FC2ブログ

経営者の脱税、犬の違法殺害、横領~ティアハイムの犯罪はあまりにも多い






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Plau: Haftstrafe für Ex-Chef von Tierschutzverein


 記事、
ドイツ第2位のハンブルク・ティアハイムは犯罪のデパート
警察が押収した密輸犬を横領して転売したティアハイム~ティアハイムの犯罪はあまりにも多い
横領事件を繰り返して実刑判決を受けたティアハイムの経営トップ~ティアハイムの犯罪はあまりにも多い
の続きです。
 ドイツ、ラインラント・プファルツ州の動物保護協会(ドナーズベルク・ティアハイムの上部団体)の、経営者に関する刑事事件についてです。経営者は、脱税、犬の違法殺害、ティアハイムの資金の横領、組織の独裁私物化により、刑事告発されました。警察は捜査に着手しました。経営者は、再任を否決されました。ティアハイムの犯罪発生率は、ドイツにあるティアハイムの数が520施設程度であることを思えば異常に高いといえます。近年のティアハイムの寄付金収入が激減しているのは、ティアハイムの不祥事も大きな要因でしょう。



 サマリーで示した事件を報道する、ニュースソースから引用します。Langjähriger Vorstand abgewählt - anonymer Brief mit schweren Vorwürfen Eklat beim Tierschutzverein Donnersberg  「長年続いたティアハイムの取締役の再任は否決されましたー重大な刑事告発を伴う匿名の手紙により ドナーズベルク動物保護協会のスキャンダル」 2019年3月22日


Die Bandbreite der Vorwürfe und Geschehnisse, basierend auf einem anonymen Brief, ist groß.
Anzeige wurde erstattet, die Polizei ermittelt.
In der alljährlichen Sitzung des Tierschutzvereins Donnersberg wurde die Vorstandsvorsitzende Silvia Enders nicht entlastet und musste sich schweren Vorwürfen unterziehen.
Unter anderem werfen Mitglieder ihr Steuerhinterziehung, die Tötung eines Hundes, Unterschlagung und selbstherrliche Vereinsführung vor.
Ein anonymer Brief mit Anschuldigungen wurde verlesen.
Unprofessionelle und teilweise vereinsschädigende Maßnahmen, ein schlechter Umgang mit Tieren sowie Verstöße gegen das Vereinsrecht werden der Vorstandschaft unterstellt.
Diese Punkte seien auch dem Deutschen Tierschutzbund bekannt.

匿名の手紙に基づく、刑事告発による事件の範囲は広範にわたります。
告発状は受理され、警察は捜査を始めました。
ドナーズベルク動物保護協会の年次総会では、ドナースベルクの最高経営責任者であるシルビア・エンダース氏は、心休まることがなく、重大な刑事告発に対応しなければなりませんでした。
特に他の取締役は、脱税、犬の違法殺害、横領と独裁的な組織の指導の在り方を非難しています。
告発がある匿名の手紙が読まれました。
専門能力に欠け組織の一部に損害を与えた行為、動物に対する不適切な取扱いなどの協会の法律違反は、取締役会に引き継がれます。
これらの点は、ドイツ動物保護協会も知るところとなりました。



 アニマルシェルターに対する公費の助成ですが、先行した海外ではどのような問題が起きているのか分析する必要があると思います。そのためには正確な情報を伝えることが、マスメディアや研究機関、省庁などの義務と言えます。しかし海外の動物愛護に関する情報は、これらの全ての機関により、あまりにもひどい誤り、嘘、偏向情報がもたらされています。
 まず正確な情報を入手することです。それからすべてにおいて、日本は動物愛護に対する政策の見直しをするべきだと思います。前提となる情報に誤りがあれば、それを前提とした議論は、ボタンの掛け違いですべて間違えることになります。

 私見ですが私はアニマルシェルターは、現状の公的施設の動物愛護センターを拡充させる方が良いと思います。収容日数を伸ばし、期限までに譲渡が決まらなければ殺処分やむなし(どこの国でもそうしています)。譲渡活動は、限定的にボランティアを活用するなどです。神戸市動物管理センターと民間ボランティアの協働組織は、1つのモデルケースかもしれません(神戸市動物管理センターと「CCクロ」の取り組み)。しかし当初の理念とは、かなり変化しているとの情報もありますが。
 ふるさと納税(これも一種の「公費」です)で多額の資金を集め、多額の使途不明金の発生や、狂犬病予防法違反などの違法行為を行うアニマルシェルターが日本でも出てきています。ドイツに限らず、私営のアニマルシェルターへの公費助成は、不正の温床になっていることが大変多いのです。ドイツ以外の国の私営のアニマルシェルターの不正については、折々記事にします。


(画像)

 シェルターへの補助金や公営シェルターがうまくいかない理由 2016年7月10日 から
 「まとめサイト」を立ち上げた、はらぺこプリマスさんですが、ティアハイムの運営に対して大いに誤解しているようです。ドイツのティアハイムの運営資金は、かなりを公的な補助金に頼っています。また近年の経営悪化で、その額を増額している州自治体が続出しています。
 「シェルターに公的資金をつぎ込めば、保護した犬猫のウンコやスタッフのウンコや遊興費になる」と述べています。それはまさに真実で、補助金漬けのティアハイムでは、きわめて多くの経営者による資金の横領事件が発生しています。まさに「税金がスタッフのウンコ」になっているのがドイツのティアハイムです。経営トップ夫妻の多額横領事件で紛糾したティアハイム・ベルリンですが、経営トップ夫妻は、ティアハイム・ベルリンの資金を高級ディナーの費用にも充てていました。まさに税金が経営トップ夫妻のウンコになった実例です。アニマルシェルターへの公的支援は、ドイツのティアハイムは「他山の石」とするべきでしょう。

4はらぺこプリマス
スポンサーサイト



横領事件を繰り返して実刑判決を受けたティアハイムの経営トップ~ティアハイムの犯罪はあまりにも多い






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Plau: Haftstrafe für Ex-Chef von Tierschutzverein


 記事、
ドイツ第2位のハンブルク・ティアハイムは犯罪のデパート
警察が押収した密輸犬を横領して転売したティアハイム~ティアハイムの犯罪はあまりにも多い
の続きです。
 ドイツ、メクレンブルクーフォアポンメルン州の、ティアハイムの元経営トップに関する刑事事件についてです。元経営トップは、ティアハイムとその上部団体の動物保護協会の資金を繰り返し横領したなどの犯罪事実により、今年実刑判決を受けました。ティアハイムの犯罪発生率は、ドイツにあるティアハイムの数が520施設程度とごく少ないことを思えば、異常に高いといえます。近年のティアハイムの寄付金収入が激減しているのは、ティアハイムの不祥事も大きな要因だと思います。



 サマリーで示した通り、今年、メクレンブルク・フォアポンメルン州のティアハイムや、その上部組織の動物保護協会の資金を横領するなどの犯罪行為を繰り返したことで、元経営トップが実刑判決を受けました。その事件を報じる記事から引用します。
 Plau: Haftstrafe für Ex-Chef von Tierschutzverein 「プラウ:元動物保護協会(ティアハイム・プラウ・アム・ゼーの上部団体)の元経営トップの実刑判決」 2019年5月29日


Der frühere Vorsitzende des Tierschutzvereins Plau am See (Landkreis Ludwigslust-Parchim) ist wegen Untreue zu einer Freiheitsstrafe verurteilt worden. Das Amtsgericht verhängte ein Jahr und vier Monate ohne Bewährung.
Zudem soll der 62-Jährige rund 8.700 Euro Geldstrafe zahlen, weil er Sozialleistungen nicht abgeführt hatte.
Das Gericht sah es als erwiesen an, dass der frühere Vereinschef in elf Fällen Sozialbeiträge für zwei ehemalige Angestellte des Tierheims nicht gezahlt hatte.
Zudem wurde er in fünf Fällen der Untreue für schuldig gesprochen, weil er Vereinsgelder in Höhe von mehreren Tausend Euro unrechtmäßig an sich genommen hatte.
Er ist bereits mehrfach wegen verschiedener Vermögensdelikte vorbestraft, daher wurde die Freiheitsstrafe nicht erneut zur Bewährung ausgesetzt, so der Richter, der mit seinem Urteil über die Forderung der Staatsanwaltschaft hinausging.
Diese hatte eine Freiheitsstrafe von einem Jahr und zwei Monaten gefordert.

動物保護協会(註 ティアハイム・プラウ・アム・ゼーの上部組織)プラウ・アム・ゼー(ルードヴィッヒストルスト・パルヒム地区)の元会長は、横領により懲役刑を言い渡されました。
地方裁判所は、執行猶予なしで1年4か月の懲役を科しました。
さらに、62歳の元会長は社会保障費を支払っていなかったために、約8,700ユーロの罰金を支払わなければなりません。
裁判所は元会長が11件のケースで、ティアハイムの従業員2人の社会保障費を支払っていなかったことが証明されたとしています。
さらに元会長は、動物保護協会の資金から数千ユーロの金額を違法に取得した、5件の横領の犯罪事実で有罪判決を受けました。
元会長は今までにさまざまな経済犯罪で何度か有罪判決を受けていますので、したがって執行猶予により再び懲役刑の判決が回避されることはありません、と裁判官は言い渡しました。
この1年4カ月の懲役の判決は、検察官の求刑の1年2カ月を超えるものでした。


 ティアハイムの資金を横領したなどの犯罪事実により、1年4カ月の実刑判決を受けた、プラウ動物保護協会(註 ティアハイム・プラウ・アム・ゼーの上部組織)の元会長は、2017年にもティアハイムの資金を横領したことで、検察庁から捜査を受けています。その記事から引用します。
 Tierheim Plau am See vor dem Aus 「ティアハイム・プラウ・アム・ゼーは、解散に直面しています」 2017年9月29日


Dem Tierheim in Plau am See (Landkreis Ludwigslust-Parchim) droht nach mehr als 20 Jahren das Aus.
Unterdessen laufen die Ermittlungen der Staatsanwaltschaft Schwerin wegen des Verdachts der Untreue gegen den ehemaligen Vereinsvorsitzenden weiter.
Ihm wird vorgeworfen, Vereinsgelder zweckentfremdet eingesetzt zu haben.

ティアハイム・プラウ・アム・ゼー(ルートヴィヒ・スラストパルヒム地区)は、2020年以降は、存続の危機に脅かされていいます。
一方、シュベリン検察官の捜査は、元動物保護協会(註 ティアハイム・プラウ・アム・ゼーの上部団体)会長に対する横領の疑いにより、継続しています。
元会長は、動物保護協会の資金を横領したと告訴されています。



 前回記事でも述べたことですが、ドイツにはティアハイムは520程度しかありません。その数の少なさからすれば、ティアハイムとその上部団体の動物保護協会における犯罪発生率は、異常ともいえるほど多いのです。その荒廃ぶりは凄いましいです。
 今回引用した記事では、経営トップが繰り返しティアハイムとその上部団体の動物保護協会の資金を横領しています。そのような内部統制に問題があるティアハイムでも、認可取り消しがされないのも驚きです。しかしそれは、ドイツの動物保護行政上、やむを得ない面もあるのでしょう。多い年で、ティアハイムの犯罪は、マスメディアにより数回程度報道されています。


(動画)

 Hunde vermittlung - Februar/März 2019 (Tierheim Hannover TV) 「犬の仲介 2月/3月 ティアハイム・ハノーファーTV) 2019/02/22
 映像メディアを駆使しても、ティアハイムの保護動物の譲渡数は減少傾向ですし、寄付金も減少しています。その理由は、ティアハイムのあまりにも多い犯罪の発生もかなり影響していると思います。金融危機はすでに収束して、ドイツは現在好景気です。

警察が押収した密輸犬を横領して転売したティアハイム~ティアハイムの犯罪はあまりにも多い






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Weiter keine Spur von Hunden: Passauer Tierheimleitung droht Haft


 記事、ドイツ第2位のハンブルク・ティアハイムは犯罪のデパート、の続きです。
 最近起きた事件です。ドイツ、バイエルン州にあるパッサウ・ティアハイムが、警察が押収した密輸犬の収容を受託しました。しかしその犬をティアハイムが横領し、一般客に販売(?)しました。ティアハイムの女性経営トップは、警察・検察から、「警察の押収品の犬を横領した」疑いで取り調べを受けています。その女性は、懲役刑が科される可能性におびえています。



 サマリーで示した事件を報じる、ドイツのマスメディアの記事はこちらです。Weiter keine Spur von Hunden: Passauer Tierheimleitung droht Haft 「行政から収容を受託した犬は跡かたなく消えた:パッサウ・ティアハイムの経営者は懲役刑におびえています」 2019年8月7日 から引用します。


Von den inzwischen weit über Bayern hinaus bekannten Hunden, die im März bei einer Kontrolle auf der A3 beschlagnahmt und im Tierheim Passau untergebracht wurden, fehlt noch immer jede Spur.
Der Tierheimleitung droht im schlimmsten Fall sogar eine Haftstrafe.
Von Geldstrafe bis zu Freiheitsstrafe von fünf Jahren reicht der Strafrahmen bei "veruntreuender Unterschlagung", wie sie der Passauer Tierheimleitung vorgeworfen wird.
Gegen die Verantwortlichen des Tierheims Passau ist bei der Staatsanwaltschaft Passau nach wie vor ein Ermittlungsverfahren wegen des Verdachts der Unterschlagung.
Mitte März waren Tiere bei einer Grenzkontrolle beschlagnahmt worden.
Mehrere Hunde aus dem Transport von Rumänien nach Großbritannien, der für Tierschutzvereine durchgeführt wurde, wurden vorübergehend ins Tierheim Passau gebracht.

今のところ、バイエルン州で有名になった、今年の3月に高速道路A3号線の検問中に押収された(註 警察の検問中に見つかって押収された密輸犬)、パッサウ・ティアハイムに収容された犬の痕跡は見つかっていません。
ティアハイムの経営トップは最悪の場合、懲役刑を科されることに脅かされています。
犬の「横領」は、罰金から5年の懲役までですが、パッサウ・ティアハイムの経営トップはそれにより刑事告発されています。
ティアハイムの経営トップは横領の疑いに関する犯罪捜査で、パッサウの検察庁で捜査を受けています。
今年の3月中旬に、国境の検問で犬は(註 密輸で)押収されました。
ルーマニアからイギリスへ密輸される何頭かの犬は動物保護協会により、一時的にティアハイム・パッサウに運ばれました。
州の獣医事務所による収容期限の後に、警察が再びパッサウ・ティアハイムに赴いたところ、それらの犬は跡形もなく消えていました。



 この事件の経緯は次の通りです。今年3月中旬に、ルーマニアからイギリスまで犬を密輸するために陸路密輸業者がドイツを通過しようとしたところ、警察の検問にあって犬が押収されました。警察は押収した犬の収容を、パッサウ・ティアハイムに委託しました。州の獣医師事務所が指定した期限(註 おそらく狂犬病予防接種がされていなかったことから、狂犬病の感染の有無の経過観察の期間を指定したものと思われます)の後に、警察が再びパッサウ・ティアハイムに犬の引取に赴いたところ、それらの犬が跡かたなく消えていたということです。おそらくティアハイムは、その犬を一般客に転売したものと思われます。
 他のドイツマスメディアの報道では、「ティアハイムの経営トップが犬が病理検査で殺処分されることを恐れたから」と擁護しているものもあります。狂犬病の確定検査では、脳組織を取り出して検査しなければならず、殺処分が必須となるからです。仮に本当にその犬が狂犬病に感染していたとしたら、譲渡先の飼い主を狂犬病感染の危険にさらすことになります。私は、ティアハイムトップの行為は許容できません。

 まず成立する犯罪は、行政(警察の押収物)に所有権があるものを、無断で処分したことによる横領罪です。また、狂犬病ワクチンが未接種、さらに狂犬病の感染がある犬を無許可で国内に放出したことによる狂犬病法違反です。
 ドイツでは、日本のように、公的機関による犬猫の収容施設が基本的にはありません(短期収容施設を持つ自治体はあります)。例えば通関法違反による密輸や狂犬病法による犬などの押収においても、ドイツでは民間施設のティアハイムに収容を委託します(註 もちろん行政が委託した場合は行政から飼育費が公費支出されます)。多くの自治体では、そのような犬猫などの収容施設を持ちませんので、民間のティアハイムに収容を委託しているのです。

 私は、行政による押収動物の収容を民間施設に委託するのは、問題が生じる可能性が高いと思います。パッサウ・ティアハイムの本事件のような場合、パッサウ・ティアハイムが勝手に横流しした犬が仮に狂犬病に感染していたらどうなのでしょうか。一般市民を極めて危険な感染症の危険にさらすことになります。
 日本では、公的機関の「動物愛護センター(保健所)」がその機能を担っています。公的機関であれば、狂犬病の疑いのある犬猫などの経過観察中に、一般客に販売や譲渡されるということはあり得ません。


(動画)

 Passauer Tierheim nimmt illegal transportierte Welpen auf 「パッサウ・ティアハイムは、違法貿易の子犬を取得しました」 2017/04/12
 これは2017年公開の動画ですが、パッサウ・ティアハイムは、以前から違法貿易で押収された子犬を取得し、再販売していた実績があるようです。ビデオに写っている、Stefanie Orthuber 「ステファニー・オルソバー」氏が、今回引用した記事の記述にある、警察が押収した犬を押収した疑いで捜査されている、「ティハイムの経営トップ」でしょう。

ドイツ第2位のハンブルク・ティアハイムは犯罪のデパート






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Zahlreiche Straftaten des Hamburger Tierschutzvereins.


 ドイツ国内で第2の規模を誇る、ハンブルク・ティアハイムと、その上部団体ハンブルク動物保護協会ですが、現在(2019年)いくつもの違法行為で刑事事件として捜査されています。まずルーマニアからの犬の違法輸入です。狂犬病ワクチンの接種をしなかった、正規の検疫を受けなかったなどです。また従業員による寄付金の横領と、従業員に対するハラスメント、違法解雇、従業員の闇残業などの労働法違反もあります。まさに「犯罪のデパート」と化した、最大手ティアハイムの荒廃ぶりは目に余ります。


 サマリーで示した通り、ドイツ第2位の規模のティアハイムを擁するハンブルク動物保護協会とハンブルク・ティアハイムは、多くの犯罪により刑事告発され、司法当局により捜査されています。
・ルーマニアからの500頭もの多数の犬の違法輸入(通関手続きをしていない、狂犬病ワクチンが未接種など)をはじめ、
・従業員による寄付金の横領や、
・労働法違反もあります。

 まさに「犯罪のデパート」と化した、ドイツ第2位のティアハイムです。それを報じるドイツのマスメディアの記事には、Was ist dran? Schwere Vorwürfe gegen Hamburger Tierschutzverein 「それは何ですか?ハンブルク・ティアハイムに対する深刻な告発の数々」 2019年2月11日、などがあります。以下に引用します。


Verstöße gegen die Impf- und Einreisevorschriften?
Import von Hunden aus Rumänien?
Mobbing?
Das Bezirksamt Mitte prüft schwere Vorwürfe gegen den Hamburger Tierschutzverein.
Ermittelt die Behörde nach eigenen Angaben seit mehreren Monaten wegen des Verdachts auf zahlreiche Verstöße gegen Vorschriften und Gesetze.
Außerdem habe das Tierheim 500 Hunde aus Rumänien nach Hamburg geholt und dabei gegen Impf- und Einreisevorschriften verstoßen.
Schließlich gebe es Probleme in der Personalführung.
Mehreren Mitarbeitern sei gekündigt worden.
Die Personalpolitik des Vorstands ist geprägt von Ausbeutung, Bedrohung und Mobbing.
Auch strafrechtliche Konsequenzen könnten laut einer Sprecherin des Bezirksamts, nicht ausgeschlossen werden.
Zu den Kündigungen heißt es, die betreffende Person habe 88 Euro Spendengelder unterschlagen.
Bei der dritten Kündigung eines Betriebsratsmitglieds wegen Arbeitszeitbetrugs sei das Verfahren noch nicht abgeschlossen.
Bei der dritten Kündigung eines Betriebsratsmitglieds wegen Arbeitszeitbetrugs sei das Verfahren noch nicht abgeschlossen.
Des Hamburger Tierschutzvereins von 1841 e. V., der mehr als 5200 Mitglieder hat und Deutschlands zweitgrößtes Tierheim unterhält.
Jährlich werden bis zu 10.000 Tiere aufgenommen.

ワクチン未接種と犬の輸入規則の違反?
ルーマニアからの犬の違法輸入?
職場でのハラスメント?
地方行政当局は、ハンブルク動物保護協会(ハンブルク・ティアハイムの上部組織)に対する重大な告発を確認しています。
司法当局によると、当局は数ヶ月間、ハンブルク動物保護協会の規制や法律の多数の違反を調査してきました。
さらにハンブルク・ティアハイムは、ルーマニアからハンブルグに違法に500頭の犬を持ち込み、予防接種義務と輸入規制に違反していました。
最後に、人事管理に問題があります。
複数の従業員が違法に解雇されました。
ハンブルク動物保護協会の取締役会での人事方針は、搾取と脅迫、とハラスメントに特徴づけられます。
地方行政当局は、ハンブルク動物保護協会の犯罪の事実を除外することはできませんでした。
解雇は、従業員が88ユーロの寄付金を横領したからだとされています。
労使間メンバーでの協議の3回目の終了時には、まだ勤務時間の不正(註 上限労働時間の超過や闇残業)に関する協議は継続中でした。
1841年設立のハンブルク動物保護協会は5200人を超える会員を持ち、ドイツで2番目に大きなティアハイムを持っています。
毎年、最大で10,000頭の動物が収容されています。



 ドイツのティアハイムと、その上部団体の動物保護協会の犯罪は頻繁に発生します。ドイツ最大の規模を誇るティアハイム・ベルリンも、まさに「犯罪のデパート」と言うべき組織です。過去には、経営トップ夫妻がティアハイムの資金を横領、詐取し、個人の贅沢三昧に充てていました。調度品や高級服、私的な高級ディナーやさらには家の購入資金至るまで、ティアハイムの資金が流用されていました。その事件が決着するまでには、7年もの歳月を要しました。また、健康な若い犬を違法に殺害して、その死体を多数、毎週ベルリン自由大学獣医学部に解剖用として納入していました。
 大規模ティアハイムの他、小規模施設においても犯罪の多さは例外ではなく、それらについても私は多くを記事にしています。最近1年間に限っても、犬の違法殺害、組織の資金を役員が横領する、警察が密輸犬を押収し、ティアハイムに収容を委託したところ、ティアハイムがその犬を一般客に転売したという横領事件などがあります。ティアハイムの数が500あまりと数が少ないことをかんがみれば、ティアハイムの犯罪発生率は異常なほど高いといわざるを得ません。


 私は過去に、ティアハイム・ベルリンの犯罪について何度か記事にしています。以下に例示します。
醜聞にまみれたティアハイム・ベルリン~あまりにも多いティアハイムの犯罪
保護犬を殺害し、実験用に払い下げていたティアハイム・ベルリン~あまりにも多いティアハイムの犯罪
ティアハイム・ベルリン代表の横領スキャンダル~あまりにも多いティアハイムの犯罪
続・ティアハイム・ベルリン代表の横領スキャンダル~あまりにも多いティアハイムの犯罪
続々・ティアハイム・ベルリン代表の横領スキャンダル~あまりにも多いティアハイムの犯罪
まとめ・ティアハイム・ベルリン代表の横領スキャンダル~あまりにも多いティアハイムの犯罪

 また、ティアハイムの犯罪については、このような記事を書いています。
記事検索 : ティアハイムの犯罪 1ページ

 その他にも、今年に入ってからも、ティアハイムの犯罪はいくつも報道されています。次回記事で、そのいくつかを取り上げます。


(動画)

 Rumänische Straßenhunde | BR24 「ルーマニアの野良犬」 2017/06/07公開
 ティアハイムやその上部組織である動物保護協会が、東欧やギリシャなどの南欧の動物保護に遅れた国から「犬を救出する」と言う名目でドイツに犬を持ち込み、法外な値段で売る「アニマル・レスキュー詐欺が数年来ドイツで問題になっています。正規の通関手続きをしない、狂犬病ワクチンを接種しないなどの違法行為は頻繁にあります。またドイツの野良犬をこれらの国々からのレスキュー犬と詐称して高値で売ったり、これらの国で雑種犬を繁殖していることすらあります。「犬の輸送費用や治療費」を最初に請求して、「輸送中に犬が死んだ(嘘)」などと理由をつけて犬が引き渡されないケースもあります。

Es ist ein Skandal: Geld verdienen mit dem Leid von Tieren - mit dem Leid von Straßenhunden aus Rumänien.
Was dort in Tierheimen täglich abläuft, wollen deutsche Tierschützer nicht länger dulden.

スキャンダル:ルーマニアの野良犬の苦しみでお金を稼ぐ。
ドイツのアニマルライツ活動家は、もはやティアハイムで毎日起きていることを許容したくはありません。


運営費の50%が補助金漬けのドイツのティアハイム






Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
50 Prozent der Gesamtkosten für den Betrieb wünscht sich der Tierheim vorstand künftig von Stadt und Städteregion.


 記事、3分の1のティアハイムが破産に直面しているドイツ、バイエルン州、の続きです。
 日本では、ドイツのティアハイム(動物保護施設)に関する正確な情報はほぼありません。「運営費はすべて民間の寄付による。公的な補助は一切受けていない」もその一つです。ティアハイムは拾得動物の収容と管理が法的に義務付けられており、自治体から飼育費用が補助されます。また設備投資とその維持費などに最大75%の補助金が支払われる州もあります。認可を受けたティアハイムで自治体からの業務受託を行っていないところはありませんので、100%のティアハイムが公的補助を受けています。さらに近年のティアハイムの経営悪化により、ティアハイムの統括団体でるドイツ動物保護連盟は一貫して補助金の引き上げを求めています。経営不振のティアハイムには、運営費の50%超の補助率もあり得ます。



 サマリーで示した、「経営不振のティアハムに対しては50%以上の公的資金の補助率もありうる」ことを示す、ドイツのニュースソースから引用します。
 最初の記事は、経営不振の、ノルトラインーヴェストファーレン州の最大手の一角のティアハイムの補助金率を50パーセントに引き上げるであろうというニュースです。次のニュースは、経営不振で廃業し閉鎖に直面しているティアハイムがあることに備え、バイエルン州政府が補助金を出捐して、新しいアハイムを建設する意向を示しているというニュースです。補助率は50%以上もありうるだろうということです。


Aachens Tierheim darf nicht vor die Hunde gehen. 「アーヘンのティアハイムは犬の引取はしません」 2019年2月14日

Auf 1,1 Millionen Euro pro Jahr sind die Betriebskosten für das Aachener Tierheim am Feldchen explodiert.
Das sind etliche Hunderttausend Euro mehr als noch vor wenigen Jahren.
Allen Spenden und Erbschaften zum Trotz. Es reicht nicht.
Denn auf den rund 5000 Quadratmetern, auf den die Auffangstationen für Hunde, Katzen, Vögel und andere Artgenossen – außer Großnutztiere und Exoten – untergebracht sind, ist von Jahr zu Jahr mehr los.
Die Aachener Einrichtung zählt damit zu den größten der 78 Tierheime Nordrhein-Westfalens.
Gerade im Eschweiler Raum, am Blausteinsee und an Autobahnraststätten, aber auch im grenznahen Aachener Gebiet werden laut Vierthaler besonders viele herrenlose Tiere aufgelesen.
50 Prozent der Gesamtkosten für den Betrieb wünscht sich der Vorstand künftig von Stadt und Städteregion.

年間110万ユーロにまで、フェルトチェンのティアハイム・アーヘンの運営費は爆発的に増加しました。
それは数年前よりも数十万ユーロも多いです。
寄付と遺贈があるにもかかわらず、運営費は十分ではありません。
犬、猫、鳥、その他の動物が収容されている約5000㎡の保護ステーションには、大型の使役動物や外来種を除き、収容動物は年々増え続けています。
アーヘンの施設は、ノルトラインヴェストファーレン州にある78のティアハイムのうち、最大の施設の1つです。
特に、エシュヴァイラー地域、ブラウシュタインゼー地域、高速道路のサービスエリアだけでなく、国境に近いアーヘン地域でも、フィーアターラー氏(ティアハイム関係者)によれば、多くの捨てられた動物が拾得されています。
ティアハイムの役員会は、将来市と地域自治体に、ティアハイムの総運営費用の50%の負担を希望しています。


Tierheim endlich auf einem guten Weg 「ティアハイムにとってやっと良い方法がありました」 2018年12月28日

Das Kitzinger Tierheim könnte von heute auf morgen zugesperrt werden.
Wegen Einsturzgefahr.
Dass das Tierheim von heute auf morgen schließen müsste,
stand nun nicht mehr zur Debatte.
Der Freistaat hat wohl vor, sich künftig beim Bau von Tierheimen mit einer staatlichen Förderung zu beteiligen.
Scheinbar sind bis zu 50 Prozent möglich.

キッツィンガー・ティアハイムは、いつでもその日の朝から閉鎖される可能性があります。
経営破綻の危険があるためです。
ティアハイムがいつでも閉鎖される可能性があるという事実は、もはや議論の余地がありませんでした。
バイエルン自由州は、将来的に州の支援によりティアハイムの建設に参加することを計画しています。
おそらく(補助金は)、最大50%までありえます。



 「日本では、ドイツのティアハイムに関しては、ほぼ正しい情報がない」ことを前回記事でも述べました。前回記事に続いて、シェルターへの補助金や公営シェルターがうまくいかない理由 2016年7月10日 を引用します。
 この「Twitterのまとめサイト」は、「ドイツのティアハイムでは補助金なしでうまくやっている。だから日本での動物保護施設に補助金支給に反対」という趣旨のようです。しかし引用しているツイッターの、「ドイツにはティアハイムが5,000あり(真実は500あまりです)」などと言うデタラメ記述も痛いです。


(画像)

 シェルターへの補助金や公営シェルターがうまくいかない理由 2016年7月10日 から

 「国からの補助もドイツのティアハイムはなくなったか削られたかして、運営に行き詰まって閉鎖してるシェルター(ティアハイム)も沢山あるんだよね」。
 ドイツのティアハイムは以前から相当率の公的補助があり、行政から収容と管理を委託された動物に関しては、1カ月程度を上限とする飼育費の支給(自治体により幅がある)が行われていました。2008年に東欧諸国がEUに加盟し、人、モノ、カネの移動が自由になり、一気に安価な東欧産の犬がドイツに輸入されるようになりました。それが原因でティアハイムの保護犬販売が不振になり、経営が悪化したのです。そのために、相次いでドイツの連邦州は、ティアハイムに対する公的補助の増額を実施し、さらなる増額を予定している州もあります。シュレースヴィッヒーホルシュタイン州は、昨年設備投資に対する補助率を75%まで引き上げることを公表しました。それには経常的な、「飼育費の公費支給」は含まれていません。それを含めれば、まさに「ティアハイムは補助金漬け」といっても過言ではありません。

1ティアハイムキャプチャ toggeter


(参考資料)

動物愛護管理に係る海外調査報告書 平成29年8月 調査機関 三菱UFJリサーチ&コンサルティング

 全てにおいて誤り、嘘、偏向で埋め尽くされ、ティアハイムに関する記述のみならず、正確な記述がほぼないという、とんでもない資料です。一般読者を対象としたマスメディアの記事のみならず、公的機関がシンクタンクに依頼して作成した資料でもこの有様です。まさに日本の動物愛護は暗黒です。

ティアハイムの運営許可飼育管理に関する監督責任は各自治体が持っており、ティアハイムの予算の一部を負担しているところもある(この記述ですと「ティアハイムの予算を一部負担している自治体は例外」と言う意味になります。ティアハイムの飼育費の補助等を予算計上していないドイツの自治体は、皆無でしょう。つまり100%の自治体がティアハイムの予算の一部を負担しています)。(13ページ)。
ティアハイムは民間の寄付や遺贈により運営されている(この記述では、「全額(またはほぼすべて)が民間の寄付や遺贈」という意味になります)。
財政的に動物保護連盟や自治体から支援を受けているところもある(この記述ですと、「自治体から財政支援を受けているティアハイムは例外であるという意味になり誤りです。広義の補助金である、受託動物の飼育費は、100%のティアハイムが自治体から支給を受けています)。(16ページ)。



(参考記事)

「ティアハイムは寄付により運営されている」は偏向~三菱UFJリサーチ&コンサルティング
寄付金収入の割合が20%のドイツのティアハイム~三菱リサーチ三菱UFJリサーチ&コンサルティングのデタラメ


(参考資料)

はらぺこプリマス@11/4音楽的偶像 

 にリプライしました。そのスクリーンショットです。前回記事公開時も、「はらぺこプリマス」さんのツィートに前回記事のリンクをリプライしましたが削除されました。「イギリスでは、2018年に6カ月未満の犬猫の販売を禁じた」の誤りに関しても指摘しましたが、削除されました。近くアクセス禁止になるでしょう。
 真実は、「2019年に下院に議案提出された段階で、成立は流動的である」です。またこの法律はイングランド法(イギリス=イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4カ国からなる連合国のうち、効力が及ぶのはイングランドとウェールズのみです)ですので、仮に可決成立しても、イングランドとウェールズしか効力が及びません。したがって「英国(=イギリス)では」とするのも誤りです。

 まとめサイトの信ぴょう性は極めて低いです。以前も「ドイツでは犬猫の狩猟駆除があるから公的殺処分(行政が行う殺処分)がない」という、まとめサイトが検索上位に上がりました。真実は、ドイツでは狂犬病規則や禁止犬種法による禁止犬種の行政による強制殺処分、通関法での検疫不備の犬猫などの押収と強制殺処分などの公的殺処分が法律で規定され、相当数あります。ソーシャルメディア、特にTwitterは字数制限などから他に比べて信ぴょう性が低いと感じます。これらのメディアの信ぴょう性ですが、管理人の対応でも判断できるでしょう。
 疑義に対してきちんと対応しているか。つまりその情報が正しいとするのならば、他にもそれを裏付ける情報を示すなどの対応とするかどうかです。また、明らかに誤りがあれば謝罪して訂正する潔さも必要です。

はらぺこプリマス2

プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,227ブログ中6位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR