「オランダにはペットショップがない」という大嘘プロパガンダ~懲りない愛誤たち



地域猫 ブログランキングへ




Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。 eggmeg@hotmail.co.jp
(hotmailは不着になることがあります)

(Netherlands Niederlande)

 最近、「オランダではペットショップがない(犬猫の生体展示販売をしているペットショップと好意的に理解しますが)」という情報がインターネット上で目に付くようになりました。しかしそれは全く事実無根の大嘘です。オランダでは犬猫とも、普通にショーケースで犬猫の生体を展示販売するペットショップは存在します。犬猫の生体展示を行う小売業を禁じる法律もありません。近年では、ポーランドなどで生産された安価な仔犬がオランダに輸出され、それがペットショップで劣悪な展示販売されていることが問題視されています。


 「オランダ ペットショップ」で検索した結果です。約23万1,000件の情報がヒットし、その多くが「オランダにはペットショップが存在しない」としています。以下にいくつか例示します。


動物先進国と日本 一人ひとりの意識の違い(記事の更新時は不明ですが、2012年の情報がありますのでおそらく2013年以降でしょう)。

日本のように、ペットショップで買いたいと思ったときに購入できるシステムはオランダには存在しません。
オランダではペットショップでの犬猫の生体販売は行われていません。

黒柴マロの世界解体新書 〜Maro's World Anatomy〜。2014年3月28日。

オランダのペットショップも*1、アメリカ同様(*1、アメリカではごく例外的に一部の自治体では犬などの展示生体販売の小売を禁じています。アメリカ合衆国は、多くの犬猫を展示生体販売しているペットショップが存在します)、店内で犬猫の生体販売は行っておりません。
そのため、オランダで犬を飼う場合は、ブリーダーさんから購入するか、レスキューで引き取るかの二択になります。

犬の殺処分ゼロの国オランダには日本のようにペットショップで犬猫の生体販売は行...。2015年1月10日、yahoo! 知恵袋。

犬の殺処分ゼロの国オランダには日本のようにペットショップで犬猫の生体販売は行われていない。
オランダはどのような経路を辿ってペットショップでの生体販売禁止、殺処分ゼロを実現させたのでしょうか?



 以上のように、日本語で「オランダ ペットショップ」で検索すれば、実に多くの「オランダには、犬猫を展示生体販売するペットショップはない」という情報がヒットします。また同時にこの情報を提供しているサイトでは「オランダは殺処分ゼロである」ともしています。しかし、「オランダには犬猫の生体展示販売をしているペットショップはない」、「オランダでは殺処分ゼロである」は、おそらく日本語検索でしか該当する情報はないのではないかと推測します。これらの日本語のサイトでは、オランダの根拠法や政府の公的な文書などの一次ソースを示しているものは一つもありません。
 私が英語とドイツ語で同様の情報検索をしたところ、該当する「オランダには犬猫を展示販売するペットショップはない」もしくは「法律で禁じているために存在しない」という情報は皆無でした。むしろ「オランダでは東欧で生産された安い仔犬の輸入が激増し、ペットショップでの劣悪な展示販売につながっている」との情報が多くあります。その一つを引用します。ドイツの犬雑誌、DogsMagazinから。Initiative "Welpen sind keine Ware"「提言 仔犬は商品ではありません」。2012年の資料を引用していますので、2013年頃の記事と思われます(ドイツ語)


Welpenhandel über Belgien und die Niederlande Wenn Osteuropa das Produktionszentrum des Kontinents ist, dann sind Belgien und die Niederlande die Drehscheibe für den Vertrieb.
Dort hält der Treck, werden die Welpen entladen und an Einzelhändler weiterverkauft, also an die "liebevollen Familienzüchter",
die Zoohandlungen, die "traditionellen Bauernmärkte" und wie sich die Verkaufsstellen alle so nennen.
In einem Gespräch mit Tierschützern ging der frühere niederländische Landwirtschaftsminister Cees Veerman davon aus, dass von allen verkauften Welpen in Holland zwei Drittel aus osteuropäischen Produktionsstätten stammen.
In Belgien soll der Anteil sogar achtzig Prozent betragen.
Niederländische Gesetzgebung begünstigt Welpenhandel Warum diese Länder?
Wo nähebedürftige Welpen in Glaskästen von Zoohandlungen sitzen wie Fische im Aquarium. An sich ist das Geschäft mit kleinen Hunden nichts Verbotenes.

東ヨーロッパは子犬生産の中心地であり、ベルギーとオランダを通じて子犬の貿易が行われ、後にベルギー、オランダは子犬販売のハブになりました。
仔犬が輸入されて荷降ろしされ、小売業者(いわゆる「ペットショップ」)に転売された場合は、小売業者(ペットショップ)は、「(仔犬は)愛情のある家庭的なブリーダー(により生産された)」や、「伝統的な国内の農家により生産された」とそれらの東欧から輸入された仔犬を説明します。
元オランダの農業大臣、CEES Veermanと、動物保護活動家のインタビューでは、すべてのオランダでの子犬の小売販売(ペットショップなど)のうち3分の2は、東欧の生産拠点から来ていると推測しています。
ベルギーでは、(東欧産の)仔犬の販売シェアは、80%あるに違いありません。
オランダの法律はなぜこれらの国(東欧)からの仔犬の輸入を認めているのでしょうか?
哀れな仔犬がガラスケースの中で、水槽の魚のように閉じ込められているペットショップが存在します。
この様な仔犬(のペットショップの生体展示販売)ビジネスは、何ら違法はありません。



 上記の記事では、①オランダとベルギーは、ヨーロッパにおける東欧生産の仔犬の貿易ハブとしての役割をになっている、②オランダも、東欧から輸入した仔犬を小売(ペットショップなど。その他インターネット販売も含まれるでしょう)販売しており、オランダにおける犬の販売のシェアの3分の2を占める。③オランダの小売業者は、東欧から輸入した仔犬を「家庭的な国内のブリーダーが生産しました」、「伝統的な国内の生産者により生産されました」と偽って販売している、ということが書かれています。
 従って、先に示した日本語のサイトの「オランダではペットショップでの犬猫の生体販売は行われていません」、「オランダで犬を飼う場合は、ブリーダーさんから購入するか、レスキューで引き取るかの二択になります」は、嘘ということになります。
 なお、オランダでは最近までかなり厳格に犬の殺処分を行っていました。公的統計もあります。現在も犬の公的殺処分制度があります。「オランダはペットショップでの犬猫の生態販売は行われていない」、「オランダは殺処分ゼロである」の嘘については、こちらで詳しく述べています。海外 オランダ


(画像)

 Verbod op Verkoop van honden en katten in dierenwinkels「犬と猫のペットショップでの販売を禁じるべき」と主張しているオランダのフォーラム(オランダ語)から。オランダにおけるペットショップでの犬の販売。(オランダ語)。

オランダ 犬 ペットショップ
スポンサーサイト

地続きの隣国が極めて野良猫の生息数が多くかつ生息密度が高いのに、野良猫がいないという不思議な国~オランダ






Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp
メールは、こちらにお寄せください。eggmeg@hotmail.co.jp

 私はかつて、ベルギーが極めて野良猫の生息数が多く、かつ生息密度も高いことを記事にしました。びっくり!世界の猫事情~猫を高い塔から投げ落とすベルギーの祭り、です。この記事は、イギリスのマスメディアのガーディアンの記事を紹介したものです。ガーディアンは、「ベルギーは人口1,100万人の国ですが、猫の推定数は170万匹」と報じています。人口の15%も野良猫が生息しています。またベルギーの国土面積は、日本の12分の1です。ベルギーは、極めて野良猫密度が高い国と言えるでしょう。しかしベルギーと国境が地続きのオランダで「野良猫がいない」と主張している人がいます。なんとも不思議な現象ですね。


 日本では、大変野良猫がよく目に付きます。それでも野良猫の推計値は280万匹であり、人口のたったの2.4%です。ドイツでは、動物愛護団体が「野良猫が増えすぎて制御不能。野良猫の洪水状態」と言っていますが、推計では野良猫生息数は200万匹です。人口比では2.4%であり、日本と同じです。
 対してベルギーは、イギリスのマスメディア、ガーディアンの報道によれば、野良猫の生息数は170万匹です。ベルギーの人口は1,100万人ですので、野良猫の生息数は人口の15%です。さらにベルギーの国土面積は日本の12分の1です。ベルギーは、かなり野良猫の生息数密度とも高い国と言えるでしょう。以下に、イギリスのマスメディア、ガーディアンの記事を引用します。なお、この記事は複数の日本のメディアも日本語訳を報じていますが、「野良猫の数は1,700万匹」と誤訳しています。原記事では、170万頭と記述しています。Belgium plans to neuter most cats as feline population explodes 「ベルギーでは、猫の数が爆発的に増えたため、ほぼ全ての猫を去勢する計画である」からの引用です。2010年。


The feline population in Belgium, a country of 11 million people, has increased to an estimated 1.7 million, and the culling of cats has become a daily routine.
According to the health ministry, more than 13,000 were killed in animal refuges last year, more than one in three of the country's 37,000 strays.

ベルギーは人口1,100万人の国ですが、猫の推定数は170万匹に増加しており、猫の殺処分が日課となっています。
保健省によると昨年は、国内で37,000匹の野良猫のうち、3分の1以上の13,000匹が動物避難所で殺されました。


(この記事は本ブログ記事、びっくり!世界の猫事情~猫を高い塔から投げ落とすベルギーの祭り、でも引用しています)。


 そのようなベルギーに、国境を地続きで接しているのがオランダです。ベルギーとオランダ、ルクセンブルクをあわせてベネルクス三国と言いますが、これらの国はEU統合や、ヨーロッパ諸国のシェンゲン協定締結以前から国境検問所がなく、国境間移動が自由でした。
 まさに兵庫県から大阪府に移動するのと同じです。兵庫県と大阪府には、県境に大きな川がありますので、ベルギー、オランダ間の国境移動より困難かもしれません(笑い)。

 さらにベルギーとオランダの国境は、市街地で複雑に入り組んでいます。オランダに、大きなベルギーの飛び地があります。その上、ベルギーの飛び地の中にオランダの飛び地があると言った状態です。グーグルマップ オランダ、ベルギー国境をご覧になれば、お分かりいただけると思います(ズームアップしてビューでご覧いただければ、繁華街の中を複雑に国境線が入り組んでいることがお分かりいただけると思います)。
 繁華街を普通に歩けば、ベルギーとオランダの国境を何度も越境します。日本は国境は全て海を隔てており、国境間移動は大変困難であるという先入観があります。それを持って、ヨーロッパを理解しようとするのは誤りです。


(画像)

 ベルギー、オランダの国境。白い+印が国境線です。NLがオランダ、Bがベルギーです。ウィキペディア、シェンゲン協定より。

シェンゲン圏 (640x434)


 私は、日本ビジネスプレス社の、「オランダには野良犬野良猫がいない」という趣旨の記事に対して、いくつかの記事を書きました。「オランダには野良犬野良猫がいない」に反する情報がオランダやドイツがいくつもあります。対して、「オランダには野良犬野良猫はいない」という情報は、日本以外では見つかっていません。
 私は、それらの情報(オランダ政府の「野良猫による生態系被害が深刻である」とし、野良猫の生息数の推計値も公表している資料。その他、野良猫の狩猟駆除数が人口比で日本の公的殺処分数に匹敵すること、オランダの動物愛護団体がTNRを強く求めていることなど)を訳して紹介しました。その上で、読者様に「日本ビジネスプレス社の記事」の真偽の疑問を読者様に投げかけています。

 それに対して、「さんかくたまごは間違っている」と私のブログ外で、私のブログの読者様や、私のブロとも様に、「さんかくたまごに資料を送れ」「さんかくたまごに意見するからメールを転送せよ」などと騒ぎ立てた、自称「オランダに長年住んでいる」方がいました。それも一度や二度ではなく、そのような要求を突きつけた方も一人や二人ではありません。
 私の記事に対する批判や意見であれば、私のブログにコメントを投稿するか、公開メールアドレスにメールするのが筋でしょう。一例を挙げます。


Facebookに投稿くれた**さんからこんなメッセージが届きました。
さんかくたまごさんに直接コメントを入れて下さいと頼んだのですが、コメントをして頂けず他でもさんかくたまごさんの情報が間違ってる事を投稿されてる様です。
こんな時はどうすれば良いでしょうか?
アドバイスお願いします。

「○○様 有り難うございます。 さんかくたまごさんのブログを拝見いたしました。このかたはご自身でお調べになられたことを優先されているような気がいたしましたので、私からのコメントを控えました。長年オランダに住んでいますが、野良犬らしき犬は一度も見たことありませんし、脱走してしまった猫ちゃんが迷い猫としている場合もありそうですが(友人の猫が動物病院に連れて行った帰りに駐車場から脱走し、未だに見つかっていない猫ちゃんもいます。しかしもちろんマイクロチップ装着していますが、未だに手がかりがありませんので、いわゆる野良猫化してしまった可能性はあります。でもそこかしこにそんな猫がいるのは見たことがありません。ですので、このTNRも???と思っているところです。多くの猫ちゃんは家を自由に出入りしていますので、ちょっと見は野良猫に見えるのかもしれませんが、少なくとも私が住んでいるところには野良猫はいません。また避妊・去勢はほとんどされていますので、発情期のねこちゃんの鳴き声を聞いたことはありません。なので機会があれば、せひオランダに視察にいらしてほしいほどです。」



 私は、今回も、「オランダに野良猫はいる」とは断言していません。ただ、隣国のベルギーが野良猫の数密度とも極めて高く、国境が市街地で地続きで入り組んだ地勢条件で、オランダに野良猫がいないのは、大変興味深いことだと思いました。
 野良猫が、オランダとベルギーの国境を認識しているのでしょうか。そして大変生息密度が高くかつ生息数が多いベルギーの野良猫は、たとえ縄張り争いなどに敗れたとしても、国境を認識してオランダに越境しないのでしょうか。オランダとベルギーの国境は、人間でも無意識的に越境します。市街地の商店が立ち並んだところにも、幹線道路を横切る状態で国境があります。もし野良猫が国境を認識していたたら、学術的に大変興味深いことです。なぜ研究者が興味を持たないのか不思議です。**様は、ぜひ、動物生態学の研究者の方に、情報提供してください。

狩猟自粛協定締結後も、射殺され続けた野良猫~オランダ






Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp
メールは、こちらにお寄せください。eggmeg@hotmail.co.jp

 前回記事、年間8,000~1万3,500匹の野良猫を射殺駆除していたオランダ、の続きです。オランダは、2013年に動物愛護団体らの要望を受けて、狩猟協会が野良猫の狩猟駆除の自粛を行うことに同意しました(当時はオランダでは野良猫の狩猟駆除が合法です)。しかしその後も、「野良猫は多くの迷惑を及ぼす」という理由で、ハンターに射殺され続けました。


 前回記事、年間8,000~1万3,500匹の野良猫を射殺駆除していたオランダ、でも引用した、オランダのマスメディアの報道から再び引用します。
 Jagers willen niet op katten schieten(オランダ語)。2013年10月2日。「ハンターは、猫を射殺しません」。なお、原語はオランダ語ですが、親和性の強いドイツ語に自動翻訳した上で日本語に訳しています。


(ドイツ語訳 原語はオランダ語)
Jäger nicht auf Katzen zu schießen .
In ihrem Kampf gegen die Erschießung von streunenden Katzen durch Spaß Jäger erhalten die Tier unerwartete Hilfe.
Hunter Verband KNJV auf humane Lösungen für die Probleme zusammenarbeiten die die Tiere verursachen, da in den Club wissen angezeigt.
Doch die Jäger schießen Tieren vorläufig in den äußeren Bereichen der Provinzen, wo es erlaubt ist.
Das Tier öffnete am vergangenen Wochenende das Feuer auf die Jäger mit einer Kampagne gegen die Tötung von streunenden Katzen.
In Nord-Brabant, Friesland, Flevoland, Utrecht, Süd-Holland, Texel und im Süden von Limburg sind Jäger genannt, die Tiere dort zu drehen, weil sie eine Menge Unannehmlichkeiten verursachen.
Jährlich sterben auf diese Weise 8.000 bis 13.500 Katzen.
Beim Tierarzt, entdeckten sie, dass der ehemalige streunende Katze hatte einen gebrochenen Keks und zwei Pellets in seinem Kopf, wahrscheinlich, weil er betrunken war.

ハンターは、猫を射殺しません。
喜ばしいことに、ハンターを通じて野良猫の射殺との戦いでは、野良猫たちは予想外の助けを得ました。
狩猟協会(KNJV)は、要望されているとおり、動物が引き起こす問題の人道的な解決策に協力することとなりました。
しかしハンターは暫定的に、それ(野良猫の射殺)が許可されている、地方の周辺部で動物(野良猫)を撃ちます。
野良猫は、野良猫の殺害に反対するキャンペーンがあった先週末にも、ハンターは野良猫に発泡しました。
野良猫は、北ブラバント、フリースラント、フレヴォランド、ユトレヒト、南ホラント州、テクセルとリンブルク南部では迷惑をたくさん引き起こすのでハンターが呼ばれ、射殺されます。
このように、毎年8,000から1万3,500もの野良猫が死にます。
ある獣医師はかつて、野良猫がふらついていたために、その野良猫の頭部が破壊され、小型の銃弾を2発あったことを発見しました。



 この報道を見る限り、オランダでは人口比で日本の公的殺処分数以上の野良猫を、狩猟により殺処分しています。なお、「年間8,000~1万3,500匹」という数字は、その他の複数の資料でも多く見られます。おそらく公的な統計か推計値があるものと思われます。
 さらにこの記事の、weil sie eine Menge Unannehmlichkeiten verursachen. 「野良猫は大きな迷惑を引き起こす」という記述から、オランダでは地方によれば、かなりの野良猫が生息していることを示しています。

 前回記事でも書きましたが、私は以前、日本ビジネスプレス社の記事、日本ビジネスプレス社の記事、「(オランダは)野良犬も野良猫もいない国 ~」に対する問い合わせの回答がありましたの、「オランダには野良犬も野良猫もいない」という内容に疑問を投げかけ、それに反するオランダやドイツの資料を示し記事にしました。
 私は、日本ビジネスプレス社の本記事、「オランダには野良犬も野良猫もいない」という内容に反する資料を提示しましたが、「どちらが真実であり、どちらが嘘である」とは述べていません。読者様に「日本ビジネスプレス社の記事の記述は本当だろうか」と疑問を投げかけています。その上で、読者様に判断していただくという趣旨で書きました。

 しかし日本ビジネスプレス社に対する私の記事に対して、複数回にわたり、私の読者様でSNSに参加されている方や、ブロとも様を経由して「さんかくたまごは間違っている」と大騒ぎをして、「資料を送りたい」「(jpアドレスの)メールアドレスを送りつけ、「あなたは間違っている。メールせよ」とコンタクトしてきた方がいます。 
 その内の一つですが、前回も引用しました。再び引用します。


Facebookに投稿くれた**さんからこんなメッセージが届きました。
さんかくたまごさんに直接コメントを入れて下さいと頼んだのですが、コメントをして頂けず他でもさんかくたまごさんの情報が間違ってる事を投稿されてる様です。
こんな時はどうすれば良いでしょうか?
アドバイスお願いします。

「○○様 有り難うございます。 さんかくたまごさんのブログを拝見いたしました。このかたはご自身でお調べになられたことを優先されているような気がいたしましたので、私からのコメントを控えました。長年オランダに住んでいますが、野良犬らしき犬は一度も見たことありませんし、脱走してしまった猫ちゃんが迷い猫としている場合もありそうですが(友人の猫が動物病院に連れて行った帰りに駐車場から脱走し、未だに見つかっていない猫ちゃんもいます。しかしもちろんマイクロチップ装着していますが、未だに手がかりがありませんので、いわゆる野良猫化してしまった可能性はあります。でもそこかしこにそんな猫がいるのは見たことがありません。ですので、このTNRも???と思っているところです。多くの猫ちゃんは家を自由に出入りしていますので、ちょっと見は野良猫に見えるのかもしれませんが、少なくとも私が住んでいるところには野良猫はいません。また避妊・去勢はほとんどされていますので、発情期のねこちゃんの鳴き声を聞いたことはありません。なので機会があれば、せひオランダに視察にいらしてほしいほどです。」



 繰り返しますが、私自身は、「日本ビジネスプレス社」の「オランダには野良猫野良犬はいない」という記述が絶対正しいとか間違いであるとか、私が自身の記事で引用したオランダやドイツの資料(オランダ政府のHPの「オランダでは野良猫による生態系被害が深刻である」など)が絶対正しいとか間違いであるとかは一言も記述していません。
 資料をそのままリンクして、要約して日本語に訳して紹介しているだけです。私が引用した資料がインターネット上に存在するのは紛れもない事実ですが。

 ですから「さんかくたまごが間違っている」は失当です。もし、「オランダにはかなりの野良猫が存在している」ということをうかがわせる資料(オランダ政府のHP、オランダのマスメディアの記事、オランダの動物愛護団体のHP)が間違いというのであれば、その資料を公開している、オランダ政府、オランダのマスメディア、オランダの動物愛護団体に抗議するのが筋です。
 私に対して「間違っている」と、騒ぎ立てるのはお門違いです。さらに、直接私のブログにコメントするか、公開メールにメールするのがマナーでしょう。

 私は、常常申し上げていますが、ディベートでは、①主張、②事実、③を裏付ける証拠、を分けて考えてください。私は、一連の日本ビジネスプレス社の記事の記述、「『オランダには野良猫野良犬はいない』は嘘である」という主張はしておりません。日本ビジネスプレス社の本記事の記述に反する資料を挙げているだけです。つまり②、③の提示に過ぎません。
 これらの、①②③を混同すると、議論になりませんので、今後も、もしコメントくださる方は、ご配慮いただければありがたいです。なお、私の記事に対する批判等は、直接コメントくださるか、公開メールでメールをお願いします(なお、本ブログでは、公開プロキシの多くが投稿拒否設定されています。またメールに有害なファイルが添付されている場合は、受信が拒否される場合があります)。

 それと翻訳ですが、もし不適切な訳がありましたならば、そのセンテンスを提示し、さらにその理由(語彙の解釈なのか、接続なのか、など)を具体的に挙げて、適切な日本語訳まで示してください。第三者の検証ができるように、訳した文章の原語を全て示し、対訳としています。ご指摘を受けてそのご指摘が妥当と私が判断すれば、訂正もやぶさかではありません。私のブログ記事は、より正確でありたいと私は思っているからです。
 「全くひどい翻訳で原意とまるで違う」「さんかくたまごは実はドイツ語が全然わからない」というのであれば、私の対訳を、ドイツ語に堪能な方に示して、具体的に誤りを私のブログのコメント欄で指摘されるのが最もよいかと思います。そのようにされた方が、「私が書いていることは間違い」ということをより多くの方に知らしめ、私に対してダメージを与えることになりませんか。

年間8,000~1万3,500匹の野良猫を射殺駆除していたオランダ






Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp
メールは、こちらにお寄せください。eggmeg@hotmail.co.jp


 オランダは周辺の西ヨーロッパ諸国と同様に、野良猫の狩猟駆除を行っていました。その数は年間8,000から1万3,500匹にも及びます。しかしオランダの動物愛護団体らの要望を受けて、狩猟協会は2013年に野良猫の狩猟駆除を自主的に止めることを同意しました。オランダの動物愛護団体らは、野良猫の数の抑制策として、TNRを推進していく方針です。


 オランダは2013年まで野良猫対策として、野良猫の狩猟駆除を行っていました。狩猟駆除で射殺される野良猫の数は、年間8,000から1万3,500匹にも及びました。オランダの人口は1,686万人(2014年)ですので、狩猟駆除だけでも、人口比では日本の猫の公的殺処分数に匹敵します。しかし2013年には、全オランダの狩猟協会が野良猫の狩猟を自主的に廃止することに同意しました。野良猫の数の抑制をTNRにより行うことに同意したのです。
 ドイツは、現在も犬猫の狩猟駆除が広く行われています。ドイツの動物愛護団体は、オランダの野良猫の狩猟駆除を、狩猟協会が自主的に廃止したことを、高く評価しています。 
 オランダの動物愛護団体のHPから引用します。Dierenbescherming schiet zwerfkat te hulp(オランダ語)「野良猫を射殺から救う」。2013年4月10日。なお、原語はオランダ語ですが、極めて親和性が高いドイツ語に自動翻訳した上で日本語に訳しています。


Schießen Streu tierrettung .(ドイツ語訳)
Jedes Jahr werden etwa 10.000 Streuschuss gibt, nach der Tierschutz.
Die Tiere zu erfassen und Sterilisation wäre eine bessere Methode.
Nach dem Tier jährlich zwischen 8.000 und 13.500 streunende Schuss in den Niederlanden.
Die Organisation setzt sich für eine tiergerechte Ansatz, die Bevölkerung beispielsweise durch das sogenannte Neuter Return-Falle (TNR) Verfahren zu kontrollieren.

野良猫を射殺から救助すること。
毎年、約1万もの野良猫の射殺は、動物福祉で対処しなければなりません。
野良猫を捕獲して去勢するのが、より良い方法でしょう。
オランダでは、毎年8,000から1万3,500もの野良猫が射殺されています。
愛護団体は、例えば、いわゆる中性リターントラップ(TNR)の野良猫の数を制御するための、動物に優しいアプローチを提唱しています。



 上記の、動物愛護団体らの要請を受けて、狩猟協会は自主的に野良猫の射殺を行わないことを表明しました。オランダのマスメディア、Metronieuwsのインターネット版記事から引用します。なお言語はオランダ語ですが、オランダ語に極めて近いドイツ語に自動翻訳した上で日本語訳をしています。
 Jagers willen niet op katten schieten(オランダ語)。2013年10月2日。「ハンターは、猫を射殺しません」。


Jäger nicht auf Katzen zu schießen .(ドイツ語訳)
In ihrem Kampf gegen die Erschießung von streunenden Katzen durch Spaß Jäger erhalten die Tier unerwartete Hilfe.
Hunter Verband KNJV auf humane Lösungen für die Probleme zusammenarbeiten die die Tiere verursachen, da in den Club wissen angezeigt.

ハンターは、猫を射殺しません。
喜ばしいことに、ハンターを通じて野良猫の射殺との戦いでは、野良猫たちは予想外の助けを得ました。
狩猟協会(KNJV)は、要望されているとおり、動物が引き起こす問題の人道的な解決策に協力することとなりました。



 私はかつて、オランダの動物愛護事情に関する記事を書いています。日本ビジネスプレス社の記事、「(オランダは)野良犬も野良猫もいない国 ~」に対する問い合わせの回答がありました。日本ビジネスプレス社の記事の、「オランダには野良犬も野良猫もいない」という内容に疑問を投げかけ、それに反するオランダやドイツの資料を示しました。
 これらの一連の記事で、私のブログから離れたSNSなどで「さんかくたまごは嘘をついている。私はオランダ在住なのでオランダに野良猫がいないことを知っている」と大騒ぎした人物がいます。直接私のブログにコメントや、公開メールにはメールをせず、私のブログ読者様や、ブロ友様にSNSやコメント投稿して、「さんかくたまごの記事は嘘である」と再三伝えてきました。 例えば、このようなメールを、人づてに頂いています。


Facebookに投稿くれた**さんからこんなメッセージが届きました。
さんかくたまごさんに直接コメントを入れて下さいと頼んだのですが、コメントをして頂けず他でもさんかくたまごさんの情報が間違ってる事を投稿されてる様です。
こんな時はどうすれば良いでしょうか?
アドバイスお願いします。

「○○様 有り難うございます。 さんかくたまごさんのブログを拝見いたしました。このかたはご自身でお調べになられたことを優先されているような気がいたしましたので、私からのコメントを控えました。長年オランダに住んでいますが、野良犬らしき犬は一度も見たことありませんし、脱走してしまった猫ちゃんが迷い猫としている場合もありそうですが(友人の猫が動物病院に連れて行った帰りに駐車場から脱走し、未だに見つかっていない猫ちゃんもいます。しかしもちろんマイクロチップ装着していますが、未だに手がかりがありませんので、いわゆる野良猫化してしまった可能性はあります。でもそこかしこにそんな猫がいるのは見たことがありません。ですので、このTNRも???と思っているところです。多くの猫ちゃんは家を自由に出入りしていますので、ちょっと見は野良猫に見えるのかもしれませんが、少なくとも私が住んでいるところには野良猫はいません。また避妊・去勢はほとんどされていますので、発情期のねこちゃんの鳴き声を聞いたことはありません。なので機会があれば、せひオランダに視察にいらしてほしいほどです。」



 あ、うっかり。アドヴァイスを求められていたのに忘れていたわ。申し訳ありませんでした。この自称オランダ在住の**さんですが、ほかの方から経由で、「あなた(さんかくたまご)は間違っている。資料を送りたいからこちらにメールせよ」とjpドメインのメールアドレスをブログにコメントしてきました。
 私の書いた記事に対しては、私のブログにコメントするか、公開メールに直接メールするのが常識です。無関係な人を巻き込んで迷惑をかける神経がわかりません。また、私はこの記事に対するFace Bookでの議論の内容を見ておりませんので、お答えできません。

 私は、日本ビジネス社の、「(オランダは)野良犬も野良猫もいない国」という記述に対しては、「それは嘘である」とは一回も記述していません。それに反するオランダのマスメディアの記事やオランダ政府のHPの記述、「オランダでは野良猫による生態系への被害が深刻である」を引用しました。そして、日本ビジネスプレス社の記事の記述、「オランダは野良犬猫はいない」が、「それは本当なのか」と、読者様に疑問を投げかけ、読者様に判断していただくことを趣旨としています。
 自称、オランダ在住の**様には、ネット上でのマナーを守っていただきたいと思います。無関係の人を巻き込んで、迷惑をかけて良いというものではありません。オランダの野良猫対策については、その他にも資料がありますので、次回以降にご紹介します(続く)。

日本ビジネスプレス社の記事、「(オランダは)野良犬も野良猫もいない国 ~」に対する問い合わせの回答がありました






Please send me your comments. eggmeg@hotmail.co.jp
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare. eggmeg@hotmail.co.jp

Netherlands/Holland

 私は、日本ビジネスプレス社の記事、野良犬も野良猫もいない国 「常識」と「制度」でペットたちの幸せを守るオランダ(2014年11月27日)の内容に対して、以下に疑問を呈する記事を書いています。
日本ビジネスプレス社の記事、「オランダでは、店頭での生体販売が固く禁じられている」~それって本当???
日本ビジネスプレス社の記事、「オランダでは、犬が殺処分されることは決してない」~それって本当???
日本ビジネスプレス社の記事、「オランダでは、犬が殺処分されることは決してない」~それって本当???
日本ビジネスプレス社の記事、オランダは「野良犬も野良猫もいない国 」って本当???
 日本ビジネスプレス社に対しても、それぞれの記事の内容と同様の問い合わせをしています。日本ビジネスプレス社から、回答がありましたので、こちらに掲載します。



 日本ビジネスプレス社の記事、野良犬も野良猫もいない国 「常識」と「制度」でペットたちの幸せを守るオランダ(2014年11月27日)の原記事は、こちらで全文見ることができます。野良犬も野良猫もいない国オランダ

 以下が、日本ビジネスプレス社からあった回答です。伏字以外は、内容の改ざんはありません。(赤字のみ、私のさらなる反論です)。


○○様、

この度は、弊社の掲載記事に関しますお問合せ・ご指摘をいただき、どうもありがとうございます。またメールをご再送いただきまして、大変恐縮です。

以下、筆者に確認をいたしました結果をお送りいたします。


①本記事では、「オランダでは、店頭での生体販売が固く禁じられている」と明記されているが、オランダではペットの生体販売は普通に行われている様子が、インターネット上で映像、画像がいくらでも見つけられる。
「オランダでは、店頭での生体販売が固く禁じられている」のであれば、その根拠となる法律とその条文を原文で明らかにしていただきたい。
必ずメールでの返信を希望します。http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-539.html#cm

→この点は、以下の法律およびオランダ厚生省への取材に基づくとのことですが、「固く禁じられている」という表現は実情を反映していないと判断し、「国内では事実上、子犬や子猫は店頭販売されない」との訂正・お詫びを記事に記しました。

法律
http://wetten.overheid.nl/BWBR0010200/geldigheidsdatum_30-08-2013/afdrukken+informatie

厚生省取材
●動物愛好家からの抗議により経営に差し障ることもあるので、仔犬や仔ネコの生体販売をするペット・ショップは、ほぼオランダ国内には存在しないと見ていい。

*しかし、インターネット上では、犬猫とも店頭で生体販売している映像、画像とも容易に見つかるのですが?私の指摘のとおり、法律では、明確にペットショップでの生体販売を禁じてはいません。


②「野良犬も野良猫もいない国 「常識」と「制度」でペットたちの幸せを守るオランダ(2014年11月27日)」では、「オランダでは犬はけして殺処分されることはない」との記述があります。
しかしオランダには、飼育が禁止されている犬種があり、それらの犬は押収されて強制的に殺処分されます。
国家統計でも、年間500頭近くが、それらの犬だけでも殺処分されていると発表されています。
「オランダでは犬はけして殺処分されることはない」の、根拠を必ずメールでご回答ください。
なお、日本語のソースはお断わりまします(日本で流布されている海外の動物愛護情報はほぼ全てが「嘘」ですから)。
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-554.html

→この点は、厚生省、保護収容施設(里親斡旋施設)への取材に基づくとのことですが、「けして殺処分されることはない」は、以下の状況を反映した表現ではないため、「理由なく殺処分されることはまずない」との訂正・お詫びを記事に記しました。

厚生省等取材
●人間に危害を与え可能性が高いと定められた犬種およびその交雑種に属する犬のうち、保護収容所から家庭犬として他者に譲与不可能(社会性に乏しく、攻撃性がある)と判断されれたものについては殺処分することがある。

*私が本記事で取り上げた、オランダでの特定犬種を押収して強制的に殺処分する法律は、2009年に廃止となりました(いわゆる「ピットブル法」。その点は、私の記事でも補足説明いたします。


③この中では、「オランダ人たちだが、今年の人気犬種(飼ってみたい犬種)のトップ10を紹介しよう。ラブラドールレトリーバー、フラットコーテッドレトリーバー、ジャーマンシェパード、ゴールデンレトリーバー、ボクサー、フレンチブルドッグ、チワワ、スタッフォードシャーブルテリア、ビーグル、ジャックラッセルテリアである」とあります。
しかし上記のうち、ボクサー、フレンチブルドッグ、スタッフォードシャーブルテリアは、オランダでは法律で飼育が禁じられています(詳しくはリンクをご覧ください)。
法律で飼育が禁じられている犬が「人気犬種、飼ってみたい犬種トップ10」とはいったいどういうことでしょうか。
その根拠を必ずメールでご回答ください。
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-555.html

→こちらの出典は以下で、あくまで「飼ってみたい」という希望で、実際飼っているということではないとのことです。

http://www.puppyopvoeden.nl/10-populairste-hondenrassen-in-nederland/
参考:
http://www.alletop10lijstjes.nl/top-10-hondenrassen-in-nederland-en-belgie/
http://www.dierenklinieklemmer.nl/medische-info-huisdieren/diversen/populaire-hondenrassen/ (2013-2014年調べ)

以下は闘犬種の飼育に関する参考文献です。
●スタッフォードシャー・ブルテリアに関する2013年の判例
http://www.gevaarlijkehonden.info/pdfdocs/uitspraak-rechtbank-Roermond-24-april-2013.pdf
●闘犬種飼育反対のサイトです(質疑応答のページの最初に闘犬種所有は禁じられていないと記載)
http://www.gevaarlijkehonden.info/faq-hond-en-wet.php

(*こちらでは、2013年の判例を援用しています。先に私が述べた通り、この判決の根拠は、闘犬種の飼育を禁じる、いわゆる「ピットブル法」が2009年に廃止となったためと思われます。「ピットブル法」が廃止された2009年以前であれば、本判例の犬は、飼育禁止であったはずです)。


④本記事では、タイトル通り「オランダには野良犬の野良猫もいない」という記述がある。
しかし、オランダ政府のHPでは、「放し飼い猫や野良猫が野生化し、それが自然繁殖して生態系に深刻な悪影響を与えてる」とある。
また、「オランダでは大きな都市や町では、野良猫の問題に直面している。野良猫の数の過剰は、多くの被害を伴う」との情報がある。
さらに、オランダでは野良犬猫の害がひどく、その害を防除する方法についての情報サイトがある。
さらにさらに、オランダの野良犬の増加は、東ヨーロッパからのペット用途の犬の輸入の激増が一因であると分析した報道がある。
対して、「オランダでは野良犬野良猫はいない(もしくはゼロに近い)」という情報は皆無であった。
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-556.html

→こちらに関しては、ドイツやベルギーと国境を接する森林を中心に捨てられた飼いネコが野生化した例があるため、動植物保護法第67か条に従い駆除することが許可されていたが、2013年からTNR法が適応されるようになり、捕えたネコを去勢・不妊手術を施して自然の中に戻すことになったとのことです。
この事実にに基づき、より詳しい記述を加筆し、訂正・お詫びを記しました。
http://wetten.overheid.nl/BWBR0009640/geldigheidsdatum_11-01-2015
http://www.sophia-vereeniging.nl/nl/pages/huisdier-en-welzijn/katten/jacht-op-katten.html
https://www.partijvoordedieren.nl/kamervragen/vragen-over-stopzetten-diervriendelijke-aanpak-zwerfkattenprobleem-terwijl-jacht-op-katten-blijft-toegestaan

*たしかに、オランダ政府文書では、野良猫が野生化して在来の生態系への悪影響が深刻であるとの記述があります。それと同時に、民間の情報においても、野良猫の被害は深刻であり、その対処法などが示されています。野生化したノネコとともに、都市部でのいわゆる野良猫も多数生息していると考えるのが自然でしょう。

以上、この度いただいたご忠告は謹んで拝聴し、今後の教訓とさせていただきます。
どうもありがとうございました。

JBpress お問合せ窓口




 日本ビジネスプレス社の以上の回答は、概ね真摯で好感が持てるものでした。このような根拠をキチンと示して回答を下さったマスメディアは初めてです。また、誤りは誤りとして、訂正をされたことも評価できると思います。私は、ビジネスプレス社を今後は応援します。
 マスメディアの誤りを私は本ブログ記事で指摘してきましたが、今までのマスメディアの対応は以下のとおりでした。

・朝日新聞
 ギリシャが犬猫殺処分ゼロ、地域猫が行われているとの報道に対して。私は、ギリシャは飼育を禁止する犬種が有り、法律に基づいてそれらの犬を殺処分する数が一定数あることや、地域猫(猫TNTR)は法制度がないことを申し上げ、回答を求めました。

 一切回答なし。

・光文社 女性自身
 ドイツでは殺処分ゼロであり、ベルリンティアハイムでも殺処分ゼロであると報じていた。また、一部の特例地域を除いて、ペットショップでの生体販売を禁じているとの報道がありました。
 しかしドイツでは、公的機関が行う犬の殺処分が一定数有り(ベルリン上院議会議事録がインターネット上で公開されていますヘッセン州は、州統計を発表しています)ます。また警察官が職務で犬などを射殺する数は、年間9,000頭台で推移しています。これも公殺処分でしょう。また法律で、民間人ハンターに浮遊犬猫の狩猟駆除を求めています。これも広義の殺処分でしょう。ベルリンティアハイムは、殺処分を行っていることを、マスメディアに公表しています。
 また、ドイツには、ペットショップでの生体販売を禁じ法律は今のところ一切ありません。ギネスブック認定の、世界最大の生体販売ペットショップはドイツにあります。私は、「女性自身」の記事の根拠を問い合わせしました。

 一切回答なし。電話をしたところ、「なぜそんなことを回答しなけっればならないのか」と凄まれました。

・TBS 
 ニュースキャスターが、「欧米ではペットのショーケース販売は皆無である」と発言を行いました。しかし犬猫を含めてショーケース販売している欧米の国はいくらでもある(むしろそれが普通))です。私は、本報道の根拠を求めました。

 一切無視。

・NHK
 「スイスでは、ペットショップでの生態販売が憲法に基づき、法律で禁じられている」との報道がありました。しかし、スイスでは、生体販売を行っているペつとショップはいくらでもあります。私は、「ペットショップの生態販売を禁じる、具体的な法律名、条文を原語(ドイツ語)で示していただきたい」と問い合わせしました。

 「いろんな法律ができて、結果としてスイスでは生き物そのものを営利で販売することを禁じている」という、驚愕すべき回答が来ました。そのような国は、地球上に存在しないことを断言します。 
 その他の問い合わせ(例えば「地球イチバン ベルリン~」)でも同様のレベルの回答でした。


 その他に、本件ビジネスプレス社の「(オランダは)野良犬も野良猫もいない国~」に対する私の一連の記事に対して、読者様から意味不明なコンタクトがありました。「さんかくたまごのブログコメントに投稿できない、コンタクトが取れない」と、私の記事をface bookで紹介下さった方や、私のブログでリンクしているブログに、「私の記事が誤りだ」と主張している人です。
 私のブログ記事に対するコメント投稿は、制限していません(FC2の制限により、日本語がゼロの場合やURLが多過ぎる場合は投稿できません。一部、個人情報などに係わるワードや、口汚い罵詈雑言系は禁則にしています)。また、記事冒頭に掲示している私のメールアドレスは、全く制限がりません。ただしセキュリティ上、悪意のあるファイルが添付されていたような場合は、受信を遮断することがあります。以下に、その方の主張を示します。


・私の記事を、face bookで紹介されている方。
非公開コメントから。

オーストラリアにお住まいの堀江さんと言う方からさんかくたまごさんの情報は法律改正前で間違っていると言うのです。
私のFacebookに添付ファイルが二枚送られて来ましたが、メルアドを教えて頂けませんか?



・私のブログにリンクしているブログ管理人様から。

2015-1-15オランダ在住の堀江由美子さんからのコメント
丁度、2015年1月11日から犬猫を含む動物福祉法(今まで別々だった動物の法律を一本化したものだそうです。家畜も含む)が施行されました。
こちらにはっきりと殺処分禁止と書いています。
さんかくたまごさんのページのドイツ語の記事には2007年3月とあります。
オランダで殺処分が全面に禁止になったのは2008年ですので、記事は古いものです。
オランダ語ですが、正式な法律として添付します。
http://wetten.overheid.nl/BWBR0030250/Hoofdstuk2/1/Artikel210/geldigheidsdatum_11-01-2015
オランダ在住の堀○由○子さんからのコメントです。もし、○○さんからさんかくたまごさんに送れるようでしたら宜しくお願いします。
この度上記のようにコメントが届きました
そちら様とのコンタクトが取れないとのことですので 貴ブログにて送信させて頂きます
お手数とは存じますが お差支えなければ
E-mail:  ○○○○@ebony.plala.or.jp
ご返信いただければ幸に存じます



 オーストラリア(?)、オランダ(?)在住の堀○由○子様(回答を要求しているメールアドレスがJPドメインというのもおかしな話ですが)へ。こちらからご回答申し上げます。

1、ビジネスプレス社の本記事は、2014年のものです。したがって2015年1月15日成立施行の法律は、本記事の内容とは関係がありません。
 さらに、Wet dierenでは、無条件にすべての動物の殺害を禁じているわけではありません。「2015年1月11日から犬猫を含む動物福祉法(今まで別々だった動物の法律を一本化したものだそうです。家畜も含む)が施行されました」。

2、「オランダで殺処分が全面に禁止になったのは2008年です」。オランダでは、いかなる動物においても、殺処分が全面禁止とする法律が成立施行されたことはただの一度もありません。そのようにおっしゃるのならば、2008年のその法律を具体的に挙げてください。
 2009年に、闘犬カテゴリーの犬の飼育を禁じ、押収して強制殺処分するとする、オランダのいわゆる「ピットブル法」は廃止されましたが、闘犬カテゴリーの犬(というだけの理由で)の強制殺処分を廃止しただけです。現在もオランダは、社会不適合、咬傷事故を起こした犬などの犬は強制的に殺処分する法的権限が有り、殺処分は一定数行われています(日本ビジネスプレス社の回答をご覧下さい)。
 また私がドイツ人が書いた、オランダの闘犬カテゴリーの犬の強制殺処分に対する抗議の文書は、そのまま訳しており、訳文に誤りはないと確信しています。このような文書があるのは紛れもない事実です。また、私は「オランダでの禁止犬種を強制的に殺処分することは現在でも行われている」とは一言も書いておりません。したがって誤りはありません。

3、私のフィールド以外であなたが嘘と誤りを述べ立てて、さんかくたまごの記事の内容は誤りである」と主張するのならば、私のブログにコメントするか、公開しているメールアドレスにメールを送信してください。
 根拠のないこと(2008年にオランダで殺処分を全面的に禁じた。そのような法律はオランダには現在もありません)、嘘を述べ立てて、私本人ではなく、周辺のSNS利用者様やブロガー様に騒ぎ立てるのは迷惑です。私のフィールドにいらして議論してください。いつでも応じます。
プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR