fc2ブログ

スイスのティアハイムの殺処分率が高い理由は所有者ならば犬猫を殺すことに理由がいらないからか?







Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Anders als etwa in Deutschland, Österreich oder auch Luxemburg braucht es in der Schweiz keinen vernünftigen Grund, um die Tötung eines Tieres zu rechtfertigen.
Jedem Tiereigentümer steht es jederzeit frei, sein Tier einschläfern zu lassen.


 記事、
私有地に侵入した犬猫は土地所有者は射殺することが合法なデンマーク
世界一厳しい禁止犬種法があるデンマーク~日本より殺処分が少なく動物の権利が認められた国という大嘘
オーストラリアの犬の施設内の犬の殺処分数は年間4万頭で人口比で日本の88倍~日本は殺処分が多くオーストラリアでは少ないという狂ったサイト
オーストラリアは狩猟毒殺だけで猫を人口比で日本の1,000倍以上を殺処分している~「日本は殺処分が多い後進国。オーストラリアは少ない先進国」というピースワンコ・ジャパンの発狂資料
野良犬猫を保護することは犯罪で殺害に報奨金が支給されるオーストラリアを「犬猫殺処分が少ない先進国」としたデマ記事
スイスの猫殺処分の数は年間10万匹で人口比で日本の123倍~「スイスは日本と異なり犬猫の殺処分が少ない先進国」はデマ
日本の公的殺処分の190倍の犬を私的に殺処分しているデンマークが「殺処分が日本より少ない先進国」という大嘘記事
ニュージーランド最大の都市オークランドは人口比で日本の72倍の犬を殺処分している~「ニュージーランドは犬猫の殺処分が少なく日本は多い」というデマ
野良猫はすべて殺害し根絶することが国の方針のニュージーランドが「動物先進国で動物の権利や人間と共存するための法律を定めている」というデマ
の続きです。
 ピースワンコ・ジャパンという、民営動物保護施設を運営する特定非営利活動法人があります。派手な広告により寄付金を集めていますが、保護施設内のネグレクトによる虐待飼育や、収容している犬に狂犬病予防注射を受けさせていない狂犬病予防法違反で捜査を受けたりと、問題が多い団体です。さらに当団体は特に海外の動物愛護での嘘プロパガンダ活動があまりにもあからさまです。「ドイツ殺処分ゼロ」等の嘘デマ情報を効果的に用い、情弱者を騙して「殺処分ゼロ」をうたい巨額の寄付金を集めています。最近も酷いデマ記事を公開しています。その中の「スイスは動物先進国で犬猫の殺処分が少なく、動物の権利や人間と共存するための法律を定めています。日本は犬猫の殺処分が多い動物愛護後進国。」の大嘘を取り上げます。スイスは猫の推定殺処分数は人口比で日本の123倍と言うことはすでに取り上げた通りです。今回はティアハイムの殺処分率の高さを取り上げます。またスイスは動物の所有者であれば殺害に理由を必要としません。



 「日本は動物愛護後進国で、先進国と比較して犬猫の殺処分が多い」という趣旨の記事を、サマリーで示したピースワンコ・ジャパンが公開しています。その記事から引用します。


殺処分が多い国ランキングとは?日本の現状や犬を救う方法を解説! 2023年11月19日

日本にも動物愛護法が定められていますが、動物保護先進国と言われる国と比較すると日本は遅れているのが現状です。
殺処分が少ない国として、以下の7か国をご紹介します。
ドイツ
イギリス
オーストラリア
スウェーデン
デンマーク
ニュージーランド
スイス
これらの国は動物先進国と呼ばれており、動物の権利や人間と共存するための法律を定めています。



 真実は以下の通り。
・ドイツ~施設内での公的殺処分数だけでも人口比で日本より多い州がある。民間保護施設のティアハイムの犬の殺処分率は26.2%で日本の11%の2倍を超え、殺処分数は2万頭余りで人口比で11倍。その他警察官による犬猫等の射殺や、民間人にも許可されている犬猫の狩猟駆除数を含めれば、ドイツの犬猫殺処分の実数は日本の数十倍。
・イギリス~施設内で行う犬の公的殺処分数だけでも7,000頭前後あり、人口比で日本の5倍以上。民間シェルターでの殺処分数を合わせれば推計年間8万頭で人口比で日本の50倍以上。
・オーストラリア~施設内で行われる犬の殺処分数は年間4万頭で、人口比で日本の公的犬の殺処分数の約88倍。猫はさらに多いと推測されている。またノネコ野良猫の狩猟駆除は官民合わせて高位推計は年間200万匹で、それらをすべて合わせればオーストラリアの犬猫殺処分の実数は日本の数百倍から1,000倍超になる。
・ニュージーランド~国全体の殺処分数は公表されていないが、公表している自治体では人口比で日本の90倍の犬を公的施設で銃殺しているところがある。野良猫ノネコは狩猟駆除の対象。
・スイス~年間の野良猫の狩猟駆除数は10万匹で、人口比で日本の公的猫殺処分数の約123倍。ティアハイムでの犬の殺処分数率は日本の公的犬殺処分率より高い。


 スイスは動物保護法では、動物の所有者であればその動物を殺すことには理由は必要ありません。ことさら苦痛を与える、無差別な殺害でなければ単に「殺したかったから」でもよいのです。例えば日本の動物愛護管理法では44条で愛護動物の「みだりな(正当な理由がない)殺傷」を禁じています。またドイツ、ルクセンブルク、オーストリアなどの近隣諸国では動物の殺害に対しては「合理的な理由が必要」と、動物保護法で明記されています。
 それによりスイスでは、安易に動物が殺されているとし、スイスの動物愛護団体は「動物の殺害に正当な理由」の条文を盛り込む運動をしています。さらにスイスは動物の殺害、例えば犬猫の殺処分については集計もされていません。それを報じるスイスメディアのニュースから引用します。


GESUNDE TIERE TÖTEN? Tiereuthanasie ohne triftigen Grund 「健康な動物を殺す スイスで行われている正当な理由がない動物の安楽死(殺処分)」 2023年6月26日

Die Fondation SOS Chats Noiraigue hat eine Petition lanciert, die fordert, dass neu im Schweizer Tierschutzgesetz verankert wird, dass kein Tier ohne triftigen Grund getötet werden darf.
Die Unterschriften wurden am 2. März 2023 in Bern eingereicht.
wie viele Heimtiere jährlich in der Schweiz ganz ohne medizinischen Grund euthanasiert werden, gebe es nicht, sagt Alexandra Spring von der Stiftung für das Tier im Recht (TIR).
Denn meldepflichtig seien solche Tötungen nicht.
dass zwar die Wahrung der Würde des Tieres im Schweizer Tierschutzgesetz verankert ist, nicht aber der Schutz seines Lebens.
Anders als etwa in Deutschland, Österreich oder auch Luxemburg braucht es in der Schweiz keinen vernünftigen Grund, um die Tötung eines Tieres zu rechtfertigen.
Jedem Tiereigentümer steht es jederzeit frei, sein Tier einschläfern zu lassen.
Lediglich das qualvolle oder mutwillige Töten der Tiere ist verboten.

SOSシャ・ノワ-ル財団(註 スイスの猫保護団体)は、正当な理由なく動物を殺してはいけないと、スイスの動物保護法に明記するように求める請願活動を開始しました。
署名は2023年3月2日に、ベルンで提出されました。
動物法財団(TIR)(註 スイスの動物保護団体)のアレクサンドラ・スプリング氏によると、スイスで医学的な理由もなく毎年安楽死させられるペットの数は推定すらされていません。
このような殺処分は報道されません。
スイスの動物保護法では動物の尊厳を保つことが重視されているものの、動物の命の保護はそうではないということです。
ドイツ、オーストリア、ルクセンブルクとは異なり、スイスでは動物の殺害を正当化するためには合理的な理由は必要ありません。
すべての動物の所有者は、いつでも自由に動物を安楽死(殺処分)させることができます。
動物の苦痛を伴う、無差別無節操な殺害のみが禁止されています。



 スイスもドイツと同様に、禁止犬種法がある国で、特定の危険とされる犬(闘犬種)の飼育は特別な許可が必要です。禁止犬種の無許可飼育や咬傷犬を行政が飼主の意思に反してでも強制的に殺処分できる権限があり、咬傷犬の殺処分はしばしば報道されます。また狂犬病法に基づく犬猫の殺処分ももちろんあります。
 スイスでは通年猫の狩猟駆除が合法であり、それらを含めた猫の殺処分数は年間10万匹とも言われ、その数は人口比で日本の猫の公的殺処分数の150倍です(連載記事では先に123倍としたが、より新しい統計では150倍になる)。(*1)徘徊犬は自然界では公務員の森林管理官が射殺する権限があり、市中ではドイツと同じく警察官が犬を射殺する権限があります。

 スイスでは、公式な犬猫の殺処分数の集計も公表もありません(ドイツの公的な犬猫殺処分数も同じですが)。ですからスイスでも犬猫殺処分数は闇の中と言えるのですが、スイスのティアハイムの犬の譲渡数統計があります。
 それによればスイスのティアハイムにおける犬の譲渡率はかなり低く、ドイツが75%前後(ティアハイムやマスコミの資料による)であるのに対し、55%程度です。ドイツのハノーファー大学における2014年のティアハイムの犬の調査によれば殺処分率は26.2%で(*)、ティアハイムの公表やマスコミの記事による「譲渡されたなかった犬」の比率と完全に一致します。
 その点から考察すれば、スイスのティアハイムで譲渡されなかった犬の45%の多くは、殺処分されたものと推測されます。ちなみに日本の直近の公的犬の殺処分率は11%です。(*1)スイスのティアハイムが殺処分した犬の数は人口比で8.5倍になります。以下に、スイスのティアハイムの犬の譲渡数・率に関する資料から引用します。

(*)
Tierärztliche Hochschule Hannover Bedeutung der Pflege- und Haltungsbedingungen für Gesundheit und Wohlbefinden von Hunden als Fund- und Abgabetierein Tierheimen des Landes Nordrhein-Westfalen

(*1)
犬・猫の引取り及び負傷動物等の収容並びに処分の状況(動物愛護管理行政事務提要より作成)   対象期間:令和4年4月1日~令和5年3月31日(2022年4月1日~2023年3月31日)


Anzahl der in Tierheimen aufgenommenen Hunde in der Schweiz bis 2018 「2018年までにスイスのティアハイムに収容された犬の数」 2024年1月16日

Die Statistik zeigt die Anzahl der in Tierheimen aufgenommenen Hunde in der Schweiz in den Jahren 2009 bis 2018.
Im Jahr 2018 wurden 2.624 Hunde in Schweizer Tierheimen aufgenommen.
Davon konnten 1.448 Tiere vermittelt werden.

この統計は2009年から2018年までの間に、スイスのティアハイムに収容された犬の数を示しています。
2018年には2,624頭の犬がスイスのティアハイムに収容されました。
このうち、1,448 頭の動物が再び新しい家に引き取られました。



(画像)

 Anzahl der in Tierheimen aufgenommenen Hunde in der Schweiz bis 2018 「2018年までにスイスのティアハイムに収容された犬の数」 2014年1月16日 から

スイス ティアハイム 犬 統計


 ドイツの大学によるティアハイム調査では犬の殺処分率が26.2%であり、ティアハイムやマスコミの資料が「譲渡率が75%=譲渡できなかったものは25%」と言うことを考えれば、スイスの統計においても「ティアハイムから譲渡されなかつた犬」の45%は、大多数が殺処分されたと推測できます。
 スイス犬の殺処分率45%とすれば、日本の公的な犬の殺所分率が11%と言うことを考えれば、著しく高いと言えます。したがってピースワンコ・ジャパンの「スイスは動物先進国で犬猫の殺処分が少なく、多い日本は後進国」は嘘ということになります。また同じく、スイスは動物の権利や人間と共存するための法律を定めています」ですが、動物の殺害に関しては、スイスは所有者で有れば理由は不問という国です。ピースワンコ・ジャパンには、その根拠となるスイスの犬猫殺処分数の資料や、根拠法を原文で挙げていただきたい。
スポンサーサイト



スイスの猫殺処分の数は年間10万匹で人口比で日本の123倍~「スイスは日本と異なり犬猫の殺処分が少ない先進国」はデマ







Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Streunerkatzen breiten sich in der Schweiz unkontrolliert aus.
Dies hat zur Folge, dass jährlich 100000 katzen getötet werden – Tierschutzverbände fordern ein Ende des Elends.


 記事、
私有地に侵入した犬猫は土地所有者は射殺することが合法なデンマーク
世界一厳しい禁止犬種法があるデンマーク~日本より殺処分が少なく動物の権利が認められた国という大嘘
オーストラリアの犬の施設内の犬の殺処分数は年間4万頭で人口比で日本の88倍~日本は殺処分が多くオーストラリアでは少ないという狂ったサイト
オーストラリアは狩猟毒殺だけで猫を人口比で日本の1,000倍以上を殺処分している~「日本は殺処分が多い後進国。オーストラリアは少ない先進国」というピースワンコ・ジャパンの発狂資料
野良犬猫を保護することは犯罪で殺害に報奨金が支給されるオーストラリアを「犬猫殺処分が少ない先進国」としたデマ記事
の続きです。
 ピースワンコ・ジャパンという、民営動物保護施設を運営する特定非営利活動法人があります。派手な広告により寄付金を集めていますが、保護施設内のネグレクトによる虐待飼育や、収容している犬に狂犬病予防注射を受けさせていない狂犬病予防法違反で捜査を受けたりと、問題が多い団体です。さらに当団体は特に海外の動物愛護での嘘プロパガンダ活動があまりにもあからさまです。「ドイツ殺処分ゼロ」等の嘘デマ情報を効果的に用い、情弱者を騙して「殺処分ゼロ」をうたい巨額の寄付金を集めています。最近も酷いデマ記事を公開しています。その中の「スイスは動物先進国と呼ばれており、動物の権利や人間と共存するための法律を定めています」の大嘘を取り上げます。スイスでは猫の殺処分数は年間10万匹で人口比で日本の123倍です。



 「日本は動物愛護後進国で、先進国と比較して犬猫の殺処分が多い」という趣旨の記事を、サマリーで示したピースワンコ・ジャパンが公開しています。その記事から引用します。


殺処分が多い国ランキングとは?日本の現状や犬を救う方法を解説! 2023年11月19日

日本にも動物愛護法が定められていますが、動物保護先進国と言われる国と比較すると日本は遅れているのが現状です。
殺処分が少ない国として、以下の7か国をご紹介します。
ドイツ
イギリス
オーストラリア
スウェーデン
デンマーク
ニュージーランド
スイス
これらの国は動物先進国と呼ばれており、動物の権利や人間と共存するための法律を定めています。



 真実は以下の通り。
・ドイツ~施設内での公的殺処分数だけでも人口比で日本より多い州がある。民間保護施設のティアハイムの犬の殺処分率は26.2%で日本の11%の2倍を超え、殺処分数は2万頭余りで人口比で11倍。その他警察官による犬猫等の射殺や、民間人にも許可されている犬猫の狩猟駆除数を含めれば、ドイツの犬猫殺処分の実数は日本の数十倍。
・イギリス~施設内で行う犬の公的殺処分数だけでも7,000頭前後あり、人口比で日本の5倍以上。民間シェルターでの殺処分数を合わせれば推計年間8万頭で人口比で日本の50倍以上。
・オーストラリア~施設内で行われる犬の殺処分数は年間4万頭で、人口比で日本の公的犬の殺処分数の約88倍。猫はさらに多いと推測されている。またノネコ野良猫の狩猟駆除は官民合わせて高位推計は年間200万匹で、それらをすべて合わせればオーストラリアの犬猫殺処分の実数は日本の数百倍から1,000倍超になる。
・ニュージーランド~国全体の殺処分数は公表されていないが、公表している自治体では人口比で日本の90倍の犬を公的施設で銃殺しているところがある。野良猫ノネコは狩猟駆除の対象。
・スイス~年間の野良猫の狩猟駆除数は10万匹で、人口比で日本の公的猫殺処分数の約123倍。ティアハイムでの犬の殺処分数率は日本の公的犬殺処分率より高い。

 今回は「スイスでの野良猫の殺処分数は年間10万匹であり、人口比で日本の公的殺処分数の123倍」と言うことを取り上げます。スイスは猫の狩猟駆除が連邦法で規定された、おそらくヨーロッパの中ではドイツ、オーストリア(両国は犬も通年狩猟対象)とともに、例外的な国です。その他では、猫の狩猟が合法なのはオランダのフリースラント州(*)と、フランスの一部の自治体が確認できただけです(ご存じの方がいらしたらコメントください)。

(*)
Overheid maakt geen einde aan kattenjacht 2023年4月13日

 さらにスイスでは、猫の所有者であればことさら苦痛を与えなければ、理由がなくとも殺害が合法です。「ことさら苦痛を与えない殺害」には銃殺や瞬時の撲殺も含まれます。
 スイスでは野良猫の増加が深刻な問題であり、野良猫の数の制御方法は殺処分が最も一般的な方法です。そのために猫の殺処分数は非常に多く、私人による狩猟駆除をはじめ、農家等による自己所有の猫の殺処分、さらには野良猫数が多すぎてティアハイムには収容スペースがないために、ティアハイムでの安楽死数も大変多いとされます。スイスの猫の殺処分数は、推計で年間10万匹とされており、その数は人口比で日本の123倍です。(*1)以下に、2023年の、スイスのマスコミの記事から引用します。

(*1)
犬・猫の引取り及び負傷動物等の収容並びに処分の状況(動物愛護管理行政事務提要より作成)   対象期間:令和3年4月1日~令和4年3月31日(2021年4月1日~2022年3月31日)


100’000 Katzen werden in der Schweiz jährlich getötet – teils brutal 「スイスでは毎年10万匹の猫が殺処分されており時には残酷に殺されている」 2023年9月21日

Rund 300’000 heimatlose Katzen leben in der Schweiz.
Und sie breiten sich schnell und unkontrolliert weiter aus.
In den Tierheimen ist jedoch kaum Platz vorhanden. Viele Katzen werden daher eingeschläfert.
Die Populationskontrolle von Katzen durch Tötungen ist in der Schweiz gang und gäbe.
Jedes Jahr werden hierzulande circa 100’000 Katzen getötet.
In der Schweiz leben laut Schätzungen von Tierschutzverbänden rund 300’000 heimatlose Katzen.
Jedes Jahr werden hierzulande circa 100’000 dieser Katzen getötet. Eine Populationskontrolle von Katzen mittels Tötung ist in der Schweiz leider immer noch alltäglich.
Doch viele Katzen werden auch rechtswidrig durch Menschenhand getötet.
Streunerkatzen werden oft vergiftet, erschlagen oder ertränkt.
Die Populationskontrolle von Katzen durch Tötungen ist hierzulande gang und gäbe.
«Wir töten die Jungen regelmässig, damit sie sich nicht unkontrolliert vermehren», soll ein Bauer.
Selbst Tierheime von Tierschutzorganisation lassen ihre Katzen regelmässig einschläfern.
Auch wenn diese «kontrollierten» Tötungen, entsprechen sie geltendem Recht.
Entscheidend sei, dass die Katzen von ihrer Besitzerin oder ihrem Besitzer getötet werden, ordnet Rechtsprofessor Peter V. Kunz ein.
Nur wenn die Katze von einer Drittperson getötet wird, wäre es strafrechtlich relevant.
Es sei jedoch Pflicht, die Katze schmerzlos zu töten.
Eine Kastrationspflicht sei «unverhältnismässig»
NetAP startete 2016 die Kampagne «Kastrationspflicht für Freigänger-Katzen in der Schweiz», um gegen diese Tötungen vorzugehen.
Es kamen mehr als 115’000 Unterschriften zusammen, doch das Parlament lehnte die Petition ab.
Eine Kastrationspflicht sei «unverhältnismässig», hiess es mit Berufung auf ein Schreiben des Bundesamts für Lebensmittelsicherheit und Veterinärwesen (BLV).

スイスには約30万匹の飼主のいない猫が生息しています。
そしてそれらは急速に、そして制御不能に増え続けています。
しかしティアハイム(動物保護施設)にはそれらの猫を収容するスペースがほとんどなく、そのため多くの猫が安楽死させられています。
スイスでは殺処分による猫の個体数管理が一般的に行われています。
この国では毎年約10万匹の猫が殺されています。
動物保護団体によると、スイスには野良猫の猫が約30万匹とされています。
この国では毎年約10万匹の猫が殺されており、残念なことにスイスでは猫を殺して猫の個体数を管理することが今でも一般的に行われています。
しかし、多くの猫が人間によって不法に殺されています。
野良猫は毒殺されたり、撲殺されたり、溺死したりすることが多くあります。
この国では、殺処分による猫の個体数管理が一般的に行われています。
「私たちは子猫たちが制御不能に繁殖しないように、定期的に殺しています」と、ある農家は言います。
動物保護団体が運営するティアハイムでも、定期的に猫が安楽死されています。
たとえこれらの「猫の個体数を制御するための」殺害が行われたとしても、法を順守する限り適法です。
重要なことは、猫が飼主によって殺されたということだ、と法学教授ピーター・V・クンツ氏は言います。
猫が第三者によって殺された場合のみ、犯罪となります。
ただし、猫を苦痛なく殺すことが義務付けられています。
猫の去勢義務は「割に合わない」
2016年に、NetAP(スイスの猫保護団体) は猫のこれらの殺害に対して行動を起こし、「スイスにおける屋外猫の強制去勢」キャンペーンを開始しました。
115,000以上の署名が集まりましたが、連邦議会は請願を拒否しました。
議会の報告書では、連邦食品安全・獣医問題局(BLV)による回答書を引用し、去勢の要件は「割に合わない(註 コストに合わない、実効性が低い)」と述べました。



 ピースワンコ・ジャパンの引用した記事の記述、スイスは動物先進国と呼ばれており、動物の権利や人間と共存するための法律を定めています」の記述はまさに狂気です。よくここまで真逆のデタラメを堂々と書けるものだと感心します。
 スイスは野良猫の数の制御方法は、ほぼ殺処分です。希少生物が猫による捕食被害を受けている、生態系を保護すべき重要な地域ですら野良猫ノネコのノーキルポリシーを貫き、TNRすら自治体や国が認めている国はおそらく日本以外ではないのではないでしょうか。都合よく海外のデマを悪用するなと言いたいです。
 次回記事ではスイスの、犬の殺処分のついて取り上げます。スイスのティアハイムの犬の殺処分率は日本の公的犬の殺処分率より大いにです。また野犬は、公務員(森林レンジャー)が射殺してもよく、禁止犬種法や咬傷犬は行政により強制殺処分されます。


(動画)
 
 Katzenliebe in der Schweiz | Katzen und ihre Menschen | Doku | SRF Dok 「スイスの猫の愛 猫とかかわる人々のドキュメンタリー」 2018年3月26日 スイス公共放送によるTVドキュメント

 スイスにおける猫保護活動家と環境保護活動家との攻防。しかし先に引用した記事にある通り、スイス連邦議会は猫の去勢義務の法制化を門前払いしました。従つて今でもスイスは、野良猫の数の抑制策は殺処分がほぼ一択です。

Katzen sind die beliebtesten Haustiere der Schweiz.
Weil die Vierbeiner auch Raubtiere sind und bedrohte Arten töten, befürworten Umweltschützer gar das Schiessen von Samtpfoten.
Laut der Tierschutzorganisation NetAP gibt es in der Schweiz rund 300’000 verwilderte Katzen.
Durch das Einfangen und Kastrieren dieser Tiere soll die Population eingedämmt werden.
Weil Katzen in freier Natur auch bedrohte Tierarten wie Libellen, Frösche und Echsen töten, befürwortet der Umweltschützer radikale Massnahmen.
Ein sauberer Schuss aus dem Gewehr eines Jägers sei besser, als eine verwilderte Katze einzufangen und einzuschläfern.

猫はスイスで最も人気のあるペットです。
この四本足の仲間(=猫)は捕食者でもあり、絶滅危惧種を殺すために環境保護活動家はベルベットの足(=猫)を射殺することさえ主張しています。
動物(猫)保護団体NetAPによると、スイスには約30万頭匹の野良猫がいるといいます。
これらの猫を捕獲して去勢することは、個体数を制御することを目的としています(註 しかしその主張は連邦議会により議案として採用されることを拒否されました)。
野生化した猫はトンボ、カエル、トカゲなどの絶滅危惧種も殺すため、環境活動家は抜本的な対策を主張しています。
野良猫を捕まえて安楽死させるよりも、ハンターのライフルで撃たれて根絶させた方が良いのです。


2023年の調査ではスイス人の20%が猫肉食を容認した。韓国の犬肉食容認は約10%







Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Katzenfleisch essen in der Schweiz.
20 % der Schweizer tolerieren den Verzehr von Katzenfleisch.


 スイスでは犬猫の肉を食べることは合法で、現在もその習慣が残っている地域があります。2023年にスイスのマスコミが行った調査では、スイスの国民のうち20%が猫肉を食べることを容認し「自分も食べてもよい」と回答しました。韓国でも同時期に同様の犬肉食に関する国民の意識調査があり、結果は90%が犬肉食を否定、つまり犬肉食を容認する割合は約10%でした。しかし無知無学な東大教授がいて、「動物愛護先進国のヨーロッパではアジア諸国の様に犬猫を食べることなどありえない」とデタラメを繰り返し発言し、著作にも多数残しています。東大教授の痴性には呆れます。


 サマリーで示した、2023年のマスコミが行ったスイス人の猫肉職に対する意識調査の記事はこちらです。なおこの記事は非常にまじめな内容であり、愛玩動物と産業動物間の動物福祉のあり方や差異について問題提起をしています。


Fleischkonsum in der Schweiz Warum essen wir nicht alle Tiere? 「スイスの肉消費 なぜ私たちは全ての動物種の肉を食べないのでしょうか?」 2023年8月27日(なおこの記事のビデオや画像には、猫肉を提供するレストランの映像や犬の食用と殺が含まれます。閲覧にご注意ください)

Hühner, Schweine und Kühe landen auf unseren Tellern, jedoch kein Katzenbraten oder Hunderagout.
Dabei wäre das in der Schweiz sogar erlaubt.
Über unseren Fleischkonsum, der viel mit kulturellen Gewohnheiten zu tun hat.
Die Irritation über das Katzenrezept offenbart, wie ungleich wir Tiere behandeln.
In der Schweiz ist der Verzehr von Hunde- und Katzenfleisch theoretisch erlaubt.
Den Indern sind Kühe heilig, die fassen sie nicht an und in Peru ist Meerschweinchen das Nationalgericht.
Und im ostasiatischen Raum würden Hunde gegessen.
Darum sei es scheinheilig, wegen eines Katzenrezeptes derart in Rage zu geraten.
Denn die Tierwelt ist strikt unterteilt: Nutztiere werden gegessen, Wildtiere gejagt, Schädlinge bekämpft und Haustiere gestreichelt.

鶏、豚、牛は肉となってに私たちの皿の上に登場しますが、猫のローストや犬のシチューはありません。
しかしこれらはスイスでも許可されるでしょう。
私たちの肉の消費は、文化的慣習と大きく関係しています。
猫の料理に対して感情的になるのは、私たちが動物をいかに不平等に扱っているかを証明しています。
スイスでは犬と猫の肉を食べることは、理論上許可されています。
インド人にとって牛は神聖なものであり、牛に触れることすらしません。
ペルーではモルモットは国民的な食糧です。
そして東アジアでは犬が食べられます。
だからこそ、猫の料理についてそのように怒るのは偽善的なのです。
動物の世界は厳密に分けられています。
家畜は食べられ、野生動物は狩られ、害銃は駆除されと、ペットは撫でられかわいがられます。



 さらに上記の記事の公開したマスコミは、スイス人における食肉の意識調査を行っています。その結果が以下の画像です。


(画像)

 Fleischkonsum in der Schweiz Warum essen wir nicht alle Tiere? から。

Essen Sie Fleisch?
Nein, ich ernähre mich vegetarisch oder vegan. 28%
Ich esse alles, was es im Supermarkt gibt, auch Pferd, Schaf usw. 35%
Ja, aber kein Schweinefleisch. 5%
Pferdefleisch würde ich nicht essen. 12%
Tier ist Tier, ich würde sogar Katzenfleisch probieren. 20%
5378 Stimmen wurden abgegeben.

貴方は肉を食べますか?
いいえ、私はベジタリアンまたはビーガンの食事を食べています。 28%
馬や羊など食品スーパーで買える肉は何でも食べます。 35%
肉は食べますが豚肉は食べません。 5%
馬肉は食べないと思います。 12%
猫も動物ですから、猫の肉でも食べてみたいと思います。 20%
5378の回答を得ました。


スイス 猫肉 調査


 同時期(2023年)に、韓国のメディアが韓国人に対して犬肉食に対する意識調査を行いました。その結果は、約90%の人が犬肉食を否定しました。その記事から引用します。


韓国人の9割が「もう犬肉料理を食べない」、理由は2つ 2023年1月20日

韓国に犬肉を食べる文化があることは、日本でもよく知られている。
しかし最近は犬肉を食べる人は減っており、約9割が「この1年犬肉を食べていない」「今後も食べるつもりはない」と回答した。
そして、アンケート対象者全員に「今後、犬肉を食べる考えはあるか」と質問したところ、88.6%が「ない」と答えた



 つまり同時期の国民の意識調査では、韓国人の犬肉に対する許容度よりも、スイス人の猫肉に対する許容度の方が高いと言うことになります。しかし驚くべき無知無学を晒している東京大学教授がいます。小野塚知二狂授です。
 小野塚知二狂授は、「韓国はヨーロッパと異なり動物愛護後進国であるために犬食が行われている。動物愛護先進国のヨーロッパ諸国では犬猫を食べることは野蛮とされあり得ない」とも述べ
ています。しかしヨーロッパでは、犬猫食習慣が根強く残る国や地域がいくつも存在します。例えばスイスの犬猫食習慣は、ヨーロッパでは今回述べた通り周知の事実です。北イタリアの猫食も良く知られています。また法律で明確に個人消費まで犬猫食を禁じているヨーロッパの国はごくわずかです。(*)小野塚教授が「動物愛護先進国」の筆頭として挙げているイギリスとドイツ等では、個人的な犬の食用と殺が合法です。小野塚教授の無知蒙昧ぶりには呆れます。

(*)
BUNDESGESETZBLATT FÜR DIE REPUBLIK ÖSTERREICH

 調べた限り、個人消費であっても犬猫を食用としてと殺することを禁じているヨーロッパの国はオーストリア1国しか見つかりませんでした。「オーストリア連邦動物保護法」6条2項において「犬猫の食用を目的としたと殺を禁じる」とあります。

 小野塚教授の「韓国(などのアジア)は(ヨーロッパとは異なり)動物愛護後進国であるために、犬食が行われている」、と言う内容の資料は多数ありますが、一例を挙げます。日本ペットサミット(東京大学獣医学教授が代表の任意団体)が行った講演会です。読めば読むほど支離滅裂な内容で、この人は知能と精神、もしくはその両方が正常に達していないのではないかと心配になります。犬の個人的なと殺と消費まで禁じているのはヨーロッパでは私が調べた限りオーストリア以外ではありません。それを禁じている国地域は国際的にもごくわずかで、例を挙げれば台湾、中国のうちマカオと香港があります。この点については、改めて記事にします。
 「動物愛護先進国のヨーロッパ諸国ではアジアの様に犬猫を食べるなど野蛮とみなされあり得ない」という記述の他でも、内容は全て狂人の妄想に等しいです。例えば「イギリス、ドイツ等には野良猫がいない」ですが、両国とも極めて野良猫の数が多く、また増加傾向で社会問題にすらなっています。以下に引用します。


野良猫のいる社会といない社会 その比較と移行過程(小野塚知二先生) 

野良猫のいない社会に対し、⽇本も含めて野良猫がいる社会はどのようになっているのでしょうか。
「簡単にいえば、動物愛護先進国ではありません。たとえば動物愛護の精神からすれば、韓国で⽝を⾷べている ことは⼤問題になります。そのような国では、猫に飼い主がいないことが特別に不幸だとはあまり考えられてき ていませんでした」。
「これらの国々(野良猫のいる社会)では帝国主義や⼈種主義、⺠族学が未成熟か未定着でした。イギリスやフランスのように完全な 形で帝国主義を作れなかった国ともいえます」。

スイスで再導入された在来野生動物のヨーロッパヤマネコは、野良猫との交雑で絶滅の可能性がある






Please send me your comments.  dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。  dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
Die in der Schweiz lebende Europäische Wildkatze ist durch Kreuzung mit Hauskatzen (Streunerkatzen) vom Aussterben bedroht.


  記事、
在来種のヨーロッパヤマネコが野良猫との交雑により絶滅の危機に瀕している
野良猫の被害を受けている野生動物の生息地でTNRの愚策を行うイギリス、スコットランド
在来野生動物のヨーロッパヤマネコが野良猫の交雑により絶滅の危機にあるドイツ、バーデンビュルテンベルク州
の続きです。
 小野塚知二東京大学教授らが、科研から補助金を受けている研究があります。「世界は野良猫のいる社会と野良猫のいない社会とに二分できる(笑)ことに着想を得て、野良猫の有無とその消滅過程(笑)」云々という研究です。その上で小野塚狂授は「イギリス、北フランス、ドイツ、オーストリア、スイスには野良猫がいない。⼀⽅で現在も野良猫がいるのは⽇本や韓国などアジア諸国、イタリアやスペイン、ポルトガルなどの南欧、アメリカの⾮⼤都市など」としています。
 ヨーロッパの一部の国では在来野生動物のヨーロッパヤマネコ(Felis silvestris)が、野良猫(イエネコ、いわゆる猫 Felis silvestris catus)との交雑で絶滅に瀕しています。今回は小野塚知二狂授が「野良猫がいない」としているスイスを取り上げます。



 連載記事で述べた通り、ヨーロッパの一部の国では在来野生動物のヨーロッパヤマネコ(Felis silvestris)が野良猫(イエネコ。いわゆる猫  Felis silvestris catus)との交雑により絶滅が危惧されています。連載記事ではイギリスとドイツの一部の州では、在来野生動物のヨーロッパヤマネコ(Felis silvestris)と野良猫(イエネコ。いわゆる猫Felis silvestris catus)が交雑し、ヨーロッパヤマネコが絶滅の危機にあることを述べました。
 今回はスイスの事例を取り上げます。スイスでは1960年ごろ(20世紀中葉)に在来野生動物にヨーロッパヤマネコが絶滅したと考えられています。そのため生態系の回復のために、50年ほど前にフランスからヨーロッパヤマネコがスイスのジュラ山系に再移入されました。しかし再移入されたヨーロッパヤマネコは、野良猫(イエネコ。いわゆる猫)との交雑で再び絶滅の危機に瀕しています。それを報じるニュースソースから引用します。


スイスのヤマネコ、セクシーすぎて絶滅の危機。イエネコのメスがメロメロになり交配が進む(スイス研究) 2020年10月13日

スイスに生息するヨーロッパヤマネコが絶滅の危機に瀕しているという。
ヨーロッパに生息する野生種、「ヨーロッパヤマネコ」は、スイス西部のジュラ山脈からほとんどいなくなってしまっていたが、50年前に行われた再導入計画により、再び繁殖し始めた。
本来なら喜ばしいことなのだが、思わぬ事態が起きた。
ジュネーブ大学の生物学者と、チューリッヒ大学とオックスフォード大学の共同研究チームが、このヤマネコとイエネコの交配状況を調べた結果、新たな脅威が浮上していたのだ。
異種間の交配によって不可逆的な遺伝子置換が起こるだろうことがわかった。
近いうちにヤマネコとイエネコの区別ができなくなるということを警告している。
学術誌「Evolutionary Applications」によると、現在、ヤマネコとイエネコははっきりふたつに分かれた別々の亜種だと考えられているが、これらの交配が続くと、繁殖力の強い混合種の子猫が増える。
現在の交配率と個体数がこのまま変わらないなら、100年以内にヤマネコとイエネコの間の遺伝子的差異が失われてしまうという。



Die Wildkatze: Das unsichtbare «Büsi» im Wald
2023年2月19日

Die Wildkatze: Das unsichtbare «Büsi» im Wald
Sie sehen zwar aus wie unsere Stubentiger, doch Europäische Wildkatzen sind anders als Hauskatzen.
Rund 1.8 Millionen Hauskatzen leben in der Schweiz.
Viele der «Büsis» geniessen Freigang und erkunden ihre Ortschaft.
Zusätzlich sind etliche verwilderte Katzen unterwegs.
Die Europäische Wildkatze oder auch Waldkatze genannt, lebt vor allem in den Wäldern im Juragebirge.
Wie viele andere Tiere auch wurde die Wildkatze als vermeintlicher Schädling verfolgt und gejagt.
Die Art galt um 1960 in der Schweiz praktisch als ausgestorben.
Eine Wiederbesiedlung im Jura mit Tieren aus Frankreich sorgte für eine deutliche Stärkung der Population.
Besonders weil sie sich mit Hauskatzen vermischen, also sich hybridisieren, ist die Art gefährdet.
Hauskatzen und Wildkatzen können sich paaren und fortpflanzungsfähige Junge gebären.

ヤマネコ(ヨーロッパヤマネコ Felis silvestris): 森の中にいて目撃されることはない「猫」
私たちの飼い猫に似ているかもしれませんが、ヨーロッパヤマネコは飼い猫とは異なります。
スイスには約180万頭の飼い猫が住んでいます。
「イエネコ(いわゆる猫 Felis silvestris catus)」の多くは自由を満喫し、村を探検しています。
さらに、その途中には野良猫(イエネコ)もたくさんいます。(*)
森の猫としても知られるヨーロッパの野生の猫(ヨーロッパヤマネコ)は、主にジュラ山脈の森に住んでいます。
他の多くの動物と同様に、野生のネコ科動物(ヨーロッパヤマネコ)も害獣として追われ、狩猟されました。
この種(ヨーロッパヤマネコ)は、1960年頃にスイスでは事実上絶滅したと考えられていました。
フランスからヨーロッパヤマネコを連れてきて、ジュラ地方に再移入したことで、ヨーロッパヤマネコの個体数は大幅に増加しました。
この種は特にイエネコ(いわゆる猫 Felis silvestris catus)と交雑する、つまり雑種が生まれるために絶滅の危機に瀕しています。
イエネコ(いわゆる猫 Felis silvestris catus)と、ヨーロッパヤマネコ(Felis silvestris)は交尾して、繁殖力のある子孫を産むことができるのです。


(*)
 小野塚知二狂授は「スイスには野良猫がいない」としていますが、スイスには約30万匹の野良猫がいるとされています。人口比では狂授が「野良猫がいる」としている日本の東京の2倍以上です。


 サマリーで述べた通り、小野塚知二東京大学狂授は「イギリス、北フランス、ドイツ、オーストリア、スイスには野良猫がいない。⼀⽅で現在も野良猫がいるのは⽇本や韓国などアジア諸国、イタリアやスペイン、ポルトガルなどの南欧、アメリカの⾮⼤都市など」としています。それに基づいて、科研から補助金を受給して研究を進めています。


(画像)

 『野良猫のいる社会といない社会 その⽐較と移⾏過程:⼩野塚知⼆先⽣』  2019年1月21日 から。

イギリス、北フランス、ドイツ、オーストリア、スイスには野良猫がいない。
⼀⽅で現在も野良猫がいるのは⽇本や韓国などアジア諸国、イタリアやスペイン、ポルトガルなどの南欧、アメリカの⾮⼤都市などになります。
イギリスや北フランス、ドイツなどでは野良猫の消滅過程が必ずあるはずです。


小野塚 キチガイ


 ヨーロッパヤマネコと野良猫(イエネコ。いわゆる猫)の交雑が深刻となっているのは、小野塚知二狂授が野良猫がいないとしている、イギリス、スイス、ドイツ、北フランスです。野良猫がこれらの国にいなければ、ヨーロッパヤマネコとの交雑は起きようがありませんが?今回取り上げたスイスでは、ヨーロッパヤマネコと野良猫との交雑により、ヨーロッパヤマネコが絶滅の危機に瀕しているとあります。ヨーロッパヤマネコとイエネコの雑種猫が多数存在していることが遺伝子解析により判明しています。
 なお小野塚知二狂授は「飼主があったとしても無去勢で屋外を自由に行動している猫は野良猫に含める」と野良猫を定義しています。野良猫がいなければ、スイスにはヨーロッパヤマネコと野良猫(イエネコ)との雑種が存在することはあり得ません。まさに小野塚知二狂授の研究は愚行です。


(動画)

 Wildkatzen keine Kuscheltiere 「野生の猫(ヨーロッパヤマネコ)はぬいぐるみではありません」 2014年3月30日

概要:スイスチューリッヒ州で、ヨーロッパヤマネコを研究用の柵で囲って研究している生物学者のマリオン・ハルトマン氏は言います。
ほぼ絶滅したとされるスイスのジュラ山脈に再移入されたヨーロッパヤマネコの生息数は900匹程度と思われ、スイスでは絶滅危惧種のレッドリストに入れられています。
ジュラ州では野良猫(いわゆる猫。イエネコで飼主がないもの)が多数、自由に徘徊しています。
既にヨーロッパヤマネコとイエネコとの雑種化が進んでいます。
猫の誘引剤を吹き付けた板でネコ科動物の体毛を採集して遺伝子分析をして調べたところ、一部の野良猫からはヨーロッパヤマネコの遺伝子が確認されました。
ヨーロッパヤマネコとイエネコとの交雑は数世代にわたつて進んでいて、このままではスイスでは純粋なヨーロッパヤマネコが絶滅してしまうでしょう。

スイスには30万匹の野良猫がおり毎年10万匹が狩猟で殺される~「スイスには野良猫がいない」という東大教授の無知







Please send me your comments.    dreieckeier@yahoo.de
Bitte senden Sie mir Ihre Kommentare.   dreieckeier@yahoo.de
メールはこちらへお寄せください。   dreieckeier@yahoo.de

(Zusammenfassung)
In Österreich gibt es rund 250.000 herrenlose Streunerkatzen, und 40.000 werden gejagt.


 記事、
野良猫が異常に多いイギリス~第二の都市バーミンガムでは人口と同じ100万匹の野良猫がいる
野良猫900万匹と異常に多いイギリスはドイツなどと異なり、猫の狩猟は事実上禁止されている
野良猫900万匹と異常に多いイギリスは行政が野良猫の捕獲収容を行わない特異な国
野良猫の数が900万匹と異常に多いイギリスでは行政がずさんなTNRを推奨し行われている
小野塚知二東大教授の研究の「イギリスでは野良猫が消滅した」の出典とは?~イギリスの野良猫数は900万匹とされている
小野塚知二東大教授の「イギリスには野良猫がいない」の根拠は便所の落書き以下の京田辺市のホームページなのか~イギリスには900万匹の野良猫がいる
小野塚知二東大教授の「イギリスには野良猫がいない」の典拠は全て噓の便所の落書き以下の京田辺市のホームページなのか
東京都とほぼ同じ人口のバイエルン州には野良猫が東京都の5倍いる~「ドイツでは野良猫が消滅した」という東大教授の無知
「ドイツには野良猫が~300万匹いる」とのドイツの資料は多数ある~「ドイツでは野良猫が消滅した」という東大教授の狂気
野良猫の増加に悩むニーダーザクセン州は猫の狩猟を緩和する法改正を行った~「ドイツでは野良猫が消滅した」という東大教授の無学
小野塚知二東大教授らの「ドイツには野良猫がいない」の典拠は自作自演?ドイツには~300万匹の野良猫がいる
北極圏のグリーンランドにも野良猫は存在しトキソプラズマ感染で野生動物に害を及ぼしている~環境省の「イギリスやドイツでは高緯度だから野良猫はいない」という発狂資料
北極圏のグリーンランドにも野良猫は存在し家畜がトキソプラズマ感染している~環境省の「イギリスやドイツでは高緯度だから野良猫はいない」という発狂資料
スイスは30万匹の野良猫がいて増加が問題になっている~「スイスには野良猫がいない」という東大教授のバカッぷり(笑)
の続きです。
 小野塚知二東大教授が科研から補助金を受けている、「世界は野良猫がいる社会といない社会とに二分できると」との研究があります。小野塚知二教授は野良猫がいない国として、「イギリス、北フランス、ドイツ、オーストリア、スイスには野良猫がいない」としています。しかしスイスは~30万匹の野良猫がいるとされ、毎年10万匹が狩猟等で殺害されています。



 サマリーで示した、小野塚知二東京大学教授の「イギリス、北フランス、ドイツ、オーストリア、スイスには野良猫がいない」としている資料から引用します。小野塚知二狂授らは「世界は野良猫がいる社会といない社会とに二分できる。その社会的背景」という研究で科研から補助金を受けて研究を進めています。
 小野塚教授は「世界は野良猫がいる社会といない社会に二分でき、いない国はイギリス、北フランス、ドイツ、オーストリア、スイス」としています。以下に引用します。小野塚狂授の記述と、スイス国内の動物保護団体の推計やマスメディアの報道とはかけ離れていますが?小野塚狂授、頭は大丈夫ですか、ちゃんとお薬飲んでいますか(笑)。


『野良猫のいる社会といない社会 その⽐較と移⾏過程:⼩野塚知⼆先⽣』  2019年1月21日

イギリス、北フランス(*)、ドイツ、オーストリア(*1)、スイスには野良猫がいない。
⼀⽅で現在も野良猫がいるのは⽇本や韓国などアジア諸国、イタリアやスペイン、ポルトガルなどの南欧、アメリカの⾮⼤都市(*2)などになります。
イギリスや北フランス、ドイツなどでは野良猫の消滅過程が必ずあるはずです。


(*)
What's happening in your country? France 2020年9月20日

 フランス全土では高位推計で1,400万の野良猫がいるとされています。正直言ってフランス北部の首都パリは、野良猫が個人的な体験でも異常に多いです。フランスの野良猫生息数は中学レベルの英語検索で即、「~1,400万匹もおり異常な多さ」という資料が山ほどヒットします。

(*1)
Schon 12.500 Streunerkatzen in OÖ eingefangen

 オーストリアでは~25万匹の野良猫がいると推計されています。オーストリアの人口は日本の0.071倍ですので、日本の野良猫数191万匹よりも1.8倍も多いのです。小野塚教授は日本には野良猫はいるがオーストリアにはいない」としていますが(笑)。

(*2)
How to Clear 500000 Feral Cats From New York's Streets 「ニューヨークの路上から50万匹の野良猫を排除する方法」 2023年6月9日

 アメリカ最大のニューヨーク市は人口800万人ですが、野良猫数は50万匹いるとされています。人口1300万人の東京都は21万匹(放飼い飼猫含む)です。第2位のロサンゼルスや第3位にシカゴでも野良猫の増加は社会問題になっています。小野塚狂授は「アメリカの非大都市には野良猫がいる=大都市にはいない」としていますが(笑)。マンハッタンの東アジア系の住民の住民が多い街区は野良猫だらけです。


(画像)

 『野良猫のいる社会といない社会 その⽐較と移⾏過程:⼩野塚知⼆先⽣』  から。

小野塚 キチガイ

 イギリスには900万匹の野良猫と150万匹のノネコがおり、ドイツには~300万匹の野良猫がいます。その点については連載記事で詳述しました。
 今回記事では、「スイスには高位推計で30万匹に野良猫がおり、毎年10万匹の野良猫等が狩猟等により殺害されている」ことを取り上げます。この数は人口比で日本の猫の公的殺処分数の123倍です。スイスでは野良猫が去勢の遅れから制御不能に増加し、生態系への悪影響などが大きな問題となっており、狩猟駆除が現実的な野良猫の数の抑制策とされています。それを報じるスイスのマスメディアの記事から引用します。


Mindestens 100‘000 Katzen werden pro Jahr in der Schweiz getötet! 「スイスでは毎年少なくとも10万匹の猫が殺されています」 2014年10月9日

Mindestens 100‘000 Katzen1 werden pro Jahr in der Schweiz getötet!
Mangels genauen statistischen Zahlenmaterials mussten Schätzungen und Annahmen getroffen werden.
Dabei wurden die Zahlen sehr konservativ geschätzt und vorsichtige Annahmen getroffen.

スイスでは毎年少なくとも 100,000 匹の猫が殺されています。
正確な統計数値が存在しないため、推定と仮定を行う必要がありました。
数値は非常に控えめに推定され、慎重な仮定が行われました。



Tierschützer schlagen Alarm: Tausende Katzen verenden in der Schweiz qualvoll 「動物保護活動家らが警鐘を鳴らしています:スイスで数万匹の猫が苦しみながら死んでいます」 2020年2月18日

Bis zu 300'000 Büsi streunen durch die Schweiz.
Die Tiere verenden teils qualvoll.
Jedes Jahr sterben in der Schweiz 100'000 Kätzchen jämmerlich dahin, weil die Leute zu gleichgültig oder geizig sind, um zu kastrieren.
Laut Schätzungen der Tierverbände – offizielle Zahlen gibt es keine – leben in der Schweiz zwischen 100'000 und 300'000 Katzen, die offiziell niemandem gehören.
Katzen vermehren sich rasant, werfen mehrmals im Jahr Junge.
Tierschutzverbände kastrieren mit Spendengeldern von mehreren hunderttausend Franken Tausende Katzen im Jahr – aber schaffen es dennoch nicht, die Überpopulation zu reduzieren.Ein Teil der unerwünschten Katzen, gemäss Hochrechnungen von Netap sind es 100'000, werden zudem jedes Jahr erschlagen, ertränkt, erschossen oder eingeschläfert.
Neben der Tatsache, dass diese Katzen physisch leiden und teilweise qualvoll verenden, schaden die vielen Katzen auch der Flora und Fauna in der Schweiz.
Sie paaren sich mit der geschützten Wildkatze und verändern deren Genpool, jagen Vögel und andere Kleintiere, die sie nicht sollten.


最大30万匹の(野良)猫がスイス中を徘徊しています。
猫たちは苦しみながら死ぬこともあります。
スイスでは毎年10万匹の子猫が、人々が無関心あるいはお金を惜しむために去勢手術をせず、悲惨な死を遂げています。
動物保護団体の推計によれば(正式な数字ではありませんが)、スイスには公には誰にも所有されていない(野良)猫が30万匹いるといわれています。
猫は1年に数回子を産んで繁殖し、急増します。
動物保護協会は数十万スイスフランの寄付で年間数千匹の猫を去勢していますが、それでも過剰な野良猫の数を減らすことはできていません。
ネットタップ(スイスの猫保護団体)の推計によれば、望まれない猫の一部の10万匹は毎年撲殺されたり、溺死させられたり、射殺されたり、安楽死させられたりしています。
これらの猫たちは肉体的に苦しんでおり、時には苦しみながら命を落とすという事実に加えて、多数の猫がスイスの動植物にも被害をおよぼしています。
野良猫たちは保護されている種の野生のヨーロッパヤマネコと交尾し、その遺伝子資源をかく乱させ、捕食してはならない鳥や他の小動物を捕食します。


(動画)

 Katzenliebe in der Schweiz | Katzen und ihre Menschen | Doku | SRF Dok 「スイスの猫への愛 | スイスの猫への愛 猫とその人々 | ドキュメンタリー | SRF(スイス公共放送 ドキュメント」 2018年3月26日公開

Weil die Vierbeiner auch Raubtiere sind und bedrohte Arten töten, befürworten Umweltschützer gar das Schiessen von Samtpfoten.
Laut der Tierschutzorganisation NetAP gibt es in der Schweiz rund 300’000 verwilderte Katzen.
Weil Katzen in freier Natur auch bedrohte Tierarten wie Libellen, Frösche und Echsen töten, befürwortet der Umweltschützer radikale Massnahmen: Ein sauberer Schuss aus dem Gewehr eines Jägers sei besser, als eine verwilderte Katze einzufangen und einzuschläfern.

この四本足の仲間(野良猫のこと)は捕食者でもあり、絶滅危惧種を殺すために環境保護活動家はベルベットの足(野良猫のこと)を射殺することすら主張しています。
動物愛護団体のNetAPによると、スイスには約30万匹の野良猫がいると言います。
野生化した猫はトンボ、カエル、トカゲなどの絶滅危惧種も殺すため、環境保護活動家は野良猫を捕まえて安楽死させるよりも、ハンターのライフル銃ですっきりと射殺する方が良いと過激な対策を提唱しています。


プロフィール

さんかくたまご

Author:さんかくたまご
当ブログのレコード
・1日の最高トータルアクセス数 8,163
・1日の最高純アクセス数 4,956
・カテゴリー(猫)別最高順位7,928ブログ中5位
・カテゴリー(ペット)別最高順位39,916ブログ中8位

1959年生。
大阪府出身、東京育ち(中学は世田谷区立東深沢中学校、高校は東京都立戸山高校です)。
現在は、兵庫県西宮市在住です。
一人暮らしです。

趣味はクルマをコロガスこと(現在のクルマは4代目のメルセデスベンツです。ドイツ車では5代目)、庭での果樹栽培、家の手入れ掃除です。
20歳代前半から商品先物、株式投資をはじめ、30歳で数億円の純資産を得るが、その後空売りの深追いで多くを失う。
平成12年ごろから不動産投資を行い成功、現在50数戸を無借金で所有。
不動産投資では、誰も見向きもしなかったキズモノ、競売物件などをリノベーションする手法です。

なお、SNS、掲示板、QandAサイトなどでは、多数の本ブログ管理人の私(HN さんかくたまご)(武田めぐみ)のなりすまし、もしくはそれと著しく誤認させるサイトが存在します。
しかし私が管理人であるサイトは、このページのフリーエリアにあるリンクだけです。
その他のものは、例えば本ブログ管理人が管理人と誤認させるものであっても、私が管理しているサイトではありません。
よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

びっくりしたなぁ、もぅ FC2支店

動物にやさしいライフスタイルのススメ♪

遊休地

野良猫駆除協力会本部

野生動物である野良猫、行政対応に思う

迷惑な愛誤達
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR