「埠頭駅定食」の反応に見られる猫愛誤の馬鹿さ加減





 埠頭駅定食とは、巨大掲示板を発端とする、自動車ラジエーターの不凍液を用いた野良猫駆除方法です。不凍液の主成分エチレングリコールが有毒だからです。私はかつて楽天ブログで、不凍液を無害なプロピレングリコールに代替することを提唱しました。しかしその私の記事に対する猫愛誤の反応はバカとしか言い様がありません。


 「埠頭駅定食」とは、野良猫被害者が野良猫を駆除するために用いる自動車不凍液を混ぜた餌の隠語です。巨大掲示板の野良猫被害者のスレッドが起源かと思われます。自動車ラジジーターに用いられる不凍液の主成分、エチレングリコールが有毒で、摂取した動物は腎障害を起こして死ぬからです。エチレングリコールの代謝により、シュウ酸カルシウムが生成され、それが腎臓に蓄積して腎臓障害が起きます。エチレングリコールは甘い味で食味がよく、かつてワインの甘味剤として違法に混入されたこともあります。猫犬などは、好んで摂取します。
 野良猫を不凍液を用いて駆除する方法は、先進国の多くでインターネット上で公開されています。もはや国際標準と言えるかもしれません。

 私は、かつて楽天ブログでこのことを取り上げました。その中で「有害なエチレングリコールと化学的な性質がごく近いプロピレングリコールという無害な物質がある。自動車ラジエーターの不凍液をプロピレングリコールに転換すれば、不凍液を用いた野良猫駆除は減る。さらに環境にも良い」と述べました。
 エチレングリコールに性質が近いプロピレングリコールはほぼ無害です。歯磨き粉にも添加されていますし、医薬品の調剤にも用いられます。また保冷剤も、エチレングリコールからプロピレングリコールへ代替が進んでいます。今までエチレングリコールの保冷剤によるペットなどの中毒死事故があったからです。

プロピレングリコール

 また環境問題から、ドイツなどのヨーロッパの国々では、自動車ラジエーターの不凍液を無害なプロピレングリコールに全面的に転換すべきという運動もあります。日本でもプロピレングリコールが主成分の不凍液が一部生産されています。

東京ファインケミカル

 私は自動車ラジエーターの不凍液が、無害なプロピレングリコールに転換するのは賛成です。町の整備工場でラジエーターを洗浄したあとの不凍液で、側溝がバスクリン色になっている光景なんて何度も目撃していますから。
 しかし不凍液のエチレングリコールからプロピレンプリコールへの転換は進んでいません。なぜならば、プロピレングリコールはエチレングリコールより高価なことと、自動車メーカーが、エチレングリコール不凍液を使用することを前提でクルマを設計生産しているからです。ですからプロピレングリコールを不凍液に用いると、部品に不具合が生じる可能性があります。とは言え、市民運動が盛り上がれば、プロピレングリコールへの転換も可能かもしれません。

 以上のようなことを楽天ブログで記事にしたところ、野良猫愛誤の方たちの反応は意外でした。まず私に「犯罪サイト」と罵倒するメッセージが届きました。そして「犯罪ブログを通報したぞ」というコメントが寄せられました。さらに、ゴシップ系三流メディアに「このブログ主を犯罪者として、メディアで追求して欲しい」との要望が寄せられました。このメディアは、福岡県で野良猫虐待事件があった際に騒ぎ立て、犯人が有罪になった一因となりました。私はそこの記者から、愛誤に関する逆取材を受けました。
 私の楽天の記事が犯罪だという根拠は「埠頭駅定食の情報をインターネット上で拡散し、野良猫を殺すという動物愛護管理法違反の幇助罪に該当する」???というらしいです。

 私は、有害なエチレングリコールからプロピレングリコールへの転換を支持した記事を書いているのです。完全に、野良猫の駆除を防止する立場です。そのような記事を書いた私に対して、「犯罪者だ」として異常なほどの攻撃を仕掛ける猫愛誤の知能は絶望的低いです、正常に達しません。
 またエチレングリコールは、毒劇物取締法での指定はありません。法的規制は消防法の「4,000リットル以上を保管する場合は届出を要す」のみです。エチレングリコールとペットフードを混ぜたものは、ネズミやナメクジ駆除にも効果があります。法的規制のないものをどのように自己所有地に保管しても、何の罪にもなりません。野良猫や放し飼い猫が勝手に入ってきて誤食して死んだとしてでもです。
 例えば、法的規制のないホウ酸と小麦粉を混ぜた自家製のゴキブリ駆除剤を作り、自己所有地に置くことは違法でしょうか。何の罪にも問えません。ホウ酸団子であっても、猫が大量に摂取すれば死ぬ可能性があります。

 私が不凍液の成分を、エチレングリコールからプロピレングリコールへ転換する意見を表明た後も、猫愛誤からは同様の動きはありません。不凍液をプロピレングリコールに転換すれば、埠頭駅定食を封じる有効な手段になりうるのに。
 彼ら(猫愛誤)は絶望的バカで狂っています。なお、自動車ラジエーター不凍液を規制することは不可能です。ラジエーターキャップを外せばいくらでも不凍液は取り出せます。自動車のオーナーが、自ら不凍液を補充することを規制することは無理です。
 また「埠頭駅定食」というワードが記載されたサイトを潰しても意味がないです。不凍液を用いた野良猫駆除方法なんていくらでもネット上で紹介されていますし、海外のネット情報でも多数あります。また「猫犬に有害な物質」で検索しても、いくらでも情報は入手できます。

 ネット上の埠頭駅定食の情報源を叩いたとしても、枝葉末節で全く無意味です。不凍液による猫駆除を防止するためには、不凍液を無害なプロピレングリコールに転換する方が効果があります。そんな事すら猫愛誤はあまりにも知能が低いのでわかりません。「埠頭駅定食」というワードを含むサイト=犯罪サイト、と言う脊椎反応しかできないのです。
 その他でも、彼らがしている自称「動物愛護」は、野良猫増大と猫虐待の極大化活動です。彼らの活動は一事が万事、全てにおいて共通しています。「あまりにも絶望的なバカ。かつ精神を病んでいる」という事です。


・画像は、「NHK Eテレ ニュースで英会話」から。例文「私は、私たちがルールを守ることのみによって住民と猫を飼育することが共存できると信じています」。思わず撮影しました。

NHK


スポンサーサイト

ヨーロッパ車のラジエーター不凍液は、猫にとってより危険





 「埠頭駅定食」という言葉があります。これは、野良猫の被害者が野良猫を駆除するために用いる、自動車のラジエーター不凍液を混ぜた毒餌の隠語です。不凍液の主成分のエチレングリコールは有毒で、摂取した動物は、腎障害を発症して死ぬからです。


 この自動車ラジエーター不凍液を用いた野良猫駆除方法は、米国、英国、ドイツ、スイスなどでインターネット上で広く紹介されています。またしばしば野良猫以外にも放し飼いの飼い猫が犠牲になり、各国でニュースになります。それらを例示しましょう。


・ドイツ catplus.deという、猫愛好家向けサイトから。catplus.de

Was Sie tun können wenn Ihr tierischer Begleiter erschossen oder vergiftet wird?
Tiere können schon an einer so geringen Menge wie einem Teelöffel voll Frostschutzmittel sterben und grausame Menschen benutzen dieses süß schmeckende Gift häufig, um ein „Problem dauerhaft“ zu lösen.
Es kann sehr schwer sein, vor Gericht nachzuweisen, dass Boshaftigkeit vorlag oder ein Tier absichtlichgequält oder getötet wurde – besonders wenn nur Indizien vorliegen.
Deshalb bekommen viele Übeltäter niemals ihre gerechte Strafe.

ペットが射殺されたり毒殺されたらどうしたらよいでしょう?
残酷な人たちが、ティースプーン一杯の少量のこの甘い味の不凍液を使って、動物を殺すことが可能で、頻繁におこなわれます。
その解決は「永遠の課題」です。
悪意が存在していたり動物が虐待目的に殺害されているという状況を、ことさら法廷で証明するのは非常に困難になるでしょう。
したがって、多くの犯罪者は、正当な処罰を受けることは決してないのです。


・米国  Palm Beach Gardens Forum Palm Beach Gardens Forumと言うローカルニュースサイトの掲示板から。2008年。

Cats poisoned by antifreeze mixed with food.
I was actually looking for a way to poison cats on the internet and saw this,
Wow thats great Thanks for the info.
My neighbors have at least 20 cats and they urinate all over my patio.
Now I can kill them all and no one will know the better.

猫は、不凍液を混ぜた餌で毒殺されます。
私は、猫を実際に毒殺する方法をインターネット上で探してこれを見つけたよ。
うわー、素晴らしい情報をありがとう。
私の隣人は、少なくとも20匹の猫を飼育していて、それらの猫は、私の家の中庭のいたるところに排尿します。
さあ、私はその猫たちをすべてを殺すことができます、そんなことは誰もがよく知っているんでしょうけど。


・英国 The telegraph The telegraphと言う大手メディアのインターネットニュースサイトから。猫が大量に不凍液で殺されたニュース。2012年。

Pet owners lock up cats indoors as anti-freeze killer claims 48th victim
All the cats are understood to have been killed by eating food laced with antifreeze, which causes the animals to suffer a slow and painful death.

不凍液キラーが48番目の犠牲者を要求したため、飼い主は猫を室内に閉じ込めました。
すべての猫は不凍液を混ぜられた餌を食べさせられたことによって殺されたと思われます。
不凍液は、猫の長い苦痛を伴う死の原因になります。



 不凍液を用いた猫駆除方法は、欧米のみならず日本のインターネット上でも紹介されています。不凍液の主成分であるエチレングリコールは有毒ですが甘くて食味がよく、猫犬は好んで摂取します。発端は某巨大掲示板の、猫被害者向け対策スレッドだと思われます。不凍液を用いた猫駆除方法は、欧米ではよく行われますが、日本の場合は猫愛好家にとってまだ救いがあります。
 なぜならば、日本の自動車用不凍液は、誤飲防止のために苦味成分が添加されており、その他にも防錆剤、消泡剤、酸化防止剤など、多くの添加物が含まれているからです。それらは苦味が強いため、動物に摂取させることが難しいからです。それらの添加物は、リンの化合物であることが多いです。

 ヨーロッパの自動車不凍液は、環境問題からリン成分を添加することは許されていません。そのために、リン化合物を含まない不凍液を用いることを前提とした欧州車は、冷却系統の部品はリン化合物で腐食する可能性があります。日本に輸入された欧州車でも、リン化合物を含まない専用の不凍液を用いなければなりません。
 メーカー純正品以外でも、オートバックスがプライベートブランドの欧州車専用不凍液を販売しています。国産の不凍液でも、欧州車用に製造されたものはリンを含みません(前出オートバックス社製の他、スピードジャパン社製のベンツ用など)。また、ヨーロッパのメーカーが製造した汎用不凍液も(例えば英ホルツ社製)、リンを含みません。

 そのような理由から、欧州車の不凍液は国産のものと比べれば、猫ちゃんが好んで飲む可能性が高いのです。ですから欧州車に乗っている人は、国産車のオーナー以上に、不凍液の取り扱いには注意しましょう。不凍液のオーバーフローや、自分で交換したときの不始末の不凍液を、猫ちゃんが誤って飲まないように気をつけてあげてください。
 猫を飼っている人も気をつけてあげてください。気温が高い真夏など、不凍液がオーバーフローしていることがしばしばあります。そのような道に溢れている不凍液でも、欧州車のものならば、猫は好んで舐めるかもしれません。そのような原因の死亡例もあります。猫の飼い主さんはペットが事故死しないよう、ぜひ室内飼いをしていただきたいです。それと放し飼いをしていれば、快く思わない人が意図的に不凍液を出しっぱなしにしたりすることもあるかもしれません。なお、米国車の不凍液の成分は、日本車用とほぼ同じです。


・欧州車用不凍液は、国産車用のものと比べれば、より猫ちゃんの誤食誤飲事故の可能性が高いです。DIYで欧州車の整備をする人は、猫ちゃんが事故死しないように、不凍液の取り扱いには気をつけてあげましょう。


1043711884.jpg

 















プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数4332
・1日の最高純アクセス数1324
・カテゴリー(猫)別最高順位7682ブログ中17位
・カテゴリー(ペット)別最高順位41358ブログ中37位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

・座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」
・好きな生き物 メジロ
・尊敬する人 ガブリエルシャネル(シャネル社創業者)
・好きな言葉 Das Beste oder nichts「最善か無か」。ダイムラー・ベンツ社の企業理念。私自身は何事も中途半端でいい加減です。ですからこの言葉に憧れます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

LEVEL1 FX-BLOG

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
TOEICボキャドリル

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR