくは、危険犬種1頭目は840ユーロ、2頭目以降は1140ユーロ。


2、デュッセルドルフ市
An- und Abmeldung eines Hundes beim Steueramt 「税務署での犬の犬税登録と解除について」(デュッセルドルフ市広報) 
Hundesteuersatzung der Landeshauptstadt Düsseldorf vom 10. Oktober 2017 「州都デュッセルドルフの犬税に関する規則 2017年10月10日」に基づく」から引用

Steuersätze
Allgemeine Steuersätze
Euro pro Jahr
ein Hund 96,00
zwei Hunde (je Hund) 150,00
drei oder mehr Hunde (je Hund) 180,00
Steuersätze
Steuersätze für gefährliche Hunde und Hunde bestimmter Rassen
Euro pro Jahr
ein Hund 600,00
zwei Hunde (je Hund) 900,00
drei oder mehr Hunde (je Hund) 1.200,00
wenn ein solcher Hund gemeinsam mit einem oder mehreren Hunden nach Absatz 1 gehalten wird
750,00
wenn zwei oder mehr solcher Hunde gemeinsam mit einem oder mehreren Hunden nach Absatz 1 gehalten werden (je Hund)
1.050,00

犬税額
一般税額
年間ユーロ
犬96,00ユーロ
2頭目の犬(犬1頭あたり)150.00ユーロ
3頭目以上の犬(犬1頭あたり)180.00ユーロ
税額
危険な犬と特定の品種の犬の税額
年間ユーロ
犬1頭 600.00ユーロ
2頭目の犬(1頭あたり)900,00ユーロ
3頭目以上以上の犬(1頭あたり)1,200.00ユーロ
危険な犬が第1項による犬1頭と一緒に飼われている場合
犬1頭750.00ユーロ
2頭以上の危険な犬が、第1項による1頭の犬と一緒に飼われている場合(犬の1頭につき)
1,050.00ユーロ


(註)本報告書では、危険犬種が3頭以上になる場合について書かれていません。この記述ですと、3頭以上の飼育でも、犬税額が900ユーロという意味になります。正しくは3頭目以上になると、税額は1200ユーロに上がります。普通犬種と危険犬種を併せて飼育する場合の減税についても書かれていません。


 さらに本報告書の誤り記述について追記します。本報告書の17ページの脚注には、このような記述があります。以下に引用します。


23)ドイツ2001)」税関によると「犬の飼育に関する法令(2001)」の中で、危険犬種のドイツの輸入を規定している(*1)。
危険犬種として選定されているのは、ピットブルテリア、米国ンスタッフォードシャー・テリア、スタッフォードシャー・ブルテリア、ブルテリア及びこれらの犬種の交配種である。
各自治体(*2)により危険犬種をさらに増やしているところがある。
例えばフランクフルト市では、上記の他、米国ンブルドッグ、ドゴ・アルヘンティーノ、ロットワイラーなども含まれる(17ページ)。


(*1)
 「犬の飼育に関する法令(2001年)」は、Gesetz zur Bekämpfung gefährlicher Hunde Vom 12. April 2001 「危険な犬の管理に関する法律」(連邦法)の事と思われます。本法では、ピット・ブルテリア、アメリカン・スタッフォードシャー・テリア、スタッフォードシャー・ブルテリア、ブルテリアとその交配種、および州法で指定された犬を適用とし、原則「輸出入の禁止」です。各州法で定められた上記以外の犬種も、ドイツ連邦共和国における輸出入が原則禁止となります。

(*2)
 ドイツ連邦共和国内では、自治体で、「危険犬種」の立法化をしているところはありません。危険犬種に定めた自治体条例は皆無です。ですから本報告書の、「各自治体により危険犬種をさらに増やしているところがある」は完全に誤りです。本報告書の武井氏には、フランクフルト市による、危険犬種に関する条例を提示していただきたい。
 ドイツ連邦共和国の16州すべてで、危険犬種に関する法令があります(Rasseliste)。各自治体は、属する州の州法もしくは州規則に従います。したがってフランクフルト市は、同市が属するヘッセン州の州規則に従います(Gefahrenabwehrverordnung über das Halten und Führen von Hunden (HundeVO) Vom 22. Januar 2003 「ヘッセン州 犬の飼育と扱いに関する安全規則(HundeVO)2003年1月23日」)。


(画像)

 このように本報告書では、ドイツやアメリカの州を「自治体」と表記するむちゃくちゃぶりですから。中学生ですら、ドイツやアメリカの州と自治体を混同しないでしょう。
 ところで、ニーダーザクセン(ドイツ語表記 Niedersachsen 低地ザクセン)州の英語表記は、Lower Saxony(発音は「ロウアーサクソニ lάʊɚ sǽksəni」が近いです lowersaxony)です。当初、私はこの記述の意味が理解できませんでした。「ニーダーザクセン州に、ローワーザクセニーという自治体があるのかと勘違いしました。すべての記述が支離滅裂で、精神状態が正常な方が作成した文書とは思えません。

 まずニーダーザクセンは自治体ではなく、州です。本報告書が出された当時は、ドイツでは16州中14州で犬税登録とは別途、犬の法令による登録義務がありました(現在16州15州)。つまりこれらの州に属する自治体では、すべて犬税登録とは別途、法令による犬登録義務があります。そして州による法令がなかったバイエルン州は、傘下の自治体で登録義務がありました。
 本報告書では、「ドイツではマイクロチップによる登録に関する法律はない」との記述していますが、現在14州(本報告書が出された当時も)でマイクロチップによる犬登録義務が、犬税登録とは別途定められています。

武井泉 広島県


続きを読む

スポンサーサイト



EUペットパスポートに関するデタラメ情報~三菱UFJリサーチ&コンサルティング






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
EU Heimtierausweis von hunden


 私が1年以上にわたり、誤り、嘘、偏向を指摘してきた、広島県が三菱UFJリサーチ&コンサルティングに委託して作成された、「動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング」(以下、「本報告書」と記述する)に関してです。これから広島県及び広島県市民オンブズマンと、広島県による予算執行の疑義を申し入れます。そのために本報告書の問題記述をまとめているのですが、その後も見落とした誤りが数多く見つかりました。(EUの)ペットパスポート犬の場合は6桁の識別番号が付いた鑑札が提供される」という記述も大嘘です。提供されるのは紙製の手帳型のものです。またEUペットパスポートには「6桁の識別番号」は存在しません。


 サマリーで示した、問題の記述は次の通りです。動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(著者 三菱UFJリサーチ&コンサルティング研究員 武井泉氏 以下、「本報告書」と記述する)から引用します。


(EU) ペットパスポート
犬の場合は6桁の識別番号が付いた鑑札が提供される(3ページ)



 EU ペットパスポートとは、EU域内で移動する、犬、猫、フェレットに限り、移動の際の検疫手続きのを簡素化する目的で発行する、いわばペット用パスポートです。記載事項は、飼い主、動物の種別など、マイクロチップの識別番号(15桁)と規格、登録日、狂犬病予防接種の証明、その他の予防接種の証明、です。

 結論から言えば、ドイツ国内で発行するEUペットパスポートには「6桁」の識別番号はありません。EUパスポートに記載される番号は、その動物に固有のマイクロチップ番号と、11桁の登録番号(単純に登録順に振られた番号)のみです。また鑑札(動物の場合、主に犬の名札を指す)が提供されることはありません。そのような法的根拠はありません。ペットパスポートの発行は州の権限ですが、例外的に鑑札を提供している州もありません。
 おそらく私が想像するには、本報告書の作成者が、犬税登録済みの鑑札を「ペットパスポートの鑑札」と勝手に勘違いしているのだと思います。犬税の鑑札は金属のメダル状のもので、毎年発行されます。これも登録順に機械的に番号を振ります。大きな自治体のベルリン市などでは、6桁の番号の犬税鑑札もあるかもしれませんが。
 ドイツに訪れれば、金属製のメダル状の鑑札を首輪に付けた犬をよく見ます。これは犬税登録済み鑑札で、法律で公の場で装着することが義務付けられているからです。していなければ罰金が科されます。おそらく本報告書の作成者は、調べもせずに断片的な知識と自分勝手な憶測(妄想)で、このような記述をしたのだと思います。


(画像)

 犬税の登録済み鑑札の実例。上:キール市 下:エッセン市

犬税登録票

犬税 エッセン


 ペットパスポートの申請等に関する、バーデンーヴュルテンブルク州の政府広報を例示します。この広報では「ペットパスポートを申請すれば、犬に限り鑑札が提供される」とは一言も記述がありません。
 EU-Heimtierausweis (Pet Passport) beantragen 「EUペットパスポート(ペットパスポート)の申請について」  から引用します。


Der Heimtierausweis ist ein für Reisen mit Tieren innerhalb der Europäischen Union (EU) notwendiges Reisedokument für Katzen, Hunde und Frettchen.
Er enthält unter anderem folgende Angaben:
Halterin oder Halter des Tieres
Beschreibung des Tieres
Kennzeichnung des Tieres (Art und Datum der Kennzeichnung sowie Kennzeichnungsnummer)
Tollwutimpfung (Gültigkeit)
Bestätigung eines ausreichenden Testergebnisses der Titrierung von Tollwutantikörpern
als Nachweis der Wirksamkeit der Tollwutimpfung
weitere Impfungen oder Behandlungen, zum Beispiel gegen Echinokokken
Auch wenn Sie nicht planen, mit Ihrem Heimtier zu verreisen, können Sie einen Heimtierausweis ausstellen lassen, da dort auch alle Impfungen eingetragen werden können und damit ein separater Impfpass nicht mehr notwendig ist.

ペットパスポートとは、欧州連合(EU)内でペット動物と一緒に旅行するために必要な、猫、犬、フェレットのための旅行書類です。
それには次の情報が含まれています。
動物の管理者または所有者
動物についての説明
動物のマイクロチップに関する情報(規格の種類と登録年月日、および識別番号)
狂犬病予防接種(有効期間)
狂犬病抗体の有効性のための必要な検査の結果の確認
狂犬病ワクチンの有効性の証明
さらに、例えばエキノコックスに対する予防接種または治療の証明
ペットと一緒に旅行する予定がない場合でも、すべての予防接種の記録を登録できるペットパスポートを発行してもらうことができ、これにより、個別の予防接種証明書は不要になります。



 こちらがEU委員会による、いわゆるペットパスポートに関する規則です(ドイツ語版)。ペットパスポートの根拠となるEU規則ですが、こちらにも、「ドイツの犬に限り、ペットパスポートを申請すれば鑑札が提供される」とは一言もありません。

VERORDNUNG (EU) Nr. 576/2013 DES EUROPÄISCHEN PARLAMENTS UND DES RATES vom 12. Juni 2013 über die Verbringung von Heimtieren zu anderen als Handelszwecken und zur Aufhebung der Verordnung (EG) Nr. 998/2003 「EU議会および委員会規則(EU)No 576/2013 2013年6月12日より有効 非営利目的のペット動物の移動および廃止された規則(EC)No 998/2003」


(画像)

 ペットパスポートの実物の記載内容。記載されている番号のうち、右上は15桁のマイクロチップの識別番号。下のDEと11桁の番号は、DEが国別コード。次の2桁は州コード。7桁の番号は、単純に申請順に割り振った番号です。はあ? 6桁の識別番号っていったい何ですか???

ペットパスポート ドイツ


(参考資料)

Heimtierausweis hund 「ペットパスポート 犬」の検索結果

 「6桁の識別番号が付いた鑑札が提供される」とのことですが、それに該当するような画像は一つもありません。本報告書の作成者武井泉氏には、「ペットパスポートを申請すれば犬だけに提供される6桁の識別番号が付いた鑑札」について説明するドイツ語文献と、実物の画像を示していただきたいものです。


 繰り返し述べていることですが、動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(著者 三菱UFJリサーチ&コンサルティング研究員 武井泉氏)は、全編にわたり、びっしりと嘘、誤り、偏向に埋め尽くされています。正確な記述がほぼないという悲惨な資料です。この報告書の作成者、武井泉氏の、精神疾患を私は疑っています。普通の感覚では、公的機関から受注した調査報告書で全く調査をせずに、自分の勝手な想像で作文するなどありえません。
 作成者はごくごく限られたわずかな断片的な知識をもとに、ほぼ正確な資料がない日本語文献を元に、自身の思い込みと妄想で本報告書を作文しています。一部ドイツ、イギリス、アメリカの資料を出典として挙げながら、元の資料とは全く異なることが書かれています。つまり調査対象の当該国の資料を全く読んでいないということです。それと伝聞の多用です。根拠となる資料を示さずに、「〇〇にヒヤリングしたところによれば」が非常に多いです。伝聞ですと、いくらでも嘘のねつ造ができます。さらに具体的な数字と根拠となる統計値などを挙げずに、「一般的」、「一部では」という形容詞、形容動詞を多用しています。このような正確な記述がほぼないという無残な調査報告書を、チェックなしで公的機関に提供した三菱UFJリサーチ&コンサルティングの経営体質もまさに底辺です。社会にとって有害な存在でしかありません。


(追記)

 2014年末からは、従来の手帳型ペットパスポートに代わり、記載内容が簡略化されたIDカードの発効も可能となります。しかし6桁の識別番号は存在しませんし、鑑札(名札)ではありません。また犬に限りません。Mit dem Heimtierausweis können auch Tiere problemlos reisen 2019年7月4日記事


続きを読む

マイクロチップによる犬登録義務化が進むドイツ~またあった、三菱UFJリサーチ&コンサルティングのデタラメ






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Die Hundechip-Pflicht In welchen Bundesländern die Hundechip-Pflicht gilt, was es damit auf sich hat und warum sie durchaus sinnvoll ist.


 私が1年以上にわたり、誤り、嘘、偏向を指摘してきた、広島県が発注した、三菱UFJリサーチ&コンサルティングに委託して作成された、「動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング」(以下、「本報告書」と記述する)に関してです。これから広島県及び広島県市民オンブズマンに、広島県による予算執行の疑義を申し入れます。そのために本報告書の問題記述をまとめているのですが、その後も見落とした誤りが数多く見つかりました。「(ドイツでは)飼犬飼い猫のマイクロチップの装着の普及状況 政府をはじめ動物保護連盟では国民に装着を勧めているが、法律としては定められていない」(4ページ)は全く正反対の大嘘です。ドイツでは16州中14州で、犬税登録とは別途に犬のマイクロチップによる登録を法律で義務付けています。


 広島県が2018年に、三菱UFJリサーチ&コンサルティングに委託して作成した、動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(著者 三菱UFJリサーチ&コンサルティング研究員 武井泉氏 以下、「本報告書」と記述する)の、サマリーで挙げた、大嘘記述は以下の通りです。


(ドイツにおける)飼犬飼い猫のマイクロチップの装着の普及状況
政府をはじめ動物保護連盟では国民に装着を勧めているが、法律としては定められていない
(4ページ)


(画像)

 本報告書から(3ページ)。そもそもローワーザクセニー(Niedersachsen ドイツ語発音 ニーダーザクセン)州は州であり、ドイツの州を自治体を表記すること自体誤りです。本報告書作成者は義務教育を修了しているのか?

武井泉 広島県


 私はこの記述を読んで驚愕しました。本報告書が作成された2018年には、ドイツ連邦共和国16州のうち、14州で、犬税登録は別途に、飼犬のマイクロチップによる、州が定めた機関(州政府による機関、もしくは州が民間に委託したデータベース管理会社)に登録することを、州法もしくは州規則で義務付けていまます。現在マイクロチップによる登録を義務付けていない州はバイエルン州(マイクロチップの代わりに登録番号をイレズミで刻印し、飼い犬を州に登録することを義務付けている。早晩法改正を行い、マイクロチップに移行すると思われる)と、ザクセン州(犬の登録義務自体ない)の2州のみです。
 マイクロチップでの登録は、15桁の番号で行いますが、もちろんドイツでは民間のデーターベースと併用されています。民間のデータベースは、犬が迷子になった、盗まれたなどがあった場合、犬を見つけやすくするのが目的です。つまり飼い主の利益のためです。対して州が義務付けている州もしくは州が委託した民間データベース管理会社への登録は、犯罪の防止と摘発を容易にすることが目的です。例えばドイツでは犬による咬傷事故が大変多く、遁走した犬などであれば、飼い主が名乗り出ないことが多々あるのです。

 また本報告書では繰り返し、「ドイツでは自治体により犬税登録が義務付けられているので、別途公的な犬の登録はない」と述べられています。しかしそれは全くのデタラメです。
 ドイツの犬税は、地方(市町村税)です。ですから登録先は市町村か、地方税務署です。犬税の登録の証明は、金属製のメダル状のものが交付され、それに犬税登録番号が刻印されています。毎年新しいものが交付されます。犬を公の場に出す場合は、必ず装着する義務があります。未装着であれば、警察官が摘発します。
 対して州による犬の登録義務は登録機関が州政府か州が委託した民間機関です。また登録はマイクロチップです。登録先も、登録の証明方法も、目的も両者は異なります。なぜこれほど繰り返しデタラメを記述するのか、私は本報告書の作成者の精神状態に疑問を感じています。
 なおドイツにおける猫の登録義務に関しては、本報告書作成時点では700以上(現在はさらに増えている)の地方自治体が条例で義務付けています。「マイクロチップ」の他、イレズミでも認めている自治体がありますが、早晩マイクロチップに移行すると思われます。

 この資料は、ドイツ連邦共和国における、各州のマイクロチップによる登録義務(州法、州規則による)に関して一覧にしたものです。Die Hundechip-Pflicht In welchen Bundesländern die Hundechip-Pflicht gilt, was es damit auf sich hat und warum sie durchaus sinnvoll ist. 「ドイツ連邦共和国における犬のマイクロチップ義務 どの州で犬のマイクロチップが義務付けられているか、そしてそれが理に適っている理由」 2019年7月14日 最終更新


・Baden-Württemberg
Der Chip sollte in diesem Fall vor der Beantragung einer Erlaubnis zur Haltung eines gefährliches Hundes eingepflanzt werden.
・Berlin
In Berlin besteht eine Hundechip Pflicht für ausnahmslos alle Hunderassen.
・Brandenburg
Es müssen demnach alle Hunde deren Widerristhöhe (Übergang vom Hals zum Rücken) mindestens 40 cm beträgt und die mehr als 20 kg wiegen, sowie als gefährlich eingestufte Hunde, gechipt werden.
・Bremen
In Bremen sind nur Halter von als gefährlich eingestuften Hunden zum Chippen verpflichtet.
・Hamburg
In Hamburg müssen alle Hunde ab dem 3. Lebensmonat gechipt sein.
・Hessen
Hunde, die als gefährlich gelten, müssen in Hessen mit einem Mikrochip versehen werden.
・Mecklenburg- Vorpommern
Hier beschränkt sich die Chippflicht auf alle als gefährlich eingestuften Hunde.
・Niedersachsen
Alle Hunde, die älter als 6 Monate sind, müssen einen Mikrochip besitzen.
・Nordrhein-Westfalen
Hunderassen, die vom Landeshundegesetz NRW als „gefährlich“ eingestuft werden, sind in Nordrhein-Westfalen von einer Hundechip Pflicht spätestens ab dem 3. Lebensmonat betroffen.
・Rheinland- Pfalz
Jeder Hund, der laut Landeshundegesetz von Rheinland Pfalz auf der Liste der gefährlichsten Hunderassen steht, muss mit einem Chip ausgestattet werden.
・Saarland
Im Saarland müssen Hunde, welche einer gefährlichen Hunderasse angehören, gechipt werden.
・Sachsen Anhalt
Hunde die älter als 6 Monate sind, oder auf der Liste der gefährlichen Hunderassen stehen, müssen mit einem Mikrochip ausgestattet werden.
・Schleswig- Holstein
In Schleswig-Holstein müssen alle Hunde ab einem Alter von 3 Monaten gechipt werden.
・Thüringen
In Thüringen ist das Einpflanzen eines Mikrochips beim Hund Pflicht.

・バーデンーヴュルテンブルク州
危険犬種を飼う許可を申請する前に、チップを埋め込む義務があります。
・ベルリン州
ベルリン州では、すべての犬種に例外なくチップを装着する義務があります。
・ブランデンブルク州
体長(首から背中にかけての全長)40 cm以上でかつ体重が20 kgを超えるすべての犬と、危険犬種は、マイクロチップが義務付けられています。
・ブレーメン州
ブレーメン州では、危険犬種の飼い主のみが、マイクロチップが義務付けられています。
・ハンブルク州
ハンブルク州では、生後3ヶ月以上の犬は、すべてでマイクロチップが義務です。
・ヘッセン州
ヘッセン州では、危険犬種には、マイクロチップを装着する義務があります。
・メクレンブルクーフォアポンメルン州
メクレンブルクーフォアポンメルン州では、マイクロチップの義務は、危険な犬として分類される全犬に限定されています。
・ニーダーザクセン州
6ヶ月齢以上の犬には、すべてマイクロチップが義務です。
・ノルトライン=ヴェストファーレン州
ノルトラインーヴェストファーレン州法によって、「危険」と分類されている犬種は、ノルトラインーヴェストファーレン州内では、遅くとも生後3か月からマイクロチップ義務の影響を受けます。
・ラインラント・プファルツ州
ラインランドプファルツ州の州法によれば、最も危険な犬種のリストに載っているすべての犬には、マイクロチップを装着する義務があります。
・ザールラント州
ザールランド州では、危険な犬種に属している犬は、マイクロチップが義務です。
・ザクセンーアンハルト州
6ヶ月齢以上の犬すべての犬種、または危険な犬種のリストに記載されている犬には、マイクロチップを装着する義務があります。
・シュレスヴィヒーホルシュタイン州
シュレースヴィヒーホルシュタイン州では、3か月齢からすべての犬がマイクロチップが義務となります。
・チューリンゲン州
テューリンゲン州では、犬にマイクロチップを埋め込むことは義務です。



 Hund und Katze chippen – Ist es PFLICHT?? Das musst du wissen! 「犬と猫のマイクロチップは義務(pflicht)ですか?? あなたはそれを知る必要があります」 2019/01/24 に公開
 musst(しなければならない、つまり強制=法律による義務)です。このビデオでは、ドイツ連邦共和国における、犬と猫のマイクロチップによる登録義務について説明しています。




続きを読む

ドイツでは犬税登録が犬登録を兼ねているというデタラメ~三菱UFJリサーチ&コンサルティング






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Unterschied zwischen Hundesteuer Registrierung und Hunderegistrierung (Deutschland).


 記事、
「動物病院での安楽死は、病気、危険犬種等特別な場合のみ」というデタラメ(アメリカ編)~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
「動物病院での安楽死は、病気、危険犬種等特別な場合のみ」というデタラメ(イギリス編)~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
「動物病院での安楽死は、病気、危険犬種等特別な場合のみ」というデタラメ(ドイツ編)~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
続・「動物病院での安楽死は、病気、危険犬種等特別な場合のみ」というデタラメ(ドイツ編)~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
イギリスでは飼い主から行政が不要犬猫の引取をしているというデタラメ~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
ドイツ、イギリスでは行政が野良猫の捕獲を行っているというデタラメ~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
アメリカ合衆国では連邦がブリーダーのライセンス付与の法整備を行っているというデタラメ~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
ドイツのティアハイムは基本的に殺処分を行わないというデタラメ~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
の続きです。 
 広島県が三菱UFJリサーチ&コンサルティングに委託して作成した、動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(著者 三菱UFJリサーチ&コンサルティング研究員 武井泉氏 以下、「本報告書」と記述する)、ですが、これはドイツ、イギリス、アメリカ合衆国の動物愛護管理に関する調査報告書です。この報告書はすべてにわたり、嘘誤り偏向がびっしりと記述され、正確な記述はほぼないという、目を覆いたくなるほどひどい内容です。すでにドイツ、イギリス、アメリカに関しては記事にしました(「続き」をご覧ください。過去記事をすべてリンクしてあります)。今回記事からは、本報告書の「まとめ」(50ページ)における誤りを指摘していきます。


 動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(以下、「本報告書」と記述する)の、「まとめ」(50ページ~)の、誤り、もしくは誤解を招く問題となる記述には、次のようなものがあります。順を追って指摘します。


調査項目


・犬猫の飼育状況 
飼えなくなった犬猫の処遇は次の通り。動物病院での安楽死は、病気、危険犬種等特別な場合のみである。(1、)
① 行政による引取(ドイツにはない)(2、)

・野良犬・野良猫の実態と対応状況
(ドイツ、イギリス、アメリカ合衆国では)野良犬・野良猫は行政による捕獲の他、民間レスキュー団体によっても捕獲される。(3、)
ドイツ連邦狩猟法では、野良犬野良猫は合法に殺傷や捕獲を行うことができる。(4、)

・行政と民間の役割分担
(ドイツ、イギリス、アメリカ合衆国では)ブリーダーの認証、登録等は行政が実施している。(5、)

・保護施設(シェルター)の運営状況
ドイツのティアハイムは基本的に殺処分は行わない。(6、)

・登録制度・マイクロチップ装着の状況
ドイツでは犬税を導入している自治体が多く、犬についてはこれが実質的な「登録」となっている。(7、)




7、登録制度・マイクロチップ装着の状況
ドイツでは犬税を導入している自治体が多く、犬についてはこれが実質的な「登録」となっている。


 これは完全なデタラメです。ドイツでの犬税は市町村税で、地方税務署、もしくは自治体(市町村)に登録します。登録の証明は、地方税務署(もしくは地方自治体)に届け出て、犬税登録番号の交付を受けます。地方税務署(もしくは地方自治体)は、犬税番号を刻印した犬税登録票(金属製のメダルのようなもの)を交付し、飼い主は公の場で常に装着しなければなりません。警察官は、犬税登録票を装着していない犬を発見した場合は、犬税無登録で摘発する権限があります。なお犬税登録は、盲導犬や介助犬、警察犬などの公的機関の犬など一部が免除されています。
 対して犬の登録義務は、州が行っています(本報告書作成者の武井泉氏は、ドイツやアメリカ合衆国の州を「自治体」と認識していますが完全な誤りです)。犬の飼い主はマイクロチップ登録を済ませ、その番号を州(もしくは州が民間に委託している民間会社)のデータベースに登録しなければなりません。つまり登録する機関も根拠法も、それの証明方法も、犬税登録と犬登録義務は異なります。なお犬税登録では免除される犬がありますが、州の犬登録では免除規定はありません。
 このようにドイツの犬税登録と犬の登録義務は、異なるものです。ドイツでは、犬税登録(市町村税務署、もしくは市町村)と犬の登録義務(州)の二重登録となっています。この点については、本連載ですでに述べましたので、重複をお詫びします。補完する資料として、ニーダーザクセン州と、ニーダーザクセン州傘下の自治体、ハノーファー市とのそれぞれの、犬登録に関する州法と、犬税登録に関する条例を引用します(ニーダーザクセン州は州であって、「自治体」ではありません。ハノーファー市はニーダーザクセン州の州都である自治体、ブラウンシュバイク市はニーダーザクセン州に属する自治体です)。


・ニーダーザクセン州が犬の登録義務を定めている法律
Niedersächsisches Gesetz über das Halten von Hunden (NHundG)*) 「ニーダーザクセン州 犬の飼育に関する法律」

§ 4 Kennzeichnung
Ein Hund, der älter als sechs Monate ist, ist durch ein elektronisches Kennzeichen (Transponder) mit einer Kennnummer zu kennzeichnen.
Der Transponder muss in der Codestruktur und dem informationsgehalt dem Standard ISO 11784 entsprechen.
§ 6 Mitteilungspflicht
(1) 1Wer einen Hund hält, hat vor Vollendung des siebten Lebensmonats des Hundes gegenüber der das zentrale Register (§ 16) führenden Stelle Folgendes anzugeben:
5. die Kennnummer des Hundes (§ 4 Satz 1).
(2) Die folgenden Änderungen hat die Hundehalterin oder der Hundehalter innerhalb eines Monats gegenüber der das zentrale Register führenden Stelle anzugeben.
1. die Aufgabe des Haltens des Hundes,
2. das Abhandenkommen und den Tod des Hundes sowie
3. Änderungen der Anschrift.
§ 16 Zentrales Register
(2) Das Fachministerium kann das Führen des zentralen Registers einer Landesbehörde übertragen. Das Fachministerium macht die Übertragung oder Beauftragung im Niedersächsischen Ministerialblatt bekannt.

4条 生後6ヶ月以上の犬は、識別番号の付いた電子方式の番号票(マイクロチップ)で個体識別されなければなりません。
マイクロチップは、番号と情報内容に関しては、ISO 11784規格に準拠しなければなりません。
6条 情報の登録義務
(1) 犬を飼うときは、その犬が生後7ヶ月になる前に、州の中央データベースの長に(16条により)、
5. 犬のマイクロチップによる識別番号(4条1項に基づき)を届けなければなりません。
(2)犬の飼い主は、1か月以内に以下の変更を、州の中央データベースの団体の長に届けなければなりません。
1.犬を飼うこと、
2.犬を失ったことと死亡
3.住所の変更
16条 州の中央データベース
(2)州の管轄の省は、中央データベースの管理を州の当局に委任することができる。科学技術省は、ニーダーザクセン州の内閣広報での権限移譲と試験運用を発表しました。



・ブラウンシュバイク市(ニーダーザクセン州に属する自治体)が、犬税登録を定めている市規則
Hundesteuersatzung der Stadt Braunschweig 「ブラウンシュバイク市 犬税市規則」

§ 1 Steuergegenstand
(1) Gegenstand der Steuer ist das Halten von mehr als drei Monate alten Hunden im Stadtgebiet.
Kann das Alter eines Hundes nicht nachgewiesen werden, so ist davon auszugehen, dass der Hund mehr als drei Monate alt ist.
§ 4 Steuerbefreiungen
1. Diensthunden staatlicher und kommunaler Dienststellen und Einrichtungen, deren Unterhaltungskosten überwiegend aus öffentlichen Mitteln bestritten werden;
4. Such-, Spür- oder Rettungshunden, die von anerkannten Sanitäts- oder Zivilschutzeinheiten verwendet werden;
5. Hunden, die von wissenschaftlichen Instituten ausschließlich zu wissenschaftlichen Zwecken gehalten werden,
6. Hunden, die in Anstalten von Tierschutz- oder ähnlichen Vereinen untergebracht sind;
8. Hunden, die zum Schutze und zur Hilfe blinder, tauber oder hilfloser Personen unentbehrlich sind.
§ 12 Meldepflichten
(4) Nach der Anmeldung werden Hundesteuermarken ausgegeben, die bei der Abmeldung des Hundes wieder abgegeben werden müssen. Hunde müssen außerhalb der Wohnung oder eines umfriedeten Grundbesitzes eine gültige, deutlich sichtbare Hundesteuermarke tragen.
(5) Hunde, die außerhalb einer Wohnung oder eines umfriedeten Grundbesitzes ohne gültige Hundesteuermarke unbeaufsichtigt angetroffen werden, können durch Beauftragte eingefangen werden.

1条 課税対象となるもの
(1)課税対象は、(ブラウンシュバイク)市内の、生後3ヶ月以上の犬の飼育です。
犬の年齢が証明できない場合は、犬の年齢が3ヶ月以上であると見なすことができます。
4条 税の免除
1.犬の飼育費の大部分が公的資金で賄われている、公的部門および地方自治体の部門および機関のサービス犬(註 市の災害救助犬など)。
4.認定された医療機関または市民救助施設で使役されている、探知、救助犬、捜索犬。
5.学術目的のみで、学術研究所によって飼われている犬。(実験動物)。
6.動物保護施設または同様の団体に収容された犬。
8.視覚障碍者、聴覚障害者、または身体障碍者の保護と支援に不可欠な犬。
12条 届出義務
(4)登録後、犬の登録票が発行されます。これは、犬の登録を解除するときに返却する必要があります。犬は、家の外または柵で囲われた土地の外では、はっきりと見えるように犬の納税票を付けなければなりません。
(5)有効な犬の犬税登録票を付けずに住居または柵で囲われた土地の外で発見された犬は、警察官などによって押収することができます。



・ハノーファー市(ニーダーザクセン州の州都。自治体)が、犬税登録を定めている、市規則
Hundesteuersatzung der Landeshauptstadt Hannover 「ニーダーザクセン州都ハノーファー市における犬税規則」

§ 11 Datenverarbeitung
(1) Die zur Ermittlung der Steuerpflichtigen/des Steuerpflichtigen, zur Festsetzung, Erhebung und Vollstreckung der Hundesteuer nach dieser Satzung erforderlichen personenbezogenen Daten werden von der Landeshauptstadt Hannover.

11条 犬税登録のデータ処理
(1)納税者の決定、これらの規則に基づく犬税額の決定、徴収および執行に必要な個人データは、ハノーファー市が作成するものとします。



 繰り返しますが、ドイツにおける自治体の犬税登録と、州による犬登録義務は異なります。犬税登録をしても、犬登録義務を課している州においては(ドイツ連邦共和国16州のうち14州。2018年に確認。バイエルン州などは別途自治体で犬登録義務を課している)、州による犬登録義務が免除されるわけではありません。つまり、二重登録です。
 根拠となる法律が異なりますし、届け出先の機関も異なります。また、登録の確認方法も異なります。以下について簡単にまとめました。

(州による犬登録)
1、根拠法       州法(16州のうち2州は自治体条例もしくは規則 2018年確認)
2、登録機関    州もしくは州から委託を受けた機関(16州2州は市町村、もしくは地方税務署 2018年確認)
3、登録義務者   州に居住する犬の飼い主(16州2州は、市町村に住む犬の飼い主 2018年確認)
4、登録義務の免除 原則としてなし
5、登録の確認方法 マイクロチップ

(自治体 市町村による犬税登録)
1、根拠法          自治体(市町村)の条例や規則
2、登録機関         自治体(市町村)、もしくは市町村の地方税事務所
3、登録義務者       自治体(市町村)に居住する犬の飼い主
4、登録義務の免除    公的機関や研究機関、保護団体などが飼育している犬や盲導犬、介助犬など免除対象は幅広い。
5、登録の確認方法    金属のメダル状の納税票を私有地外では必ず装着する義務がある。



(画像)

 これが犬税登録票。毎年新しいものが自治体(市町村)、もしくは地方税務署から交付されます。毎年色やデザインが変わります。日本の自動車の、車検済み票の色が変わるのと同じです。上はKehl(キール市。なお日本でサッカーチームがある有名なキールは、Keil ですこちらは発音は「カイル」に近い)。下はエッセン市です。犬税の登録の確認方法が視認性重視の良い登録票である理由は、犬税無登録の摘発を容易にするためです。
 対して犬登録はマイクロチップにより付け替え替えが困難であることから、犯罪防止(遁走した犬が人を襲った場合の飼い主の特定や密輸や窃取した犬のロンダリング防止)、迷子犬の防止、国際間移動を容易にするなどが目的です。犬税登録と犬登録義務は、全く目的が異なります。「犬税登録が犬登録を兼ねている」という、勝手な妄想を調べもせずに公的機関から受注した報告書で根拠もなく書けてしまう本報告書の作成者の神経には驚きます。

犬税登録票

犬税 エッセン


(参考資料)

平成29年度第2回広島県動物愛護管理推進協議会 (資料)

 この資料においては、動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(まとめ)を引用しています。この「まとめ」ですが、少ない字数でぎっしりと誤り、嘘などの問題記述が詰め込まれており、目もあてられないほどです。今回指摘した事柄以外は、おって記事にします。


続きを読む

「犬に口輪をするのは動物虐待。ドイツはリードがダメ」~びっくりしたなぁ、もう






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Leine und Maulkorb Verpflichtung von Deutschland.
Gesetz zur Neuregelung des Haltens und Führens von Hunden in Berlin
Leinenpflicht in Deutschland


 ソーシャルメディアで、「口輪をされ、虐待にあっている犬がいる」という情報が拡散されました。3月3日に、保護活動をしているという人物が口輪をしている犬の動画をツイッターに掲載しました。その上で、「虐待状態のワンコがいます。飼い主と交渉する予定です」とツィートしました。そのツィートが広く拡散され、いくつかのBBSも立ちました。その一つに、「ドイツではリードすらダメだ」という投稿があり、私は驚きました。ドイツは、おそらく犬にリード義務が最も厳しい国の一つです。また特定の犬種は、例外なく公共の場では口輪が義務です。またベルリン州などでは、公共交通機関では口輪とリードの両方が義務付けられています。


 まず、保護活動をしているという人物が口輪をした犬の動画をツイッターに投稿し、「虐待にあっている犬がいる」とツィートしたことを報じるニュースから引用します。犬の口輪は虐待?ネットで議論 販売元に使用目的を聞いた 2019年03月12日 J-CASTニュース


飼い主に常時口輪をされて虐待に遭っている犬がいる――。
こんな投稿がSNS上で拡散されている。
投稿は議論を呼び、「かわいそう」「許せない」といった同情の声が上がる一方、愛犬家からは「うちのワンコもつけてる」「誤解してる人が結構多い」と理解を示す声も。
口輪はどんな目的で装着するのか。



 次に、上記のニュースを受けて、BBSが立ちました。「虐待状態のワンコがいます」ツイートが拡散 口輪は虐待か人と犬を守るものか  2019/03/18(月)
 「口輪は虐待だ」と騒ぐ、自称(?)動物保護活動家の無知もさることながら、この中で、「リードがダメなドイツ(「ドイツはリードすらしてはならない。だから口輪なんてとんでもない。お犬様国家だ」というニュアンス)」という投稿がありました。その投稿を引用します。


30. 匿名 2019/03/16(土) 09:23:00
リードがダメなドイツは生類哀れみの令と化している
36. 匿名 2019/03/16(土) 09:24:23
>>30
ドイツ大丈夫なのか?



 日本ほど、犬の口輪が売られていない国は少ないでしょう。対してドイツのペットショップでは、多種多様な犬の口輪がたくさん売られています。ドイツは特定の犬種は公共の場では必ず口輪をすることが義務付けられています。違反者は罰金が科せられます。それとドイツは。おそらく世界で最も犬のリード義務が厳しい部類の国です。州によっては犬にリードをしなければ、最高で罰金2万5,000ユーロ(日本円で300万円以上)が科せられます。また警察官にその場で射殺されることもあり、郊外の狩猟区域では、民間人ハンターがリードをしていない非占有の犬を射殺することが合法です。また、州によっては、犬にリードをしなければ犬が州に押収され、殺処分される可能性もあります。
 まず、ドイツの特定の犬種に対する、公共の場での口輪義務に関する法律の条文を挙げます。例としてベルリン州犬法をあげますが、ドイツ全州で同様の法律があります。Gesetz zur Neuregelung des Haltens und Führens von Hunden in Berlin 「ベルリンにおける犬の飼育および指導の新しい規則に関する法律(ベルリン州 犬法)」


§ 20 Maulkorbpflicht
(1) Gefährliche Hunde nach § 5 Absatz 1 müssen ab dem siebenten Lebensmonat außerhalb des ausbruchssicheren Grundstücks, auf dem sie gehalten werden, und bei Mehrfamilienhäusern außerhalb der Wohnung stets einen beißsicheren Maulkorb tragen.

20条 犬の口輪の義務
(1)第5条(1)に規定する危険とされる犬種で7ヵ月齢を超えたものは、犬の脱出を防止している私有地の外では、また集合住宅の場合は、建物の外では常に噛みつき防止のための口輪をつけなければなりません。



 そのほかベルリン州ではほかの法律で、公共交通機関を利用する場合は、いかなる犬でもケージに完全に密封している状態でなければ、リードと口輪の両方が必要と定めています。その犬が超小型犬のチワワであってもです。
 次に「ドイツは犬のリード義務が世界で最も厳しい国の一つであり、州によってはリードをしていなければ最高で罰金が最高で2万5,000ユーロ科せられる。さらにリードをしていなければ警察官に射殺されることもあり、郊外の狩猟区域では民間人ハンターがリードをしていない犬を射殺することが合法」です。さらに犬を押収する州もあります」についてです。ドイツの犬のリード義務の、州別の法律をまとめたサイトから引用します。Leinenpflicht in Deutschland 「ドイツ連邦共和国における犬のリード義務」。2016年2月11日


・Nordrhein-Westfalen
In Nordrhein-Westfalen sind Hunde in bestimmten Bereichen an einer „zur Vermeidung von Gefahren geeigneten Leine“ zu führen.
Diese Bereiche umfassen Fußgängerzonen, Haupteinkaufsbereiche und andere innerörtliche Bereiche sowie Straßen und Plätze mit vergleichbarem Publikumsverkehr.
Vom Leinenzwang umfasst sind außerdem der Allgemeinheit zugängliche, umfriedete Park-, Garten- und Grünanlagen einschließlich der Kinderspielplätze.
Auch müssen die Vierbeiner bei öffentlichen Versammlungen, Aufzügen, Volksfesten und sonstigen Veranstaltungen mit Menschenansammlungen sowie in öffentlichen Gebäuden, Schulen und Kindergärten an der Leine geführt werden.
Um von Verstößen gegen diese Anleinpflichten von vornherein wirksam abzuschrecken, droht der nordrhein-westfälische Gesetzgeber mit einer Geldbuße bis zu 100.000 € und einer Einziehung des Hundes.
In den Wäldern gilt in Nordrhein-Westfalen außerhalb der Wege eine generelle Leinenpflicht; bei Verstößen kann ein Bußgeld bis zu 25.000 € verhängt werden.
Hält sich ein Hund in einem Jagdgebiet außerhalb der Einwirkung seines Halter auf, so darf der Jäger ihn abschießen.

・Hessen
Eine generelle Leinenpflicht besteht in Hessen insbesondere bei öffentlichen Versammlungen, Aufzügen, Volksfesten, Märkten, Messen und sonstigen Veranstaltungen mit Menschenansammlungen sowie in Gaststätten und in öffentlichen Verkehrsmitteln.
Wer seinen Hund entgegen dieser Vorgabe an den genannten Orten frei laufen lässt, riskiert nicht nur eine Geldbuße, sondern muss sogar mit der Einziehung des Hundes rechnen.
Ebenfalls eine Geldbuße bis zu 5000 € droht demjenigen Hundehalter, der seinen Vierbeiner in Hessen außerhalb seines eigenen eingefriedeten Besitztums laufen lässt, ohne ihn zu beaufsichtigen.
In den Wäldern Hessens,denn auch hier dürfen Jäger in ihrem Jagdbezirk Hunde abschießen.

・ノルトライン-ヴェストファーレン州
ノルトライン・ヴェストファーレン州では、犬は特定の地域では「危険防止のために適切なリード」により導かなければなりません。
これらの地域には、歩道、主要な商業地域、その他の都心部、同様に公共交通機関を備えた道路や広場などがあります。
リードの使用は、公園、緑地、子供の遊び場などの緑豊かな地域でも義務です。
4足の友人(犬)は、公共の人が集まるところ、エレベーター、フェスティバルなどの人々の集まりや公共の建物、学校、幼稚園などでもつながれていなければなりません。
これらの義務違反を効果的に防止するために、ノルトライン-ヴェストファーレン州議会は、最大1万ユーロ(日本円で約130万円)の罰金と犬の押収で警告しています。
ノルライン・ヴェストファーレン州の森林においては一般的な犬のリード義務以外が適用されます。
違反の場合は2万5,000ユーロ(日本円で325万円)までの罰金を科すことができます。
犬が飼い主の管理下に無い状態で狩猟区域にいる場合は、ハンターはその犬を撃つことが許可されています。

・ヘッセン州
ヘッセン州では、特に公共の場で人が集まるところ、エレベーター、フェスティバル、市場、見本市、レストラン、公共交通機関では、全般的な犬のリード義務がありあす。
上記の場所で自分の犬を自由にさせる人は、この要件に反することとなり、罰金を科すだけでなく、犬が押収される可能性もあります。
犬を管理せずに、塀で囲われた私有地の外に4本足(犬)を出した場合は、犬の飼い主は5,000ユーロの罰金が科される危険があります。
ヘッセン州の森では、ここでもハンターは、狩猟区で犬を撃つことが許可されています。



(画像)

 2012年11月1日に放送されたNHKの、「地球イチバン 地球でイチバン ペットが幸せな街~ドイツ・ベルリン」という番組のHPから。現在はそのHPは閉鎖されています。このような狂った番組を国有放送が制作し、視聴者も真に受けることが私は悲しいです。
 ドイツは、おそらく世界で最も、犬のリード義務に厳しい国です。ドイツは日本と異なり、犬による咬傷事故が多いのです。死亡事故もしばしば発生します。ベルリン州では、市街地では1メートル以内のリードを使用することが義務付けられています。そのような状況において、「犬にリードをしなくてもよい」、ましてや「犬にリードをしてはならない」わけがないのです。なお、ドイツは犬の公的殺処分も厳格に行っている国です。狂犬病法による検査殺処分や、日本にない禁止犬種法による強制殺処分もあります。さらに、ドイツの生体販売ペットショップの数は、人口比で日本より多く、約~1.3倍です。

o0715052612264867732.jpg


(動画)

 Was muss ich mit Hund in den Öffis beachten? 「公共交通機関で犬に配慮しなければならないこと」 2017/04/19 に公開
 これはオーストリア、ウィーンの公共交通機関での、犬の乗車でのリードと口輪が義務付けられていることを周知するためのビデオです。ヨーロッパでは多くの都市では、公共交通機関では、犬はリードと口輪の両方が必要です。上記のNHKの番組では、「ドイツでは鉄道内でも犬はノーリード(は和製英語で通じません)で良い(ましてや口輪など必要ない)」と報じていましたが、真っ赤な嘘です。




続きを読む

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,227ブログ中6位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR