まとめ・ティアハイムの動物虐待と違法殺害~あまりにも多いティアハムの犯罪






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Tierheim Verbrechen
Tierquälerei in Tiaheim und Mord an illegalen Tieren.


 記事、
ティアハイムの動物虐待と違法殺害~あまりにも多いティアハムの犯罪
続・ティアハイムの動物虐待と違法殺害~あまりにも多いティアハムの犯罪
続々・ティアハイムの動物虐待と違法殺害~あまりにも多いティアハイムの犯罪
続続々・ティアハイムの動物虐待と違法殺害~あまりにも多いティアハイムの犯罪
のまとめです。
 上記の記事ではティアハイムの動物虐待や違法な殺害について実例を挙げました。さらにティアハムは、一定数の殺処分を合法的に行っています。攻撃的で麻酔薬による安楽死が行えない場合は、警察官の協力により射殺することもあります。これは違法とは言えませんが、ティアハイムの殺処分方法の一手段です。



 ドイツ、ヘッセン州ドライアイヒでは、ティアハイムの要請に応じて警察官がティアハイムに赴き、攻撃的な犬を射殺処分しました。その事件を伝えるニュースソースから引用します。Tierheim: Hund erschossen 「ティアハイム:犬の射殺」 2014年6月27日


Dreieich - Die Polizei hat im Tierheim Dreieich einen Hund erschießen müssen, nachdem dieser zwei Mitarbeiterinnen gebissen hatte.
Wie Polizeisprecher Ingbert Zacharias gestern auf Anfrage bestätigte.
Nach seinen Worten handelte es sich um einen sogenannten Listenhund.
Die durch Bisse verursachten Verletzungen der beiden Frauen wurden im Krankenhaus behandelt.

ドライアイヒ - 警察官は、ドライアイヒ・ティアハイムで、2人の女性従業員が犬に咬まれた後に、その犬を射殺しなければなりませんでした。
昨日、要望に応じて警察の広報担当官、イングバート・ザカリアス氏より確認されました。
ザカリアス氏の話によれば、その犬はいわゆる「リストの犬(禁止犬種。ドイツでは全州で、法律で飼育などが原則禁止されている犬種がある)」でした。
犬に噛まれた事が原因で二人の女性従業員は負傷し、病院で治療を受けました。



 ドイツ動物保護法の、脊椎動物の殺害要件については、次のように規定されています。ドイツ連邦動物保護法(Tierschutzgesetz)原文から引用します。


§ 4
(1) Ein Wirbeltier darf nur unter wirksamer Schmerzausschaltung (Betäubung) in einem Zustand der Wahrnehmungs- und Empfindungslosigkeit oder sonst, soweit nach den gegebenen Umständen zumutbar, nur unter Vermeidung von Schmerzen getötet werden.
Ist die Tötung eines Wirbeltieres ohne Betäubung im Rahmen weidgerechter Ausübung der Jagd oder auf Grund anderer Rechtsvorschriften zulässig oder erfolgt sie im Rahmen zulässiger Schädlingsbekämpfungsmaßnahmen, so darf die Tötung nur vorgenommen werden, wenn hierbei nicht mehr als unvermeidbare Schmerzen entstehen.

§4
(1)脊椎動物は、意識が喪失した状態でかつ、所定の状況において合理的である場合に限り、痛みを回避するに足る効果的な疼痛管理(麻酔下)でのみ殺害することができる。
牧畜や狩猟における慣行、またはその他法律の条文の規定で麻酔なしの脊椎動物の殺害が許可されている場合、または許容される有害動物の駆除対策の範囲内であれば、回避不能な苦痛の限度内でのみ殺害することができる。



 つまり「脊椎動物の殺害は、合理的な理由があり、かつ意識喪失(麻酔下)で行うことが原則である。しかし、動物保護法以外の法律(例えば狩猟法など)で、麻酔を伴わない脊椎動物の殺害が許可されている規定があれば、意識喪失させていなくても、可能な限り苦痛軽減に配慮すれば、その範囲内での殺害は合法である」ということです。
 ですから狩猟法以外にも、警察法などによる犬などに対する銃器を使用しての殺害は、ドイツ連邦共和国では合法です。「ティアハイムで従業員が攻撃的な犬に咬まれて怪我をし、麻酔薬による安楽死が施術者によって危険な場合」は、警察法により、ティアハイムに収容されている犬を、警察官が射殺することは合法と考えられるでしょう。

 連載では、ティアハイムにおける動物虐待と違法な殺処分を取り上げましたが、合法的な犬の殺処分は、ティアハイムでは約3割程度行われています(大学の学術研究においては、ティアハイムの犬の殺処分は20%半ばを超えます。日本の統計と同じく、施設内の自然死を殺処分数に含めれば3割程度となります)。
 日本では「ティアハイムは殺処分ゼロである」さらに、「ティアハイムが安楽死(殺処分)が行えるのは、傷病で治療不可能の場合のみである」という誤った情報が流布されています。それらの情報の根拠としている資料は、Tierheimordnung des Deutschen Tierschutzbundes Richtlinien für die Führung von Tierheimen der Tierschutzvereine im Deutschen Tierschutzbund e.V.  「全ドイツ動物保護連盟によるティアハイムの規約 ドイツ動物保護連盟の動物保護協会のティアハイム運営に関するガイドライン」です。しかし、本書では、「ティアハイムが安楽死(殺処分)が行えるのは、傷病で治療不可能の場合のみである」とは、全く違うことが書かれています。実際の記述は次のとおりです。


Einschläfern von Tieren
1. Grundsatz
b) Die Einschläferung (Euthanasie) unheilbar kranker Tiere, die nur unter Schmerzen, Leiden oder Schäden weiterleben könnten, ist ein selbstverständliches Gebot des Tierschutzes.
2.
a) Bei Tieren, die starke, nicht behebbare, konstante Verhaltensstörungen zeigen, und derenWeiterleben mit schweren Leiden verbunden wäre, oder
b) bei Tieren, die infolge abnormer und nicht behebbarer Verhaltensstörungen eine akute Gefahr fürsich oder ihre Umwelt darstellen.

動物の安楽死(殺処分)
1、原則
b)痛み、苦痛または障害のもとでしか生きられない動物の末期の安楽死は、動物福祉上必要となることは明らかである。
2、
a)重度でかつ、回復不能な一定の行動障害を示し、そしてそれが生存する上で重度の苦痛となる動物。
b)異常かつ回復不能な行動障害の結果として、自分自身またはその周囲に緊急性の高い危険を及ぼす動物。



 つまり、Tierheimordnung des Deutschen Tierschutzbundes Richtlinien für die Führung von Tierheimen der Tierschutzvereine im Deutschen Tierschutzbund e.V.  「全ドイツ動物保護連盟によるティアハイムの規約 ドイツ動物保護連盟の動物保護協会のティアハイム運営に関するガイドライン」では、 次のことが書かれています。

1、回復不能な傷病で苦痛がある末期症状の場合は、安楽死(殺処分)しなければならない(=gebot 命令)。
またほかに、安楽死(殺処分)して良いとするケースでは、次が挙げられています。
2、その動物に重度の行動障害があり、それが原因でその動物が生きる上で苦痛をもたらす場合。
3、その動物に重度の行動障害があり、それが周囲に危険を及ぼすリスクがある場合。


 ところが、日本では、「1、」しか引用していません。しかも「しなければならない=命令」を、「しても良い=その場合に限って容認される」と、偏向訳をしています。 「その場合はしなければならない」は、「ほかの場合はしてはならない」にはなりません。
 さらに、これは民間団体のあくまでも「ガイドライン(指針)」で強制力はありません。 罰則もありません。 法律とは異なります。 日本では、この、Tierheimordnung des Deutschen Tierschutzbundes Richtlinien für die Führung von Tierheimen der Tierschutzvereine im Deutschen Tierschutzbund e.V.  「全ドイツ動物保護連盟によるティアハイムの規約 ドイツ動物保護連盟の動物保護協会のティアハイム運営に関するガイドライン(指針)」を紹介引用した文献はいくつかあります。 しかしいずれも、その内容は「都合の良い抜き書き」であり、偏向があります。
 「ティアハイムは殺処分ゼロである」、「行ったとしても、末期の傷病で治療不可能な場合に限られる」と日本で流布されている情報は大嘘です。ティアハイムでは、違法な動物虐待や殺処分はしばしば行われえていることが発覚していますし(これは統計に載りません)、そのほかにも合法的に警察官が依頼を受けて、収容した犬の射殺も行っています。獣医師による、麻酔薬を用いた安楽死(殺処分)は、学術調査などでは、3割近くということが明らかになっています。

 繰り返しますが、ティアハイムの犬猫などの収容動物の安楽死(殺処分)に関する「ガイドライン(指針)」を出している、全ドイツ動物保護協会ですが、一民間団体です。民間団体の「指針(ガイドライン)」は、「物事を進めるうえでたよりとなるもの。参考となる基本的な方針。手引き」であって、法律のように罰則があるわけではありませんし、強制力もありません。
 しかし日本では、この全ドイツ動物保護協会が出している、「ティアハイムにおける安楽死に関するガイドライン(指針)」が、都合よく抜き書きされ、さらにその部分が偏向して日本語訳(誤訳と言っても差し支えない)されたものが流布されています。それを元に、「ティアハイムでは末期の傷病でしか安楽死(殺処分)していない」と、執拗に、コメントをした方がいます。全ドイツ動物保護協会が出している、「ティアハイムにおける安楽死に関するガイドライン(指針)」に関する日本での、「都合の良い抜き書き」、「偏向した内容紹介」については、改めて記事にします。


(画像)

 日本で狂ったように「殺処分ゼロ」と嘘情報が喧伝されている、ドイツのティアハイム・ベルリン。同施設は、ドイツ最大手の新聞、Bild紙に、「健康な動物でも殺処分を行っている」ことを公表しています。また自身のHPでも、「傷病動物」のほか、「問題行動がある動物」と、「緊急性を要する危険回避」でも、動物を殺処分すると明記しています。これは、Tierheimordnung des Deutschen Tierschutzbundes Richtlinien für die Führung von Tierheimen der Tierschutzvereine im Deutschen Tierschutzbund e.V.  「全ドイツ動物保護連盟によるティアハイムの規約 ドイツ動物保護連盟の動物保護協会のティアハイム運営に関するガイドライン(指針)」に基づくと、同ティアハイム自身も述べています。

 長年、「殺処分ゼロ」と日本で紹介され続けている、ティアハイム・ベルリンのHP、Tierheim berlin FAQ 「ティアハイム・ベルリンHP よくある質問」の箇所。これには明確に「問題行動(攻撃性など)がある動物は殺処分を行います」と記述されています。その記述の訳文と画像です。


(Q)Werden Tiere eingeschläfert?

(A)
Wenn ein Tier gemäß der Tierheimordnung des Deutschen Tierschutzbundes nicht behebbare, konstante Verhaltensstörungen zeigt, so dass ein Weiterleben entweder nur mit schweren Leiden verbunden wäre oder eine akute Gefährdung der Umwelt vorhanden ist.

(Q)
動物を安楽死させるのはどのような場合ですか?

(A)
ドイツの動物保護連盟のティアハイムのガイドラインによれば、一定の行動障害を示す動物、深刻な傷病のいずれかが致死処分を行えるとされ、または緊急を要する危険性の回避のためであれば可能です。



ティアハイム・ベルリン 安楽死


(画像)

 朝日新聞、太田匡彦氏の「アエラ」の記事。「犬を殺さないドイツの常識」と書かれていますが、太田匡彦さんの取材力は大丈夫なのでしょうか???。ティアハイム・ベルリンは、自らHPで「傷病動物、問題行動がある動物、緊急を要する場合」は致死処分を行うと書いています。この太田匡彦氏のアエラの記事は、余りにも痛いです。太田匡彦氏は、ドイツのティアハイムの「お花畑誤認情報」を拡散した張本人の最右翼です。

編集部 太田匡彦(「アエラ」の太田匡彦氏の記事から引用)。

「私たちは一匹も殺さないと」動物保護施設(ティアハイム・ベルリン)の職員は言う(笑い)。
そこに気負いはない。
それがドイツでは当たり前のことなのだ。


アエラ (567x800)

続きを読む

スポンサーサイト

続々・ティアハイムの動物虐待と違法殺害~あまりにも多いティアハイムの犯罪






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Tierheim Verbrechen
Tierquälerei in Tiaheim und Mord an illegalen Tieren.


 記事、
ティアハイムの動物虐待と違法殺害~あまりにも多いティアハイムの犯罪
続・ティアハイムの動物虐待と違法殺害~あまりにも多いティアハイムの犯罪
の続きです。
 これらの記事では、ティアハイムの動物虐待と違法殺害について、具体例を挙げています。今回は、ティアハイムが引き取った、ペットのモルモットやハムスターを、ほかの収容動物の餌にしていたり、ウサギを床に叩きつけて殺害する、常に犬に暴力を振るっていたティアハイムや、収容した犬をわずか数日で違法に射殺しながら、行政から4週間分の飼育費の補助金を受け取っていたティアハイムを取り上げます。



 まず、引き取ったペットのモルモットやハムスターを、ほかの収容動物の餌にしていたり、小動物を床に叩きつけて殺害する、常に犬に暴力を振るっていたティアハイムに関するニュースソースから引用します。
 Schwere Vorwürfe an Tierheim „Nager verfüttert statt vermittelt“ 「ティアハイムの重大な疑惑 新しい飼い主を探す代わりに、げっ歯類(ハムスターやモルモットなど)たちは餌にされた」 2013年6月8日


Münster - Das Kreis tierheim Münster steht in der Kritik.
gibt es nun teilweise schwere Vorwürfe gegen das Heim in der Munastraße und insbesondere dessen aktuelle Leiterin.
Ex-Teilzeitkräfte und einstige ehrenamtliche Mitarbeiter schlagen Alarm, fordern eine neue Leitung und versenden in diesen Tagen einen fünfseitigen Brief mit brisanten Anlagen an die 13 Mitgliedsstädte und -gemeinden des Trägervereins, an das Veterinäramt, den Deutschen Tierschutzbund, die Landestierschutz-Beauftragte und den Landestierschutzverband.
Das Mobbing der festen und ehrenamtlichen Mitarbeiter sowie Tiertötungen und teils nicht tiergerechten Umgang insbesondere durch die Leiterin.
Dem Vorstand nicht bekannt sei auch eine durch die Ex-Mitarbeiterin bezeugte Tötung eines jungen, am Auge erkrankten Kaninchens durch Aufschlagen auf den Katzen küchenboden.
Die aktuelle Tierheim-Leitung pflegt generell einen sehr rüden Umgangston mit den Hunden.
Läuft etwas nicht so wie gewünscht, werden die Tiere bestenfalls angebrüllt, fast immer aber zusätzlich gezerrt, geschubst und auch getreten.
Andere Nager seien – statt vermittelt zu werden –an Schlangen verfüttert worden.

ミュンスター - ミュンスター地区のティアハイムが批判されています。
現在、特にムナシュトラーセのティアハイムと今の代表者には重大な疑惑があります。
ムナシュトラーセ・ティアハイムの元パート従業員やアルバイトと、元ボランティアが新たな経営陣を求めており、その議論の余地があるとする、5ページに及ぶ警告の手紙を、ドイツ動物保護協会、全ドイツ動物保護委員会、および全ドイツ動物保護協会が含まれる、スポンサー団体の13の市町村や自治体の獣医事務所に送っています。
正規従業員とボランティアによる虐待行為および動物の殺害、そして特に指導者の動物の扱いが優しくありません。
取締役会はまた、元従業員がまだ若い、目が病気にかかったウサギを、キッチンフロアに叩きつけて殺害したと証言したことを知りません。
現在のティアハムの管理においては、全般的に犬には乱暴な扱いを維持しています。
犬が言う事を聞かない場合は、犬はせいぜい大声で鳴き喚きますが、ほとんど日常的にさらに叩かれて蹴られてきました。
他にげっ歯類(ハムスターやモルモットなど)は - 新しい飼い主に譲渡されることはなく - (ティアハイムで収容されている)ヘビの餌にされました。



 次は、犬を行政から引き受けた直後に銃殺したものの、4週間分の飼育費の補助金を受け取っていたティアハイムのケースです。これは、元従業員の内部告発であり、かつこの従業員はティアハイムを刑事告発する意向です。さらにティアハイムや関係者の実名が公表されているため、信ぴょう性は高いと思われます。
 Tierheim tötet Hunde 「ティアハイムは犬を殺す」、から引用します。


"Max&Moritz" in Klein-Wohlde läßt seit geraumer Zeit seine "Listen"hunde töten!!!!!!
Heute abend erhielt ich einen Anruf ,Leiterin des Tierheims Roggendorf.
Sie war mit einem ihrer Mitarbeiter unter dem Vorwand auf der Suche nach einem geeigneten Hund für sich in Klein-Wohlde.
Dort wurden ihr von 2 Angestellten einige Hunde gezeigt, unter anderem eine Bordeauxdoggenhündin, sowie ihr vermutlich 2 Jahre alter Sohn(möglicherweise war der Vater ein Tosa Inu).
Frau wurde von den Angestellten erzählt, daß diese Tiere in den nächsten Tagen eingeschläfert würden, da sich für sie kein neuer Besitzer finden würde!!!
Denn man könne ja schließlich nicht alle Hunde retten und außerdem geschähe dies auf Grund der hohen Kosten.
Angeblich zahlt das Amt für Fundtiere 4 Wochen Unterhalt an die private Pension .
Da dort nicht vermittelbare Hunde einfach erschossen und auf dem angrenzenden Acker verscharrt wurden!
Desweiteren werden wir Strafanzeige wegen groben Verstoßes gegen das Tierschutzgesetz stellen.
Wer weiß in wie vielen.
Tierheimen noch so etwas geschieht!!!

Was sagt eigentlich das Wort Tierheim ?
Ich dachte immer ein "Heim für Tiere" für den Übergang, vielleicht nicht das Beste, aber besser als auf der Straße.
Es gibt bestimmt noch viele Fälle von denen wir nichts oder noch nichts wissen.

クラインーヴォルデにあるティアハイム「マックス&モリッツ」は、ティアハイムの「リスト」犬(ドイツの法律で飼育が禁じられている闘犬カテゴリーの犬種。これらの犬は原則飼育が禁止で、極めて厳しい飼育条件などを満たさない限り、行政により押収されて殺処分されることが法律で定められています)を何度か殺したに違いありません!
今夜私は、ティアハイム・ロゲンドルフの所長から電話を受け取りました。
クラインーヴォルデで、自分に合う犬を見つける口実で(ティアハイム「マックス&モリッツ」で)働いている一人の女性がいました。
そこ(マックス&モリッツ)では、スタッフがいくつかの犬を示しました。
とりわけ、ボルドー・ドッグ(ボルドー・マスティフ)のメス犬と、おそらく父親が土佐犬と思われる2歳のオス犬です。
女性はスタッフから言われました。
これらの犬は、飼い主が全く見つからない見込みですので、犬たちは数日中に殺されるだろうと!
ええ、最終的には、すべての犬を救うことができなかったのです、犬を救うコストが高くこれが原因で失敗しました。
報告によれば、犬の飼育費用の4週間分が基金の事務所から支払われるにもかかわらず。
収容が継続されなくなった犬は、単に射殺されて、隣接する空き地に埋葬されました!
私たちは(このティアハイムの行為が)、ドイツ連邦動物保護法にすべてが違反するとして、刑事告発を行います。
誰もが、このようなことが多く起きていることを知っています。
ティアハイムでは、またこのようなことが起こります!

ティアハイムという名称は、正確には一体何なのでしょうね?
私はいつも、おそらくベストとは言えませんが、移行のための(新しい飼い主に譲渡するまでの一時収容)「動物のためのホーム」と思いっていましたが、路上で野良でいるよりマシでしょう。
そのような多くの例(ティアハイムが収容した犬を射殺すること)は確かにあるでしょうが、私たちは何が起きているかをまだ知りません。
もしそのようなことがすぐに終わらなかったとしても、私はすぐに忘れてしまうでしょう。



(画像)

 B・Z(ベルリン・ツァイティング。ドイツで最大発行部数のタブロイド紙)のトップページ、Ja im Berliner Tierheim werden Hunde getötet 「そうですよ、ベルリンのティアハイムでは犬が殺されています」という見出しの記事を掲げた、新聞の広告スタンド。ドイツ人にとっては、ティアハイムが収容動物の殺処分を行っていることなんて周知の事実です。「ティアハイムは殺処分しない」などと信じているのは、ドイツから遠く離れたアジアの一国の国民だけでしょう。
 その他にB・Z広告スタンドでは「今日はもうお読みになりましたか?」とあり、となりのBILD紙は「激動する中近東」という報道内容の広告を出しています。 

ティアハイムベルリン 犬殺処分 (800x600)

続きを読む

続・ティアハイムの動物虐待と違法殺害~あまりにも多いティアハイムの犯罪






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Tierheim Verbrechen
Tierquälerei in Tiaheim und Mord an illegalen Tieren.


 前回記事、ティアハイムの動物虐待と違法殺害~あまりにも多いティアハムの犯罪、の続きです。前回記事では、ドイツのティハイムにおける、動物虐待や違法な殺害が少なからず行われていることを書きました。そしていくつかのティアハイムにおける動物虐待や、収容動物の違法殺害事件のニューソースの概要を示しました。今回記事では、それらの事件について再度述べようと思います。


 Tierquälerei im Tierheim Süderstraße 「ティアハイム・シュデダーシュトラーセでの動物虐待」(2005年) から引用します。なお、このティアハイムの犬の虐待と、違法な殺害は、刑事起訴されています(判決は不明)


Tierheim Süderstraße, Anfang September 2001: Am Ende der Anlage steht ein Mann und hält einen Stock in der Hand.
Immer wieder schlägt der Mann mit der Stange gegen einen Hundekäfig - so lange, bis der eingesperrte Hund fast rasend wird.
Es ist Wolfgang Poggendorf (68), der Geschäftsführer des Tierschutzvereins Hamburg.
Doch es gibt einen weiteren Fall aus dem Jahr 2000.
Der passierte, als ein Fernsehteam Hunde im Tierheim an der Süderstraße filmen wollte.
Poggendorf habe so lange gegen die Gitter des Käfigs geschlagen, bis "der Hund sich heftig in das Eisengitter verbiß".
Wie Herr Poggendorf Hunde auf tierquälerische Weise konditionieren lässt, um sie dann als angeblich aggressiv vorzuführen.
Der Trick des Tierheimchefs, dem beispielsweise auch die Hündin "Sugar" ausgesetzt wurde, um die ein monatelanger Rechtsstreit geführt wurde, besteht ganz einfach darin, den Hund von zwei PflegerInnen mit zwei Leinen in entgegengesetzte Richtung ziehen zu lassen.
Dadurch wird der Hund immer stärker am Hals gewürgt.
Das ihn würgt - auf vielen Pressefotos dokumentiert.
Die Praktizierung dieser Tortur im Tierheim Süderstraße unter Regie von Wolfgang Poggendorf ist nicht neu.
Als die BILD am 26. August 1999 mit der Schlagzeile "Tierheim-Chef schläfert Kampfhunde ein!" auf der Titelseite erschien.
Leider kann man im Fall Wolfgang Poggendorf selbst das nicht gänzlich ausschließen.

2001年の9月初旬のティアハイム・シュデダーシュトラーセの出来事:施設の片隅で、一人の男が立ったまま手に棒を持っています。
何度も何度も、棒を持った男が犬の檻を叩いていました- それはとても長時間で、檻に入れられた犬がほとんど発狂してしまうほどした。
その男は、動物保護協会・ハンブルク(ティアハイム・シュデターシュトラーセの上部団体)の代表者、ヴォルフガング・ポゲンドルフ(68歳)氏です。
それのみならず、2000年には別のケースがあります。
これは、TV局の取材陣が、ティアハイム・シュデダーシュトラーセで犬を撮影しようとしていたときに起きました。
ポゲンドルフ代表は、長時間犬の檻を、「犬が檻の柵に強く噛み付くまで」叩いていました。
ポゲンドルフ氏は、犬を拷問状態にすることによって、おそらく犬を攻撃的になっていると見せたかったのです(註 攻撃的な動物は、殺処分が合法とされるため。犬を殺処分したかったのだと思われる)。
例えば、1ヶ月間の公判で明らかにされた、雌犬「シュガー」でのティアハイムのポゲンドルフ所長の方法ですが、単に犬の首を、2人の男性飼育員が2本のロープで反対方向に引っ張る(首を絞めて殺す)ことでした。
その結果、犬はきつく首を絞められて殺されます。
その絞殺方法は - 多くの報道写真に記録されています。
ヴォルフガング・ポンゲンドルフ氏が指示する、ティアハイム・シュデダーシュトラーセでの、この犬の拷問の実行は目新しいことではありません。
1999年8月26日のBILD紙(註 ドイツ最大手の新聞)では、一面に、「ティアハイムの代表者は犬を眠らせます(殺す)!」という記事が登場しました。
残念なことですが、ヴォルフガング・ポゲンドルフ氏の方法ですが、これは完全に排除することはできません。



 次は、正当な理由がなく、施設の収容キャパシティに比較すれば、相当数の犬猫を感電死などで処分していたドイツのティアハムです。もちろんドイツ連邦動物保護法では感電死による犬猫の殺処分は禁じられています。発覚は、従業員の内部告発からでした。
 以下に、Einschläferungen ohne triftigen Grund TV-Bericht erhebt Vorwürfe gegen Krefelder Tierheim 「正当な理由がない殺処分 TV報道はクレーフェルト・ティアハイムに対して疑惑を提起します」。2015年11月24日、から引用します。


Krefeld.
Der Privatsender Vox hat über Vorwürfe berichtet,
Im Krefelder Tierheim sollen 30 bis 40 Tiere "ohne vernünftigen Grund" getötet worden sein .
30 bis 40 Tiere - vor allem Katzen - ohne triftigen Grund eingeschläfert zu haben.
Zudem sollen Hunde mit Stromschlägen traktiert worden sein.
Die Vorwürfe im einzelnen: Das Tierheim soll Katzen mit Pilzerkrankung eingeschläfert haben.

クレーフェルト
民放のTV局VOXは、(ティアハイムに対する)疑惑を報道しています。
「合理的な理由」がなく、30〜40頭の動物がクレーフェルト・ティアハイムで殺されています。
特に猫ですが、30〜40匹が正当な理由なく、殺処分されたに違いありません。
他に犬が、伝えられるところによれば、感電死させられていました。
ティアハイムの詳細な反論:ティアハイムは、真菌性の感染症があったために、猫を安楽死させておく必要があったのです。



 このクレーフェルト・ティアハイムですが、HPを調べてみました。Tierheim Krefeldfür die Aufnahme von bis zu 30 Hunden, 60 Katzen und mit diversen Räumen für Nager und Vögel ausgelegt. 「30頭の犬、60匹の猫およびげっ歯類や鳥類を収容するために、色々なケージがある設計です」とあります。最大の収容数が犬30頭、猫60匹ですから、それほど大きな施設とは思えません。ですから、違法な殺処分も含めれば、殺処分率はかなり高いと推定できます。
 なお感電による殺害は、豚の屠殺などでよく用いられます、家畜の屠殺でよくて、犬だと良くないというのはやや理解に苦しむところです。


(動画)

 もすかう 2008/05/25 に公開
 記事とは関係ありませんが、1970年代~19080年代にかけて活躍した西ドイツの音楽ユニット、ジンギスカン。彼らのヒット曲、「めざせモスクワ」の空耳版です。

続きを読む

ティアハイムの動物虐待と違法殺害~あまりにも多いティアハムの犯罪






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Tierheim Verbrechen
Tierquälerei in Tierheim und Mord an illegalen Tieren.


 私は今までに、ドイツの動物保護施設、ティアハイムの犯罪に関する連載記事を書いています。まず「ティアハイム経営幹部の横領詐欺事件~あまりにも多いティアハイムの犯罪」の連載では、ティアハイムの幹部による、ティアハイムの資金の横領や、寄付金を騙し取ったなどの経済事件を取り上げました。次の連載、「『アニマル・レスキュー』という汚いビジネス」では、ティアハイムや、その上部団体の動物保護団体が、「(主に動物虐待国と言われている国の犬ですが)アニマル・レスキュー」を名目にして、一般の動物保護に関心がある人から金を騙し取ったり、東欧などで雑種犬を劣悪繁殖して「レスキュー犬」と騙して高額で売りつけたりする詐欺を取り上げました。また、これらの「ニセレスキュー犬」の多くは、ワクチン接種が偽装されていたり、正規の手続きを経ずにドイツに持ち込まれていることも書きました。「アニマルレスキュー詐欺」も経済犯罪の範疇です。しかしティアハイムの犯罪は経済犯罪だけではありません。収容した動物の虐待や違法な殺害などの、動物保護法違反も多く報道されています。また収容動物を実験動物として横流ししたり、薬事法違反などの犯罪もあります。また、違法行為により、ティアハイムの免許が取り消された例もあります。


 私が今までこちらで公開した、ドイツのティアハイムの犯罪に関する記事です。これらの記事ではサマリーで示したとおり、主に経済犯罪を取り上げています。

「ティアハイムは寄付金ヤクザだ」というドイツの評論書~あまりにも多いティアハイムの犯罪
ティアハイム経営幹部の横領詐欺事件~あまりにも多いティアハイムの犯罪
続・ティアハイム経営幹部の横領詐欺事件~あまりにも多いティアハイムの犯罪
続々・ティアハイム経営幹部の横領詐欺事件~あまりにも多いティアハイムの犯罪
「アニマル・レスキュー」という汚いビジネス~あまりにも多いティアハイムの犯罪
続・「アニマル・レスキュー」という汚いビジネス~あまりにも多いティアハイムの犯罪
続々・「アニマル・レスキュー」という汚いビジネス~あまりにも多いティアハイムの犯罪

 しかし、ドイツのティアハイムにおける犯罪は、経済犯罪だけではありません。収容した動物の虐待行為や、違法な大量殺害も度々報道されます。違法な犬の殺害で、動物保護法違反で起訴された例もあります。そのほかにも、「行政から保護した犬の飼育受託した直後に違法に犬を射殺して、4週間分の公的な補助金を不正に受け取ったティアハイム」や、「職員が無資格であるにもかかわらず、違法に指定医薬品を使用した薬事法に違反したティアハイム」、「保護した犬などを実験動物として横流ししたティアハイム」、「新しい飼い主を見つけることを条件に、馬を高額な料金で引き受けた直後に屠殺業者に売却したティアハイム」、「違法行為により免許取り消しになったティアハイム」、「資金難で違法なネグレクト飼育に陥っているティアハイム」など、枚挙にいとまありません。
 次回以降の記事では、「収容した動物の虐待行為や、違法な大量殺害を行ったティアハイム」について、連載します。ティアハイムによる収容動物(保護動物)の不適切な扱い(虐待)や、違法な方法での大量殺処分は、度々報道されますし、特段珍しいことではありません。具体的には、次のような事件があります。 
 これらは、ドイツのティアハイムの動物に対する、虐待、違法な殺害方法、正当な理由がない大量殺処分の一角です。その他にも多くの実例が有ります。


Tierquälerei im Tierheim Süderstraße 「ティアハイム・シュデダーシュトラーセでの動物虐待」。2005年。
 こちらではティアハイムにおける動物虐待と、違法な犬の殺害を取り上げています。例えば、ティアハイムの2人の男性職員が、それぞれ犬の首にかけたロープを反対方向に引っ張り、犬を絞殺していました。この事件は起訴されています(判決は不明)。このティアハイムでは、その他の虐待例も収録されています。この記事は、後ほど詳しく取り上げます。

Der Trick des Tierheimchefs, dem beispielsweise auch die Hündin "Sugar" ausgesetzt wurde, um die ein monatelanger Rechtsstreit geführt wurde, besteht ganz einfach darin, den Hund von zwei PflegerInnen mit zwei Leinen in entgegengesetzte Richtung ziehen zu lassen.
Dadurch wird der Hund immer stärker am Hals gewürgt.

例えば、1ヶ月間の裁判で明らかにされた、雌犬「シュガー」でのティアハイムの所長の方法ですが、単に犬を2人の男性飼育員が2本のロープで反対方向に引っ張る(首を絞めて殺す)ことでした。
その結果、犬はきつく首を絞められて殺されます。



Einschläferungen ohne triftigen Grund TV-Bericht erhebt Vorwürfe gegen Krefelder Tierheim 「正当な理由がない殺処分 TV報道はクレーフェルト・ティアハイムに対して疑惑を提起します」。2015年11月24日。ティアハイムが、感電殺などという不適切な方法で、犬猫を大量殺処分していたケース。

Krefeld.
Der Privatsender Vox hat über Vorwürfe berichtet,
Im Krefelder Tierheim sollen 30 bis 40 Tiere "ohne vernünftigen Grund" getötet worden sein .
30 bis 40 Tiere - vor allem Katzen - ohne triftigen Grund eingeschläfert zu haben.
Zudem sollen Hunde mit Stromschlägen traktiert worden sein.
Die Vorwürfe im einzelnen: Das Tierheim soll Katzen mit Pilzerkrankung eingeschläfert haben.

クレーフェルト・ティアハイム。
民放のTV局VOXは、(ティアハイムに対する)疑惑を報道しています。
「合理的な理由」がなく、30〜40頭の動物がクレーフェルト・ティアハイムで殺されています。
特に猫ですが、30〜40匹が正当な理由なく、殺処分されたに違いありません。
他に犬が、伝えられるところによれば、感電死させられていました。
ティアハイムの詳細な反論:ティアハイムは、真菌性の感染症があったために、猫を安楽死させておく必要があったのです。



Schwere Vorwürfe an Tierheim „Nager verfüttert statt vermittelt“ 「ティアハイムの重大な疑惑 新しい飼い主を探す代わりに、げっ歯類(ハムスターやモルモットなど)たちは餌にされた」。2013年6月8日。
 ティアハイムに収容されたペットのげっ歯類(ハムスターやモルモット)が、ティアハイムに収容されている蛇の餌にされていた、ウサギをキッチンの床に叩きつけて殺害していた、犬を殴ったり蹴ったりしていたという、ティアハイム。

Münster - Das Kreistierheim Münster steht in der Kritik.
Dem Vorstand nicht bekannt sei auch eine durch die Ex-Mitarbeiterin bezeugte Tötung eines jungen, am Auge erkrankten Kaninchens durch Aufschlagen auf den Katzen küchenboden.
Die aktuelle Tierheim-Leitung pflegt generell einen sehr rüden Umgangston mit den Hunden.
Läuft etwas nicht so wie gewünscht, werden die Tiere bestenfalls angebrüllt, fast immer aber zusätzlich gezerrt, geschubst und auch getreten.
Andere Nager seien – statt vermittelt zu werden –an Schlangen verfüttert worden.

ミュンスター・クライスティアハイムが批判されています。
取締役会はまた、元従業員がまだ若い、目が病気にかかったウサギを、キッチンフロアに叩きつけて殺害したと証言したことを知りません。
現在のティアハムの管理においては、全般的に犬には乱暴な扱いを維持しています。
犬が言う事を聞かない場合は、犬はせいぜい大声で鳴き喚きますが、ほとんど日常的にさらに叩かれて蹴られてきました。
他にげっ歯類(ハムスターやモルモットなど)は - 新しい飼い主に譲渡されることはなく - (ティアハイムで収容されている)ヘビの餌にされました。



Tierheim tötet Hunde 「ティアハイムは犬を殺す」。ティアハイムが犬を銃殺しておきながら、行政からの補助金、4週間分の飼育費を受け取っていたケース。

"Max&Moritz" in Klein-Wohlde läßt seit geraumer Zeit seine "Listen"hunde töten!!!!!!
Angeblich zahlt das Amt für Fundtiere 4 Wochen Unterhalt an die private Pension .
Da dort nicht vermittelbare Hunde einfach erschossen und auf dem angrenzenden Acker verscharrt wurden!
Desweiteren werden wir Strafanzeige wegen groben Verstoßes gegen das Tierschutzgesetz stellen.
Wer weiß in wie vielen.
Tierheimen noch so etwas geschieht!!!

クラインーヴォルデにあるティアハイム「マックス&モリッツ」は、ティアハイムの「リスト」犬(ドイツの法律で飼育が禁じられている闘犬カテゴリーの犬種。これらの犬は原則飼育が禁止で、極めて厳しい飼育条件などを満たさない限り、行政により押収されて殺処分されることが法律で定められています)を何度か殺したに違いありません!
報告によれば、犬の飼育費用の4週間分が基金(行政からの飼育費助成金)の事務所から支払われるにもかかわらず。
収容が継続されなくなった犬は、単に射殺されて、隣接する空き地に埋められました!
私たちは(このティアハイムの行為が)、ドイツ連邦動物保護法にすべてが違反するとして、刑事告発を行います。
誰もが、このようなことが多く起きていることを知っています。
ティアハイムでは、またこのようなことが起こります!



(画像)

 ドイツ、アマゾンから。Die Spendenmafia: Schmutzige Geschäfte mit unserem Mitleid 「寄付金ヤクザ:私たちの善意と汚いビジネス」。初版2011年。
 本書では、ドイツのティアハイムの経済犯罪について多くの実例を上げています。その上で「動物保護は割の良い金儲けであり、寄付金ヤクザだ」と断じています。

寄付金ヤクザ


 この著作の内容の一部について、硬派のドイツ週刊誌、シュピーゲル誌(Der Spiegel)が紹介しています。Spendengelder Geschäfte mit dem Tierschutz 「寄付というカネ 動物保護という金儲け」。2013年12月9日、から引用します。


Mit dem Elend von Hunden und Katzen lässt sich viel Geld einnehmen, gerade vor Weihnachten.
Davon scheinen Geschäftemacher zu profitieren - für sie ist der Tierschutz nur Mittel zum Zweck.

クリスマス前は、犬や猫が不幸であるために、たくさんのお金をかき集めることができます。
それは商売人に暴利をもたらすと思われます-彼らにとっては、動物保護は金儲けのための手段に過ぎません。

続きを読む

続々・ドイツの犬の入手先割合は、ティアハイムは1割未満である~「ペトこと」の嘘を暴く







Please send me your comments.  dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Was ist der Marktanteil von Tearheims Hund?


 記事、
ドイツのペットショップ生体販売売上高は日本より大きい。ペットショップの数も多い(人口比)~「ペトこと」の嘘を暴く
ドイツの犬の入手先割合は、ティアハイムは1割未満である~「ペトこと」の嘘を暴く
続・ドイツの犬の入手先割合は、ティアハイムは1割未満である~「ペトこと」の嘘を暴く
の続きです。
 前回の私の記事では、ドイツでは大変生体販売ペットショップが発展しており、取扱動物数の種類、販売数の多さや、1店舗あたりの規模は巨大ということを述べました。ドイツは人口比で日本より生体販売ペットショップの数が多く、またペットショップにおけるペットの生体販売売上高は日本より大きいことを書きました。しかし正反対の驚くべき大嘘が流布されています。「ドイツにはペットショップがほぼありません」としている、悪質な嘘サイトがあります。前回記事でも取り上げた、こちらの記事です。ドイツにはペットショップがないって本当? 日本と大きく違うペットの迎え方。今回は、本記事で書かれている、「ドイツはティアハイムと呼ばれる保護犬猫収容施設から引き取る文化が浸透」が疑問であることを述べます。なおこちらの記事が掲載されているサイト、ペトことは、そのほかの記事でも、嘘、誤り、捏造がたいへん多い問題サイトです。海外に関する記事ではほぼ全てに嘘捏造、もしくは偏向があると言っても過言ではありません。
 


 問題の記事から引用します。ドイツにはペットショップがないって本当? 日本と大きく違うペットの迎え方 2016年9月24日。


ペットショップって海外では当たり前じゃないって本当?
日本ではペットを迎える際に一般的なペットショップですが、ドイツにはペットショップがほぼありません
ドイツはティアハイムと呼ばれる保護犬猫収容施設から引き取る文化が浸透。
そしてドイツでは、ブリーダーから引き取るよりも保護犬や保護猫から引き取ることが多くあります(註 ドイツのティアハイムから犬を入手したシェアは10%未満と推測されます)。
それは、各自治体に「ティアハイム」と呼ばれる動物保護収容施設があるからです。
700から1000ものティアハイムが存在し、行政(自治体)が管理するのではなく民間に委託する形で運営されています(註 現在、全ドイツにあるティアハイムの数は約550です)(*1)。
ドイツでは生体販売自体は禁止にはなっていません。
にもかかわらず、ペットショップがほぼ存在しておらず、ブリーダーや保護犬猫のシェルターから引き取ることが一般的となっている。



 ドイツの犬の入手先に占めるティアハイムの割合に関する統計はありませんが、多くの信頼できる統計から推計したところ、「ドイツでの犬の入手割合はティアハイムのシェアは1割に満たない」のです。それが「ドイツではティアハイムから保護犬猫を引き取る文化が浸透している」のかどうか。事実を伝える文章では、客観的な数値だけ伝えるにとどめ、それが「浸透しているのかどうか」の主観的な判断は読者様に委ねるべきです。
 前回記事では、「ドイツにおけるティアハイムの犬の年間一般譲渡数(①)」を推測する根拠となる統計資料について説明しました。今回記事では、「ドイツにおける犬の年間入手総数」について述べます。
 

1、ドイツ国内のティアハイムが一般譲渡した犬の数

 前回記事、続・ドイツの犬の入手先割合は、ティアハイムは1割未満である~「ペトこと」の嘘を暴く、により、「ドイツにおけるティアハイムの犬の年間一般譲渡数(①)」は、約5万2,000頭としました。


2、ドイツ国内における年間犬取得数

 「ドイツの犬の入手総数に占める、ティアハイムから犬を入手した割合」は、「ドイツにおけるティアハイムの犬の年間一般譲渡数(①)」(分子)と、「ドイツにおける犬の入手総数(②)」(分母)によって求められます。①は、先に述べた通り、約5万2,000頭です。
 「ドイツにおける犬の入手総数(②)」(分母)は、2014年公表の、全ドイツケネルクラブ(VDH)の、ドイツ国内の犬の飼育実態調査の統計資料Daten zur Hundehaltung 「犬の飼育に関するデータ」による推計値を用います。
 この資料に基づけば、ドイツ国内における子犬の販売総数は年間50万頭程度であり、そのうち輸入は10万頭程度とされています。そのほかにも、友人知人から譲り受ける、自家繁殖、野良犬を拾ったなども犬の入手方法はありますが、その数は不明です。それらを合わせた、ドイツ国内の犬の入手総数に関する推計値はありません。したがって、この数値を用います。Daten zur Hundehaltung 「犬の飼育に関するデータ」から、引用します。


Daten zur Hundehaltung
Absolut gesicherte Daten zum Hundebestand und zur Hundezucht in Deutschland gibt es nicht, so dass man von Schätzungen ausgehen muss.
Danach finden in Deutschland jährlich ca. 500.000 Hundewelpen einen neuen Besitzer.
Davon werden ca. 400.000 Welpen in Deutschland gezüchtet – ca. 100.000 Welpen werden importiert.
Insgesamt werden damit jährlich ca. 345.000 Rassehunde- und ca. 155.000 Mischlingswelpen in Deutschland verkauft.

犬の飼育に関するデータ
犬の個体数や犬の繁殖に関するデータは絶対的に正確なデータはありませんので、推定値によらなければなりません。
約50万匹の犬の子犬が、ドイツで毎年新しい飼い主を見つけるでしょう。
このうち約40万頭の子犬がドイツで繁殖されたものであり、約10万頭の子犬が輸入されています。
合計で、約345,000の純血種の子犬と、約155,000のミックス種の子犬がドイツで毎年販売されています



3、ドイツにおける、ティアハイムから犬を入手する割合

 ①、②からすれば、ドイツにおける、ティアハイムからの犬の入手割合は、最大でも1割に満たないとしか考えられません。つまり、55万2,000頭/5万2,000頭=9.4%です。
 しかしこの数字は、かなり高めと考えられます。なぜならば①においては、ドイツのティアハイムの一般譲渡割合は高めに見積もった数値です。大学の調査では、ティアハイムの殺処分率は低めに出ている可能性がありますし、ティアハイムが収容犬を、実験動物として譲渡したとの報道もあるからです。また②においては、自家繁殖や知人からもらった、野良犬を拾ったなどの犬の入手数が考慮されていないからです。
 それが「ペトこと」が主張する、「ドイツはティアハイムと呼ばれる保護犬猫収容施設から引き取る文化が浸透」という表現がふさわしいのかどうか。それは読者様の判断に委ねます。私は、資料や数字しか提示しません。

 それにしても、「ペトこと」以外でも、「ドイツには生体販売ペットショップがない」、「もしくはほぼない」という嘘が日本で流布されてそれが定着しているのは驚きです。まさに狂気と言わざるを得ません。
 私の記事、ドイツのペットショップ生体販売売上高は日本より大きい。ペットショップの数も多い(人口比)~「ペトこと」の嘘を暴く、で書いたとおり、ドイツは、人口比で日本より、生体販売ペットショップの数も、ペットショップでの生体の売上高も多いのです。これは公的統計に出ています。

 このような大嘘記事もあります。ドイツで動物の生体販売が行われなくなった理由。tsunayoshi。ここでは「ドイツの多くのペットショップは、ZZFとよばれる、ペットやペット関連商品を取り扱う連盟に属しており、生体販売の条件を取り決めた」とあります。それにより、ドイツのペットショップは生体販売をやめた、という趣旨のことが書かれています。
 しかしZZF(Zentralverband Zoologischer Fachbetriebe Deutschlands e.V. )の加入企業数は数百社です(*1)。つまり生体販売を行っているペットショップの加入率は数%台~、ペット関連用品のみを扱う店まで含めれば、加入率はさらに低くなります。上記のtunayoshi の記述「多くのペットショップ」には笑えます。最大で数%台~の組織率で「多く」なのでしょうか。さらに現在、ZZFが自主規制している生体販売は、犬と猫の一部だけです。
 繰り返しますが、嘘つきは「多くの」、などの形容詞形容動詞を多用し、具体的数値を挙げません。「ZZFの自主規制により、ドイツでは犬猫の販売をしていない」、「生体販売を自主的にやめた」という記述をほかのサイトでも見ます。その欺瞞については、改めて取り上げます。


(動画)

 Hundewelpen aus dem Internet: ein brutales Geschäft – Die ganze Reportage | stern TV 「インターネットから子犬:残忍なビジネス-その全てのルポタージュ stern TV(TVドキュメンタリー)」。2017/12/13 に公開。
 2008年に、ポーランドなどの東欧諸国が、ヨーロッパにおける国境間移動移動協定に加入後は、ドイツなど西ヨーロッパに激安な子犬が大量に輸入されるようになりました。ドイツのペットショップが品質管理を行って東欧のブリーダーに生産委託するケースもありますが、多くはインターネット(ドイツでは犬などのペットの生態をインターネットなどの非対面通信販売で売ることを禁じていません)や、国境付近での仮設店舗やクルマでの行商で売られます。この数は、現在も増え続けていると思われます。推計ではその数は10万頭とされていますが、ティアハイムの犬譲渡数より、はるかに多いのは間違いないです。
 このようなことはドイツでは常識として周知されていることです。「ペトこと」の記事は、あまりにも無知、実情を知らない方が思いつきで書いたものとしか判断できません。

Der skrupellose Internet-Handel mit kranken Hundebabys: Ein Insider packt aus
Tatsächlich aber stammen viele der Hundewelpen, die im Internet zum Kauf angeboten werden, aus dubiosen Zuchtfabriken in Osteuropa.
Oft sind sie schwer krank, werden viel zu früh von den Muttertieren getrennt und anschließend mit gefälschten Papieren verkauft.
"Ebay bietet illegalen Händlern eine Plattform. Bis jetzt kann sich jeder dort anmelden und man kann nie herausfinden, wer wirklich dahintersteckt", sagt die Tierschützerin.

病気の犬の赤ちゃん犬の不正なインターネット取引:内部告発
実際に、インターネットで販売されている子犬の多くは、東ヨーロッパの繁殖工場(註 劣悪な大量生産のたとえ)から来ています。
多くの場合、犬たちは重度の病気で、母親から離されるのが早すぎ、ニセの証明書(註 偽の血統書やワクチン証明書)で売られています。
「e-bay(註 ドイツ最大手のインターネット販売ポータル。犬の出品数が多い)は、違法な犬貿易業者のために販売ポータルを提供しているので誰でもログインすることができます。しかし、本当は背後にあることは決して分からない」と、動物保護活動家は言います。





(動画)

 Tierheim Weißenfels Schließung Heidi Kronenberg Katzen- und Kleintierschutzverein 「ティアハイム・ヴァイシェンフェルズ・シーソンは閉鎖しました。ハイディ・クローネンブルク猫と小動物保護協会」。2016/02/14 に公開(TVニュース)
 ティアハイムが倒産して、閉鎖されたというTVニュース。ドイツ国内のティアハイムは、先の動画にあるように、おもに東欧から激安子犬の輸入が激増したことも一因ですが、総じて経営難に陥っています。最近数年間のあいだに大型倒産も含めて、かなりの数のティアハイムが倒産し、閉鎖に追い込まれました。シュツットガルト・ティアハイム倒産のように、自治体が急遽受け皿となる施設を作り、動物を収容したところもあります。倒産にいたらなくても、自治体が補助金の増額で経営を支えてやっと存続しているティアハイムも多いです。




続きを読む

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,227ブログ中6位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR