ロシア版「羊頭狗肉」ならぬ「兎頭猫肉」

Пожалуйста, пришлите мне по электронной почте.
eggmeg@hotmail.co.jp


(резюме)
На рынке не редки случаи фальсификации мяса, особенно подмены одного вида другим, более дешевым.
Достаточно дорогое диетическое мясо кролика иногда пытаются заменить мясом кошки.
Порой на витрине может лежать настоящий кролик , а из-под полы могут достать мясо другого зверя.
А ведь многие европейцы не могут себе представить, как можно есть домашних питомцев.


 ロシアでは、肉の種類を偽って売ることは珍しいことではないようです。特に、ロシアではウサギ肉は高級肉ですが、猫肉をウサギ肉と偽って売るケースが多いのです。ロシア語の、ウサギ肉と猫肉を判別するための情報提供サイトがいくつもあります。


 私は、ロシア語も少しわかります。かつてロシア語も勉強していましたし、ロシア文化に傾倒したこともあります。ロシアと言う国は、嫌いではありません。今までロシアの動物愛護情報をご紹介しなかったのは、動物愛護に関しては、参考となる情報がなかったからです。
 今回ご紹介するのは、ロシアの「ウサギ肉と猫肉を区別する方法」の情報サイトです。ご紹介のサイト以外にも、「ウサギ肉と猫肉の区別」に関する情報サイトはいくつもありました。ドイツ語や英語では、このようなサイトはほとんどありませんでした。ロシアでは、それだけ猫肉をウサギ肉と偽って売る業者が多いのだと思います。

 問題のサイトです。Как отличить МЯСО КРОЛИКА от МЯСА КОШКИ「ウサギ肉と猫肉を見分ける方法」。2013年12月。


На рынке не редки случаи фальсификации мяса, особенно подмены одного вида другим, более дешевым.
1、У кролика задние лапы длиннее и сильнее передних, а основание хвоста тонкое.
2、Кроличье мясо имеет белый или бело-розовый цвет, жир всегда белый, легкоплавкий.Кошатина имеет красный оттенок и желтый тугоплавкий жир.
3、Жир на тушке кролика будет разве что вокруг печени и других внутренних органов.Упитанная кошка будет иметь жир на брюшной стенке.
4、Мясо кролика имеет нежную консистенцию и на вкус напоминает курицу.

市場では、肉を別の種類の安価な肉に置き換えて、改ざんすることは珍しいことではありません。
非常に高価で栄養豊富なウサギ肉は、時々猫肉に取り替えて売ろうと試みられます。
1、ウサギは後ろ足が前足より長くて強いです、そして尾の付け根(の肉)が薄いです。
2、ウサギの肉は通常白または白に近いピンク色で、脂肪は白く融点が低いです。猫肉は赤みがあり、脂肪は黄色で熱に融けにくいです。
3、ウサギの肉は、脂肪は肝臓や他の内臓の周りにあります。太った猫には、腹の皮下に脂肪があります。
4、ウサギの肉は繊細な質感で、鶏肉のような味がします。猫肉は、牛肉より粗い感じがします。



 ロシアは、旧ソ連解体に伴う混乱の影響を、いまだに脱しきれていないのでしょうか。国の管理が届かず、ある面では自由主義経済を標榜する西側先進国よりレッセフェール(自由放任主義経済)が徹底しているのかもしれません。
 それにしても猫肉が、ヨーロッパでも広く食べられていることに驚きます。

 しかし日本は、ロシアの現状を笑っている場合ではありません。最近も、全聾の現代のベートーヴェンと言われた自称作曲家の佐村河内守氏の経歴が、全て嘘だったことが露呈しました。曲も、全てゴーストライターが書いていました。「幼少の頃から音楽の英才教育を受けていた」「ピアノの名手」どころか、「楽譜は読めない」「ピアノの腕はバイエル未満」が真実でした。
 私は、佐村河内守氏の曲は、氏の経歴はさて置き、素晴らしいと思っていました。私はよほど音楽的センスがないのでしょうか。佐村河内氏の作風は、嘘がバレる前から「ラフマニノフやマーラーなどの後期ロマン派のコピー」と評論していた人もいます。私はラフマニノフは好きなので、それが理由なのでしょう。

 小保方晴子氏の、STAP細胞捏造事件もありました。小保方氏も佐村河内氏も、かの国有放送のNHKが肝いりでスターダムに押し上げました。すぐに彼らの化けの皮が剥がれて、NHKの面目も丸つぶれです。このような演技性人格障害者の虚言を見抜けなかったNHKの、内部統制に問題があると感じます。
 日本も、偽装まん延国家です。他にも、特に、日本で紹介される、動物愛護に関する海外の情報はほぼ全てが嘘です。NHKをはじめとする最大手メディアが、嘘情報の拡散を押し進めています。また、日本の動物愛護界には、経歴詐称の可能性大の動物愛護界のカリスマ、自称ドイツ連邦獣医学博士サマ(実は最終学歴は日本の三流大学卒。ドイツ語は中学3年生の英語並み、生物学の知識は高校生物Ⅰ未満かもしれません)という、演技性人格障害者もいますしね。


(画像)

これは猫肉?それともウサギ肉?
Эта кошка мясо? Или мясо кролика?

rabit.png


(動画)

 佐村河内守氏の曲演奏動画は、多くが削除されていました。高橋大輔さんの演技の動画を紹介します。曲は、佐村河内守氏自称作曲、「ヴァイオリンのためのソナチネ」。確かに曲想はラフマニノフに似ているかもしれません。どこかで聞いたような旋律を、ツギハギしたような気がしないでもないです。
 私の好きなフルチンコ、じゃなかった、プルシェンコさん全盛期の演技もご紹介します。芸術点がオール6点の歴史的演技です。







 
スポンサーサイト
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR