FC2ブログ

ドイツの犬の咬傷事故の多さは深刻~環境省のデタラメ資料⑩







Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
In Niedersachsen ereigneten sich ununterbrochen tödliche Beissunfälle.


 環境省が2017年に公表した、ドイツに関する資料、平成 29 年度 訪独調査結果 平成 29 年 5 月 30 日 特定非営利活動法人アナイス (以下、「本資料」と記述する)、があります。本資料は全編にわたり嘘、誤りがびっしりと詰め込まれた、まさに見るに耐え難い資料です。本資料に関する記事の連載をしていますが、記事数が増えましたので「続きを読む」に一覧としてまとめています。本資料においては「ドイツでは犬による咬傷事故は極めて少ない」と誤認させる記述があります。しかしそれは真逆です。ドイツは犬の咬傷事故は大変多く、例えばベルリン州では人口比で日本の5倍以上です。


 環境省の資料、平成 29 年度 訪独調査結果 平成 29 年 5 月 30 日 特定非営利活動法人アナイス ですが、次のような「ドイツでは著しく犬による咬傷事故が少ない」と誤認させる記述があります。以下に引用します。


危険な犬については州ごとに対応が決められるが、ニーダーザクセン州での「危険な犬のテスト」は、州の法律に基づいて実施されている。
現在、犬が人間をかむ事故はほとんど発生していない。
これは、飼い主に試験を導入し、犬を飼うための知識を、筆記試験と実地試験(飼い犬との散歩)を行い、合格した人だけが飼って良いことにしたからである。 (25~26ページ)。



 この記述はニーダーザクセン州についての記述ですが、読者は著しく「ドイツ全土において犬による咬傷事故は少ない」と誤認させる記述です。実はニーダーザクセン州は、ドイツ連邦共和国の州の中では、数少ない犬の咬事故数や犬の安楽死数に関する公的統計を公表していない州の一つです。
 ですから、ハノーファー獣医大学でのヒヤリング調査で(本資料はハノーファー獣医大学のどの部署に取材したのかも不明で、その点では全く資料としての価値はないといえます)、「現在、犬が人を咬む事故はほとんど発生していない」との情報は、根拠薄弱な伝聞です。また州による犬の咬傷事故の公的統計が公表していないことから、大学がこのような回答をするか疑問です。「伝聞」はうそつきの常套手段です。また嘘つきは「ほとんど」などという形容詞、形容動詞を多用し、具体的な数値を挙げません。情報としては、「〇年のニーダーザクセン州の犬による咬傷事故は〇件であり、そのうち死亡事故は〇件、入院事故は〇件である」としなければ意味がありません。以下の画像は、ドイツ連邦政府がまとめた、ドイツ16州のうちの11州に限った2012年の犬の咬傷事故統計です。おそらく統計が未公表の5州を加えれば、1万5000件程度になるのではないかと思います。


(画像)

 Beißvorfälle unter Berücksichtigung der Hunderassen in Deutschland und Umfrage bei Hundebisspatienten in vier Berliner Kliniken Freien Universität Berlin 「ドイツの犬咬傷事件の犬種による考察とベルリン州の4つの診療所における犬咬傷事故患者の調査」 2016年 から ニーダーザクセン州は、犬による咬事故の公的統計の公表が無い州であることがわかります。

ドイツ 犬 咬傷事故


 前回記事、ベルリン州の犬の咬傷事故は日本の5.5倍~環境省のデタラメ資料⑨、では、ベルリン州では人口比で日本の5.5倍の犬の咬傷事故が発生していることを書きました。前回記事で引用したベルリン州における犬の咬傷事故数は、警察等の規制当局に届け出があった数字のみの統計です。日本との比較では、日本数値は保健所に届け出があった犬の咬傷事故数です。したがって条件は同じですので、ドイツの犬の咬傷事故数が日本よりはるかに多いのは、信頼できるといえます。
 さらに弁護士による、犬咬傷事故での損害賠償請求に関するサイトでは、警察などの規制当局に届けをしていないものも含めたドイツ全土における犬の咬傷事故の推計値は、1万5000~2万5000件に及ぶと推計しています。そのうえで、ドイツでの犬の咬傷事故は深刻であるとしています。
 Hundebiss und Schmerzensgeld: Eine Frage der Halterhaftung 「犬の咬傷と苦痛に対する損害賠償:飼い主の法的責任の問題」から引用します。


Hunde für über die Hälfte der in Deutschland jährlich stattfindenden 30.000 bis 50.000 Bissunfälle verantwortlich.
Hauptbetroffene sind zumeist Kinder, die in 25 Prozent der Fälle sogar unter sechs Jahren alt sind.
Schwere körperliche Verletzungen und langanhaltende psychische Schäden sind keine Seltenheit, wenn ein Kind von einem Hund gebissen wird.

犬は毎年ドイツで発生する30,000〜50,000件の、動物による咬傷事故の半分以上を占めています。
主な被害者は多くが子供で、25%のケースで6歳未満です。
子供が犬に咬まれた場合の、重傷を受ける、長期にわたる心理的な傷を負うことは珍しくありません。



 環境省の本資料の記述、「現在、犬が人間をかむ事故はほとんど発生していない。これは、飼い主に試験を導入し、犬を飼うための知識を、筆記試験と実地試験(飼い犬との散歩)を行い、合格した人だけが飼って良いことにしたからである。 (25~26ページ)。は、ニーダーザクセン州に関してですが、著しく「ドイツでは犬の咬傷事故が少ない」という誤認を与える記述で不適切です。
 なおニーダーザクセン州は、ドイツ連邦共和国16州のうち、犬の咬傷事故数の公的統計を公表していない、数少ない州の一つです(*1)。ですからニーダーザクセン州の犬の咬傷事故数の確認はできません。それを知っての上での、「ドイツでは犬の咬傷事故が少ない」という、嘘プロパガンダの環境省の意図なのでしょうか。正確さ、客観性、中立でなければならない省庁の報告書がこのような嘘誘導の偏向資料とは、呆れます。
 実はニーダーザクセン州では、凄惨な犬の咬傷事故の発生が続いています。以下に、最近発生した、ニーダーザクセン州における重大(死亡事故)犬の咬傷事故をいくつか例示しておきます。

(*1)Projektgruppe Gewalt gegen Polizeibeamte - Lagebilderstellung - Schlussbericht


Hund beißt 89-Jährige tot – Sohn erschießt das Tier 「犬は89歳の女性をかみ殺しました:息子はその犬を射殺しました」 2019年3月1日

in Jagdhund hat eine 89 Jahre alte Frau in ihrem Wohnhaus in Ganderkesee bei Bremen totgebissen.
Als der 51 Jahre alte Sohn am Donnerstagnachmittag nach Hause kam, habe er seine Mutter leblos auf dem Boden liegend und den Hund auf einem Sessel sitzend vorgefunden.
Aufgrund der massiven Verletzungen sei der Sohn davon ausgegangen, dass der Hund seine Mutter totgebissen hat.

89歳の女性がブレーメン近くのガンダーケーゼの自宅で、猟犬に咬まれて亡くなりました。
51歳の息子が木曜日の午後に帰宅したとき、息子は母親が床の上で死んで横たわっていて、犬が肘掛け椅子に座っているのを見つけました。
重傷であったため、息子は犬が母親を咬んだと推測しました。
ハンターの息子は、庭で犬を射殺しました。



(動画)

 Polizeisprecher von Hannover im Interview: Kampfhund beißt Mutter und Sohn tot 「ハノーファー(ニーダーザクセン州の州都)警察広報官へのインタビュー:闘犬種の犬は母と息子をかみ殺しました」 2018/04/04公開
 52歳の母親と身障者で車椅子を使っている27歳の息子が、おそらく就寝中に飼犬にかみ殺された事件です。その犬は行政により殺処分されました。

Eine junge Frau erreicht ihre Mutter und ihren Bruder nicht.
Sie fährt zu deren Wohnung in Hannover.
Durch ein Fenster entdeckt sie den blutüberströmten Körper ihres Bruders.
Der Hund der Familie hat beide offenbar totgebissen.

若い女性は、母親と弟に連絡することができませんでした。
その女性は、ハノーファーのアパートに駆け付けました。
アパートの窓から、彼女は血だらけの弟の体を発見します。
母親と弟の2人は、犬に殺されたようでした。





 このように、環境省の本資料で「犬が人間をかむ事故はほとんど発生していない」と記述されているニーダーザクセン州ですが、人口800万人に満たないのに毎年犬による凄惨な死亡咬傷事故が続いています。なお人口が1億2600万人の日本の平成29年度の犬による咬傷事故による死者は1名でした。
 繰り返しますが、ニーダーザクセン州は、犬咬傷事故数の公的統計を公表していない州です。それを承知ならば、まさに詐欺根性です。「犬が人間を咬む事故はほとんど発生していない」という嘘プロパガンダの拡散が意図的であれば、まさに環境省は税金泥棒、国賊省です。


続きを読む

スポンサーサイト



ベルリン州の犬の咬傷事故は日本の5.5倍~環境省のデタラメ資料⑨







Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Anzahl der Hundebiss Unfälle in Berlin


 環境省が2017年に公表した、ドイツに関する資料、平成 29 年度 訪独調査結果 平成 29 年 5 月 30 日 特定非営利活動法人アナイス (以下、「本資料」と記述する)、があります。本資料は全編にわたり嘘、誤りがびっしりと詰め込まれた、まさに見るに耐え難い資料です。本資料に関する記事の連載をしていますが、記事数が増えましたので「続きを読む」に一覧としてまとめています。本資料においては「ドイツでは犬による咬傷事故は極めて少ない」と誤認させる記述があります。しかしそれは真逆です。ドイツは犬の咬傷事故は大変多く、例えばベルリン州では人口比で日本の5倍以上です。


 環境省の資料、平成 29 年度 訪独調査結果 平成 29 年 5 月 30 日 特定非営利活動法人アナイス ですが、次のような「ドイツでは著しく犬による咬傷事故が少ない」と誤認させる記述があります。以下に引用します。


危険な犬については州ごとに対応が決められるが、ニーダーザクセン州での「危険な犬のテスト」は、州の法律に基づいて実施されている。
現在、犬が人間をかむ事故はほとんど発生していない。
これは、飼い主に試験を導入し、犬を飼うための知識を、筆記試験と実地試験(飼い犬との散歩)を行い、合格した人だけが飼って良いことにしたからである。 (25~26ページ)。



 この記述はニーダーザクセン州についての記述ですが、読者は著しく「ドイツ全土において犬による咬傷事故は少ない」と誤認させる記述です。実はニーダーザクセン州は、ドイツ連邦共和国の州の中では、数少ない犬の咬事故数や犬の安楽死数に関する公的統計を公表していない州の一つです。
 ですから、ハノーファー獣医大学でのヒヤリング調査で(本資料はハノーファー獣医大学のどの部署に取材したのかも不明で、その点では全く資料としての価値はないといえます)、「現在、犬が人を咬む事故はほとんど発生していない」との情報は、根拠薄弱な伝聞です。また州による犬の咬傷事故の公的統計が公表していないことから、大学がこのような回答をするか疑問です「伝聞」はうそつきの常套手段です。また嘘つきは「ほとんど」などという形容詞、形容動詞を多用し、具体的な数値を挙げません。情報としては、「〇年のニーダーザクセン州の犬による咬傷事故は〇件であり、そのうち死亡事故は〇件、入院事故は〇件である」としなければ意味がありません。以下の画像は、ドイツ連邦政府がまとめた、ドイツ16州のうちの11州に限った2012年の犬の咬傷事故統計です。ニーダーザクセン州は犬の咬傷事故数が未公表のために、同州の数値は含まれていません。おそらく統計が未公表の5州を加えれば、1万5000件程度になるのではないかと思います。


(画像)

 Beißvorfälle unter Berücksichtigung der Hunderassen in Deutschland und Umfrage bei Hundebisspatienten in vier Berliner Kliniken Freien Universität Berlin 「ドイツの犬咬傷事件の犬種による考察とベルリン州の4つの診療所における犬咬傷事故患者の調査」 2016年 から ニーダーザクセン州は、犬による咬事故の公的統計の公表が無い州であることがわかります。

ドイツ 犬 咬傷事故


 結論から言えば、ドイツは日本に比べてはるかに犬の咬傷事故が多いのです。一例として詳細な犬の咬傷事故の統計を公表している、ベルリン州の公的統計資料の数値と、日本の犬による咬傷事故の比較を行いました。その結果は、ベルリン州(人口350万人)の2018年の、警察などに届けられた犬による咬傷事故の数は、人口比で日本の5.5倍でした。
 なおこの資料は、「ベルリン州で警察などの規制当局に届け出があった犬の人身咬傷事故のみ」の統計です。日本の環境省の、「保健所に届け出があった犬咬傷事故数」の統計と条件は同じです。


Berlin Hundebiss-Statistik: Mehr Menschen angesprungen 「犬の咬傷事故統計:より多くの人が犬に襲われました」 2019年5月5日

In Berlin ist die Zahl der erfassten Hundeangriffe im vergangenen Jahr leicht gestiegen.
Gezählt wurden 625 Fälle, in denen Hunde Menschen ansprangen oder verletzten.
Die Statistik beruht auf Meldungen der Ordnungsämter, inklusive Meldungen der Polizei.

ベルリンでは、記録された犬の攻撃の数が昨年わずかに増加しました。
犬に襲われたり怪我をしたりした数は、625件が記録されました。
この統計は警察の報告を含む、規制当局からの報告に基づいています。



3. 動物による事故 (1)犬による咬傷事故件数(全国計:昭和49年度~平成29年度) 平成29年度は4316件 うち人身事故は4094件


 環境省の本資料は、信頼に足る資料をつけずに、さらに具体的な数字も挙げていない、「(ドイツ、ニーダーザクセン州では)現在、犬が人間をかむ事故はほとんど発生していない」との記述は問題です。繰り返しますが、ニーダーザクセン州は、ドイツ連邦共和国16州のの中では犬による咬傷事故の公的統計を公表していない数少ない州の一つです。
 しかし犬の咬傷事故は、公的統計を公表している州は日本よりはるかに多いのです。詳細な統計を公表しているベルリン州は、人口比で日本の5.5倍あります。同じドイツ国内であって、ニーダーザクセン州に限り、犬の咬傷事故がほとんど発生しないうことは考えられません。環境省は本資料のこの記述に関して補足資料により説明するべきでしょう。
 環境省の本資料では、真実に反する「ドイツでは犬のオフリードが一般的で合法、寛容」と誤認させる記述があります。真実はドイツは世界でも最も犬のリード義務に厳しい部類の国の1つです。「(「ドイツ全土では」と誤認させる)犬が人間をかむ事故はほとんど発生していない」という記述と相まって、嘘を嘘で糊塗するという意図が明らかです。正確さ、客観性、中立性が求められる省庁の資料としては、完全に許容範囲を逸脱しています。まさに環境省は、税金泥棒の嘘プロパガンダ省です。


(参考資料)

Projektgruppe Gewalt gegen Polizeibeamte - Lagebilderstellung - Schlussbericht

 ドイツ連邦警察による、暴力犯罪の各州の比較調査。犬の咬傷事故に関しては、ニーダーザクセン州は「未公表で不明」としています(19ページ)。事実、ニーダーザクセン州は、犬の咬傷事故や州による殺処分数を公表していない州です。そのような状況で、獣医大学が「現在、犬が人を咬む事故はほと発生していない」と回答するのか疑問です。
 「ほとんど」などという形容詞形容動詞を用い、具体的な数値を挙げないのと伝聞系はうそつきの常套手段です。環境省は、今からでも補足資料としてニーダーザクセン州並びにドイツにおける信頼できる犬の咬傷事故件数の統計を示すべきです。

Jagdhund beißt Seniorin in ihrem Haus tot 「猟犬が高齢女性を咬んで、その女性は自宅内で死にました」 2019年3月2日

 これはニーダーザクセン州の事件ですが、ニーダーザクセン州は毎年のように犬による凄惨な死亡咬傷事故が報道されています。2018年は身障者の息子と母親2名が犬にかみ殺されるという事件が起きています。800万人に満たない人口で、毎年犬による死亡事故が起きていながら、「犬が人間をかむ事故はほとんど発生していない」という、環境省のデマ記述には呆れます。犬による死亡事の件数は、人口1億2,600万人の日本の頻度とかわりません。ニーダーザクセン州は犬の咬傷事故件数を公表していないからと言って、これほどのデマを省庁がするとは極めて悪質です。


続きを読む

続・ドイツ、ニーダーザクセン州の厳しい犬のリード義務~環境省のデタラメ資料⑧







Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Deutschland, wo die Hunde Leinenpflicht sehr streng ist.


 環境省が2017年に公表した、ドイツに関する資料、平成 29 年度 訪独調査結果 平成 29 年 5 月 30 日 特定非営利活動法人アナイス 、があります。本資料は全編にわたり嘘、誤りがびっしりと詰め込まれた、まさに見るに耐え難い資料です。本資料に関する連載をしていますが、記事数が増えましたので、記事の「続きを読む」に一覧にしてまとめてあります。今回記事では前回に続いて本資料の、ドイツ、ニーダーザクセン州における犬のリード義務に関するデタラメを取り上げます。ニーダーザクセン州はドイツの他州と同じく市街地では通年厳しい犬のリード義務が課せられています。


 環境省の資料、平成 29 年度 訪独調査結果 平成 29 年 5 月 30 日 特定非営利活動法人アナイス (以下、「本資料」と記述する)ですが、次のような画像が掲載されています(7ページ)。
 この画像には、「自転車に乗った飼い主が、オフリードの犬と主に走る様子は街中でしばしば見かける」との記述があります。読者に著しく「ドイツでは犬はオフリードが合法である」と認識させます。


(画像)

 平成 29 年度 訪独調査結果 平成 29 年 5 月 30 日 特定非営利活動法人アナイス  より(7ページ)。

環境省 アナイス オフリード


 また、本資料においては、「ニーダーザクセン州では、春になると野鳥がたくさんやってきて犬が反応してしまうので、リード装着義務期間を設けている。4/1~5/15 の期間であり、どんな犬であっても、必ずリードをつけなければならない」という記述があります。この記述に従えば、「ニーダーザクセン州では、1年のうち、4月1日から5月15日に期間に限り犬にリードが必要であるが、それ以外の期間は犬にはリードが必要ない」という意味になります。
 しかしこの記述は完全に誤りです。その点については前回記事で詳述しました。真実は、ニーダーザクセン州法で州全域が適用となる、森林地帯に限っての犬のリード義務を定めた法律はあります(市街地は除外)。その内容は、「4月1日から7月15日にかけては例外を除く犬は森林地帯ではリードをしなければならない」です。

 ニーダーザクセン州では森林地帯以外では、各自治体が市街地での通年の厳しい犬のリード義務を定めています。また「一定期間に限り森林地帯に限って適用される」ニーダーザクセン州法の犬リード義務ですが、同法では自治体がその期間を超えて、森林地帯での犬のリード義務を定めることを妨げてはいません。多くのニーダーザクセン州の自治体は、本法で規定する期間を超えて~通年の期間で森林地帯でも、犬のリード義務を定めています。
 例として、ニーダーザクセン州の州都、ハノーファー(ハノーバー)市の、犬のリードに関する条例を引用します。Verordnung über das Halten von Hunden in der Landeshauptstadt Hannover vom 07.12.1998 (HundeVO) 「犬の飼育に関する条例 ニーダーザクセン州都ハノーファーにおける 1998年7月12日(犬条例)」


§ 4 Leinenzwang in öffentlichen Anlagen und in der Innenstadt
(1) In den öffentlichen Anlagen im Sinne von § 2 Abs. 2 der Verordnung über die öffentliche Sicherheit und Ordnung in der Landeshauptstadt Hannover (SOG-VO) vom 12.07.2007 - mit Ausnahme eingerichteter Hundeauslaufflächen – müssen alle Hunde an der Leine geführt werden.
In den Wäldern gilt dieser Leinenzwang nur in den Schongebieten und in den Eilenriedebereichen zwischen Fritz-Behrens-Allee, Berna-dotte-Allee und Hohenzollernstraße.
(3) Die Leinenlänge darf 150 cm nicht überschreiten
§ 6 Gefährliche Hunde
(1) Gefährliche Hunde sind in der Öffentlichkeit stets an der Leine zu führen und haben einen, Maulkorb zu tragen, der das Beißen sicher verhindert.
Die Leinenlänge darf 150 cm nicht überschreiten.
(3) Als gefährliche Hunde im Sinne dieser Verordnung gelten:
1. Hunde, die bereits Menschen oder Tiere gebissen haben,
2. Hunde, die in aggressiver und damit gefährdender Weise Menschen angesprungen haben,
3. Hunde, die bewiesen haben, dass sie unkontrolliert Wild, Vieh, Katzen oder Hunde het-zen oder reißen.

4条 公共施設および市内中心部の犬のリード義務
(1)ハノーファー州都の公安と秩序に関する条例 2007年7月12日(SOG-VO)の、2条2項で定義する公共施設と-ドッグランエリアを除き、すべての犬はリードにつながれていなければなりません。
森林ではこのリード義務は、野生動物保護地域と、フリッツベーレンスアリー、ベルナドッテアリー、ホーエンツォレルンシュトラーセ間のアイリーンリートエリアにのみ適用されます。
(3)リードの長さは150 cmを超えてはなりません。
6条 危険な犬
(1)危険な犬は常に公共の場ではリードにつないでおき、咬むのを防ぐ安全対策として口輪を装着させる義務があります。
リードの長さは150 cmを超えてはなりません。
(3)この条例での危険な犬の定義は次の通りです。
1.すでに人や動物を咬んだ犬
2.攻撃的で危険な動態で人に飛び掛かった犬
3.野生動物、または犬を制御できないほど咬みついて怪我をさせた犬



 つまりニーダーザクセン州都のハノーファー市では、犬のリード等に関して、条例で次のように定めています。
1、公共施設と市中心部では、犬はドッグランを除外して必ずリードを通年しなければならない。
2、リードの長さは150㎝までである。
3、危険な犬はリードに加え、口輪も義務である。

(註 これらの違反に対しては、5000ユーロまでの罰金が科されます)

 ニーダーザクセン州では、州都ハノーファー市に限らず、傘下の自治体では同様の厳しい犬のリード義務を定めた条例があります。つまり公共施設と市街地での通年の犬のリード義務と、リードの長さの規定などです。環境省の本資料における、「ニーダーザクセン州では、春になると野鳥がたくさんやってきて犬が反応してしまうので、リード装着義務期間を設けている。4/1~5/15 の期間であり、どんな犬であっても、必ずリードをつけなければならない」との記述は、根拠法も示さずに、元の記述を都合よく改ざんしています。またこの記述と先に上げた画像と共に、著しくニーダーザクセン州、さらにはドイツ全土において、犬のオフリードが寛容、合法で認められていると、読者を誤った認識に導くことを意図した悪質な嘘記述です。
 正確中立、客観性が求められる公的機関である環境省の資料としては全く許容範囲を逸脱しています。省庁が公費でもって嘘の拡散と、国民の世論を嘘情報で誘導しているわけですから極めて悪質です。本資料の嘘デタラメをすべて指摘し終わるには、おそらく1年以上かかると思いますが、暫時環境省は問い合わせに対して真摯に対応すべきでしょう。

 その他ニーダーザクセン州においては、狩猟区域内においては通年、リードをしていない犬を狩猟駆除で殺害しても合法であると、州狩猟法で規定しています。つまりリード義務の適用地域外であったとしても、狩猟区域内の森林地帯では、犬をオフリードで非占有状態にしていれば、その犬は殺されても文句を言えませんよ、ということです。
 Niedersächsisches Jagdgesetz (NJagdG) Vom 16. März 2001 「ニーダーザクセン州狩猟法 2001年3月)から引用します。


§ 29 Jagdschutz
(1) Die Jagdschutzberechtigten sind in ihrem Jagdbezirk befugt,
2.wildernde Hunde zu töten, die sich nicht innerhalb der Einwirkung einer für sie verantwortlichen Person befinden und nicht als Jagd-, Rettungs-, Hirten-, Blinden-, Polizei- oder sonstige Diensthunde erkennbar sind, und
3.wildernde Hauskatzen, die sich mehr als 300 m vom nächsten Wohnhaus entfernt befinden, und verwilderte Frettchen zu töten.

29条 狩猟鳥獣の保護
(1)狩猟保護官は、当該狩猟地区で以下の権限を(ハンターに等に)付与できるものとします。
2. 責任者の管理下にない、狩猟犬、救助犬、牧羊犬、盲導犬、警察犬、またはその他の介助犬として認められない、狩猟鳥獣を捕食している犬を殺害すること、および
3.最寄りの住居(註 単数形)から300 m以上離れている野生動物を捕食するイエネコと野生化したフェレットを殺害すること。



続きを読む

ドイツ、ニーダーザクセン州の厳しい犬のリード義務~環境省のデタラメ資料⑦  







Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Deutschland, wo die Hunde Leinenpflicht sehr streng ist.


  環境省が2017年に公表した、ドイツに関する資料、平成 29 年度 訪独調査結果 平成 29 年 5 月 30 日 特定非営利活動法人アナイス 、があります。本資料は全編にわたり嘘、誤りがびっしりと詰め込まれた、まさに見るに耐え難い資料です。本資料に関する連載をしていますが、記事数が増えましたので、記事の「続きを読む」に一覧にしてまとめてあります。今回記事では、本資料の、ドイツ、ニーダーザクセン州における犬のリード義務に関するデタラメを取り上げます。ニーダーザクセン州はドイツの他州と同じく市街地では通年厳しい犬のリード義務が課せられています。


 環境省の資料、平成 29 年度 訪独調査結果 平成 29 年 5 月 30 日 特定非営利活動法人アナイス ですが、次のような画像が掲載されています(7ページ)。
 この画像には、「自転車に乗った飼い主が、オフリードの犬と主に走る様子は街中でしばしば見かける」との記述があります。読者に著しく「ドイツでは犬はオフリードが合法である」と認識させます。


(画像)

 平成 29 年度 訪独調査結果 平成 29 年 5 月 30 日 特定非営利活動法人アナイス  より(7ページ)。

環境省 アナイス オフリード


 また環境省の本資料では、このような記述もあります。「ニーダーザクセン州では、春になると野鳥がたくさんやってきて犬が反応してしまうので、リード装着義務期間を設けている。4/1~5/15 の期間であり、どんな犬であっても、必ずリードをつけなければならない」(26ページ)です。この記述に従えば、「ニーダーザクセン州では、1年のうち、4月1日から5月15日に期間に限りすべての犬にリードが必要であるが、それ以外の期間は犬にはリードが必要ない」という意味になります。
 しかし結論から言えば、この記述は完全に嘘です。このような規定がある法律はドイツには存在しません(断言)
。環境省の本資料では、他の記述同様に、根拠法を述べていませんが(笑い)。

 ニーダーザクセン州においては、犬の市街地でのリード義務は各自治体条例で定められています。例えば州都のハノーファー(日本語では「ハノーバー」と記述されることが多いが、ハノーファーが言語の発音に近い)市では、市街地では1年を通じて犬のリード義務が定められており、違反に対しては罰金(過料)が5000ユーロ(日本円で61万円 1ユーロ=122円)まで科せられます。
 概ねニーダーザクセン州内では、他の自治体も同様の条例があります。日本と比べれば、格段に犬のリード義務違反に対しては厳しいと言えるでしょう。

 また「ニーダーザクセン州では、リード装着義務期間を設けている。4/1~5/15 の期間であり、どんな犬であっても、必ずリードをつけなければならない」(26ページ)とあります。しかし、このような規定をした法令はドイツには存在しません。
 本報告書の作成者は根拠法も調べずに、聞きかじりの断片的な知識で妄想作文をしたものと思われます。おそらく、ニーダーザクセン州における森林および景観管理に関するニーダーザクセン州法(Niedersächsisches Niedersächsisches Gesetz über den Wald und die Landschaftsordnung)33条の事と思われます。本法33条を以下に引用します。なお本法本条の違反に対する処罰は、罰金(行政罰 過料)5000ユーロ(61万円)以下と定めています。


§ 33 Pflichten zum Schutz vor Schäden
(1) In der freien Landschaft ist jede Person verpflichtet,
1.dafür zu sorgen, dass ihrer Aufsicht unterstehende Hunde
a) nicht streunen oder wildern und
b) in der Zeit vom 1. April bis zum 15. Juli (allgemeine Brut-, Setz- und Aufzuchtzeit) an der Leine geführt werden, es sei denn, dass sie zur rechtmäßigen Jagdausübung, als Rettungs- oder Hütehunde oder von der Polizei, dem Bundesgrenzschutz oder dem Zoll eingesetzt werden oder ausgebildete Blindenführhunde sind,

33条 野生動物を犬による被害から保護する義務
(1)開放的な郊外では全ての人に義務付けられます。
1.犬を監督下に置き確保すること
a)犬を自由に走らせたり野生動物を狩ったりさせないこと。そして、
b)犬は合法的な狩猟、救助犬や牧畜犬、または警察によって用いられる、連邦国境警備隊または税関で使いられる、盲人用に訓練された盲導犬でない限り、4月1日から7月15日まで(二ーダーザクセン州の野性動物の繁殖と飼育期間)は、リードにつながれなければなりません。



 環境省の本資料の記述では、「ニーダーザクセン州では、春になると野鳥がたくさんやってきて犬が反応してしまうので、「①リード装着義務期間を設けている。4/1~5/15 の期間であり、②どんな犬であっても、必ずリードをつけなければならない」(26ページ)とあります。
 ①ですが、リード装着義務期間は、正しい期間は、4/1~7/15です。環境省の本資料は、4/1~5/15 とあり、2か月も誤りがあります。
 ②ですが、正しくは、「合法的な狩猟、救助犬や牧畜犬、または警察によって用いられる、連邦国境警備隊または税関で使いられる、盲人用に訓練された盲導犬」は除外されています。環境省の本資料では「どんな犬であっても」とあり、誤りです。
 ③さらに環境省の本資料のこの記述では、「ニーダーザクセン州全土では1年のうち、4月1日から5月15日までの期間のみ犬にリードが必要である」という意味になります。しかし、上記の法律、ニーダーザクセン州における森林および景観管理に関するニーダーザクセン州法(Niedersächsisches Niedersächsisches Gesetz über den Wald und die Landschaftsordnung)33条では、適用される地域は郊外の森林地帯で野生動物の繁殖地に限るとしています。また本法では、各自治体が、「4月1日から7月15日の期間を超えて犬のリード義務期間を延長することは妨げない」としています。事実この期間を超えて通年など、森林地帯においても、犬のリード義務を規定している自治体は多数あります。

 ニーダーザクセン州においては、市街地の犬のリード義務は各自治体条例で定めています。例えば州都ハノーファー市では、1年を通じて一部の警察犬など以外では、リードが義務付けらています。また行動などから危険と判断された犬は、リードとともに口輪も義務付けられます。違反者には罰金(過料)が5000ユーロまで科せられます。
 この点については、ニーダーザクセン州が広報文書を公開しています。Mit dem Hund in der freien Landschaft 「郊外で犬と一緒に」 から引用します。


Hier regeln die jeweiligen Städte und Gemeinden die Anleinpflicht.
Jedoch steht es den Gemeinden frei, eigene Verordnungen oder Satzungen bezüglich der Anleinpflicht für Hunde zu erlassen.
Diese können auch ganzjährig sein.
Für die Anleinpflicht im innerörtlichen Bereich gibt es in Niedersachsen einige Gemeinden, die eine Mindestlänge der Leine näher ausführen.

ニーダーザクセン州においては、それぞれの市および町村がリード義務を規定しています。
自治体は、犬のリード義務に関する独自の規制または法令を自由に制定できます。
これらは1年を通じて可能です。
都心部の犬のリード義務については、ニーダーザクセン州のいくつかの市町村では、犬のリードの長さを規定しています。



 環境省が公に出した資料でありながら、根拠法令の名称も挙げず、内容が全くデタラメというのはまさに笑止千万です。中学生の自由研究でもあり得ません。全くあきれ果てるとしか言いようがないです。しかし法令にも目をとおさずに「このように規定している」と書けてしまう神経の図太さには恐れ入ります。私はできません。法令で規定された期間などの数値は、1日でも異なれば誤りになるからです。
 次回はニーダーザクセン州の州都、ハノーファー市における、犬のリード義務に関する条例を取り上げます。先に述べた通り、二ーだザクセン州では、市街地の犬のリード義務に関しては州法ではなく自治体条例でそれぞれ立法が行われています。しかも日本とは比べ物ならないぐらい、厳しい罰則規定があります。


続きを読む

続・犬のリード義務が極めて厳しいドイツ~環境省のデタラメ資料⑥







Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Deutschland, wo die Hunde Leinenpflicht sehr streng ist.


 記事、
犬などのペットの非対面インターネット販売の規制が全くないドイツ~環境省のデタラメ資料①
続・犬などのペットの非対面インターネット販売の規制が全くないドイツ~環境省のデタラメ資料②
「ベルリンでは1歳未満の犬の販売を禁止した」という誤訳~環境省のデタラメ資料③
ドイツの犬リード義務は厳しく、違反者の犬は射殺されてもやむを得ない~環境省のデタラメ資料④
犬のリード義務が極めて厳しいドイツ~環境省のデタラメ資料⑤
の続きです。
 環境省が2017年に公表した、ドイツに関する資料、平成 29 年度 訪独調査結果 平成 29 年 5 月 30 日 特定非営利活動法人アナイス 、があります。本資料は全編にわたり嘘、誤りがびっしりと詰め込まれた、まさに見るに耐え難い資料です。本資料においては「ドイツでは犬はオフリードで良い」と誤認させる記述があります。しかしそれは真逆の大嘘です。ドイツは犬のリード義務では世界で最も厳しい部類の国です。



 環境省の資料、平成 29 年度 訪独調査結果 平成 29 年 5 月 30 日 特定非営利活動法人アナイス ですが、次のような画像が掲載されています(7ページ)。
 この画像には、「自転車に乗った飼い主が、オフリードの犬と主に走る様子は街中でしばしば見かける」との記述があり、読者に著しく「ドイツでは犬はオフリードが合法である」と認識させます。


(画像)

 平成 29 年度 訪独調査結果 平成 29 年 5 月 30 日 特定非営利活動法人アナイス  より(7ページ)。

環境省 アナイス オフリード


 サマリーでの述べましたが、ドイツ連邦共和国は、犬のリード義務に関してはおそらく世界で最も厳しい部類の国であることは間違いありません。ドイツの犬のリード義務に関してまとめたサイトがあります。Leinenpflicht in Deutschland ドイツ連邦共和国における犬のリード義務」。2016年2月11日 です。
 例えば最も厳しい州では、違反に対する罰金の最高額はノルトライン=ヴェストファーレン州など複数の州では、2万5,000ユーロ(日本円で約305万円 1ユーロ=122円)です。オフリードの犬は、行政が押収する(殺処分される可能性がある)ことを定めているヘッセン州があります。オフリードで飼い主の管理下にない犬は、ドイツ全州でハンターが合法的に射殺できます。各州に関する記述を以下にまとめます。


・Nordrhein-Westfalen
In Nordrhein-Westfalen sind Hunde in bestimmten Bereichen an einer „zur Vermeidung von Gefahren geeigneten Leine“ zu führen.
Um von Verstößen gegen diese Anleinpflichten von vornherein wirksam abzuschrecken, droht der nordrhein-westfälische Gesetzgeber mit einer Geldbuße bis zu 100.000 € und einer Einziehung des Hundes.
In den Wäldern gilt in Nordrhein-Westfalen außerhalb der Wege eine generelle Leinenpflicht; bei Verstößen kann ein Bußgeld bis zu 25.000 € verhängt werden.
Hält sich ein Hund in einem Jagdgebiet außerhalb der Einwirkung seines Halter auf, so darf der Jäger ihn abschießen.

・Rheinland-Pfalz
In Rheinland-Pfalz besteht selbst in den Wäldern keine generelle Leinenpflicht.
insbesondere für die Naturschutzgebiete können aber gesonderte Regelungen gelten.
Jäger sind in ihren Jagdbezirken befugt, wildernde Hunde zu töten.
Wer seinen Hund dennoch unbeaufsichtigt in einem Jagdrevier laufen lässt, riskiert ein Bußgeld bis zu 5000 €.

・Saarland
Im Saarland sind Hunde bei öffentlichen Versammlungen, Aufzügen, Volksfesten und sonstigen Veranstaltungen mit Menschenansammlungen, in Gaststättenbetrieben, in Einkaufszentren, in Fußgängerzonen und in Haupteinkaufsbereichen sowie in öffentlichen Verkehrsmitteln an der Leine zu führen.
Wildschutzgebieten kann jedoch eine Leinenpflicht für alle Hunde bestehen.
denn bei Verstößen droht eine Geldbuße bis zu 5000 €.
Wird ein Hund wiederholt beim Wildern „erwischt“, darf er ggf. auch erschossen werden.

・Sachsen
Eine generelle Leinenpflicht besteht in sächsischen Wäldern nicht.
In den Jagdbezirken dürfen Hunde jedoch nicht ohne Aufsicht frei laufen gelassen werden, ansonsten kann ein Bußgeld bis zu 5000 € verhängt werden.

・Sachsen- Anhalt
In der Zeit zwischen dem 1. März und dem 15. Juli müssen Hunde in Sachsen-Anhalt stets angeleint werden.
Es gilt außerdem ganzjährig ein generelles Verbot, seinen Hund in Feld oder Wald einschließlich angrenzender öffentlicher Straßen unbeaufsichtigt laufen zu lassen.
Wird dagegen oder gegen den Leinen zwang in der genannten Zeit verstoßen, können Geldbußen bis zu 25.000 € drohen.

・Schleswig- Holstein
In Schleswig- Holstein sind Hunde in folgenden Bereichen an einer Leine zu führen.
Verstöße gegen diese Leinenpflicht können mit Geldbußen bis zu 10.000 € sanktioniert werden.
Wer seinen Hund unbeaufsichtigt in einem Jagdbezirk laufen lässt, riskiert außerdem eine Geldbuße bis zu 5000 €.

・Thüringen
In Thüringens Wäldern gilt das ganze Jahr über ein genereller Leinenzwang.
Jäger dürfen aufsichtslose, wildernde Hunde abschießen.

・ノルトライン-ヴェストファーレン州
ノルトライン・ヴェストファーレン州では、犬は特定の地域では「危険防止のために適切なリード」により導かなければなりません。
これらの義務違反を効果的に防止するために、ノルトライン-ヴェストファーレン州議会は、最大1万ユーロ(日本円で約122万円 1ユーロ=122円)の罰金と犬の押収で警告しています。
ノルライン・ヴェストファーレン州の森林においては一般的な犬のリード義務以外が適用されます。
違反の場合は2万5,000ユーロ(日本円で305万円)までの罰金を科すことができます。
犬が飼い主の管理下に無い状態で狩猟区域にいる場合は、ハンターはその犬を撃つことが許可されています。

・ラインラント-プファルツ州
ラインランド・プファルツ州では森林では、犬のリード義務はありません。
しかし、特に自然保護区においては、個別の規則を適用することがあります。
ハンターは、狩猟区の狩猟鳥獣に被害を与える犬を殺す権利を持っています。
犬を狩猟区域に放した者は、5,000ユーロ(日本円で61万円)の罰金を科されます。

・ザールラント州
ザールラント州では、犬は公に人が集まるところ、エレベーター、フェスティバルやその他のイベント、レストラン、ショッピングモール、歩行者区域、主要なショッピングエリア、公共交通機関ではリードにつなぐ義務ががあります。
野生動物保護区では、すべての犬に対してのリードが義務付けられているかもしれません。
違反は5,000ユーロ(日本円で約61万円)となる危険性があります。
犬が繰り返し狩猟鳥獣を「捕食」しているような場合は、射殺される可能性があります。

・ザクセン州
ザクセン州の森林地帯全体では、犬のリード義務ははありません。
しかし狩猟地区では、犬は管理することなく自由に走り回れるようにすることはできず、もしそれに違反すれば5,000ユーロ(日本円で約61万円)までの罰金が科せられる可能性があります。

・ザクセン-アンハルト州
3月1日から7月15日までの期間は、ザクセン・アンハルト州では犬は常にリードにつながれていなければなりません。
さらに年間を通じての全般的な禁止があり、近隣の道路を含め、犬を森林や農地に放す事は禁止されています。
一方、当該期間中に犬のリードの強制に違反した場合は、2万5,000ユーロ(日本円で約305万円)までの罰金を科される危険性がります。

・シュレースヴィヒ-ホルシュタイン州
シュレースヴィヒ=ホルシュタインでは、次の場所では犬をリードでつなぐ義務があります(註 例外的に認められた犬のリードフリーエリア以外の市街地のほぼ全てと考えて良い)。
この義務の違反は、最高で10,000ユーロ(日本円で約122万円)の罰金の対象となる可能性があります。
狩猟地区に犬を放した人は5,000ユーロ(日本円で約61万円)までの罰金が課されます。

・チューリンゲン州
チューリンゲン州の森林地帯では、1年を通じて犬にはリードが必要です。
ハンターは、管理下にない、狩猟鳥獣に被害を与える犬を射殺することができます。



 以上で、前回記事と合わせてドイツ連邦共和国16州のうち15州について、犬のリード義務の概要を述べました。残り1州の、ニーダーザクセン州は次回以降の記事で取り上げます。
 環境省の本資料では、「ニーダーザクセン州では、春になると野鳥がたくさんやってきて犬が反応してしまうので、リード装着義務期間を設けている。4/1~5/15 の期間であり、どんな犬であっても、必ずリードをつけなければならない」(26ページ)という記述があります。この記述に従えば、「ニーダーザクセン州では、1年のうち、4月1日から5月15日に期間に限りすべての犬にリードが必要であるが、それ以外の期間は犬にはリードが必要ない」という意味になります。
 しかしこの記述は完全に嘘です。このような規定がある法律はドイツには存在しません(断言)
。環境省の本資料では、呆れることに根拠法を述べていませんが(笑い)。
 概要を先に述べれば、ニーダーザクセン州は、各自治体により条例で通年市街地での犬のリード義務を定めています。ニーダーザクセン州全土に及ぶ犬のリード規定は、森林地帯に限り州法の定めがあります。災害救助犬、警察犬などは除外されています。その期間は5月15日から7月15日まで。さらにその州法は、ニーダーザクセン州の自治体がこの期間を超えて森林地帯での犬のリード義務を条例で定めることを妨げてはいません。事実、多くの自治体で、この期間を上回る~通年での森林地帯での犬のリード義務を定めています。またニーダーザクセン狩猟法では、狩猟区域(ほぼ森林地帯である)では、オフリード(非占有)の犬は、ハンターが殺害することが通年合法です。


(動画)

 Die Angst beim Gassi-Gehen: Hundehasser legen Giftköder aus「犬の散歩の恐怖:犬嫌いが毒餌を仕掛けています」 2015年4月4日公開。

Für Hundehalter gibt es wohl kaum etwas schlimmeres als die Angst vor vergifteten oder mit Nägeln oder Glasscherben gespickten Ködern, die Hundehasser in Grünanlagen ausgelegt haben.
Doch genau das kommt hierzulande immer öfter vor.

犬の飼い主にとっては、毒餌または尖った金属の異物や割れたガラスを仕込んだ餌の恐怖より悪いものはほとんどないでしょうが、 犬嫌いは緑の空間(犬糞のない良好な環境)を作りました。
しかしそれ(犬嫌悪者による毒餌攻撃)は、大変多く、ドイツで起きていることです。




 以下が、このTV番組の概要です。

・00:00~

ドイツにおいては、飼い犬を狙った毒餌が公共の場に仕掛けられ、殺傷される犬が多数あることが述べられています。


・00:34~

ベルリン州、パンコゥ区の監視員が、法律に違反して犬をオフリードで公園で運動させている飼い主を発見します。
監視員らは、犬の飼い主に対してその場で過料(罰金)を徴収します。
日本では、あまりにも「ドイツでは犬のノーリードが認められている」という嘘情報が喧伝されています。
その誤りを訂正するためにも、この監視員と犬の飼い主の会話を訳します。
これで、ベルリン州においては、公園での犬のオフリードは法律で禁じられ、即時過料(罰金)が科される違反行為だということがお分かりいただけると思います。このビデオの最期の部分で、冒頭の監視員が自転車に乗ったオフリードの犬の飼い主から罰金(過料)を徴収している映像があります。環境省の本資料はまさにゴミ。

Machen sie ihren Hund bitte an die linen.
Warum?
Weil hier geschützte Grünanlege ist und Linenzwang ist.
Habt ihr keine anderen Sorgen?
Sucht euch die, die ihre Hund auf die Wiese scheißen lassen und nicht wegmachen.
Machen sie den Hund an die Leine!
Weil das eine aufforderung war und keine bitte.
Ich möchte jetzt nicht mit ihnen reden.
Ich habe meinen Hund an die leine genommen.
Wir möchten aber mit ihnen reden.
Werden sie hier stehen bleiben?
Bleiben sie jetzt doch bitte mal kurz stehen, junger Mann.

あなたの犬をリードにつないでください。
なぜ?。
ここでは緑地を保護するために、犬はリードにつながなくてはならないのですよ。
あなたは他に(犬による)迷惑を考えないのですか?
あなたの犬が芝生の上を走り回って糞をすることを考えてみなさい。
犬はリードにつなぐこと!
(過料、罰金が科されるのは)即決ですか、勘弁してくださいよ。
もう話をしたくない。
私はもう、犬にリードをつけたじゃないですか。
いいえ、我々はあなたに話をしたいのです。
もう、犬のオフリードを止めますか?
少しお時間を頂きましたね、お兄さん。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,227ブログ中6位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR