FC2ブログ

当初ティアハイムは馬保護専用施設で犬を扱うようになった後に犬を大量銃殺していた~殺処分ゼロ議員連、渋谷寛弁護士の妄想作文







Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Historischer Hintergrund von Tierheim


 記事、
「ドイツでは民間団体しか犬猫を保護しない」という殺処分ゼロ議員連顧問弁護士の狂った論説
ベルリン「犬の行政施収容数と殺処分等の処分の内訳と予算」~州下院議会議事録
ドイツには公的動物収容センターがあり、行政による犬猫の捕獲と殺処分も行われている
ドイツには猫の飼養基準も販売規制の法令もない~殺処分ゼロ議員連顧問、渋谷寛弁護士の大嘘
ドイツでは猫ブリーダーは届出すらいらない~殺処分ゼロ議員連顧問、渋谷寛弁護士の大嘘
ティアハイムの犬の殺処分率は日本の公的殺処分率より高い~殺処分ゼロ議員連顧問顧問弁護士、渋谷寛氏の妄想作文
ドイツでの保護犬猫入手は約10%~殺処分ゼロ議員連顧問弁護士、渋谷寛氏の狂気のデマ
の続きです。
 私がしばしば取り上げる「殺処分ゼロ議員連」のメンバーと、そのアドバイザーの杉本彩氏、浅田美代子氏ら。彼らが言っていることで特に海外に関する情報は、私は知り限り完全に正確なものはただのひとつもありません。顧問弁護士の渋谷寛氏も仰天するようなドイツに関するデタラメな内容の論説を、新日本法規「法苑」(2017年01月10日 ペットの殺処分がゼロの国はあるのか(法苑180号)に寄稿しています。この中でドイツのティアハイムに関する記述がありますが、デタラメの羅列でまさに妄想作文です。



 サマリーで挙げた、殺処分ゼロ議員連の顧問弁護士である渋谷寛弁護士が寄稿した、新日本法規「法苑」の論説はこちらです。2017年01月10日 ペットの殺処分がゼロの国はあるのか(法苑180号) (キャッシュコピー) この論説に書かれていることは、ドイツに関することは全てがほぼ誤りです。ドイツのティアハイムに関する記述もしかり。以下に引用します。


わが国での現状は、迷子になり飼い主のわからないペット、飼い主が飼育困難となったペットたちを動物愛護センターが引き取ります。
貰い手の見つからないペットは一週間ほどで殺処分されてしまいます。
飼い主が、飼いきれず持ち込んだ場合には、数日で殺処分されてしまうこともあるようです。
我が国の行政による殺処分の方法は、対象となる数匹の犬猫のいる小部屋へ二酸化炭素を注入する方法がほとんどです。徐々に酸素が薄くなり、呼吸が苦しくなり、数分の間苦しみもがいて死んでゆきます。
ところで、ペットの先進国とされているドイツでは殺処分がゼロだという報道がなされたことを聞いたことがあります。
ドイツでは、行政機関がペットを保護するのでなく、民間の動物保護団体がペットを引き取ります。(*1)
「ティアハイム」と呼ばれている動物保護施設です。
古い施設は一九世紀の中頃からあります。(*5)
引取りをした後は、飼い主や里親が見つかるまで保護し続け、原則として殺処分はしないそうです。
規制の厳しいドイツでは犬猫の生態販売、いわゆるペットショップはほとんどありません。(*2)
ペットを飼い始めようと思い立ったときには、まずはティアハイムへ行き、気に入ったペットを探すという慣習があるのです。(*3)
ところが、実際には殺処分はゼロではないそうです。
それは、生き続けることが苦痛でしかないと思えるペットの場合です。例えば、末期がんで苦しんでいる、不治の伝染病、高齢のため足腰が立たなくなったペットは殺処分の対象にされるのです。(*4)


(*1) ドイツでは迷い犬などの遁走したペット、野良動物、行政が押収没収した犬などのペット動物の一次収容は行政の責務であり、収容は公的施設(動物収容センター)と法律で規定されています。それは連載記事ですでに説明しました。
(*2)、(*3)、(*4)に関しては、私はすでに連載でそれが誤りであることを述べました。
(*5)はあからさまな偏向ではありませんが、読者に誤解を与える記述です。


 今回は上記の論説の記述のうち、「5、(ドイツのティアハイムは)古い施設は一九世紀の中頃からあります」に関して述べます。この記述はあからさまに誤りとは言えませんが、前後の記述から、「ドイツのティアハイムは19世紀中ごろからあり、当時から犬猫などのペットの保護施設で、殺処分はほとんどしなかった(現在でもドイツのティアハイムは相当数の殺処分が行われています。他国のアニマルシェルターと比較して極端に少ないとは言えません)」と多くの読者は解釈します。
 結論から先に述べればそれは誤りです。19世紀中ごろに設立された(ドイツ等の)ティアハイムやイギリスのアニマルシェルターも多くはそうですが、当初は馬専用の保護施設でした。産業革命以降に物流が増えて馬が酷使された、さらに戦争で軍馬が非常にひどい扱いを受けたことにより傷病馬が増えました。それに心を痛めた篤志家などが馬専用の、保護とリハビリを行い、健康になった馬を譲渡する施設を設立しました。それがティアハイムの発祥です。したがって創成期はティアハイムは馬しか扱いませんでした。
 それを裏付ける資料、Streifzug durch Berlins Tierschutz-Geschichte Hinterhof-Tölen, Hundeschlächter und ein Hühner-Hochhaus 「ベルリンの動物保護の歴史-裏庭での動物の殺害、犬の食用屠殺、鶏のバタリケージへの監視」 2016年5月12日 から引用します。


Mit einem geschundenen Pferd fing am 29. Juni 1841 die Geschichte des Berliner Tierschutzes an.
Als ein Kutscher in Mitte auf sein Tier eindrosch, entrüsteten sich Passanten – und einer von ihnen, der Prediger C.J. Gerlach, beschloss, einen „Verein gegen Tierquälerei“ ins Leben zu rufen.
Im Oktober 1841 wurde dieser gegründet und 1872 in „Deutscher Tierschutzverein zu Berlin“ umbenannt.
Besonders gegen den Missbrauch von Pferden, die einst auch Omnibusse zogen, protestierten die Tierschützer im 19. Jahrhundert.

ベルリンの動物保護の歴史は、1841年6月29日に虐待を受けた馬から始まりました。
御者が、馬を道の真ん中でぶん殴ったときに通行人たちは憤慨しました-そしてそのうちの1人の宣教師、C.J. ゲルラッハ氏は、「動物虐待防止協会」を設立することを決心しました。
それは1841年10月に設立され、1872年に「ベルリンドイツ動物保護協会(註 現現在のティアハイム・ベルリンの上部団体)」と改名されました。
動物保護活動家たちは、特に19世紀に乗り合い馬車を引いていた馬の虐待に抗議しました。



 このように19世紀半ばごろに創生されたドイツのティアハイムは、当初は馬専用の保護施設でした。しかしモータリゼーションが進展して自動車が普及し、また戦争での軍馬の需要が減ると馬の保護の必要性が薄れました。そのころから、ティアハイムが経営の存続のために業態転換して扱いを馬からペット動物に変えていきました。
 また第一次世界大戦、第二次世界による戦争の混乱期で野犬が増え、行政が野犬、放し飼い犬などを捕獲し、ティアハイムに保管と殺処分等の処分を請負わせたことや、当時ドイツでは犬肉の需要があり、非人道的な犬の屠殺方法を防止するためにティアハイムは犬の収容を積極的に行いました(とはいえ銃殺をしていましたが)。当時の戦争による混乱期においてはティアハイムは、1施設当たり年間数千頭の犬を銃による射殺処分をしていました。中堅のマンハイム・ティアハイムは、年間の犬の射殺数が約2000頭に及びました。それを裏付ける資料から引用します。Tierheim Mannheim 「ティアハイム・マンハイム」(ドイツ版 ウィキペディア)


Geschichte
Anfänge, Gründung und Erster Weltkrieg
Die Anfänge des organisierten Mannheimer Tierschutzes lagen bereits im späten 19. Jahrhundert; Pferde waren dieser Tage das primäre Transport- und Fortbewegungsmittel.
Zwischenkriegszeit und Zweiter Weltkrieg[Bearbeiten
Mannheimer Tierschützer entschlossen sich, die Gebäude zu kaufen und mit der Stadt für das Gelände einen eigenen Pachtvertrag abzuschließen.
Das tägliche Pflegegeld für einen Hund betrug je nach Größe zwischen 80 Pfennigen und 1,50 Mark.
Im Jahr 1925 verfügte Mannheim über einen hauptberuflichen Hundefänger, der streunende Hunde sowie Hunde ohne Steuermarke einfing und in das Tierheim brachte.
So berichtete Tierheimleiter Zimmermann laut „Neue Mannheimer Zeitung“ vom 14. September 1929, dass im Jahre 1927 etwa 2000 Hunde im Tierheim erschossen wurden, „an manchen Tagen bis zu 70 Stück“.

ティアハイム・マンハイムの歴史
創設 第一次世界大戦
マンハイムの組織的な動物保護は19世紀後半に始まりました。
馬は当時の主要な輸送手段でした。
第二次世界大戦の戦中
マンハイムの動物保護活動家たちは建物を購入し、土地ともにマンハイム市との間でリース契約を締結することを決定しました。
犬の1日あたりの市からの公費給付金は犬の大きさにもよりますが、80ペニーから1.50マルクの間でした
(註 この「ハード=建物と土地、は民間のティアハイムが所有し、行政が捕獲、押収没収した野犬迷い犬等の保管と払い下げ後の処分を市から有償で請け負うシステムは現在も同じです)。
1925年にはマンハイム市には専業の犬捕獲員がいて、野良犬や税登録のない犬を捕まえてティアハイムに連れていきました1929年9月14日の「ノイエ・マンハイマー・ツァイティング(Neue Mannheimer Zeitung マンハイム市の地方新聞)」によると、ティアハイムのマネージャーである、ティンマーマン氏(Zimmermann)によると、1927年には約2,000匹の犬が射殺され、「何日かは1日で最多で70頭の犬」がティアハイムで射殺処分されたと報道しました。



 マンハイム・ティアハイムに限らず、18世紀に創設された古い歴史があるティアハイムは、「設立当初は馬専用の保護施設」でした。モータリゼーションの進展により馬の保護の需要が減り、経営の存続のために当時問題となっていた野犬等の保管と殺処分を行政から請け負う業態に転換しました。それは今日まで連綿と続いています。したがってすでに連載記事で指摘したことですが、渋谷寛氏の「ドイツでは、行政機関がペットを保護するのでなく、民間の動物保護団体がペットを引き取ります」の記述は誤りです。
あくまでも野犬等の捕獲、押収没収は行政が行う行政事務で、ティアハイムは行政から動物の保管を請負っているだけです(払い下げ後はティアハイムに権限がありますが)。
 当時は自治体が野犬対策として新たな設備を建設するコストに戦争で困窮していたことと、ティアハイムが馬の保護の需要がなくなり、経営の存続のために設備を市の野犬対策に利用させ給付金を得るという利害が一致したと私は推測しています。
 ティアハイムの歴史的背景により、「自治体が捕獲、押収没収動物の保管を民間のティアハイムに請負わせる」という、今日のシステムが受け継がれているということです。ティアハイムは「行政の保護犬猫などの保管請負施設」であり、払下げ後は「譲渡や殺処分を行政に代わり行う施設」です。渋谷寛弁護士は全くドイツのティアハイムに対しては、無知蒙昧無学です。脳内お花畑が満開の、妄想ティアハイム「19世紀から殺処分しないペット専用の保護施設」という、ティアハイムのデタラメ情報を世間に垂れ流しています。極めて有害です。


(画像)

 ベルリン・ツァイティング(ベルリン市で発行されている、ドイツ最大部数の地方紙)の、「ティアハイム・ベルリンのトップが殺処分を行っていると公言した」ことを伝えるニュース。Schweren Herzens: Tierheim tötete Hunde

 Schweren Herzens: Tierheim tötete Hunde 「沈痛な心で、ベルリンティアハイムは犬を殺す。ベルリンティアハイムは、不適応犬を注射という方法で殺さなければならなかったことを認めました」 2013年11月17日

ティアハイムベルリン 殺処分
スポンサーサイト



ドイツでの保護犬猫入手は約10%~殺処分ゼロ議員連顧問弁護士、渋谷寛氏の狂気のデマ







Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Von den ca. 500.000 Welpen, die in Deutschland jährlich ein Zuhause finden, kommen laut VDH (Statistik hier) 1/5 (100.000) aus dem Ausland– Nur ein kleiner Teil der Hunde und Katzen, die neu in Familien aufgenommen werden, kommen aus dem Tierschutz (ca. 10%).


 記事、
「ドイツでは民間団体しか犬猫を保護しない」という殺処分ゼロ議員連顧問弁護士の狂った論説
ベルリン「犬の行政施収容数と殺処分等の処分の内訳と予算」~州下院議会議事録
ドイツには公的動物収容センターがあり、行政による犬猫の捕獲と殺処分も行われている
ドイツには猫の飼養基準も販売規制の法令もない~殺処分ゼロ議員連顧問、渋谷寛弁護士の大嘘
ドイツでは猫ブリーダーは届出すらいらない~殺処分ゼロ議員連顧問、渋谷寛弁護士の大嘘
ティアハイムの犬の殺処分率は日本の公的殺処分率より高い~殺処分ゼロ議員連顧問顧問弁護士、渋谷寛氏の妄想作文
の続きです。
 私がしばしば取り上げる「殺処分ゼロ議員連」のメンバーと、そのアドバイザーの杉本彩氏、浅田美代子氏ら。彼らが言っていることで特に海外に関する情報は、私は知り限り完全に正確なものはただのひとつもありません。顧問弁護士の渋谷寛氏も仰天するようなドイツに関するデタラメな内容の論説を、新日本法規「法苑」(2017年01月10日 ペットの殺処分がゼロの国はあるのか(法苑180号)に寄稿しています。この中でドイツのティアハイムに関する記述がありますが、デタラメの羅列でまさに妄想作文です。



 サマリーで挙げた、殺処分ゼロ議員連の顧問弁護士である渋谷寛弁護士が寄稿した、新日本法規「法苑」の論説はこちらです。2017年01月10日 ペットの殺処分がゼロの国はあるのか(法苑180号) (キャッシュコピー) この論説に書かれていることは、ドイツに関することは全てがほぼ誤りです。ドイツのティアハイムに関する記述もしかり。以下に引用します。


わが国での現状は、迷子になり飼い主のわからないペット、飼い主が飼育困難となったペットたちを動物愛護センターが引き取ります。
貰い手の見つからないペットは一週間ほどで殺処分されてしまいます。
飼い主が、飼いきれず持ち込んだ場合には、数日で殺処分されてしまうこともあるようです。
我が国の行政による殺処分の方法は、対象となる数匹の犬猫のいる小部屋へ二酸化炭素を注入する方法がほとんどです。徐々に酸素が薄くなり、呼吸が苦しくなり、数分の間苦しみもがいて死んでゆきます。
ところで、ペットの先進国とされているドイツでは殺処分がゼロだという報道がなされたことを聞いたことがあります。
ドイツでは、行政機関がペットを保護するのでなく、民間の動物保護団体がペットを引き取ります。(*1)
「ティアハイム」と呼ばれている動物保護施設です。
古い施設は一九世紀の中頃からあります。(*5)
引取りをした後は、飼い主や里親が見つかるまで保護し続け、原則として殺処分はしないそうです。
規制の厳しいドイツでは犬猫の生態販売、いわゆるペットショップはほとんどありません。(*2)
ペットを飼い始めようと思い立ったときには、まずはティアハイムへ行き、気に入ったペットを探すという慣習があるのです。(*3)
ところが、実際には殺処分はゼロではないそうです。
それは、生き続けることが苦痛でしかないと思えるペットの場合です。例えば、末期がんで苦しんでいる、不治の伝染病、高齢のため足腰が立たなくなったペットは殺処分の対象にされるのです。(*4)


(*1) ドイツでは迷い犬などの遁走したペット、野良動物、行政が押収没収した犬などのペット動物の一次収容は行政の責務であり、収容は公的施設(動物収容センター)と法律で規定されています。それは連載記事ですでに説明しました。
(*2)、(*3)、(*4)に関しては、私は過去記事でそれが誤りであることを何度も述べています。
(*5)はあからさまな偏向ではありませんが、読者に誤解を与える記述です。後ほど詳述します。


 今回は上記の論説の記述のうち、(ドイツの)ティアハイムに関する記述の嘘を指摘します。今回記事では、「3、ドイツでは「犬猫を入手するのはティアハイムからが慣習となっている(つまり「ドイツでは犬猫の入手はティアハイムがほとんど」)」という意味になります」が全くのデタラメであることを述べます。
 結論から述べれば、ドイツでは犬猫の入手シェアに占める保護犬猫の割合は約10%です。日本と比べて極端に「保護犬猫」の入手シェアが高いとは言えません。またドイツでは狭義のティアハイム(市町村等の行政と契約を結んで行政が捕獲、押収没収した動物の保管を請負う施設)以外にも、犬猫などの保護活動~譲渡を行っている保護団体が少なからずあります。それを考慮すれば、ティアハイムからの犬猫の入手シェアは10%よりさらに低くなります。
 いわゆる「(狭義の)ティアハイムとその他の動物保護団体(例えば動物保護施設を持たずに東欧などの動物福祉に遅れた国から「犬をレスキュー」して直接譲渡をしている団体が多数あります。非営利法人の登記をした団体も多いですが、狂犬病ワクチン接種の偽装などの犬の不正輸入や、手数料だけ取って犬を渡さないなどの詐欺が多く問題になっています)」を併せた保護犬猫の入手シェアは、約10%と推定されているとの資料を引用します。


DEUTSCHER TIERSCHUTZ 「ドイツの動物福祉」 2018年

Von den ca. 500.000 Welpen, die in Deutschland jährlich ein Zuhause finden, kommen laut VDH (Statistik hier) 1/5 (100.000) aus dem Ausland– Nur ein kleiner Teil der Hunde und Katzen, die neu in Familien aufgenommen werden, kommen aus dem Tierschutz (ca. 10%).

毎年ドイツで家を見つける(註 飼い主に販売される、もしくは譲渡される)約50万匹の子犬のうち、VDH(全ドイツケネルクラブの統計)によると、外国から来たものが5分の1(10万)であり - 新たに家族に迎えられる犬や猫のごく一部は、動物保護団体からのものです(約10%)。



 なお、「ドイツ全土で新たに入手される子犬の数50万頭は、全ドイツケネルクラブ(VDH)による統計調査(2014年)によるもので、多く引用されている数字です。しかし近年ドイツでは犬の飼育数が東欧から安価な子犬の輸入により激増しているので、この数は増えているかもしれません。対してティアハイムの倒産廃業によりティアハイムの数が激減していることなどにより、ティアハイムの犬等の引受数が減っていると推測されることから、近年ではその数値より低いと思われます。

 ドイツでは、保護犬猫の入手に占めるシェアは約10%です。これはティアハイムによる譲渡以外の保護犬猫団体による譲渡も含まれる数字ですので、ティアハイムに限れば犬猫の入手シェアは10%より低くなります。
 一方日本での保護犬猫の入手シェアは、平成25年に環境省が調査をしています。それによれば、犬の入手に占める保護犬の割合は6.1%、猫は7.6%です(一般市民アンケート調査(平成 25 年度) 環境省)。
 また東京都も平成23年に独自に調査をしており、保護犬の入手シェアは9.1%、猫は5.7%(猫は「もらった、拾った、いつの間にか居ついた」の割合がが著しく高い)でした(東京都における犬及び猫の飼育実態調査の概要)。可能性として東京都の犬の入手シェアに占める割合は、ドイのティアハイムからの割合より高い可能性すらあります。
 したがってドイツが極端に保護犬猫の入手割合が高いとは言えません。ましてや「ドイツでは犬猫を買うときはティアハイムからが慣習になっている」との渋谷寛氏の記述はまさに根拠のない、妄想作文でデマです。

 一方少し古い資料ですが、ティアハイムの統括団体、ドイツ動物保護連盟による、ティアハイムの引受動物の統計資料があります。 tierschutzbund kampene rettet die tiehime「ティアハイム連盟 キャンペーン ティアハイムの救助」 2010年 です。
 この資料に取れば、2009年のティアハイムにおける犬の引受総数は7万4900頭です。当時はドイツ連邦共和国における新規の犬需要は50万頭程度ですので、仮に7万4900頭の引受犬すべてが譲渡されたとしても15%台です。殺処分率が26.2%ということを考慮すれば、ティアハイムの犬の譲渡が占める犬の入手シェアは、約10パーセント程度になります。したがって渋谷寛氏の、「3、ドイツでは『犬猫を入手するのはティアハイムからが慣習となっている(つまり「ドイツでは犬猫の入手はティアハイムがほとんど』)」という意味になります」が全くのデタラメであることがわかります。小学生の算数もできないのか(笑)。


(画像)

 tierschutzbund kampene rettet die tiehime「ティアハイム連盟 キャンペーン ティアハイムの救助」 2010年

ティアハイム連盟 統計


 私が常々疑問に感じていることですが、いわゆる愛誤活動家らが動物愛護先進国として挙げている国を、「犬猫の入手はペットショップなどの営利事業者がないために保護施設から保護犬猫を入手するしかできない」、もしくは「動物愛護先進国ではペットショップなどの営利のペット事業者はほとんど存在せず、犬猫などの入手は保護施設からしかできない」という主張をしていることです。先にドイツの出典を挙げた通りそれは大嘘です。
 「保護犬猫」とは、野良犬猫の捕獲保護、それらの自然繁殖、動物虐待者やアニマルホーダーからのレスキュー、飼い主の飼育放棄などが由来です。つまり保護犬猫とは、不適正飼育により生じます。犬猫の需要が常にこれらの不適正飼育により生じた犬猫により供給が満たされるほど多い国は不適正飼育が横行しており、到底「動物愛護先進国」とは言えません。
 真に動物愛護先進国であれば、犬猫などはきちんと血統管理と健康管理された能力が高いブリーダーにより繁殖され、一生一人の飼い主に大事に適正飼育されて天命を全うします。したがって保護犬猫は発生しません。渋谷寛氏も含めて「動物愛護先進国は犬猫の入手は保護犬猫しか入手できない」、もしくは「ほとんど」と言い切ってしまう愛誤は、決定的に知能が低い、知能が正常に満たないと判断せざるを得ません。


(参考資料)

 なお私は犬の入手シェアのティアハイムからのシェアを概算で推計しています。それによれば9パーセント台です。ドイツの獣医師団体、Tieraerztepool の「ドイツの保護犬猫の入手シェアは約10%」に近い数値が出ましたので、かなり正確なのではないかと思います。

日本は保護犬譲渡が多い国~東京都の保護犬譲渡シェアはドイツのティアハイムと同程度

ティアハイムの犬の殺処分率は日本の公的殺処分率より高い~殺処分ゼロ議員連顧問顧問弁護士、渋谷寛氏の妄想作文







Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Tierheimordnung des Deutschen Tierschutzbundes
Einschläfern von Tieren


 記事、
「ドイツでは民間団体しか犬猫を保護しない」という殺処分ゼロ議員連顧問弁護士の狂った論説
ベルリン「犬の行政施収容数と殺処分等の処分の内訳と予算」~州下院議会議事録
ドイツには公的動物収容センターがあり、行政による犬猫の捕獲と殺処分も行われている
ドイツには猫の飼養基準も販売規制の法令もない~殺処分ゼロ議員連顧問、渋谷寛弁護士の大嘘
ドイツでは猫ブリーダーは届出すらいらない~殺処分ゼロ議員連顧問、渋谷寛弁護士の大嘘
の続きです。
 私がしばしば取り上げる「殺処分ゼロ議員連」のメンバーと、そのアドバイザーの杉本彩氏、浅田美代子氏ら。彼らが言っていることで特に海外に関する情報は、私は知り限り完全に正確なものはただのひとつもありません。顧問弁護士の渋谷寛氏も仰天するようなドイツに関するデタラメな内容の論説を、新日本法規「法苑」(2017年01月10日 ペットの殺処分がゼロの国はあるのか(法苑180号)に寄稿しています。この中でドイツのティアハイムに関する記述がありますが、デタラメの羅列でまさに妄想作文です。



 サマリーで挙げた、殺処分ゼロ議員連の顧問弁護士である渋谷寛弁護士が寄稿した、新日本法規「法苑」の論説はこちらです。2017年01月10日 ペットの殺処分がゼロの国はあるのか(法苑180号) (キャッシュコピー) この論説に書かれていることは、ドイツに関することは全てがほぼ誤りです。ドイツのティアハイムに関する記述もしかり。以下に引用します。


わが国での現状は、迷子になり飼い主のわからないペット、飼い主が飼育困難となったペットたちを動物愛護センターが引き取ります。
貰い手の見つからないペットは一週間ほどで殺処分されてしまいます。
飼い主が、飼いきれず持ち込んだ場合には、数日で殺処分されてしまうこともあるようです。
我が国の行政による殺処分の方法は、対象となる数匹の犬猫のいる小部屋へ二酸化炭素を注入する方法がほとんどです。徐々に酸素が薄くなり、呼吸が苦しくなり、数分の間苦しみもがいて死んでゆきます。
ところで、ペットの先進国とされているドイツでは殺処分がゼロだという報道がなされたことを聞いたことがあります。
ドイツでは、行政機関がペットを保護するのでなく、民間の動物保護団体がペットを引き取ります。(*1)
「ティアハイム」と呼ばれている動物保護施設です。
古い施設は一九世紀の中頃からあります。(*5)
引取りをした後は、飼い主や里親が見つかるまで保護し続け、原則として殺処分はしないそうです。
規制の厳しいドイツでは犬猫の生態販売、いわゆるペットショップはほとんどありません。(*2)
ペットを飼い始めようと思い立ったときには、まずはティアハイムへ行き、気に入ったペットを探すという慣習があるのです。(*3)
ところが、実際には殺処分はゼロではないそうです。
それは、生き続けることが苦痛でしかないと思えるペットの場合です。例えば、末期がんで苦しんでいる、不治の伝染病、高齢のため足腰が立たなくなったペットは殺処分の対象にされるのです。(*4)


(*1) ドイツでは迷い犬などの遁走したペット、野良動物、行政が押収没収した犬などのペット動物の一次収容は行政の責務であり、収容は公的施設(動物収容センター)と法律で規定されています。それは連載記事ですでに説明しました。
(*2)、(*3)、(*4)に関しては、私は過去記事でそれが誤りであることを何度も述べています。
(*5)はあからさまな偏向ではありませんが、読者に誤解を与える記述です。後ほど詳述します。


 今回は上記の論説の記述のうち、(ドイツの)ティアハイムに関する記述の嘘を指摘します。嘘記述、もしくは偏向は、まとめると次のようになります。

1、ドイツでは行政機関は犬猫を保護せずに民間のティアハイムがすべて行います(この誤りは連載記事ですでに述べました)。
2、一度引き取った動物は原則として殺処分せず、終生飼育を行います。
3、殺処分は末期の傷病で苦しんでいる動物だけです。
4、ドイツでは「犬猫を入手するのはティアハイムからが慣習となっている(つまり「ドイツでは犬猫の入手はティアハイムがほとんど」)」という意味になります。

 さらに読者に誤解を与える偏向記述に、「5、ティアハイムは19世紀中ごろからあります」があります。前後の記述からすれば、「ティアハイムとは犬猫などのペット動物を主体とした動物保護施設であり、その経営形態は19世紀ごろから始まる」と読者は理解します。しかしそれは誤りです。その点については別の記事で詳述します。今回記事では、ティアハイムに関する記述の、

2、一度引き取った動物は原則として殺処分せず、終生飼育を行います。
3、殺処分は末期の傷病で苦しんでいる動物だけです。
4、ドイツでは「犬猫を入手するのはティアハイムからが慣習となっている(つまり「ドイツでは犬猫の入手はティアハイムがほとんど」)」という意味になります。

 が嘘
であることを述べます。


 つまり「①(ドイツの)ティアハイムは殺処分は原則として行わず(=極めてまれで例外的、少ないという意味になります)」、「②ティアハイムの殺処分は傷病の苦しむ動物に限られる」、「③ドイツでは犬猫を入手するのはティアハイムからが慣習(「ある社会で、長い間にみんなに認められるようになって、いつもそのようにする決まりとなっているならわし。世間のしきたり」。つまり大多数の犬猫の入手がティアハイムからという意味になります。ほぼ100%が8~9割と理解する人が多いと思います)となっている」です。これらはいずれも誤りです。
 それを裏付ける、2014年に行われた、ハノーファー獣医大学の、ドイツ、ノルトラインーヴェストファーレン州の犬の扱いについて詳細な調査を行った資料があります。それによれば、「ティアハイムの犬の殺処分は『収容期間が長期になった』『収容スペースの不足』等の理由でも行われているとされています。また殺処分率は26.2%で、日本の公的殺処分率より高いのです。つまり ①、②の渋谷寛氏の記述は「嘘」です。
 Tierärztliche Hochschule Hannover Bedeutung der Pflege- und Haltungsbedingungen für Gesundheit und Wohlbefinden von Hunden als Fund- und Abgabetierein Tierheimen des Landes Nordrhein-Westfalen 「ノルトラインーヴェストファーレン州のティアハイムにおける、行政が拾得した犬の健康と福祉のための世話や飼育環境の調査」。2014年 から引用します。
 これはタイトルのとおり、ドイツ、ノルトラインーヴェストファーレン州のティアハイムに関する収容犬の大規模調査です。これらの対象は、行政が捕獲押収没収した犬だけが対象です。殺処分率に関する記述を引用します。


Die vom DEUTSCHEN TIERSCHUTZBUND E. V. (1995) erstellte Tierheimordnung hat klare Kriterien für das Töten von Tieren in Tierheimen festgelegt.
dies ist nur in Ausnah- mefällen zulässig.
Wie im Falle einer massiven Überbelegung,verur- sacht durch Langzeitinsassen, verfahren werden soll.
RUPPERT stellte , dass 26,20% aller aufgenommenen Tiere in Tierheimen euthanasiert wurden.
In 32% dieser Fälle er-folgte die Euthanasie auf Grund unheilbarer Krankheiten, in 68% lag „ein anderer vernünftiger Grund“ wie Bissigkeit, hohes Alter, Ängstlichkeit, langer Aufenthalt oder Platzmangel vor .

ドイツ動物保護連盟E. V.によるティアハイム規則(1995年)は、ティアハイムにおける動物の殺処分のための明確な基準を定めています。
殺処分は、例外的な場合にのみ許可されています。
しかし著しい過剰収容の場合と同様に、動物の長期の収容によってもその基準は徐々に緩和されます。
ルパートは、記録されたすべての動物(犬)のうち、26.20%がティアハイム内で安楽死させられたことを発見しました。
これらの例の32%では、難病が原因で安楽死に処せられました。
別の安楽死の原因の68%は、非人道的な「別の合理的な原因」であり、犬が高齢であること、行動上の問題に不安があること(攻撃性か)、長期の収容期間や収容スペースの不足などが続きます。



 「ドイツのティアハイムの犬の殺処分率26.2%」ですが、これは日本の公的殺処分率より高いのです。令和元年度の環境省公表により日本の犬の殺処分率は21.6%です(犬・猫の引取り及び負傷動物等の収容並びに処分の状況)。したがって渋谷寛氏の、「①(ドイツの)ティアハイムは殺処分は原則として行わず(=極めてまれで例外的、少ないという意味であれば)」は嘘です。「原則として殺処分が行われない」は、日本でもそうです。動物愛護管理法で愛護動物のみだりな殺傷は禁じていますから。
 さらに「犬猫の殺処分率が35%超」というティアハイムの年次報告書も公開されています。以下に、そのティアハイムの年次報告書のスクリーンショットを提示しておきます。


(画像)

 年次報告書を公表している、ドイツのティアハイムの具体例。Statistik 2014 「ティアハイム・アルテントレプトゥ」のHPに掲載されている年次報告書から。

 2014年には、犬猫総収容数140に対して、殺処分(Euthanasien)が34頭、施設内死(verstorben)が15頭でした。総収容数に占める殺処分+施設内死の割合は35%です(日本の自治体の殺処分数の計算方法に基づく)。年次報告書を出しているティアハイムとしては、この殺処分数・率は特別高いとは思えません。

ティアハイム 殺処分率


 さらにハノーファー獣医大学の調査によれば、「ティアハイムの犬の殺処分の理由の68%は、非人道的な原因であり、犬が高齢であること、行動上の問題に不安があること(攻撃性か)、長期の収容期間や収容スペースの不足である」と述べています。つまり渋谷寛氏の「ティアハイムの殺処分の理由は傷病のみである(傷病を原因とした殺処分は全体の3分の1)」が大嘘であることがお分かりいただけると思います。
 ティアハイムの殺処分に関してですが、ティアハイムの統括団体である、ドイツ動物保護連盟が「ティアハイム運営指針」を作成しており、その中で原則が述べられています。その原則とは「ティアハイムの殺処分においては、①治療不可能の傷病動物、②問題行動がある動物(特に攻撃性と思われる)、③緊急を要する場合、は殺処分は必須である(註 「してもよい」という許可ではなく、「しなければならない」という命令です)」としています。
 ドイツ動物保護連盟による「ティアハイム運営指針」から引用します。Tierheimordnung des Deutschen Tierschutzbundes (1995年 現在まで改正はありません)


VII. Einschläfern von Tieren
1. Grundsatz
b) Die Einschläferung (Euthanasie) unheilbar kranker Tiere, die nur unter Schmerzen, Leiden oder
Schäden weiterleben könnten, ist ein selbstverständliches Gebot des Tierschutzes.
Die schmerzlose Einschläferung ist nur vom Tierarzt zu entscheiden und durchzuführen.
2. Ausnahmen
In folgenden Ausnahmefällen ist, nach Ausschöpfung aller anderen Möglichkeiten, in Übereinstimmung mit
den Bestimmungen des Tierschutzgesetzes die Einschläferung unumgänglich:
a) Bei Tieren, die starke, nicht behebbare, konstante Verhaltensstörungen zeigen, und deren Weiterleben mit schweren Leiden verbunden wäre, oder
b) bei Tieren, die infolge abnormer und nicht behebbarer Verhaltensstörungen eine akute Gefahr für sich oder ihre Umwelt darstellen.

動物の安楽死
第一原理
b)苦痛や症状が継続する可能性がある、苦しんでいるだけの終末期の動物の安楽死は、動物福祉上必要なのは明らかです。
苦痛回避の安楽死は、獣医師のみにより決定され実行されます。
2.例外
次のような例外的なケースでは、他のすべての可能性を実行したのちであれば、動物保護法の規定により安楽死は不可避です。
a)重度の回復不能な、一定の行動障害を示す動物において、それがその動物にとって生きる上で深刻な苦しみをもたらすと思われる動物において、または、
b)異常かつ回復不能な行動障害の結果として、その動物自身、またはその環境にたいして緊急な危険ををもたらす動物。



 なお、日本で「殺処分ゼロ」と喧伝されているティアハイム・ベルリンですが、経営トップがベルリン・ツァイティング(地方紙では最大部数のベルリンの新聞)に対して「当施設は殺処分を行っています」と公言しています(公表の数字より実際の数字の方がはるかに多いという疑惑は常に言われています。ティアハイムは経営上の理由から、一般に寄付金が集まりやすいように殺処分数を少なく言います)。同施設のHPにも、「当施設は殺処分を行っています」と明記されています。
 Tierschutz in Berlin seit 1841 「ベルリン動物保護協会 ティアハイムベルリン ホームページ」 の、service をクリック、さらに、Häufig gestellte Fragen 「よくある質問」をクリックすると、次の画面が現れます。Häufig gestellte Fragen 「よくある質問」
 さらに、Werden Tiere eingeschläfert? 「ティアハイム・ベルリンは安楽死(殺処分)していますか?」をクリックすれば、以下の画面が現れます。


(画像)

FAQティアハイムベルリン 

Werden Tiere eingeschläfert?
・Ein Tier ist so sterbenskrank, dass es nicht mehr zu retten ist und von seinen Leiden erlöst werden muss.
Sämtliche Einschläferungen von Tieren bedürfen de Einwilligung mehrerer Veterinäre sowie der Zustimmung des TVB.
Jeder Fall wird in einem Euthanasiebuch dokumentiert.
Einschläferungen erfolgen grundsätzlich nach Ausschöpfung aller Behandlungsmöglichkeiten; medizinisch-technische Voraussetzungen stehen in bester Ausstattung zur Verfügung, die finanziellen Aufwendungen für den Komplex medizinische Versorgung steigen stetig.
・Ein Tier zeigt gemäß der Tierheimordnung des Deutschen Tierschutzbundes so starke, nicht behebbare und konstante Verhaltensstörungen, dass ein Weiterleben entweder nur mit schweren Leiden verbunden wäre oder eine akute Gefährdung der Umwelt vorhanden ist.
Über solche Ausnahmefälle entscheidet dann eine sachkundige Kommission.

ティアハイムベルリンは動物を安楽死(殺処分)しますか
その動物が死に直面し治療不可能で、その苦しみから解放しなければならない場合は行っています。
すべての動物の安楽死は、数人の獣医師の同意とベルリン動物保護協会(註 ティアハイム・ベルリンの上部団体)の同意を必要とします。
安楽死の各症例は、記録簿に記載されています。
基本的には、すべての治療法の選択肢が尽きた後に行っています。
医療上および技術上の要求は可能な限り最も高度な設備で行うことが可能でありますが、複雑な医療のための財政的負担は年々増加しています。
ドイツ動物保護連盟のティアハイム運営指針によれば、動物が強度の回復不可能なかつ恒常的な行動障害を示していて、それが継続的な生きるうえで動物に深刻な苦痛の原因となる場合、もしくは周辺環境に深刻な危険を及ぼす場合。
そのような例外的なケースの安楽死は、知見のある委員会によって決定されます。



(画像)

 太田匡彦氏による記事、AREA '09.9.7号『犬を殺さないドイツの常識』。「(ティアハイム・ベルリン)私たちは1匹も殺さない(笑い)」。このように真実に反することを堂々とマスメディアに書ききってしまう神経は、私にとっては理解不能です。先に示した通り、ティアハイム・ベルリン自身がHPで「当施設は殺処分を行っています」と明記しています。強靭な渋谷寛氏はお仲間のようですがね(笑い)。類は友を呼ぶ赤恥愛誤。

アエラ (567x800)


 次回記事では、

4、ドイツでは「犬猫を入手するのはティアハイムからが慣習となっている(つまり「ドイツでは犬猫の入手はティアハイムがほとんど」)という意味になります))」

 が大嘘であることを説明します。結論から述べれば、ドイツでは犬猫の入手シェアに占める保護犬猫の割合は約10%です。日本と比べて極端に「保護犬猫」の入手シェアが高いとは言えません。またドイツでは狭義のティアハイム(市町村等の行政と契約を結んで行政が捕獲、押収没収した動物の保管を請負う施設)以外にも、犬猫などの保護活動~譲渡を行っている保護団体が少なからずあります。それを考慮すれば、ティアハイムからの犬猫の入手シェアは10%よりさらに低くなります。

「ドイツでのティアハイムでの安楽死の統計はない」という環境省のデタラメ資料⑱~殺処分率36%のティアハイムが統計を公表していますが(笑い)







Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Euthanasie Statistiken der Tiere im Tierheim


 環境省が2017年に公表した、ドイツに関する資料、平成 29 年度 訪独調査結果 平成 29 年 5 月 30 日 特定非営利活動法人アナイス (以下、「本資料」と記述する)、があります。本資料は全編にわたり嘘、誤りがびっしりと詰め込まれた、まさに見るに耐え難い資料です。本資料においては、「ドイツでの殺処分の現状については、ティアハイムでの安楽死の統計はない」(23ページ)との記述があります。ドイツではティアハイムの犬猫の安楽死(殺処分)統計はありませんが、大学による犬の安楽死(殺処分)調査や、個別に年次報告書として犬猫の安楽死(殺処分)数の統計を公表しているティアハイムが多数あります。本報告書の記述ですと、「ドイツにはティアハイムの安楽死(殺処分)統計は一切ない」という意味になり誤りです。


 サマリーで示した、環境省が2017年に公表した、ドイツに関する資料、平成 29 年度 訪独調査結果 平成 29 年 5 月 30 日 特定非営利活動法人アナイス (以下、「本資料」と記述する)の、問題記述を引用します。


ドイツでの殺処分の現状については、ティアハイムでの安楽死の統計はない。(*2)
ただ、実際の例で言えば、猫が事故にあった手術費が 1,500 €(18 万円)かかる場合であっても安楽殺してはならないという裁判結果があった。(*1)
治療が可能である限り、治療が前提となる。 (23ページ)。



 上記の記述(*1)、は、「ドイツの司法判断においては、動物は治療が可能である限り治療を行わなけれればならず、安楽死してはならない」という意味になります。しかしドイツ連邦最高裁判決では、それとは全く逆の判断が示されています。つまり「獣医師は飼い主の経済的利益に配慮して、動物の治療を打ち切り安楽死しなければならない」という判例です。
 この点については記事、「ドイツでは動物は可能である限り治療が前提となる」という、環境省のデタラメ資料⑯ で、ドイツ最高裁の本判例の原文全文のリンクをつけて説明しました。

 今回記事では、(*2)の記述、「ドイツでの殺処分の現状については、ティアハイムでの安楽死(殺処分)の統計はない」について取り上げます。本資料の記述では、「ドイツではティアハイムの安楽死(殺処分統計)は一切存在しない」という意味になります。しかしそれは誤りです。ドイツのすべての犬猫共のティアハイムの安楽死(殺処分)統計はありませんが、犬に限り殺処分について調査した大学の資料や、個別のティアハイムの殺処分の年次報告書が公表されています。これらの資料においては、かなり高い殺処分率が示されています。ハノーファー獣医大学による2014年の調査資料においては、記録を公開しているティアハイムで犬に限り殺処分率の調査結果が記載されていますが、殺処分率は26.2%です。この数値は、日本の公的な犬の殺処分率の、21.6%よりはるかに高いのです(平成30年度 犬・猫の引取り及び負傷動物等の収容並びに処分の状況)。また個別のティアハイムの殺処分の公表統計では、犬猫の殺処分率が36%という施設があります。

 まずハノーバー(ハノーファー)獣医大学が2014年に公表した、ノルトラインーヴェストファーレン州におけるティアハイムの、行政から収容を委託された犬に関する調査資料があります。この中では、「ドイツのティアハイムの安楽死率(殺処分)率は26.2%である」としています。また必ずしも傷病のみが安楽死(殺処分)の原因ではなく、収容期間が長期に及んだことや、単なるスペース不足(つまり傷病以外の事業者の経済的利益のため)なども高い割合を占めています。
  2014年に、ハノーバー(ハノーファー)獣医大学が行った、詳細なノルトラインーヴェストファーレン州のティアハイムに関する調査資料から引用します。Tierärztliche Hochschule Hannover Bedeutung der Pflege- und Haltungsbedingungen für Gesundheit und Wohlbefinden von Hunden als Fund- und Abgabetierein Tierheimen des Landes Nordrhein-Westfalen 「ノルトラインーヴェストファーレン州のティアハイムにおける、行政が拾得した犬の健康と福祉のための世話や飼育環境の調査」。2014年。


Die vom DEUTSCHEN TIERSCHUTZBUND E. V. (1995) erstellte Tierheimordnung hat klare Kriterien für das Töten von Tieren in Tierheimen festgelegt.
dies ist nur in Ausnah- mefällen zulässig.
Wie im Falle einer massiven Überbelegung,verur- sacht durch Langzeitinsassen, verfahren werden soll.
RUPPERT stellte , dass 26,20% aller aufgenommenen Tiere in Tierheimen euthanasiert wurden.
In 32% dieser Fälle er-folgte die Euthanasie auf Grund unheilbarer Krankheiten, in 68% lag „ein anderer vernünftiger Grund“ wie Bissigkeit, hohes Alter, Ängstlichkeit, langer Aufenthalt oder Platzmangel vor .

ドイツ動物保護連盟E. V.によるティアハイム規則(1995年)は、ティアハイムにおける動物の殺処分のための明確な基準を定めています。
殺処分は、例外的な場合にのみ許可されています。
しかし著しい過剰収容の場合と同様に、動物の長期の収容によってもその基準は徐々に緩和されます。
ルパートは、記録されたすべての動物(犬)のうち、26.20%がティアハイム内で安楽死させられたことを発見しました。
これらの例の32%では、難病が原因で安楽死に処せられました。
別の安楽死の原因の68%は、非人道的な「別の合理的な原因」であり、犬が高齢であること、行動上の問題に不安があること(攻撃性か)、長期の収容期間や収容スペースの不足などが続きます。



 次に、個別のティアハイムが公表している殺処分統計を例示します。tierheim-altentreptow「ティアハイム・アルテントレプトゥ」のHPに掲載されている年次報告書から。
 2014年には、犬猫総収容数137(Pensionstiere 3 は有償での老犬老猫ホーム事業による預かりなので総数から除外)に対して、殺処分(Euthanasien)が34頭、施設内死(verstorben)が15頭でした。総収容数に占める殺処分+施設内死の割合は35.8%です(日本の自治体の殺処分数の計算方法に基づく)。この施設の殺処分率は、概ね年次報告書を出しているティアハイムとしては、平均的な数値だと思います。


(画像)

 tierheim-altentreptow「ティアハイム・アルテントレプトゥ」のHPに掲載されている年次報告書から2014年統計

ティアハイム 殺処分率 36%


 以上より、環境省の本報告書の記述、、「ドイツでの殺処分の現状については、ティアハイムでの安楽死の統計はない。ただ、実際の例で言えば、猫が事故にあった手術費が 1,500 €(18 万円)かかる場合であっても安楽殺してはならないという裁判結果があった。治療が可能である限り、治療が前提となる」のうち、「ドイツでの殺処分の現状については、ティアハイムでの安楽死の統計はない」は、デタラメであることがお分かりいただけると思います。またティアハイムの殺処分率がかなり高いことも示されています。
 本報告書の、「(ドイツでは)治療が可能である限り、治療が前提となる(つまり治療による治癒の可能性があれば治療を続けなければならず、その他の理由、例えば「飼い主の経済的利益による安楽死(殺処分)はできない」という意味になる)」は、記事、「ドイツでは動物は可能である限り治療が前提となる」という、環境省のデタラメ資料⑯、でそれとは真っ向から反する最高裁判例を挙げて、環境省の本報告書がデタラメであることを説明しました。
 次回記事では、ティアハイムでの感染症拡大を防止するために、収容猫約40匹すべてを安楽死(殺処分)させた例などを取り上げます。おそらく未感染の健康な猫も含まれていたと思われます。またこの感染症は治療が可能ですし、致死性の感染症ではありません。つまり「飼い主の経済的利益など」、例えば治療のために施設を閉鎖しなければならなずその間の営業ができなくなることによる収入減の防止などにより、健康な猫ですら安楽死(殺処分)が正当化されるということです。


続きを読む

ドイツ「死の実験室」~ティアハイムによる実験動物の殺害疑惑






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Tierversuche in Deutschland


 記事、
ドイツ「死の実験室」~違法な実験による動物虐待が発覚したドイツ
ドイツ「死の実験室」~違法な虐待動物実験を行っていた施設は認可取り消し閉鎖が決まったが・・・
の続きです。
 昨年末に、ドイツある動物実験の施設が、多くの動物虐待に当たる実験を行ったとして、アニマルライツ活動家らが告発しています。結果、この施設は動物虐待の違法性が明らかになり、実験施設は閉鎖となりました。実験施設で飼育されていた動物は一部が直接新しい飼い主などに譲渡されました。しかし一部のビーグル犬は2020年1月に、ハンブルク・ティアハイムなどの複数のティアハイムに収容されました。ハンブルクティアハイムは、この実験施設から救出したビーグル犬約90頭が2月末までに新しい譲渡先が見つからないばあいは殺処分するとの情報がながれています。



 サマリーで示した、ドイツの動物実験施設による違法な動物虐待実験について、時系列でこちらで取り上げようと思います。「1、違法な動物実験の告発」、「2、施設の閉鎖から収容されていた実験動物の救出」、さらには「3、実験動物を引き受けたティアハイムがそれらの実験動物(ビーグル犬)を違法に殺処分するとの疑惑」という顛末までです。
 「3、実験動物を引き受けたティアハイムがそれらの実験動物(ビーグル犬)を違法に殺処分するとの疑惑」ですが、Face Bookだけでも1,000以上の「実験動物だったビーグル犬は殺処分される」という情報が拡散されています。主な引受先はハンブルク動物保護協会と、傘下のハンブルク・ティアハイムですが、この施設は過去に多くの不祥事が報道されていることが疑惑の要因だと思います。例えばハンブルク・ティアハイムは2005年に犬を違法な絞殺という方法で殺害したなどにより、経営トップが起訴されています。柾昨年から最近ま多数の犬の密輸、狂犬病ワクチンなどの偽造、労働法違反、従業員による寄付金の横領などで警察、獣医局の捜査・検査が行われています。

 まず最初に、「閉鎖された実験施設から救出した元実験動物のビーグル犬の一般譲渡は困難だろう」という記事があります。この記事から引用します。閉鎖された実験施設の元実験動物のビーグル犬の引受先が、主にハンブルク動物協会とハンブルク・ティアハイムであることが述べられています。
 TIERHEIM Ueckermünder Tierschützer wollen Welpen aus Versuchslabor aufnehmen 「ティアハイム・ウェッカーミュンダー 動物保護活動家は実験室から子犬を引き取ることを望んでいます」 2020年2月11日 


Nachdem ein Tierversuchslabor bei Hamburg schließen musste, ist die Zukunft für viele Tiere unklar.
So müssen fast 100 Beagle-Welpen untergebracht werden.
Gerüchten zufolge sollten 96 Beagle-Welpen – kleine Jagdhunde –, die aus dem Tierversuchslabor gerettet wurden, getötet werden, wenn sie nicht innerhalb der nächsten 14 Tage gerettet werden.
„Ich habe deswegen mit dem größten Hamburger Tierheim telefoniert und die haben mich dann an den Tierschutzbund verwiesen“, erzählt Tierheimchefin Schultz.
Die Beagles kennen doch nichts, haben da in Kisten gehaust, ohne viel Kontakt zu Menschen.
Sollten also ein paar der Hunde nach Berndshof kommen, müsse man die Vierbeiner erst einmal an ein normales Hundeleben gewöhnen, sie unter anderem stubenrein machen und in der Tierheim-Meute an den Umgang mit anderen Hunden gewöhnen.
Und wenn alles gut geht, dann könnten womöglich die Beagles in der Region auch ein neues Zuhause finden.

ハンブルク近郊の動物実験施設閉鎖しなければならなくなった後は、多くの動物の将来は不透明です。
そのために、約100頭のビーグル犬の子犬を収容しなければなりません。
動物実験施設から救出された96匹のビーグル犬の子犬(小型の猟犬)が、14日以内に救出されなければ殺されるに違いないという噂があります。
「だからこそ私はハンブルクで最大のハンブルク・ティアハイムに電話したのです」と、ティアハイム・ウェッカーミュンダー代表者のシュルツ氏は言います。
実験動物のビーグル犬は何も社会化されていません、犬たちは人とあまり接触することなくケージに住んでいました。
そのために南東かの犬がベルンツホーフに来たのならば、最初に普通の犬の生活に慣れ、他の犬と一緒にハウストレーニングを行い、ティアハイムの中で他の犬に接することに慣れる必要があります。
そしてそれらがすべてがうまくいけば、このビーグル犬も新しい飼い主を見つけることができるでしょう。



 この記事に書かれていることは、「実験動物として飼育され、人や他の犬との社会化ができていない、実験施設から引き取られたビーグル犬は、一般譲渡する前に社会化の訓練をする必要がある。そして社会化に成功しなければ、譲渡することは難しいだろう」という意味です。つまり、一般譲渡に否定的な見解です。
 実験施設から救出されたビーグル犬の多くは、先に述べた通り、ハンブルク・ティアハイムが引き受けることとなりました。しかしハンブルク・ティアハイムは繰り返しますが、昨年から多くの犯罪の疑いにより、警察と獣医局から数十回の捜査・検査を受けています。昨年12月には、ネグレクトによる虐待飼育で死んだ126頭の動物の死体が押収されています。またハンブルク・ティアハイムは2005年に、収容した犬を絞殺という違法な手段で殺害したなどにより、当時の代表者が刑事起訴されています。2005年のハンブルク・ティアハイムの違法な犬殺害事件は当時、ドイツのマスコミにより大きく報道されました。私は次のような記事を書いています。

続・ティアハイムの動物虐待と違法殺害~あまりにも多いティアハイムの犯罪
虐待飼育で警察の捜査が入ったドイツ第2位のハンブルク・ティアハイム~126頭の動物の死体が押収された

 巷間ドイツではFace Book などのソーシャルメディアでは、「閉鎖された動物実兼施設から救出されたビーグル犬は殺処分される」という情報が、Face Book だけでも1,000以上の投稿があります。引受を主導した、ハンブルク動物保護協会と、ハンブルク・ティアハイムの過去の犯罪歴からすれば、ソーシャルメディアの情報はあながちデマとは言い切れないと思います。
 ハンブルク動物保護協会とハンブルク・ティアハイムは、「ティアハイムに引き取られた90頭余りの実験動物のビーグル犬は殺処分される」という情報の否定に必死ですしかしそれを否定するための、確証もありません。ソーシャルメシアでの「ティアハイムに引き取られた実験動物のビーグル犬は殺処分される」という情報拡散を報じるニュースソースから、Face Book の投稿を引用しま す。なお。このメディアはドイツではなく、オーストリアのメディアです。
 Tierversuchslabor geschlossen – Die Welpen müssen aber nicht sterben! 「実験施設は閉鎖されましたー実験動物の子犬たちは死ぬことはありません!」 2020年1月21日


Wie manche vielleicht bereits wissen, wurde das Tierversuchslabor hier in Hamburg geschlossen. Das Problem nun, dass 90 Beagle Welpen eine neues Zuhause brauchen!
Finden diese bis Ende Februar kein neues Zuhause, werden sie eingeschläfert.
Die Tiere befinden sich momentan noch im Labor und im Tierheim in der Süderstraße.

すでにご存じのことと思いますが、ハンブルクの動物実験施設は閉鎖されました。
現在の問題は、(実験動物だった)90頭のビーグル犬の子犬が、新しい飼い主を必要としているということです!
2月末までに新しい飼い主が見つからなければ安楽死されます。
犬たちは現在、実験施設とシェダー・シュトラーセのティアハイム(註 ハンブルク・ティアハイムのこと)にまだいます。



(動画)

 Grausame Tierversuche bei Hamburg: Solidarität Protest in Wien 「ハンブルク近郊の残酷な動物実験:ウィーンでの連帯した抗議活動が行われました」 2019/10/25
 ドイツの動物実験施設における、違法で残がyクな動物実験は、外国からも批判を受けました。隣国オーストリアのウィーンでも、連帯の抗議デモが行われました。

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,227ブログ中6位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR